侍黒メインSS

冷「母上」

侍「どうしたのだ冷黒(クールブラック)?」

冷「母上はなぜ父上と結婚したのですか?」

侍「クーよ?なぜそのような事を聞くのだ?照れるではないか?」

冷「ただの興味本意であります」

侍「興味本意か。……好きだからかのう」

冷「……だけでありますか?そんな単純な理由だったら私に何人の父上がいるのですか?」

侍「例え我が子と言えど斬るぞ」

冷「意見すら言えない家庭に生まれて不幸です」

侍「クーはもう少し歯に衣を着せることを覚えよ。あとはだな……男らしいからか」

冷「……容姿などに興味はなかったのですか?」

侍「あったとも。奴は顔は良かったが変態だから女から引かれていたからな」

冷「それはただ単に母上以外の女を寄せ付けないためにそう振る舞っていたのでは?」

侍「そうかもしれぬな」

冷「母上は鈍感ですね。馬鹿だし」

侍「貴様もう……許さん!」

冷「あ、父上帰ってきた。父上ーおかえりなさいませー」

男「ただいまクー」

冷「なぜ馬鹿な父上は馬鹿な母上が好きになったのですかー」

男「んー。馬鹿同士だからかな。類は友を呼ぶってやつ。あと可愛いいから」

冷「らしいですよ母上」

侍「なぜに某に話を振る!」

男「この流れはお前のせいかよ。ったく(チュ)。はい、ただいまのチュー」

侍「馬鹿者……」

男「いいじゃん?いいじゃんすげーじゃん?」

侍「そこではなく口にするのだろぅ……」

冷「本当に馬鹿なんですね」


3月1日

男「なぁ。もし俺が転校するっていったらどうする?」

侍「なんだ?そんな有り得んことを言いおって」

男「まぁもしもの話だからあまり気にするな」

無「そうか、残念だな。侍黒には言ったのか?」

男「んにゃ、まだ。いう必要ないかなって」

侍「某がどうかしたのか?」

男「げ」

無「いやいやなんでもない。男同士の話だから気にするな」

侍「怪しい……まさか貴様ら……できておるな!」

男「なわけあるかい!」

放課後

侍「こどものこーろのゆめーはー」

橙「えっ!うっそー!男君本当に!」

黒「本当らしいわよ。色無がいっていたから多分……」

侍(男……なんの話かの?)

橙「それで?いつだって?」

黒「今週中らしいわよ」

橙「まさか男君、侍ちゃんに黙って行くのかしら?」

侍(行くだと?)

