侍黒メインSS

侍「よぉし!……よぉしよぉ」

男「早くその千円入れるか入れないか決断しろ」

侍「神様ごめんなさい……(チャラン)」

パンパン

男「……」

侍「……」

男「よし!行くか」

男「お前なんて御祈りした?」

侍「ゆ、言うわけなかろうが!」

男「ふーん。そうだおみくじ買おうぜ」

侍「うむ」

侍「……これだぁぁ!(ゴン)……手が抜けん」

男「つまんで取れよ」

侍「どれどれ。末吉か」

男「(ゴソゴソ)んじゃこれ。うん、大吉だ」

侍「……よかったではないか」

深緑「よかったですねぇ」

侍男「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

侍「どおしてここにいるのだ!」

男「何で巫女さんのバイトしてるの!?」

深緑「さぁ?……何でしょうね?」


侍「初居合切り!(シュ)」

男「初エロゲ」

侍「初素振り!」

男「初アルカナ」

侍「初剣道!」

男「初ブリッジ(プルプル)」

侍「初 鬼 切 り !」

男「初キッス」

侍「それはない」


侍「無無ぃ!早く行くぞ!」

無「待てよ。しかしお前が俺をデートに誘うなんてな」

侍「某だっていろいろあるのだ。よしまずはあれに乗るぞ」

無「いきなり観覧車かよ」

侍「おー高い」

無「結構景無綺麗だなぁ」

侍「……」

無「……」

侍無「……あの」

侍「な、何だ?先に話すがよい」

無「レディファーストだ。そちらがお先に……」

侍「ぷっ。ははははは」

無「ふははは」

男「なんだよ……この夢!!!!!!!!」


男「水ちゃんはホント優しいな」

水「とっ、当然のことをしたまでです。でもどうしようこの子」

子犬「くぅ……」

男「どうするワン公?寮はもう満パンだからお前は住めないって。何?俺の家に住みたい?しょうがないなぁ」

水「えっ!この子のこと飼ってくれるんですか!?」

男「こいつが飼ってくれって言ってるんだからしょうがなく。な?」

子犬「クぅうん」

水「私からもお願いします!この子のこと……飼ってくだ」

男「(ワシャワシャ)大丈夫だよ水ちゃん。俺がこいつを責任持って飼うよ。だから安心して」

水「男さんありがとう(ギュー)」

 じーんせいらくありゃくーもあーるーさー♪

侍「んなぁぁぁぁ!!!!!夢……そして……男からメール……まさか……」

from:男

内容:

頼む!明日買い物へ付き合ってくれ!一生のお願いだ!

男「頼む頼む頼む頼む頼む頼む!来た!中身ハ!?」

from:侍黒

内容:

こちらこそ是非頼む!願ってもない話だ!

男「よし!」


男「うまい……」

侍「そうだろう?うまいだろう?」

男「てめぇが威張るなてめぇが」

闇「ふふふ……美味しい?」

男「はい、マジうまいっす」

闇「じゃあこれが私からのお年玉ってことで♪」

男「やっぱまず」

闇「あ?」

男「美味しいです」

侍「ねぇ……(クリクリクリクリ)美味しいのはおせちだけではないのだぞぉ」

男「何急に?酔ってんの?くすぐったいんですけど?」

闇「そうよぉ美味しいのよぉ(クリクリ)」

男「二人して何してんの?くすぐったいからやめてくれません?」

侍「(フゥー)某、最近不満なんだよなぁ」

闇「私もぉ。最近夜が寂しいのよねぇ」

男「耳に息かけるな!」

侍「書き初めの前には筆をおろさんといけないよなぁ?」

闇「わ た し 男君の『お年 玉 』欲しいなぁ」

男「あーおせちごちそうさまです。じゃあ部屋掃除するから帰りまーす。よいお年をー」

侍「なかなか財布を出さなかったな。やはり色仕掛けで奴からお年玉は絞り取れんな」

闇「少なくとも4000円はむしれると思ったんだけどなぁ。あんたの彼氏固すぎ」

侍「……某からお年玉をくれてやろう!(シャキン)」

闇「冗談よ冗談♪」


侍「某が発表するのは目隠しして男の頭に置いてある林檎を脳天空竹破りで林檎だけ真っ二つにする芸だ」

男「(ジタジタモゴモゴ)ん゛っー!!!んっー!!!!!」

朱「それでは侍黒ちゃんの隠し芸『ギリギリチョップ』ご覧ください」

侍「ではまずは目隠しをする。群青殿、確認を」

群「手拭いで巻いてその上からアイマスク、完璧に見えないわね」

朱「ではスタートぉ!」

侍「ふぅ……」

群「精神統一から始まりましたね」

男「ふぅー!フゥー!フゥー!」

侍「静かにしろ。さもなくば開きになるぞ」

焦茶「非常に落ち着いています……」

男(ガクガクガクガクガクガクガクガク)

