ギャグ・コメディ

 通学路

赤「あぁ……ウザってぇ……」

青「最近しゃべり方が朱色さんに似てきたわね」

赤「そうかな?」

青「ええ。それよりもこの小学生の軍団相手にうざいはないでしょ。ちっちゃくて可愛いじゃない」

赤「目の前をうろちょろされるとなんかイライラしちゃってね」

青「カルシウムとりなさい」

赤「断る。でもさ狭い道を小学生が並んで歩いてるとさすがにくるものがあるよ」

青「……」

赤「ぼ〜、としてどうしたの?」

青(あの目の前の金色と銀色の髪をした男の子かわいいわね……)

赤「お〜い」

青「な、なに?」

赤「様子が変だけど大丈夫?」

青「あたしはいたってノーマルよ!!」

赤「ならいいけど」

銀「歩いてる人の邪魔になるから脇によったほうがいいんじゃねぇか?」

金「そうだね」

青「あら、ごめんなさいね」

金「いえいえ。綺麗なお姉さんに道を譲るのは当然のことですから」

銀(こいつ……また年上を彼女にする気か……)

赤(小学生の言う台詞じゃない……)

青「そんな……綺麗なんて……ありがとう坊や(なんて可愛い坊やなのかしら……)」

金「えへへ……(このお姉さんも落ちたな……ふっ……)」

赤&銀(先に帰ろう……)


無「ん〜暖かい……ってオレンジ!?」

橙「ん、起きた?」

無「なななんで人のベッドに!?」

橙「いやー最近朝ちょっと寒いじゃない? あー寒いなーって思って寝ぼけてたら丁度良い湯たんぽがあったからつい……」

無「つい、じゃないよ、今『起きた?』って言ったじゃん! 大体俺とオレンジの部屋離れてるしどう考えても……」

橙「あー寒いな〜(ぎゅ〜)」

無「!!!? ちょっと、やめ……」

橙「色無クンは、こういうのお嫌い? (ツツー)」

無「背中に指を這わすな!!」

橙「あーおっきくなった♪」

無「こ、これは生理現象として当たり前で……って触るなー!!」

紫「妖怪オレンジ、覚悟しなさい!!!」

橙「む、紫ちゃん!?~」

紫「あんたなんかこうして(ズリズリ)」

橙「ああ、引きずり出さないで!!!」

紫「揉みしだいてくれるわ——っっ!!!~」

橙「ちょ、やだ、やめ、くすぐったいーっ(ケラケラ)」

無「取り敢えず向こうでやってください……目の毒です……」

黒「つらそうね」

無「黒!?」

黒「手伝ってあげよっか? 遠慮することないわ、こういうのは我慢してると良くないんでしょう?」

無「ちょっと何言って……やめ……アッー!!」

紫「しまった! 危険人物はあっちだったか!!!」


赤「うわぁどうしたのこれ、すごぉい!!」

灰「寿司をとってみた」

男「誰の金で?」

灰「?」

男「誰の金で?まさか俺の金か?」

灰「何言ってんのかわかんないんだけど……」

男「こいつ……」(ピキピキ

橙「まぁまぁとっちゃったもんはしかたないんだしここは仲良く食べようよ!あたしウニもーらいっと」

紫「あぁ!!食べたかったのにぃ!」

橙「基本早い者勝ちなの!」

赤「ここはスタンダートにマグロからでしょ」

青「バカね、サバに決まってるじゃない。光物こそ寿司の極意よ」

黄「ちょっと待て、老若男女に大人気の玉子を忘れるでないぞ!」

緑「……」(ぱくっ

紫「あぁ!イクラまで食べられたぁ!!」

黒「何言ってるの、大人数での寿司は戦場よ。さっきオレンジも言ってたじゃない」

黄緑「やっぱりサーモンが一番おいしいわねぇ」

茶「ん〜!!しあわせ!納豆巻きが一番だよ!」

青「糸引いてる糸引いてる」

茶「あぁっ!?」

黒「はい白、ホタテ」

白「あ、取っててくれたの?ありがとう黒ちゃん!!」

黒「好きだって知ってたから」

灰「姉者姉者、わらわにもあわびを取っt

黒「ほら」

灰「さすがお姉ちゃん!取っててくださったか!」

男「……あれ、おれの分ガリしか残ってないや……」

橙「ここで突然!!」

男「うわっびっくりしたぁ!!」

橙「ロシアンルーレット寿司!!」

茶「ろしあん……?」

青「どれか一つに、大量のワサビが入った寿司が紛れ込んでるのよ」

灰「その昔、これにより一つの街が消え去ったという……」

黒「消え去りません」

橙「さあ行くぞ!!このおいなりさん5つのうちどれか1つがワサビ大量!!そして挑戦者は、じゃんけんで負け残ってしまった黒・赤・紫・白・色無の5人!」

赤「キムチとかは好きだけどワサビはなぁ……」

紫「……ワサビ食べたことないんだよな……」

男「さすがおこちゃま」

紫「ちっちゃいゆーな!!」

白「なんだかおもしろそう……ww」

黒「私が2つ食べるから安心して」

灰「おっとこまえー!」

黒「黙ってなさい」

橙「それではいいですか?全員手に持って……

朱・群青「ただいま〜」

朱「あれ?寿司とってんじゃん!!残るはおいなりさんだけ……まあいいや、もらうよ。はい姉さんも」(ぱく

群青「ん、ありがと。今日お昼食べてなくって……」(ぱく

全員「あ」

群青「……」(ぷるぷる

全員「あちゃー……」


青「くぅっ……もう我慢できん!!」

赤「お、落ち着いて!!」

青「美味しいものが食べたい!!甘いものが食べたい!!」

赤「いまここで諦めらめたら逆戻ですよ!!」

青「くっ!!まさかここまでダイエットが辛いものだとは思わなかったわ……」

赤「別に食べてもいいんだけどさぁ青が運動する時間がないっていうから私がダイエットのメニューを考えてあげたんじゃん」

青「ええ、メニューを考えてくれたのは感謝するわ。でもね……朝昼晩サプリメントはつらいわ……」

赤「叶姉妹もびっくりですもんね」

青「あー、簡単に痩せる方法ないかしら……」

赤「簡単に痩せられたら苦労しない……」

無「おーい、赤宛てにピザが届いてるぞぉ」

赤「お、やっときたか……ん?」

青「ピザ……」

無「なんか様子がおかしいな」

青「ピザァァァァァ!!」

赤「あ、青が狂った!!」

青「あたしにもピザをくわせろぉ!!」

無「ぐぉ!?なんて力だ!!」

赤「ピザなんて食べたらピザになるよ!!」

青「(´・ω・`)」


赤と青がデパートの屋上でヒーローショーのバイトをやるようです

赤「鬼畜外道レッド!!」

青「冷酷残忍ブルー!!」

赤&青「ふたりはぷり(規制中)!!」

青「なんであたしがこんなことを……」

赤「文句言わないの。それに時給が高いんだし」

青「はぁ……(しかしいまどきこんなのが子供に人気なのかしら?)」

子A「やれぇ!!レッドぉ!!悪人を焼き払え!!」

子B「悪人なんて得意の48の拷問技でじわじわいたぶるんだ!!ブルー!!」

青「世も末ね……」

赤「悪人が簡単に死ねると思うなよぉ!!」

悪役「ぐふぅっ!?ちょ、やりすぎ……」

赤「やめられないとまらない♪」

青「まさに外道」

赤「あーはははは!!」

無「いいぞぉ!!やれやれ!!」

青「い、色無!?」

その後悪役の人に慰謝料を払うことになりバイト代はおりなかったという


赤「あちょぉ!!」

スパッ!!

青「見事な瓶斬り……さすが赤鬼」

赤「赤鬼いうな」

青「中学時代は告白しにきた男子をサンドバッグにし、気絶寸前の男子を紐にくくりつけひっぱりまわし目につく男子はみな殺し……悪行を繰り返しいつしか赤鬼と言われていたわね」

赤「人生の汚点だ……」

青「なにをもってそこまで男子を毛嫌してたかわからないけどやりすぎよ」

赤「私の訓練についていけない男なんていらないね」

青「はぁ……そんなんだからいつまで立っても独り身なのよ」

赤「うるさい、青鬼」

青「!?」

赤「小学校から地域のあらゆる女子たちの頂点に君臨していた女帝。暴走族から有名な女子高の生徒達まで一時期手中に納めたという最凶の女。別名青鬼」

青「な、なんであたしの情報が……」

赤「ふふふ……私の情報収集能力をあなどってもらっちゃ困るよ」

無「お前らそんな過去があったのか……」


色鉛筆小学校時代編

赤「よし、ヒーローごっこやろう!!」

無「え〜」

青「赤はほっといてあたしたちはおままごとしましょ」

無「うん、わかった」

赤「あ、待て!!この悪人め!!」

青「だれが悪人なのよ」

赤「人をさらうなんて悪人のすることなんだぞ!!」

無「青ちゃんって悪人だったの?」

青「違うわ。赤は嘘をついてるの。赤こそ悪人よ」

赤「なぁにぃ!?正義の味方、ジャスティスレッドを侮辱したな!!」

無「おぉ、なんてかっこいい名前!!」

青「とにかく色無はあたしとおままごとするの」

赤「わたしとヒーローごっこだよね?」

無「あ、水色ちゃん」

水「なぁにぃ?」

無「一緒に逆上がりの練習しよう」

水「うん、わかった」

赤&青「……」

赤「ジャスティスキック!!」

ドゴォ!!

無「うごっ!?」

青「不倫夫に裁きを!!」

ザシュッ!!

無「ぎゃぁ!!」

水(どこからあんな言葉を……)


青「誕生日おめでとう」

赤「いきなりなにいってんの?」

青「今日は赤の誕生日じゃない」

赤「あ〜、そうだっけ」

青「自分の誕生日ぐらいは忘れないようにしないと」

赤「すいませんね。それよりその箱はなに?」

青「誕生日プレゼント」

赤「ほほぉー。開けていい?」

青「どうぞどうぞ」

パカッ

赤「こ、これは!?」

青「どうよ!!」

赤「て、鉄アレイ……(10kg)」

青「感想は?」

赤「誕生日プレゼントに鉄アレイをもらうなんて思ってもみなかったよ……うん、ありがとう……うぅ……」

青「ちょっと、なに泣いてるのよ」

赤「いや、なんでもないよ……うん……」


橙「うわこの服可愛い〜!!」

黄「でしょでしょ!?こないだ古着屋で見つけてきたんだぁ!」

橙「うそこれ古着!?さすが黄色のおしゃれレーダーは違うねぇ!」

赤「うぅ……なんかスースーする……」

青「あんたももっと普段からスカート穿きなさいよ、似合うんだから」

赤「でもこれ……落ち着かないよ。運動できないじゃん。足広げられないし……」

茶「女の子は足なんて広げませんよっ!」

赤「スカート穿き忘れる子に言われても……」

茶「ひどっ!?うぅ……」

白「……そういえばジャージって初めて着たかも……」

黒「体育はいつも見学だったしね。どう?」

白「すごく運動したくなってきたよ、どうしよう黒ちゃん!!」

赤「よし、一緒に筋トレしようぜ白ちゃん!!」

黒「うちの白にそんなことさせるな」

赤「(´・ω・`)~」


赤「あ〜、ラーメンが食べたいなぁ……」

青「なに?お腹空いたの?」

赤「お腹空きまくりんぐ」

青「ラーメンでもつくってあげようか?」

赤「まじで?」

青「まじで」

赤「イィヤッホォォォ!!!!」

青「じゃあ、すこしの間まってて」

赤「了解!!」

 10分後

赤「……」

青「ほら、遠慮なく食べていいのよ?」

赤「いや、あのですね……なんでラーメンが青いんですか?」

青「ポーションいれたからよ」

赤「ポーション!?なぜ!?」

青「あら、美味しいじゃない。ポーションラーメン」

赤「いや、駄目でしょ!!逆にHP減るよ!!」

青「失礼ねぇ。群青さんや水色ちゃんにも好評だったのに……」

赤(どんな味覚の持ち主なんだ……)


赤「今日は新スポーツを考えたよ」

青「へぇ〜」

赤「まずこれを見てほしい」

青「これは……どうみても丸太ですね」

赤「近くの山からぶった斬ってきました。どうですか?この丸太は」

青「とても大きいです……」

赤「さて、まずはこれを持ち上げます」

青「さすが怪力」

赤「次に肩に担ぎます」

青「うんうん」

赤「そしてこれを目一杯ぶんなげます」

青「ほうほう」

赤「それからぶん投げた丸太に飛び乗ります」

青「どうみてもタオパイパイです。本当にありがとうございました」

赤「ちょ、終らせないで最後までやらせて!!」

青「ええぃ、そんなに飛びたいならカリンの塔でも上ってなさい!!ていうかどこが新スポーツよ!!」

赤「(´・ω・`)」


赤(持てる力の全てを尽くし最大、最強の一撃を解き放つ!!)