黒「さぁ?多分言わないんじゃなくて?色無が言うには未練が残るだとか。馬鹿な人」

橙「男君、他の女子には色目使うのになんで侍ちゃんに気付かないかなぁ。灯台元暗しってやつ?」

黒「私達も黙ってましょ。男君の転校は」

男『なぁ。もし俺が転校するっていったらどうする?』

侍「まさか……」


男「お?どうし」

パァン

侍「……」

男「……これは今だかつてないパターン。いきなりビンタですか?」

侍「(ギュ)馬鹿者!馬鹿者!このっ……大馬鹿者!」

男「抱きつくなりいきなり馬鹿はないだろ。心外だなぁ」

侍「なぜ某に黙っておった!」

男「……聞いたのかよ。情報流れんの早すぎ。悪かったな、黙ってて」

侍「うつけ!なんで言わんのだ!」

男「心配かけたくなかったんだよ。そのほうが転校するとき明日もまた会えます、みたいな雰囲気だせるし」

侍「出せるか馬鹿者!別れも告げず去ることがどんなことかわかった上で言っておるのか!」

男「……」

侍「残った者の事を考えよ!突然別れを告げられ納得できるか!」

男「ごめん……」

侍「なぁ……近いのだろう?また……また会えるだろう?すぐに帰ってくるのだろう?」

男「……」

侍「(ギュウ)いやじゃあ……!いやじゃあ……!嘘と言ってくれぇ……!」

男「……嘘ぴょーん」

侍「……無理せんでよい」

男「転校なんかしねえよ。今日エイプリルフールだし」

侍「……」

男「まだ信じないか……なら……色無さん!橙ちゃん!黒ちゃん!」

侍「っ!なぜ貴様達が……」

橙「侍ちゃん……感動したよっ!」

黒「私……ちょっと涙が……ふっ、ガラじゃないのにね……」

無「素晴らしい!感動したッ!」

侍「……まじで?」


男「ぶっちゃけた話が全部嘘なんだよ」

侍「じゃあ先月言った『もし俺が転校するっていったらどうする?』は」

男「あれ?今日のための布石」

無「教室で侍黒に聞かせるように話したのもわざとだし」

橙「廊下で聞こえるように話したのもね♪」

男「全ては計算ずくだったわけだ」

侍「(シャキン)このぉ……」

男「ふっ、その後お前が斬ってくるのもデータの」

カラァン

侍「(ペタン)ふぅ、ふぅ……えぐっ……」

男「あれ?」

侍「よかったぁ……男……どこにも行かなくて……よかったよぉ……」

橙「ごめんね侍ちゃん……ハハハ」

黒「確かにやりすぎ感はあるわね」

無「男……わかってるな?」

男「(ギュ)悪かった。今回はふざけすぎたよ」

侍「(ギュウ)男ぉ……(はぁと)」

男「侍……俺ずっとお前のこ」

侍「やっと近付けた。(シャキン)」

男「え?」


男「春と言えば!?」

侍「……桜?」

男「桜と言えば!?」

侍「……切ぷ」

男「花見だろコラァ!」

侍「ふふん、だったら最初から某と花見がしたいと言えばよかろう」

男「そこで!男さんからりぃぃぃぃぃずなぶるでえぇぇぇぇぇぇぇれがんとなぷぅぅぅぅぅぅらんがあるんだ!」

侍「うるさいのう」

男「それにはお前の力が必要なんだ。頼む侍黒」

侍「そんな目をしても無理……」

男「お前しかいないんだ」

侍「……わかった」

男「大丈夫だよ。あと少しでみんな来るし毛布に水に食い物あるし」

侍「これはただの場所取りではないか」

男「本来は一人一人物資を援助しなくてはならないところ俺らはこれだけで済むんだぞ」

侍「しかし春とはいえ寒いのう。寝てよいか?」

男「そういや桜の木のしたには死体が埋められてるって黄緑さんが言ってたな」

侍「……」

一般人「すいません、ここ少し詰め」

侍「   失    せ    ろ   」

一般人「あ、サーセン……」

男「うぅんいい感じいい感じ。それだよそれ」

侍「もし、もしもだぞ?今某が帰ったりし」

男「確実にドーンされるよ?」

侍「お釈迦様ぁ!」

男「毛布も一枚しかないから半分ずつなんて保育園かよ」

侍「変な所触ってみろ。某が桜の木の下に埋めてやる」

男「それにしても綺麗だな。ライトアップされた桜って」

侍「そうだのう」

                                     ぴと

侍「ッ!こら!言ってる側からどこを触っておる!」

男「あ、悪い!でも今の手だろ?変な所じゃないだろ?」

侍「そ、そうだが」

酔「おーいお姉さん、晩酌してくんない?」

侍「こういうのも夜桜の醍醐味よのう」

男「はいはいお引き取り願いますね」

酔「おう彼氏かい?お楽しみのところ悪いね」

侍「あ、誰か池に飛込んだぞ」

男「あんなのはしょっちゅうあるよ」

侍「おい、花火があがったぞ?」

男「あれもよくあることだよ」

侍「キテレツなこともあるのう」

男「でも花火と夜桜ってのもありだろ?」

侍「ふーん」

男「(ピト)……」

侍「ッ!こっこら……また手が当たっとるぞ……」

男「手ぐらい握っても」

ドサ

深緑「いたたた、今度はいつの時代ですかぁ」

侍「えっ!?えっ!?」

男「今何もない空間から!」


侍「いむぁぬぁんじだぁ?」

男「今ぁ?午前3時」

侍「なぁ寮の連中はいつ来るのだ?」

男「まだ慌てるような時間じゃない。色無さんなら……色無さんならなんとかしてくれる……!」

