ギャグ・コメディ

 朝

青「い、色無はいる……かしら?」

クラスの男『!!』

無「青? なんか用か?」

青「き、昨日のノート返してほしいんだけど」

無「あぁ! そういえば青のノート借りてたんだな、悪い悪い。ほら」

青「もう……あ、貸してあげるかわりの約束……ちゃんと守ってよね?」

無「今度の日曜買い物に付き合うのな」

青「べ、別にデートだなんて思ってないから勘違いしないでよね! い、色無はただの荷物持ちなんだからっ!」

無「はいはい、か弱い女の子に重たい荷物は持たせられないもんな」

クラスの男(青さんとデートだと!? なんて羨ましいんだアイツは……)

 昼

空「色無せんぱ〜い♪」

クラスの男『!!』

無「ん、空? どした?」

空「あー、約束忘れたんですか? 昨日購買で奢ってやるって言ったじゃないですか」

無「ぅあ……すっかり忘れてた」

空「もー、早く行かないとメロンパンがなくなっちゃいます! 急いでください!」

無「わかったわかった」

空「あ、あと土曜日空いてます?」

無「土曜……うん、多分大丈夫だけど」

空「じゃあちょっと映画見に行きません? どうしても見たい映画があるんですけど、一人だとなんだか行く気にならなくて……」

無「俺でよければ別にいいよ」

空「本当ですか!? やったぁ♪」

無「はは、そんなにはしゃがなくても……」

クラスの男(姉妹で頂くのか!? おまえは姉妹で頂いちゃうのか!? 畜生この野郎!!)


『教えて色無せんせぇ』

 プルルルルルルルルルルル ガチャ

無「こちら虹色小学校。あ、青。そうそう今日は学校なしね。うん、うん。わかりました。では」

 プルルルルルルルル ガチャ

無「はいこちら虹色小学校。赤ね。うん休み。校庭? あー校庭って言うよりはプールかな。は? 無理無理泳げないから。はい、では」

 プルルルルルル ガチャ

無「はぁい虹色小学校。はいはい図書室ね。今日学校休みだから。確かに本グジャグジャに……。命を大事に」

 プルルルル ガチャ

無「はい虹小です。白、どっちにしても学校休みだから。……。はい、すいません。はい、では」

 プルル ガチャ

無「虹小……。あ、黄みど……すいません。いや先生もわかっているよ。でも出席番……。検討してみます」

無「やっぱり茶色より後が問題なんだよなぁ。この連絡網……」


 教えて色無せんせぇ

無「おーす。今日は外の天気良過ぎるから引きこもって図工。みんな、粘土もってきなさい」

無「お、赤。これは壺かな?」

赤「え! 一応シューズのつもりだったんだけど……」

無「ご、ごめん。ん?おぉ、水のそれこそ壺だな?」

水「ウツボカズラ……」

無「えぇ! そんなぁ! あ、黄色は……見なくてもわかるな」

黄「せんせぇ! 今日はヒマワリ作ってみたよ!」

無「あらら、先生一本とられたなぁ。ん! 緑! リアルを追求したいのはわかるけど保健の教科書はしまいなさい!」

緑「先生は嫌い?」

無「先生は別にいい男じゃありません! そんで紫はオッパイ作るのはよしなさい!」

紫「(グシャ)わかりました!」

無「そんな、笑顔で潰さなくても。黄緑ぃ、お前作った豚と鳥と牛うまいなぁ」

黄緑「今から捌きますね、うふ」

無「屠殺から!? やり過ぎだよ! ん? 茶色なにそれ名古屋城!? ちょ、うますぎ!」

茶「違います! これはブランコです!」

 キーンコーンカーンコーン

無「お、チャイムだ。みんなー名残惜しいと思うが粘土しまって手をあらってきなさーい。ほら早く潰しなさい」


桃「動物に例えるとしたら、私って何が似合うかな?」

男「ピンクが? えーっと……」

桃「……やっぱり、牛かな?」

男「うーん……でもそれイヤじゃない?」

桃「うぅ、やっぱり色無くんも否定してくれないんだね……」

男「あ……ご、ごめん!だけどあの、それもピンクの魅力だからいいかなとか」

桃「だぁめ。乙女心を傷つけた責任は取ってよね?」

男「せ、責任って……」

桃「牛さんって、飼い主さんにとってもかいがいしく世話をしてもらうよね」

男「う、うん」

桃「だけどその代わり、飼い主さんにお乳を搾らせてミルクを出してるんだよね」

男「まぁそうだけど」

桃「そういうワケでね……私を牛と見た色無くんには、私の飼い主さんになってもらいます♪」

男「いや、その流れでそういうこと言うと、あの、いろいろヤバイんですけど」

桃「とりあえず、ミルクが出るようにしなきゃいけないということで——」

男「それはダメ!ぜったいダメだからー!」

男「——ふぅ。いくらなんでもはっちゃけすぎだろピンクのヤツ……」

?「……ぴー」

男「ん? ……あの、白さん?いつから俺のベッドに隠れてたんですか?」

白「うさぎはね、かまってもらえないとさみしくて死んじゃうんだよ」

男「それって都市伝説らしいけど。あと、うさぎって『ぴー』なんて鳴くの?」

白「……ぐすん」

男「わー! あぁもう、泣かないの。はいはいちゃんとうさぎさんの面倒も見てあげますから!」

白「ぴぃ♪」


シャワー中

無「誰かいるのか?」

シャアアアアアアアアアアアアアア

無「気のせいか……」

シャアアアアアアアアアアアアアア

無「やっぱ誰かいんだろ!灰か!」

シャアアアアアアアアアアアアアア

灰「なんで私がそんなことしなくちゃいけないのさ!」

無「確率的にお前が高いからだ!」

灰「覗きなんてするか!」

黒「どうしたの?」

灰「色無が私に覗きをしたかっていうのよ!」

無「黒、確率論で物を言うのは悪いと思ってる。しかしなぁ!7〜8割方こういうのいつもお前がやってんじゃねぇか!」

黒「そう言われたら因果応報ね」

灰「御姉様!」

橙「あのお取り込み中悪いけど緑が呼んでるよ」

緑「すまなかった」

黒「あなたが色無シャワーを……何で?」

緑「私がBLやら何やら描いてるのはもう隠す必要はないわね」

黒「えぇ」

緑「今度友達が出展するらしくてシナリオだけじゃなくて作画の方もやってみないか?って言われてその」

黒「はっきりしなさい」

緑「男の体の部分で描けないところが一つだけあったのよ……」

黒「灰、どうする?」

緑「本当にすまない」

灰「……2割で許す。あと次からはカメラでの撮影、そしてその版権を私くれれば」

緑「ありがとう!」

黒「……哀れな人達」


白「わわ!? どこに連れて行かれるんですかぁ!」

灰「まぁまぁ」

灰「さて(バタン)」

白「えっと……(←不安)」

灰「これをつけて」

白「え……これって……」

灰「さぁ」

白「で、でも……」

灰「上手くいったら色無とデートする約束取り付けてあげる」

白「ええっ!?」

灰「どうするの?」

白「はぅ……」

灰「さー、見物料は200円からだよー」

無「なぁ、これは一体……」

灰「見てわからない?」

男子生徒たち「おお! あの清楚で可憐な白さんのうさ耳姿……」

無「……なんで白が見世物になってる?」

灰「人が綺麗なものを見たいという欲求を持つのは自然なことでしょう?」

無「そりゃ、まぁ……」

白「あ、色無くーん!」

男子生徒たち「『ざわっ』『なんでアイツばっかり……』」

無「な、なんか睨みつけられてる気がするけど……」

灰「気のせい気のせい♪」

 

空「なんだか白ちゃんが面白かつ大胆なことをやってるみたいだけど」

青「なにそれ?」

空「んーと、『色無くんのペットになった』とか」

青「んなッ……!?」

空「あー、うさぎさんだね。さみしいと死んじゃうんだよーって感じかな?」

青「ペットってことはあんなこととかそんなこととか、いやでもあの白に限って、でもでもあの子意外と大胆なことを」

空「……おねぇちゃーん?」

男「——あの、これはどういう」

青「アンタが白に手を出さない為の見張りよ、見張り!」

男「今、別に白もいないし、俺一人なんだけど」

青「うっさい!そんなこと言ってもいつ来るかわかんないし、私はずっとここで見張ってるから!」

男「はぁ……まぁ、別にいいけど」

青「だいたいなによペットって……そんなのズルいじゃない」

男「ん?ペットがなんだって?」

青「な、なんでもないッ! ……あ、あのさ。色無は、その、うさぎの白ちゃん、かわいいと思った?」

男「はい?な、なんだよいきなり」

青「別に、ヒマだから聞いただけ。それで、どうなの?」

男「あー、うん……えーと——」

灰「——白がうさぎなら、青は番犬ってところかな」

空「あー、おねえちゃんは確かにそうかもね」

灰「お役目がなければ飼い主に甘えたがるところもね……ふふふ」

空「……それって、ちゃんと番ができてないんじゃないかな。あれ?メールだ」

青『灰色に、かわいいイヌミミひとつ用意してって頼んでおいてくれる?』

灰「……わぉ」

空「おねえちゃん……ここまでわかりやすいなんて……」

 
pencil_1588.gif

灰「皆様こんにちは。今日もここ、色無動物園の様子をお伝えしたいと思います」

空「アシスタントの空です。先日はおねえちゃんが仲間入りしたようですが、今日はどうなることでしょう」

灰「下準備はバッチリですが、果たして誰がひっかかるか……」

無「ちぇすとー」(ベシッ

灰「いたぁ!?」

空「あぅっ!?」

無「不自然にベッドが膨らんでると思ったらオマエらか。で、色無動物園ってなに?」

空「せ、先輩……聞こえてたんですか?」

無「そこそこに。で、なんのこと?」

灰「……にゃー」

空「……わぅん」

無「ごまかすな」

朱「ちぇすとーッ!」(ベキィッ

無「ぐほぁッ!?」

朱「こんのエロガキがぁ!寮の女の子を自分のペットにしようとは、見上げた性欲だなぁ、あぁ!?」

無「ぐあぁ……ち、ちが」

朱「ここは寮母としてそんな気が起きないよう、アタシの部屋でキッチリとシバいてあげるから覚悟しな?くっくっ……」

無「ご、誤解ですって——た、たすけ」(バタンッ!!

