ギャグ・コメディ

無「なんか美味しいものが食べたいなぁ……」

黄「ならばあれしかございますまい!!」

無「あれって?」

黄「料理対決しかなかろう!!」

無「それなんて愛のエプロン?」

3時間後

熱したフライパン!!立ち上がる湯気!!沸き立つお湯!!燃え上がる炎!!いまここに熱い料理対決が開催されようとしている!!!!!

黄「これより第一回料理王決定戦を開催する!!」

一同「はぁい」

黄「料理をつくる前と後にはサー、イエッサーと言え!!」

一同「サー、イエッサー!!」

黄「よぉし!!いまから貴様らは料理を作るまではただの鉛筆だ!!色を着けてほしいなら気合いでうまい飯を作れ!!わかったか!!」

一同「サー、イエッサー!!」

無「べつにここまでしなくても……」

黄「いいじゃん、いいじゃん。ノリよノリ」

無(大丈夫かなぁ……)

『第1ラウンド』

黄「料理をつくる奴前に出てこい!!」

茶&桃「サー、イエッサー!!」

無(茶色さん大丈夫か?)

黄「いまから貴様らにはハンバーグを作ってもらう!!それと茶はスカートをはけ!!」

茶「サー、イエッサー!!」

黄「料理開始ぃぃぃ!!お前ら死ぬ気で作れぇぇぇ!!」

茶&桃「サー、イエッサー!!」

茶(ハンバーグはあれとあれとあれね……)

桃(このハンバーグで色無君を……ふふふ……)

無(桃のあの微笑はいったい……)

 調理中

茶(うわっしまった……)

桃「胸が邪魔だなぁ……」

チラッ……

無「なぜ俺をみながら言う」

黄「口答えするなぁ!!貴様はただ料理をつくるだけの鉛筆だ!!」

桃「サー、イエッサー!!あ、ちょっと着替えてきますねぇ」

黄「許可する」

無(料理中に着替えですか)

 数分後

桃「お待たせしましたぁ」

一同「ぶほぁっ!?」

着替から戻ってきた桃。寮にいる色鉛筆達はのちに戦慄をおぼえたと語っている

 裸~エ プ ロ ン 降 臨 !!

豊かに膨らんだ胸!!若者独自の綺麗な肌!!そして赤ちゃんのようなすべすべのお尻!!

無「なぁ?あれいいのか?仕様か?そうなのか?エロテロリストか?」

黄「許可する」

無「いいのかよ!!」

茶(なんか、料理以前に負けた気がする……)

茶「軍曹!!リタイアしてもよろしいでしょうか!!」

黄「許可する!!」

茶「うわぁぁぁぁん!!」

キッチンからエプロン姿で泣きながら走り去る茶色。

黄(次はまけるな!!くぅっ……)

 調理終了

黄「さてお待ちかねの食事タイムだ」

無「腹減ったさ」

桃「はい、色無君あ〜ん……」

無「いや、自分で……」

桃「あ〜ん」

無「あ〜ん……」

パクっ……

無「……」

黄「どうした?」

無「ぐぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!」

桃「あ、ケチャップとタバスコ間違えちゃった」

無「……我が生涯に一片の悔い無し……」

黄「ちょ、色無っかり!!だれか!!」

桃「あらあら」


 寮(夜)

ドォーン!!……ゴロゴロ……

無「はぁ……」

橙「雷すごいねぇ」

紫「だねぇ……」

黄緑「近くに雷が落ちたら停電するかもしれませんね」

無「停電……」

橙(停電になったら色無に抱きついちゃおうかなぁ♪)

紫(色無に近付くチャンスかも……)

突如消え出す寮の明かり

橙「(ktkr!!)色無ぃ!!」

紫「きゃあぁぁ!!」

ゴスっ!!

橙&紫「痛っ!!」

橙「頭がぁ……」

紫「のぉぉぉ……」

無「うわぁぁぁ!!」

ガシッ!!

黄緑「きゃあっ……」

橙(うわぁ?)

紫(きゃあ?)

そして明かりが戻る

朱「わるいわるい。冷房使いすぎてブレーカー落ちた、って色無は黄緑に抱きついて何してんのさ?」

無&黄緑「あ……」

無「すんません……」

黄緑「大丈夫ですよ(正直うれしかったけど)」

橙「朱色さん……」

紫「ちょっとこっちに来てもらえますか?」

朱「え?ちょ、怖い顔してどこに連れていく……」

橙「覚悟は……」

紫「できてるんだろうな?」

朱「私がなにを……あっー!!」


桃「ん〜、きついなぁ」

水「どうしたんですか?」

桃「3ヶ月前に買ったブラジャーがきついのよ」

水「あぁ、なるほど。ちょうど私も新しいブラジャーが欲しいところだったしこんど一緒に買いに行きませんか?一人じゃ心細いし……」

桃「いいわよ♪」

水「やった!!」

 デパート

桃「あ、これかわいいなぁ」

水「本当だ!!大きさもちょうどいいんじゃないですか?」

桃「試着してくるねぇ」

水「はぁ〜い」

紫「あれ水色?」

水「あ、紫ちゃん」

紫「水色も下着買いに来たの?」

水「うん、桃さんと一緒に」

水色の持っているブラジャーをガン見する紫

紫(で、でかい……)

水「どうしたの?」

紫「え!?な、なんでもないよ……」

水「???」

桃「おまたせ♪」

水「そのブラジャーどうでした?」

桃「うん、ちょうどいいよぉ。あら、紫ちゃんも来てたのね」

またしてもブラジャーをガン見する紫

紫「うわぁぁぁ!!おっぱいなんて敵だぁ!!」

水「ちょ、紫ちゃん!!あんなにはしってどうしたんだろ?」

桃「深くは追求しない方がいいかもしれないわね……」

赤(スポーツブラを買いに来たのはいいけどあの二人のあとにレジに行くの嫌だなぁ……)


黄「ねぇねぇ」

無「ん?」

黄「緑ってさいつも本読んでるよね」

無「あぁ、そうだな」

黄「読んでる本を摩り替えたらどうなるかな?」

無「気付くんじゃないのか?」

黄「試しにやってみます!!」

無「やめといたほうがいいと思うけどなぁ」

 昼休み

黄「緑は本を持ち出さず学食に向かっているから摩り替えるなら今!!」

黄(さぁて、楽しみだなぁ……)

 放課後

緑(あれ、本が……こ、これは!?)

赤「忘れ物〜っと、ん!?」

教室に入ってきた赤の見たもの。それは鼻血を出している緑の姿だった。

赤「ちょ、緑どうした!?」

緑「き、奇才あらわる……」がくっ……

赤「しっかり!!ん?この本は……」

 次の日

先生「昨日緑さんと赤さんが鼻血をだして教室で倒れていたそうです。こころあたりのある人はいませんかぁ?」

無「なぁ、黄色」

黄「なに?」

無「赤がなぜ倒れていたかはしらないが緑が倒れていたのはお前のせいじゃないか?」

黄「なんのことでしょうねー」

黄(SM物のエロ本で男の顔に色無の写真を張り付けたのがこんなに効果があるとは……)

※本物のエロ本には男の顔は写ってません

 保健室

赤「や、やめてぇ……」

緑「叩くのはだめぇ……」

黄緑(悪夢でもみてるのかなぁ)


『魁!!女塾!!!!』

桃「はぁい、私が塾長の剣桃子よぉ」

黄緑「講師の黄緑です。みなさんよろしくね」

一同「よろしくお願いします!!」

桃「では先にこの塾の説明をするわね。この塾では異性の気を引く術をみなさんに叩き込みます。皆さんの中には辛くて脱落したりする方がいるかもしれません。もし私や黄緑先生に逆らったらぱふぱふ圧死攻撃かアイアンクローがとんでくるので気を付けてね♪」

一同「わ、わかりました!!」

黄緑「桃子塾長、みんなが脅えているので脅しはほどほどに……」

桃「あら、ごめんなさい。では皆さんがんばってね」

一同「はい!!」

朱「次はなにしてるんだあいつら?」

無「さぁ?」

群「異性の気を引く……」

朱(姉さんも必死なのか?)


ぷにぷに……

紫「むぅ……」

桃「お腹なんかつまんでどうしたの?」

紫「お祭りのときとかに外食ばかりしてたから太った……」

桃「あら、それは大変。赤さんみたいに運動しなきゃ」

紫「ですよねぇ……」

桃「そういえば私も体重が増えたのよねぇ」

紫「見た感じ太ったようには見えないけど……は!?まさか……」

桃の胸をガン見する紫

桃「どうしたの?紫ちゃん」

紫「もしかしてまた胸が大きくなった?」

桃「あ、そういえばつい最近あたらしいブラジャーを水色ちゃんと買ったばかりだったわね」

紫「く、おっぱいばかり重くしやがってぇ……うわぁぁぁん!!」

桃「あらあら」

赤「どうしたの?」

桃「なんか紫ちゃんが最近太ったとかで」

赤「へぇ〜」

桃「私も最近胸が重いからスポーツでもして軽くしようかしら」

赤「スポーツブラを着用してるあたしへの嫌がらせですか?」


色鉛筆が削られたら

ガリガリガリ

桃「ひゃあああああああ///」

青「なんて声だしてんのよ……」

桃「そんな///無理だよ……。削られたら声くらいでちゃうよ///……ひゃあああ///」

黒「まったく、ハレンチね」

桃「そんな……酷い……そっそんなこと言うのなら次、青ちゃんの番だから、見ててよね///」

ガリガリガリ

青「んっ……///」

桃「ほらぁ、出ちゃうでしょ? ね!」

青「だっ出してない///あっ///ひゃああん///」

黒「まったく……青まで……(あっあんなになっちゃうの? ……どうしよう私初めてだし……///)」

青「もっもうだめ……///」(バタリ

桃「じゃあ次は黒ちゃんの番だね!」

黒「う、うん……(ゴクリ)」

ガリガリガリ

ピ—————————(自主規制)


赤・青・黄・黒・桃『5人揃って!イロエンジャー!』

男「くぅ、現れたなイロエンジャー!」

中略

赤「よ〜し、必殺技だ!みんなボクに力を貸してくれ!」

青「いやよ」

赤「えっ!?」

青「っていうかあんたばっかり主役張りすぎなの。たまには私たちにも出番ちょうだいよ」

赤「う、うん……確かに……。じゃあ今日はレッドの座をブルーにあげる!!」

青「やったわ!!今日は私が主役!」

黄「あ!いいな〜!じゃあ私はピンクの座が欲しい〜。紅一点のヒロインなんて最高じゃん!」

桃「いいよいいよ〜。じゃあ私は……と、ブラックぅ交換してもらえない?一人だけダークサイドでかっこいいじゃない!事実上のレッドのライバルだし」

黒「別にいいよ。私はイエローをもらうから。前からおとぼけキャラってやってみたかったの」

赤「じゃあボクは青か〜。うん、クールってかっこいい!!」

青「うぉぉぉ!!みんな行くぜぇ!……って……この武器どうやって使うのブルー?」

赤「これはこのトリガーを引いてね……いや、引くのさ」

黒「なんだよそれぇ!クールのイメージ?www」

黄「いやぁん強風でスカートがぁwww」

桃「ちょっと私そんなんじゃないってばぁww……っとと、ブラックだった。……ふん、騒がしいやつらめ……」

黒「ちょwwww何そのベジータwwww」

男「……あのぉ、ブルーさん、早く必殺技決めてくれません?」

青「私はレッドだ!!」

男「どっちでもいいよ!中の人ってことだよ!」

黄「中だなんて……えっちwさすがスケベ怪獣色無ねw」

桃「ふ……そんな言葉に反応するやつもどうかしてる」

黒「だから誰だよそれwwwwwブラックか?wwww」

男「だあああああもうめんどくせぇぇぇぇぇぇ!!!」

ちゅどーん

こうして怪獣の自爆により、今日も地球の平和を守ったイロエンジャー。頑張れイロエンジャー!負けるなイロエンジャー!