侍「よし侍黒、いざ参る!」

朱「それではお願いします!」

侍「なに、すぐ終わる。某を信じろ。(スゥ)」

 シュ

茶「くちゅん!」

 ピタ

茶「あ……ごめんなさい」

男「うーぅ(パタン)」

朱「ありゃこれはイレギュラーな展開ですね。男君気絶しちゃいました。……それで点数どうぞ!」

 ジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャン

侍「頼む起きてくれ!某は17点なんていやだ頼む起きてくれ!」

朱「次の隠し芸は水色ちゃんで『毒舌』でーす」


侍男「せーのッ!」

侍「3980円!」男「2万円!」

男「はっ!?」

侍「嘘のようだが本当に3980円なのだ……」

男「一体なぜ!?」

侍「それは」

数日前

叔父「じゃあこれ(ボソ)」

侍「かたじけなし(ボソ)」

ポン

侍「はっ!?」

闇「さぁ、その手を見せてごらん」

侍「さ、さて何の話かなぁ?」

闇「(モゾモゾ)ここかしら?」

侍「んあぁ!やめって……」

闇「発見★」

侍「お年玉の強奪を5回繰り返されそれらのとーたるから3980円だけ……」

男「……。後で31アイス買ってやるよ」


男「色無さんはエロゲやったことあります?」

無「少なくとも4つは」

男「ほう。それで何か得られましたか?」

無「特に……まぁ物によっては感動したよ」

男「それだけ?」

無「じゃあエロも追加」

男「はぁ〜。ヒロインとくっつけば良しですか心もアソコも」

無「他に何が?」

男「貴方は敗れたヒロインの事を考えたことあります?」

無「……ないなぁ」

男「桜が枯れたら萌先輩は睡眠薬沢山飲んでことりは人間不信になって、名雪EDになったらあゆはずっとベットから出れず、舞は異端児のまんまなんでしょうねぇ」

無「……。お前は一択しかなくていいなぁ」

男「あながち嫌味にも聞こえないから困る」

侍「うん、やはり31アイスはホッピンシャワーに限る!」

男「そうか、うまいか?」

侍「うむ!うまいぞ!」

男「今度また買ってやるよ」

侍「……なんか今日のお前は気持悪い。なんか優しいぞ?」


男「すいませーん」

闇「あらどうしたの?」

男「いや急に『キョウハテンキガイイカラフトンヲホシマショウ』って電波を受信しちゃって」

闇「なるほどじゃあ着いて来なさい」

闇「じゃあらかじめこれを渡しておくわ」

男「これあいつの刀じゃないですか?」

闇「さぁその太っいのをあの子の布団に突き刺してみなさい」

男「そういうことですか。では遠慮なく!」

ブス ドス ドス ドス

闇「布団を広げてごらんなさい」

男「やっぱり、中身は丸めた布団とあいつの髪型のカツラか。それで本体はどこにいるんですか?」

闇「本体ならその丸まった布団の中にいるんだけどね。(バサ)」

侍「流石母上……己の手を汚さずして某を討とうとするなんて姑息かつ大胆な……」

闇「そんな狭い布団の中で刀を見きったあなたには完敗よ」

男「お前らの内輪に俺を巻き込むなよ」


男「今日風強ぇなぁ」

 ガシャーン  キャー

男「あいつの声だ!」

男「どうした!」

侍「コヤツが!コヤツが!」

深緑「あれれ?私、タイムスリップしたのかしら?」

侍「コヤツがいきなり窓に突っ込んできたのだ!」

深緑「あれれお侍さまですねぇ。今日のナスダック平均株価はどうですか?」

侍「何を言っておるのだこいつは?」

男「もしかして深緑さん、風に吹かれて飛んできたの?」

深緑「えぇちょっと銭湯の煙突の上に立っていたら急に」

侍「いかにその様な奇行を!」

深緑「言いたい事も言えないこんな世の中じゃポイズン」

男「理由になってないです。てか落ちたら危ないでしょ」

深緑「事実落ちたんですけどね」

侍「そういえば深緑よ、大事ないか?」

深緑「K点越えたぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

男「まぁ怪我はないみたいだから良かった良かった」

深緑「後で水飲ませてください」

侍「なんで貴様は男の質問にはまともに答えて某の質問には答えん?」

深緑「あ!薪をくべる時間だから帰らなきゃ!」

男「……」

侍「……窓ガラス片付けろよ」


侍「ねぇ、今日・し・て・ほ・し・い・なぁ」

男「なんだよ急に!もう遅いぞ!」

侍「だって前にしたのは冬休み入った直後一回しただけだし」

男「悪いけど俺はさっき一人でしちゃったから♪」

侍「ずるいぞ貴様……ならいい某も一人でしてやる」

男「どうぞご勝手に」

侍「誰が自分の部屋でするといった?」

男「俺の部屋ですんの?やめてよ俺もう寝たいんだから」

侍「どうした?ん?貴様もしたくなったか?今なら某が手取り足取り教えてやるぞ?」

男「いつも教えてやってるのは俺だろ?」

侍「ほれはようこっちに寄らんか」

男「俺は眠いの!だから寝る!(ゴロン)」

侍「……。んっ……っあ……あっ!ここ……」

男「早く終わらせろよー」

侍「そんなこっ、こと……んふ……貴様も・し・た・い・のだろう?」

男「……俺を本気にさせたな?」

侍「あっ……そこ!そこが……」

男「あ?ここか?ん?」

侍「そう!そこ!そこぉッ!」

男「ここは単純に考えてax=bxなんだからx=25だろ。公式をちょいと組み替えりゃ楽勝だ」

侍「ほぅ、ならこの問題もだな?よしわかったから帰って一人でするとしよう」


侍「トロトロトロトロトロトロトロトロトロトロトロトロトロォ〜リ、ふぅいい湯であった。最近体重計に乗ってないな。どれどれ。(ガシャーン)……」

男「どうしたのそんな息切らして?」

侍「そんなことより某の二の腕を見てくれ。こいつをどう思う?」

男「(プニプニ)すごく……プニプニです……」

赤「プニプニなのはどうでもいいんだよ!さぁ明日に向かって走るよ!」

侍「冷たいぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!」

赤「あと一時間滝に打たれるのよ!」

侍「これしか食べてならんのでしょうか?米とたくあんと味噌汁……」

赤「文句があるなら食べなくてよし!」

黄緑「ごめんね。赤ちゃんがそういうから」

侍「助けてぇぇぇぇぇ!!!!!!!」

男「どうした!?酷い服装だな!これを着ろ!(ファサ)一体何が」

赤「そいつを僕に渡せ!(ブィィィィィィィ)」

侍「そやつがバリカンで某の髪を刈ろうとするのだ!」

赤「一人前の女にしてくれって言ったのは侍黒ちゃんじゃないか!問答無用!(ギュワワワ)」

侍「某はただ痩せたいだけなのに……無念」

男「危ない!」

ギュイイイイイイイ  ぱさ

赤侍「あ」

男「あ……涼しい……」

赤「に、逃げろ!」

侍「御意!」


10年前 雪の朝

男「寒い……(ガクガクガクガク)」

侍「いつも家の中にいるからだ!子供は風邪の子なんだぞ!」

男「お前はやばんだから外がいくら寒くても関係ないんだろ?」

侍「うるさい!喰らえ!(ヒュ)」

男「(ボシュ)うわっ冷た!ならばこっちも!(シュ)」

侍「(ベシャ)……うっ……うぅ……」

男「大丈夫か!ごめん!」

侍「女の顔に傷を負わすなど……(シュ)許せーん!」

男「わかったから刀振り回さないで!」

侍「某が嫁にいけなかったならどうするのだ!」

男「そんなの簡単だよ。俺がもら」

侍「ふぇ」

男「起きたか?ったく人のこたつでぬくぬくしやがって」

侍「……なぁ」

男「なんだ?」

侍「雪……降らないな」

男「そう……だな」


普通

桃「はいあ〜んしてぇ」

無「恥ずかしいからやめろ……あ〜ん」

異常

侍「ほら『あ〜ん』しろ」

男「あ〜ん。んっ」

侍「よし。毒はなし、と」

普通

無「すまん!宿題見せてくれ!あとで図書館付き合うから!」

緑「む、しょうがないな( ///)」

異常

侍「すまぬが宿題を写させてくれないか?」

男「しょうがねぇなぁ」

翌日

先生「侍黒が未提出なのはともかくなんで男のが二つもあるんだ?」

普通

お化け屋敷にて

青「キャッ……!……ッ!ちょっとなにくっついてんのよ!」

無「今の明らかにあなたからこちらに寄ってきたのですけど?」

異常

侍「てぃ!駄目だ……斬っても斬ってもキリがない!」

男「何してんだお前!早いとこずらかるぞ!」


侍「今某はすんごい幸せだ」

男「俺も」

侍「某のこと、はなさないでくれるか?」

男「あぁ」

侍「嬉しい……」

男「お前のいる世界が俺の世界なんだ」

侍「男……」

男「お前のいない世界なんて考えられないよ」

侍「某だって愛する貴様がいないと……枯れてしまいそうだ」

男「大好き」

男「う〜ん臭いなぁ」

侍「さっきから何を考えておる?」

男「多分日頃のイメージとのギャップについて」

侍「ほぅ」

男「多分青とか緑なら似合うんだろうな」

侍「弓兵か?」

男「違うから」


男「どうした?歩きかた変だぞ?」

侍「むぅ。母上が買ってきた毛糸の下着をはいてきたのだが中々チクチクしてな」

男「何色?」

侍「んーたしか黄色と紫のしましまのやつ」

男「はぁ」

薄「た、助けてください!」

男「おっ。久しぶりだね」

侍「薄黄ホント貴様は名前の通り薄」

黄「こっちにいたぞ!」

橙「次は逃がさないよ!」

侍「黄色や橙は兎も角なぜ寮の奴全員で追ってくる?」

薄「多分色無しさんが私のほっぺを味見したからだと……」

男「俺達も逃げないとアパートから飛び下りたマスク見たいにペシャンコにされるぞ?」

薄「ハァ……まだ、追ってきますね」

侍「んっ……あっ……ひぃん!」

男「何をあえいでいるんだ!逃げないと潰されるぞ!」

侍「毛糸が……あっ!」

男「なら一度ステップしてパンツの位置変えろ!」

侍「御意!(ピョン)うひゃひゃひゃひゃひゃひゃぁああぁ毛糸がケバだって某のデリケートな部分がぁ!」

男「やべぇその顔写メ撮りてぇ!」

薄「あ、この先行き止まりでした」

侍「もぅいい!潰された方がいい!」


侍「それで母上がな……聞いておるか?」

男「んぁ?あぁ悪い、ぼーっとしてた」

侍「……最近体が火照ってなぁ」

男「うちに去年の余りのシーブリーズあるぞ。使うか?」

侍「……なんか下半身が熱いのう」

男「厚着しすぎなんじゃない?」

侍「……そ、そういえば色無しと緑がとうとうまぐわったらしいな」

男「エッチなのはいけないと思います」

侍「ちょ、ちょっと某のうちにこい!」

侍「やはり貴様風邪をひいていたか。なぜ黙っておった?」

男「だって俺今年こそ皆勤とりたいし」

侍「ほら薬だ。だからって39度で学校へいくなぞ馬鹿げておる」

男「そうだなお前にうつったりしたら大変だ」

侍「某は皆勤なぞに興味はない」

男「そうじゃなくてお前が病気になってほしくないの!」

侍「そんなに声を荒げるな。病人は寝ておれ」

男「そうだな。じゃあ甘えさせてもらうぞ」

侍「今日のお前はおとなしい。手ぐらいは握っててやる」

1時間後

侍「……例によって例の如く某も寝て」

男「ん〜」

侍「……唇を突き出してなにをしておる?熱は下がったのか?」

男「熱も下がったし、何よりこの硬く結ばれた手を見てよ。男女のするこ」

侍「オン サン ザン ザン サク ソワカ」

先生「今日男は体壊したらしいから休みな。日番今日は頼むぞ」

侍「承知した」


侍「フハハハハ!とうとう手に入れたぞ!」

無「まじぃな侍黒の奴、ドラゴンボール揃えちまったぞ!」

朱「くそっ!どうすれば!」

水「どうしましょう朱色様……」

侍「いでよ神龍!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

黄緑「あらあら?集まったんですか?」

侍(人型かよ!?)