青「赤ぁ、部屋に入るわよぉ」

赤「え!?」

青「……ねぇ、いまかめはめ波撃とうとしてなかった?」

赤「してないしてない」

青「本当はしてたんでしょ?」

赤「絶対してない」

青「嘘をつかなくてもいいじゃない。ほら、か・め・は・め・波」

赤「……」

青「黙ってどうしたのよ。タオパイパイの真似ができるからかめはめ波ぐらい撃てるでしょ?」

赤「私を怒らせてそんなに死にたいか……」

青「え……」

赤「ドドン波ぁ!!」

青「らめぇぇぇ!!」


『色無の平日』

AM5:30

起床。というより赤に起こされる。なんで俺ジョギングに付き合ってんだろ。でも最近は慣れてきた。体も引き締まってきた気がするし、赤ともお喋りできるし結構有意義かもしれないな。

AM6:15

シャワーを浴び終わり、もう眠気なんてどこかへ行ってしまった。……と思っていたが、そうでもないらしい。二度寝する。

AM7:00

なにやら寝苦しく、勝手に目が覚める。お、ちょうどいい時間だ。それにしてもこの寝苦しさは……っと、布団の中を覗いてみると、丸くなってるちっこいのが二人いた。

片方は黒に返し、もう片方には寝癖を治してやる。「ずるいぞ色無、私にもやって」とか聞こえてきたが、そいつは黒に引きずられていく。しょうがないじゃないか、こいつまだ寝ぼけてるんだから。

AM7:15

朝食を食べる。今日の当番は黄緑さん。これほど味噌汁を作る姿が似合う人もなかなかいないだろう。……うん、おいしい。

AM7:35

そろそろ群青さんが起きてくる時間なので朝刊を取りに外へ出る。と、水色ちゃんが花に水をやっていたので、手伝ってあげることにした。

数え切れないぐらいお礼を言われた。……なんだか逆にこっちが恥ずかしいな。

AM7:50

家を出る。途中で深緑さんが学校側から歩いてきたので、学校の位置を教える。っていうか一緒に登校してあげた。

AM8:10

登校。HR前の教室で、ピンクが珍しく俺に絡んできた。ピンクにその気はないのだろうが、どうしてもたわわに実った果実に目が行ってしまう。あぁもう、そんなに胸元開けるな!

AM8:20

オレンジが遅刻ギリギリで教室に飛び込んできた。「もう、どうして起こしてくれなかったのよ色無!」頼まれてましたっけ?

とりあえず、遅刻ではないけど今はHR中なので席に着いてください。

AM10:30

ようやく黄色が登校。遅刻の理由は、「部屋の時計の電池が切れてて気付かなかった」かららしい。……最近あいつも深緑さんみたいになってきたな……。

AM11:25

体育の後の休み時間。茶色がスカートを穿いていなかったので教えてあげる。顔を真っ赤にして走り去っていった。

PM0:30

昼休み。ようやく午前の授業が終わった。授業中は終始寝ていたくせに、昼になると急に元気になるのがオレンジである。今日もまた弁当を作ってきてくれたらしい。

……嬉しいよ、嬉しいんだけども。……あまりおいしいとは言えないんだよなぁ……。そんなことは首にも出さず、弁当を頂く。

PM0:50

ようやくオレンジから解放されたので、図書館に本を返しに行く。緑がいた。おすすめの本をまた借りた。緑にしては珍しく、ロマンスだった。

PM1:10

午後の授業が始まる。ほとんどが午後のうららかな陽気にやられてしまっている中、青だけはちゃんと授業を聞いていた。っていうか姿勢がものすごくいいな。さすが弓道部。

緑も起きていたが、授業は聞かずに活字の世界に行っていた。

PM2:25

丸めた紙が降ってきた。『今日も付き合ってくれる?』この文字は黒か。振り向いて指で丸を作る。……っと、油断した。先生に見つかってしまい、問題を答える羽目に。

全然わからなかったが、前の席の黄緑さんが教えてくれたので助かった。もう、なんて優しいんだろう。

こんな人が学校一最強なわけないじゃないか。いったい何を言ってるんだ翠緑は。

PM3:15

やっとすべて終わった。あとは帰るだけか。……そうだ、黒との約束があったんだ。いつもの信号へと急ぐ。

PM3:16

おんぶおばけに捕まる。最近は赤とのジョギングのおかげで、女の子一人担ぐぐらいどうってことなくなってきた。

どうやら俺が黒と待ち合わせてることを知らないみたいだな、こいつは。ふっふっふ。

PM3:20

黒に怒られる灰色。まさに計画通り。「まあまあいいじゃん、俺は大丈夫だし」と、気取ってみせる。っていうか人数多いほうが楽しいもんね。

PM4:00

バスを乗り継ぎ、ようやく白の入院する病院に到着。うん、病院の匂いだ。黒はこの匂いが苦手らしい。小さい頃から注射が嫌いで、その延長で病院まで嫌いになったんだとか。

PM4:03

白のお見舞い。元気そうでなにより。もうそろそろ退院出来るらしい。……いっつもそろそろ退院って言ってるけど、いつになったらほんとに退院できるんだろ。早く良くなって欲しいなぁ。

PM5:00

ついつい面会時間ぎりぎりまでいてしまった。もう三日連続かな、また看護士さんに怒られちゃったよ。っていうかあの人かっこいいよなぁ。爽やか系で。

黒は嫌ってるけど。灰色によると、「白が取られちゃうって心配してる」らしい。そんなわけあるか。

PM6:00

帰宅。朱色さんが出迎えてくれた。と思ったらそうではなかった。寮の中だとラジオの電波が入りにくいから外で聞いてるんだと。

何を聞いてるかって?もちろん競馬の実況に決まってるじゃないですか。小五郎のおっちゃんにでもなるつもりかね。

こうして一日は終わる。夜?長いからまた今度ね。それじゃ、お初にお目にかかりました、色無でした。


空「茶色先輩、灰ちゃん、色無先輩って妹萌なんだって」

茶「ということは……」

灰「ロリコン?」

空「つまり、リアル妹キャラな私たちは、他に比べて有利であるということ!」

茶「な、なるほど……」

灰「私はスルーなの?ねぇねぇ?」

空「というわけで、今から先輩の部屋へ行こう!」

茶「お、おー……」

灰「……」

無「どうしたんだ?」

空「えへへー、遊びに来ちゃったよー!お兄ちゃん♪」

無「!!……やべ……かわぃぃ(ぼそっ)」

茶「め、めめめ迷惑じゃないかな……お、おにー……ちゃん?」

無「!!……マ、マーベラス!!」

灰「遊びに来たよ!お・に・い・ちゃ・ん♪」

無「……ちっ」

灰「ちょ、ちょっと!なんで舌打ちするの!」

無「おまえからは作為的な何かを感じる」

灰「ひどいよ……私もお兄ちゃんに喜んでほしくて……」

無「……涙目、上目遣い、お兄ちゃん……か、完璧だ!!」

空「しまった!!その手があったか!!」


黒「色無が妹萌だったなんて……」

青「こちらも早急に対策を練らないと……」

焦「そういえば、色無は『にゃー』とかそういうのに弱かったな」

黒・青「そ れ だ ! !」

無「ん?今度は姉組か……どうした?」

焦「にゃー」

無「……」

焦「にゃーにゃー」

無「……(俺、今日興奮しすぎで死ぬかもしれない……)」

黒「わぅー」

無「……(ヤバいよ!ヤバいよ!)」

青「に、にゃー……///」

無「……」

青「そんな目で見るな……////」

無「いや……普通にかわいいなと思って」

青「!!……べ、別に嬉しくなんかないんだ……にゃー♪////」

無「!!……ツンデレ、にゃー……完璧だ!!」

焦「ちっ、その手があったか」

黒「またこのパターン……」


黄緑「このままでは色無くんを取られてしまうわ……何かいい方法は……そうだ!!」

コンコン

無「はい、黄緑どうした?」

黄緑「お茶を持ってきました」

無「おぉ、ありがとう」

黄緑「ご主人様のために」

無「……今なんと?」

黄緑「ご主人様……////」

無「……(ktkr!!」

黄緑「肩でも揉みましょうか?……ご主人様……////」

無「じゃあお願いしようかな……////」

水「その手もあったか!!」

青「正直もう限界ね……このパターン」

水「流石は姉者、的確なツッコミだな」

青「流石だな私たち」

焦「あぁ、流石だな」

茶「お姉ちゃん、そのセリフに違和感がないなんて流石だね……」


空「お姉ちゃん、今日何かなかったっけ?」

青「うーん……11月15日……いいイチゴとか?」

空「そ れ だ」

焦「うん?なんだいいイチゴが見たいって?」

空「はい、ストロベリーな物を見たいです」

焦「なるほど、ストロォウベッリーなものか……」

青「はい、ストラァウベッリィーな物が見たいです」

茶「……(段々みんなおかしく……)」

焦「よしわかった、ついてこい」

空「色無先輩の部屋?」

焦「えーと、確かこの辺に……あった」

青「なになに?」

空「『やめて、お姉さま……』「よいではないか」『ダメ、お姉さま……』」

青「なんですかこれは?」

焦「エ〇本」

茶「……」

無「あれ?みんな何やって……」

焦「どんまい」

無「……うん」


空「お姉ちゃん、もし無人島に何か1つだけ持っていけるとしたら何を持っていく?」

青「うーん……サバイバルの本とか」

空「堅実だねー」

青「な、何よ!そのつまんなそうな目は……////」

空「茶色先輩は?」

茶「私は……えーと……その、お姉ちゃんかな……////」

焦「茶色、お前は本当にかわいい妹だな」

空「焦茶さんは?」

焦「色無」

青「即答……」

空「何でですか?」

焦「無人島で2人っきり、つまりそこでの私たちはまさにアダムとイブ、そしてそこから2人のアダムとイブ伝説が」

茶「お姉ちゃん……あんまりだよぅ……」


黒「ほらじっとしてて」

白「え〜でも〜……」

黒「でも〜じゃない。まだ完治したわけじゃないんだから。お医者さんにも安静にって言われたでしょ」

白「けち〜」

黒「何とでも言ってちょうだい」

橙「……あ、黒、前から思ってたんだけどさ〜」

黒「なに?」

橙「もしかして黒って……その……こっち系?」

黒「な……ここここっちって……」

橙「つまり百合?」

黒「断じて違うッ!!///」

白「えぇ!!違うのぉ!?」

黒・橙「!!!?」

橙(こっちだったか……)