灰「……オオカミ現る……」

空「あぁ、あ……ぐすっ……せんぱい、ごめんなさぁい……」

灰「……あとで、謝ろっか」

空「ひっく……うん……」

 

無「ただいま……。いちおう、無罪は確定したよ。刑罰を喰らった後にだけどね……」

灰「おめでとう色無。よかったにゃあ」

空「せんぱぁい……ごめんなさい……わぅ」

無「……おい。オマエらは俺をどこまで陥れたいんだ?これ以上誤解を招いたら死んじゃうよ?俺」

灰「ただの罪滅ぼしだにゃ。これでも責任感じてるんだからにゃ……」

空「くぅん……」

無「だからと言って……ん?あの、なんかまたベッドが膨らんでるような気がするんですけど」

灰「色無がかわいそうな目に遭ってる最中に、入園希望者が現れたんだにゃ」

無「……いちおう聞くけど、誰?」

灰「開けて確認してくださいにゃ。ただし、ぐーは構えないほうがいいと思うにゃ」

無「……」(バサッ

水「……」

無「あえ?み、水色?」

水「……ちゅー」

無「えと……ネズミ?」

灰「ちがうッ!ハムスターだにゃ!」

無「そこまで熱く否定するなよ」

空(やっぱりかわいいなぁ、水色ちゃん……)

水「ぁぅ……」

無「確かに小動物っぽいけども……あの、水色?恥ずかしかったら無理しないでいいよ?」

水「だ、だいじょうぶでちゅ」

無「……それだと赤ちゃん言葉だよ?」

水「ふぇっ!?」

空「ねぇ。なんだかんだで先輩も楽しんでるよね、灰ちゃん」

灰「だって色無だもん。それくらいお見通しでござるよ、ふふふ」

 

灰「というワケで波に乗ってきた色無動物園の様子をお伝えしますにゃ」

空「アシスタントの空ですわん。先日は水色ハムスターちゃんが新しく仲間になりましたが、果たして今回は!」

水「み、水色です……は、はずかしい……でちゅ」

空「はぅー!なんてかわいいの水色ちゃーん!」(ギュー

橙「そこの色々な意味で盛り上がってるベッド、蹴らなくていいの?」

男「……いや、正直、そんな余裕もない」

橙「んー?なんか言った?」

男「な、なんも言ってねーよ」

橙「そお? それにしても、ヒョウ柄ってやっぱいいよね♪こう、野性的っていうかワイルドっていうか」

男「うん、フツーに見る分にはいいですよ。フツーになら」

橙「あー、ってことは私のこれはフツーじゃないの?なんでさ?」

男「春先にヒョウ柄のビキニってどう考えてもフツーじゃないです。ええ、間違いなく」

橙「だぁってこれくらいしないとつまんないじゃん。ピンクだってどうせ牛柄ビキニとか——」

男「やってないから」

橙「あれ?そうなんだ。じゃあ私がワイルド路線一番乗りってことで、うりうり♪」

男「え、いやちょ、だ、やめー!」

灰「……おっぱじめる気満々ですかオレンジさん」

空「うわー……オレンジ先輩、エロカッコいいなぁ」

灰「いやそんな感心してる場合じゃないでしょ」

水「……うーん。わたしの方が大きい、かな……?」

空「み、水色ちゃんッ!?」


黄「〜♪ふっふふ〜ん♪カレー、カレー、今日ぉはカレー!かっいぐんもーまっいしゅうきっんようカレーの日!」

男「やけに上機嫌だと思ったら、カレー作ってたのか。いい匂いだなぁ」

黄「今日はカレーだよぉ!絶対おいしいよー!」

男「そういえば結構久しぶりだな、カレー食べるの。一ヶ月ぶりくらいか?」

黄「あれ?そんな前だっけ?」

男「確かそんくらいかな。週に一度はカレーだったときもあったのに、どうした?」

黄「よくぞ聞いてくれました!えーっとね、新たなスパイスの追求!」

男「完成したの?」

黄「した!」

男「じゃあ今晩食べれるわけだな!」

黄「その通り!あとはこの新スパイスさえ入れれば出来上がりぃ!みんなおいしさのあまり泣いちゃうかもね!さ、投〜ny」

茶「ふんふん……うわぁいい匂い!あ、カレー作ってたんだ!」

男「  !  」

茶「見せて見せt……きゃっ!」(どてっ

黄「茶色ぉ大丈夫!?」

茶「痛てて……へへ、つまずいちゃった!」

男(よかった……鍋ひっくり返しでもしたらどうしようかと)

黄「もー、気をつけなきゃだめだよ?」

茶「ごめんね、いつも気をつけてるつもりなんだけd……ふぇ……ふぇ……ふぇっくしゅん!」

男「  あ  」

黄「……わ……私の……黄色ちゃん特製スパイスが……」

茶「あぁっ!?」


無「……(ナデナデ」

黒「……♪」

?「にゃ、にゃーん……」

無「……ん?」

白「にゃーん……」

無「し、白?」

白「にゃー……にゃーん……」

無「(う……かわいらしすぎだろ、常識的に考えて)」

黒「……にゃー?」

無「(ちょ、そこで『どうするの?』って目で見ないでください!)」

白「にゃー」

黒「にゃー」

無「……ああもうっ!」

白「にゃー♪」

黒「にゃーん♪」

無「……(ナデナデ」

男「色無さん……あんた、羨ましいっすよ!」

侍黒「チェストッ!」

男「あぐぅっ!」


黄「布団を干しました」

赤「お日様の匂いだねー」

黄「えい」

赤「とお」

ぽふ

黄「ふかふかですなー」

赤「ほんとだねー」

黄「……」

赤「どうしたの?」

黄「……巻き寿司ー!」

赤「うわぁ!」

ごろごろごろ

黄「ふう」

赤「あう……」

黄「さてと……」

赤「そんな一仕事終えたみたいな顔して行かないでよー」


灰「どもども」

空「いらっしゃーい。お菓子もあるよ」

灰「何する?」

空「うーん……あ、灰ちゃんがこの前買ったゲームやらせてよ」

灰「ほいほい」

灰「なんか肩凝ってきたな……」

空「ちょっと疲れちゃったね。休もっか」

灰「はぁ〜」

空「ほぇ〜」

灰「……ヒマだ」

空「ヒマだね〜」

灰「姉いじりでもしよっかな」

空「姉いじり?」

空「おねーちゃんっ」

青「なぁに?」

空「色無先輩って悪い人なの?」

青「あら、どうして?」

空「だって罪な人って……」

青「はぅ」

灰「そういえばお姉ちゃんさぁ」

黒「なによ」

灰「この前の洗濯当番のとき、白ちゃんの枕カバーの匂い嗅いでたよね」

黒「なんで知ってるのよ!」


空「のどが かわきました」

水「じゃあ わたしのも おねがいしていいかな」

空「かいに いきます」

空「ココアに しよう」

空「ココア おいしいです」

水「それは しょうゆ……じゃなかった ココアです」

黄「いいえ ケフィアです」

空「せんぱい それは ヨーグルトです」

水「ヨーグルト なのです」

黄「ケフィアと ヨーグルトは ちがうのです」

空「きのうの うちに すりかえて おいたのです」

水「おいたのです」

黄「それは きがつきませんでした きょうは カレーです」

空「だんこ きょひします」

水「きのうも おとといも カレーでした」

黄「まいにち おいしい カレーが たべられるなんて しあわせですね」

空「そうでも ないです」

水「いが もたれます」

黄「あっさりした カレーにします」

空「きゃっかです」

黄「ないて いいですか」

空「どうぞ」

水「わたしの むねで ないても いいですよ」

黄「みずちゃんは やさしいです ぐす……」

黄「ところで わたしの ケフィアは どこですか?」

空「たべました」

水「ごめんなさい」


青「——であるから、現代の文化が成り立っている」

先「はいそこまで。次は黄だな」

黄「……」

先「黄、どーした?」

黄「……すぴー」

先「寝てるのかよややこしい奴だな。んじゃ次の黒」

生徒「せんせー、起こさなくていいんですかー?」

先「そいつは起きてるとおしゃべりがやかましいからな。寝かせておいてやれ」

赤「あはは、ひどい扱われようだねw」

紫「しょーがないよ、黄ちゃんだもんねーw」

先「赤、紫、お前らもうるさいよ!おしゃべりしてんなら寝てろ!」

先「緑、静かなのはいいが堂々と文庫を読むのはやめてくれー」

緑「……」(スッ

先「桃ー、机の下で携帯やっててもばれてるぞー。ストラップつけすぎなんだよ」

桃「は、はい!」

先「色無ー、多分今の桃のメールお前宛だから、携帯机の中に入れててバイブ音教室中に響かせるとかやめてくれよー」

無「へ?あ、

ブブブブブ

先「遅かったか。じゃー授業に戻る」

先「……となるわけだ。ここ結構重要だからなー。茶色」

茶「ふぇ、あ、はい!?」

先「熱心にノート取るのはいいけど、上下逆に書いてないかー?あとでどっちから読めばいいんだ?」

茶「ふぇ?……あぁっ!」

先「まともなのは黄緑と黒だけかー?……っと、訂正だ。黄緑だけだな。黒、とてもいいことなんだが、授業中に千羽鶴を折るな」

黒「なら先生が白の体をよくしてあげてください」

先「そういう返答は凹むからやめてくれー」

先「じゃあ今日は○日だから○番はー……灰色か」

空「ほら、灰色ちゃん!今日はいろいろと当たる日だから起きてないと!」

灰「……むー?」

先「あー、いいぞ起こさないでー。期待はしてなかったからな。じゃ、悪いけど空、代わりに答えてくれ」

空「え?私ですか!?」

先「おー。このくらい空なら解けるだろー?」

空「えーっとぉ……」

先「どうしたー?」

空(どうしよう……ちょうどまだ覚えてないとこ当たっちゃった……!)

灰「……えぬえーしーえる」

先「……お、起きたのか。そうだ、塩化ナトリウムだなー。塩がでてくるわけだ」

空「ありがとう、灰ちゃん!」

灰「なぁに、このくらい」

先「誰のせいでこうなったのかよく考えようなー」

先「次は緑だな」

緑「……」

先「おーい緑?」

緑「……」

先「はぁ……教科書を熱心に読んでくれるのはありがたいけど、

  ちょっとぐらい先生の話聞いてくれよな。じゃあ、青」

青「先生、さっき当りました」

先「ん、そうか……それじゃあ黄……は寝てるから橙ー」

橙「起きんかコラ」

黄「んぎゃ!?」

橙「せんせー、黄が目が覚めたから読むそうですー」

黄「え?なになに!?」

先「お前ら本当に自由だよな」

先「じゃあ今日の授業はここまで」

委「きりーつ、れー」

先「あ、黄緑ちょっと」

黄緑「何ですか?」

先「4組のお前のとこの寮生がいるだろ?

  名指しはしないがちょっと不真面目なんでお前の方から叱っておいてくれないか?」

黄緑「はぁ」

先「じゃあ頼んだぞー」

水「どうしたんですか?」

黄緑「ちょっと頼まれごとですよー。うふふ、あの子達どう説教してあげましょうか……」

水(黄緑さんからただならぬオーラが!?)


きーんこーん

先「ん、ちょうど終わったな。じゃあこのまま——」

赤「きりーつ!れー!あっしたー!」

先「このままホームルーム始めるので赤はまだ部活に行かないように。今日は決めることたくさんあるぞー」

無「えー?」

先「なんだ色無、今日はどの女と約束があるんだ?」

無「寮の料理当番です」

先「そうか、わかった。帰っていいぞ」

全員「「「えー!?」」」

男子生徒「せんせー、ただでさえいい思いしてるのにまださせる気ですかー?」

先「お前、20人ぐらい分の料理を作るのがどれだけ大変かわかってるのか?もはや料理じゃない、トレーニングだ」

無「お言葉に甘えて帰ります。っていうかスーパー行ってきます」

先「おー、気をつけてな」

橙「せんせー、あたしも今日料理当番!帰る!」

先「今日は……えーと水色って書いてあるな。よし水色、お前も帰っていいぞ」

水「へ?あ、あの……本当にいいんですか?」

先「荷物は全部あいつに持たせていいからな。全部だぞ、全部。じゃ、さようならー」

桃「せんせー、実はあたしも料理当番なんです!」

先「さー、PTA会議の出欠プリント持ってきた人は出してくれー」

黄「せんせー、私も!私も!」

先「掃除場所が今日から変わるぞー。1班はトイレなー」

先「お、まだ残ってたのか」

水「あ、先生」

先「毎日教室の花の世話ご苦労だな」

水「そ、それほどでも……」

先「これから冬に向かっていくから花の世話が大変なんじゃないか?」

水「あまり……長くは持たないですね」

先「それでも、水が世話するのとしないのとでは雲泥の差だからな。お前は偉いぞー」

水「やめてくださいよ先生ー、小学生じゃないんですから」

先「おおそうかスマンスマン。しかし、色無の前だけじゃなくてもっといろんな人の前でその笑顔を出していった方がいい感じだぞ」

水「べ、別にそういうわけじゃ……」

先「はいはいご馳走様。それじゃああまり遅くなるなよー」

水「さよならーです」

先「よーし、じゃあ小々テスト返すぞー。まず黄緑、青ー」

黄緑・青「はい」

先「二人とも96点。基礎問しか載ってない簡単なテストだったから二人には満点とってほしかったが……ま、抜き打ちだしこんなもんか。トップおめでとう」

黄緑「すみません、次回はもっと頑張りますね」

青「睡眠不足が影響したのかしら……」

先「どんどん返していくぞー。黒ー、緑ー、水色ー。……っと、水色、ちゃんとこの百合消してから答案出そうな」

水「へ?あ……消し忘れてる……」

先「上手だから点数あげたかったんだけどな。一応化学だから。緑、さっき一瞬反応しただろ。そっちじゃないからなー」

緑「……」

先「桃、橙、紫ー。お前らには特に言うことなしだ。意外と点とってるしな。しいて言うなら字が小さい」

紫「ちっちゃ……」

先「そうだ、その言葉は飲み込んで後で色無にぶつけろー?はい次、色無、黄、赤ー」

無「黄色になんとか勝つ程度か……ヤバイな、そろそろ勉強するか」

黄「それどういう意味よー?」

先「そういう意味だ。赤、よだれがついてて採点しにくかったぞー」

赤「えへへ……気づいたら寝てるんだよねー」

先「以上だ」

無「……ん?以上?」

先「一人名無しがいるみたいだけど心あたりのあるヤツー」

茶「……ふぁ!名前書き忘れてたぁ!」

先「茶色ー、今回点数よかったのに。ちゃんと名前書こうなー。あと解答欄全部一個ずれてたぞー」

茶「……ふぇーん!」

先「赤と黄色が危ないなー。次お前ら赤点取ったら、色無の周りの席を男子で埋めるからなー。お前らに席替えでチャンスなくなるぞー」

青「赤!黄色!今日から勉強会よ!」

赤「えぇ!?大会近いのにぃ!」

黄「あ、私もカレーの世界選手権がー……」

無「ねぇだろ」

黄「あは、ばれたー?」


先「はーい席につけー。授業始めるぞー黒板消えてなーい。週直だれだー?……あれ?青か。青ー」

青「……」(ぽー)