橙「そうよ!侍黒が願いを言っちゃう前にこっちが先に言っちゃえばいいのよ!」

黄緑「それで何をお願いするのかな?」

侍「では聞いてもらおう!某の願いはぁ!某を大剣豪——」

男「世界を俺にくれぇ!!!!」

無「え?」

黄緑「うんうん。いいですよ」

男「よっしゃぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」

侍「某の大剣豪への最後の道が……」

侍「ぷぇ……夢……ここは……学校か……」

男「ぐぅ」

侍「こやつが某の夢に……!起きろ小童めぇ!(シャキン)」

男「どぁ!寝込みを襲うなんて卑怯だぞ!」

侍「えぇい!夢で襲った者が何をほざく!」

男「知るかよ」


紫「あっちに行ったぞー!」

橙「黄色!豆持ってこい!」

黄「待って!今カレー粉で」

青「早くしないと逃げるわよ!」

赤「てぇい!」

水「ちょっと赤ちゃん投げすぎだよ」

茶「きゃあ!豆踏んじゃった!」

黄緑「後でちゃんと片付けてくださいね」

緑「豆撒きっていうのは昔村の若い娘を鬼が嫁にしようとしてな」

桃「鬼が旦那なんてのも……いいかも?」

黒「さぁ白、あなたも鬼に向かって豆を投げなさい」

白「そぉれ」

灰「豆うめぇ……」

朱群青「豆うぜぇ……」

無「豆と言えどそんなに食べれば飽きますねぇ」

朱「てめぇ、もう一度言っ……あれ?」

無「どうしたんですか?」

群青「色無君?君は鬼役じゃないのかな?」

無「何言ってるんです?さっきから俺はここで豆……豆……」

黄「じゃあさっきまで私達が追っていた鬼は……」

橙「薄黄はバイト、深緑は公民館でカバディ、翠緑はイギリスに一時帰国……」

青「警察!早く警察に通報!赤!さっきの鬼探してきて!」

赤「了解!」

黒「私も行くわ」

侍「ククク……これが俗に言う『毎年恒例サザエさんオチ(豆撒き版)』というオチでな」

男「いいからその響鬼のマスク取れ」


侍「そろそろ……ジョブチェンジしたいなぁ」

男「なんで急に?」

侍「ジョブのアビリティ全部覚えたしそろそろ頃合かなと」

男「いっそのことすっぴんにしたら?」

侍「乙女にすっぴんは辛かろう」

男「だって白魔導師は白がやってるし黒魔導師は黒がやってるぞ?」

侍「某は魔法は好かん。狩人かモンクに」

男「狩人は青がやってるしモンクは赤がやってるよ」

侍「ならば竜騎士」

男「それ黄緑さん」

侍「ナイトを目指すってのも」

男「メンバーに色無様への冒涜とみなされるな」

侍「なら気分を変えて忍者——」

男「忍者は紫だよ。踊り子は桃だしバイキングは水がやってる」

侍「なら某に残された道は」

男「て言うかお前そのままでいいんじゃねぇ?」

侍「なっ、なぜだ!」

男「だってお前から侍取ったら何が残るよ?」

侍「……」


もしこいつらが受験生だったら

男「あとは丸つけと復習して、と」

侍「正直某は大学なんぞ行かんでもいいんだがなぁ」

男「このご時世に高卒かい。ちょっと厳しいぞ?」

侍「某には将来を共にする男がおる。某はお前を信じておるぞ」

男「単なる逃げですね。それになぁ、大学生活支えてくれる奴がいないとなぁ」

侍「浮気か?腹斬るか?某が腹斬るか?」

男「じゃあ俺のこと見張っててよ」

侍「なら聞くがここの方程式の意味がわからん」

男「ここは公式がまた変則的になっててな。aを代入するんだよ」

侍「ほう」

男「後で古文教えろよ」

侍「任せろ」


男「ふぁ、今日もいい星空だなぁ。寝よ」

ピシュ  パキッ

男「なっ!なんだ窓に何か当たった!これは……豆!」

侍「貴様!今は顔を伏せておれ!」

闇「侍ちゃぁんよそ見は禁物よぉ(シュ)」

侍「(キィン)くそっ!」

闇「そぉれ鬼外ぉ。(シュシュシュ)」

侍「やむおえん!一時退散だ!」

侍「鬼は外ぉ。(パラパラ)」

男「追い出された鬼がうちで豆撒くんじゃねぇよ」

侍「某にも豆を撒く側に立たせてくれよ!」

男「まぁいいや、適当に撒いといて」

侍「鬼は外ぉ。福は内ぃ」

男「そんなに楽しいか?」

侍「楽しいぞ。年に一度だけ部屋を散らかせる日だからな。ましてそれが貴様の家なら……」

男「帰れよ」

侍「冗談ではないか。さて豆を食うぞ。ささっお前も食べなさい」

男「毎年一粒づつ増えていくな。お前は27個だっけ?」

侍「ようしおねえさん、斬っちゃうぞ!」

男「嘘嘘。俺と同じ5個だろ」

侍「あ、母上からメールが来てる。『寂しいから帰ってきて(はぁと)』?知るか」

男「あー早く来年にならねぇかなぁ」

侍「来年のことをいうと鬼がくるぞ?」

男「鬼?俺の隣で寝てるよ?」

侍「さぁて18個食べるぞー」


侍「もし世界が明日なくなるとしたらどうする?」

男「世界征ふ」

侍「真面目に!」

男「そんな真面目に答えるもんなの?なら聞くけどお前はどうするよ?」

侍「某は何もせん。ただ身を委ねよう」

男「お前にしては保守的な。そーだなぁ俺なら……俺もそう何もないな」

侍「なんだ?『侍黒ちゃんとちゅーしたいー!』とか『侍黒ちゃんとえっちしたいー!』とかじゃ?」

男「世界滅亡の危機にそんなこと言ってられるか。まぁ多分泣くだろうな」

侍「冷血鬼畜の貴様が!貴様が!?」

男「俺そんなに酷いことしたかなぁ?」

侍「ほんの冗談であろう。自分の事は自分が良くわかってるはずだ」

男「実際そんな言われるようなことしてないけどね」

侍「……なぁ」

男「あー?」

侍「その時は某も隣で泣いていいか?」

男「自分専用のティッシュ持ってくるならな」

侍「ちりがみくらいでケチケチするな」


男「暖かくなってきたなぁ」

侍「ぞう゛だな゛ぁ゛」

男「なんで泣いてんの?卒業式まだよ?」

侍「がふん゛がづら゛い゛どだぁ。(花粉が辛いのだ。)」

男「頼むから俺の頭の中で流れてるサクラサクミライコイユメにノイズ入れないでくれる?」

侍「じょ゛う゛がだい゛でばだいあ゛(しょうがないではないか。)」

男「その徳光さん見たいな涙を拭いて」

侍「あ゛……あ゛……ぐじっ!」

男「(ビチャ)……。……ちょティッシュ!!!!!ティッシュよこせ!!!!!!!!」


侍「ちぃーっす」

男「また気だるそうな声出してんな」

侍「冬休み明けからの月曜がかったりぃっすぁ」

男「そのDQNの真似やめろ」

侍「いや男さぁんまじだりぃっすね」

男「もうシカトするよ?いいね?」

侍「んな連れねぇこと言わないでくださいよ」

男「……」

侍「ほんとにシカトしないでくださいよぉ」

男「……」

侍「さーせん、課題見せてください」

男「……(ギュ)」

侍「なっ!某のぽにーてーるを掴むな!力が!力が入らなく!」

男「男選手、大きく振り被って投げた」

侍「(ベチ)なぁぁぁぁぁ!!!!!目がぁ!!!目がぁ!!!目にぽにーがぁ!!!!!!」

男「♪」


侍「はぁ」

橙「どうしたんだいマイシスター?」

侍「某はシスターでもなければハスターでもない。最近体が寂しくてなぁ」

橙「……。カモンピンク!イエロー!」

黄・桃「ここに」

橙「ではこれから侍黒改造を始める!」

侍「貴様らが想像する寂しいじゃなくてなぁ……」

橙「アイラインはKATEのディープアイNを使用!」

黄「マスカラでまつげを強調!」

桃「決め手にアナスイの香水を一吹き!はい鏡!」

侍「……」

橙「これで男君もビンビンでガシガシだよ!」

侍「こういう意味の寂しいじゃなくてなぁ」

桃「はいこれ、高校生なんだから付けなくちゃダメよ!」

侍「……いらねぇ」

赤「おーい侍ちゃんいるー?」

侍「某はここにおるぞ」

赤「うわ、化粧濃いよ?(フキフキ)……よし、取れた。ねぇ暇ならこれから剣道場行かない?」

侍「お、最近某、侍分が不足していてな。ぜひお供させてもらおう」

赤「久々だからって僕手は抜かないよ!」

橙「彼女はどちらかと言えば赤や青サイドの人間なのかもね」

黄「あーカレーたーべよ」


侍「夢か……」

男「っ!お前ッ不二家のケーキでも食ったのか!納豆ダイエットでもはじめたのか!」

侍「何がだ?」

男「お前が夢を語るなんて……」

侍「凄い言われようだな。よくよく考えてみたら某は真面目に進路を考えたことがないのだ」

男「俺のよm」

侍「そう!貴様は性懲りもなくそういうが現実を見ろ!就職したての貴様の財力などたかが知れてる!」

男「確かにね」

侍「仮に貴様と某が結婚すると仮定しよう。仮定、あくまで仮定」

男「仮定を強調しなくていいから」

侍「その結婚するまでの間に某は何をしてればよいのだ?にぃとか?」

男「じゃあ俺からも聞くけどさ。お前はどんな風になりたいの?」

侍「某はゆくゆくは道場を開きそれを軸にして生活をしたい。後は普通に結婚して子を産み老後をのんびりと暮らす……」

男「それイコール夢じゃないの??」

侍「……そうか!」

男「『ちょっと某には無謀かな』とか考えているから向かう気力なくすんだ。何も現実の目標が夢じゃないんだぞ?」

侍「ぬぅ」

男「とりあえず向かうだけ向かってみなよ。結果的に悪かったら悪かったでいいんだからさ」

侍「貴様からその様な台詞を聞くとは思いもせんかった。しかし少しだけやる気が出たぞ?」

男「じゃあまずは課題終わらせろよ」

侍「承知した。……やっぱ写しちゃ駄目か?」


男「(プルルルルルル)もしもし?はい!?警察ぅ!……はい、はい」

侍黒「かたじけない」

男「今時決闘罪で捕まるってどこの馬鹿だよ!」

侍色「シュン」

侍黒「冬休みの間にメールで決闘しようかと日を決めておったのだ」

侍色「小生は学校も違うしあまりこのようなことに付き合ってくれる相手がいないんです」

男「うん、俺もこいつは友達いないと思っていたからそういうことはいろいろやらせたいと」

侍黒「誰が友達いないだ。某は友達たくさんいるぞ」

男「いつも教室でシグルイ読んでる奴が何を言う?」

侍色「お二人は仲が良くて羨ましい限りだ。小生の学校は小生に想いを寄せる変人などいやしなくて」

男「そんなことないよ。ほら、その……かわいいじゃん!」

侍色「小生が……可愛いだと!?」

男「そうだよ全然イケるよ!」

侍黒「……てぇい!(シュ)」

侍色「(キィン)甘いわ!」

侍黒「貴様ぁ……!(キリキリキリキリ)」

侍色「嫉妬深いと目の前の男に嫌われるぞ?」

侍黒「その口!聞けなくしてやる!」

k察「君達!そこで何をしているんだ!」

侍黒「まずい!ここは奉行所の前であった!」


侍「おーい。入るぞー」

男「待って!エロ本とティッシュ片付けるから!」

侍「……」

闇「家は二人で寂しいからたまにうちで食べてくれると明るくなるわ。今日のご飯は親子丼よ」

男「お、親子丼ですか?俺大好きですよ」

闇「あら?」

男「親子がまざりあってハーモニーを奏でる。そして子が親と絡み合い独特の汁を滴らせていい味を出すんです」

闇「わかってるじゃない」

男「親の方も若くて締まっていれば最高ですよ」

闇「なかなか味のわかる子ね。じゃあカツ丼とかは?」

男「カツ丼?あぁそっちの丼の話でしたか?」

侍「……」

男「ううん……」

侍「どうした?真面目な顔をして悩んでるようだな?」

男「正常位があれば異常位もあるのかなぁ……」

侍「……」

侍「コヤツがまとも?一時たりとも考えたことないな」


侍「……」

男「……」

侍「……」

男「……」

侍「……!」

男「……?」

侍「……(ドンドンドン)!」

男「っ!」

侍「……っは!……っぁは!」

男「……んぐ!よし食った!」

侍「……ぅ!……!」

男「待ってろ今その恵方巻き抜いてやるから!」

侍「……!(プルプルプルプル)」

男「そぉい!(スポン)」

侍「っは!はぁ……ぁ……死ぬかと思った」

男「喉に詰まったときぐらい叫べよ」


侍「橙よ、ふぇちとはなんだ?」

橙「なんで私なのさ?」

侍「さぁわからんがどうも侍的に性的なことは橙か桃に聞く習慣があってな」

橙「なんじゃそりゃ。フェチってのは……」

黄緑「フェチっていうのはフェティシズムのことで変態性欲の一つよ。異性の体の一部や身に付けているものに性的な興奮を感じることをいうのよ」

侍「ほぅ」

黄緑「男君はどんな所が好きなのかな?」

侍「そうだな……。奴は部分云々ではなく女そのものが好きなのではないかのぅ」

黄緑「それはいいわねぇ。余すとこなく愛されるなんて」

侍「……。じゃあ色無はどうなのだ!奴こそ究極の好色王ではないか!」

黄緑「そうねぇ、強いていうなら……」

侍「いうなら?」

黄緑「……スリップ?」

侍「すりっぷ?すりっぷとはなんだ?」

黄緑「スリップっていうのはね」

橙「結局私より黄緑さんの方が詳しかったりね」


侍「ふぅ、粗方豆を撒いたからこのへんにしておくか」

男「何で俺の部屋に落花生を3パックもぶち撒けるわけ?なんか俺悪いことした?」

侍「某の家から追い出した鬼を貴様の家に入れただけだ。あと豆が余ったから」

男「お前タチ悪いな」

侍「さ、細かいこと気にするな所詮迷信。豆食うぞ」

男「こいつほんと侍かよ」

侍「某は今年は17個か」

男「微妙にサバ読むな。18個だろ」

侍「よく見抜きおったな。まさにその通りだ」

男「油断も隙もねぇ。俺は17個だけど」

侍「はぁ?貴様何をほざいておる?貴様も18個であろう?」

男「はぁ?貴様何をほざいておる?俺の誕生日は今月の15日だぞ?まさか忘れ」

侍「わ、忘れてなぞおらん!安心しろ!うん!ほんとだぞ!」

男「いいよ、もう……」

侍「あとは殻を片付けて、と」

男「やばいな」

侍「どうした?」

男「落花生は粒が2つあって9個で18粒、俺は17粒しか食えないから1粒余る……」

侍「ならそれをまた2つに割って某と貴様で分ければよかろう。18.5と17.5なら神も許してくれよう」

男「ま、多少不幸になってもいいか。お前とならな」

侍「ぬっ!なんだそれは!ぷろぽーずのつもりか!」

男「さぁなぁ。今年も良い年になりますように、っと。(ポリポリ)」


邪魔しに行こう!