空「お姉ちゃん、小腹が減ったよ」

青「仕方ないわね……ちょっと待ってなさい」

空「うまうま(*´∀`)」

無「なんかいい匂いが……」

青「い、色無……////」

空「先輩も食べます?お姉ちゃんが作ったんですよ」

無「じゃあ、いただきます……うまい!青は将来いい奥さんになるなぁ」

青「褒めても何も出ないんだからね!!////」

焦「……」

茶「お姉ちゃん……?」

焦「あれを使うか……」

茶「お姉ちゃん、どこ行……あ、戻ってきた……何その壺?」

焦「色無!!」

無「ん?」

焦「腹が減ったなら、私(のつけたぬか漬け)を食べろ!!」

無「えぇ!?」

焦「ちょ、待て!!なぜ逃げる!!匂いは独特だが……って話を聞くんだ!!」

茶「お姉ちゃん……ふぁいと……」


空「ぬくぬく(*´∀`)」

茶「ぬくぬく(*´∀`)」

焦「……(*´∀`)」

空「暇ですねー」

茶「ですねー」

焦「秋だから紅葉合わせでもするか」

空「ちょ、ちょっと……焦茶さん」

茶「お姉ちゃん……もう……////」

青「え?紅葉合わせ?なにそれ?……どうしたのみんな?」

空「……」

茶「……」

焦「……」

青「え?なによ……?」

 がちゃ

無「お、この部屋にはもうこたつが出てるのか」

青「色無、紅葉合わせってなに?」

無「!!」

空「!!」

茶「!!」

焦「!!」

青「え?私まずいこと言ったの?……何焦茶さん?」

焦「ごにょごにょ」

青「……!?////」

空「……無知って恐ろしいね」

青「そ、そんな目で見ないでぇ……引かないでぇ……////」


橙「お芋食うとさー」

黄「うん」

橙「屁ぇ出ちゃうよね」

青「ちょっと、いくら女だけだからってそんな……」

赤「競技中に出そうになると大変だよね!」

緑「芋を食べるとおならが出る原理……なんとなくはわかるけどちゃんと知らないわね。今度調べてみよう」

黒「まあおならはしょうがないわね。生理現象だし」

灰「アイドルがうんちしないわけないだろう!」

黄「何の話!?」

がやがやがやがや

ぷすー……

橙「正直に、いいかぁ、やったやつ正直に手を上げろ」

紫「……はい///」

黄緑「あらあら紫ちゃんww出ちゃうのはしょうがないけど、せめて断ってからにしましょうねw」

茶「それもどうかと思うよ!?」

ぷすー……

黄「今度は誰ー?まったくwww」

水「あ……あの……ごごごごめんなさ……い……ぐす」///

赤「だ大丈夫だよ水色ちゃん!みんなするものだから!気にしないで!ほら、なんかもう私もいま出そうだもん!」

ぷっ

黄「ほんとにしちゃった!www」

赤「え、今のはボクじゃないよーww」

青「……ごめん」

紫「えー!?青もおならするんだー!」

青「何よその驚き方は!」

黄緑「あらあらうふふww」

灰「よーしここは一つ私も力んでみるかぁ!」

黒「やめときなさいってw」

がやがや

男「みんなーご飯できたよー……バタン」

青「色無が倒れたー!!」

橙「まさか臭さにやられて!?」


もしも色無がさらわれた色を助けに来たら

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

赤「ボクも加勢するよ、色無!」

無「よし、それじゃ一緒に……って何で赤がここにいるんだよ!?」

赤「だって魔王弱すぎだもん。普通にボク一人で勝っちゃったよ」

無「……なら俺が来る必要がないじゃないか」

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

青「色無!」

無「青、君を助けたら、お城で結婚式でも挙げよう」

青「っ!? な、何言ってるのよこの色無!」

無「いてっ! 青! 戦闘の途中で物を投げてくるな!」

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

黄「がんばれー! 色無ー!」

無「……なんか、頑張ってほしい感が全然しないんだけど」

黄「だってここの方が不自由しないし、快適かなーって」

無「そうか。それじゃ助けないでおこうかな。魔王さん、お邪魔しました」

黄「あっ! 嘘だって色無! ほんの冗談だから帰らないでよー!」

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

緑「……」

無「……あの、緑。何も声をかけてはくれな……」

緑「黙って。 せっかく静かに読める時間が出来たのに、読めない」

無「はい……シクシク」

魔王「……まぁ、どんまい」

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

紫「色無っ!」

無「それにしても魔王見損なったぞ! わざわざ末女をさらうとは!」

紫「……色無ぃ、それは暗にちっちゃいってことを言ってるんだよね?」

無「ちょっと待て! 何で紫が魔王側につく!?」

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

茶「い、色無さん!(ツルッ)あっ!」

ガシャン! クリティカルヒット! 魔王に6235のダメージ! 魔王は倒れた!

無「……」

茶「……ごめんなさい」

無「……いや、いいんだ。役に立たない勇者はこんなもんだよ……」

茶「ああっ! 色無さんしっかりしてください!」

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

桃「色無くんっ!」

魔王「そうはさせるか! 貴様にはここで死んでもらうぞっ!」(ガキィンッ!)

無「必死だな魔王! 魔王らしくないぞっ!」

魔王「うるさいっ! 胸が大きい子をお嫁にしたくて、何が悪いんだっ!」

無「……魔王、お前も男だな」

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

橙「色無ー! 助けてー!」

魔王「ふっふっふっ。この姫を取り戻したければ我を……」

橙「魔王。「可愛らしい」をつけてないよー?」

魔王「はっ、はいっ! ふっふっふっ、この可愛らしい姫を取り戻したければ我を……」

無「……ほんとうに魔王か?」

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

水「い、色無さんっ……!」

魔王「こざかしい! 貴様なんぞ潰してくれる!」

無「くっ卑怯だぞ魔王! 自分のマントに姫を隠すなんて!」

魔王「いや、彼女が勝手に隠れているんだが……」

無「……あの、水?」

水「あ、あの、この格好が恥ずかしくて……」

無「……」

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

魔王「……(ガクガクブルブル)

無「……どうした? 魔王」

黄緑「あ、色無君来てくれたんですか? ようやく帰り道が分かります」

無「黄緑。無事でよかった。……ところであの魔王は」

黄緑「いえ、なんでもないんですよ。なんでも(ものすっごい笑顔)」

無「……(何があったんだろうか)」

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

白「色無くんっ!」

黒「来たわね、色無——」

無「ってどうして黒が魔王なんてやっているんだよ!?」

黒「私達をさらった魔王が弱いから、どうせなら私が魔王役で白が姫役でもどうかな、って」

無「……なら戦う必要がないじゃないか」

黒「いいえ、戦う必要がある。色無が勝てば、貴方は白を思うままに自由に出来るわ」

白「っ!? く、黒ちゃん!?」

黒「だけど、私が勝ったら、自由にさせてもらうわ。白も、色無も」

無「それって、どっちに転んでもいいような気が」

黒「あらそう? それじゃ、この勝負は単なる余興ってことで」

無「っ!(ガキィン!)ああもう、このわがまま姫はっ!」

無「魔王! 姫を取り戻させてもらうぞ!」

魔王「ふははは! 貴様ごときに何が出来る!」

空「あっ、お兄ちゃん! 空寂しかったんだよー!」(トコトコ)

無「ちょ、空ちゃん! 今そこに行くと危ない!」

空「大丈夫だよ、お兄ちゃん! それっ、ダーイブ!」

ドカッ! 色無は930のダメージを受けた! 色無は後頭部に大打撃を受けた!

空「んふふ〜♪ お兄ちゃ〜ん♪」

無「ちょ……空……ちゃ……(バタッ)」

魔王「……悲惨だな、勇者よ」


ある所に富豪の一人息子がいました

もう身を固める年頃でもあり、父親に3人の花嫁候補とお見合いさせられました

そのとき息子は3人の女性に

無「ここに200万円ある。一週間後、また会う時に俺たちの将来のためどう使ったのか聞きたいと思う」

ある女性は、豪華なブランド品で身を固めて

橙「どう?色無にふさわしい奥さんであるため、美しく見せてみたよ」

ある女性は、株に投資し300万円にふやしました

黒「どう?私は貴方との将来を潤滑に過ごすためにこのようにしたわ」

ある女性は、200万円入った貯金通帳を渡してきました。

桃「私が思いつくのは色無くんとの幸せな家庭……最低限の出費以外はいざという時のためにとって置きたいと思って……それで……」

そして男は、おっぱいの大きな女を嫁にしたとさ!