先「青ー……だめだ、戻ってこない。色無ー何言ったんだ?」

無「え?俺は別に……」

先「別になわけないだろう。言ってみろ」

無「毎日お弁当ありがとうって言っただけで……」

先「それだ」

無「これですか!?」

先「じゃあ代わりに後ろのむらs……いや、色無、お前消せ」

無「はい先生」

紫「?」

先「さー教科書開いてーこの前の続きからな。……黒ー、お前そこの席だったか?」

黒「白にこの前やったことを教えてるんです」

先「他の男子と席替えてまでかー?」

白「黒ちゃん……戻っていいよ?男子生徒くんに聞くし……」

黒「白……男子生徒じゃもしものときに対処できないわ」

先「同じ教室にいて何を言うか。いいから戻れー」

赤(ガタッ!)

先「おい今のビクッは半端ない大きさだな。なんで起きないんだこいつ。まぁいいや続けるぞー」

黄(ガタッ!)

先「もう一人いたか」


先「今日は避難訓練があるぞ。ただ何時間目にやるかはわからないというサプライズ付きだ。みんな今日一日張り詰めとけよー。休み時間に来るかもしれないぞー」

白「休み時間かー。どこに避難したらいいんだろね?」

黒「心配ないわ。白は私が必ず守るから」

白「黒ちゃん……」

先「そこー、まだホームルーム中だから静かにー。緑、何のネタ集めか知らんがメモ帳しまえー」

緑「……」

黄「せんせー、せんせーは避難訓練の時間知ってるんでしょー?おしえてよー」

先「教えちゃいけないことに一応なってるんでなー。無理だ」

橙「よし、桃!いけ!」

桃「せんせー、お・し・え・て?」(ぷるん

先「先生はお前らみたいな子供に興味ないぞー」

橙「ちっ」

先「でもまぁ先生もめんどくさいから教えるか。今日の三時間目n

『ウーウー!ただいま震度6の地震が発生しました』

先「……おっとぉ、こいつはサプライズだ。先生も聞いてないぞー……みんな一応机の下に」

がたがたっ

水「な……なんだか訓練ってわかってても緊張しちゃいます……」

赤「そう?ボクはなぜか走りたくなってきたけど。よーし、一番にグラウンドに出てやる!」

先「『おかしも』を重んじるようになー。特に『か』の部分」

……

先「よし、そろそろいいだろ。出ていいぞー」

がたがたっ

先「あ、色n

ごちん

茶「っ〜〜!!」

無「先生、言うのが遅いです!」


先「こら、携帯没収」

桃「あう……」

先「相手は色無か。色無、お前も没収な」

無「えぇっ!?」

先「二人とも後で職員室までとりに来なさい」

桃(説教が終わったら二人きりになっちゃうかも!よ〜し)

桃「せんせ〜、私のも没収してください!」

橙「あっ、そうか……。せんせ〜、アタシのも〜」

黄「私も私も」

先「カレーは黙ってろ」

黄「ちょっ、ヒドっ!しかもカレー関係ないし!」

黄緑「あの、先生……」

先「今時ポケベル持ってるヤツはいないと思うからダメだ」

黄緑「そうですか……しゅん」


無「先生トイレー」

先「俺はトイレじゃねーぞー」

白「せんせ……あ、あの」

黒「先生」

先「なんだ」

黒「白の調子が悪そうなので保健室に付き添っていいですか?」

先「気を付けてな」

白「(ありがとね)」

黒「(気にしなくていいわ)」

黄緑「先生、ちょっと花摘みに……」

先「おい、それっていつの時代の……どうぞごゆっくり」

男「先生おしっこ!」

先「漏らしてしまえ」


無「ふぁー……眠い……」

紫(これは添い寝をするチャンス!)

桃(ん、紫ちゃんも同じ考えのようね!)

灰(湯たんぽはあたしのものっ!)

青「し、仕方ないわね。ほら、膝貸してあげるわ」

無「んぁ?青?」

青「ね、眠いんでしょ?膝枕してあげるって言ってんの!」

無「……い、いいのか?」

青「……う、うん」

無「じゃあお言葉に甘えて……」

紫・桃・灰(なんという伏兵!!)


無「今日は少し寒いな、毛布じゃダメかな? でも面倒だしこのまま寝よう……」

がちゃ

茶「うぅ……眠れないよ色無くん」

無「夢? まあいいや、おいで寒いから一緒に寝よう」

茶「い、良いの?」

無「ほら」

茶「……うん、お邪魔します」

無「寝ぼけて抱きつくかもしれない……もし抱きついたら……ごめん……な」

茶「え? 色無く……!」

無「朝か……なんか暖かいな。それに柔らか——」

茶「い、色無くんおはよ」

無「ああ、おは……」

茶「……」

焦「……ん」

無「って、焦茶さんも!?」

焦「おはよう、今日は休みだから色無分の補給に来た」

茶「お、お姉ちゃん!」

焦「なんだ騒がしい、せっかくの休日だ姉妹仲良く色無に甘えようじゃないか」

無「甘えるとかそういう問題じゃ——」

茶「そうだねー」

無「え?」

焦「そうだろう」

無「ちょ、焦茶さ——」


紫「おっひっるぅーのじーかーんー♪」

無「やけに嬉しそうだな?」

紫「じゃーん!」

無「なんだそれ?」

紫「たこ焼きの元!今日のお昼はたこ焼き!たこ焼き!」

無「いきなりたこ焼きって、そんな準備も何にも……」

橙「たこ焼きプレート設置完了!」

青「たこも切り終わったわよ」

黄「(コソコソ)このスパイスを入れれば絶対に美味しく……」

緑「……カレー自重」

無「みんな準備万端かよ!」

黄緑「色無さんは頑張って焼いてくださいね」

赤「わくわく!」

紫「てかてか!」

無「……え、俺焼く係なの?」

紫「色無ー、たこ焼きまだぁー?(チンチン)」

黄緑「こら紫ちゃん、お行儀悪いわよ?」

黄「早く焼けー!」

青「もう待ちくたびれたわ」

無「こんなちっちぇプレートでそんな一斉に焼けるか!!」


朱「やっぱ秋の夜長は晩酌だな。おらー、酌をせい酌をっ」

桃「はいはいお代官様〜」

橙「んー、爽やかでいい香り。ほらほら桃も飲みなよっ」

桃「わぁ、ありがとー♪」

無「……えーと、俺帰りますオヤスミナサイ」

朱「そうかそうか。それじゃあこの秘蔵アルバムの写真を全員の部屋に1枚ずつ」

無「ごめんなさいどうかそれだけは」

朱「よろしい。ほれ色無、さっさと酌をしろー」

朱「ぐー……」

無「はぁやれやれ……毎度ながら大変だった」

橙「お疲れいろなしー。ごほーびにくちうつしでのましてあげるー」

桃「あーずるーい。わたしもやるんだからー」

無「だああオマエら正気にもどれえええッ!!」

橙「いーじゃんいーじゃんちょっとくらいー」

桃「今ならお酒のせいにして、なにしてもいいんだよー?」

橙「そーそー。わるいのはお酒なのだー」

無「い、いやまてオマエらそれはまちがって」

橙「んふふ。あきらめなさーい」

桃「なさーい♪」

無「わーッ!!」

橙「……ねぇピンク、別に酔ってなかったでしょ?」

桃「ふふっ。オレンジこそ」

橙「あっはは。お酒って便利ね」

桃「ねー♪」


部下「小隊長。連隊長杯争奪銃剣道大会での5人抜きおめでとうございます!」

無「ありがとう」

無「おかげでウチの中隊は3年連続優勝ですよ」

無「うん。でもさすがに5人相手にするのは疲れるよ」

部下「小隊長、本当に学生時代格闘とかやってなかったんですか?」

無「うん。中学・高校時代は帰宅部だったし。大学でも特に……」

部下「それが今じゃレンジャーと空挺のマーク持ちの猛者ですからねぇ〜」

無「そう言えば、高校時代」

部下「高校時代?」

無「ウチの寮はよくクマとかイノシシに襲われて」

部下「襲われて?」

無「退治するのを手伝わざせられたことが……」

部下「もちろん、銃とかの飛び道具使ってですよね?」

無「いや、素手で……」(もっぱら黄緑さんが仕留めてたんだけだどねw)

部下「……」(絶対にこの人に逆らっちゃダメだ……ガクガクブルブル)


?「だ〜れだ?」 ボイ〜ン!

無「桃色」

桃「大当たり〜♪」

?「だ〜れだ?」 プルル〜ン!

無「空ちゃん」

空「うわぁ、すご〜い!」

?「だ〜れだ?」 ゴツ!

無「紫!」

紫「うわ〜ん、色無なんか大嫌いだぁ!!!!」 

無「あれれ?」


無「なぁ白、こうでっ、いいのか?」

白「うん、もっと丁寧にしてね……」

無「んっ、こうか?」

白「力は入れすぎないほうがいいかも……あっ、だめっ、そんなにいじっちゃ……」

無「えっ、これなら大丈夫じゃない?」

白「だーめ、もっと優しく!あーっ、それは叩きすぎ!」

無「う、ごめん……」

黒「……一応、何してたか聞いておきましょうか」

無「ん?黒か。晩飯のハンバーグを作ってたんだけど?」

黒「どうせそんなことだろうと思った……」

白「だって、色無くんが生地をこねすぎたり叩きすぎたりするんだもん……」

無「……面目ない。というわけだから黒も手伝ってくれないか?」

黒「どーゆーわけよ……まぁいいわ。色無、ちょっとそれ貸して」

白「だ、ダメー!」

黒「ちょ、ちょっと白?これは私がやるんだから!」

白「黒ちゃんやりすぎ!もう任せてられません!」

無「おいおい……」

緑(修羅場!?)