侍「見てみろ男よ!あそこに色無と緑がおるぞ!」

男「よし!邪魔しに行こう!」

無「久しぶりだなこう静かな場所でお前と話すのも」

緑「そうね」

無「やっぱ二人だと落ち着くなぁ」

緑「えっ?それはどういう意味?」

無「寮はいつもどたばたしてるからたまに静かな一時を過ごしたいんだ」

緑「そう」

無「でもこういうのは緑だからいいんだろうな。凄い落ち着く」

緑「い、色無?それは」

タッタッタッタッタッタッ

侍「『ウホッ、いい男たち』が出ーるーぞー」

男「『ウホッ、いい男たち』が出ーるーぞー」

緑「……」

侍「こいつは度エライいい男ー」

男「こいつは度エライいい男ー」

無「……」

タッタッタッタッタッタッ

緑「……」

無「なんで照れてるんだよ」

侍「いやぁ楽しいのう」

男「さて、次は誰かなぁ」


男「おっ。あいつが素振りしてんの久々にみたな」

侍「23、24、25、26、ん?なんだ某を見つめて」

男「お前が素振りしてんの久々に見たなーってよ」

侍「寒さにかまけてさぼっていたからな。そろそろ始めんと次の試合に間に合わん」

男「そういやお前剣道部だっけ?」

侍「これだけは言っておくが某は強いぞ。ただ赤に負けるだけだ」

男「まぁ赤はしょうがないよな」

侍「だが某はまだ強くならねばならんのだ。赤を破らん内はまだ某は最強とは呼べん」

男「別にいいんじゃない?」

侍「某はあまり頭もよい方ではないし足も早くはない。だからこれだけは誰にも譲れんのだ」

男「例えそれがスポーツ万能の赤でもねぇ」

侍「そうだ。某にだってプライドぐらいある」

男「成程、だからこんなに汗かくまで振ってたんだ」

侍「あまり寄るな。その……汗臭いぞ」

男「そうか?俺は好きだな。なんて言うんだこの……頑張ってる匂い?ってのは」

侍「(カァ)……もういい!風呂入って寝る!」

男「お前に好きって言ってるわけじゃないんだからそんな照れるなよ。お風呂一緒に入る?」

侍「帰れ馬鹿!着いてくるな!」

男「そういう可愛いとこも好きだなぁ」

侍「今なんと?」

男「さぁて帰って風呂入っかぁ」


侍「そのなんだ……貴様に聞きたいことがある」

男「彼女?彼女なら頭の中に沢山いるし嫁はもっといるぞ」

侍「違ぁう!某はチョコの種類を聞きにきたのだ!」

男「もしかしてそれ……。俺はお前からもらえるならなんでもいいぞ」

侍「そ、そうか!わかった!14日まで首を長くして待っておれ!」

男「期待してるぜ」

侍「(ボソ)では今年はバイオレッドチョコにするか」

男「今お前何チョコって言った!おい無視すんな!おい!」

黄「あれ?今日は侍ちゃん休み?」

男「なんかブラジルまでカカオとりに行くんだとさ」

青「あれ?カカオとれるのってガーナじゃ……」

男「……。敬礼っ!(ビシッ)」


男「単刀直入に言おう。チョコをくれ」

侍「侍にバレンタインはない」

男「そこをなんとか」

侍「無理無茶無駄」

男「うっ……うぅ……ぐすん。(トボトボ)」

男「すまないんだが水色ちゃん。チョコをくれませんか?」

水「えっ!?あっ、他の女の子にあげる分はあるんだけど……ちょっと……」

男「あぁいや、無理ならいいんだ。ごめん」

橙「あれれ〜?侍ちゃんからチョコ貰えないの?」

男「言わないで!!!!」

橙「しょうがないなぁ。ならオレンジちゃんが差し上げてしんぜよう!さぁ手を出しなさい!」

パラッパラッ

男「女神様これは一体?」

橙「チョコベビーよ。おいしいわよー」

男「なんだろう。ほのかな味と共に涙の味がする……」

茶「あの!これもらってください!」

男「お、俺に?」

茶「は、はいっ!」

男「茶色ちゃん、僕君のこと一生……ん?」

茶「このチョコ不○家で買ったんですけど、中で何かモゾモゾ動いているから……」

男「そうなんだよね……俺ってそういう人なんだよね」


侍「こら。さっきから他人に迷惑をかけてるようだが」

男「……」

侍「なんだその目は?」

男「黄緑さぁん!チョ」

侍「ぶるぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!(ピシュ)」

男「キャン!」

侍「貴様はこの黒くて甘い物体が欲しいのだろう!」

男「それカリントウ」

侍「(パク)ほぉんわぁほぉふぉわはっふぇおふ」

男「食ってから喋れ」

侍「そんなことわかっておる。ほれ」

男「なによ?」

侍「これだろ……やるから某の前から失せろ……」

男「この赤い和紙に包装された箱はもしや……」

侍「言わすな!某が渡さぬわけなかろう!」

男「開けて、そして食べていい?」

侍「駄目だ!開けるな食うな!」

男「く、食うなぁ?」

侍「だっ……!今のは無しだ!食ってはいいがここで開け」

男「あっそう、じゃ遠慮なく。(カパ)」

橙「ワォ、ハート型ぁ!」

茶「うわぁ!ラブって書いてありますよラブって!スッゴいですぅ!」

男「……ん?『L』『A』『V』『U』?」

侍「勘違いするな!某はお前のことなどこれっぽっちも好いておらんおらん!これは青がこうしろと……」

橙「あとは愛の力に任せるわ。二人ともLAVULAVUにね」

侍「だからこれはそういう意味では……!貴様が開けるからこうなったのだぞ!責任をとって斬れ!」


侍「おーい」

「ん?おぉ侍黒じゃん。どうした?」

侍「たいした用ではない。時に色無、今日が誕生日と聞いたから友人の友人として何かせねばならんと思ってな」

「そりゃありがたいけど」

侍「いつも大奥に住んでいるお前にはこれが必要だろう」

「何このしなびた物体Xは?」

侍「これはアザラシの男根だ。煎じて飲めば精力絶倫になるぞ」

「うぉおい!(ポイ)」

侍「冗談だ。本来の贈物はこれだ」

「ベルトか。なんかバックルかっこいいな」

侍「そのバックルは今川家の家紋だ。男と一緒に選んだのだぞ」

「かっけぇ。ありがとう侍黒。(ニコッ)」

ありがとう

     ありがとう

          ありがとう

侍「(カァァァァァ)うっ……うむ」

「男にもお礼言っておいてくれってなぁにうつ向いてるんだ?」

侍「照れてなどおらん!」

「照れてたの?なぜに?」

侍「知るか!それに男ならさっきまで一緒に……あれ?」

「あの木の下で首吊ろうとしてる奴か?」

侍「確かに色無の破壊力は凄かったが某にそんな感情は一切ないぞ!」

男「でも照れてたじゃん」

侍「それにだな!某がどうなろうと貴様には関係ないはずだ!……某だってな」

男「?」

侍「某だっていつまでも待ってるわけではないんだぞ」

男「わかってるよ。だからもう少しだけ時期はからせてくれよ」


侍「んっ、そこ……」

男「ここ?」

侍「くぅん!……ふぅん」

男「あまり動くなよ。痛くなっても知らないぞ」

侍「なぁ。次はこっちの穴も……」

男「しょうがないなぁ。よし、いれるぞ」~侍「ふぃ……は、入ってくるぅぅ……」

男「ほら、どうして欲しいんだ?言ってみろ」

侍「お前の好きに……し……て……」

男「わかった。痛かったら言えよ」

侍「んぁ!やぁ……そぉこぉ……!」

男「ここか。わかった」

侍「ひぃン!んっ!んっーーーー!」

男「よし」

侍「はぁ、はぁ。次は貴様が気持良くなるばんだな」

男「いや、俺は大丈夫だ。前自分でやったばっかだし」

侍「心配するな。某に任せろ!」

男「ほんと!うわっやめ!あぅ……入ってる入ってるぅ!」

侍「ふぅ……うぉおおおおおお!!!!!!!!!」

医「鼓膜には異常ないけど中がズタズタだよ。あんたらまた何したの?」

侍「耳掻きをしていただけのつもりですが……」


バレンタイン、それはいつも奥手な日本女子が意中の殿方に愛を囁く日。
母親、某は覚悟はできております!
男「(モグモグ)いきなり何さ?」

侍「チョコ食いながらくるとはいい度胸ではないか。誰から貰った?」

男「んにゃ、さっきコンビニのバレンタインコーナーで自分で買った」

侍「寂しいやつよのう」

男「店員もそんな目してたよ。そんでそんで?何の用?俺はチョコ上げないよ」

侍「ちょっと待っておれ、今着てくる」

男「着る?」

〜5分後〜
男「なぁーんですかその美味しそうな鎧は?」

侍「まじまじ見るでない!」

男「恥ずかしいなら脱いでもいいよ」

侍「貴様のためにやっておるのだぞ!」

男「……俺?」

侍「こんな格好貴様以外の前で……」

男「ありがとう。でも無理するなよ。気持ちだけでじゅうぶん嬉しいよ」

侍「気持ちだけでは駄目なのだ。形を貴様と共に残したい」

男「侍黒……」

侍「某を……食べてくれ……」

男「わかった」

侍「(キュピーン)馬鹿め!かかったなな!このチョコブレイドを喰らえ!」

男「どぅふ!」

侍「どうだ!某の刃はうまいだろう!」

男「甘い!甘いけど辛いです! 


侍「さて色無、手を出すがよい」

無「侍黒から何かあるなんて珍しいな。なんかくれるのか?」

侍「うむ、一応バレンタインなのでな。チョコをくれんといかんだろう」

無「あれ?なんか凄い包装だね」

侍「まぁあまり気持ちがこもってないぶん見た目はこだわらせてもらった」

無「見え見えの義理チョコだけどありがたくもらっておくよ。男にも同じのあげたの?」

侍「まぁ……そんなとこかな」

無「まぁ気持ちの込めようっスか。幸せ者だなぁあいつは」

侍「冷やかすな!そうだ!今食べてみろ!そう食べてみろ!」

無「なんかこんな豪華に包装してあると食べる気に」

侍「いいから食うのだ!」

無「まぁそこまでいうなら食わないこともないが……」

侍「てぃ!(スパ)さぁ邪魔な包装は取ったぞ!食え!」

無「じゃあいただきまーす。(パク)……。う゛」(パタン)

侍「やはりウツボカズラの消化液はまずいか。すまんな色無。これも某の顔を立てるためなのだ」

男「女子っていつも『毒味して』っていいながらチョコ試食させるよね」

紫「そんなことより味どうなのよ!」

黄「どう?男子の口に合う?」

男「まぁいいんじゃない?甘すぎず苦すぎずで」


侍「〜♪〜〜♪」

男「やけに上機嫌だな」

侍「見てくれ、梅の花が咲いたのだ」

男「お前にも水ちゃんみたいな植物を愛でる心があったな」

侍「てぃ!(スパ)」

男「っておい!早速斬り落とすってなんなんだよ!」

侍「活け花を作るから斬っただけだ」

侍「よし。まぁこんなところだろ」

男「へぇ、剣山って活け花に使うもんだったんだ」

侍「拷問に使うとでも思っとったか?」

男「そんなとこ」

侍「どれ、あとは。(パシャ)あとは水に送信っと」

男「ほおー」

侍「(ピロリン)さて返信きたか」

From:水色

Sud:Re:

内容:37点。シンプル通り越して地味で味がありません。

侍「むぅ……今回は中々厳しいな」

男「水の割にはキツイ言葉だな」

侍「花に関しては水は厳しいからな」

男「そうなんだ……」

侍「……」

男「オチは?」

侍「ない」


男「赤巻紙青巻紙黄巻紙!リピートアフターミー?」

侍「赤巻紙青巻っ……!」

男「白巻紙黒巻紙橙巻紙!はいっ!」

侍「しるっ……!糞ぉ!」

男「紫巻紙黄緑巻紙茶巻紙!」

侍「紫巻紙黄緑茶むっ……!」

男「桃巻紙緑巻紙水色巻紙!」

侍「もみょま……!なんで貴様は全部言えるのだ!」

男「みんながこう……なんだ?紙に巻かれているのを想像すると……ねぇ?」

侍「某に振るな。群青巻紙空巻紙朱巻紙。言ってみろ」

男「群青巻紙空巻紙朱巻紙。なんか悶々としてきたんですが?」

侍「灰巻紙焦茶巻紙侍黒巻紙」

男「灰巻紙焦茶巻紙サミュ……」

侍「ヲいコラ」


黄「男〜。侍黒ちゃんが作ったカレー食べた?」

男「食べたよ……1ヶ月寝かせたカレーをね」

黄「それで美味しかった?侍黒ちゃんにゾッコンLOVEなんじゃない」

男「そんなわけあるかい。もうカレーはこりごりだな」

黄「そう、侍黒ちゃん可哀想……」

男「ん?黄色、お前がカレーをさしおいて侍を哀れむなんておかしいな。まさかお前……」

バリッ

男「侍黒!」

侍「( ゚д゚ )」

黄緑「あら、男君じゃない?」

男「あ、黄緑さんおはよう」

黄緑「うふふ、おはよう」

男「……」

黄緑「どうしたの?」

男「アパートで暮らしはじめて隣の部屋にお姉さんが住んでいたらこんな気持になるんだなぁ、って考えてた」

黄緑「ふふふ、どんな気持ちなのかしらね。ねぇ男君は最近侍黒」

男「待て!黄緑さんが年に関する事を言われて気にしないわけがない!もしやお前……」

バリッ

男「侍黒!」

侍「( ゚д゚ )」

青「ねぇ。あ、あなた達って二人とも仲いいわよねぇ……?」

男「なんでいきなりそんなこと聞き出すん?」

青「ねッ、念のためよ!深い意味は別にないわ!」

男「ふーん。成程ぉ色無の旦那も罪なお人だぁ」

青「ほんと、罪な人よねぇ……」

男「待てよ?今の恥ずかしポエムで何の反応もない。もしやお前……」

ぎゅ

青「痛っ!ちょっとなんで引っ張るのよ!」

男「ありゃ?」

侍「何をしておる貴様は?」

男「おりょ?」

青「なんであんたが私の乙女の秘密ポエムを知ってるのよ!」

男「やめて!弓引きながら!目を血走らせながらよらないで!アッー!」

侍「つくづく罪な人よのぉ」


「泣くなよ……」

目の前には泣いている少女。だいぶ泣いていたのだろう目が赤くなっている。

「泣いてなぞおらん!これは……!これはッ……!」

季節は春、桜の綺麗な季節だった。

「じゃあこの水なにかな?」

彼はいたずらに頬に伝う涙に触れてくる。

「可愛いよ」

うつ向いて照れる彼女を抱き寄せる彼。

「調子に乗るな」

彼の胸板に額を預ける。

「くしゅん!」

「おいおい大丈夫か?ほらティッシュ」

彼女にティッシュを渡す。

「すまぬ」

「なぁ?」

唐突に話を切り出された。

「後で病院行こうな」

「わかっておる」

暖かい春の陽射しを浴びて僕達は耳鼻科のある病院へと歩き出す。

そう、彼女は花粉症だから。


男「ヤバイ!ヤバイって!これを見てみろ!」

侍「それは某の着替の邪魔をするぐらい重要なのか?」

男「なんか久しぶりに中学のアルバム見たら懐かしくなったってレベルじゃねーぞ!」

男「特にここだよ!あのハゲカメラオヤジ!よりによって俺達が二人三脚で転んだとこ撮りやがった!」

侍「あそこで貴様が左からいっておれば1位だったのだぞ!」

男「お前が右から出ていれば良かったんだよ!」

侍「過ぎた事をぐだぐだとうるさいぞ」

男「先に言ったのはお前だ!」

侍「これは仮装行列ではないか。ったくなんで某だけ普段の格好で参加させられたのだか」

男「それは普段から」

侍「理由ぐらいはわかっておる。これは某の性分なのだがなぁ」

男「認めろ」

侍「お、これはフォークダンスしている写真だな」

男「あぁ鈍色ちゃんの手柔らかかったぁ。死ぬ前にもう一度触りてぇ」

侍「今殺してろうか?」

男「あ、あとできれば最後の自由欄は見ないでくれ」

侍「ほぅ、なんか隠さなければならんものがあるのか?」

男「無きゃ見せてる」

侍「ふーん成程……だが断る。(バッ)」

男「ちょ!見るな!」

侍「なんだこれは?『侍黒さんとお幸せに!』『早く子供の顔が見たいです><』『妬ましい』『sneg?』」

男「みんなが書いたんだそれは!俺は無実だ!」

侍「これが貴様の意思の伝え方かぁ!!!!!!!(スパァ)」

男「なんで!?」


無「みんな名前関係ないよ。それぞれの個性かな」

男「なるほど……。フヒヒヒヒwwwwwwwwwwwwwwwwww」

無「フヒヒヒヒwwwwwwwwwwwwwwwww」

青「あなた達……気持ち悪いわよ……」

無・男「サーセンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

男「と、さっきはおぱんちゅの話をしていたものの見たことないんだよな」

侍「何が『おぱんちゅ』だ」

男「何がって言葉の通りみんなのおぱんちゅの話だ」

侍「ふん。某には関係ない話」

男「はいてないのぉ!?」

侍「はいておる!関係ないというのはだな」

 ヒュウ

侍「わぁ!」

男「むっ! ……見えん」

侍「フハハハハ!袴を甘くみすぎたな!」

ビュウ

男「……!おしい!」

侍「だから無駄だと言ったであろう」

茶「うーんトイレトイレ。今トイレに向かって全力疾走している私は普通の高校生。違うとこがあ(ガッ)」

 ガシン   ズルン

茶「んぁあ!ご、ごめんなさいぃ!」

男「お前緑の縞パンはいてんだ。てか縞パンってこの世に存在してたんだな」

侍「……フ、フフフフフ」

男「早く袴はけよ。仁王立ちしてないでよ」

侍「(スー キュッキュッ)……袴に死角はな」

男「あっただろ!」


男「え?また?じゃあまた行きまーす」

in警察署

侍「すまぬ……!」

男「ったく何で夜中に抜き身のエモノ出して排徊してんだよ」

侍「誰かが窓の外から某の家の前を不審者が歩いていたのだ!」

男「頭大丈夫?」

侍「嘘ではない!この目でみたのだ!」

男「あーはいはい。おとなしく帰」

パンッ!