橙「赤ってさぁ」

赤「ん?」

橙「いっつも同じ服装だよね」

赤「それがどうかした?」

橙「折角女の子に産まれたんだからすこしはおしゃれしなさい!!」

赤「母さんと一緒のこといわないでよ」

橙「デニムのズボンとTシャツじゃ色気もなにもあったもんじゃない!!」

赤「いいじゃん動きやすくて。ていうかめんどくさいし。私はスポーツできればそれでいいよ」

橙「それが駄目なのよ!!色無に振り向いてほしくないの?」

赤「ん〜、こっちから告白すればいいんじゃない?スポーツ以外で努力とか頑張るとか私は嫌いなの」

橙「えぇい!!あの朱色さんですら化粧してるのに!!あの年で年下の色無を落とすために頑張ってるのよ!!」

朱「私ですらなんだってぇ?」

橙「は!?朱色の姉御!!」

朱「いくぞ……」

橙「瞬極殺の構えで近付かないで……あっー!!」

赤(お洒落ねぇ……)


 文化祭の準備

青「あ、そこのベニヤ板にペンキ塗ってくれる?」

赤「わかった」

べちゃっ

赤「〜♪」

青「ちょっと赤」

赤「なぁに〜♪」

青「音楽聴きながら作業するのもいいけどもう少し丁寧にやってくれない?」

赤「えー」

青「えー、じゃない。線からペンキがはみ出てるじゃない」

赤「いちいち小さいこと気にしてると肌に悪いよ?」

青「それ展示するものだから綺麗に塗ってもらわないと困るのよ」

赤「ちまちましてめんどうだなぁ」

青「赤は大雑把すぎるのよ」

赤「青は几帳面すぎだって」

青「ふぅ……とりあえず綺麗に塗ってね」

赤「はいよ」

べたべた……

青「だぁー!!綺麗にぬれー!!」

赤「これが私のやり方なんだ!!口挟むなぁ!!」

青「なんだとぉ!!」

赤「やるかぁ!?」

青「弓道部で培われた集中力を見せてあげるわ!!くらえ!!」

赤「うわ!?マーカー投げるな!!」

青「次は当てる!!」

赤「おっと、危ない」

青「かわされた!?」

赤「伊達に走り込んじゃいないよ」

青「くっ……」

赤「かかってきなさい」

青「これでもくらえ!!」

赤「甘いわぁ!!」

 次の日

無「……で、喧嘩してる間にペンキにマーカー当てて展示物は台無しと」

青&赤「はい……」

無「お前ら今日も居残りな」

赤&青「そ、そんなぁ……」

pencil_0687.png

青「え〜、うちのクラスは今年の文化祭で演劇をやることになりました」

無「演劇ってなにやるの?」

青「シンデレラ」

無「さいですか」

橙「あたしシンデレラやりたい!!」

黄「あ、わたしも!!」

茶「私も!!」

桃「あたしだって!!」

青「残念なことにシンデレラ役はもうきまっています」

無「誰?」

青「あんた」

無「俺っすか?」

青「YOUっす」

無「まじかよ……」

青「じゃあ王子役を決めまぁす」

水「私王子役やってみたいかも……」

緑「私も興味あるわ」

黒「王子役も悪くないわね」

紫「王子かぁ……」

白「みんな楽しそうですね」

黄緑「そうねぇ、あら?赤さんは王子役やりたくないの?」

赤「私は演劇とかするガラじゃないからパス。それより王子になったら色無とキスできるんじゃないの?シンデレラのストーリー上」

一同「そういえば!!」

黄緑「みんな顔色が変わっちゃったわね」

赤「どうなるか見物だ♪」

白(赤さんて意外と腹黒い?)

黄「ということで、文化祭、色無には宣伝係をやってもらうことに決定しましたぁ!!」

男「あ゛〜……裏方がよかったのに……」

橙「そして宣伝するからには目立たなくてはいけない!!ということで……」

男「ということで?」

橙「じゃーん!これを着てもらうことになった!!」

男「……め……メイドだと……」

橙「高かったんだからねぇ。これ一着しかないんだよ?もっと他に着たがってる人もいたのに」

男「じゃあそいつに渡してやれよ!!なんで俺なんだよ!」

黄「いいじゃん着ちゃいなよ〜!」

青「色無のメイド姿……見てみたいかも」

緑「アホらし……」

橙「いまアホらしって言った緑ちゃ〜ん。人事じゃないよぉ?」

緑「いや……え?」

橙「緑ちゃんにも何かしら着てもらうからねぇ」

緑「なんで私が……」

橙「女子の宣伝は、さっきくじで緑ちゃんに決定したんだから!」

緑「いつの間に……?まぁいいわ。じゃあ私は何を着るの?」

橙「そうだなぁ……よし、みんな、会議よ!」

〜着てみた〜

男「なぁ……大丈夫か?歩きにくくないか?」

緑「るっさいわねメイドのあんたに心配されたくないわよキモいから近づかないで!!」

男「荒れてるなぁ……。でもなんで緑だけ鉛筆の着ぐるみなんだか……(よくやったオレンジ!最高に笑えるぜwwww)」

緑「……!」

男「……って、痛い痛い痛い!先端でつつくな!!っていうかなんにも言ってないだろ!」

緑「……不快なものを感じ取った」


 寮

〜♪〜♪

青「ちょっと赤」

赤「なにぃ?」

青「音楽がうるさい!!あんたボリュームあげすぎよ!!」

赤「えー」

青「しかもなにこの曲は!!」

赤「ヘヴィ・メタル」

青「もうちょっと女の子らしい曲でも聴きなさい。ヘヴィ・メタルなんて野蛮よ!!」

赤「自分の好きな曲きいて何が悪い!!」

青「ふん!!あたしみたいにクラシックでもきけば少しはおしとやかになるんじゃないの?」

赤「そんなゆっくりした音楽なんて聴くに耐えないね!!」

青「あぁ、いまクラシック馬鹿にしたでしょ!?」

赤「そっちがさきに馬鹿にしてきたんでしょうがよ!!」

青「なぁにぃ!?」

赤「やんのかぁ!?」

朱「お前らの方がうるさいわ!!ちっとは静かにしろ!!いま何時だと思ってるんだ!!」


 美術の時間

青「ちょっとちゃんと話し聞いてる?」

赤「なんでございましょ?」

青「あんたはやることやること大雑把すぎるのよ」

赤「ほどほどの出来栄えでいいでしょうに」

青「また絵の具をキャンバスに塗りたくって」

赤「これが私流の芸術さ」

青「もう!!」

白「また言い争い?」

青「赤が話を聞かないのよ」

黒「ふぅ……すこしは私たちを見習ったらどうだ?」

赤「???」

青「黒と白は仲が良すぎて百合にしか見えないわ」

赤「百合ってなに?」

黒「百合というのはな単純にいえば同姓……」

白「わぁー!!その先をいっちゃ駄目!!」

黒「む?なんども夜を共にしたというのに。否定されるとは心外だ」

白「ただ単に部屋にとまりにいったり来たりしてるだけなのに変な風に言わないでください」

赤「黒と白は仲いいねぇ」

青「仲が良すぎて変な世界に足を突っ込んでるきもするけどね」

白「あぁ、私の清純なイメージが……」

黒「十分清純じゃないか。処女だし」

青「おい」


赤「暑い……」

青「残暑ね……」

黒「残暑だな……」

白「残暑ですね……」

赤「冷蔵庫にアイスが4つあまってたはず……それもってくる」

 10秒後

赤「棒アイス参上!!」

青「美味しそうね」

黒「でかした」

白「早速食べましょうか」

青「この冷たさが堪らないわね」

黒「暑いときはこれに限るな」

白「美味しいですねぇ」

ちゅぱちゅぱ……

赤「ん……髪がかかって邪魔だな……」

ぺろぺろ……

青「赤……」

赤「なに?」

青「いや、なんでも……」

赤「???」

黒「なんというか恍惚というか……」

赤「ぺろぺろ」

青「食べ方がエロイ……」

黒「口いっぱいに頬張らなくても……」

赤「ちゅぱちゅぱ」

白「ねぇねぇ、なんで棒アイスを食べてる赤さんがエッチぃの?」

黒「白はしらなくていいことだ……」

青(テクニシャン……)

赤「ぐ、頭がぁ……」


TV「ただいまこちらの結婚式場では……」

赤「……」

青「結婚式の特集なんか見てめずらしいわね」

赤「なんとなく目にはいったから見てただけ」

青「赤も案外女の子らしいところがあるじゃない」

赤「あ、いま私を馬鹿にしたでしょ」

青「そんな滅相もない。ただいつものがさつなところからは想像もできないなと」

赤「がさつで悪かったな」

青「まあまあ、そんな怒らずに」

赤「はあ……実際気にしてるんだよねぇ……」

青「なにが?」

赤「女っぽくないところ。結婚どころか彼氏すらできやしないよ」

青「諦めたらそこで試合終了よ」

赤「ですよねぇ〜」

青「まあおたがいがんばりましょ。色々と」

赤「色々ねぇ……」

朱「こぉら!!酒かってこんか〜い!!」

無「ちょ、飲みすぎですよ!!」

赤「あんな風にはなりたくないよね」

青「同意せざる得ないわね」

群「また経費で酒のんで!!今月の給料無し!!」

朱「それだけは勘弁して!!」


赤「はぁ?」

黄「だから赤にチア部の助っ人として入ってほしいんだって」

橙「いま部員の一人が怪我してさ困ってんのよ」

黄「だからお願い!!」

橙「報酬ははずみますから」

赤「んなこと言われてもなぁ……あのきわどい衣装を着るのが嫌なんだよねぇ」

黄「なにを申すか!!あのきわどい衣装を身にまとった若い女の子が観客の前で踊る姿は世の男子諸君の憧れですよ!!」

橙「そうだそうだ!!あの衣装で踊れば意中の相手もメロメロフォーリンラブですよ!!」

赤「いや、むしろ黄と橙が色無の気を引くためにチア部に入るとかいってなかった?」

黄「そ、そんなこと言ってないっすよ」

橙「き、気のせいじゃないですか?」

赤「色無ぃ!!」

黄&橙(ビクッ)

赤「来るわけないじゃんよ」

黄「お、脅かすな!!」

橙「この悪魔め!!」

赤「ごめんごめん」

黒「よし……」

灰「とつぜんチア部の服来てどうしたの?」

黒「え!?いや、なんでもないわよ!!」


水「〜〜〜♪」

がちゃ

水「〜〜〜〜♪ふぅ……」

男「……へぇ」

水「ひゃっ!?」

男「あぁごめん、驚かせちゃった?」

水「い、色無くん……」

男「水色ちゃんってピアノうまいって聞いてたけど、こんなにうまかったのかぁ」

水「き、聞いてたの?」

男「もちろん!もっと聞かせてよ!」

水「……じゃあ……」

男「……おぉすげー……」

水「……はいっと……おしまいです///」

男「すごいよ!俺クラシックとかは詳しくないけどさ、いまのには感動しちゃった!」

水「そんな……あ、ありがとう///」

男「……そうだ、水色ちゃんのおすすめのCDとかあったら貸してもらえないかな?いまのでちょっと気になっちゃったw」

水「あ……うん!」

次の日

橙「ショパンの第8番聞いた!?」

黄「聞いた聞いた!あれすっごくいいよねぇ!!」

男「……?どうしたんだこいつらいきなり?」


朱「っだぁー!!暑い!!台風暑いっ!!」

無「我慢してくださいよ朱色さん。騒がれると余計暑いです……」

朱「ほほぅ。色無も言うようになったじゃないか?これは反抗期ってやつだな?」

無「もう、くだらない事言ってないで風呂掃除でもしてもらえませんか?ちょっとは涼しくなりますよ?」

朱「そ  れ  だ  !ちょっと風呂入ってくる」

無「ちょっ、入るんじゃなくて掃……行っちゃった。今日も俺が風呂掃除かよ……orz」

—1時間後

無「(ガラガラ)—さすがに朱色さんは一時間も入ってn……」

色鉛筆『き、きゃぁぁーっ!!!!』

無「これなんてハーレm(ガコンッ)いてっ!」

紫「早くでてけ!色無のえっち!!///」

黄「見てもいいけど後でちゃんとお金貰うからねw」

桃「そんなに見たいならいつでも見せてあげるのに……ほr『ダメーッ!!!!』

黄緑「あらあら……うふふw」

朱「……さて、死ぬ前にいいものがたくさん見れてよかったな、色無」

無「あ、あれ?朱色さんそれなんの冗d……あっーーー!」

赤「ん?今お風呂から悲鳴聞こえなかった?」

青「さぁ、気のせいじゃない?」


友「色無、今日の弁当誰が作ったの?」

無「青」

男「えっ、わかるの?」

無「青の玉子焼きは塩だけで味つけするからね」

男「それじゃ黄緑さんの玉子焼きは?」

無「三温糖と出汁で柔らか仕上げ」

友「お前、たいがい鈍感なくせによくわかるもんだねぇ……」

無「あと、桃色のは牛乳入れたオムレツ、橙色だと半熟の目玉焼き」

友「ふむふむ」

無「水色は三つ葉のみじん切り、緑は青ネギ、黒は刻み海苔を入れてくれる」

友「ほぉ〜」

無「黄色の玉子焼きはカレー粉入りwwwwwwww」

友「wwwwwwwwwwwww(こいつ、いつか殺してやる!)」

 