『校外学習〜水族館の場合』

先「ほら、おまえらさっさと行って来い。集合は昼ぐらいを目安に」

黄緑「あらあらうふふ、こんなにいっぱい捌けるかしら♪」

青「ちょっと!」

黄「……!これはカレー——」

緑「魚カレーはおいしくないと思うわ」

黄「(´・ω・`)」

白「わー、すごいね……」

黒「そうね」

白「おー、すごいね……」

黒「そうね」

白「うひゃあ、すごいね……」

黒「そうね」

無「……も、もう……かれこれ一時間だぞっ……」

黒「そうね」


先「……というわけで、もう一週間後には一斉テストだぞー」

無「えー」

橙「えー」

黄「えー」

赤「ぐー」

先「おい誰か起こしてやってくれー。つまり、今日から部活停止期間に入るんで——」

赤「えぇっ!?」(がたん)

橙「あ、起きた」

先「いつまでも校舎に残ってないでさっさと帰るように。図書室もこの時期混むから当てにしないほうがいいぞー」

緑「いっつもうるさくなるのよね、この時期。普段は図書室なんて来ないくせに」

先「ぼやくなぼやくな。特に色無、図書室出入り禁止だからな」

無「えぇ!?なんで俺が!?」

先「取り巻きが邪魔なんだよ、他の生徒から苦情が来てる。いい加減気づこうな」

無「えー……」

緑「……」

黒「残念そうね」

緑「……別に」

先「男ー、お前も出入り禁止だぞ」

男「いやーまいったなーとうとう俺にも取り巻きがついちゃったかー!」

先「……なんだ、最近盗撮の被害を届け出る女生徒が多くてな」

男「なんという……!なんという……!」

先「まぁお前が厄介に巻き込まれないためのものだ、そう悪く思うな」

侍「貴様……某というものがありながら盗撮などと下卑た行為を……!!」

男「ちょっと話聞いてた!?俺やってないって!とりあえず刀しまって!」


?『ほぉ〜らぁ〜。いつまでも寝てないで、ちゃっちゃと準備してよ〜』

?『ご〜め〜ん〜。今日はムリ。だるくてなんにもする気が起きない』

?『そんなことばっかり言ってるんだから。ほら、前から約束してたんだから、絶対に行くよ』

?『本当に勘弁してよ〜。横になっていたいんだよ〜』

?『だ〜め。すぐに着替えて仕度する』

?『お願いだから、せめて今日だけは寝かせて』

無(ああ、灰と空だな。まったく、灰は相変わらずなんだな)

灰「起きないならムリにでも引きずり出すよ〜。それでもいいの?」

空「冗談抜きで死にそうなの〜。後生だから〜」

無「あれ?普段と関係が逆転してる!?」

空「風邪ひいてて動くのもつらいんだよ〜。勘弁してよ〜」

灰「ヤだ!いつも私がそう言っても許してくれないじゃないか。日頃の恨みだ、うらうらうらうら〜」

無「悪魔かお前はっ!(すぱ〜ん)」

灰「……まあ冗談でも調子に乗ってた私も悪いんだけどさ。叩くことないじゃないか」

無「あんな光景見たら誰でも誤解するって」

空「ごめんなさい。私、どうにも薬とかが苦手で。飲めばすぐにでも治るってわかってても、しりごみしちゃいまして」

灰「叩いたお詫び、当然してくれるんだよね?」

無「はいはい、今日は荷物持ちだろうがなんだろうがさせていただきますよ」

灰&空「計画通り」


桃「色無くん、わたしの胸を見てどう思う」

無「すごく……大きいです」

桃「嬉しいこと言ってくれるじゃないの」

紫「……」

紫「色無、わたしの胸を見てどう思う」

無「すごく……小さいで~す」

紫「……」

紫「私の身長を見てどう思う」

無「すごく……小さいです」

紫「……グスン」

無「わぁ! ゴメン! やりすぎた!」

焦「色無、紫とヤったというのなら私ともやらないか?」

無「意味が違うし、それにどこからでてきたんですか!?」


無「いやぁ、大漁大漁」

男「相変わらず凄いな」

無「そうでもないさ、UFOキャッチャーなんて慣れだよ慣れ。回数をこなせば自然と見極めとかできるようになるもんだよ」

男「それにしても、そんなに取って置き場所とかどうするんだ?」

無「ん?別にどうもしてないよ。欲しい人がいたらあげるし。たまに施設に送ったりもするけどね」

男「施設って?」

無「子供たちへのプレゼントにって。いらないものを送って感謝されるから、こっちとしては心苦しいんだけどね。成さぬ善よりなす偽善っていうし、喜んでくれる分にはいいでしょ?」

男「嘘くせぇぐらいに善人だよね色無さん。じゃあ、その時計もいらないの?」

無「欲しいならどうぞ。でも腕時計してるのに、なんで時計を?」

男「時計を誰かにプレゼントするのは『その人と同じ時間を刻みたい』って意味があるそうなんで」

無「へ〜そうな……ん……だ。ごめん、どういう意味だって?」

緑「む、どこかで面白い事があった気配がする!」

無「なんだ、侍黒さんに渡そうと思ったのか」

男「いくらなんでもその勘違いはどうかと思う」

無「いや、面目ない。でも、侍黒さんに渡すんだったら人から貰った安物を渡すんじゃなくって、自分で選んだ物を渡した方が良いんじゃない?」

男「そういうもんかね」

無「多分そうでしょ。よくわからないけど」

緑「いまどこかで楽しそうなことが非常につまらない終わり方をした気がする!」


男「さぁて、今日のテーマは鈍感。色無さんはみんなの宝物だから。そんな色無さんがみんな好きだから」

黄「色無ー! 一緒にカレー作らない!」

無「ん?いいぞ」

黄「じゃあ人参切って」

無「(トントン)はいよ」

黄「ねぇ甘口と辛口どっちがいいかな?」

無「やっぱ甘口かな。みんな甘口好きそうだし。何より俺が甘口好きだからな」

黄「ははは、なにそれぇ」

無「い、いいだろ!」

黄「……だったら私がずっと色無に甘口カレー作ってあげるよ」

無「いやそれは遠慮しとくわ。毎日カレーはちょっと……」

黄「そ、そう」

青「ちょっとまた間違っているじゃない!」

無「え?どこどこ?」

青「ここよ!」

無「あ!ほんとだ。青は凄いな」

青「ほ、褒めても何も出ないわよ!」

無「ほんと頭いいよ青は。俺が知らないこと知りまくってるんだもん」

青「私だって知らないことはあるわよ……」

無「そりゃあるだろうさ。俺よりは物知りだって意味だよ」

青「でも色無は私より知ってることもあるわよ。例えば……色無自身のこと……とか」

無「は?」

青「色無のこと……もっと知りたいな」

無「……俺の産まれた所は九州なんだが親が転勤で——」

黒「ねぇ、色無?(ギュ)」

無「ちょ!なんだよ後ろから!」

黒「ふふ、なぁに?ちょっと抱き着いただけよ」

無「だって黒!その……あれ……!」

黒「しょうがないじゃない。女、だもの」

無「そうじゃなくて」

黒「なに?」

無「そのなんだ。もう少し恥じらいみたいなの持って欲しいな。ほら、俺以外にそんな事したら襲われるぞ?」

黒「……ふふ、そうね。じゃあ襲われる前に退散しなくちゃ」

無「ふぅ。この本ここでいいか?」

緑「あぁ。ありがとう」

無「てか図書委員って緑しかいないの?」

緑「一番楽な委員だから」

無「そうか、誰もこないわけか」

緑「うん」

無「大変だな」

緑「……色無」

無「なんだ?」

緑「……その、色無……」

無「なに?」

緑「色無ぃ!」

無「どうした?顔赤いぞ?風邪か?」

緑「……すまない」

紫「観覧車楽しかったぁ」

無「そうかそうか。そりゃよかった。アイス食うか?」

紫「小さいっていうな!」

無「ははっ」

紫「むぅ……!てい!(ギュ)」

無「こら抱き着くな!」

紫「ねぇ色無」

無「ん?」

紫「帰りたくないよ……」

無「おいおいおいここ夜9時に閉店だぞ?帰るぞ。黄緑さん飯作ってんだから」

茶「いいいいい色無さん!」

無「なに?どうした?」

茶「すす、すすすすす、好きです!」

無「ははは、なんだ。俺も好きだぞ。茶色のことは」

茶「そそっ、そうなんですか!本当ですか!」

無「そうだぞ。嘘なもんか」

茶「どっどどっどうしましょう!み、みんなに何て!何て言ったら!」

 後日

無「え?茶色?あ!あれ、いつものあれかと……。そうだったんだ……」

無「畜生、早くいかねば漏れる……!ん?」

男「……(ジー)」

無「はっ!」

男「やらないか」

男「痛てぇ……。顎が……」


赤「ふぅ、やっぱり走ると気持ちがいいね」

黄「早朝トレーニングおつかれさーん!」

赤「わわ、黄!?」

黄「毎日精がでるねー」

 ぐにぐに

赤「わあ! もう、なんだよ! 離れてってば!」

 ふにっ

黄「……おや?」

赤「……なに?」

 ふにふに

黄「おやおやおや?」

赤「んぁ!? や、やめてったら!」

黄「ちょっとちょっと橙さん」

橙「なんだね黄色さん」

黄「この娘とっても柔らかいんですほっぺたが」

橙「……ほんと?」

 ふにふにふに

赤「にゃ!? 橙まで何するんだよ!?」

橙「ふーむ……これはこれは」

黄「ね? ね?」

橙「かなりの逸材ですなー」

黄「でしょ? でしょ? これは10年に一人だよ?」

赤「な、何の話してるんだよ!?」

無「楽しそうだな」

赤「もう、色無も見てないで助け……きゃん!?」

橙「ふふーん、色無には渡さないんだから」

黄「お前に食わせるカレーはねぇ!」

無「……う、うらやましくなんかないんだからっ!」

赤「誰か助けてぇ!」

 

赤「はぁ、はぁ……。ここまで来れば誰も……」

?「……赤さん?」

赤「ひゃあああん!?」

?「はわわわ!?」

赤「ご、ごめん。急に声がしたから」

薄「わ、私も急に声を掛けたりしてごめんなさい」

赤「でも、どうしてこんな暗い人気のないところに?」

薄「そ、それは皆さんが食べようとするから……」

赤「隠れてたんだ」

薄「はい……」

赤「あはは、クリームちゃんは人気者だからね」

薄「そ、そんなことないですっ! きっと皆さんからかっているだけなんです……」

赤「んーん、そんなことない。クリームちゃんは可愛いもん。きっと皆から愛されてるんだよ」

薄「そうでしょうか……」

赤「そうだよ。……ボクなんてさ」

薄「……赤さん?」

赤「ボクなんて全然女の子らしくないから……正直クリームちゃんがうらやましいな」

薄「そ、そんな、私なんて全然……」

赤「くすっ……」

薄「はわっ!?」

赤「ご、ごめん。そういうところがまた可愛いなーって思って」

薄「はぅ……」

薄「……そういえば、どうして赤さんはここに?」

赤「あ……」

薄「?」

赤(そういえば追われているんだった……)

薄「赤……さん?」

赤「あはは、実はボクも追われてるんだ……」

薄「そ、そうなんですか!?」

赤「なんだか急におもちゃにされちゃって」

薄「黄色さんたちに……ですか?」

赤「いやー、それが皆に……」

薄「皆さんに? それじゃあまるで……」

赤「クリームちゃんみたいでしょ?」

薄「なんでまた……?」

赤「んー、ほっぺたが柔らかいだとかなんだとか……良くわかんないんだけどさ」

薄「ほっぺた……(じっ)」

赤「……く、クリームちゃん?」

薄黄(そういえば柔らかそう……)

赤「もしもーし……?」

薄「ひゃい!? な、何も見てませんよ!?」

赤「???」

 

薄(柔らかい……ほっぺた……)

黄「あ、クリームちゃんだ。いただきまーす」

 かぷ

薄(赤さんのすべすべお肌……)