侍「馬鹿者ッ!もういいッ!」

男「……」

警「(ポン)女心をわかってあげなきゃ」

男「おーい男さんが来たぞー。窓を開けい」

侍「帰れ」

男「つれないこと言うなよ。俺と侍ちゃんの仲じゃん」

侍「……」

男「わかったわかったごめん!俺が悪かった!」

侍「某は謝罪など乞うなぞおらん」

男「う……ん……」

侍「……怖かった」

男「うん」

侍「某だって女だし見られてるってなると不安だし」

男「だったら俺のこと呼べよ。こう見えてケンカ強いよ?」

侍「しかし貴様を巻き込む」

男「お前ことは俺が守ってやるから」

侍「男……」

男「あ……いやね……そういう意味の守るじゃなくてだな……そのあれだ」

ガラッ

侍「某の警護をしてくれるのか!よし!ならば……」

侍「クぅ」

男「……違うだろ俺」

侍「(パチ)寝るでないぞ。某を守るのだろぅ?」

男「……はい」

侍「頼りにしとるぞ」

男「明日電王やるのに」

侍「……ぅきだぞ」

男「え?おまっ今なんて寝るな!おい!」

侍(ククク……これで寝れなくなっただろう)


侍「うにゅう」

男「なんでこんなことに……」

男です。今就寝中なんですが寝床が一味違います。ここ侍黒ちゃんのお布団です。温けぇ。

7時間前

男「ただいまー」

ガツッ

男「ガツッ?あれ?玄関が開かない」

侍「どうした。空き巣みたいに玄関でたむろしおって」

男「や、なんていうか玄関が開か。あれお袋からメール着てる」

母『今日はお母さん達結婚記念日だから帝国ホテルに泊まってきます。ご飯はチンして食べてください』

男「飯用意する前に合鍵よこせやぁ!!!!!!」

侍「騒がしい奴だ。今日は玄関で夜を過ごすのか?」

男「明らかにその目は人を見下す目だよね?今から俺が何言うか悟ってるよね?」

侍「さ、誠意のこもった悲願を頼むぞ」

男「侍黒ちゃん、今日侍黒ちゃんの家に泊めて下さい」

侍「誠意の『せ』すら感じられないでござる。精進するでござる」

男「なんか腹立ったから今日は色無さんの寮の部屋でも借りるか。それじゃ」

侍「行くでござるか?いいでござるよ?行ったら行ったでうぬは色無と己を比較して鬱になるでござるよ?」

男「……。すいませんでした!お願いします!今日一泊宿を貸してください!」

侍「ふぉふぉふぉふぉ。某は喉が乾いたでござる」

男「あ、今緑茶買ってきます!」

侍「ぷらいどが低いのだか高いのだがわからん奴だ」


男「いただきます」

侍「今日は豚カツにほうれん草のお浸し、ナメコの味噌汁だ」

男「なんで今日闇黒さんいないの?」

侍「今日は父上の所へいっておる。よっていないのだ」

男「あ、そう。そういやお前料理の腕あげたな。今回の飯はうまいぞ」

侍「某なりに勉強したのだ」

男「お前いい奥さんになるよ」

侍「んなっ!某がそんな……ッ!照れるではないか!」

男「あはははは」

男(脂っこい肉固い水切れてない味噌固まってるでも言えない泊まらせてもらってるから言えない言えない吐きたい)

侍「よぅし待ってろ。今から某が和菓子を」

男「勘弁……じゃなくて僕もうお腹一杯」

侍「そうか残念だ。なら風呂沸いたから入ってこい」

男「なんか一番風呂ってのも気が引けるな」

侍「某から言わせれば貴様に某の入った後の風呂に入ってほしくないのだ」

男「ならお前は俺の入った後の風呂に入りたいのか?」

侍「それはそれで……」

男「なら一緒に入るか?まぁそれはな」

侍「それだ!」

男「え?」

侍「どうした昔は一緒によく入ったではないか。早く入るぞ」

男「なんか今日はやけに……」

侍「細かいことを気にするな。さっさと入るぞ」


男「ブクブクブクブクブクブク」

侍「何をブクブクしておる?某が水着だからか?」

男「(コクン)ブップェブァプヴプェ」

侍「ちゃんと喋れ」

男「ほらこうい時ってあれじゃん。お前は長いタオルで俺は小さいタオルじゃん?」

侍「ゲームと現実を区別できんところが貴様のよくない所だ」

男「じゃあなんで俺だけ褌なの?新手のいじめ?」

侍「だって見たくないもん。あんな粗末なもん」

男「ごめん……」

侍「(ザバァ)ほら謝るぐらいなら某の背中を流せ。特別だぞ」

男「はーい。じゃあ流しますよー。(ゴシゴシゴシゴシゴシ)」

侍「ふぁあ心地好い。浮き世の疲れがとれるのう。下男に背中を流させるのは快感だ」

男「誰が下男だ」

侍「うぬに決まっておるだろう。誰が宿を貸してると思うとる?」

男「(この糞アマぁ!しかし俺が後ろをとってるんだぜ!)あっ!手」

侍「『あっ!手が滑った!』と言って水着の紐をといてみろ。そのままの格好で外に放り投げてやる」

男「……ごめんなさい」

侍「いいか良く聞いておけ。アニメやゲームで許される間違いは偶然でも某には一切通用せん。夢は捨てろ」

男「そんな邪な考え僕は……」

侍「さぁて上がるかの。じゃ風呂洗い頼むぞ」

男「……はい」

侍「暗い顔をするな。甘酒を用意しといてやる」


侍「いいか!もう一度言うぞ!これが貴様の布団でこれが某の布団!ここから先来たら貴様は死罪!わかったな!」

男「はいはいはいはいわかったわかった」

侍「では就寝。また明日」

男「あの……」

侍「Zzzzzz……」

男「早っ!のび太かよこいつ!」

10分後

男「寝れん。袴の隙間が見えそうで見えないから寝れん!」

侍「むにゅ……ん……おとこぉ……」

男「まさかこれは無意識の告白ッ……!?」

侍「にへへぇ……お手ぇ……」

男「こいつここまで黒かったのか?」

1時間後

ふゅー ふゅー

男「(パチ)誰だよぅ僕のプリティな耳に息かけるの?……近っ!」

侍「んっ」

男「ヤベ!ちょっとリアクションでかかった。こいつ自分から俺の布団来やがったよ」

スゥ

男「ッ!!!!!!!!」

侍「ったかぃ……」

男「そうですか温かいですか僕の足は。……よく見るとほんとに危機感ねぇなぁ。俺だって男なんだぞ?」

侍「ふゅ……ふ、ふゅ……」

男「やる気になれば襲うことだってできんだからな」

侍「……いいぞ。(ボソ)」

男「はぁ!!!!!!!!」

侍「……」

男「……襲えるか馬鹿。寝惚けやがって。(ナデナデ)」


チュンチュン

男「新しい朝がきた……。ね?」

侍「(ピクピクピクピクピクピク)なんで某は貴様の布団で寝ておる?ん?」

男「それはお前が自分から」

侍「   画   竜   点   睛   」

男「だから本当にお前からちょ……アッー!!!!!!!」

    D   E   S   T   R   O   Y   E   D

「で?現在にいたるの?」

男「うん」

「だからその……体中に包帯?」

男「まぁね」

「お前今日からフラグブレイカーって呼ぶわ」

男(てめぇに言われたくねぇよ。)

侍「人をどうこう言う前に自分をどうにかしろ」

「どゆこと?」

侍「先ほどから青が貴様を探しておる。さっさと行ってやれ」

「また怒られるんだろうな(ブツブツブツブツブツブツ)」

男「色無さんも大変だ」

侍「実際誰も色無のことなど呼んでおらん。邪魔だから消えてもらっただけだ」

男「お前……地味に黒いな。それでなんの用?」

侍「んっ?用事……忘れた」

男「はっ、とうとうボケたか」

侍「なっ!貴様の側にいたいと思うッ、あっ!……違ッ違うぞ!」

男「うぇ?今なん」

侍「てやっ!(シュパ)なんでもない!なんでもないからな!」


温度差

ひゅう

白「きゃっ!」

男「なるほど、名前の通りだ」

ひゅう

橙「おわぉ!」

男「黒だとッ……!けしからん!学生の身分でありながら黒下着などッ……!」

ひゅう

黄緑「あら?」

男「まさか……あれは幻のランジェリー……紐パン!黄緑さん、あんた一体……」

ひゅう

緑「……」

男「読書に集中していてパンチラに気付いてない!まさに無我の境地!そしてプリキュアのインナー!」

ひゅう

侍「おわぁ!」

男「さぁて。今日の昼飯なぁににすっかなぁ」

侍「貴様……今見て」

男「久しぶりにラーメン食い行くかぁ。でも財布キツイなぁ」

侍「あの……今ぁ」

男「そうだ!陳包軒行こぅ!あそこ安いし」

侍「構ってくれぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!」


——自宅でTV番組を鑑賞中

侍黒「ふむ……手品か」

闇母「これは使えるなって顔してるわね、我が娘」

侍黒「時々親子か疑いたくなるがそうだな我が母……少し台所を借りるぞ」

闇母「御自由に」

数日後・教室

男 「バレンタインは当然のごとく全滅だし……なんかいいことないかなー」

侍黒「おはよう男。いいものをやる、少し付き合え」

男 「3日も顔見せないと思ったら第一声がそれ? いいものについてkwsk」

橙 「はーい、みんなー。これから侍黒ちゃんが手品するよー」

男 「……手品?」

侍黒「そうだ」

男 「……助手?」

侍黒「そうだ」

男 (少しでも甘い期待を抱いたオレがバカだった……そうだよな色無みたいなことあるわけないよな)……orz

侍黒「なにをしている、そこに立て」

男 「……はい(ふふふオレはかなしいピエロさ〜)」

侍黒「さて、ここに黒塗りの刀がある」ヒュン

クラスメイト「すげー、机が真っ二つ」

侍黒「これを、この男が歯で折ります」

男 「……」

クラスメイト「……」

侍黒「……」

男 「……はい?」

侍黒「覚悟はいいな男」

男 「いや、よくな——モガッ」

侍黒「どうした、噛んでみろ」

男 「(ああ、神様オレがなにかしましたか? 何でこんな目に……あれ?)」

パリン、モグモグ

クラスメイト「すげー! 刀食ってる!」

侍黒「この刀、ちょこれいとで出来ているからな」

男 「甘いと思ったらチョコレート?」

橙 「……手品?」

侍黒「そうだ、手品とは『一見不可能に見える事を修練によって可能にすること』であろう?」

男 (母さん……オレの彼女?はチョコレートで机を二つに切り分けました。この先上手くやっていけるんでしょうか?)

侍黒「あと、今日は『ばてれんたいん』なのであろう?」

橙 「……もしそれが『バレンタインデー』の事ならもう終わってるけど」

侍黒「なんと! そうであったか……ちょこの刀作りに夢中になるあまり、時間を忘れてしまったようだ、すまん男」

橙 「今日はずいぶん素直なのね?」

侍黒「そうか? 3日ほど寝ていないからな、そのせいかもしれ——」

パタリ……スースー

橙 「……よかったね」

男 「……」

橙 「……こっちは感激して固まってるし、二人まとめて保健室に放り込んでおきますか」

——その後、侍黒を背負って下校する男の姿が確認されたが、闇母の妨害にあったことはいうまでもない。


男「今日は女の子の日だな」

侍「なっ!なぜわかるのだ!今日は某の……」

男「そりゃあ今朝テレビでやってたし」

侍「どこの局だ!人権侵害で訴えてやる!」

男「なんで毎年ある行事にケチつけるのさ」

侍「毎年!?毎月の間違いではないか!」

男「毎月ひな祭りあるわけねぇだろ」

侍「ひ、ひな祭り……!?」

男「いったい何と間違えたんだよ?」

侍「ん……いや。わかってたぞ?某は全て承知して」

男「生理か!」

侍「てりぁ!(スパッ)」

男「あゥち!」


男「桃のせっくすだよ!」

侍「あえて突っ込まないがそうだな。某には関係のないが」

男「どちらかと言えばお内裏様だもんなお前は」

侍「わかっておるではないか」

男「じゃあその雛あられと甘酒わけてくんないかなぁ?」

侍「やだ」

無「突然だが匿ってくれ!」

桃「見つけた!みんなこっちよ!」

無「チッ!もう見付かったか!サラバ!」

侍「色無のお雛様はいつ五人囃子に下克上されるかわからんのう」

男「お内裏様とお雛様にとっちゃ二人しかいない雛人形の方が落ち着きそうだな」

侍「そうよのう……」

男「そこに飾ってある雛人形って幼稚園の頃からあるやつだよな?」

侍「左様」

男「結局のところ雛祭りって何を祝うの?」

侍「さぁ?とりあえず眺めながら甘酒でも飲もうではないか」

男「わけてくれるの?」

侍「一緒に雛祭りを祝う気があるならな」

男「うーぃ」


約10年ぐらい前

侍「今日はひな祭りだぞ」

男「俺男だからかんけーねー」

侍「何を言っておる。ひな祭りは男にも関係あるのだぞ」

男「どこらへんが?」

侍「いいかお雛様はお内裏様と結婚するんだぞ。お内裏様にとっても喜ばしい話ではないか」

男「じゃあなんで女の子だけが祝われるんだろ」

侍「それはだな。嫁を貰うより嫁になるほうが嬉しいからだ!そうだ!きっとそうだ!」

男「嬉しい?」

侍「嬉しいのではないか?」

男「そうじゃなくて侍黒ちゃんはお嫁さんになったら嬉しい?」

侍「むぅ、ん〜嬉しいな(チラチラ)」

男「へぇそうなんだ。頑張っていいお嫁さんになってね」

侍「その時は男君が某のお」

男「ひしもちうめぇ!」

侍「ばかもーん!(ペチン)」

侍「とまぁ某は鮮明に覚えておる」

男「ふぇ、あっそ」

侍「つれぬ反応だな」

男「雰囲気が雰囲気なもんで。ま、今日はこの辺でおいとましとくわ」

侍「わかった。だが最後に一つだけ言っておく、某はあの時貴様の嫁になりたいなどと虚言は言って」

男「わーってるわーってる。じゃまた明日な」

侍「成長せんのう」

男「成長しねぇな」


先「卒業生、退場」

男「あーとうとう卒業してしまった」

侍「あ゛ー!!!!いやじゃあ!!!某はまだ卒業じどう゛な゛い゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛!!!!!」