群「色無君、たまには私がお弁当作ってあげようか?」

無「お気持ちはうれしいんですけど、群青さん忙しいでしょ?」

群「私もたまにはお弁当作って持って行きたいし……」

無「そうですか。ついでだったら、お願いします」

群「それじゃ頑張って作ってみようかなぁ♪」

朱「おい、色無。たまには弁当でも作ってやろうか?」

無「熱でもあるんですか?」

 

白「色無君、明日のお弁当は私が作ってあげようか?」

無「台所は寒いから白は大人しくしてなさい!」

白「ブーブー(でも、そんな優しいところが好き……」

茶「色無君、明日のお弁当は私が作ってあげようか?」

無「危ないから茶色は包丁とかガスとか触っちゃダメ!」

茶「ブーブー(でも、そんな優しいところが好き……」

赤「色無、明日のお弁当……」

無「お前、早朝自主トレで大変じゃないか」

赤「それじゃ色無が作ってくれるんだね! ラッキー、一食浮いた!」

無(謀られた)

 

友「今日のお弁当は誰の作品?」

無「ご飯の上にちりめんじゃこと鰹節が載ってるから、紫だね」

友「ふ〜ん」

無「カルシウム取らないと大きくならん——」

 ゲフォ!

紫「ちっちゃい言うな!」


桃「太くて大きくて逞しい松茸が食べたいなぁ」

無「なぜ俺をみる」

桃「ねぇねぇ、松茸ぇ〜」

無「金がない」

桃「べつにお金を払わなくてもいいんだよねぇ」

無「なんで」

桃「だって目の前に若々しくて元気の良いい松茸が……」

無「!?」

桃「い た だ き ま す」

無「ちょ、近付くな!!あっー!!」

緑「間違って毒きのこ食べさせたかしら?まあ、あれでも不自然じゃないからいいか」

桃「目の前に松茸が……うふふ……」

無「だ、だれかぁ!!」


緑「じゃあ文化祭委員会の方針はこれで決定。異論はないわね?」

赤「おっけーい」

緑「よし、バリバリ行くわよ。まずは赤、この決定書類を大至急先生方に!」

赤「ほいさー!!」

緑「水色ちゃんと白ちゃんは文化祭のチラシ作りに当たってちょうだい」

水「は、はい!」

白「頑張るよ〜」

緑「オレンジとピンクは雑用係を集めてきて!!人手は多いほうが助かるわ!」

橙「任せろ!このオレンジちゃんの美貌についてくる男子生徒は20人は固いね!いや、でかメロンもいることだし50は固い!」

桃「やーんもう、胸のことは言わないでぇ」

緑「青と紫は予算見積もり書の作成に取り掛かって!」

青「そろばん段持ちの実力を見せてあげる!」

紫「数学だけは得意なんだよねぇw」

緑「黒と黄色は保健所に行って調理許可の申請!」

黒「私に任せればもう安心だわ」

黄「ちゃんと私だって活躍するんだからww」

緑「茶色はそのへんでスカート履き忘れといて!!」

茶「はいっ!……て、えぇ!?」

緑「忙しくなるわ……当分徹夜続きね」

男「あの、自分は何をすればよいでしょうか!!」

緑「ん?あ〜……特にない……かな。いいよ適当にやっといて」

男「……雑用もいやだけど、この扱いはこの扱いで厳しいものが……」

緑「青!予算は出来た!?」

青「もっちろん!!」

紫「ふぃー、ミスもなくてよかったよかった!」

緑「黒、申請はどうなった?許可下りた?」

黒「あぁ。降りるまで一週間待てとか言われたが、コネと平和的交渉を使って今日中に降りるようにしてきたわ」

黄「怖かったぁ……あんな黒初めて見たよ……」

白「もしかして黄色ちゃん……あれ、見ちゃったの?」

黄(コクコク)

白「それは可哀想に……ご愁傷様」

緑「白ちゃん、チラシは?」

白「完成してるよ!!水色ちゃん色塗りうまいんだよぉ?すっごく助かっちゃった!」

水「そんな……白ちゃんの絵がうまかったから塗りやすくて……」

男「あのぉ俺も何か……」

緑「ん?あぁまだいたの。そうね……じゃあこれ買ってきて」

男「……やった仕事だ!行ってきます!!」

緑「ふぅ……」

黄「……なんであんな言い方するのさ?」

緑「……もう少しよ。もう少しで何でも言うことを聞くようになるわ」

黄「まさか全部計画通り!?」


『秘奥義』

  放課後の秘密会議中……

橙「う〜ん、メイド喫茶ってアイデア自体は悪くないんだけどなぁ〜」

黄「どうしたの?橙」

橙「ただのメイド喫茶じゃつまらないの」

黄「う〜ん……確かに」

橙「で、そこの皆さん。何かいいアイデアは?」

赤「あるわけがない!第一僕はメイド喫茶の時点で反対だ!」

橙「じゃあメイド喫茶に勝る出し物を考えればいいだけじゃないの?」

赤「っ……!」

橙「緑!読書中悪いけど何かある?」

緑「色無が……」

橙黄「色無が!?」

緑「色無がメイドになればいい……」

橙黄「 そ れ だ ぁ !」

男「で、今度は何のつもりなんだ?橙の奴……」

男「まぁ、ブツブツ言っててもしょうがないし、入るか」

ガラガラ

橙「目標確認!総員第1種戦闘配置!かかれぃ!」

男「……え?ナニコレ?」

橙黄「フフフフフフフ……」

男「よく分からんが……言われなくてもスタコラサッサだぜぃ!」

男「ハァ……ハァ……まさか赤と付き合って続けてた走り込みがこんな部分で役に立つなんてな……」

赤「あ!色無!」

男「やっべ!」

赤「捕まえてやる!」

橙「……黒、衣装は?」

黒「もう少しで完成するわ」

橙「よし。なんとしてでも色無にメイド服を……」

男「ふぅ……。どうやら振り切れたみたいだな。よし、どこかに隠れてちょっと休憩でもするか……」

青「あ、色無」

男「青?ここにいたのか。でも一体何のy」

               ガッ

男「……?」

橙「お、起きた起きた」

黒「……っ……くっ……(ピクピク)」

青「これは……」

赤「思ったよりも似合うじゃない」

男「……?似合う?……ん?」

男「ってええぇ!?俺がメイド服!?」

一同「う〜ん、ビューティフル」


赤「Imagination from the Other Side〜♪」

青「赤って歌うまいわよねぇ。正直意外だわ」

赤「そりゃどうも。そういえば青はどんな歌きくの?」

青「え、あたし?」

赤「うん」

青「あ、あたしは大塚愛……」

赤「え?ちょっとまって。リピートしてみて?」

青「うるさいうるさい!!」

赤「痛い痛い!!殴るのストップ!!」

青「はぁはぁ……」

赤「んな全力で否定しなくても」

青「ふん!!」

赤「いやぁ、でも青が大塚愛とは……さくらんぼ〜♪とか歌っちゃうわけ?」

青「なにか文句でも?」

赤「睨まないでください。怖いです」

青「余計なことを聞くからよ」

赤「さくらんぼ〜♪」

青「……」

赤「は!?殺気!!」

青「冥土の土産にもらっとけぇ!!」

赤「うわ!?矢を放つな……あっー!!」


それはいつも突然やって来る。なんの前ぶれもなく老若男女に襲いかかり醜態をさらす非常に危険なもの。

人はそれを屁という。

そして屁の毒牙はいまここにいる清純な二人の女性に襲いかかろうとしていた!!