桃「めでたしめでたし」

橙・黒「……」


ある所に富豪の一人息子がいました

もう身を固める年頃でもあり、父親に3人の花嫁候補とお見合いさせられました

そのとき息子は3人の女性に

無「ここに200万円ある。一週間後、また会う時に俺たちの将来のためどう使ったのか聞きたいと思う」

ある女性は、バストアップにお金を使いました

橙「どう?色無にふさわしい奥さんであるため、胸を大きくしてみたよ」

ある女性は、株に投資し300万円にふやし、それでバストアップをしました

黒「どう?私は貴方との……その営み……を円滑にするためにこのようにしたわ……////」

ある女性は、200万円入った貯金通帳を渡してきました。

桃「私が思いつくのは色無くんとの幸せな家庭……最低限の出費以外はいざという時のためにとって置きたいと思って……それで……」

そして色無は……

天然のおっぱいの大きな女を嫁にしたとさ

無「作った胸など邪道だ!!」

桃「わーい!」

桃「めでたしめでたし」

橙・黒「……」


朱「うう〜寒いなぁ……黄緑〜今日の夕食は鍋が喰いたい」

黄緑「は〜い。ここのところ寒いですもんね」

朱「あ〜それから今日は芋のお湯割り呑むから」

黄緑「お湯を多めに。ですよね?」

朱「さすが黄緑。アイツら喰うし、明日の昼はラーメン食べたいから水炊きだな」

黄緑「じゃあラーメン用にスープは少し残しときますね」

朱「米は大丈夫か?」

黄緑「ええ。雑炊用のごはんは今から炊きます」

朱「ちゃんぽん玉もいるな……」

黄緑「あ〜今、切らしてます」

朱「煙草買いに行くから、ついでに買ってくる」

黄緑「ありがとうございます」

無「会話だけなら一般的家庭の会話だな……」


黄「灰色ちゃんこれ見てよ!」

灰「……ん〜?」

黄「氷!そこの池に張ってたよー。今年初じゃない!?」

灰「……あぁそう」

黄「何その心底どうでもよさそうな顔!」

灰「心底どうでもいいんです」

黄「先輩に向かってひどっ!?」

灰「寮生活だからみんな仲間だしー学年の垣根とかないしー」

黄「……確かに。あ、あとねぇこれも拾ってきた!ほらぁ四葉じゃなくて五葉のクローバー!珍しいでしょー」

灰「どうでもいい……」

黒「あの二人って結構いいコンビじゃない?」

男「どこが!?」


『さて、メールでもしてみようか』

 何より勢いが重要です編

赤『なんか眠れないや。起きてたら相手して?』

男『いいぞ〜』

男『お〜い、返事しろ〜』

男『……寝てもいいのか〜?』

赤『おはよ〜。ゴメンゴメン、気晴らしに走りに行ったらすっかり忘れてた!』

男『……携帯見てなかったのか?』

赤『持って出てなかったよ? 邪魔だし』

男『お前携帯持つな』

橙『あんたの意見としては、写メのピアスの右と左どっち買えばいいと思う?』

男『む〜、右かな』

橙『じゃあ左買う』

男『人の意見を取り入れろ。ってかお前とのメールも代わり映えしないな。何か面白いネタないか?』

橙『これτ〃`⊂〃ぅ? 勺〃→レ)冫☆』

男『謝るから日本語で話してください』

黄『勇者よ時は来た! 美少女黄と旅立つため、今すぐおめかしをして家の外に飛び出せ!!』

男『バカ』

黄「(バターン)ちょっとどういうつもり!? 私からのデートのお誘いは受けれないってこと!?」

男「家の前どころか部屋の前で待ち構えてるんじゃねぇよ!」

紫『——だから、(左辺)=(右辺)で証明終了』

男『サンキュー、助かった』

紫『面倒臭いんだからこんな事メールでさせないでよね』

男『なるべく自力でできるようにする。それよりも紫、相変わらずメール打つの早いな。どうやって打ってるんだ?』

紫『いまの台詞何? 私の手がちっちゃいのにどうやってメール打ってるんだって言いたいの? 明日会ったら殴るから』

男『訳の分からん勘違いをするな』

 ヨソウガイ編

青『じゃあ、明日遅刻しないようにね。おやすみなさい』

男『なぁ、ちょっと気になったんだけど。青ってたまには顔文字とか使わないのか?』

青『私、そういうの使うの似合わないし。……一応自覚してるんだから』

男『んなことないって。お前だって顔文字使って当然なくらい可愛い女の子だと思うぞ』

青『……からかわないでよ、もう。とりあえずこうかしら? おやすみなさい(@?@~.:;)ノシ』

男『前言撤回させてくれ』

水『それじゃあ長々とすいませんでした』

男『俺も楽しかったから謝らなくていいよ。後、敬語やめない? せっかくクラスメート同士なんだしさ』

水『ごめんなさい……』

男『あ、別に否定してる訳じゃなくて、水色ちゃんが喋りやすいなら今のままでオッケーだし』

MAILER-DAEMON『m9(^Д^)』

男「もしもし水色ちゃん!? 別に怒ってる訳じゃないからメアド元に戻して!」

黄緑『こんばんははじめてめーるしてみましたちゃんとできてますか』

男『オッケーオッケー、ちゃんと出来てる。後は漢字の変換と、句読点をつけてみようか』

黄緑『どうやるんでしょうまたおしえてくださいね』

男『了解。ってかいきなりだけど、こののメールって初めてメールしたお母さんって感じでなんか和むなぁ』

黄緑『怒りますよ?』

男『ごめんなさい』

茶『ああの明日ひまだたりしますですか?』

男『一応ヒマだよ』

茶『ずじゃあ、ましよかったり一所に出かけません!』

男『……いや、一緒にでかけるのはいいけどさ。メールで噛む必要はないんじゃないかな? 実はクリアボタン携帯になかったりする?』

茶『よく分かりましちたね。使いすぎて動かなくなったですよ』

男『……とりあえず明日は携帯ショップに行こうか』

 思春期ですから編

桃『あのね、実はまた一回り大きくなっちゃったの』

男『へ?』

桃『前に相談した時、君が女の子はぽっちゃりぐらいが可愛いって言ってたから自由にしてたら、ほんとに大きくなっちゃった』

男『……そんな事言ったっけ?』

桃『うん、言ってたよ。やっぱりサイズ小さくするにはダイエットかなぁ?』

男『えっと……そう言っても全然太ってる感じじゃないし、今のままでもいいと思うよ、うん。勿体ないし』

桃『でも実際に妊娠中とか、オスに間違われるのはどうかと思うんだよね。うちの猫も』

男『だよね〜』

白『病院って携帯がダメな訳じゃないんだよ? わたしが個室だったってこともあるかもしれないけど』

男『じゃあ病室で携帯つかってた?』

白『そうだよ、看護師さんにバレないようにおおっぴらには使えなかったけどね』

男『って事は普段は隠してたの?』

白『うん。使ってない時はマナーモードにしてたから着信した時くすぐったかったけど、ちゃんとナカに入れてたよ』

男『ど、どこの!?』

白『あ、私ってワイシャツ着て寝てるから、胸ポケットに入れてたの』

男『だよね〜』

黒『それじゃあ、そろそろ私お風呂に行くから』

男『うーい。そういやさ、お前って風呂入ったらどこから洗う?』

黒『セクハラ?』

男『違うって。単純に髪の長い人間って、髪から洗うのか体から洗うのか気になったんだよ』

黒『ま、答えてあげましょうか。私は大事な所から洗うわ』

男『どこだよ』

黒『洗ってたらくすぐったいけど、やっぱりいざという時のためにね。自分じゃ見る事ないから、あんたかわりに綺麗かどうか見てもらえる?』

男『……』

黒『もちろん耳の裏の事よ』

男『だよね〜』

黒『何を想像したのかはっきり言いなさい。今なら白にバラすだけにしてあげない事もないわよ?』

男『いい加減にしろよこのいじめっ子が。ほんっと勘弁してください』

 特権乱用編

緑『メールの練習に付き合って』

男『あいよ。まずは顔文字付きでメールしてみろ』

緑『馬鹿にしないで(^^)』

男『台詞に合ってねぇよ。じゃあ次は絵文字付きで』

緑『ぁξレヽ、ζ,』

男「……やっぱりな」

 コンコン

男「開いてるぞ〜」

緑「(ガラガラ)携帯動かなくなったわ。直して」

男「へ〜いへい。お前、これを見越して俺と同じ携帯にしたのか?」

緑「……それもあるけど」

男「けど?」

緑「……それ以上言える訳ないでしょ、馬鹿」


pencil_1203.jpg
pencil_1207.jpg

灰「……なるほど、水の声……か。そうなると鍋を見ていては到底間に合わないね」

水「わかったかしら、だからあなたもおとなしく野菜だけ——」

灰「ふふ、鍋を見ていてはって私は言ったんだよ?」

水「……どういう意味?」

灰「鍋を見ては間に合わない、なら見なければいいだけ」

水「馬鹿馬鹿しい! そんなこと——」

灰「1度目の具補充の時に、既に私は先輩の癖を全て見切っていた」

水「!?」

灰「私が見るのは水先輩……あなただよ」

pencil_1210.jpg

水「それでも私の方が初動は速いはずよ!」

灰「動く前にわかるんだってっ!」

桃「何故具が取れないか、それは既に取られているから」

水、灰「!?」

桃「つまり獲られなければ勝てるということ」

灰「……そ、そんな」

水「これはっ……私より遥かに!!」

桃「あなたたちでは私の胸を超えることはできない!!!」

赤「はっ!ごちゃごちゃとてめえらは!教えてやる!!鍋に必要なのは!!!燃え盛る炎の如き勢い!!!!ただ箸が捕らえたものを全てもぎ取る気合だ!!!!!」

青「そう来ると思って既にあなたの前には豆腐をばらまいておいたわ」

赤「あぢぃ!!!!!!!!!」

黒「ほら白、ちゃんと肉食べなよ」

白「そういう黒ちゃんこそ野菜食べないとね。はい、あーん」

黒「むぐ……」

pencil_1211.jpg

黄「よーっし出来たー!」

男「お前ほんっとにカレー好きだよなぁ」

黄「だっておいしいじゃ〜ん」

男「まぁ黄色の作るカレーは最高にうまいけどな。店でも開けるんじゃねぇの?」

黄「まぁいずれww」

男「嘘をつくな嘘を。いったいカレーのどこに魅せられたのさ?」

黄「う〜ん……甘くても辛くてもおいしいなんてすごいと思わない!?ほかにもいろいろあるんだけどさぁ」

男「あぁそう……。でもなんかなぁ、カレーって子供っぽいよなー」

黄「まぁ私子供っぽいからねーw」

男「そういうとこ好きだけどね」

黄「嬉しいこと言ってくれるじゃないのww」

紫「(色無は子供っぽいのが好き……このままじゃ黄色に取られちゃう……。……あ、じゃあ小さい私が更にカレーを好きになれば……)」

紫「私もカレー食べるー!!」

黄「!カレー教入信希望者かい!?」

男「なぜそうなる!?」

紫「入る!」

男「入っちゃうの!?」


青「あぁ……またやっちゃった……」

緑「どうしたの?」

青「また色無と喧嘩しちゃったの……」

緑「あちゃー」

青「どうしたら素直になれるかなぁ……」

緑「私に任せて」

青「え?何かいい方法でもあるの?」

緑「これを読めばオールオーケイ」

青「……え?これって……く……」

緑「いーからいーから緑をしんじてー」

無『ほぉーちょーいーっぽん♪……ん?こんなところにベンチなんてあったっけ?』

青『……』

無『青、何やってんだ?つなぎ一枚でベンチに座って(うほ、いい女』

青『……』ジー

無『な、なにやってんだ胸が見えるって!!』

青『色無、私の部屋に来ない?』

無『は、はい!!よろこんで!!』

青『持っててよかったくそみそテクニック♪』

緑「って展開に……」

青「ならねーよ」

無『あぁ……あと少しでクリスマスも終わりか……』

青『あ……あのさ色無……』

無『あ、青!?』

青『今、大丈夫?』

無『だっ、大丈夫!!スッゴい大丈夫!!どうぞどうぞウェルカム!!』

青『そ、そう……じゃあお邪魔します……』

無『……(この沈黙はまずいな……)』

青『……(何か話すきっかけが……)』

無青『あの……』

無『……ははは』

青『……あはは』

無『まさかおんなじタイミングなんてな』

青『そうね、色無はなんて言おうと思ったの?』

無『いや、青からで……』

青『えーずるいよー』

無『じゃあさ……せーので言おう』

青『……うん』

無『せーの!!』

無青『青が好きだ!!』『色無が好き!!』

無『え?……俺達って……』

青『そうみたいね……』

無『……サンタって本当にいるのかもな』

青『そうね』

青「って展開がいいの……きゃー!!言っちゃった」

緑「……そんな80年代のドラマみたいな展開今時ないわ……」

空『お姉ちゃん……』

青『色無……』

無『ゴメンな……』

青『どうしてなの……私はこんなに色無のこと好きなのに……』

無『ごめん……』

青『違うよ……私が欲しいのは謝罪の言葉じゃない……』

無『ごめん……』

青『こんな風になるなら……色無なんて好きにならなければよかった……』

無『おい!!青!!』

 きぃぃぃぃ ドン!!

無『おい……嘘だろ……青!!』

空『お姉ちゃん!!お願い……目をあけてよ……お姉ちゃん!!』

空『医者はなんて……』

無『……けがは大したことない』

空『よかった……』

無『でも……下手したら二度と意識は戻らないかもしれないって……』

空『そんな……嘘でしょ……そんなこと……』

無『俺だって!!……俺だって嘘って思いたいよ……でも……現に青は眠ったままだ……』

無『ごめんな青……あの時、俺が……』

俺は本当は気づいていた

でも、気づかないふりをしてた……

青は親友みたいな存在だったから

今までのままでいたかったから……

無『でもやっと、わかったんだ……青が声をかけてくれるのが嬉しかった……青が笑ってくれるのが嬉しかった……』

無『それだけで嬉しかったってことを……いつの間にか忘れてた……青がこういう風になるまで忘れてたなんてな……』

無『お願いだよ青……また笑ってくれよ……』

俺の涙が青の手に落ちて流れた

青『ん……』

無『え?』

青『いろな……し?』

無『……よかった……本当によかった……』

それから俺はわんわん泣いた

今でも思い出すのが恥ずかしいぐらい泣いた

そして、青にいつものように笑われて気持ち悪いって言われた

無「なんて感じがいいな俺は」

青「う……ぐすっ……いいわね……そういうのも……」

無「だろ?」

青「……って、色無!?いつからそこに」

無「『きゃー!!言っちゃった』のあたりからだけど?」

青「ちょっと緑!!なんで教え……あれ?」

無「緑なら俺がきてすぐに出ていったけど……」

青(やられたー!!)