男「さぁて帰っか」

侍「なずぇ帰る!!!!!まだそんな時間ではなかろう!!!!!」

男「湿っぽいのいやだし」

侍「貴様はサバサバしすぎてる!!!」

男「だってほら……」

桃「ね、色無君……後でちょっといいかな?」

橙「君ぃそれはないんじゃないかな?」

水「(ソロ〜)」

紫「水ちゃん!色無の卒アルに何を書いてるのかなぁ?」

水「(ビク)なっ、何も書いてないよ?」

赤「さぁ色無!まだまだ終わらせないよ!僕と一緒に夕陽に向かって走るんだ!」

青「赤、まだ午後12時よ。そんな事より色無、これからのことなんだけど」

男「……流石にこれはドン引きだよ」

侍「つまり悔しいんだな?」

男「うんッ!」

侍「そんな元気に言わなくても……」

無「今からカラオケ行かない?」

男「死ねっ!」

無「行くんだな?じゃあ予約してくるぞ」

侍「すまないな」

男「後で告ってやるから覚悟しとけ!」

侍「やっぱ貴様はそのノリがあっておるぞ」


男「やべ、財布忘れた……」

侍「人の席に来ていきなり言う台詞がそれか?どれトイチで某が……」

男「じゅるり」

侍「成程成程、金を借りるよか某の弁当からのお零れを頂いたほうが経済的には良い、みたいな顔をしておるな」

男「それ……なんていうんだい?凄い興味があるんだが?」

侍「どう見ても唐揚げだろう!」

男「おいしいのかい?」

侍「……あーん」

男「みんな見てるんですけど?」

侍「食わないのか?なら某が」

男「食べる食べる!あーん」

侍「あーん」

男「(パク)んぐんぐ。これ冷凍だろ?」

侍「文句いうな!次は蓮根の煮物でよいか?あーん」

男「あーん。(パク)うん、味付けが調度いい。うまい」

侍「これは某が作ったわけでな……」

男「凄いよ。お前こんなうまいの作れるんじゃん」

侍「これも某が作ったのだぞ。食べてみろ」

侍「……」

男「ごめん。調子乗りすぎた。そうだ!黄緑さんなら……黄緑さんならなんとかしてくれる!」

侍「黄緑殿、少しでよければ某に弁当をわけ」

黄緑「さぁ?なんで私が?」

水「あの……私ので良けれ」

紫「駄目だよ水!こんなラブラブな奴ら放っておこうよ!」

侍「そんな……」

黒「まさに村八分」

無「しょうがないなぁ。ほら俺の弁当少しわけてやるよ」

侍「色無大名……」

男「悪いね」

侍「聞いてくれ色無!貴様の12人の妹は酷すぎだ!誰も某に……」

キラキラキラキラキラキラキラキラ

侍「うおっ、まぶしっ!なんだこのキラキラした視線は!」

青「さぁ、侍ちゃん。このウインナーを食べなさい」

黄「特製カレーもあるよ!」

緑「カロリーメイトでいいならあげるわ」

水「クロワッサン……食べてください……」

紫「はいっ牛乳!」

赤「そうだね!プロテインだね!」

侍「こんなに食えんわッ!しかし、礼は言わねばならんな。ありがとう」

黄緑「侍ちゃん侍ちゃん、こっちに来てぇ。弁当わけてあげるからぁ」

侍「すまない」

黄緑「いいのいいの。この程度であなたが色無さんに転ばなければ安いわよ」

侍「は、はい。(目が逝ってる!!!!!!!!!)」

黄緑「ならいいのよ。そうそうこの唐揚げ食べてみて」

侍「えっ?あ、後で食べ」

黄緑「今食べなさい」

無「何してんだ。橙も飯わけてくれるってよ」

侍「わかった。今行く……」

男「お前今の3分の間に何があった?何か髪の毛が白髪になってるぞ」

黄緑「何でもないわよ。ねぇ?」

侍「はいいいっ!」


男「色無さぁん」

無「その危ない目付きどうにかしろ。で、なんだ?」

男「女が男にチョコあげる日はバレンタインデーじゃないですかぁ」

無「そのキモイ喋り方もどうにかしてくれ」

男「実際ぃバレンタインデーはぁ男が女にプレゼント渡してもいい日なんですよねぇ」

無「だから何だよ!」

男「じゃあなんでぇ男が女にプレゼント渡す日の名前はホワイトデーなんですかねぇ」

無「そりゃあ……」

男「 お と こ がぁ し ろ い 日 にぃ ナ ニ をしたらこんな名前になるんですかねぇ?」

無「お前……」

男「色無さんはぁ何人に返すんですかぁ? 白 い 日にぃ?」

色(ここまで真性だったなんて)

男「財布とか絞られないように頑張ってくださぁい」

無「『とか』ってなんだよ『とか』って」

男「いや、今回はあんま悔しくないよ?」


男「ホワイトデーなんて適当にコンビニの特設コーナーで買ったのをでいいじゃん」

無「そうもいかないでしょ」

男「いいですか色無の旦那。この世にはありとあらゆる人間がいます。一人一人思想がありそれを否定しちゃいけません」

無「つまり?」

男「俺は一人にしか返す必要ないからいーもーん」

無「あ、何か今の顔スゲーむかついた」

男「因果応報だろ……常識的に考えて……」

無「侍黒が可哀想だ」

男「へへへのへ!天下のふととき者、男様とはおいらのことだい!」

無「聞いた俺が間違いだった」

男「おぅ!時間の無駄だったねぃ!」

男「とは言ったもののコンビニの特設コーナーはないだろ……常識的に考えて……」

無「天下のふととき者がなぜここにいるんだ?」

男「多少の常識は俺にもあったみたい」

無「そうだよな。……はぁ」

男「ため息なんてつかないで下さいよ。俺も同じ気持ちなんだから」

無「ホワイトデーは男がやるもんなのにさ」

男「なんで女が好きそうな店でしか特設コーナー設けないんでしょうねぇ……」

無「入りにくいったらありゃしねぇよ」


青「あんた達……こんなとこでまさか……」

男「そうなんだよ!わかってるねぇ委員長は!」

青「そういう関係だったのね……」

無「ちがぁぁぁぁぁぁぁぁう!」

侍「そんな……幼馴染みが同性愛者だったなぞ、恥ずかしくて」

男「だぁかぁら……!なんでお前いんの?」

侍「今日の夕飯は牛鍋繕だ」

男「今日は闇黒さんがいないから晩飯は自分で作らなければならなず食材を買うついでにちょっとこの雑貨屋に来た、か」

青「どんな読解力よ」

無「ならちょうどいいな。侍黒!」

男「青!」

無・男「付き合ってください!」

青・侍「だが断わる」

侍「一緒にお返しを買うだけならそう言えば良かったではないか」

無「ちょっと間違ったかな?とは思ったよ」

侍「ま、某を選んだとは中々だ。流石12+αにモテるだけはある」

無(めっちゃ不安なんですが……)

青「なにさっきからチラチラ見てるのよ。不安なの?」

男「ぶっちゃけめっちゃ不安」

青「素直じゃない」

男「だって究極のプレイボーイの色無さんの相手だといつ毒牙に」

青「それ以上言うと撃つわよ?」

男「はぁ。(チラ)」

青「そんなに不安なら私に任せなさい。侍黒ちゃんにピッタリのプレゼントを選んであげるわ」

男「期待してるぜいいんちょ!」


侍「色無よ、これなんかどうだ?」

無「いや、それは水にはキツイだろ」

侍「そうか……」

無「これは……朱色さんにいいな」

侍「ここらあたりが桃にいいのではないか?」

無「流石にブラ渡すってどうよ?」

侍「実用的だとは思うが?」

無「そっちは後だな。まずは落ち着いてる奴から選ぶよ。白とか緑とか」

侍「それは同意だ」

無「緑はやっぱ」

侍「ブックカバーとかは?」

無「それは誕生日にあげた」

侍「ならシンプルにしおりとか?」

無「それも前にあげた」

侍「そうか。他は……」

無「ホワイトデーはアクセサリーにしとくかぁ」

侍「ん」

青「そうね、侍ちゃんは色気ないからこんなのどう?」

男「指輪かぁ……何考えてんのあんた?」

青「いいじゃん意外とあなた達は秒読みなんだから今回で一気に畳み掛けて」

男「俺のキャラ的に似合わないから却下」

青「(ボソ)言えてる」

男「今何て言ったこら?」

青「侍ちゃん結構貴金属って嫌いそうだもんねぇ」

男「そうなんだよやっぱいいんちょはわかってるよ」

青「そ、それはクラス委員長として当然でしょ!誉めたってなにもないんだから!」

男「はいはいわかってるよ。(うわぁリアツンうぜぇ)」


無「遅くまで付き合わせて悪かったな」

侍「いや、某もあまり役に立てずすまなかった」

無「そんなことないよ。はいこれ」

侍「某に?」

無「あんま侍黒の趣味はわからないから何がいいのか迷ったけど。今日のお礼ってとこかな。じゃあまた明日学校で」

侍「これが色無の魅力か……成程」

青「早く決めなさい!男でしょ!」

男「待て……こっちだ!」

青「もう、優柔不断。まぁ大好きな人のプレゼント決めるんだからしょうがないか」

男「全くだ」

青「なんか腹ただしいわね。会計済ませたら私は帰るから」

男「ありがとな。こんな遅くまで」

青「貸しとして覚えておくわ。じゃあ、明日頑張ってね」

男「お、色無さんとのデートお疲れさん。どうだった?」

侍「う……まぁな。そっちこそ青との逢い引きはどうなのだ?」

男「明日は期待していいぞ?なんって」

侍「そうか。じゃあ明日に期待して寝るとしよう」

男「ありゃ?その腕輪どうしたの?」

侍「今日色無からもらったのだ。買い物に付き合わせた礼らしい。まさか同じ物を」

男「そんなわけねえだろ!じゃあな」

僕は今日初めて人に殺意を覚えた。


翌日

男(どうすべきだ。昨日は遅く帰ったから結局コンビニの特設コーナーで買ってしまった)

侍「お、早いな。今日の意気込みを聞かせてもらおうか?」

男(言えない!色無の野郎と被った物を買ったあげくコンビニの物で済ましたなんて口が裂けても言えん!)

男「放課後な?放課後?」

侍「ほぅ、期待しとるぞ?放課後?」

男「あ、ははは」

青「渡したの?」

男「ギギギ……」

青「 わ た し た の ?」

男「マダデス」

青「……顔色悪いわよ?」

男「ジ……ジツハ……(ゴニョゴニョゴニョ)」

青「……これだけは言っておくわ。こっちは定員オーバーなの。これ以上増えたら話にならないわ」

男「ソウデスネ」

青「ここは素直に謝りなさい」

男「ナンカチョットイイニクイノデスガ……」

青「男でしょ!それぐらいなんとかしなさい!もし侍ちゃんに何かおかしな行動がみられたら……」

男「……タラ?」

青「黄緑さんね」

男「……(プシュー)」

青「落ちても無駄よ。いい?警告はしたわよ」

男「死にたい」


放課後

男(来てしまった……放課後……)

侍「さて約束の時間だ!(キラキラキラキラ)」

男「あーなんか人まだ多いなぁ?」

侍「駄目なのか?」

男(そんな目で俺を見んな!)

男「まぁ……恥ずかしいからな」

侍「そんな恥ずかしい物なのか?」

男「超恥ずかしい!」

侍「よかろう皆が帰るまで待っておこう。と、その前に橙よ」

橙「何?」

侍「ちょっと厠へ行こうか」

橙「何何?カツアゲ?」

侍「そんなところだ」

30分後

侍「さて、皆帰ったようだが。(ワキワキ)」

男(なんで少しメイクアップしてんだ畜生!)

侍「某はどんな告白でも待っているぞ!」

男(なんてコッタイ!)