侍「周りを見てみろ。何が場所取りだ。一っ子一人いやしない」

男「確かに。灰のいたずらの可能性もあるからちょっと電話してみる。(プルルル)……(カチャ)あ、色無」

色『あうぅ。や、だめぇ。ぼ、ぼくおとこのこ』

男「(ピッ)……」

侍「色無はなんと言っておった?」

男「あと少しだって。……多分」

侍「それなら良いのだ。……くしゅん。ふぇ」

男「寒いのか?」

侍「寒いに決まっているではないか!糞、なぜこんな企画に……」

男「もうちょいこっち寄れ、俺も寒い」

侍「む」

男「いかん!あったかくて寝てしまった!侍黒起きろ!」

侍「(ダラー)おふぁよぅ」

男「涎を拭け!奇跡的に場所を侵略されてはないみたいだ。今8時か」

侍「結局寮の連中は来てな」

桃「あーいたー!」

黄緑「あらあら二人とも眠そうね?」

男「遅すぎ!何時だと思ってやがる!」

無「何時って2時間も早く来たのに何を言ってんの?」

侍「2時間?」

橙「そうだよ。今日の10時から花見の予定だよ?」

男「嘘?昨日の夜の10時からじゃないの?」

無「まさかお前ら昨日の夜からずっとここに……」

侍・男「うん!」

黄緑「まあまあお疲れ様。じゃ、お茶にしましょうか」

男「(プルプルプル)あぁお茶おいしい」

侍「(プルプルプル)温かいから胃にしみわたるのう」

水「二人とも震えてますけど……」

男「大丈夫大丈夫。ちょっと寝不足なだけハハハ」

白「二人とも目が充血してますよ?」

侍「緑よ、目薬を貸してくれんか?せっかくの花見なんだから桜を見ねばならんだろう?」

黄緑「そうそう朝御飯まだでしたね。侍ちゃんと男君にはちょっとだけお弁当あげるわ」

侍「かたじけない。しかし手が震えて橋が持てん」

男「ごめん……俺限界……(パタン)」

侍「寝るなぁ……寝たらせっかくの……せっかくの……(パタン)」

侍「ふぁ……」

男「みんな俺が起きた頃に帰ったぞ。一応飯と飲み物は置いてってくれたから後は俺達だけで楽しめってさ」

侍「ったく散々だった。やはり黄緑の料理はうまいのう。(パク)」

男「みんなと騒げなかったのは惜しかったけどな。俺も王様ゲームしたかったし」

侍「某は落ち着いて花が見れていい」

男「んーまぁたまにはそういうのもいいか」

侍「綺麗……」

男「なぁ」

侍「ん?なんだ?」

男「目の前にある大量のゴミとブルーシート寮まで持ち帰るの俺らの役目らしいぜ?」

侍「そうだとは薄々わかってた」


馴染みのないサムライブラック対談

紫「なんで今日男いないの?」

侍「奴は今日社会福祉委員会の集まりでまだ学校だから某だけで遊びにきた」

紫「何して遊ぶの?」

侍「貝合わせとか?」

紫「侍ちゃんは侍であって貴族じゃないんでしょ?」

侍「禁句だ。そしてなぜ寮は紫しかいないのだ?」

紫「みんな部活ー。今日に限ってだれもサボんないんだもん」

侍「そうか。某は来て良かったのか?」

紫「楽しけりゃ良かったって思うかな」

侍「そうか。じゃあ何をすればよい?」

侍「久々に制服来てみたが小さ」

紫「今なんて言おうとした?」

侍「キツイ。じゃあ次は紫の番だぞ」

紫「よし!どうだ似合うか!」

侍「……ダボダボではないか」

紫「きさまぁ!斬って落として(ガッ)……刀が抜けない」

侍「腕の長さが足りんのだな。しかし、袴を引きずる姿がまた……」

紫「言ってみよ!」

侍「可愛いのう。産まれたての猫を見ているような心境……」

紫「ちっちい言うな!」

無「お前ら何してんの?」

紫「色無!これどう!侍ちゃんの格好!」

無「えっ……あー……(ぶかぶかって言ったらまた怒るんだろうなぁ)」

男「ちゃーす。三河屋でーす。侍いなーい?」

侍「あ、男よ。久々に制服」

男「あ、黒?侍黒見なかった?さっきあいつ教室にいるっていったんだけどさ」

侍「……多分帰ったわ」


春休み終了1日前

侍「今日は楽しかったぞ。久々に遊園地にいけたからな。明日から学校だな。じゃあまた」

ギュウ

侍「な、いきなりどうした。手、離さんか」

男「嫌」

侍「……なら何か言う台詞があるではないのか?」

男「俺と付き合ってくれ」

侍「……だけなのか?今までのツケはそれだけなのか?」

男「お前のことずっと好きだった。いつもお前の事意識してお前の事しか頭になくて」

侍「(ポロ)馬鹿者……やっと言いおったか……」

男「これからも側にいてくれるよな?」

侍「(ギュウ)ああ!某はそのためにおる!これからもいつまでも貴様と一緒だ!もう離さんぞ!」

男「俺の台詞だよそれ」

侍「嬉しい……前以上に貴様といられるのだな!?」

男「うん、うん」

侍「……ん」

男「おまっ……積極的だなぁ」

侍「……早くせんか。死ぬほど恥ずかしいのだぞ……」

男「わかったよ。(チュ)」

侍「んっ……。ふぁ、明日から3年か」

男「ちょっとは楽しくなりそうだな」

始業式当日

男「ふぁあ良く寝れた。やけに夢見がよかったな」

侍「こら、早く起きないか!今日から2年だぞ!」

男「んん。なぁ昨日って何してたっけ?なんか大事なことを忘れてるような……」