無「そんなことより……はい、メリークリスマス」

青「え?」

無「え?ってプレゼントに決まってるだろ」

青「え……嘘……これ欲しかったやつ……」

無「じゃあな、それさえ渡せばもうここにいる意味はないから」

青「……ちょっと……待ってよ……」

無「ん?」

青「その……えーと……」

無「なんだよ?言いたいことがあるなら言えよ」

青「だから……その……」

無「はっきり言えない子にはこうだ!!」むにー

青「ひゃめてって!!……もう!!だから、ありがとう!!」

無「……どういたしまして」

青「……」

無「じゃあな、青」

青「うん……」

無「そうだ、青『サンタって本当にいるのかもな』」

青「うん、そうだね……はっ!!色無ー!!」

無「だははははははは!!」

青「もう……色無のバカ」

空「青春だね」

茶「そ、そうだね……」

空「先輩?」

茶「空ちゃん……いつまで外にいればい……いの……」ガクッ

空「先輩!?寝たら死にますよ!!先輩、せんぱぁぁぁぁい!!!」

焦「なんということだ……クリスマスにまで仕事だなんて……」

緑「まぁまぁ、そんなに落ち込まないでよ」

焦「くそぉ……このガッデム図書館め……ぶっ壊して……(ブツブツ」

緑「大変だ……普段冷静な焦茶が錯乱状態に……」

水「焦茶さーん!!妹が倒れたって電話が……」

焦「何、それは大変だ!!急いで『寮』に向かわないとな!!ははははは!!でかしたぞ妹よ!!」

水「……はぁ」

緑「……仕事しますか」

水「そうだね……」


灰「この物語は一人の黒いサンタの過激な物語である」

 黒いサンタクロース

黒「さて、今年はみんな良い子にしてた……フフフ」

灰「まずは緑先輩ですね。先輩は数々の801本を隠し持ち時に他の人に主観を押し付けています」

黒「クク……一人で妄想していればいいのに……じゃあ彼女のプレゼントはこれで決まりね」

灰「これは801本、しかも私の個々の私物リストにこの本が……」

黒「そう、彼女はこの本は持っているの。でもね灰、置く場所が一味違うのよ」

灰「先輩の部屋に置くんじゃないんですか?」

黒「甘い……ここに置くのよ!」

 翌日

群「おはよう緑(プルプルプルプル)」

緑「?おはようございます」

黄緑「あら、緑ちゃんおはよう。なんかねぇテーブルにサンタさんからあなた宛のプレゼントがあるわよ」

緑「なんだそれは……(バッ)。これは私の秘蔵……」

黄緑「 な い し ょ にしておきますから♪」

灰「流石お姉ちゃん、寮のテーブルに置いて比較的早起きな黄緑先輩と群青さんにだけ晒すなんて……」

黒「これであの娘もエロ本を晒される思春期の少年の気持ちがわかったはずよ……ククク」

灰「次のお仕置……プレゼントリストは桃先輩ですね」

黒「巨乳をいいことに貧乳を虐げる悪い娘ね。ならこのプレゼントが最適ね」

 翌日

桃「ふぁあよく寝たぁ。あっ!サンタさんからプレゼントだ!メッセージカードが黒いのが気になるけどなんだろう。(ガサッ)……これブラジャー?カップもあってる……誰がこんなの……?」

灰「あのブラは着けると重力を普段の倍は感じるように出来た特製ブラ、あなたには肩凝りをプレゼント」

黒「……私もあれぐらいあれば……」

灰「お姉ちゃん、ファイトだよ。さて、次は紫先輩です」

黒「小さい事をいいことに映画館等に中学生料金で入場などと悪行を重ねてる、か」

灰「なら先輩には身長をプレゼントしましょう!」

 翌日

紫「うぅん、よく寝たぁ……あっ!これもしかして(ガサガサ)……シークレットブーツ?しかも底が40cmぐらいある。……ちっちゃいって言うなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」

黒「ククク……ならこれからは無駄に身長をひけらかさないことね」

灰「さぁ次のターゲットに行こうか。次は寮母の癖に働かないぐうたらの朱色さんです」

黒「これこそまさに給料泥棒。……制裁!」

 翌日

朱「ふぁぁ〜。今……まだ9時じゃん。もう一眠り」

群「こら!もう一眠りじゃないでしょ……何これ?」

朱「何何?おゎあ!なんじゃその空き瓶の数!」

群「あんたが飲んだんじゃないの!?」

朱(確か昨日はワンカップ2本空けて眠くなって……)

朱「全く記憶にございません」

群「……ちょっとお姉ちゃんの部屋に行こうか」

朱「違う私じゃなぁぁぁぁぁぁぁぁい!!!!!!!!」

黒「因果応報ねフフフ……」

灰「あれ次は色無先輩ですけど……」

黒「多くの娘達をたぶらかす悪魔よ。そんな悪魔には御払いをしないとね」

 翌日

無「ん、あぁ朝か。……なんで布団の周りにたくさんティッシュが落ちてんだ?昨日はそういう行為に走った覚え、んっ!この真っ黒で長い髪の毛は黒の……なぜ枕……ティッシュ……髪の毛そして枕……ヤッちゃったのか俺!ヤッてしまったのか俺!」

灰「これで既成事実まで作るなんてお姉ちゃん……」

黒「さぁ♪次に行きましょ♪」

灰「カレー好きがこうじて水色先輩や茶色先輩にカレーの食事を脅迫、強要か」

黒「ならあの娘をとことんカレーにつけてやろうじゃない」

 翌日

黄「みんなおはよー」

橙「ブッー!!!ひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!!」

黄「……なんだあいつ?あっ青おはよう」

青「あぁ黄色……あなたここまでカレーが好きだなんて……」

黄「どういうこと?」

青「気付いてないの?はい鏡」

黄「なんだ。……誰だ私のおでこに第三の目をつけた奴は!!!!」

黒「『好きこそものの上手なれ』って言葉があるけど彼女の熱意なんてこんなもんね」

灰「素直一筋、でも素直過ぎてたまに他人に迷惑をかける。次は焦茶さんだね」

黒「なら素直な焦茶さんには素敵なクリスマスカードをあげましょ」

 翌日

焦「よし!ぴったり8時だ!ん?これは!色無からのクリスマスカード!どれどれ」

『メリークリスマス焦茶さん。クリスマスにこんなことをいうのは心外ですが、あえて言わしてもらいます。僕は黒と付き合っています。いつも焦茶さんに求愛をうけ嬉しい反面どこか背徳感があります。それにこのまま引きずっては焦茶さんを傷つけると思います。本当にすみません。明日からも前と同じように普通に接して、良い友達でいましょう。あとこの事は他の人には内密にしてください。お願いします。』

焦「……グス。色無……幸せにな」

茶「お姉ちゃーんご飯だよー」

焦「(ペシペシ)よし!あぁわかった。今行く」

灰「これはちょっとやりすぎじゃ……」

黒「あと2、3回あのカードを見れば筆跡が色無のものじゃないってわかるわ」

灰「流石焦茶さん……」


黄緑「あら?」

紫「んー……ちょっと甘すぎない?」

橙「そんなこと言ったってさー……あ、ほんとだ甘い」

黄緑「みんなで何やってるの?」

男「あ、黄緑さん。ゆっくりしててくださいよ!」

黄緑「お料理……?」

青「おせち料理作りよ。おせちって、お正月女の人が休めるように作っておくんでしょ?」

男「俺たちの場合、黄緑さんにいつも頼りっぱなしだからさ。お正月と言わず、今から休んでもらいたくて」

黄緑「あらあら本当!?そんなの気にしなくていいのにぃ」

朱「そういうわけにもいかねぇだろ。いいから任せて休んでな」

男「っていうか朱色さんが作るのは当然であって」

朱「悪かったな!でもちゃんと作れるぞ?面倒だからしないだけで」

緑「次は……砂糖……少々」

赤「少々ってなにぃ!?どーすればいいの!?」

黒「……ほっ」

白「うわぁ黒ちゃん玉子焼き上手ー!」

灰「毎朝作ってるからな」

黒「どこから沸いて出たんだおまえは」

黄「フランベしまーす!」

水「おせち料理でですか!?」

黄緑「あらあら、楽しそうねー!……けど、出来上がるのはいつになるのかしら……」


青「ただいま〜。 ああ、お腹空いた!」

全「……」

青「な、何? この不気味な沈黙」

桃「色無君が下校途中にコンビニでカレーとおでん食べてたのを見つかっちゃったの」

橙「今夜はおでんだって黄緑ちゃん、昨日から言ってたじゃない?」

青「たしか色無が『おでん食べたい』って言ったからおでんに決まったはず」

桃「そう。それで黄緑ちゃんが、『朝にも今夜はおでんですよって言いましたよね!?』って言ったら……」

青「言ったら?」

橙「色無がすっかり忘れてて」

青「そりゃ黄緑が怒っても仕方ないわね」

桃「おまけに『おでんは煮込む時間かかるし』って色無君が言っちゃって」

青「そうしたら?」

桃「黄色ちゃんも、『冷凍庫に(私の)レトルトカレーが置いてあるでしょう!』って怒り出して……」

青「うわぁ。最悪のパターンね」

空「お姉ちゃん。お腹空いたよぉ……」

pencil_0448.jpg

無「ふー、まったく赤の奴、さすがにフルマラソンはきついっての」

朱「いーろなーしくーん。ちょっとおいで?」

無「なんですか? 桃と橙まで一緒で」

橙「ふふ」

桃「えへへ♪」

無(何か嫌な予感!)

朱「今日は体育の日だったわけだ。つまり運動をしなければならない」

無(もうオチ読めた……)

朱「なのにあたしたちはまったく運動していなかった! そこで!」

無(回避不可能イベントなんだろうなぁ……)

朱「これから夜でもできる激しい運動につき合ってもらいたい!」

無「だが断る!」

 ガシッ!

無「あぁお二人さん! 両腕抱えてどこに連れていく気!?」

橙「とってもイイトコロよ♪」

桃「ごめんね〜、色無君♪」

無「いやだ〜! まだ死にたくない〜! HA☆NA☆SE☆!!」

 ずるずるずる……

朱「出発進行〜! 夜は長いぜー♪」

紫「ねー? 夜でもできる激しい運動って何ー? エアロビ?」

黄緑「……紫ちゃんはまだ知らなくてもいいのよ」
無「っアーーーーーーーー!!!???」


黄「た、大変だよ!」

無「……ふーん」

青「はいはい」

橙「今日はカレーおじやかしらねぇ……」

黄「ちゃんと話聞いてよ! 今、今ね! 緑と黒が麻雀やりはじめたんだよ!」

全「ッ!」

無「な、何故それを先に言わない!」

青「早く始める前に止めないと!」

橙「ことの発端はなんなの?」

黄「それが……」

緑「ツモ。一盃口ドラ2、満貫」

黒「(チャラ)まぁいいわ」

無「修学旅行のバスの席の取り合いかよ……しかも黄緑さんと白も巻き込んで……」

黄緑「あらあら。ツモられちゃったらしょうがないわねぇ」

白「ねぇ、朱色さん。私はどうすればいいの?」

朱「白は子だから2000点払えばいいんだよ」

灰「二人とも引けを取らないね……! お姉ちゃんも本気だよ」

無「解説役、頼んだ」

灰「この勝負……お姉ちゃんは始める前に緑先輩に古役を一つだけ認めるようにいったのさ……!」

無「ま、まさかっ……!」

灰「そうっ……『黒一色』っ……! つまり本気だ……! お姉ちゃんは……!」

無「この喋り方疲れる」

灰「お姉ちゃんは本気を出すと相手にその話を持ち掛けるのさ」

無「そして相手は緑、緑一色VS黒一色か」

灰「そのとき……! 私に電流走る……!」

無「……なんだよ」

灰「ただ言いたかっただけー♪」

黒「ロン。メンタンにリーチ」

緑「(チャラ)……」

無「ゴクリ……」

灰「さっきまで緑先輩が勝ってたけど今のでほぼ同点……お姉ちゃんの反撃がはじまったんだ」

緑「(キュ)っ!」

 ピシィ

黒(發を捨てた……! 緑一色の雰囲気だったのに……!)

朱「よし白、リーチだ! これ通ればイけるぞ!」

白「り、りぃち!(ペチン)」

緑「ロン(パタン)」

朱「發なしの緑一色……!」

黒「貴女、本当に……」

緑「『腐ってる』は褒め言葉よ。それに私は貴女より——」

黒「『腹黒くない』? ……ふふふ」

緑「ふふふ……」

灰「お姉ちゃん、マジだ……!」

無「あの二人、徹底的に潰し合うぞ。白から役満ブン捕るなんて、黒にとっちゃ挑戦状以外のなんでもないからな」

黒「私は、別に色無の隣りの席が欲しいわけじゃないのよ(ピシ)」

緑「……(ピシ)」

黒「ポン。(カシャ)私はただ、白と色無と三人で思い出を作れさえすれば……」

緑(西を鳴かれた……!)