黄「あれ? 反応がない……?」

薄「黄色さん!」

黄「はい!?」

薄「ほっぺたっていいですね! 特に柔らかいほっぺたは!」

黄「え? ああ、うん、そうだね……(クリームちゃんってこんな娘だったっけ……?)」

橙「赤って肌綺麗だよね」

赤「えへへ、やっぱり運動してるのがいいのかな」

橙「私もなんかしようかな」

無「お、橙も何か部活に入るのか?」

橙「んー? そうだなー。私はやっぱりー」

無「ん?」

橙「色無部かなーなんて?」

無「ちょ、こらやめ……」

赤「橙! 色無嫌がってるでしょ!」

橙「えー? 嫌がってないよー? ねぇ、色無ちゃん?」

無「お前……なぁ……」

赤「やめなってば!」

橙「あらー? 赤さん? もしかして嫉妬? 嫉妬かしら?」

赤「ぐ……そ、そんなんじゃないから!」

橙「あらー? そうなの?」

赤「そ、そうだよ!」

橙「くすくす、じゃあそういうことにしときましょうか」

赤「うー」

無「あ、赤? もういいから、な?」

赤(きっ)

無「な、何?(に、睨まれてる?)」

赤「色無のバカ! へたれ!」

無「な……お、おい! 赤!? どこ行くんだ!?」

橙「くすくす。モテる男はつらいねー、色無クン?」

無「お前わざとやってるだろ……」


『妹達がお姉ちゃんに「ありがとう」と言ってみたようです』

 空

空「お姉ちゃんっ!」

青「何?」

空「あのね、いつもありがとう!」

青「……ど、どうしたの?」

空「お姉ちゃんに日頃の感謝を言葉で伝えたいなぁ、と思いまして」

青「わ、私……空に感謝されるような事してるかしら?」

空「えーっとね……」

空『ん、何だろうこのノート……ブフォッ!!』

空『はー、はー……笑い過ぎて何か疲れ……あれ、これは……俳句?……ブフォッ!!』

空「(秘密ノートのおかげでネタには困りませんでした。なんて口が裂けても言えないな……)お姉ちゃんが一緒にいてくれるってことかな?」

青「……空っ!(ギュッ)」

空「ふぁ?ど、どうしたのお姉ちゃん?」

青「ありがとう……空……そら……(ポロポロ)」

空「えっ、お姉ちゃん泣いて……」

青「ご、ゴメンね……お姉ちゃん嬉しくって泣いちゃった」

空「……ねぇお姉ちゃん?」

青「なぁに?」

空「今日、一緒に寝てもいい?」

青「ふふ、空は甘えん坊ね」

 

 灰

灰「(プルルプルル)あ、もしもしお姉ちゃん?」

黒『どうしたの?』

灰「うん、実はね……ちょっと言いたいことがあって」

黒『何? ていうか隣の部屋同士なんだから部屋に来て言いなさいよ』

灰「あのね……その……あ、ありがとう」

黒『……は、灰っ!?だ、駄目よ!!早まらないで!!今お姉ちゃんそっち行くからねっ!!(ガンッ)』←携帯ぶん投げた

灰「あれ?……お姉ちゃ」

 ——ガチャッ!ドタドタドタ

黒「灰っ!灰っ!!大丈夫!?大丈夫っ!?!(ガクガクガクガク)」←灰の肩を掴み高速で揺らしてる

灰「おおおおねええちゃぁああんんんくくくくるるるしいいい」

黒「……灰?」

 ——数十分後。

黒「あのね、そういうのは伝え方ってものがあるでしょう」

灰「……はい」

黒「まったくもう……あーあ、携帯壊れちゃったわ」

灰「……ゴメンナサイ」

黒「……でも灰が何ともなくて良かった」

灰「えっ?」

黒「世界でたった一人の私の可愛い妹だもの。灰に何かあったら……私……」

灰「は、恥ずかしい台詞禁止」

黒「あら、茶化さないでよ。私は本気で言ってるんだから」

灰「……お姉ちゃん、ありがとう。私お姉ちゃんの妹で良かった」

黒「そう?……ふふ、私も灰のお姉ちゃんで良かったわ」

 

 茶

茶「お、お姉ちゃんありがとうっ!!」

焦「……はて、私はいつ茶に感謝されるようなことをしたんだろう?」

茶「あ、あの、そうじゃなくて!いつもありがとうって意味だよぅ!」

焦「……はて、私は茶に毎日何かをしていたかな?」

茶「えーとね、今日は賞味期限きれてるプリン食べようとしたらお姉ちゃんが気付いてくれたし、昨日は歯磨き粉と洗顔料間違えて使おうとしたの気付いてくれたし、一昨日は……」

焦「ふむ、どうやら知らぬまに私は茶に感謝されるようなことをしていたんだな」

茶「うん、私お姉ちゃんが居ないときっと凄いドジしちゃうよ!」

焦「そうか。だが茶よ、いつまでも私に頼ってばかりではこの先が大変だぞ?」

茶「……そうだよね。うん、私お姉ちゃんに頼らなくてもいいように頑張るっ!」

焦「そうだ、その意気だ」

茶「まずは家事が出来るようにならなくちゃね!よし、お洗濯するよぉ!」

茶「計量スプーンですりきりいっぱ(ドザー)……お姉ちゃぁぁぁん!」

焦「やれやれ、先は長そうだな」

 

 朱

朱「あの、姉さん?」

群「なに?」

朱「その……ありがとう」

群「どうしたのよ急に!?熱が出た?雨?雪?雹?それとも槍でも降ってくるって言うの!?」

朱「うん、やっぱ前言撤回」

群「……何よもう、ちょっとはしゃいだだけじゃない」

朱「はしゃぎ方に問題があるかと思われます」

群「で、どんな魂胆があるの?」

朱「別に……いつも世話になってるからと思って……」

群「ふーん」

朱「早くあたしの他に世話出来る人見つけなよ」

群「それこそ余計なお世話よ。あなただって人のこと言えないんだからね?」

朱「あたしはまだ若いから貰い手なんかたくさん……」

群「私もそう思ってたんだけどねぇ……」

朱・群『……はぁ』

朱「……姉さん、一杯やりますか?」

群「……そうね」

朱「色無でも呼ぶ?」

群「ふふ、良いわね。今日は朝まで飲み明かすわよ」

 

 番外編

黄「薄黄ちゃん?」

薄「はい?」

黄「お姉ちゃんって言ってみて?」

薄「?……お、お姉ちゃん?」

黄「はい薄黄ちゃん今から私の妹決定ー!」

薄「え?ち、ちょっとそれどういうことですか!?」

黄「つべこべ言わずに妹になれーっ!」

薄「お姉ちゃんっ!そんな無理矢理……って、あれ?お姉ちゃん?お姉ちゃん?」

黄「ふっふっふ、もう薄黄ちゃんは私のことを『黄色ちゃん』とは呼べなくなっちゃったのだ!」

薄「な、何言って……お姉ちゃん……そんな……お姉ちゃん……ううぅ、お姉ちゃんのバカー!」

薄「はっ!?……夢、だったのかな……」

黄「薄黄ちゃんっ♪」

薄「ひゃっ!お、お姉ちゃ……じゃなくて黄色ちゃん?」

黄「ん、お姉ちゃん?今私のことお姉ちゃんって言った?」

薄「き、気のせい気のせい」

黄「そっかー、残念だなぁ。薄黄ちゃんみたいな妹だったら大歓迎なのになぁ」

薄「黄色ちゃんの妹……毎日カレー三昧……ガクガクブルブル」


白「うーん……心配だなあ……」

紫「何見てるの?」

白「見て、この記事」

紫「えっと……『ガチャピンさんとムックがけんか』?……な、なんだってー!!」

白「原因はムックがガチャピンさんのおやつを食べちゃったことなんだって」

紫「それはひどいなあ……」

白「でも、はやく仲直りしてほしいよね」

紫「うん」

無(突っ込んじゃダメだ突っ込んじゃダメだ突っ込んじゃダメだ突っ込んじゃダメだ突っ込んじゃダメだ!)


男「はぁ〜」

黄「な〜に暗い顔してんの?」

男「お前ら、成績に響くって話の現文の小テスト嫌じゃないのか? 俺よりバカなのに」

赤「むぅ、その言い方ヒドくない?」

黄「言わせてあげなさい、赤。今のうちぐらい優越感に浸らせてあげないと」

赤「……だね〜」

男「何だよそのムカつく台詞は。お前ら現文得意だっていうのか?」

黄「当ったり前じゃん、なんてったって——」

赤「うぃ〜あ〜にほ〜んじ〜ん! いえ〜い!!」

黄「いえ〜い!!」

男「いや、それで済むなら俺だってできるっての。それなら俺が聞くことわざの意味なんかも一発で答えられるんだな?」

黄「もちろんよっ! 赤、鬼が出るか蛇が出るか見せてあげようじゃない!!」

赤「お〜っ、死んで花実が咲くものか〜!!」

男「……その微妙な使い方だけでもう十分なんだけどな」

 矛盾:黄の解釈

男「ん? 茶さんに水色ちゃん、そんなに嬉しそうな顔してどうしたの?」

茶「あ、じ、実は黄ちゃんに格安で絶対に傷がつかない板を譲ってもらったんですっ」

水「私はオレンジさんに、何でも切れる魔法のようなハサミを……」

男「……へぇ」

茶「こ、これでいつ転んでも大丈夫ですっ!」

水「私も、お花の手入れが楽になります」

男「……ちなみにさ、そのハサミで板切ろうとしたらどうなるの?」

茶「ふぇ? そ、それはもちろん水色ちゃんのハサミが……あぁっ、でもそうなると黄ちゃんの事を信用してないって事に——」

水「と、当然茶さんの板の方が……で、でもオレンジさんから貰ったハサミも——」

男「もういいから、あの二人がどこ行ったか教えて?」

 意味:悪徳商法には気をつけましょう。

 五十歩百歩:赤の解釈

男「じゃあ、怒った黄緑さんから逃げた歩数が少なかった方が勝ちって事で」

紫「いいわよ。あんたに負ける気は全然しないし」

黄緑「こらぁ〜っ!!」

男「お、気付かれたっ、チキンレース開始っ!!」

紫「逃げろぉ〜っ!!」

男「——49、50っ! こんなもんかな……紫はどこだ?」

紫「ちょっと、いくらなんでもあんた逃げ過ぎ」

男「へ? お前そんな後ろにいたの?」

紫「ふふん。勝負は私の勝ちみたいね?」

男「くそっ、50歩はやっぱ逃げ過ぎだったか……」

紫「……」

男「お前はどれぐらいいったんだ? 30歩ぐらいか?」

紫「……歩」

男「ん?」

紫「100歩よっ! 悪いっ!?」

 意味:身長差があるのはズルいです。

 覆水盆に返らず:黄の解釈

(前略)