侍「最近部活が流行りらしい」

男「何さ、またいきなり」

侍「某は剣道をしておる!」

男「今わかったことじゃないけどな」

侍「貴様も部活しろッ!」

男「え?やだよかったるい」

侍「何故だ!何故動こうとしない!某と共に爽やかな汗を流そうではないか!」

男「エッチならしたいよ」

パァン

侍「……」

男「……痛ぁ」

侍「部活しろ!」

男「だっていきなり部活しろだの汗をかけだの言われても困るって」

侍「某に任せろ!こんなこともあろうかと助っ人を読んでおいた」

男「それってもしやさっきから遠巻きに俺らを見つめてるあのコワモテの先輩達ですか?」

侍「その通り、空手部の猩猩緋先輩に柔道部の鉄紺先輩とボクシング部のベリーハード先輩だ」

男「ちょなんでみんな格闘系……アッー!」

侍「何を間違えたかのぅ……」

男「多分全ての格闘技を混ぜようとしたからだよ」

侍「それはないは」

男「じゃあこのビックザブドーみたいな格好をどうしてくれんだよ」

侍「すまなかった」


侍「春眠暁を覚えずとはこのことをいうのかのう」

男「ぐぅ」

侍「気持ち良さそうだの?」

男「……っふん」

侍「そういえば——」

橙『色無が無防備だったから寝てる間にオデコにちゅーしちゃった☆』

侍「……起きないな(ツンツン)」

チュ

侍「ふぅ、起きなかったな」

侍「……。あああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!(~)」

男「(ビクッ)……んお?」

侍「ほぉああああああああああああああ!!!!!!!(バキィ)」

男「あすっ!」

翌日

男「ねぇなんでいきなり俺のこと殴ったの?痛いんだけど?」

侍「うるさい!いつもの貴様ならあそこで起きた癖に何故起きんのだ!」

男「いや俺のせいかよ?」


教室にて

男「付き合ってくれ!」

教室内「えっ!?」

侍「いいぞ?」

教室内「はぁ!?」

侍「今日はどこへいくのだ?報酬として寿屋の草団子おごってもらおうか?」

黄「いきなり教室で電撃告白かと思ったよ」

侍「そうか?某はいつものことかと思うのだが」

青「なんでいつものなのよ」

侍「なんども言われてる台詞だし」

黄「もしかしてそのいくつかの中に本物が混ざってたりして?」

侍「本物?本物とはなんだ?」

黄「そりゃあね?」

青「ああ、男君ならあるかもねわ。ただそれに気付かないで……」

侍「言わぬなら斬るぞ貴様ら……!」

黄「もしかしたら男君が付き合ってくれ!って言ってるのに侍ちゃんが勘違いしてフッちゃってるんじゃないかぁ?」

侍「某は付き合ってやってはおるが?」

青「あのねぇ付き合ってって言うのは恋人としてって意味でね」

侍「それはないだろう」

男「これで6回目だよ。さりげなくフラレたの」

色「だから付き合ってくれ!じゃなくて好きだってこと言わないと」

男「だって好きっていうの恥ずかしいじゃん?」


侍「なぁ今日は黄緑が寮で霜降和牛のすき焼きをふるってくれるらしい」

男「マジか?俺も?」

侍「ふふん♪今日は某がいないと開場できんそうだ」



牛「モー」

黄緑「それじゃ頼むわよ」

侍「……何をだ?」

紫「侍ちゃんが牛を捌いてくれないとすき焼きが食べられないよ!」

侍「つまり某に……」

緑「屠殺よ」

侍「貴様達はその為に某を……」

黒「白、あと少しで精力のつくお肉が食べられるわよ」

白「侍ちゃん頑張って」

侍「白……命を知るそなたが命を粗末にするわけなかろう?」

白「……早く食べたいな」

侍「そんな……」

水「……」

侍「水、そなたならわかってくれるな?」

水「……じゅる」

侍「……貴様等は鬼蓄だ!(ダッ)」

赤「待ってよまだお肉が!」

男「ホルスタインが食えるわけないだろ、常識的に……おい?」

侍「……(ゲッソリ)」

男「あちゃー」


侍「黄緑が殺された時、部屋は密室であった。そして!この屋敷にいる全員が黄緑に何らかの恨みを持っておる!」

赤「つまり……この中に犯人がいるってこと?」

男「バカバカしい。俺は先に部屋に戻ってるぞ」

侍「待て!別行動は危険だ!」

翌日

男「ふぁ……みんなおはよう。朝飯何?」

侍「なんで生きておる?」

戦闘中

侍「糞!(キィン)これではきりがない!」

男「(パァン)お前は先に行け!」

侍「しかし」

男「なぁにすぐ追い付くさ」

20分後

男「なんだ?まだこんなとこで敵けちらしていたの?」

侍「最初から貴様に全部任せればよかった」

無「しっかりしろ!あと少しで衛生兵がくる!」

男「へへ……お、俺……故郷に帰ったらアイツと結婚するんだ……」

そして数ヵ月後

リーンゴーン

男「幸せかい?」

漆黒「えぇ」

男「あらゆるフラグを叩き折る、それが俺の能力」


侍「元来、命というものは無垢なはずだ」

男「はいはい」

侍「例えば貴様だ。昔はスポーツが好きなわけでもなく知的なわけでもないが人並みの生活をしてきたはずだ」

男「ひどいなぁ」

侍「それがなんだ!そんな貴様を見ればなんだ!このエロ本の数は!この変態め!」

男「ああん! [heart]