黒「(キュ)だから私は、負けられないの(パタン)」

灰「黒一色小四喜……! 子とはいえダブル役満なんて……!」

黄緑「私トビ——」

黒緑「「続けなさい」」

黄緑「は、はい……」

灰「あの二人、黄緑さんを気押してる……!」

無「やめてぇ……オカズが減るぅ……!」

黒「朱色さん、外してくれる?」

朱「お、おぅ。白、ルールわかったか?」

白「だいたいわかりましたぁ」

白「ぽん」

黄緑「あら?」

白「ちー」

緑「ん?」

白「かん」

黒「え?」

「なぁ、あれ役あるのか?」

灰「まさか……ね」

緑「……ふっ(ピシ)」

白「あ! 緑ちゃんそれ! その白いの!」

灰「……はぁ」

無「白さん? 役はなんでしょうかな?」

白「役? ……ロン?」

灰「あぁ、やっちゃっ」

緑「さすが白だ。独釣寒江雪を知ってるとは。恐れいった」

灰「緑さん、あまり情けをかけると白ちゃんによくないよ、うん」

緑「何をいう。これはれっきとした役だ。ローカルもいいところだかな」

白「へぇ〜。白だけでもいいんだぁ」

無「で? 点はなんぼなのこれ?」

緑「そうだな。場所によって決まりは違うが、役満で手を打ってやろう」

灰「じゃあ順位は一位がお姉ちゃんで、二位が白ちゃんか」

黒「ふふ、よかったわね。色無の隣り席はこれで確保したわよ」

白「でも黒ちゃんに悪いよ。そうだ! 通路挟んで隣りなら」

緑「それはそれでまた囲碁で勝負を」

無「悪いんだけどさ、バスの席って出席番号順だし。俺の隣りは男になってるんだよね……」

緑「……勝負続行ね」


灰「昨日TVで全国名物鍋特集やってたじゃん?」

無「ああ」

白「どれも美味しそうだったね」

灰「どれが食べたかった?」

無「やっぱりイノシシのボタン鍋かなぁ」

白「私もボタン鍋かな。灰ちゃんは?」

灰「気が合うねぇ。私もボタン鍋なんだ」

無「でも、イノシシの肉は高いから。さすがに寮じゃ食えないよなぁ……」

白「そうだよね。いくらやりくり上手の黄緑ちゃんでも……」

灰「無理だと思うとよけいに食べたくなるね」

無「灰色。言うなよ。絶対に言うなよ。黄緑さんに絶対言うんじゃないぞ!」

黄緑(それは私に「山で狩ってきて欲しい」ということなのかしら?)


赤「色無。腹筋運動やるから足押えててくれるかな?」

無「いいよ!」

桃「色無君、柔軟体操するから背中押して♪」

無「ほいきた」

灰「色無、買い物行きたいからおんぶして!」

無「お前だけ百八十度路線違うな」

水(肥料運ぶの手伝ってって言えなくなっちゃった。灰ちゃんのバカ……)