侍「さぁ!」

男「……その……」

侍(ドキドキ)

男「そのなぁ……」

侍(ドキドキドキドキ)

男「すいませんでした!」

カラァン

侍「   腹   斬   れ   」


男「嘘ついてました!色無(野郎)と色から形から何から何まで被ってました!」

侍「ほぅほぅほぅほぅ?それで?知ってなお某に期待しろと?」

男「すいませんでした!」

侍「腹と男根のどっちがよい?選択させてやろう」

男「腹で!」

侍「(やはり腹かッ!)それで他に言い残すことは?」

男「すいませんでした!(ガバ)」

侍「土下座とは落ちたものだな。ったくそこまでの覚悟がありながら腹を斬るなど馬鹿げておる」

男「……」

侍「しかしこの景観もよいのう。憤っている某の足元に土下座してる謝る貴様がいるのは」

男「靴でもなんでも舐めます」

侍「そこまでして許してほしいのか?」

男「許してとはいわんからせめて納得だけしてくれ!」

侍「はぁ、何を納得すればよいのやら。よし、許しの手段を一つだけやろう」

男「宦官」

侍「いちいち局部にこだわるのはやめい。今日も母上がいなくてな。某は飯を作るのが面倒なのだ」

男「喜んで作らせて頂きます!」

侍「では今日も食材を買わねば駄目なのだ」

男「喜んでお供します!」

侍(つまり一日奴隷なのだがな)


侍「今日の飯は何にしようかのう」

男「昨日は牛食ったんだろだろ。じゃあ魚でいいじゃん」

侍「ま、それでいいだろ」

男「なら刺し身?」

侍「いや。焼き魚だ」

男「またまたなんで今日は」

侍「それはずばり、刺し身だと作るのが簡単だからだ」

男「……すいませんでした!」

侍「ふぉっふぉっふぉっ。ほれ車(カート)を押せい」

男「あれ?二人分?」

侍「当然だ。今日の貴様所業は二人分に値する」

男「はぁ、はいはい」

侍「よぉし!会計にいくぞ!」

侍「どうした遅いぞ!」

男「重いんだよ!なんで1.5リットルのお茶を4本も買うんだよ!」

侍「ん?これ……」

男「なんだ?ただの髪留めじゃん。ちょっと待ってろ」

侍「別に欲しいとは言って」

男「目が欲しいって言ってる!つー訳でこれ俺からのホワイトデーのプレゼント」

侍「それでチャラということは」

男「ないない。それとこれとは別だろ。責任は取りますよ」

侍「わ、わかってるではないか。……ありがとう」

男「礼なんていらんよ。悪いのは俺なんだから」

侍「それとこれとは別であろう?」

男「……ありがとう」


侍「〜♪〜〜♪おい、飯はまだかぁ♪」

男「もう少しです」

侍「早ようせい♪早ようせい♪」

男「はーい出来上がりましたよー」

侍「どれどれ?おー……うまそうではないか……某の作ったものより……」

男「そこはご勘弁を」

侍「まぁよい。では、いただきます」

男「どうですか?」

侍「うまい……」

男「ニヤニヤ」

侍「……ハッ!そっ、某には及ばんがな!」

男「……ふっ」

侍「笑うな!冷める前に貴様も食え!」

男「はぁーい」

侍「馳走になった。さぁて風呂入るか」

男「じゃあ僕はこれでか」

侍「背中を流せ」

男「はい?」

侍「某が背中を流せといっておる。背中ぐらい高校入ってからなんども見とるだろ?」

男「そうだけど」

侍「なら話は早い。とっととこい」

男(このパターンだといつも生殺しだからいやなんだよなぁ)

侍「『このパターンだといつも生殺しだからいやなんだよなぁ』みたいな顔をしとるな」

男「まさにその通りだよ」

侍「貴様への躾にはちょうどいいだろ?」


男「きもちいでしょうか?」

侍「うーん。浮き世の汚れが落ちる落ちる」

男「前背中流した時もその台詞言ったよな?」

侍「そうかの?しかし風呂はやはり裸にかぎるのぅ」

男「ぶっちゃけ僕今すんごい興奮してますからね?背中から少しだけはみ出て見えるあれが……」

侍「正直なところ某は正面から見られなければ恥ずかしくないんだが」

男「僕が男であることを考慮してくださいよ」

侍「某にもしなにかあれば叫んで警察読んで貴様を婦女暴行罪で豚箱にブチ込む」

男「充分な考慮、感謝します」

侍「ふぉっふぉっふぉっ。さて後は風呂に入るから控えておれ」

男「はぁーい」

男「どうにか息子は少し反応するだけで済んだが……あ、これ……」

男(色無さんが侍黒にあげた腕輪だ……)

侍「腕輪を見つめて何をしとる?」

男「あっ……別に……い、いたのぉ?」

侍「そういえばお前からのホワイトデーのプレゼントをもらっておらんのぉ?」

男「さっき髪留めあげたでしょ」

侍「それとこれとは別だと聞いたのだが?」

男「……(ゴソゴソ)ん」

侍「どれどれ。んーしっくりするな。大事に使わせてもらう」

男「無理しないで色無さんからもらったの使ってもいいぞ」

侍「あれは某の物ではない。あれは母上のだ。某からのホワイトデーのプレゼントだが何か?」

男「ありがとう」

侍「ど、どうした!泣いておるのか!?」

男「ひっく……だっ……だって」

侍「(ナデナデ)ありがとう。結構感謝しとるぞ」


男「ティッシュぐれ」

侍「ほれ。男の癖に女々しい奴よのぅ。『あ゛り゛がどう゛』……プッ」

男「笑うな!こっちは本気で……あぁもぅ!帰る!(~)」

侍「その前にちょっと待っておれ」

10分後

侍「今日お前に買ってもらった髪留めだが……どうだ?」

男「似合うじゃん」

侍「もう少し寄って……」

男「お、おい」

侍「どうだ?」

男「……綺麗だよ?」

侍「最後の『?』は何なのだ。はっきりしろ。最後まで女々しい」

男「じゃあ綺麗……」

侍「男……」

男「侍黒……」

侍・男「ハッ!」

男「悪い悪い!ちょっと近付き過ぎたな!」

侍「そっ、そうだ近付き過ぎだぞ?そこまで近寄れとは言っておらんぞ!」

男「今日は飯まで食っちゃって悪かった。じゃあな」

侍「そうだなぁ明日も学校だしなぁ。じゃあ気を付けて帰るんだぞ」

男「お前も風邪ひかないようにもう寝なさい。ね?じゃ、また明日!」

侍「本当に女々しい奴……」

男「危ねぇ……あと少しで……いや?危なかったのか?むしろあそこはキスすべき……いや違う……多分……」

翌日、侍黒の男に対する当たり方は奴隷以上だったという


ホワイトデー後

男「なぁ、ここの漢字」

侍「あ゛あ゛?(ギロ)」

男「あ、サーセン」

侍「いい香りだのう」

水「色無さんから香水をもらったんです」

侍「(ピクピク)ほ、ほう。黄色のブローチもか?」

黄「そうだよ」

侍「(ピクピクピクピク)そ、そうか」

桃「侍ちゃんは男君から何を」

侍「(ペシーン)ふんぬっ!」

桃「痛っ!オッパイは叩かないでよ!オッパイは!」

侍「おい!」

男「は……はい!」

侍「今日帰りに服を買いに行くんだが……」

男「(ボソ)どうせ袴だろ」

侍「今何と?」

男「何でもないです……」

侍「ついてくるよな」

男「今日は用事が」

侍「 く る よ な 」

男「……行きます」

無「あんな奴にはなりたくないな」

黒「確かに尻に敷かれる男は嫌ね」


春も近付いてきたような穏やかな昼下がり、眠気を誘うような暖かい陽射し、小鳥のさえずり。嗚呼、何て幸せなんだろう。

男「……すぅ」

カラカラ

侍「窓からの入ってすまないが……なんだ寝とるのか」

侍(しかしこうして見ると可愛い顔をしておる。幼い頃と変わっとらん)

侍「いつも某の気持ちに気付かん罰だ……ちょっとだけなら。……んー」

パチッ

男「……」

侍「……あの」

男「のぉあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(パタン)」

侍「……何なのだ?」

30分後

男「ふぁっ……!んんんんっ!」

侍「お目覚めか。(ズズズ)」

男「おはようございます。あまりうちの茶菓子食べ尽さないでね」

侍「気持ち良さそうに寝てたのでな。無理に起こさなかった分ありがたいと思え」

男「そういやさっき夢でさ、俺の目の前に『ザ・グリード』に出てくる蛸みたいな奴がいたんだよ。マジで死ぬかと思った」

侍「たっ、蛸……!」

男「そうだよ。そこから先は覚えてないんだけど体が重くて動かないし」

侍「お、重い……!」

男「でもありえないよな。現実にあんな化け物いるわけないもんな」

侍「(プルプルプルプルプルプル)」

男「どうした?」

侍「(シャキン)キェエエエエエエエエ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

男「えっ!?えっ!?アッー!」


男「さぁて、風呂風呂。(ガラッ)」

侍「……」

男「……」

 ちゃぽん

男「……すっ、すまん!(ピシッ)」

侍『気にせんでいいぞぉ。前も言ったが正面から見られなければどうということはないからな』

男「そうか……。……ちがぁぁぁぁぁぁぁぁぁう!!!!!!!!!!!!」

侍『何が違うのだ?大声出しおって』

男「ここ俺んちだろ!何で俺んちの風呂入ってんだおい!」

侍『たまには足の伸ばせる風呂に入りたくてな。流石ゆにっとばすよ。あとこのばすくりん。芯まで暖まるのう』

男「銭湯行け!銭湯行け!」

侍『銭かかるし』

男「こら」

侍『代わりといってはなんだが某の背中を流させてやろう』

男「逆だろ普通!」

侍『生女子高生の生背中に触れることができるのだぞ?』

男「確に美味しい話だが却下!」

侍『つまらん奴め。』

男「お前も体売るような真似すると危ない目に会うぞ」

侍『大丈夫だ。貴様にしかこんなこと言わん。というか言えん』

男「あれ?それってフラグ?」

侍『違う!勘違いをするな!それは貴様を男としてあっ!は、鼻血が出て……!』

男「エッチなこと考えるから。ほらティッシュ置いて俺は出てくからさっさとあがれよ」

侍『まだ背中流してない!』

男「後で背中ならいくらでも流してやるから」

侍『やっ、約束だぞ!』

男「わかったからあまりいれたばかりの風呂に血を流さないでくれ」


男「実は俺にも兄が」

侍「いるのか!」

男「いないんだ。だけど本当は弟が」

侍「まことか?」

男「いないけど。姉と妹が」

侍「これ以上嘘を言ってみろ……刀の錆にして」

男「これはマジだって!姉と妹いるから実際

  僕の頭の中にね」

侍「(ススス)そ、そうか。疑ってすまないな。では某は用事があるから帰るぞ」

男「ふっ、さりげなく引いていたのはわかっているさ。でもいいんだ、僕には海姉ちゃんとすももさえいれば……」


男の自宅前

侍「最近は妹だの姉だのよく聞くんだが……」

男「脳内ならたくさんいるぜ?」

侍「おぬしの母と父はどこにおる?」

男「……」

侍「今までいろいろなことがあったが最近は会わんからな」

男「……父さんは他の女と出ていった」

侍「ぬっ……!変なことを聞いてすまなかった」

男「いいんだ。それで母さんは今朝はコンビニ、夜は居酒屋で働いている。今俺の家は二人しかいないから……」

侍「……大変だのう」

男「一人だと母さんも大変だろうから俺もバイトしようかと思ってた時に母さんが言ってくれたんだ。『いい、あなたは学生なの。家を守るのは私の役目だからあなたは学校でしっかり勉強して立派に家を継いで欲しいの』ってさ。だからいつも授業中は真面目にして、テストもいい点数とってちゃんとした大学出て稼がないと」

侍「意外としっかりしてるんだな。見直したぞ」

男「俺がお前に話す理由は、お前に俺と一緒」

母『男ぉー今日はお父さん会議で遅れるから先にご飯たべるよー』

男「……今頃出てくんなよ」

侍「……この罪は重いぞ?一瞬でも身をゆだねようとした某の純情を返せ」


男「どうした?急に呼び出して?珍しいな今日は兜着用か?」

侍「(ガバッ)うぅ……某の頭がぁ……」

男「首に兜が刺さって痛いんですけど……。頭がどうしたの?」

侍「(ファサ)某の頭にうさみみがはえてきおった……」

男「……作り物じゃないよな(フニフニ)」

侍「くぅッ!やめぃ……!」

男「本物だ。いつから?」

侍「目が覚めたらいつの間にかはえておった。それに何故か一人でいると不安感があるのだ……」

男「うさぎだからか?」

侍「何だか一人でいると首を斬りたくなるのだ。頼む、今日は某の側にいてくれぇ……」

男「いいぞ、今お前に死なれちゃ困るからな」

侍「あ、あとな。凄く言いにくいのだが……」

男「どしたの?」

侍「最初貴様に抱きついたせいかもしやれんが胸に動悸を感じるのだ」

男「動揺してるんだよ。少し落ち」

侍「違う!体が熱くて下腹部に違和感を感じるのだ……!」

男「それっておい……」

侍「つまり……欲しいのだ(ギュ)」

男「なんてのは」

侍「ないない、それはない」


侍「男よ男よ」

男「なんだ?お前……」

侍「たまにはこのような上等な着物なんてのはどうだ?」

男「いいねぇ和服に刀。似合うんじゃないか?」

侍「ふっ、やはりな。(クルン)」

男「ッ!」

侍「他にな」

男「ちょっと後ろから見ていいか?」

侍「しょうがない奴め。とくと見るがよい」

男(エロい……尻から腰にかけてのラインが特に……)