侍「某はそんな風に育てた覚えはありません!」

男「あのねぇ、俺が変態をオープンにしてるのにもわけがあるんだよ」

侍「興味深い」

男「例えばお前が俺以外の男を好きになったとするだろう?」

侍「そんなこと……!」

男「……はい?」

侍「ゲフン!なんでもない。続けよ」

男「極端な話その男とHしようとする時いきなり縛られたらどうするよ?」

侍「某にそのような嗜好はない!」

男「最初からそいつがそんな危ない奴ってわかってれば付き合うこともないじゃん?」

侍「つまり?」

男「つまり俺は俺の本質をさらしてるわけであってみんなそれに見合った対応してくれるじゃん?」

侍「初めからわかっておればそれ以上引かれることもない、そう言いたいのだな?」

男「ま、俺なりの人に対する配慮かな」

侍「理にかなったってはいるな」

男「つまり俺は生物的な部分が素直なだけで決して変態ではないのだ!」

侍「変態です!」

侍「何が素直だ。気持ち一つ言えんくせして……」


後輩「すいません副部長!」

侍「どうした?」

後輩「シャワー室故障しました!」

侍「故障したのならしょうがないであろう」

後輩「それはそうですが練習の後ですし臭いとか」

侍「そんな気にせん気にせん。どうせ臭いのはいつものことであろう?」

後輩「しかしいいんですか副部長?副部長の」

男「侍黒ー。帰るぞー」

侍「きょ……今日はいい天気だのう」

男「もう夜なんですけど?」

侍「……むっ、そうであったな」

男「言いたくないならあまり聞かないんだけど」

侍「なんだ?某に答えられることなら何でも聞くがよい。刀狩りか?」

男「何この距離?何で俺から少なくとも3メートルは離れて歩くの?」

侍「何をいいよる!我等の距離などいつもこんなものではないか」

男「俺が思うにいつも下手したらキスできるような距離だった気がするんだが?」

侍「なはは、そうだったかのう?」

男「……なんか俺悪いことした?」

侍「そんなことはない!断じてないぞ!」

男「なんか俺やらかしたなら謝るからはっきり言ってくれないか?」

侍「だから理由な」

男「頼む……!」

侍「……臭いのだ」

男「えっ?」

侍「部室のシャワー室が故」

男「俺?臭かった?ご、ごめん。そりゃあ嫌だよな。悪い……先帰っとくわ。はは」

侍「違う!貴様でなく某が!待て!違うのだ!」


男「では始めたいと思います。今日の議題は『何故水色なのか?』ですね?」

無「異議なし!」

男「では私から。やはり暗くなく明るくなく。そこらがいいのでは?」

無「確かに黒とかだと邪悪さがかいま見えますね。だけど黄緑なんてどうでしょう?」

男「……。ふむ、中々いいですねぇ」

無「しかしあまり見ないんですよねぇ。やはり水色がポピュラーなようです」

男「もはや世間一般は水色なようですね。だけど私黄色も見たことあるんですよね」

無「黄色……ですか?」

男「はい。黄色です」

無「では話は変わりますが歳のほうはどれぐらいかと?私はやはり少しロリぐらいが妥当だと思うんです」

男「否!誰にでも何にでも似合います!似合わなくてはいけないんです!」

無「君がそういうなら私は誤った偏見を持ったんですね……」

男「いやぁ私もそう思っていた時はありましたよ。多分誰しもあるんではないんですか?ハッハッハッ」

無「そろそろ結論を出しますか?」

男「そうですね。平たく言うなら『淡い色の縞パンは誰でも似合う!』こんな所ですかね?」

無「異議なし!」

男「ではこれにて第一回縞パン会議を閉じます」

無「そういえば6時からのスポブラ会議には出るんですか?」

男「えぇ。一応役員になってますから」


侍「そろそろ奥技を考えようと思う!」

男「うん」

侍「……冷たいのう。さておき奥技とあらば名前を」

男「先に技考えろ技を。我流で奥技を編み出す奴は大抵技を見てから名前が思い浮かぶんだよ」

侍「確かに。先に名前を考えてしまうとそれに捕われ幅広い技が編み出せなくなるのう」

男「やっとわかったかよしよしいい子いい子。(ナデナデ)」

侍「えへへぇ」

男「じゃあがんば」

侍「(ガシ)貴様も付き合うのだ」

男「えーっと、じゃあまずコンセプトを決めまーす。どんなものがありますか?」

侍「はい!」

男「はい、元気のいい侍黒ちゃん」

侍「かまいたち!」

男「死ね」

侍「……」