灰「むふふふふ(スリスリ)」

空「も〜、やめてよ灰君。手が狂っても知らないよ」

灰「ん〜? 気にしない気にしない。今はフトモモの感触を堪能するだけ堪能するのさ(スリスリ)」

空「きゃあ(ごりっ)! もう、変なところ触らないでよ!」

灰「おおおぉぉおおぉぉぉぉおおおぅ。いくらなんでも今のはひどすぎる」

空「自業自得だよ。ほら、まだ耳掃除終わってないんだから、さっさと戻る」

灰「空、最近青さんに似てきたよな〜(スリスリ)」

空「も〜、ホントにやめてったら」

灰「そうは言っても、こんなときじゃないとなかなか触らせてもらえないからね。ふふふ」

空「えっちなんだから、もう……そんなに触りたいの?」

灰「ま、男だからね。でも空だから触りたくなるんだよ」

空「! ……もう、仕方ないんだから。ちょっと起きて」

灰「なにするんだ?」

空「……下、脱いだよ。生膝枕してあげる。その代わり足を撫でるのやめてね」

灰「あ、ああ、わかった」

空「わ、わたっ、私も、灰君だからここまでするんだからねっ!」

灰「うん。その……ありがとう」

空「//////」

灰「っっっ! 夢か! よかった……ってかなんだよ、女同士でラブラブって。お姉ちゃんじゃあるまいし。しかも灰君って、性別代わってんじゃん」

空「は〜い〜ちゃ〜ん〜! あ〜さ〜で〜す〜よ〜! 起きろ〜!! どーん」

灰「そそそそそそそ、そら!? なななななになに朝からなんなの!!?」

空「黒さんが日直で早いから、起こしに行くって昨日言ったじゃん。あれ、顔赤いけど、風邪でもひいた?」

灰「な、なんでもない。着替えるから出てって」

空「そう言って、また寝ちゃわない? 駄目だよ、起きろー」

灰「起きたから。お願い、出てって」

空「わかったけど、十分たっても出てこなかったら手加減しないからね」

灰「ん、わかった……ところで空」

空「なに?」

灰「わ、私が男だったらどうする?」

空「なにそれ? また悪巧みでもしてるの? いい加減にしないと黄緑さんに滅殺されるよ」

灰「なんでもないっ! 忘れてっ!!!」


しろ「色無さん、何か白いものが落ちてるよ」

くろ「寮の洗濯物ではないか? けっこうあるぞ」

無「どれもみんなスリップだ。風で飛ばされたんだろうな」

しろ「持って帰ってあげようよ」

くろ「うむ。どうせなら届けてやるのが親切というものだ」

しろ「でも、どれが誰のものだかわかる?」

無「うちの寮でスリップなんて着そうなのは白と黄緑さんと群青さんぐらいだろうから」

?「うん」

無「となると、この胸のサイズが大きいのが黄緑さんの。バストサイズも九十だし」

?「ふ〜ん」

無「で、こっちの素材はシルク。ってことは、肌の弱い白」

?「なるほど」

無「最後に裾にレースがゴージャスについてるのは群青さんのじゃないかな?」

黒「さすが色無。私の夫にふさわしい名推理だ」

無「く、黒。いえ、黒さん! いつの間に俺の背後に?」

黒「色無がスリップ拾ったあたりから」

無「お、俺は親切で拾っただけで、別に変なことは……」

黒「ああ。だが。とりあえず白の分は私が届けるからおとなしく渡せ」

無「他の二枚はどうするんだ?」

黒「これ以上お前のにやけた顔はみたくないから、それもよこせ」

しろ「うふふ。色無さんすっごくいやらしい顔してるよ」

くろ「どす黒い欲望の空気を露骨に漂わせているのがわからんとは」

無「だ、誰がそんな……」

黒「とりあえず朱色さんや黄緑の鉄拳制裁喰らう前に私に渡せ」

無「はい……(なんだか、名残惜しいなぁ……)」

黒「それと、色無」

無「なんでしょうか?」

黒「お前が『俺、スリップフェチなんだ』と言うのなら、私は喜んでスリップを着るぞ」

無「べ、別にスリップフェチなんかじゃねぇよ!」

黒「遠慮するな。お前と私の仲じゃないか」

無「どんな仲なんだよ!?」

黒「夫の性癖に合わせた下着の着用は妻の務めだと思うんだ……」


黄「ねーねー、そういえば今日ってなんで休みなのー?」

緑「振り替え休日」

黄「振り替え……あー! いい夫婦の日のか!」

緑「勤労感謝の日。いい夫婦の日は祝日じゃないし、四月二十二日に『よい夫婦の日』、二月二日に『夫婦の日』もあって、何がなにやら」

黄「おー……さすが緑、よく知ってんね!」

橙「全国の夫婦は、その日の夜に営めってこと?」

緑「思っても言わないの!」

黄「夫婦の日かー……私はちゃんと嫁に行けるのかなー」

橙「誰の? 色無の?」

緑「色無の嫁……色無の嫁……」

橙「お、先生、創作意欲出てきた?」

緑「俄然」

橙「主役私にして! お願い! 前のヤツは青だったじゃん!」

緑「さーどうでしょう?」

黄「色無の嫁……ぬぅ、なんか想像できないなぁ。モヤがかかる」

橙「お疲れの色無を、もちろん裸エプロンでお迎えしてからかってあげるの! そんで照れる色無を……ん? 結婚したらむしろ積極的に……? いやーん!」

緑「攻めの色無……なかなかいいわね」

橙「ちょっとー、私のアイデア使うなら主役にしてよね!」

黄「あれ?今日ってなんで休みなんだっけ?」

橙「夫婦の日でしょ?」

黄「あぁそうだった!」
緑「嘘を教えない」

橙「もういいじゃん、夫婦の日でー」

黄「勤労感謝……勤労感謝……そうだ!」

黄「もしもし? 私……いや別にどうもしないよ? やだなぁー、楽しくやってるから! ただなんとなく電話してみただけだってー」

朱「……ま、そうだよな。親御さんは大事だよな……アタシじゃないよな……」

無「まーまー、朱色さん。今日は晩酌つき合ってあげますから」

朱「うるせぇ! お前も親御さんに声聞かせてあげたらどうなんだ!」

無「……俺、小さいころに両親が事故にあって……」

朱「……そうなの、か? ……悪かっ——」

無「給料日前になるといつも『あのときのレッカー代があればなぁ……』って言ってましたよ!」

朱「……生きてるのか?」

無「はい! そりゃもうピンピンしてます!」

朱「……よーし、お前今日寝れると思うなよ?」

無「明日学校なんですけど!?」


黄「朱色はん、何やってはるんですか? ……あぁ、許諾書ですか」

朱「なんだその微妙な京言葉。地味に大変なんだよなー、これ。いちおう保護者だから、こういう手紙のたびにお前ら全員分の許諾書書かなきゃならん」

黄「手伝いましょうかー?」

朱「黄緑ならともかく、お前の女の子文字じゃ無理だ! ……あ、日付書いてなかった。今日何日?」

黄「十一月二十三日ですよ」

朱「いちいちにーさん……っと。さんきゅ」

黄「いちいちにーさん……いちいちにーさん……いいにーさん!?」

黄「いい兄さんの日だよ! 色無!」

無「あー……俺妹いないからなぁ……」

黄「じゃあ今日一日妹になってしんぜよう!」

緑「ついでに夫婦の日の法則で四月二十三日、二月三日も兄さんの日ですよ。よかったわね色無……お兄さん」

無「お前もかよ!?」

橙「それだけじゃない! 二月二日も実は……『にーにー』の日! にーにー!」

無「飛びつくな!」

緑「なんと……これも夫婦法則で四月二十二日、十一月二十二日もにーにーの日になるのね」

黄「にーにー! 小腹空いた! アイス買って!」

橙「私は服が欲しいな、にーにー!」

無「……なんらメリットがねぇ……!」


赤「ねぇ青〜。一日だけでいいから剣道部に入ってあげてよ」

青「ダメ! あんた、弓道部の部長に向かって何とんまなこと言ってんの?」

無「そう言えば侍黒の練習がきつくって、怪我人続出らしいな」

赤「このままじゃ恒例の交流戦ができないって、侍ちゃんも悩んでたし」

青「だったらあんたが入部すればいいじゃないの?」

無「それでもまだ人数が足りないのか?」

赤「うん。だから、ボクも一日だけ入部するから。青も……」

青「篭手決められて手首傷めたら、弓道に支障をきたすでしょ?」

無「う〜ん。それもそうだなぁ」

赤「だったら、相手に打ち込まれる前に、打ち込んで決めちゃえばいいじゃん!」

青「そう簡単にいくものじゃないわよ。赤は武道を舐め過ぎよ」

赤「そんなことないけどさぁ。困ったなぁ」

黄緑「それじゃ、私が……」

黄「やめて〜! 黄緑ちゃん本気出したら、相手の子、死んじゃう!」


無「はぁ……」

空「どうしたんですかセンパイ。なんだかお疲れですけど」

無「空か。いやな、白と黒がケンカしてるから仲裁に入ってるんだけど、さすがに限界……」

空「ええぇぇぇーーー! あの二人がケンカ!? 嘘でしょう?」

無「果たしてアレがケンカなのかわかんないけどね」

白「黒ちゃんの馬鹿〜!」

黒「白のわからず屋!」

無「また始まったよ……じゃ、ちょっと行ってくる」

空「面白そうなので、わたしも行きます」

黒「白なんて健康になって一人で何でもできるようになればいいんだ!」

白「黒ちゃんなんて誰からも愛される人になっちゃえ!」

黒「なにを〜、白なんて将来有望な人と結婚して幸せに暮らしちゃえ!」

白「ひどい! 黒ちゃんみたいな人は黒ちゃんをしっかり理解してくれる人のところに行けばいいんだ!」

黒「いくらなんでも酷いじゃない」

白「そんなことないもん! 黒ちゃんの方がひどいもん!」

空「え〜っと、センパイ? アレなんですか?」

無「白と黒のケンカ。灰は『デレゲンカ』って呼んでた」

空「『ケンカ』なのに『デレ』なんですか」

無「あの二人は一緒にいるのが普通だから、『一緒にいない』のが一番酷い仕打ちらしいんだよ」

空「はぁ」

無「でも、自分がいなくても幸せになって欲しいからああいう言い争いになるみたい」

空「さいですか……」

無「さて、そろそろ止めに入らないと」

黒「なによ!」

白「なんだよ!」

無「まぁまぁ二人とも落ち着いて」

黒「うるさいわね、色無は黙ってて!」

白「そうだよ、色無くんには関係ないよ!」

黒「だいたい貴方は抱きしめると温かいのよ!」

白「だっこされるといい匂いがしてふにゃってなるんだよ!」

黒「声がステキなくせに!」

白「笑顔がまぶしいくせに!」

無「え〜っと……ごめん」

空「センパイセンパイ、謝らなくていいんですよ。それより二人とも、わたしも褒めて下さい!」

黒「帰れ」

白「ちょっとあっち行ってて」

空「ちょっ、扱いがひどくないですか?」

黒「ねぇどうしよう色無。私、白に酷いこと言っちゃった」

無「大丈夫、白ならわかってくれるよ」

白「わたし、もう黒ちゃんに会わせる顔がないよ」

無「黒は俺の隣にいるから、いくらでも会わせなって」

黒「ねぇ色無。私の代わりに白のそばにいてくれない?」

無「だから白は今、お前のそばにいるってば」

白「色無くん、黒ちゃんを幸せにしてあげて」

無「白がやった方が早いからさ」

黒「色無……」

白「色無くん……」

無「この二人本当に面倒臭いなぁ。疲れる……」

空「鬱陶しいのでイチャつくならよそでやって下さい」

無「俺は悪くないだろ。俺にあたらないでくれって」


 奥様は水色

水「ねぇ、あなた?」

無「なんだい?」

水「私をお菓子に例えるとなにかしら?」

無「柔らかくって甘〜い水ようかんかな」

水(///)

 奥様は赤

水「ねぇ、色無?」

無「なんだい?」

水「僕をお菓子に例えるとなんだろう?」

無「いつもフレッシュで甘いイチゴタルトちゃん」

赤(///)

 奥様は朱色

朱「おい、色無!」

無「は、はい。なんでしょうか」

朱「私をお菓子に例えると何だと思う?」

無「え、え〜っと、僕にはとても歯が立たないから『岩オコシ』?」

朱「う、うるせー!!!」(バキ!)

無(ゲフッ!)

 ツンデレ奥様 三者三様

緑「私をお菓子に例えると何かしら?」(ボソ)

無「噛めば噛むほど味が出てくるスルメ」

緑(///)

紫「わ、私をお菓子に例えるとなんだろうね?」

無「角まで甘い金平糖かな」

紫「ちょ、ちっちゃい言うな!」(///)

青「わ、私をお菓子に例えると、な、何、かしら?」

無「煮てよし、焼いてよし、生でよしのお餅ちゃんかな」

青「色無のバ、馬鹿〜!(///)」(ドガ!)

無「い、逝ってヨシですか?」(バタ……)

 危険な香り(?)編

橙「私をお菓子に例えると何だと思う?」

無「お菓子って言うよりも……」

橙「言うよりも?」

無「身も心も温まる、マーマレード塗ったのトーストかな?」

橙「……色無って本物の天然ジゴロだわ」

茶「わ、私をお菓子に例えると、うひゃ〜!」(スッテン コロリン!)

無「茶色はよく転ぶから、乳ボーロかな」

茶「そ、そんなことないよぉ〜。きゃ〜!」(バタン!)

白「私をお菓子に例えると何だろうね?」

無「1度食べだしたら、やめられないとまらないから、か○ぱえびせん!」

白「もう……」(///)

無「どちらも食べ過ぎると(結果として)血圧が上がっちゃうんだよね、俺……」

白「お互い健康には気を使おうね!」

灰「ねぇ、色無」

無「なんだよ?」

灰「私をお菓子に例えるとなんだと思う?」

無「マジで危険過ぎるから、暴君ハバネロ」

空「色無先輩」

無「何だい?」

空「私をお菓子に例えると何だと思いますかぁ?」

無「空はふわふわしてるから綿菓子かな?」

空(お口の中で溶かして下さいね)(///)

群「色無君、ちょっといいかしら?」

無「なんですか?」

群「私をお菓子に例えると何に似てるかしら?」

無「そうですねぇ。噛めば噛むほど味が出てくるスルメですか?」

群「水気のない、枯れた女ってことかしら……」

無「そ、そうじゃなくって……」

緑(私と同じこと言っても、群青さんだと悪い方悪い方に取られる訳ね)


青「橙色と桃色、今日暇?」

橙「今日は部活があるからダメ!」

桃「私も」

青「えっ、あんたたち何かやってたっけ?」

橙「色無部!」

桃「私も」

橙「ちなみに顧問は焦茶さんです」

青「な、な、何、それ!?」

橙「主に色無に関するの情報交換会」

桃「色無君の好きそうなファッションの研究と実践もしてるよ」

橙「あと、色無の部屋のガサイレとか」

桃「色無君の部屋っていろんな物が出てくるから、桃わくわくしちゃう」

青「あ、あ、あんたたち、本気でそんなことやってるの?」

橙「顧問が焦茶さんなんだよ!」

桃「全身全霊を傾けて活動してるに決まってるじゃない!」

青「……(ああ、『入会したい』って素直に言えない自分が憎い!)」


ギャグ・コメディ

 通学路

赤「あぁ……ウザってぇ……」

青「最近しゃべり方が朱色さんに似てきたわね」

赤「そうかな?」

青「ええ。それよりもこの小学生の軍団相手にうざいはないでしょ。ちっちゃくて可愛いじゃない」

赤「目の前をうろちょろされるとなんかイライラしちゃってね」

青「カルシウムとりなさい」

赤「断る。でもさ狭い道を小学生が並んで歩いてるとさすがにくるものがあるよ」

青「……」

赤「ぼ〜、としてどうしたの?」

青(あの目の前の金色と銀色の髪をした男の子かわいいわね……)

赤「お〜い」

青「な、なに?」

赤「様子が変だけど大丈夫?」

青「あたしはいたってノーマルよ!!」

赤「ならいいけど」

銀「歩いてる人の邪魔になるから脇によったほうがいいんじゃねぇか?」

金「そうだね」

青「あら、ごめんなさいね」

金「いえいえ。綺麗なお姉さんに道を譲るのは当然のことですから」

銀(こいつ……また年上を彼女にする気か……)

赤(小学生の言う台詞じゃない……)

青「そんな……綺麗なんて……ありがとう坊や(なんて可愛い坊やなのかしら……)」

金「えへへ……(このお姉さんも落ちたな……ふっ……)」

赤&銀(先に帰ろう……)


無「ん〜暖かい……ってオレンジ!?」

橙「ん、起きた?」

無「なななんで人のベッドに!?」

橙「いやー最近朝ちょっと寒いじゃない? あー寒いなーって思って寝ぼけてたら丁度良い湯たんぽがあったからつい……」

無「つい、じゃないよ、今『起きた?』って言ったじゃん! 大体俺とオレンジの部屋離れてるしどう考えても……」

橙「あー寒いな〜(ぎゅ〜)」

無「!!!? ちょっと、やめ……」

橙「色無クンは、こういうのお嫌い? (ツツー)」

無「背中に指を這わすな!!」

橙「あーおっきくなった♪」

無「こ、これは生理現象として当たり前で……って触るなー!!」

紫「妖怪オレンジ、覚悟しなさい!!!」

橙「む、紫ちゃん!?~」

紫「あんたなんかこうして(ズリズリ)」

橙「ああ、引きずり出さないで!!!」

紫「揉みしだいてくれるわ——っっ!!!~」

橙「ちょ、やだ、やめ、くすぐったいーっ(ケラケラ)」

無「取り敢えず向こうでやってください……目の毒です……」

黒「つらそうね」

無「黒!?」

黒「手伝ってあげよっか? 遠慮することないわ、こういうのは我慢してると良くないんでしょう?」

無「ちょっと何言って……やめ……アッー!!」

紫「しまった! 危険人物はあっちだったか!!!」


赤「うわぁどうしたのこれ、すごぉい!!」

灰「寿司をとってみた」

男「誰の金で?」

灰「?」

男「誰の金で?まさか俺の金か?」

灰「何言ってんのかわかんないんだけど……」

男「こいつ……」(ピキピキ

橙「まぁまぁとっちゃったもんはしかたないんだしここは仲良く食べようよ!あたしウニもーらいっと」

紫「あぁ!!食べたかったのにぃ!」

橙「基本早い者勝ちなの!」

赤「ここはスタンダートにマグロからでしょ」

青「バカね、サバに決まってるじゃない。光物こそ寿司の極意よ」

黄「ちょっと待て、老若男女に大人気の玉子を忘れるでないぞ!」

緑「……」(ぱくっ

紫「あぁ!イクラまで食べられたぁ!!」

黒「何言ってるの、大人数での寿司は戦場よ。さっきオレンジも言ってたじゃない」

黄緑「やっぱりサーモンが一番おいしいわねぇ」

茶「ん〜!!しあわせ!納豆巻きが一番だよ!」

青「糸引いてる糸引いてる」

茶「あぁっ!?」

黒「はい白、ホタテ」

白「あ、取っててくれたの?ありがとう黒ちゃん!!」

黒「好きだって知ってたから」

灰「姉者姉者、わらわにもあわびを取っt

黒「ほら」

灰「さすがお姉ちゃん!取っててくださったか!」

男「……あれ、おれの分ガリしか残ってないや……」

橙「ここで突然!!」

男「うわっびっくりしたぁ!!」

橙「ロシアンルーレット寿司!!」

茶「ろしあん……?」

青「どれか一つに、大量のワサビが入った寿司が紛れ込んでるのよ」

灰「その昔、これにより一つの街が消え去ったという……」

黒「消え去りません」

橙「さあ行くぞ!!このおいなりさん5つのうちどれか1つがワサビ大量!!そして挑戦者は、じゃんけんで負け残ってしまった黒・赤・紫・白・色無の5人!」

赤「キムチとかは好きだけどワサビはなぁ……」

紫「……ワサビ食べたことないんだよな……」

男「さすがおこちゃま」

紫「ちっちゃいゆーな!!」

白「なんだかおもしろそう……ww」

黒「私が2つ食べるから安心して」

灰「おっとこまえー!」

黒「黙ってなさい」

橙「それではいいですか?全員手に持って……

朱・群青「ただいま〜」

朱「あれ?寿司とってんじゃん!!残るはおいなりさんだけ……まあいいや、もらうよ。はい姉さんも」(ぱく

群青「ん、ありがと。今日お昼食べてなくって……」(ぱく

全員「あ」

群青「……」(ぷるぷる

全員「あちゃー……」


青「くぅっ……もう我慢できん!!」

赤「お、落ち着いて!!」

青「美味しいものが食べたい!!甘いものが食べたい!!」

赤「いまここで諦めらめたら逆戻ですよ!!」

青「くっ!!まさかここまでダイエットが辛いものだとは思わなかったわ……」

赤「別に食べてもいいんだけどさぁ青が運動する時間がないっていうから私がダイエットのメニューを考えてあげたんじゃん」

青「ええ、メニューを考えてくれたのは感謝するわ。でもね……朝昼晩サプリメントはつらいわ……」

赤「叶姉妹もびっくりですもんね」

青「あー、簡単に痩せる方法ないかしら……」

赤「簡単に痩せられたら苦労しない……」

無「おーい、赤宛てにピザが届いてるぞぉ」

赤「お、やっときたか……ん?」

青「ピザ……」

無「なんか様子がおかしいな」

青「ピザァァァァァ!!」

赤「あ、青が狂った!!」

青「あたしにもピザをくわせろぉ!!」

無「ぐぉ!?なんて力だ!!」

赤「ピザなんて食べたらピザになるよ!!」

青「(´・ω・`)」


赤と青がデパートの屋上でヒーローショーのバイトをやるようです

赤「鬼畜外道レッド!!」

青「冷酷残忍ブルー!!」

赤&青「ふたりはぷり(規制中)!!」

青「なんであたしがこんなことを……」

赤「文句言わないの。それに時給が高いんだし」

青「はぁ……(しかしいまどきこんなのが子供に人気なのかしら?)」

子A「やれぇ!!レッドぉ!!悪人を焼き払え!!」

子B「悪人なんて得意の48の拷問技でじわじわいたぶるんだ!!ブルー!!」

青「世も末ね……」

赤「悪人が簡単に死ねると思うなよぉ!!」

悪役「ぐふぅっ!?ちょ、やりすぎ……」

赤「やめられないとまらない♪」

青「まさに外道」

赤「あーはははは!!」

無「いいぞぉ!!やれやれ!!」

青「い、色無!?」

その後悪役の人に慰謝料を払うことになりバイト代はおりなかったという


赤「あちょぉ!!」

スパッ!!