黄「……とゆ〜わけで、やり直そ?」

男「お前都合良過ぎだろ……」

黄「いいからいいから、気にしな〜い」

男「なぁ、ちょっとカレーを皿に盛ってきてくれないか?」

黄「を? 仲直りのカレー? いいよ、ちょっと待ってて——ほい、お待たせっ。で、どうすんの?」

男「こうする(クルン)」

黄「あああああぁぁぁぁ〜っ!!! ななななな何て事をすんのよあんたはっ!!!」

男「さて、カレーが地面にぶちまけられた訳だが。お前はこれが食えるか?」

黄「……」

男「無理だろ? これと同じで俺とお前の——」

黄「……いけるっ!!」

男「いくなぁ〜っ!!」

 意味:カレーならいける。いやマジで。

 船頭多くして船山に登る:赤の解釈

男「さて、小型のボートは借りれた訳だけど——何処に向かう?」

黄「あっちの島の方に行ってみない?」

赤「ボクはあっちに行きたいなっ」

黄緑「私はあちらの方に興味があります」

男「ちなみに俺はあっちに行きたい」

赤「……みんなバラバラだね」

男「う〜ん、どうしたもんかな」

黄緑「仕方ないですし、皆さん公平にということであそこへ向かいましょうか?」

男「あっちって山じゃん。黄緑さん、せっかくボートがあるんだし——」

黄「んじゃ、行きますか」

赤「しゅっぱつしんこ〜!!」

男「ボート担いで行くのかよ!?」

 意味:元気があれば何でもできる。

 鬼に金棒:黄の解釈

黒「(グリグリ)どう?」

男「……どうもこうも。何で俺が踏まれてんの?」

黒「あんたが望んだ事でしょう? 我慢しなくていいのよ?」

男「だから足をのけて欲しいんだけど」

白「黒ちゃん、お待たせ〜。はいっ」

黒「ありがと。やっぱりコレがないと締まらないわね(ピシィッ)」

男「痛っ!?」

黒「あら、結局喜んでるじゃない。ムチで叩かれた途端、現金ねぇ(ピシッピシッ)」

男「違うっての! イタイイタイ、何だコレ!?」

 意味:Mな貴方も大満足。

 のれんに腕押し:赤の解釈

白「う〜ん、う〜ん」

男「白さん、のれんなんか押してどうしたの?」

白「あ、コレ? 赤ちゃんから聞いた健康法。コレやってると健康になるんだって」

男「……そう。頑張って」

白「うんっ!!」

白「あれから3年。今では私もすっかり健康になり、その上アームレスリングのチャンピオンになれました。赤ちゃんにはとても感謝しています」

 意味:トレーニングすげぇ。

黄「どうよ? 私たちのあふれんばかりの知性は?」

男「……」

赤「ビックリしすぎて声も出ないみたいだね」

黄「ま、散々バカにしてた私たちに負けるのは認められないと思うけど。コレが現実って奴?」

男「……」

赤「そう気を落とさないでよ。キミだってまだまだ伸びるんだからさっ」

黄「いい事言うねぇ、赤! せいぜいあんたも精進しなさいよ?(ポンポン)」

男「……あいつら、一緒に卒業できるのかな」


紫「はぁ……」

赤「はぁ……」

紫「……赤? どうしたの?」

赤「うん、最近胸が大きくなってきちゃって……」

紫「え?」

赤「今のうちならまだいいけど、あんまり大きくなると走りにくくなっちゃうし……」

紫「そ、そっか……」

赤「はぁ……」

紫「あは、あははは……はぁ……」

桃「悩みは人それぞれだね☆」

侍黒「そのようだのぅ」


空「もう、ひどいよお姉ちゃん!後で食べようと楽しみにしてたのにぃ……」

青「ごめん、本当にごめんね!あまりにもおいしそうだったからつい……」

空「つい……じゃないでしょーが!だいたいお姉ちゃん、最近間食しすぎじゃないの?ちょっとふっくらしてきたよ?」

青「!!」

空「その調子でいけば朝青龍も夢じゃないね!」

青「っ!アンタねぇ……言っていいことと悪いことがあるわよ……?」

空「事実を言っただけだもん!」

青「そんなこというなら空!あんただってこないだ……」

 ぎゃーぎゃー

無「やってるなぁ……」

灰「やってるねぇ……」

無「そういえば、お前らんとこではこういう姉妹喧嘩あんまりしないよな。お説教ならともかく」

灰「んー、昔はしてたもんだよ、こういうのも」

無「へー。黒がヘマ起こすなんて想像つかないな」

灰「私らの場合、『デザートがない!』じゃなくて『セーブデータがない!』だけど」

無「……」

灰「昔はお姉ちゃんも少しはゲームに興味があったみたいでね。プレイするのはいいんだけど、毎回間違って私のデータに上書きしてしまうのさ」

無「……兄弟喧嘩だな」


『色無さん家は大家族なようです』

橙「おとーさーん!一緒に遊ぼ!」

桃「あ、橙お姉ちゃんズルい!私も一緒に遊ぶー!」

黄「え、なになに?あたしも混ぜてー!」

無「うわっ!ちょっ……お前達一斉に飛び掛かってkあぶぁっ!(ドサッ)」

青「はぁ……なにやってんのあんた達。お父さんのたまの休日なんだから、ゆっくりさせてあげなさいよ」

橙「そんなこと言って本当は青も混ざりたいんでしょ?」

青「んなっ!そ、そんなことないわよ!」

桃「もー、素直じゃないなぁ。青もやろうよ、夜這いごっこ!」

黄緑「はいはいそこまで!桃ちゃんその言葉は誰から教わったのかなぁ?」

桃「えーとねぇ、朱色おばs……お姉さん!」

無「……うぅ、重い。早く3人共退いてくれ」

黄「誰が重いって!?そんなこと言う悪いお口はこうやってふさいでやるー!(チュ)」

無「んむっ!!!!」

黄緑「はいはい黄色ちゃんちょっとおいでー」

紫「おかーさーん!!茶が転んで膝から血がでちゃってそれを見た白がたおれて黒お姉ちゃんが……って、とにかく大変だからちょっときてー!」

黄緑「うふふ、ちょっと待っててね紫ちゃん。黄色ちゃんにお仕置きしてから行くからね」

黄「!!(ビクッ) お、お父さん助け(ガシッ)」

黄緑「はーい、こっちいらっしゃい(ズルズル)」

黄「うわぁぁぁぁん」

橙「黄色、御愁傷様」


無「黄色。こんなとこで寝るなよ!おーい!!」

黄「うーん……」

無「ほら、カレーだぞ」

黄「ううん……もっと食べる……」

無「ちっ、ダメか。まったくコタツで寝るとはお前は灰か」

ガチャ

茶「色無くーん。ちょっといいかなー?」

無「はいはい何かな?あ、黄色がそこで寝てるから気をつけて」

茶「ふぇ?」

黄「ぎゅう!?」

茶「あわわわ!!ごめんね黄色ちゃん踏んじゃ……ひゃああああ!!」

ドシン!

無「大丈夫か茶色!?」

茶「う、うん平気」

灰「もぉーうるさいな!寝れないから静かにしてよね!!」

無「なんでお前は人のベッドで寝てるんだよ!?」


 グツグツ

桃「もう、色無くん。野菜もちゃんと食べなきゃだめだよぉ」

無「お、おう……そうだな」

桃「ほらー、またお肉ばっかり食べてー。野菜も食べないと元気でないんだゾ☆」

無「そうか?」

桃「そうだよぅ。ほら、かして。桃がよそってあげる」

橙「ちょっと桃? いくらなんでもくっつきすぎじゃない? 色無と」

桃「え……そ、そうかな?」

無「確かにちょっと……」

桃「あ……ご、ごめんね色無くん」

無「いや……そんなに気にしなくても……」

橙「何よ、デレデレしちゃって。桃も桃でさり気なく胸押し当てないの」

桃「え? 色無くんもしかして、その……当たっちゃってた?」

無「その……ちょっと……」

橙「あーもう! しらじらしい!」

黒「はしたないわね」

紫「ち、ちっちゃいゆーな!」

青「……(イライライラ)」

緑「……」

黄「こ、これは由々しき事態ですぞぉ……楽しい食卓のはずが戦場と化しつつ……」

赤「(もくもく)……おかわり!」

黄緑「ふふ、まだいっぱいご飯はありますからね」

水「えと……その……ケンカは……」

白「よ、よくないよね……」

茶「あつっ……ふぇぇ……」

朱「お前ら騒がないで静かに食べろよ」


教師「今日の習字の時間は「好きな四字熟語」を書いてもらうぞ!」

一同「はぁ〜い!」

教師「うむ、黄緑は『温故知新』か。実にいい筆さばきだな」

黄緑「どちらかと言うと包丁さばきの方が自信あるんですが……」

教師「白は『健康第一』か。ふむふむ。今年はなるべく休まずに来いよ」

白「はい。頑張ります!」

教師「『一致団結』とは色無らしいが、もう少し丁寧に書こうな!」

無「は、はい!」

教師「黒は『真実一路』か。よろしい、上手に書けてるぞ」

黒「そうですか……」

教師「『牛豚鶏羊』って……それカレーの具!四字熟語じゃないぞ!」(ガツ!)

黄色「(><)」


『色無と焦茶と緑と黒』

 休日だからと夜更かしして遅く起きた朝。特に予定もないから色無を誘って出かけようかな。

 あそこの喫茶店でモーニングを食べて、この間改装工事が終わった駅前の本屋さんに寄って新刊を買ってこようかしら。

 あの作家の新作が発売されているはず。あの作家は色無も気に入っていたし、誘う口実にはなるわね。

 よし、着替えは済んだ。メイクは……いらないわね。デートってほどのことでもないし。

 朝ごはんのついでに本屋さんに寄ってくるだけだもの。

 さて……。

 緑が自室を出て寮の廊下をあるいていた。色無の部屋の前に女性が1人立っていた。

 あれは……? あれは茶色の姉、焦茶さん。ナチュラルなメイク。しなやかでサラサラな濃いブラウンの髪。

 肩から胸元まで大きく開いたニット。タイトなミニスカートにノンガーターのストッキング。

 綺麗な髪。男の目を誘う胸。キワドイ長さでスリットまで入ったスカート。脚線を強調するつもりだわ。

 いけない、アレでは色無の我慢も持たないわ。あいつったら、あれで包容力のある女性には弱いんだから。

 女の私でも魅かれそうな色香の年上の女性だなんて、キツネにニワトリ小屋の番をさせるようなものじゃないの。

 私がなんとかしなきゃ……よし、着替えてこよう!

 唇を噛み締めて、火傷しそうなオーラをまとった緑が自室に舞い戻っていきました。

 そのころ、色無の部屋では焦茶と色無がなにやら話し込んでおりました。

「ふ……色無も女の子の気持ちを持て余して悩むとはね」

「そんな言い方したら、まるで俺が情緒欠落してるみたいじゃないですか。酷いですよ」

「そういうワケではないが、それに近いことをしているではないか」

「なにがです?」

「私の気持ちを知っていて、他の女のことで相談を持ちかけること。これは、私という女の気持ちを弄んでいるということにはならないか?」

「それは……すみません。こういう相談って、他に出来る人がいないもんですから。それに、俺ってなんだかんだ言っても近くにいてくれる焦茶さんに甘えているのかも知れませんね。ダメですね、こんなんじゃ。反省します」

「い、いや、そんなに反省することはないと思うぞ。頼られると私も嬉しい。キミの力になれることが嬉しいんだ。遠慮しなくてもいい」

「焦茶さんはいつもそうやって俺を甘やかす。ずるいなぁ……」

「キミのことが好きだからだよ。それだけのことだ。それとな、色無。甘やかしついでに、女の子のことで悩まなくなる方法を一つだけ教えよう」

「あるんですか?」

「ああ、簡単だ。キミが私を受け入れるだけだ。私はキミよりも年上で人生経験も多く積んでいる。キミの周りにいる同世代の女の子達では受け入れられないことでも私なら受け止めることが出来る。キミと共に悩み。キミと共に歩むことが私なら出来る。もっと深いところまで言うと、キミのあんな性癖やこんな願望も私なら実現が可能だ。同世代の女の子では実現まで数年かかることも 私なら5秒後に叶えることが出来る。口でも脚でも[ぴー]で[ぴー]も今すぐにOKだ。さあ、今すぐにめくるめく官能の世界へ二人で飛び立とうではないか」

 コタツの横に座っていた焦茶が色無へにじり寄る。色無の目に映るのは優しい眼差しと大きく開いた胸元。

 ふんわりとした香水の香りが鼻腔を満たし、静かな囁きが鼓膜を打つ。

 色無陥落まで あと数秒のカウントダウンが始まるその時、扉をノックする音が鳴り響く。

 いつもより激しいその音は、ノックしている者の感情の発露のようだ。

 焦茶さんは元の場所に戻り、色無も座り直した。

「どうぞ、開いてるよ」

「お邪魔だったかしら?」

 キラリとレンズを輝かせて入ってきたのは緑。キレイに切りそろえられたボブスタイルの髪型。

 濃い緑色のミニスカートから伸びる脚には白いオーバーニーソックスが眩しい。

 うっすらと施されたメイクは陥落寸前だった色無の目を覚まさせるには十分だった。

(う……いつになく可愛いが、それを言うと赤面して石化してしまうからなぁ。あえて触れないでおくか)

「そんなことないさ。どうぞ」

「ありがと。本の続きを読ませてね」

 そういうと緑は脚を見せ付けるように歩き、本棚の前に座る。女の子らしく横座りで色無に脚を向けることも忘れない。

 本を手に取り、色無のほうをチラリと見て目線が合うとニッコリと笑う。

(ほほう、宣戦布告ということかね。面白いじゃないか)