赤「焼き芋うまぁ」

青「自分達でつくると一段と美味しいわね」

赤「もう3個目だよ私」

青「あたしなんて四つ食べてるわ。また太るかしら……」

赤「まあ、食物繊維たっぷりだから大丈夫……」

ぷぅ……

赤&青「……」

赤「はは……ははは……」

青「え〜、とあのね……うん、どんまい……」

赤「うぅ、お嫁にいけない……」

青「だ、大丈夫よ!!いまここにはあたしと赤しかいない……」

ぷぅ〜……

青&赤「……」

青「く、くやしい……」

赤「……あ、うん……まずまずな屁でございました……」

青「お、女としていきていけない……」

赤「そろそろ帰ろうか……」

青「えぇ……そうしましょうか……」


橙「やっぱこの人たちおもしろいよねぇww」

男「いつまでもテレビ見て……とっくに消灯の時間だろ?」

橙「色無だってロビーにいるじゃ〜ん」

男「俺は寝る前の牛乳を飲みに来たの。明日学校だってのに……っていうかなんでテレビ消えないんだ?」

朱「……あはは!!んなわけねぇだろwww」

男「この人か……。管理する側の者が率先して乱していく……あぁ群青さんはいつ出張から帰ってくるのか……」

紫「色無ぃ〜!!」

男「……ん〜?紫か……。どうしたん?」

紫「子供が出来た!!」

男「ブッ……げふんげふん……なななななななにを」

紫「だからぁ、子供が出来たの!!」

橙「へ〜ぇ……」

朱「色無……あんたってやつは……」

男「違う!!俺じゃない!!信じてくれ!!そうだよな紫!?」

紫「うー……なんで色無が関係あるの?猫と色無って何かあるの?」

男「……!!」

橙「猫に子供が出来たんだよねぇ紫w」

紫「そうなの!すっごい可愛いんだよぉ?ww」

朱「あぁこれからこの辺りうるさくなるなぁ……。ところで色無、俺じゃないって……なんのことかな?w」

男「……orz」

紫「?」


—ガチャッ

橙「色なー……あれ、いない?」

橙「しかしこの部屋も散らかってるなぁ。ま、あたしの部屋ほどじゃないけど♪」

橙「……ん、なんだコレ?」

橙の目が机の上にある一冊の大学ノートにいった。

—パラパラパラ

橙「んー、これって……日記ってやつかな?」

紫「色無ぃーっ……って、なんで橙がいるの!?」

橙「おっ、紫!いいところにきたね!」

朱「色無ー、ちょっと買い物に……お前ら何やってるんだ?」

橙「うは!朱色のあねさんまできた!」

そう言って橙は2人の前にノートを突き出した。

朱「これ、なんだ?」

紫「ただのノートだよ?」

橙「なんか色無の日記っぽいんだよ!」

『な、なんだってー!?』

橙「さぁさぁ、色無が帰ってくる前に見ちゃおうぜぃ♪」

朱「男が日記書くなんて珍しいな。どれ、見てみようか」

pencil_0820.jpg

—パラ

『○月×日 きょうはいいてんきだ。あしたもはれるといいな』

橙「……つ、次見よっか!」

—パラ

『○月△日 きょうはあめだった。かさをわすれてたいへんだった』

朱色「……なぁ、これっt」

橙「つ、次見てみよ〜!」

—パラ

『○月□日 あしたはちのあめだとおもう』

紫「……なんかいきなり天気予報しだしたよ?……っていうかこれ、今日の日付だね」

橙「はちのあめ……?」

—パラ

『もうめんどくさいからやる』

橙「やるって、何をやるのよ。これはやめるの間違いね、きっと」

無「—楽しかった?俺の日記」

橙「期待ハズレもいいとこだね、これは……って、アンタいつからそこにっ!?」

無「いやぁ、なんか3人して固まって何かしてるから声掛けづらくて……」

朱「折角こんなハーレムな寮に入ってるんだから、もうちょっとそういう感じの日記つけろよな」

無「はは、すいません」

紫「……ん、この折り目なんだろ?」

—パラ

『    かゆ、うま』

紫「……?」


青「そういえば赤の部屋にある大きい箱ってなにが入ってるの?」

赤「え!?と、とくに変わったものは入ってないよ!!」

青「あやしぃなぁ……」

赤「うぅ……」

青「これみて。赤の子供時代の写真」

赤「!?」

青「これをみられたくなかったら箱の中身を教えなさい」

赤「わかったから写真だけは勘弁して……」

青「わかった。はい、写真」

赤「くそっ……人生最大の汚点だ……」

青「さぁて、箱の中身を教えてもらいましょうか?」

赤「あれは……その……」

青「その?」

赤「秘蔵のぬいぐるみコレクションが入ってるの……」

青「(゚Д゚)」

赤「こっちみんな」

青「え?ちょっとまって……いまなんとおっしゃいました?」

赤「だから、ぬいぐるみが入ってんの!!悪いか!!」

青「意外だわ」

赤「誰にも言わないでよ」

青「ごめん。いまメールで知らせちゃった」

赤「あぁ?」

青「ちょ、その構えはガゼルパンチ……」

赤「覚悟は出来てんのか?」

青「ちょ、待て、あっー!!」


赤「た〜らこ〜、た〜らこ〜、た〜っぷりた〜らこ〜♪」

青「なにその歌?」

赤「たらこの歌」

青「また変な歌を歌うわね」

赤「なんか頭の中にこの歌詞が焼き付けられてね」

青「ふぅ〜ん」

赤「青もうたってみれば?」

青「だが断る」

赤「いいじゃん。私しかいないし」

青「ふぅ……仕方ないわね。わかった?仕方なくよ?」

赤「わかった」

青「よし、いくわよ」

赤「wktk!!」

青「た〜らこ〜、た〜らこ〜、た〜っぷりた〜らこ〜♪」

紫「青ぉ、ちょっと失礼する……」

青「た……」

赤「あっ」

紫「青も案外可愛らしいところがあるんだね」

青「ちょ、これは誤解よ!!」

紫「お邪魔しましたぁ!!」

青「あたしのイメージがぁ……」


朱「あーもう、今日は鍋! 以上!」

緑「めんどくさくなったのね……」

紫「鍋!? やったー!」

黒「最近寒いものね」

黄「鍋かー。楽しみだにゃー」

グツグツ。

赤「あむあむ」

青「赤、野菜も食べなさい」

水「辛い……です……」

黄「まぁ、キムチ鍋だからね!」

黄緑「それにしても辛過ぎのような……」

白「うう、舌が痛い……」

朱「あー、ビールがうめー!」

群「ちょっと朱色! どんな味付けしたらこんなに辛くなるの!?」

橙「はい色無あーん」

無「あーん? ……って何やってんだ!」

橙「いいじゃない、あーんっ」

無「えっと……」(チラッ

 じーっ。

無「(うう、皆一斉にこっちを見てる……)」

橙「そう……だよね……私の箸からなんて汚くて嫌だよね……」(うるうる

無「ちょっ、そうじゃないって……ああもう、分かったよ!」(ぱくっ

 ざわざわ。

無「むぐむぐ……(なんか……嫌な予感が……)」

橙「どう、色無……美味しい……?」

無「うっうん……」

橙「よかったぁ〜」

無「いや、お前が作った訳じゃないだろ……」

黄「はい、色無あーん」

無「え、ちょっと黄……」

桃「はい、色無くん」

無「桃まで!?」

白「ど、どうぞ……」

無「ええ! 白さん!?」

朱「まさか私のが食べられないわけないよなぁ……」

群「どうぞ……」

緑「しょうがないわね……」

紫「ほら、せっかく私が差し出しているんだから……」

茶「お口に合うかどうか分かりませんが……」

水「その……私のも……」

灰「……」

黒「食べなさい」

赤「ほら、遠慮は要らないから……」

青「さ、さっさと食べなさいよ!」

無「ちょ、やめっ、うわぁああああああっ!」

無「はっ!」

黄緑「気が付いた?」

無「黄緑さん……」

黄緑「ふふ、みんなったら強引なんだから……」

無「(黄緑さんって……優しいな……)」

黄緑「あら、顔赤いわよ?」(ぴとっ

無「(ああ、手が柔らかい……)」

黄緑「熱は無いみたいねぇ……」

無「(ああ、もう黄緑さん……好きかも……)」

橙「そうはさせるかあああああ」

黒「黄緑の手には渡さないわ」

白「私も……」

水「私も……です……」

黄「あはは☆ 私も!」

朱「色無はろれ(俺)のもんだぁああ」

茶「ひいぃ! 酒乱です〜!」

 わらわらわらわら。

無「うわあああやめてくれえええええ!」

黄緑「あらあら」


『もしも色鉛筆を干支にするなら』

紫「なんで私が子なの?」

無「ちっちゃいから」

紫「ちっちゃいゆーな!!」

無「ぐぼぁ!!」

桃「なんで私は丑なの?」

無「そりゃ胸が(ry」

紫「どーせ私は小さいわよ!!」

無「ひでぶ!!」

黄緑「私は寅なんですか?どうして?」

無「怒ると怖いか……ら」

黄緑「あらあら」

メリメリ

無「あだだだ!!痛い!!痛い!!」

黄「私が卯?ちょっと意外だけど、どして?」

無「落ち着きの無さそうなとこ……って痛い!噛むな!」

黒「私が辰?なんで?」

無「強そうだから」

黒「……覚悟はいいか?」

無「え……ちょっと……」

黒「問答無用!!」

無「アッー!!」

緑「私は巳か……ろくな理由じゃないだろうけど、なんで?」

無「その目で睨まれたらね……」

緑「へぇ……」

無「あれ?体が!?」

メキメキ

無「コブラツイスト!?ぎゃあ—!!」

赤「私は馬か—どしてだろ?」

無「足速いし、それに……」

赤「それに?……ハッ!」

無「体がひきしまって……」

赤「“馬”鹿ってことか—!!」

無「回しげり!?ぐぼぁぁ!!」

水「私が未ですか?」

無「うん、その癒し系なふいんき(←(ry)」

水「えっ……色無くん……」

赤「くどくなっ!!」ドゴッ

無「バイバイ○—ン!」キラーン

茶「ふぇ?私がお申さん?」

無「ちょっとドジっこなところが」

茶「ふぇ……ドジっこ……」

赤「泣かすな!」ゲシッ

無(またこのパターン!?)

白「私は酉ですか」

無「優雅な感じがするからかな?」

白「どうしたの?辺りを見回して?」

無「な、なんでもないよ!!(酷いめに会う前にスタコラサッサだぜ〜あ〜ばよとっつぁん!)」

赤「またかっ!!」ドゴォ!!

白「どうして色無くんを殴るの!?」

赤「ヤツはとんでもないものを盗んでいきました」

白「えっ?別に何も?」

赤「あなたの心です」

白「……」

無(やっぱ馬鹿かも)

青「私が戌?なんでよ?」

無「青は自分が認めたり、好きになった人にはしっかり尽くしそうだからかな」

青「色無……(私のことをそんな風に見てくれていたなんて……)」

青(色無、私にあなたになら……尽くしてあげても……)

青「色無……」

無「だから青……」

無「お手!!ちん○ん!!」

青「あぁ?てめぇは私を怒らせた!!」ゲシッ!!

無「きゃうん!!たっ……玉がぁ……息子がぁ……俺の未来がぁ!!」

橙「私が亥?なんで?なんで?」

無「なんつーか物凄い真っ直ぐつーか、直球つーか……」

橙「色無!大好き!」

無「そうそう、そう言う所……が……えぇ!?」

焦「私も君の事が大好きだ!!」

青「へぇ色無くん昼間からなにイチャイチャしてるのかなぁ?(棒読み)」

赤「ちょっと……いやかなり目の毒なんだけどなぁ(同じく棒(ry)」

黄緑「お仕置きが必要ですね(同じ(ry)」

無「えっ?えっ?」

赤「覚悟ぉぉぉ!!」

黄「黄緑が顔をつかんで投げたっ—!!そしてそれを青が……」

青「いくよ翼くん!!」

黄「青が蹴ったー!!赤にダイレクトパス!!」

赤「ドライブシュート!!!」

無「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


黄緑「おーよしよし」

紫「あ、黄緑どうしたの?」

黄緑「ふふ、近所の家の子よ。お買い物の間、御守りを頼まれたの」

紫「へー」

橙「可愛いわねー」

桃「ほんと」

あかちゃん「おぎゃーおぎゃー」

黄緑「あらあら、おむつかしら……」

橙「男の子ね」

紫「ほんとだ」

桃「色無くんのもこうなってるのかしら……」

黄緑「え?」

紫(じっ……)

桃「はは、いやぁね、冗談よ……」

橙(びよーん)

桃「橙!? 何やってんの!?」

紫「わあ! 伸びる伸びる」

黄緑「ちょっと、おもちゃにしたらだめよ」

紫「黄緑もしっかり見てるじゃない」

黄緑「私はただ……」

橙(びよーんびよーん)

桃&紫&黄緑(じーっ)

あかちゃん「おぎゃーおぎゃー」


『紅葉狩り』

紫「もっみじがり〜もみじがり〜♪」

無「変な歌歌うなよ……」

紫「なに色無、私の歌唱力に嫉妬してるの?」

無「そんなわけないだろ……」

水「綺麗……」

黄緑「ほんとねー」

青「どうして葉は色付くのかしら」

緑「なんのために色付くかは諸説あってまだはっきりとはわかっていないわ。けど、メカニズムとしては夏から秋になって気温・日照時間が低下すると葉と枝の間に離層が発生して、その後時間が経つにつれて葉の糖分の蓄積、色素の形成、葉緑素の分解などが進むと葉の緑色が抜け、赤色・黄色味を帯びるというふうに言われているわ」

青「へー」

緑「美しい紅葉の条件には『昼夜の気温の差が大きい』『日照時間が長い』『湿気が多い』などの条件が必要なの。だから紅葉の名所にはこの条件をよく満たす山岳地帯が多いのよ。その点から見てもここらへんは絶好のポイントと言えるわね」