男「他にはー!他には誰かいませんかー!」

侍「はいはい!」

男「はい、明るい侍黒ちゃん」

侍「うさぎ流剣術!」

男「死ね」

侍「……」

男「他ー!他誰かいないー!」

侍「はいはいはい!」

男「はい、可愛い侍黒ちゃん」

侍「無明逆流れ!」

男「死ね」

侍「……」


カサカサカサカサカサカサカサカサカサカサ

侍「あ。ゴキ」

ドス ドスドスドスドスドスドスドス

侍「もうこんな季節になったのか……」

男「だからお前いつもやりすぎなんだよ」

侍「一撃喰らい死ぬまで苦痛を味わうより一気に絶えたほうがよかろう。某なりの手心だ」

男「確かに強固過ぎるのも問題だよな。あとお前ゴキブリ怖くないんだな」

侍「ふふんまぁな」

男「そういえば俺お前が虫で怖がってるとこ未だに見たことないな」

侍「某が恐れる虫などおらん!」

カサカサカサカサカサカサカサカサカサカサ

男「うぉ!またいたぞ!少しは部屋掃除しろ!」

侍「また某の刀の錆にし」

パタパタパタパタパタパタパタパタパタパタ

侍「ひぃッ!!!!!ひゃあああああああ!!!!!!!!(ブンブンブン)」

男「おい!刀振り回すな!危」

スパ

侍「ふぅ……。某に特功なぞ……。貴公の覚悟、中々のものであった。少々肝が冷えたぞ……」

男「ったく。恐れる虫はいないんじゃねぇのかい?」

侍「某は空中戦は不馴れだ。某にも羽が生えていれば話別なのだが……」

男「そういう問題じゃないだろ」

パラ

侍「あ」

男「……あ、前髪……」

侍「……すまん」

男「はぁぁぁぁぁぁぁぁ。またかよぉぉぉぉぉ。どうしてくれんだよまたおかっぱじゃぁん!」

侍「あ、いやすまん。兜貸すから」

男「またクラスでブチャラティって言われるよぉ。ハァぁぁぁ」


侍「んぁぁっあああ!!!!!!!(ジタジタジタジタ)」

男「(窓の外から)……」

侍「なに?今のは当たったであろう!もうなんでぇ!」

男「(窓の外から)……」

侍「今の当たれば勝ったのだぞぉ!あぁ!」

男「(カラカラ)あのぉ」

侍「うわっ!いつからいた!」

男「お前ゲームで負け始めた頃からかな?」

侍「……見たのか?」

男「お前ゲームで負けたぐらいでダダこねるなよ」

侍「だって今の当たれば」

男「見てたのが俺だったからよかったものの他の奴だったら気○い扱いされてたな」

侍「だってあれは」

男「俺ゲームに腹立ててコントローラー叩き付ける奴初めてみたし」

侍「……( ///)」


侍「うひゃひゃひゃひゃ天罰じゃ天罰!普段言動に節操がないからこうなるのだぁ!」

男「うるせぇなぁ。人が風邪ひいたから見舞いに来たと思ったらそれか?あぁ?」

侍「弱った貴様を眺めるのは実に壮観よ!きっひっひっ!」

男「お前なぁ。……まぁ早く気が済んだら帰れよ。寝る。(ゴロン)」

侍「言われなくとも元よりそのつもりだ!」

男「……」

男「うんっ……。あ?まだいたのか?」

侍「今手拭いの水を入れ換えた所だ。大分汗をかいていたからな」

男「あぁ悪い」

侍「それは言わないお約束だ。あと勝手に下着を拝借させてもらった。着替えるがよい」

男「そうだな」

侍「あと少し部屋の換気もした。某まで風邪をひくなんてオチはしたくないからな」

侍「ほれ、口を開けい」

男「それぐらいは一人でできるんですけど。まぁ、あーん」

侍「うまいか?」

男「ごめん。今あんまり味感じないんだ。本当に悪い」

侍「風邪なのだからしょうがない。薬も用意しておくぞ」

男「おう」

侍「(ゴシゴシ)よし、次は腕をあげよ」

男「あぁ気持いい」

侍「これでよし。体は拭いたから早く服を着ろ」

男「侍黒、ありがとう」

侍「そういうなら明日ちゃんと学校へくるのだな」

男「そうだな」


赤「あはははは、色無身体固いねー。ほら、もっと曲げて!」

無「痛てててて! おい押すな、これ以上無理、もう無理だって痛たたたた!」

男「……」

男「赤〜、ほら見てくれ、俺って身体柔らかいんだぜ。べた〜っとな」

赤「うわ、きもっ! 軟体動物?」

男「……」

無「やっべ、物理の教科書忘れて来ちまった……」

青「もう、しょうがないわね……ほら、机くっつけなさいよ、見せてあげるから」

無「え? でも迷惑だろ? 隣のクラスにいって借りてくるから……」