 焦茶の気持ちが穏やかではなくなってきた時、黒は自室の扉を開けて中に入るところだった。

「緑がお化粧までして走っていったわ……色無のところかしら? 灰? いる?」

「なぁに? お姉ちゃん」

「色無の部屋に動きはないかしら?」

「朝から焦茶さんが来てるよ。いい雰囲気のところで緑ちゃんの登場。表面上はなごやかだけど、ちょっとした修羅場みたいな空気になってたよ。色無もはっきりしないから……」

「そんなところではっきりされても困るのよ。そう、思った通りね。こうしちゃいられないわね」

 灰の前で服を脱いで裸になる黒。いきなりの展開に灰が焦る。

「お、お、お、お姉ちゃん? な、何? どうしたの?」

「着替えるのよ。見せるつもりなんてないけど、下着もキチンとしたものじゃなきゃ締まらないわ。相手があの2人だし。油断は出来ないでしょ」

 灰が見たこともないような下着を身につけた黒はドレッサーの前に座り化粧を始める。

 最後の口紅をどれにするべきか、黒が迷う。数本のうちから選んだのは、先日買い物に行ったときに橙が選んでくれた一本。あの橙の見立てなら間違いない。

 服を着て部屋を飛び出す黒。

「行ってくるわね」

 言い終わるや否や姿が消えてパタパタと廊下を駆け足で行く音が聞こえる。

(気合い入ってるなぁ。下着まで替えるなんて乾坤一擲かよぉ。戦に向かう巴御前じゃないんだから……。しかも、あのスカート。完全に意識してるなぁ。対抗意識メラメラってやつかぁ。下手に触ると火傷しそうだなぁ。放っておこう。頑張れよ色無)

 その時、色無の部屋では乾いた空気が言いようもない緊張感をはらんでいた。色無が泣きそうになる刹那、再びノックの音が鳴る。

 現れるのは救世主か悪魔か。どちらにしてもこの空気を変えてくれる存在に違いない。

 色無が期待を込めて呼び込む。

「どうぞ、開いてるよ」

「お邪魔するわね」

 部屋の空気をものともせずに黒が中に入る。コタツの席は一つ空いているが、あえてベッドに腰掛ける黒。

(このほうが色無の目に入りやすいはず。わざわざライバルと同じことをすることはないわね)

「黒、お前……その服は?」

「ああ、気が付いたかしら。色無のセーターの丈が長かったものだから、ワンピースみたいに着れるのよ。でも、スカートもはいているから心配しないで」

「いやぁ、ヒラヒラしたのも見えるからスカートはわかっているけど……それでも短すぎないか? その……なんて言うか、目のやり場が……」

「ふふっ、見たければ見てもいいのよ。色無なら気にしないわ」

 黒の発言によって部屋の空気が前にも増して凍りつく。

 石化しそうな色無はゴーゴン3姉妹かギリシャ神話3女神に囲まれているような錯覚を感じた。

(だ、誰か助けて……このままじゃトロイア戦争が起きてしまう……)

 悲痛な祈りが届いたのか、哀れな色無は石化する前に空と灰と茶によって救われたとさ。


黄「おや、水ちゃんに薄黄ちゃん珍しい組み合わせだね。今帰り?」

水「はい、さっきそこで一緒になったんです」

薄「黄色ちゃんは?」

黄「あたしは見てのとおり部活だよ」

水「寒いのに大変ですね」

黄「そうなんだよー、手も足も冷えちゃってね。……あ!んふふふふ」

薄「ど、どしたんですか?急に笑ったりして──きゃっ!」

黄「いやー手が冷えたんなら人肌で暖めればいいのさ!あたしってば天才!」

水「だからってそんな所に手を入れないで──ひゃん!」

黄「二人ともいい声で鳴くね、いいよいいよー。んふふふふふ──あだっ!!」

橙「あんたはまた勝手に抜け出してなにてるのかと思えば、さっさと戻ってくる!!」

黄「わ、わかったってば!!だからそんな冷たい手でガッチリ掴まないで──あ、いやなんでもないです」

橙「二人とも寒いから気をつけて、じゃね」

水・薄「助かったぁ」


黄「あ、シャンプーが残り少ない。買いに行かないと」

橙「だったらあたしが使ってるブランドのにする?ちょうど買っておきたいし」

黄「そうするそうする、橙のっていい香りするよね」

橙「今人気のあるやつだからねー。いろいろあるし黄色が気に入ったやつにしなよ」

黄「うん!じゃ明日さっそく行こう!!」

橙「あ!そうだ、あの店ってやたら口がうまいから気をつけなよ。あたしくらいなら簡単に引っかからないけどね」

黄「おおー」

 翌日

店「こちらの方新商品になってまして、今ならポイントも多くついて次回から安くお買いになられますよ」

橙「え?本当に!?買う買う」

黄「……」

橙「……まただまされて買っちゃったよ」

黄「橙くらいなら引っかからなかったんじゃないの?」

橙「う、うるさい」


『0:00〜2:00』

無「……いい加減寝たら?」

灰「ここクリアしたら寝るー」

無「さっきも聞いたんだけど」

灰「そうだっけ?」

無「むしろ何回も聞いた、が正しいかも」

灰「ま、いいじゃん」

無「明日がつらいぞ?」

灰「今が楽しければそれでいいじゃないか!」

無「……そんなにゲームがしたいかよ」

灰「んー……どっちかと言うとオプションのほうが重要かなー」

無「は?」

灰「なんでもなーい(だって何だかんだで終わるまでいてくれるもんね)」

 

『2:00〜4:00』

群「だだい゛ま゛……」

無「ぐ、群青さん!?どうしたんですか!?」

群「あははははは……あの量を今日中に仕上げろとかバカじゃないの……狂ってるわ……」

無「残業ですか……」

群「やってもやっても減らない……そんなことがあっていいの?」

無「いや、群青さん、なんかマジでやばいカンジですよ?」

群「別に何ともないわ……さあ、明日も定刻出勤よー……あははははは」

ばたっ

無「お、お疲れさまです……働くって大変だなぁ」

 

『4:00〜6:00』

黄緑「おはよう、色無くん」

無「おはよう。黄緑、今日も早いね」

黄緑「今日は朝ご飯当番ですから。それにしても、今日も寒いですね」

無「晴れてるからかなぁ。……うぅっ、布団が恋しいよ」

黄緑「あったかいお味噌汁を作りますから、二度寝はしないでくださいね?」

無「わかってるよ。黄緑の朝ご飯、楽しみに待たせてもらうよ」

黄緑「あらあら。私、少し頑張っちゃおうかな」

無「朝なのにか?……でも、黄緑のなら、別にいいか」

黄緑「うふふ♪」

 

『6:00〜7:00』

空「あ、今日も晴れてる!いー天気ー♪」

無「朝から元気だね」

空「色無先輩。だって、こんなに空が青いんですよ!今日もきっといいことあります!」

無「空がそう言うとなんだか本当にそうなる気がしてきたな」

空「そうですか?あ、ほら先輩見てください、スズメが七匹!ラッキーセブンです!」

無「お、本当だ」

空「やっぱり今日はいい日なんです。きっとたくさん楽しいことが待ってます!」

 

『7:00〜8:00』

水「もうすぐ春だねー。元気に芽を出してねー」

無「花に水遣りか。毎朝偉いな」

水「い、色無くん!も、もうすぐ、春だし……花が咲いてくれるの……私も楽しみだし……」

無「早く咲けばいいな」

水「うん。……い、色無くん、さっきの、聞いてた?」

無「さっきの?ああ、花に声かけてたこと?いいんじゃない?花もそのほうが喜ぶだろ」

水(は、はずかしい〜)

 

『8:00〜9:00』

茶「わ、わ!遅刻しちゃうよう!!」

朱「お、落ち着け。髪はねてるぞ」

茶「ウソ!……あーもう直んないよぉ!」

朱「ちょっと待て。……ほら、これでいいだろ」

茶「ありがとうございます!行ってきます!」

朱「お、おい!スカートが落ちてるぞ!」

茶「え?……きゃあ!!」

朱「まったく……どうすればそうなるんだか。ほら、急いでいきな」

茶「うぅ……行ってきます……」

朱「あ!靴ひもが!!」

びたーん!

朱「遅かったか……」

茶「はぅぅ……」

 

『9:00〜10:00』

無(青、悪い!次の問題見せてくれ!)

青(……もう、予習くらいして来なさいよ)

無(だって昨日は忙しくてさ)

青(ただ遊んでただけじゃない)

無(違うって!あれは灰が放してくれなくて……)

青(ふーん、灰ちゃんには甘いんだ)

無(だから違うって。……あれ、すねてんの?)

青「す、拗ねてなんかない!!」

先生「はい、そこの痴話ゲンカは授業のあとにするようになー」

青「す、すみません……」

 

『10:00〜11:00』

朱「新型エクササイズ……赤がやりたがりそうだな……」

朱「栄養雑穀ご飯ねえ。姉さんが食いつきそうだ……すぐ飽きるだろうけど」

朱「うーん……確かに旦那も悪いけど、奥さんも考えすぎだね」

朱「さて……掃除くらいしますか、っと」

朱「げ、トイレットペーパーもうないぞ……今日色無をパシろう」

朱「んー……昼飯はカップ麺でいいか」

今日も寮母さんは元気です

 

『11:00〜1:00』

黄「お昼だー!購買だー!!」

無「そんなはしゃがなくても……」

黄「何言ってんの!早くしないとカレーパンが売り切れちゃうんだよ!」

無「わ、わかったからまずは落ち着け」

黄「無理!ということでカレーパンを求めて購買へと旅立ってきます!」

無「お、おい!」

黄「だあーっしゅ!!」

無「……まだ授業終わってないんだけど」

先生「色無、あのバカが旅から帰ってきたら至急職員室に来いと言っとけ」

 

『13:00〜15:00』

男「だからだな!要はスコートだろうがぱんつだろうが、このさいスパッツだっていいんだよ!」

侍「ほほう?」

男「大切なのは、そこに『恥じらい』があるかどうかだ!それこそが男を煽るんだよ!!」

侍「それと先程から女子の体育の風景を凝視していることに何の関係があると?」

男「それが……ロマンだからさ」

侍「意味がわからん!叩っ切る!!」

無「……お前ら、今授業中だからな?」

 

『15:00〜16:00』

赤「ぶっかつ♪ぶっかつ♪」

無「楽しそうだな」

赤「だってボクは部活のために学校に来てるんだもん!!」

無「わかるけどさ」

赤「でしょ!ボク=部活、部活=ボク!」

無「練習、頑張れよ」

赤「うん!ああ、更衣室に行く時間ももったいないや」

スカートに手をかける

無「お、おい!ちょ……!!」

赤「え、何?」

無「……スパッツかよ」

赤「ざーんねーんでーした♪」

無「……でも、下着のライン見えてるぞ」

赤「え、嘘!?」

無「嘘」

赤「……このバカエロ無!!」

無(……ホントは見えてたんだけどな……)

 

『16:00〜17:00』

橙「ほら、このお店とかイイ感じでしょ?」

無「あー、女の子が好きそうな店だな」

橙「でしょでしょ?あとね、あっちにも可愛いアクセが売っててね……」

無「……なあ、橙」

橙「何?あ、喉渇いた?スタバでも寄ろっか?」

無「寄ってもいいけどさ、……この腕、どうにかなんない?」

橙「えーいいじゃん。大丈夫、ただのカップルだとしか思われないよ」

無「それが不味いっつってんだよ!俺ら付き合ってねえし!」

橙「あたしがいいからいいの!!ほら、こっちにはね……」

無「ひ、引っ張るなって!!」

 