茶「ほえー」

緑「そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えているという事実も、多少気になるところだわ」

茶「ふっ、ふえ!?」

橙「紅葉狩り……ふふふ、狩猟民族の本能がうずくわ……」

桃「じゃあ私は色無くん狩る〜(ぎゅ〜)」

無「ちょ、やめ……(胸が……)」

橙「ちぃ! 先を越されたか……今からでも遅くは無い……覚悟!」

無「うわ、おまっ、やめろって!」

白「あれ、黒ちゃん。さっきからあんまり景色の方見ないね」

黒「綺麗に見える物が其の実、本当に綺麗なものとは限らないわ……」

白「ふふ、黒ちゃんは見た目も綺麗だし、心もとっても綺麗だよ?」

黒「な、私は別に……あっありがと……(ボソッ)」

白「ん?」

黒「なっなんでもない……」

黄「……」

無「どうした黄? さっきっから黙っちゃって……」

黄「いつまで……こうしていられるのかな……」

無「え?」

黄「こうしてみんなで一緒にいられるのって、今のうちじゃない? だから……」

無「あはは」

黄「なに?」

無「いや、黄らしくないな、と思って」

黄「なにそれ! 私だって色々考えること、あるんだよ……?」

無「……ごめん……」

黄「ときに色無くん!」

無「(ビクッ)なっ何!?」

黄「水筒の中身は何かね」

無「水筒? ……甘茶だけど……」

黄「何! 甘茶! それはいかん、直ちに私によこしなさい!」

無「ちょ、まて……アッー」

紫「お腹すいたー」

群「そろそろ12時ね……朱色、そろそろお昼にしましょう」

朱「あいよー(にやにや)」

群「なによ……にやにやしちゃって……」

朱「いやー、何で姉さんついてきたのかなぁと思って」

群「な、いいじゃない……私がついてきたって……」

朱「目当てはあのコかにゃー? 可愛い可愛い年下の……」

群「なっ! 怒るわよ!」

朱「図星かにゃー? 顔が赤いにゃー」

群「もう、なに? にゃーにゃー言って……アンタはこれでも食べてなさい(ポイッ)」

朱「あっ煮干しにゃー(ダダッ)」

群「既に酔ってるのかしら……」

桃「さっそくいただきましょうか」

赤「そうだね」

青「そうしましょう」

薄黄「ふえ! 皆さんなんでこっちを見ながら言うんですかぁ〜」

青「いやーねぇ、冗談よ」

赤「そうだよ、あはは」

桃「……」

薄黄「桃さん……?」

桃(かぷっ)

薄黄「ひゃああああ!」

朱「ふはは色無、ビールかけだぞ〜(じゃばじゃばじゃば)」

無「うわわ、やめて下さい!」

黄「朱色さん駄目! 未成年へのビールかけは法律で禁止されているわ! 一級犯罪よ!」

朱「ええ! そうなの!? じゃ、こっちにかけよう(どぼどぼどぼ)」

群「朱色……あんたわかってるわね……」

朱「うぎっ!? しまった!(シュババッ)」

群「待ちなさい!」

朱「うひゃあああ!」

茶「あ、灰ちゃんのお弁当可愛い、クマさんだ」

灰「知ったわね……」

茶「(びくっ)えと、えと……」

灰「リンゴあげる」

茶「……あ、ウサギさんだぁ〜。ありがとう」

水「……」

黄緑「どうしたの? 水ちゃん」

水「えっと……(あせあせ)」

黄緑「ふふ、来年も来ましょうね」

水「えっと……はい(ニコッ)」


無「お前なんでいっつも俺のそばにいるんだよ……」

黒「初めて会った時にいったじゃないか、君が大好きだと」

無「だからって……トイレにまでついて来ることはないじゃないか!」

黒「なんで?」

無「なんでって……そりゃ……」

黒「別に私は君の物を見てもどうも思わない」

無「いやそうじゃなくて……てかどうも思われないのも男して……じゃなかった」

無「とにかく女子のお前が男子トイレに入るな!」

黒「別にいずれ見ることになるんだから恥ずかしがるな」

黒「それに女子が男子トイレに入ってはいけないなんて法律はない」

無「法律うんぬん以前に常識だ!それに……」

焦「いずれ見せることになるとはどういうことだ?」

無「こ、焦茶さん!なんでここに……」

焦「そんなことはどうでもいい~それよりどういうことか説明してもらおう」

無「誤解ですよ!黒が勝手に言ってるだけです!」

焦「そうか、それを聞いて安心したよ」

無(助かった……)

焦「それじゃあ一緒にお風呂に入りに行くか」

無「わかりま……えぇ!!」

焦「どうした?」

無「どうしたじゃないですよ!何言ってるんですか!」

焦「お風呂」

無「そうじゃないですよ!」

黒「色無、この人誰?いやそんなことはどうでもいいわ」

黒「アナタは色無とどこまで」

焦「Bまで」

黒「B……(私の胸と同じ……)」

無「なに適当な事言ってんすか—!!黒、嘘だぞソレは!!」

黒「色無、貧乳は嫌い?」

無「何、言ってんだ?」

黒「それよりアナタとは同じ臭いがするわ」

焦「奇遇だな私もそう思ってた君とは仲良くなれそうだ」

黒「そうね、ここはお互い退いて3人でお風呂はどう?」

焦「私も今まさにそれを言おうと思ったところだ」

黒「ふふ……なんか姉が出来たようで嬉しいわ」

焦「私も妹が出来たみたいで嬉しい」

焦・黒「ということでお風呂だ」

無「なんだこの展開は……」


焦「最近色無君にやたらと接触してるのは君か?」

黒「それがどうした?」

焦「ふむ……まだ子どもじゃないか。色無君は君より私のような大人の女性を好むのじゃないかな?」

黒「そんなことしったことじゃないな。誰を好きになるかは色無次第だ」

焦「なるほどな。しかし君には致命的な欠点がある」

黒「なんだと?」

焦「ずばり貧乳ということだ!!」

黒「くっ……気に障る女だ」

焦「乳がなくして子供は育てられまい!!未来の家族計画まで私は構築済みなのだよ」

黒「……」

焦「私の勝ちだな」

黒「くそっ……」

焦「では私は色無君と食事にでもいこうかな」

無「黄緑の作ったハンバーグが食べたくなったなぁ」

黄緑「あらあら、そんなに美味しかったんですか?」

無「グレイトなお味でした」

黄緑「なら沢山つくってあげますね♪」

焦「……」

黒「うん……どんまい」

焦「うぅ……」


橙「オレンジによる乙女のための乙女料理講座〜!!」

黄「どんどんパフパフ〜!!」

橙「男の子を落とすには、やっぱり料理ですよね!そこで、今回は乙女のみなさんに肉じゃがの作り方を紹介しまーす!」

紫「肉じゃが……そういえば作り方知らないや」

橙「まずは適当に材料を切りまーす。ここは個人でやってね」

黄「こんな感じ?」

橙「おっけーおっけー」

紫「……こうかな」

橙「……肉じゃがだよ……?」

紫「うん……」

橙「なぜに千切り……」

紫「……」

橙「ま……まあ大丈夫!愛がこもってればいいのさ!さ、次行こう次!」

橙「〜〜というように、味付けをしまーす。この味付けが一番重要だね!ここでその人の個性が出るよ〜!」

黄「先生ちょっと味見してみてよ〜」

橙「……うん、おいしい!うまくアレンジしましたね」

紫「……先生」

橙「どれどれ、紫ちゃんのは……ぐ……あ、甘い……」

紫「……色無甘いもの好きだったから……」

橙「(この子はもしや……料理音痴なのか!?)


『文化祭を実行しよう』

青「はいはい、静かにー! さて、今度の文化祭の出し物ですが、黄から喫茶店をやろうと言う提案がありました」

黄「我ながらいいアイディアだと思うんだよねぇ〜。さっすが私!! えらい!!」

青「……幸いうちのクラスには飲食店でのバイト経験者が大勢居るし、私としては賛成したいと思います」

黄「でしょ? でしょ!? さっすが青ちゃん、お目が高いっ!!」

青「いい加減黙りなさい。それで、反対がなければクラスの総意として黄に委員会で提案してもらおうと思うんだけど、誰か意見はありますか?」

男「お〜い、青〜」

青「あんたは面倒臭そうな事言いそうだから最後。はい、水色」

水「……あの、バイト経験者って皆ウェイトレスしないと駄目なんです……か……?」

青「そういう訳じゃないけど、なるべくならしてもらいたいわね。水色は可愛いんだから特にお願いしたいわ。さて次は——はい、紫」

紫「わざわざ学校でまでバイトまがいの事したくないんだけど?」

青「する事は似たような内容になるかもしれないけど、クラスの皆とするっていうのはかなり大きな違いだと思うわよ? ……特に、誰かさんと一緒に働けるのはね。次、ピンクは何?」

桃「ウェイトレスって事はさ、何か制服みたいなの作るの?」

青「うーん、予算も時間も余裕がある訳じゃないし、残念だけどエプロンつけるだけになるんじゃないかしら? あら。ずいぶん焦ってるみたいだけど、どうしたの茶?」

茶「エ、エプロンだけってまさか——ははは、裸にエプロンって事!?」

青「誰がそんな事許可するのよ!? 当然制服の上にっ。はい、白」

白「喫茶店って『ご奉仕致します、ご主人様』とか言ったりするんだよね、確か?」

青「言いません。白はもうちょっと男子のリアクションを考えて発言しなさい。次、赤っ」

赤「はいは〜いっ、ボクは食い逃げした人を追い掛け回す役やりた〜い!!」

青「チケット制だからそんな役職存在しません! 黒どうぞ!」

黒「……で、いくら貰えるのかしら?」

青「学校行事で報酬を要求するなっ! はいっ、緑!」

緑「いい加減静かにしてもらえない? 私、読書中なんだけど」

青「議論に参加しろぉ〜っ!! 黄緑は何!?」

黄緑「あの〜、それでうちのクラスは何をするんですか?」

青「きっさてんっ!! オレンジっ!!」

橙「っていうかさぁ、どうせムリだしやめにしない?」

青「私の努力を無駄にする気か〜っ!! やるに決まってるでしょうっ!? ハァッ、ハァッ——もう意見は無いわよね、ある訳無いわよね!?」

男「……そろそろいいか?」

青「あぁ、そう言えばあんたがいたわね。もう何でも言ってちょうだい」

男「じゃあ言わせてもらうけど。飲食関係は3年生がやるって決定してるから、俺達はムリだぞ」

青「……はぁ?」

黄「ちょっと、何それ〜!? 誰が言ってたの!?」

男「お前が俺にグチりに来たんだろうが。この前の委員会で決まったって」

黄「……あ〜、あ〜っ!! あったあったそんな事、すっかり忘れてたっ!! ごめんねぇ〜、青ちゃん。って事でさっきの提案、ナシにして?」

青「……」

黄「ま、改めてみんなのやりたい事を聞くって方向でやり直ししよっか?」

青「……つまり私の喫茶店の構想と、皆を説得しようとした今の努力は本当に全部無かった事になるのね……?」

男「残念ながらそうなるな」

青「やっぱりそうなの……。うふ、うふふふ——ふ〜ざ〜け〜る〜なぁ〜っ!!(バシッバシッ)」

男「おわぁっ!! イタタっ、俺に八つ当たりするのはおかしいだろうが!!」

 