青「私がいいって言ってるんだからいいのよ! 別のクラスに恥をさらされたらクラス委員の私も恥ずかしいんだから、早くしなさい!」

男「……」

男「あ、どうしよう、せいぶつのきょうかしょわすれてきちゃった」

青「……何こっち見てんの? 早く誰かから借りてこないと休み時間終わっちゃうわよ」

男「……」

無「ぷぷ、ほんと紫ってお子様だよなー。背も低いし、とても同い年とは思えねーよ」

紫「むっかー!! ちっちゃいって言うなー!!」

男「……」

男「それにしても紫ってちっちゃ——ごふっ!!」

紫「もう一度ちっちゃいって言ったら……殺るよ?」

男「は、はい、すみません……」

男「なあ……俺と色無って、何が違うのかな……」

侍「スタンド能力には相性がある。『フラグクラッシャー』は『フラグメーカー』には決して勝てぬ定めなのだ」


侍「〜♪」

男「やけにご機嫌じゃない?そんなに桜見たかったか?」

侍「そうかの?いつもの感じだとは思うが?」

男「いや、そのテンションの高さはおかしい」

侍「やはり桜は綺麗だ」

男「地味に誤魔化すな。お前のその気持ち悪いテンションの源はなんなんだ?」

侍「気持ち悪いとは心外だ。桜を見たいと某を誘ったのは貴様だろう」

男「なに?その異常なテンションは俺のせいかよ?」

侍「自分の胸に聞いてみよ」

男「うーん」

男『桜キッス!』

侍『なんだいきなり。某はまだ眠いんだが?』

男『桜見に行こ?』

侍『あー前に寮の連中と花見をしたであろう?パスだパス。』

男『やだやだ桜見るの見るのぉ!』

侍『うるさいのぅ。』

男『俺はお前と二人で見たいのぉ!』

侍『えっ……!』

男『いいだろ?』

侍『んっ、まぁよかろう。支度をするから待っておれ!』

男「あっ!今朝のあれか!」

侍「思い出し」

男「いや?待てよ……?あ、ごめん。多分記憶違いだわ」

侍「……てぃ。(スパ)」

男「危なッ!何で!?」

侍「……冷めるなぁ」


侍「刀が鳴いているだと……!」

男「急にどうした?」

侍「まさか、『いる』というのか……!この学校にもッ……!」

男「えっ?なんかいるの?」

侍「貴公にはわかるまい。我と同じ力を持たぬ貴公には……」

男「何言ってんのお前?」

侍「……近い」

男「近い?何が?」

侍「ぐっ!静まれ!」

男「……」

侍「はぁはぁはぁ……!不味い『気』にあてられ過ぎたか……」

男「すいませーん。誰か心の病のお医者さんいませんかー」

灰「……調合失敗」


男がもし自分の特性(?)を活かしていたら

侍「どうやら某は難病にかかってしまったらしい」

男「へぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇ。12へぇ」

侍「笑い事ではない!某の脳では今も病は進行しておるのだ!某は一生刀が握れなくなる可能性も……」

男「一応聞いとくけど治る確率は何パーぐらい?」

侍「1割にも満たんそうだ……」

男「ああ治る治る。低確率で治る病ってのは医者が治した時に患者からの恩情を受けるためのガセだから」

侍「レントゲンを見たのだが相当進行しておるようだったが……」

男「それで手術はいつだ?」

侍「3日後」

男「あー。その日寮で合コ……パーティーだから立ち会い無理だわ。悪い」

侍「某の事などどうでも良いのだな……」

男「……。ふぅ、よし!お前が治ったら一緒に名古屋城見に行くか!」

侍「……本当か!飛行機代も請け負ってくれるのか!」

男「約束するよ。だから侍黒ちゃんは治る事に専念しなさい」

侍「絶対だぞ!」

10日後

男「だから治るって言ったろ?」

侍「……なんか普通に完治してしまってすまない」


侍「色無に他人の匂いをたしなむ嗜好があったとはな……」

男「それは違うな」

侍「何ッ!」

男「お前は女とすれちがった時、ふといい香りがしたと思ったことはないか?」

侍「あるある」

男「実はそのいい香りは侍黒、お前からも出ているんだ」

侍「そんな匂いをかいだことないぞ?」

男「俺の推測なんだが女からしたら自分の匂いは自分の家と同じなのだ」

侍「つまり?」

男「自分の匂いには気付かないものなのだよつまりは」

侍「成程……確かに説得力はあるな。しかし某も本当にそのような香りが出ておるのか?」

男「(スゥー)……」

侍「どうだ?」

男「なんか……防虫剤の臭いが……」

侍「……」


男(ジー)