『17:00〜18:00』

『スプ○「まったね〜」』

紫「……」

無「紫、お前……」

紫「た、たまたまチャンネル回してたらこれになっただけ!」

紫「う〜ん、おいしい〜w」

無「……お前、おやつ、ビス○とヤク○トかよ」

紫「……なによ」

黄緑「今日はオムライスですよ〜」

紫「やったあ!私のはケチャップで星書いてね!!」

無「……」

紫「えっ?これも?」

無「けっこう……」

紫「う……う、ちっちゃいゆーな!!」

無「言ってねえ」

 

『18:00〜19:00』

焦「やあ色無、今日も君を思いながら仕事を頑張ったよ」

無「……焦茶さん、リアクションに困るんですが」

焦「素直に喜んでくれればいい。資金は順調に貯まっているぞ」

無(……何の資金かは聞かないでおこう)

焦「君が卒業するまでには十分な額になると思う」

無「焦茶さん、悪いけど、俺はまだ……」

焦「群青も協力してくれてるし、だいぶ楽だよ」

無「……へ?」

焦「やはりあの人数での旅行だからな。けっこうかかるんだ」

無「焦茶さん、資金って……」

焦「当然君たちの卒業旅行のぶんだ。……まさか、勘違いでもしたか?」

無「……」

焦「なるほどな。嬉しい限りだ。だが色無、君は一つ勘違いをしている」

無「な、何ですか?」

焦「君と結婚するのなら、私はお金など必要ないんだ」

 

『19:00〜20:00』

白「わーい、オムライスー♪」

無「俺も好きだなー、チキンライスがおいしい」

白「卵もふわふわしてておいしそう!」

白「うう〜お腹いっぱい……もう食べられないよ」

無「もったいないな、残ってるじゃないか」

白「そうだよね……あ、色無くんオムライス好きなんだよね?」

無「好きだけど?」

白「私のあげる!」

 ざわ……ざわ……

無「……いや、それは……よくないんじゃないかな?」

白「でもほら、捨てちゃうのもダメでしょ?」

無「確かにそうだけど……」

白「じゃあ、はい!あーん」

無「あ、あーん……」

 ざわ……ざわ……

無(なんかこの後、恐ろしいことがありそうな気がする……)

 

『20:00〜21:00』

黄「待てー!あたしのスイーツ(笑)!!」

薄「はうぅ〜、しーちゃん助けて!!」

無「またかよ……黄色、いい加減にしたら?」

黄「だってこの時間はデザートの時間だと思わない?」

薄「わ、私はデザートじゃないですよう……」

無「だいたい薄黄がマジで怯えてるじゃねえか。いつまで匂いとか——」

薄「(上目遣いで) ?」

無(やべえ可愛い……つーか今日、一段といい匂いがする……これは……)

無「……黄色、今日だけだからな」

黄「そうこなくっちゃ!」

薄「え、え、えええぇ〜!!」

 

『21:00〜22:00』

桃「ああ〜いいお湯だった〜♪」

無「ぶッ!?!な、なんつーカッコしてんだよ!!」

桃「? ただバスタオルで洗面所きてるだけだよ?そんなに変?」

無「へ、変と言うか……」

桃「紫ちゃんとか赤ちゃんもやったりしてるでしょ?」

無「た、確かにしてるけど……」

無(桃の場合は破壊力が違いすぎる!つーか谷間!谷間!!)

桃「だからそういうのに見慣れてる色無くんなら、こ〜んなことしたって……」

無「た、タオルをずらすなぁー!!!」

 

『22:00〜23:00』

黒「……」

無「黒は勉強中か、さすがだな」

黒「貴方も宿題と予習くらいしなさいよ。いつも青に迷惑かけてるでしょ」

無「わ、わかんない問題は仕方ないだろ!」

黒「……じゃあ、私が教えてあげるわ」

無「……え?」

黒「わからない問題があったら来なさい。教えてあげるから」

無「あ、ああ」

黒「だから……」

無「だから?」

黒「……あまり青に迷惑かけないようにするのよ」

無「え?あ、ああ。わかったよ」

 

『23:00〜0:00』

無「緑は読書か」

緑「……この時間が一番読書に集中しやすい」

無「何読んでるんだ?」

緑「今はファンタジー」

無「へー。面白いか?」

緑「……ユニーク」

無「……どっかで聞いたような台詞だな。読書ってそんなにハマるもんか?」

緑「……本は、新たな世界を教えてくれる」

無「なるほど。でも、外で遊んだりしても世界は広がると思うぞ?」

緑「……それもわかる。……連れ出してくれるのが貴方なら、それも悪くない」

無「え?」

緑「……日曜日、本屋に行こう」

無「あ、そういうことか。了解しました」


『お前のヲトメゴコロを見せてやれ』

 いつもどおり編

青「(キョロキョロ)よしっ、好き、嫌い、好き、嫌い、す、す、す——」

男「お? うまくいったみたいだな」

青「——っ!? きっ、嫌いに決まってるでしょ、バカぁ〜っ!!」

男「……何で俺がキレられてんの?」

茶「す、好きっ、嫌い、す、好きっ——」

男「茶さん、何してるの?」

茶「ひゃわっ!? ななな、何でもないですよ?」

男「……そう? じゃ、俺は用事あるから。またね」

茶「は、はいっ。……ふぅ、それじゃあ続き——ってどっちからだろ? えっと——す、好きっ、嫌い、す、好きっ……嫌い、かぁ……」

男「……言った方がいいのかな」

水「……」

男「水色ちゃん、何——もしてないね」

水「……」

男「……」

水「……いきますっ。ごめんなさい、好き(プチ)、ごめんなさい、嫌い(プチ)、ごめんなさい——」

男「そこまで無理してやるような事じゃないと思うんだけど」

黄「好き(モグモグ)、嫌い(モグモグ)、好き——」

男「カレー食ってるだけじゃねぇか」

 力技編

紫「好き、嫌い、好き——嫌い」

男「……」

紫「次っ!~好き、嫌い、好き——嫌い」

男「……」

紫「次っ!! 好き、嫌い、好き——嫌い」

男「……そろそろ諦めないか?」

桃「……好き(プチ)」

男「お、ピンクちゃん花占い?」

桃「好き、好き、好き」

男「意味あるのそれ?」

緑「1、2、3、4、5、6」

男「……何数えてんだ?」

緑「6枚ね。それじゃあ——嫌い、好き、嫌い」

男「結果を調べてからやるな」

 更なる力技編

白「好き、嫌い、好き、嫌い……(キョロキョロ)」

男「……」

白「……すーきっ(プチプチ)」

男「さりげなく2枚同時に取らない」

橙「……」

男「……」

橙「……す〜きっ(ブチブチブチ)」

男「全部一気に取るんじゃねぇよ」

赤「よっし、いくぞ〜っ!」

男「やけに気合入れてるけど、何するつもりなんだ?」

赤「ん?~もちろん花占いだよ?」

男「はっはっは、いくらなんでも菊を使って花占いとか——」

赤「スキキライスキキライスキキライ(ブチブチブチブチ)——!!」

男「速っ!?」

黄緑「好き(メキメキ)、嫌い(メキメキ)、好き——」

男「し、森林伐採反対っ!!」

 究極の力技編

黒「あ、丁度いい所に。こっち来なさい」

男「……すっげぇ嫌な予感するんだけど」

黒「別にあんたに何かしようって訳じゃないわよ。ちょっと花占いに付き合ってもらうだけ」

男「花占いって……俺、必要か?」

黒「もちろん。じゃあいくわよ——好き?(プチ)」

男「……」

黒「嫌い?(プチ)」

男「……」

黒「好き?(プチ)」

男「……何で俺見ながら言ってんだ?」

黒「嫌い?」

男「花から手を離すなって、占ってないだろそれ!?」

黒「好き?」

男「……」

黒「嫌い?」

男「……そうでもない」

黒「好き?」

男「……どっちかって言うと」

黒「ま、今はその答えで許してあげましょうか」

男「……このいじめっ子」


灰「いろなし! いろなし! 助けていろなし!」

黒「いきなり何よ、こんな夜中に」

灰「や、なんかゲームで共同プレイが必要になった」

黒「そんなこと言っても、色無はもう寝てるんじゃ……」

無「おーい、灰呼んだか〜?」

黒「……嘘」

灰「いいところに〜。ちょうど助けが必要になったよ〜」

無「そんなことかよ、まったく……この面だけだぞ?」

黒「……」

黒「ということがあったのよ。昨日」

黄「え〜? 偶然じゃないの?」

白「でも、灰ちゃんならありえそう……」

黒「あの子、いつの間にそんな催眠を仕込んだのかしら……」

黄「いや、黒ちゃんも白ちゃんもそんな真面目にならなくても」

白「……いろなしくん、いろなしくん、助けていろなしくん」

黄「白ちゃん。さすがに小声で呟いても無理じゃ」

無「おいーす。白、呼んだ?」

黒「……」

黄「……」

無「な、なんだよ。信じられないものを見たような目をして」

白「う、ううん! なんでもないの! それより、色無君。一緒に散歩しない?」

無「え? あ、いいけど」

白「やったぁ! それじゃ行こう!」

無「あ、白! そんなに慌てると危ないぞ!」

黄「灰ちゃんのやったことは本当だったんだ」

黒「……いろなしいろなし助けていろなし」

黄「黒ちゃん!?」


 お風呂にて

紫「(ペタペタ)はぁー……」

桃「どうしたの? ため息なんかついちゃって。あ、もしかして──」

紫「もしかしなくても胸のことだよ!! 桃のはずるい!!(モニュモニュ)」

桃「やあん! ちょっと紫ちゃん、落ち着いて」

紫「うるさーい!(モニュモニュ)」

黄「まーたやってるよ、飽きないねぇ」

赤「そうだねぇ、ボクなんか走るときじゃまだからこのくらいでいいし」

黄「あたしはどっちでもいいや。おーい! 凸凹コンビ、いい加減暴れるのやめてくれない?」

紫「むっ!! こんなおっぱいお化けといっしょにしないでよ」

桃「あー!? 今のはひどくなーい」

紫「だいたい、そっちこそバカコンビのくせに!(バシャ)」

赤「ぷわっ! ボク達にあたらないでよ(バシャ)」

桃「えー私やってないのにぃ。もう!(バシャ)」

黄「あたしにかなうと思ってるの? それー!!(バシャ)」

青「あなた達、いい加減にしなさい!! 浴槽で暴れないの!!」

四人「ご、ごめんなさい」

黒「あとの子たちもいるんだから、早く体洗いなさい」

四人「はーい……」

黄「さすがお姉ちゃんコンビ、怒ると恐いねぇ。胸もないし」

青「黄色。今すぐあがって話でもしましょう」

黒「私も話したいことがたくさんあるの」

黄「ひっ! ふ、二人とも落ち着いて!!」

黒「十分落ち着いてるわ、ねえ青?(ガシッ)」

青「ええ、自分でもびっくりするくらい冷静よ。さ、黄色行きましょうか(ガシッ)」

黄「うそ、うそだ! 目が怖い!! やだーたーすーけーてー(ズルズルズル)」


男「おーい色無ぃ」

無「なんだよ、変に語尾を延ばすな」

男「そんなことよりキャッチボールやろうぜ!」

無「中島乙」

男「いや、押入れを片付けてたらグローブが出てきたのでな」

無「まぁたまにはいいか」

男「よし、じゃぁいくぞ!、うりゃっ!」

無「って、どこに投げてんだよ、まったく……」

 コロコロコロ

男「わりぃ、ボール取ってくれ」

青「はい、行くわよ」

無「サンキュー」

青(……あなたは私の心をナイスキャッチ)

緑(二人の男のタマ遊び……)

無「行くぞ!」

男「(ズバーン)ストライク!」

青(……私の心は、いつもあなたにストライク)

緑(男のストライクゾーンは色無、と)

男「そりゃ、今度はフォークだ(ビューンググッ)」

無「やるなぁ、いい感じになってきたな」

青(……スルリとかわす、そんなあなたはフォークボール)

緑(フォーク→刺す→いい感じ???)

青・緑「閃いたわ!」

青(早くノートに書かなくっちゃ)

緑(これで夏コミのネタは大丈夫、っと)







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 12:57:37