男「いや〜、あれは大変だったなぁ」

青「……で? わざわざ本番前に来てこの間のLHRの蒸し返し? 私の邪魔をしたかったのかしら?」

男「違うって、激励に来たんだよ。お前脚本の『桃太郎』、練習どころか台本さえ見せてくれなかったしな」

青「何回も見たら面白くないでしょ? 単なる昔話の焼き直しじゃない桃太郎、見てなさい。ここにいる全員を感動の渦に——(♪〜♪〜)あら、ちょっとごめんなさい」

男「全然気にしなくていいから、早く出ろって」

青「悪いわね——(ピッ)はい、もしもし? ……だから私は今からクラスの劇だって——ああもう、泣かないの! 今から行ってあげるから!!(ピッ)」

男「……何かあったのか?」

青「部の出し物の方でトラブルがあったみたいなのよ。で、部長になっちゃった私が行かないとダメらしいの」

男「おいおい、劇はどうすんだよ?」

青「不本意だけどあなたに任せるわ。私の台本読むだけでいいから、よろしくね!!」

男「ちょっ、そのト書きのある台本お前しか持ってないんだろうが! 持って行くなぁ〜っ!!」

白『ただいまより、私達——』

男「台本奪いに行く時間もねぇよ。……アドリブでやるのか?」

男『……む、昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました』

紫「さて、ちょっと山にでも行ってきましょうか」

黄緑「あらあら、それじゃあ私は洗濯にでも——」

男『おばあさんは川で桃を拾ってきました』

紫「バカっ、端折るなっ!」

男『おじいさんは時々見えないナニカに語りかけるのが趣味のちょっとオモシロイ頭の人でした』

紫「ムキー!!」

黄緑「まあまあ落ち着いておじいさん、桃を切りましょう」

紫「……そうね。じゃあこの包丁を使って——」

黄緑「あ、大丈夫です。てやっ」

紫「……」

男『……お、おばあさんがチョップで桃を割ると、中から赤ん坊が出てきました』

黄緑「あら可愛い赤ちゃん。おじいさん、名前をつけてあげてくださいな」

紫「そうねぇ……」

男『おじいさんは赤ん坊を桃太郎と名付けました』

紫「よしっ、この子の名前は桃太郎よ!」

男『おじいさんは村でも有名なひねくれ者だったので、女の子なのに迷わず桃太郎と名付けました。女の子なのに』

紫「あんたが先に言ったんでしょうがっ!!」

黄緑「まあまあ落ち着いておじいさん、いい名前じゃないですか。女の子ですけど」

紫「……」

男『と、とにかく時は流れて数年後。桃太郎はあっという間に成長し、高校二年生とは思えないナイスボディになりました』

桃「うぅっ、何かヤな紹介だなぁ……」

男『ここ最近、都のお姫様が鬼ヶ島に囚われているという噂が流れ、そこからさほど離れていない桃太郎たちの住む村でも噂になっていました』

紫「お姫様って本当に鬼にさらわれちゃってるのかな?」

黄緑「鬼さんに誘われて、鬼ヶ島に観光に行ってるだけかもしれませんよね」

紫「……それはないと思うけど」

男『正義感の強い桃太郎は、自ら鬼ヶ島に様子を見に行く事を決心しました』

桃「おじいさん、おばあさん。私、鬼ヶ島に行ってきます!」

黄緑「あらまあ、いってらっしゃい」

紫「あんまり遅くならないようにしなさいよ?」

桃「あ、はい」

黄緑「はい、お弁当代わりのきびだんご。あんまり日持ちしないから早めに食べて下さいね?」

紫「おみやげ頼んだわよ〜?」

桃「……いってきます」

男『全く状況を把握していない平和ボケした二人に見送られ、桃太郎は鬼ヶ島へ旅立ちました』

男『桃太郎が旅立って数分後。時間の都合上、犬猿雉をまとめて引き連れた桃太郎は鬼ヶ島へ到着しました』

桃「ここが鬼ヶ島……。みんな、門番がいるから見つからないようにね」

黄「何言ってんの? 門番がいるなら開けてもらえばいいじゃん」

赤「おぉっ、猿ナイスアイデア〜!! すいまっせぇ〜ん!」

桃「えぇぇっ!? 待って待って!!」

橙「あいつらのバカっぷりを舐めてたみたいだねぇ」

男『慌てて止めようとしましたが、猿と犬は既に門番の鬼に気付かれています。桃太郎の想像以上にこの2匹はバカでした』

茶「あ、あの、何か御用ですか?」

赤「中に用事があるの。門を開けてくださいなっ」

茶「す、すいません、知らない人を入れちゃいけないって言われてるんです」

黄「えぇ〜っ!? そこをなんとか、ね?」

橙「大丈夫大丈夫、黙ってりゃバレないって」

茶「バ、バレバレですよそんなのっ!」

赤「じれったいなぁ、こうなったら力ずくで——かぎはどこかなぁっ〜♪」

茶「ひゃあっ!? ぬ、脱がさないで下さいぃ〜っ! たっ、助けてぇ〜っ!!」

男『貞操の危機にさらされた茶鬼が助けを呼ぶと、中から2匹の鬼が加勢にやってきました』

緑「……どうしたの?」

黒「あら、お客様? それなら歓迎してあげないと……ふふっ」

桃「加勢がくるなんて……!? みんな気をつけて!」

黄「おおっと、ここは私達にお任せっ! 見せ場なんだから張り切るわよ、雉っ!!」

橙「ガンバレ猿ぅ〜」

黄「あんたもよっ!!」

橙「は〜いはいはい」

赤「ほ〜ら行き止まり♪ 茶鬼ちゃんは舞台から逃げるなんて事しないよねぇ〜?」

茶「あ、あうぅ……」

男『あ。こりゃ本気でマズい。黄……じゃなくて猿、どうにか——』

黄「……あのさ、黒鬼ちゃん。これ、お芝居……だよね?」

黒「もちろん。そうじゃなかったらあんたを足蹴になんてしないわよ。あぁ、本当に心苦しいわ」

黄「ダウトダウトダウトォ〜っ!! そこまで嬉しそうな顔した人間が——イタタタッ、スイマセン調子こいてました許してぇ〜っ!?」

男『……哀れな猿はドSな黒鬼の玩具となってしまいました。それなら雉、お前がどうにか——』

橙「……」

緑「……」

男『動けよお前ら』

橙「ムリムリ。今ウチらは、マンガとかでよくある『先に動いた方が負ける』って状態だから」

緑「その通り。私は雉から目を離す事ができないの」

男『本から目を離してから言え。ああもう、仕方が無いから騒ぎを聞きつけた鬼の大将が出てきましたっ!』

水「……ぁ、あの、どうかしたんですか?」

桃「あなたが大将なのね? ここに都のお姫様がいるって本当?」

水「は、はい。呼んで来ましょう……か?」

桃「あ、お願いします」

男『ずいぶんあっさりお姫様がいる事を認めた水色鬼は、本当にお姫様を連れて戻ってきました』

白「はじめまして——だよね? 何か御用でも?」

桃「あなたが鬼ヶ島へ連れ去られたって噂が流れてたから、調べに来たんだけど……」

白「へ? 私、ここには観光で来ただけだよ?」

桃「……」

男『……ここにきておばあさんの説が真実だという事が判明してしまいました』

白「すぐに帰ろうと思ってたんだけど、体調悪くなっちゃって。水色鬼ちゃんに看病してもらってたの。ありがとうね?」

水「ぁ……。そ、そんな大した事、してないです……」

桃「とりあえず皆心配してるし、帰ろうか?」

白「そうだね」

水「あ、帰る途中でお姫様が倒れたら大変だし、これ、持って行って下さい」

男『そういって水色鬼はこつこつ働いて貯めたお金を惜しげもなく桃太郎に渡しました』

白「そこまでしてもらわなくても……あっ、そうだ! お世話になったお礼がしたいし、水色鬼ちゃん達も一緒に来て?」

水「わ、私達鬼ですし……皆さんに迷惑をかける訳には……」

桃「それなら私達の村に来たら? うちの村だったらそんな細かい事言う人いないよ?」

水「で、でも……」

橙「いいじゃん。お姫様助けてあげるぐらいだし、人里には興味あるんでしょ?~」

緑「新しい本も欲しいし、私は賛成するわ」

黒「私も人間に興味があるし、賛成ね」

茶「こ、この島ちょっと怖いですし、私も賛成ですっ」

水「皆さんがそういうなら……お世話になります」

赤「よ〜し、出発しんこぉ〜!!」

黄「……話がまとまった所でさ、黒鬼ちゃんそろそろ降りてくんない——っていうか犬もドサクサにまぎれて踏むなぁ〜っ!!」

男『こうして鬼達は桃太郎の住む村へと移り住み、細かい事を気にしない村人達と平和に暮らしたのでした。めでたしめでたし』

黄「めでたくないわよ、バカっ!! 早く降りて——あ、イタイイタイ、ゴメンナサイスイマセン言い過ぎました許してぇ〜っ!?」

 

男「お疲れさ〜ん」

桃「お疲れさまぁ〜」

男「ってか内容これでよかったのか? 俺アドリブだったんだけど」

紫「あんたが無茶苦茶するから、結局みんな台本からズレてアドリブよ」

男「あちゃ〜、やっぱりか」

橙「ま、これはこれで面白かったしいいんじゃない?」

黄緑「ですよね?」

男「そうフォローしてもらえると助かるな」

青「よかったわね? 私の台本は無視されて正解だったのかしら?」

男「……あ。いやこれはお前が台本を持って部に行くのがそもそもの原因であってだな?」

青「どこまでもあんたは私の邪魔をしたいのね? どうも一回思い知らせないといけないみたいねぇ……覚悟ぉ〜っ!!」

男「ちょっ、話を聞け、俺は的じゃないっての!! たぁ〜すぅ〜けぇ〜てぇ〜っ!?」

pencil_0884.jpg

赤「あ、あ、あ……」

青「いったいどうしたの?脳ミソまで筋肉でできちゃって発音できなくなったの?」

赤「なめてんのか、お前?」

青「あ、胸ぐらつかんで投げようとしないで!!」

赤「ふぅ……ってこんなコントやってる時間なんてないんだよ!!」

青「いったいどうしたのよ」

赤「宝くじがあたってるの!!」

青「な、な、なんだってぇ〜!!」

赤「部屋をかたずけてたら一枚でてきてさ」

青「ちょっとみせて……ほ、ほんとだわ……」

赤「これはいますぐ」

青「行くしかないでしょ?」

赤「うおー!!これで私も億万長者だぁ!!」

青「いぃやっほぉぉぉ!!」

赤「ってなんで青も盛り上がってるの?」

青「当選したお金でなにか買ってくれるんでしょ?」

赤「だが断る」

青「ケチ」

紫「あの〜、盛り上がってるところ悪いんだけどそれ去年の宝くじじゃない?」

赤「え?」

青「2005年……」

紫「あ、あたし色無とこれからデートだから……じゃね」

赤&青「ジーザス!!!!」


 学校

赤「ねぇねぇ、放課後暇なら一緒に遊びに行かない?」

無「わりぃ、先客がいるんだわ」

赤「ふ〜ん……わかった。じゃあまたこんどね」

無「あぁ」

青「あ、色無」

無「お?」

青「放課後、もし暇だったらどこかに美味しいもの食べに行かない?」

無「ごめんな。今日は放課後から予定が入ってるんだ」

青「そう……無理に誘ってごめんなさいね。じゃね」

無「おう」

 寮

赤「え〜、青も色無と出かけようとしたの?」

青「ええ。赤も誘ってたのね」

赤「うん。でも先客って誰なんだろ……」

青「さぁ?」

紫「色無ぃ、準備できたよぉ」

無「お、そうか。んじゃいくか」

紫「えへへ、デート♪」

無「あんまりはしゃぐなよ?」

紫「了解♪あ、手繋いでいい?」

無「しゃあねぇなぁ……」

赤「あいつか……」

青「あの子ね……」

突然二人の方を振り向く紫

紫「べー」

赤&青(あのアマぁ!!)

紫「さ、行こ行こ♪」

無「お、おう(殺気を感じる……)」


赤「色無ぃ、カラオケにいこう?」

無「お、いいな」

青「あたしも行っていいかしら?」

赤「OKOK」

紫「あたしもいく!!」

無「じゃあ四人でだな」

 カラオケ

赤「Hellfire〜♪it's burning my soul I bave lost my belive〜♪」

青「な、なかなかうまいわね」

紫「すっご〜い!!」

赤「いやいや、それほどでも(これで色無に印象を与えれば……)」

無「ポテトお願いしまーす」

赤(食べ物頼んでんじゃねぇよ!!)

青「じゃあ次は私の番ね」

赤「把握した」

青「あ〜たし、さくらんぼ〜♪」

紫(お、大塚愛!?)

赤(振り付けも完璧だとぉ!?)

青(ふふふ……これで普段のあたしとは違った一面を見せることが……)

無「オレンジジュースお願いしま〜す」

青(みてもいないわ……この男……)

紫「ねぇねぇ、一人だとうまく歌えないから一緒に歌おう?」

無「は?俺と?」

紫「うん」

無「一回だけだからな?」

紫「わかった!!(この勝負あたしの勝ちだ!!)」

青(なんだあの勝ち誇った表情は……)

赤(まったく、むかつくぜ……)

紫「色無ぃ♪」

無「うわ、腕組むな!!」

赤&青(あのクソがきぃ!!)