青「見事な瓶斬り……さすが赤鬼」

赤「赤鬼いうな」

青「中学時代は告白しにきた男子をサンドバッグにし、気絶寸前の男子を紐にくくりつけひっぱりまわし目につく男子はみな殺し……悪行を繰り返しいつしか赤鬼と言われていたわね」

赤「人生の汚点だ……」

青「なにをもってそこまで男子を毛嫌してたかわからないけどやりすぎよ」

赤「私の訓練についていけない男なんていらないね」

青「はぁ……そんなんだからいつまで立っても独り身なのよ」

赤「うるさい、青鬼」

青「!?」

赤「小学校から地域のあらゆる女子たちの頂点に君臨していた女帝。暴走族から有名な女子高の生徒達まで一時期手中に納めたという最凶の女。別名青鬼」

青「な、なんであたしの情報が……」

赤「ふふふ……私の情報収集能力をあなどってもらっちゃ困るよ」

無「お前らそんな過去があったのか……」


色鉛筆小学校時代編

赤「よし、ヒーローごっこやろう!!」

無「え〜」

青「赤はほっといてあたしたちはおままごとしましょ」

無「うん、わかった」

赤「あ、待て!!この悪人め!!」

青「だれが悪人なのよ」

赤「人をさらうなんて悪人のすることなんだぞ!!」

無「青ちゃんって悪人だったの?」

青「違うわ。赤は嘘をついてるの。赤こそ悪人よ」

赤「なぁにぃ!?正義の味方、ジャスティスレッドを侮辱したな!!」

無「おぉ、なんてかっこいい名前!!」

青「とにかく色無はあたしとおままごとするの」

赤「わたしとヒーローごっこだよね?」

無「あ、水色ちゃん」

水「なぁにぃ?」

無「一緒に逆上がりの練習しよう」

水「うん、わかった」

赤&青「……」

赤「ジャスティスキック!!」

ドゴォ!!

無「うごっ!?」

青「不倫夫に裁きを!!」

ザシュッ!!

無「ぎゃぁ!!」

水(どこからあんな言葉を……)


青「誕生日おめでとう」

赤「いきなりなにいってんの?」

青「今日は赤の誕生日じゃない」

赤「あ〜、そうだっけ」

青「自分の誕生日ぐらいは忘れないようにしないと」

赤「すいませんね。それよりその箱はなに?」

青「誕生日プレゼント」

赤「ほほぉー。開けていい?」

青「どうぞどうぞ」

パカッ

赤「こ、これは!?」

青「どうよ!!」

赤「て、鉄アレイ……(10kg)」

青「感想は?」

赤「誕生日プレゼントに鉄アレイをもらうなんて思ってもみなかったよ……うん、ありがとう……うぅ……」

青「ちょっと、なに泣いてるのよ」

赤「いや、なんでもないよ……うん……」


橙「うわこの服可愛い〜!!」

黄「でしょでしょ!?こないだ古着屋で見つけてきたんだぁ!」

橙「うそこれ古着!?さすが黄色のおしゃれレーダーは違うねぇ!」

赤「うぅ……なんかスースーする……」

青「あんたももっと普段からスカート穿きなさいよ、似合うんだから」

赤「でもこれ……落ち着かないよ。運動できないじゃん。足広げられないし……」

茶「女の子は足なんて広げませんよっ!」

赤「スカート穿き忘れる子に言われても……」

茶「ひどっ!?うぅ……」

白「……そういえばジャージって初めて着たかも……」

黒「体育はいつも見学だったしね。どう?」

白「すごく運動したくなってきたよ、どうしよう黒ちゃん!!」

赤「よし、一緒に筋トレしようぜ白ちゃん!!」

黒「うちの白にそんなことさせるな」

赤「(´・ω・`)~」


赤「あ〜、ラーメンが食べたいなぁ……」

青「なに?お腹空いたの?」

赤「お腹空きまくりんぐ」

青「ラーメンでもつくってあげようか?」

赤「まじで?」

青「まじで」

赤「イィヤッホォォォ!!!!」

青「じゃあ、すこしの間まってて」

赤「了解!!」

 10分後

赤「……」

青「ほら、遠慮なく食べていいのよ?」

赤「いや、あのですね……なんでラーメンが青いんですか?」

青「ポーションいれたからよ」

赤「ポーション!?なぜ!?」

青「あら、美味しいじゃない。ポーションラーメン」

赤「いや、駄目でしょ!!逆にHP減るよ!!」

青「失礼ねぇ。群青さんや水色ちゃんにも好評だったのに……」

赤(どんな味覚の持ち主なんだ……)


赤「今日は新スポーツを考えたよ」

青「へぇ〜」

赤「まずこれを見てほしい」

青「これは……どうみても丸太ですね」

赤「近くの山からぶった斬ってきました。どうですか?この丸太は」

青「とても大きいです……」

赤「さて、まずはこれを持ち上げます」

青「さすが怪力」

赤「次に肩に担ぎます」

青「うんうん」

赤「そしてこれを目一杯ぶんなげます」

青「ほうほう」

赤「それからぶん投げた丸太に飛び乗ります」

青「どうみてもタオパイパイです。本当にありがとうございました」

赤「ちょ、終らせないで最後までやらせて!!」

青「ええぃ、そんなに飛びたいならカリンの塔でも上ってなさい!!ていうかどこが新スポーツよ!!」

赤「(´・ω・`)」


赤(持てる力の全てを尽くし最大、最強の一撃を解き放つ!!)

青「赤ぁ、部屋に入るわよぉ」

赤「え!?」

青「……ねぇ、いまかめはめ波撃とうとしてなかった?」

赤「してないしてない」

青「本当はしてたんでしょ?」

赤「絶対してない」

青「嘘をつかなくてもいいじゃない。ほら、か・め・は・め・波」

赤「……」

青「黙ってどうしたのよ。タオパイパイの真似ができるからかめはめ波ぐらい撃てるでしょ?」

赤「私を怒らせてそんなに死にたいか……」

青「え……」

赤「ドドン波ぁ!!」

青「らめぇぇぇ!!」


『色無の平日』

AM5:30

起床。というより赤に起こされる。なんで俺ジョギングに付き合ってんだろ。でも最近は慣れてきた。体も引き締まってきた気がするし、赤ともお喋りできるし結構有意義かもしれないな。

AM6:15

シャワーを浴び終わり、もう眠気なんてどこかへ行ってしまった。……と思っていたが、そうでもないらしい。二度寝する。

AM7:00

なにやら寝苦しく、勝手に目が覚める。お、ちょうどいい時間だ。それにしてもこの寝苦しさは……っと、布団の中を覗いてみると、丸くなってるちっこいのが二人いた。

片方は黒に返し、もう片方には寝癖を治してやる。「ずるいぞ色無、私にもやって」とか聞こえてきたが、そいつは黒に引きずられていく。しょうがないじゃないか、こいつまだ寝ぼけてるんだから。

AM7:15

朝食を食べる。今日の当番は黄緑さん。これほど味噌汁を作る姿が似合う人もなかなかいないだろう。……うん、おいしい。

AM7:35

そろそろ群青さんが起きてくる時間なので朝刊を取りに外へ出る。と、水色ちゃんが花に水をやっていたので、手伝ってあげることにした。

数え切れないぐらいお礼を言われた。……なんだか逆にこっちが恥ずかしいな。

AM7:50

家を出る。途中で深緑さんが学校側から歩いてきたので、学校の位置を教える。っていうか一緒に登校してあげた。

AM8:10

登校。HR前の教室で、ピンクが珍しく俺に絡んできた。ピンクにその気はないのだろうが、どうしてもたわわに実った果実に目が行ってしまう。あぁもう、そんなに胸元開けるな!

AM8:20

オレンジが遅刻ギリギリで教室に飛び込んできた。「もう、どうして起こしてくれなかったのよ色無!」頼まれてましたっけ?

とりあえず、遅刻ではないけど今はHR中なので席に着いてください。

AM10:30

ようやく黄色が登校。遅刻の理由は、「部屋の時計の電池が切れてて気付かなかった」かららしい。……最近あいつも深緑さんみたいになってきたな……。

AM11:25

体育の後の休み時間。茶色がスカートを穿いていなかったので教えてあげる。顔を真っ赤にして走り去っていった。

PM0:30

昼休み。ようやく午前の授業が終わった。授業中は終始寝ていたくせに、昼になると急に元気になるのがオレンジである。今日もまた弁当を作ってきてくれたらしい。

……嬉しいよ、嬉しいんだけども。……あまりおいしいとは言えないんだよなぁ……。そんなことは首にも出さず、弁当を頂く。

PM0:50

ようやくオレンジから解放されたので、図書館に本を返しに行く。緑がいた。おすすめの本をまた借りた。緑にしては珍しく、ロマンスだった。

PM1:10

午後の授業が始まる。ほとんどが午後のうららかな陽気にやられてしまっている中、青だけはちゃんと授業を聞いていた。っていうか姿勢がものすごくいいな。さすが弓道部。

緑も起きていたが、授業は聞かずに活字の世界に行っていた。

PM2:25

丸めた紙が降ってきた。『今日も付き合ってくれる?』この文字は黒か。振り向いて指で丸を作る。……っと、油断した。先生に見つかってしまい、問題を答える羽目に。

全然わからなかったが、前の席の黄緑さんが教えてくれたので助かった。もう、なんて優しいんだろう。

こんな人が学校一最強なわけないじゃないか。いったい何を言ってるんだ翠緑は。

PM3:15

やっとすべて終わった。あとは帰るだけか。……そうだ、黒との約束があったんだ。いつもの信号へと急ぐ。

PM3:16

おんぶおばけに捕まる。最近は赤とのジョギングのおかげで、女の子一人担ぐぐらいどうってことなくなってきた。

どうやら俺が黒と待ち合わせてることを知らないみたいだな、こいつは。ふっふっふ。

PM3:20

黒に怒られる灰色。まさに計画通り。「まあまあいいじゃん、俺は大丈夫だし」と、気取ってみせる。っていうか人数多いほうが楽しいもんね。

PM4:00

バスを乗り継ぎ、ようやく白の入院する病院に到着。うん、病院の匂いだ。黒はこの匂いが苦手らしい。小さい頃から注射が嫌いで、その延長で病院まで嫌いになったんだとか。

PM4:03

白のお見舞い。元気そうでなにより。もうそろそろ退院出来るらしい。……いっつもそろそろ退院って言ってるけど、いつになったらほんとに退院できるんだろ。早く良くなって欲しいなぁ。

PM5:00

ついつい面会時間ぎりぎりまでいてしまった。もう三日連続かな、また看護士さんに怒られちゃったよ。っていうかあの人かっこいいよなぁ。爽やか系で。

黒は嫌ってるけど。灰色によると、「白が取られちゃうって心配してる」らしい。そんなわけあるか。

PM6:00

帰宅。朱色さんが出迎えてくれた。と思ったらそうではなかった。寮の中だとラジオの電波が入りにくいから外で聞いてるんだと。

何を聞いてるかって?もちろん競馬の実況に決まってるじゃないですか。小五郎のおっちゃんにでもなるつもりかね。

こうして一日は終わる。夜?長いからまた今度ね。それじゃ、お初にお目にかかりました、色無でした。







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 12:33:52