侍「どうだ綺麗だろ?」

男「あ……安産型……」

侍「どぉこぉお見ぃとぉるぅ!」

男「いい形だなぁと」

侍「もういい!後ろから見るな前から見ろ!」

男「お前案外ボディライン綺麗だな」

侍「む、そうか」

男「黒とか黄緑と同じくらいいいんじゃないか?」

侍「個人的には誰が好みだ?黒と黄緑と某では?」

男「やっぱりお前が一」

桃「色無くーん」

色「うわっ!コラ!抱きつくんじゃない!」

男「……やっぱりお前が一番」

侍「おっぱいか!おっぱいが一番なんだろ!」


侍「すぅ……」

男「トゥレイ!……あれ?寝てんの?」

侍「んん……(ゴロン)」

男「ふぅん。寝返りするとおっぱい邪魔そうだなぁ」

侍「むぅ……ん……」

男「唇柔らかそう……」

ふにふに ふにふに

男「や、柔らかい……!」

侍「男ぉ……」

男「え?す、すいません!」

侍「んっ……」

男「なんだ寝言」

侍「すきぃ……」

男「え?」

侍「焼き……」

男「すき焼きッ!」

侍「(パチ)……何をしとる……ッ!」

男「いやぁははは……遊びに?」

侍「あと少しで幕末に流行したすき焼きが食べれたのにぃ!(シャキ)」

男「どうせ夢あっ……シッショー!」


黒「隣、いいかしら?」

男「どうぞ。っていうか黒が図書室とは珍しいな」

黒「あなたこそ。橙とかその他大勢はどうしたの?」

男「ここの雰囲気が俺をヤツらから守ってくれるんだ。さすがに追っては来れないらしい。最近発見したんだけどね」

黒「そ。……あれ?あなたがここにいるのに、緑は何も言ってこないの?」

男「俺も何か言われるかと思ったんだけど……ほら」

黒「……すごいわねあの集中力。何かオーラが発せられているように錯覚してしまうわ」

男「授業終わってどんなに早く来ても、あいつはああやって本読んでるんだよ」

がしゃ

黒「何読んでるのかしら?」

がしゃ

男「北欧神話に手を出したんだって」

がしゃ

黒「それはまた……」

がしゃ

侍「うるさいぞおぬしら!そういう小声で話されるのが一番気になるのだ!」

男「あ、すみません」

黒「気をつけるわ」

侍「うむ」

がしゃ がしゃ がしゃ……

男「あいつが歩く音が一番うるさいと思うんだけどな……」


侍「ふむ、久々に寮に来たがまだ皿が宙に浮く現象が起こるのだな」

男「慣れれば不思議と怖くないもんだな」

しろ「むー」

くろ「むー」

空「ありゃしろちゃんくろちゃん、お茶なら私がやるからいいよぉ」

侍「む、貴様が空か?」

空「えっと、武士黒先輩?」

侍「侍黒だ!斬って落とすぞ!」

空「す、すいません!あまり面識がないもので……」

男「ごめんね。この子いつもストレス溜ってるから」

空「えっと……漢先輩?でしたよね?」

男「漢……なんといい響きか!気に入ったぞ空ちゃん!是非俺の妹に!」

侍「つまりなんだ?貴様は青と沿いとげるつもりか?」

男「そういう意味じゃ」

空「なら色無さんは男さんの弟になるのかも知れませんかもね!」

男「おぉ、なんと言う優越感。まさに完全勝利」

空「でも漢先輩には侍黒先輩がいるじゃありませんか!?駄目ですよ浮気は!」

侍「なっ、何を言うのだ!なぜに某がこやつと……」

男「その台詞を色無野郎に言ってほしい」

空「そぉれぇにぃ!二人とも素直にならなきゃ駄目ですよ!想いって言うのは言わなきゃ伝わらないんですよ!?」

侍「んっ?むぅ……」

男「厳しいなぁ空ちゃんは」

空「そんなのだとお兄さん失格ですよ漢先輩!」

男「空ちゃん……。よし黒!ちょっと来い!」

侍「なななッ!ちょっと待てい!」

空「二人とも頑張ってくださーい!」

男「何の為に寮に来たんだっけ?」


侍「いちッ!にッ!さんッ!」

男「今日も精が出てますね」

侍「貴様ッ!動かなッ!すぎるのだッ!」

男「普通に話す時は素振りやめてよ」

侍「ふぅ。貴様はあまりにも動かなすぎる!そのままだと貴様近い将来めぼ……り……た……症候群?」

男「メタボリック症候群?」

侍「それだ!そんな貴様など某は目も当てられん!今から貴様を指南してやる!」

男「何を?」

侍「いいかよく聞け!毎朝6時起床!支度をしたら某と共に素振りをしろ!」

男「朝早いし」

侍「某が床までお越しにいってやる!朝食を食ったら登校!」

男「お前がお越しに来てくれるならいいか」

侍「放課後は剣道部が終わり次第一緒に帰って某と稽古だ!」

男「防具ないし」

侍「某の父上のを貸してやる!そして風呂に入って飯を食べたら10時に就寝だ!」

男「お風呂に一緒に入れるならやる」

侍「某に勝ったら一緒に入ってやってもいいぞ」

男「マジデ?」

侍「女に二言はない!」

男「明日から覚悟しとけ!」

侍「決まりだな。明朝6時にお越しに行くからな。低血圧なんて言い訳は聞かんぞ!」

侍「よし!これで共にすごす時間は増えるぞ!あとはわざと負けて……」


男「おーい。学校」

闇「(ガラッ)今日は駄目よ。侍、インフルエンザになっちゃって……」

男「それで当然?」

闇「タミフル投与したわ」

男「それでこそ!」

無「それで今日は一人だから中二の男の子みたいに机で寝てるのか?」

男「邪気眼がうずくからあっちいけ」

無「タミフルは凄いぞ?寮の奴らが飲んだらみんな窪塚みたいになったからな」

男「ふーん」

この時まで僕は正直タミフルを舐めてた

男「俺!参上ッ!」

侍「……」

男「……お見舞いにきましたー」

侍「……」

男「おい返事ぐらい……これはッ!人形!」

侍「とぉう!(シュ)」

男「(スパッ)うおっ!誰だ屋内でクナイを投げる馬鹿は!」

侍「お命頂戴する!」

男「お前かよ!何で今日はくの一!?」

侍「某に気付くとは中々な強者よ!惜しいが貴様を抹殺せねばならん」

男「……プリン置いてくぞ。帰る」

侍「何ッ!逃がすかッ!(ポイ)」

男「……煙玉は夏にやろうよ。家の中じゃ火事に思われるから早く消せよ」

侍「貴様……勝ったつもりか!」

男「あとその格好だと体冷やすから暖かくして寝ろよー」


侍「いやはや、目が覚めたらくの一の格好をして天井にぶら下がっていたときは驚いた」

男「セクシーだったけどあの時はあえて関わるのはやめたよ」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

侍「うわぁ地震だぁ!」

男「(ギュ)落ち着け!俺から離れるな!」

侍「んっ!」

男「ほら、おさまってきただろ?」

侍「恐ろしや……」

男「もう大丈夫だ」

侍「……なぁ」

男「(バッ)おわっ!悪いな!もうおさまったから離さなきゃな。いつまでも抱いてちゃまずい」

侍「(ギュゥ)貴様……中々男らしいところがあるではないか。見直したぞ」

侍「おい童貞。何を考えておる」

男「こういう〆はありかなぁ?」

侍「フッ、童貞の浅ましき考えよの。災害に乗じて恋愛が成就するなどありえん状況あるわけないではないか」


侍「これが『がむ』とやらか……あむ」

かみかみかみかみかみかみかみかみかみ

侍「……中々ジューシーだのう」

かみかみかみかみかみかみかみかみかみ

侍「……」

かみかみかみかみかみかみかみかみかみ             ゴクン

侍「ふぅ」

男「『ふぅ』じゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!」


パタン

青「せんせー!白ちゃん、寝てると思ったら気絶してましたー!」

黄緑「今黒ちゃんは灰ちゃんのところに行ってるから侍黒ちゃん、ちょっと白ちゃんのこと保健室までいい?」

侍「しかと承った!」

侍「軽いのう。さて、某は教室に」

白「(ガシ)黒ちゃぁん、どこ行くのぉ?まだ一緒に居てよぉ」

侍「某は黒は黒だが侍黒のほうだぞ?寝惚けとるな?」

白「黒ちゃん、ちゅーしよ?ね?(グググ)」

侍「なっ!某が引っ張られる!?これが白の力なのか!?」

白「んー」

侍「すまん男よ。貴様に初めては奪えんようだ……」

バンッ

黒「何をしてるの!『あなた』は」

侍「神よ……あなたは私に救いを」

黒「白に何をしようとしてるの!早く白から離れなさい!」

侍「某の胸ぐらを掴んで引き寄せてる白が見えんのか貴様には!」

白「黒ちゃんが……二人いる!」

ガシッ

白「らん~らんらららんらんらん~らん~らんらんらららん(スキップスキップ)」

黒「ちょっと白引っ張らないで……!」

侍「誰か……助けて……」

黒(でもこんな白も可愛いい……!)


喧嘩中

男「今回は例え侍でも許さん!」

侍「某も貴様の幼稚さにはもうこりごりだ!」

男「糞、なんで隣の家はあいつの(チラ)」

侍『……ふんっ(カタァン)』

男「あいつ今絶対鼻鳴らしてから襖閉めたな。窓からあいつが見えるなんて屈辱でしかないな」

男「そういうわけで僕は寮に来たんだ。ここはいいなぁ。あんなむさ苦しい女がいなくて」

無「今回の喧嘩の原因は何にせよ早めに謝っておけよ」

男「俺の宮崎あおいのサイン入りポスターを斬った罪は重い!」

無「確かに重いな。だけどどっちが悪いにしろ男のお前が先に謝った方がいいぞ?」

橙「よし!今日は女同士で飲み明かすよ!」

侍「すまんな黄、橙よ。あんな紙切れ一枚でかんしゃく起こす男などの家の隣に……」

侍「          あ          」男

男「色無さん、俺帰る。一気に空気が奉行所臭くなった」

侍「橙すまんな。ちり紙を崇拝する族とは同じ空間に居れん質なのでな」

男「と、見せかけて先に帰らせてまた戻ってきたはいいものの……」

侍「貴様……帰るんじゃなかったのか?えぇ?」

無「二人してまた寮に戻ってくんなよ」

橙「どっちからでもいいからさっさと謝っちゃいなよ」


男「機嫌治せよ。悪かったよ奉行所臭いとか言って」

侍「奉行所の臭いもかいだことないくせして何を言うのだ!」

男「あれはただのお前と同じ空間にいたくないことを表す比喩だったんだからさぁ」

侍「そもそも貴様はあんな壁掛けを普通に壁に掛けておくのが悪い!価値があるならしまえばよかろう!」

男「だって可愛いいんだも宮崎あおい……」

侍「某よりか!某よりかなの!」

男「うん。そこは否定しない」

侍「ええいっ!緑!眼鏡を貸せ!」

緑「あっ!」

侍「さぁ!これならどうだ!」

男「黒髪……ポニテ……眼鏡……」

侍「どうだ!」

男「……あぁ、うん。可愛いいよ。」

侍「ならこれは?(ハラリ)」

男「お前の黒髪ストレートは黒と被る」

侍「じゃあこれは!」

男「みつあみ眼鏡は田舎臭さを感じるがそこがまたいいな」

侍「じゃあ某がウェーブをかけたら?」

男「似合わん」

侍「なら某が」

緑「  眼  鏡  返  せ  よ  」

侍「(目付き悪ッ!)す、すまん」

男「だけどな、侍。お前にはお前の可愛さがあるんだ。俺はそのままのお前が好きなんだ」

侍「えっ?それは貴様……」

男「ただそのままのお前が宮崎あおいに劣ってるだけだから」

侍「キィいィィィィィィィィィィィィィ!!!!!!!!(スパァ)」







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 05:48:43