バキョっ!!

無(あの二人コップを握り潰しやがった!!)


—雨の放課後—

無(うわー降ってるなー、傘もってきてよかった……ってあれ桃じゃん)

「よっ、どうした? なんだ傘忘れたのかよ……しょーがねーなー……一緒に入ってくか?」

桃(よっしゃ計画どーり!わざと傘忘れてきてよかった!)

「えっ、いいの?わーいありがt」 『ちょーっとまーったぁー!!』

桃「……?げっ、橙ちゃんと黄ちゃん!!」

橙「色無〜あたしたちも傘忘れちゃったんだけど〜」

桃「ちょっ、あんた達部活は?」

黄「雨で中止〜」

桃「……いつも屋内で練習してるくせに……そういう見え透いた嘘を……」

黄「(無視)桃だけ相合傘できるんてふこーへーだ!」

無「いやーそう言われてもなぁ……さすがに4人一緒は無理だろ……」

黄「フフフ……そんなことは百も承知……というわけで……

  第1回!チキチキ!色無と相合傘争奪選手権〜!!」

橙「わードンドンドンパフパフ〜」

無&桃「!!?」

黄「ルールは簡単!じゃんけんで勝った人が色無と相合傘できる!残りの二人はずぶ濡れで後ろついてくる! ただし一定距離ごとに再じゃんけんで勝者入れ替わり!どうよ!?」

桃「いいわ、おもしろそうじゃない……その勝負受けてたってやるわ!」

無「おいおいお前ら勝手に決めry

三人「最初はグー!!じゃんけんポイ!あいこでしょっ!!あいこでしょっ!」

橙「おっしゃぁぁぁぁぁー!!」

黄&桃「くそっ!」

橙「それじゃ〜色無……レッツゴー!」

無「……はいはい……」

橙「あ〜ん色無ぃ〜歩くのはーやーい〜もっとゆっくり〜」

黄「ブリッ子ってもかわいくないぞー」

桃「そうだそうだーさっさと歩けー」

橙「あら?どこかで負け犬どもの遠吠えがするわ……あらそんなとこにいたの〜頭に鞄なんかのっけちゃって……ププ」

黄「くっ……、あんたもう十分歩いたでしょ?そろそろ再じゃんけんよ!」

無「っておい!そこにコンビニあんじゃねーか!傘買ってこい!」

橙「だめ色無!敗者に情けは禁物よ!」

無「はぁ?」

橙「哀れな濡れ鼠達の前で二人のラブラブっぷりを見せつけてやる……それこそが……至福の快感……!」

黄「そう……この勝負は天国か地獄か二つに一つ……そしてそれこそが……女の」

桃「恋の」

橙「道」

無「……訳わからん」

黄「というわけでいくわよ二回戦……!」

   ゴゴゴゴゴ

無「くっ……この緊張感……まるで露伴先生とジャンケン小ぞry

三人「……!さぁぁぁいしょぉぉぉはグーーー!!じゃんけんホイ!!あいこでショ!! あいこでショ!あいこで……」

 —その後も女たちの熾烈な闘いは果てしなく繰り広げられた……そして……

 —翌日—

黄「ぶぇっくしょい!!」

橙「ぎゃっ!汚い!顔にかかっ……っくしょん!」

桃「うげ〜ぢぬ〜」

 三人揃ってかぜひいたとさ

黄「……というわけでぇ〜……だいいっか〜い……色無の付っきり看病争奪せんしゅけ〜……げほ」

橙&桃「……わぁ〜……どんどんどんぱふぱ……ぐは」

なんだかんだで息ピッタリの仲良し三人組でした

無「……もう勘弁して……」


赤「〜♪」

無「赤は何歌ってんだ?」

赤「燃え上がれ〜燃え上がれ〜♪」

無「あぁ、ガン○ムか」

赤「永沢の家〜♪」

無「!!」

桃「〜♪」

無「桃は何歌ってんだろ?」

桃「あんまりソワソワしないで〜♪」

無「桃らしいな……」

桃「あなたがいつでもいちばん〜♪」

無「ん?」

桃「好きよ♪」

むにゅ

無「すごく……暖かいです……」

青「(#~^ω^)ビキビキ~いちゃついてないで掃除しろぉぉぉぉぉぉ!!」

無「ぎゃあぁぁぁぁぁぁ!!」

緑「〜♪」

無「緑は何歌ってんだ?」

緑「きーんぐ!きーんぐ!きんぐげいなぁぁぁ!めたるうぉーばぁぁぁまん!」

無「( ゚д゚)ポカーン」)

無(気づかれないように逃げなければ……)

緑「!!」

無「や、やぁ……ノリノリだNE☆」

緑「……これでもくらえぇぇぇ!!」

黄「文庫本!ハードカバー!!そしてとどめは……」

橙「でたぁ—!!伝家の宝刀!!百科事典だぁぁぁぁぁぁ!!!!」

無「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


赤「もぐもぐ……」

青「あー!!それあたしの肉まん!!」

赤「これ青のだったの?」

青「そうよ!!楽しみにしてたのにぃ……」

赤「ごめんごめん」

青「くやしいわ……」

赤「まあ肉まんはおいといて服を来ましょうね?」

青「え?」

赤「あと騒ぐのはいいけど体をかくしてるタオルが床に落ちてる」

青「あぁ!?」

赤「まったく、痴女に間違われちゃうよ?」

青「うるっさい!!」

赤「しかし、こぶりな肉まんですね」

青「(ピキピキ)なんですってぇ!?」

赤「さぁーて私もお風呂に入ろうかなぁ」

青「まちなさい……」

赤「ん?」

青「こぶりな肉まんとは聞き捨てならないわ……」

赤「だって私がみたなかで一番貧相だもん」

青「貧相言うな!!」

赤「桃ちゃんの爆乳と朱色さんの美乳、水色ちゃんのおっぱいミサイル。これらからみたらどうみても……」

青「まないた貧乳鏡面加工仕上げなんていわないで!!」

赤「いや、そこまでいってないよ」

桃「なぁにぃ、青ちゃんも胸を大きくしたいの?」

むにゅ……

青「あん……ってなに揉んでるのよ!!」

桃「大きくするにはこれが一番……あぁん!!」

朱「ここか?ここを揉むと大きくなるのか?」

青「朱色さんまでなにやってるんですか」

朱「いや、若いやつのおっぱいをみてみたくて、はぁん!!」

水「どうすればこんなおっぱいに……」

赤「なんなんだこいつら……ん?なんか負のオーラを感じる……」

紫「うぅ……なんであたしはこんなにつるつるぺたぺたなのよぉ……おっぱいなんておっぱいなんて……」

赤「ま、まぁ元気だしなよ」

紫「うん……そういえば赤の胸のサイズは?」

赤「Aだけど……」

紫(Bカップ)「ふっ……」

赤(このガキぃ!!)


赤「しかし、今日は風が強いなぁ……」

青「軽い物なんか飛んでいきそうね……」

ヒュー!!

青「あ!!目の前のおじさんのカツラが!!」

赤「空中分解してるぅ!?」

青「あ、おじさんが慌ててるわ」

赤「みなかったことにしておこう」

ゴー……

青「なんか風がまた強くなったような……」

赤「これで傘さしたら紫とか吹っ飛びそうだね……」

青「そうね……ん!?」

紫「いやぁぁぁぁ!!誰か助けてぇぇぇ!!!!」

赤&青「吹っ飛んでるぅ!!」

紫「ぶつかるぅぅぅ!!!!」

青&赤「こ、こっちにくるなぁ!!」

ゴスッ!!

紫&赤&青「ぬごわっ!?」


青「ついにあんたと決着を着けるときが来たようね」

赤「ご苦労なことだね」

青「あたしのこれまでの努力……しかとその目で見るといいわ!!」

赤「御託はいい……さっさとはじめよう」

青「吠え面かいてもしらないわよ!!」

 保健室

青「〇〇kg……赤は?」

赤「××kg」

青「勝った……ついに体重で赤より下回ったわ!!」

赤「ひとつ忘れてることがないかな?青さん」

青「な、なによ!?」

赤「体脂肪の値を見せてもらおうかぁ!!」

青「あ、やめてぇ!!」

赤「えー、●●%……ふっ……」

青「鼻で笑うな!!あんたの見せなさいよ!!」

赤「ほれ」

青「どれどれ……ん!?9%!?」

赤「どうよ」

青「筋肉馬鹿……」

赤「うるっさい!!こんなぷるぷるのお腹がなにをいうか!!」

青「あ、お腹はさわらないでぇ!!」

桃「私もダイエット……」

赤&青「黙れ!!」

桃「うぇ〜ん、色無く〜ん」

無「うわ!?抱きつくなって……ん?」

赤「おっぱいよ……」

青「天に帰るときが来た!!」

無「なんだこいつら……あっー!!」


ぽよん

紫「あぅ」

桃「あら、ごめんなさい。胸があたっちゃったみたいね」

紫「こんどから気を付けてよねぇ」

桃「おっぱいが小さくなって紫ちゃんが大きくなれば問題ないんだけど」

紫「ちっちゃいいうな!!くそぉ……貧乳同盟集合!!」

桃「貧乳同盟?」

赤「レッド!!」

黄「イエロー!!」

黒「ブラック!!」

緑「グリーン!!」

紫「そしてあたしパープル!!」

一同「貧乳同盟参上!!」

無「しかしこの緑、ノリノリである」

緑「う、うるさい!!」

桃「ふふふ……貧乳同盟?笑わせてくれるじゃない」

紫「なに?」

桃「いでよ!!おっぱい戦隊!!」

青「美乳ブルー!!」

茶「着痩せブラウン!!」

橙「ノーブラオレンジ!!」

白「雪の肌ホワイト!!」

黄緑「魔性のおっぱいYG!!」

無「YGってなに?」

黄緑「イエローグリーンの略です」

無「把握した」

桃「そして爆乳ピンク!!こちらはCカップ以上の強者ばかりよ」

紫「く、くそっ……こんな結末あたしは断じてみとめない!!」

桃「ただの貧乳にはまけないわ!!」

無「またわけのわからないことでもめ出したな……こいつら……」


『貧乳同盟VS巨乳戦隊』

青「色無ぃ〜」

無「いきなり抱きついてきてどうした?」

青「どこかの誰かさんみたいに運動ばかりして胸が全然ない子は女の子として失格よね?」

無「はい?」

赤「ちょっと、なにいってんのさ!!」

青「なによ」

赤「美乳だか豆乳だかしらないけどおっぱいごときでけなさいでよね!!」

青「お黙り!!」

ぴしぃ!!

無「鞭!?」

赤「あう!!」

青「貧乳が調子にのるんじゃない!!」

赤「い、痛い!!」

青「ふふふ……貧乳なんて奴隷……否!!奴隷じゃなくて豚よ!!」

赤「ひ、酷い!!」

無「おいおい、大丈夫か?」

赤「い、色無ぃ……」

ギュっ

青「あ、抱きついてるんじゃない!!」

無「お前ちょっとやりすぎだろ」

青「く、くっそぉ!!」

赤「美乳やぶれたり……」

無「なんかいったか?」

赤「なんにもいってないよ。あ、もうすこしこのままでいさせて……」

無「あ、あぁ……」

桃「美乳が勝てなかったか……次は君にまかせよう!!」

?「は!!」

?「ではいってまいります!!」

桃「健闘を祈る」

黄「さあ、カレーができたよぉ」

パク……

無「くそぉ……あいかわらずいい味してやがるぜぇ」

橙「あー、私もお腹空いたから食べていい?」

黄「あ、いいよ(刺客か!!)」

橙「うーん、いい匂いがする……(警戒されてるわね)」

無「ぱくぱく」

黄「(相手は白いシャツを着用している……ならば……)はい、カレー」

橙「ありがとー」

ぴっ……

橙「あ〜、服にカレーが……(この女ぁ!!)」

黄「こりゃ洗濯しないとだめだね(ざまみろ!!)」

無「もぐもぐ」

橙「(くっそぉ)まあ大丈夫でしょ。しかし暑いなぁ」

ぷちぷちっ……

橙「ふぅ……」

黄(シャツのボタンをぎりぎりまではずしただとぉ!?)

橙「あー、ブラしてくるのわすれちゃった……」

黄(しまった!!これを色無が見たら……)

橙「(脳殺完了!!)色無ぃ〜」

無「おかわり!!」

橙「ぶるぁぁぁぁぁ!!」

黄(えー!!)


猫「にゃ〜」

青(か、かわいい……)

赤「猫なんか見てどうしたの?」

青「かわいいなぁ〜と」

赤「ほぅ、どれどれ……」

猫「にぁ〜ん」

青「かわいいでしょ?」

赤「たしかにかわいい……」

青「あたしも猫飼いたくなってきたなぁ。赤もかってみれば?」

赤「いや、ただの猫ではかわいいだけ……どうせならスケールのでかいのがいいなぁ私は」

青「猫にそんなのもとめてどうするのよ」

赤「まあ、みときなよ」

青「?」

猫「にゃー」

 次の日

青「あれぇ?赤がきてないわね」

紫「昨日から帰ってきてないらしいよ」

青「ふぅーん。テレビみるか」

TV「今日未明某サファリパークにて猫科の猛獣ライオンを連れ去ろうとした市内の高校に通う女子高生が逮捕されました」

紫「この顔は……赤!?」

青「なんで!?」

TV「女子高生によればスケールのでかい動物が飼いたかったとのこと」

青&紫「スケールがでかすぎる!!」

TV「ちなみにライオンについてですが見付かったときは多数の殴られた跡があり女子高生を見る度に脅えていたとのことです。あ、女子高生がでてきました!!」

赤「くそぉ!!はなせぇ!!私はライオンが飼いたいんだぁ!!」


紫「くまさんのぬいぐるみってかわいいよねぇ」

黄緑「あら、くまのぬいぐるみが欲しいんですか?」

紫「そうそう、黄緑ってぬいぐるみとかつくれる?」

黄緑「ええ、つくれますよ」

紫「一生のお願い!!どうかくまのぬいぐるみをつくってください!!」

黄緑「えぇ、いいですよ。腕がなりますね……」

紫「ありがとう!!お礼は必ずするね!!」

黄緑「はい。ではちょっと出かけてきますね」

紫「(材料買うのかな?)いってらっしゃーい」

 次の日

緑「あれ?今日は黄緑がいない」

紫「きのう買い物に出かけたっきり帰ってきてないんだよね」

緑「また赤みたいにTVにうってるんじゃないかしら?」

紫「まさかぁ」

TV「えー、ただいま緊急に入ったニュースです。人里離れた山で人間が熊を素手で倒してるという情報が……」

紫「まさかねぇ……」

TV「なんと熊を素手で倒しているのはなんと女子高生とこと……あ、現場に女子高生がうつっています!!」

黄緑「あらあら、そんな爪をふりあげちゃ危ないじゃないですか。えい」

ズバァッ!!

TV「な、なんと熊を手刀で倒しました!!」

紫「あ、あたしのせいか……」

黄緑「うふふふ……まっててねぇー、紫ちゃん」

緑「TVの向こうからよんでるよ」

紫「いやぁぁぁぁ!!」


めいさくげきじょう「しらゆきひめ」

 よくある編

黄「何で私が継母役なのよ!? ……まあ、出番増えるからいいけどさ」

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いからこのリンゴをあげちゃうよ?」

紫「……何やってるの義母さん?」

黄「分かってても言うなぁ〜っ!!」

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いからこのリンゴをあげちゃうよ?」

橙「え〜っ? リンゴきら〜い」

黄「好き嫌いするなぁ〜っ!!」

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いからこのリンゴをあげちゃうよ?」

黒「あら、ありがとう。……でも、やっぱり初めの一口はお婆さんが食べないと」

黄「……へ?」

黒「自分が持ってきたものを食べれないって事はないわよね? あんたが美味しく食べた後で私も頂くから。……フフッ」

黄「絶対分かってやってるでしょ!? いじめっこぉ〜!!」

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いからこのリンゴをあげちゃうよ?」

赤「ホントに!? いっただっきま〜す!!(シャリシャリ)」

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、これで世界で一番美しいのは——」

赤「ねえねえ、もう一個ちょうだい?」

黄「毒を無視するなぁ〜っ!!」

 まじめっこ編

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いからこのリンゴをあげちゃうよ?」

水「す、すいません、知らない人から物を貰うなってお義母さんから教えられてるんです……」

黄「真面目にしつけた自分が憎いっ!!」

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いからこのリンゴをあげちゃうよ?」

青「ありがとう。じゃあ早速——(サクサク)」

黄「皮を剥くなぁ〜っ!!」

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いからこのリンゴをあげちゃうよ?」

茶「あ、ありがとうございますっ。……あ(ポロッ)」

黄「……」

茶「お、落としちゃいましたけど大丈夫ですっ、ちゃんと洗って食べますからっ!」

黄「リンゴ渡した意味ねぇ〜っ!!」

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いからこのリンゴをあげちゃうよ?」

緑「……本を読み終わったら頂くから、そこに置いてもらえるかしら?」

黄「……ちゃんと食べてよね?」

緑「……」

緑「……あら、もう夕方? 皆を心配させても悪いし、早く帰らないと」

黄「当然のようにリンゴを置いて行くなぁ〜っ!!」

 原型皆無編

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いからこのリンゴをあげちゃうよ?」

黄緑「まあ美味しそう。せっかくですからジュースにしてみましょうか?(ギュウゥ〜)はい、どうぞ」

黄「……いえ、あなたが苦労して素手で絞ったジュースなんて恐れ多くて飲めません。結構です、ハイ」

黄緑「苦労なんてしてないですから。そんな事仰らずに飲んでくださいな♪(ミシミシ)」

黄「アダダダダッ!! 飲もうが飲むまいが死ぬって、どんなマルチエンディング!?」

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いからこのリンゴをあげちゃうよ?」

桃「ありがとう、ちょっと小振りだけど美味しそうだね(プルプル)」

黄「……」

桃「どうかしたの、お婆さん?(たゆんたゆん)」

黄「おっきいのが欲しいんだったら、自分の胸のスイカでも食ってろバカぁ〜っ!!」

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いからこのリンゴをあげちゃうよ?」

白「わぁ、美味しそう!」

黄「早くお食べ、イ〜ッヒッヒッ——」

男「どうしたんだ、白雪姫ちゃん?」

黄「ヒ?」

白「あ、このおばあさんがリンゴくれたの。後で一緒に食べよう?」

男「ありがとう、おばあさん」

黄「……あの、こちらの方は?」

白「私が倒れてるところを介抱してもらってから、つ、付き合ってる人です」

男「実は結婚を前提に付き合ってるんだけどね」

白「えぇぇっ!? な、何言い出してるの!?」

男「……嫌だった?」

白「そんな事ない! ……本当に嬉しいよ、凄く」

黄「私を放置して勝手に話を終わらせるなぁ〜っ!!」

 救済失敗編

黄「イ〜ッヒッヒッヒ、お嬢ちゃん可愛いすぎるからこのリンゴをあげちゃうよ?」

黄「ありがとう、同じ顔の綺麗なお姉さん(サクッ)」

黄「食べたね、滅茶苦茶に可愛いお嬢ちゃん?」

黄「あぁっ……(パタリ)」

黄「これで私が美女ランキング1位タイから単独1位よっ!! イ〜ッヒッヒッヒ!!」

男「……何してるんだお前?」

黄「ひゃあっ!? ちょっと、後10分経ってから来なさいっていったでしょ!?」

男「1人にしといたら何するか分からん奴を放っておける訳ないだろうが。実際訳分からん事してるし」

黄「これはその……」

男「何だ?」

黄「……あんた、最近忙しいって相手してくんないじゃん」

男「んな事かよ」

黄「……私にとっては重要なの」

男「……いいから城に帰るぞ、ほら(チュッ)」

黄「ちょっ、どしたのいきなり!?」

男「き、気にすんな、気まぐれだよ」

黄「あれあれ〜? 顔赤くなってきてるよ〜?」

男「元気になるの早過ぎねぇ!? あ〜っ、だからやりたくなかったんだよもう!!」


「あらあら、こんなかっこで寝て。風邪引きますよ……?」

 ロビーのソファーで眠る色無に毛布をかける黄緑。季節の変わり目で、夜は少し肌寒くなってきた。

「むにゃ……」

「ふふ」

 何やら感慨深い面持ちで寝顔を見つめる。そしてそのまま対面のソファーに腰掛ける。

「もう半年か……」

 黄緑たちが入学し、この寮に来てからもう半年になる。長いようで、短いようで。

「寝ている人間を観察するなんてあまり良い趣味とは言えないわね」

「黒ちゃん……。そんなつもりじゃ……」

「私もご一緒させて貰えないかしら」

「……うん、ここ来る?」

 そう言って黄緑は少し横にずれた。細身の身体がそこにすぽりと収まる。華奢な彼女には充分なスペースだった。

「可愛い寝顔ね。人気なのも頷けるわ」

「そうね……」

 そう言うと二人は黙った。視線は自然と目の前の色無の方。しばらく沈黙が続く。

「いつか……」

「え?」

「いつかみんなで共有するこの時間も終わるのよね」

「うん……」

 黒に応える黄緑。落ち着いた声に何かを感じ取ったようだ。

「いつか、私たちの中から誰かを選ぶときが来るのよね……」

「うん……」

「何だか寂しい……」

 虚ろな瞳で色無を見つめる黒。まるでこの瞬間を愛しむよう。

「あら、大丈夫よ。マルチエンディングだもの」

「え?」

「プレイヤーの数だけ、終わりもあるわ」

「はぁ!!!?」

「各キャラごと二つのエンディングが用意されているのよ?」

「そうなの!!!?」


桃「色無君ってSだと思う?Mだと思う?」

橙「Mに決まってるじゃない。そうじゃないと私が困るし」

黄「男がSだとなんで橙が困るのよ?」

橙「私がSだからに決まってるじゃない」

黄「それと何が関係あるのよ」

橙「あら、言わなきゃわからない?」

黄「わかってるけどあえて訊いてるのよ」

桃「まあまあ、橙ちゃんの可哀想な妄想は放って置きましょう」

白「何なに、何の話?」

桃「色無君はSかMかって話をしてるの。白ちゃんはどっちだと思う?」

橙「こら桃、白にそんな話を振らないの!」

白「この前服を貸してもらったとき、Mって書いてあったと思うんだけど」

桃「も〜、そうじゃないんだってば」

黄「その前に白ちゃん、いや白さん。色無に服を借りた件についてkwsk」

白「退院してから夏物の服しか用意してなかったから、最近寒くて。色無君が貸してくれたの」

橙「ほほう、いい事を聞かせてもらったよ(ニヤリ)」

黄「黒に言えばいくらでも貸してくれるんじゃないの?」

白「その……胸のサイズが……」

黄「あ〜」

橙「成る程」

白「ところで桃ちゃん、桃ちゃんが話してた『えす』とか『えむ』って、服のサイズじゃないならどういう意味なの?」

黄「白ちゃんにはまだ生理十回分は早い話だよ」

橙「黄、下品なことを言わない!っていうか黒はどうしたのよ!こういうとき白を守る役目でしょうが!」

白「む〜仲間外れなんて酷いよ〜」

桃「エッチな事をするときに消極的なのがM、積極的なのがえふぐぅ!」

黄「橙も白ちゃんに関しては結構過保護よね……あ、白ちゃん。ボケピンクの言ったことは全部忘れていいからね」

白「?……わからないけどわかったよ」







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 12:30:50