侍「何を見て」

男「シッ!静かに……!」

侍「……」

男「見えたあッ!」

侍「なっ、何が見えたのだ?」

男「身長が152センチでAカップ、口癖である『ばかものー!』の台詞と共に刀で斬りつけてくるお前の姿が……」

侍「……。なんだまた妄想か」

男「俺の妄想力ならクラスの女子全員を見るだけで裸体をも透視で」

侍「てぃ!(ドス)」

男「きっ!(パタン)」

侍「峰打ちだ。クラスの視線が冷たくなってきたのでな。頼む、某の顔を泥を塗らないでくれ」

男『ん……ここは俺の家?そうかまだ朝』

侍『こらぁ!いつまで寝ておるうつけめ!』

男『そうか……お前……』

侍『何を寝惚けておる!遅刻したいのか!』

男『俺さ』

侍『ん?』

男『お前が側にいて良かったと思うよ』

侍『ばっ、馬鹿者!何を……!行くぞッ……!』

男「ふふふ……うふふふふ……」

侍「……気絶しても妄想しとるのかこいつは」


青『どう、気持ち良い?』

無『あぁ……膝枕してもらってるうえに耳掻きまでしてもらえるなんて……』

青『ふふ、たまにはいいでしょう?』

侍『|ω・`)ジー』

男「はぅ!そこぉ!いいッ!」

侍「ここがよいのか?どれ」

男「しかしどういう風の吹き回しだ?膝枕&耳掻きなんて」

侍「普段の某の狼藉の詫びとしてだ」

男「罪悪感あったのかよ。奇跡だな」

侍「……。貴様の鼓膜は某の手中にあることも忘れるな」

男「おまっ……!卑怯だぞ!」

侍「それはさておき反対の耳に移るぞ?立て」

男「このまんまゴロンってひっくり反っちゃダメ?」

侍「そうなると見てくれ的に危ないではないか。立ってまた外側向いて寝転がるがよい」

男「はぁい。あぁ侍ちゃんの膝枕柔らかぁい。(ドス)ウッ」

侍「さて、次はどこからせめて欲しい?」

男「侍黒さん?目が怖いですよ?ねぇ?」

侍「貴様がふざけるからだ。おとなしくしておれ」

侍「まぁこんなところだろう。さ、頭を上げよ」

男「……」

侍「貴様……いいだろう……某の奥技を……ん?」

男「すぅー……」

侍「そんなに気持ち良かったのか?……寝顔はかわいらしいのにのう」

男「ふへぇ(ダラー)」

侍「うわっ涎ッ!何をする貴様ッ!」

男「(ゴン)ふぉッ!」


侍「貴様、この大型連休はどこかへ行く予定あるのか?」

男「いや、何もないからさっきTSUTAYAでうたわれるものDVD全巻借りてきたんだけど」

侍「お主は暇よのう」

男「じゃあお前なんか用事あんのか?えぇ?」

侍「某も用事なぞ一切ない」

男「人の事言える立場じゃないよな?」

侍「しかしこの大型連休をたかがDVDなぞで乗りきろうとは笑止千万。もっと計画的に使えんのか?」

男「例えば?」

侍「遊園地に行くなり映画を見るなり動物園に行くなりあるではないか」

男「だるい。パス」

侍「他に日本の歴史の博物館に行ったり城を見に行きたくはないのか!?」

男「なんで休みにそんなとこ行かにゃならん」

侍「なっ、ならただ友人と一緒に遊ぶなんてはどうだ!?買い物へ行ったり刀を吟味したり!?」

男「それもいいんだけど金かかるからパス」

侍「(プルプルプルプル)死ねッ!」

男「アツッ!」

侍「おかげで某の予定もなくったではないか!せっかく某が誘ってやったというのに……!」


TV「子供のこーろのゆめーは」

男「……そんな目で俺を見んな」

侍「……ぶー」

男「なんで膨れる。つつくぞ?」

侍「お外に出ーたーいー」

男「勝手に出てけばいいだろ。俺を誘う意味あんの?」

侍「一人はつまらん」

侍「イッチ、ニッ、イッチ、ニッ!(ブンブン)」

男「いい加減後ろで素振りすんのやめて」

侍「だって暇なんだもん」

男「だからって部屋で素振りすんな。天井スレスレじゃん」

侍「当たってはいない」

男「まぁ何かぶっ壊したら体で弁償な。ガチで」

侍「犬も歩けばー棒にー、はいっ!(ペシ)」

男「次は何だ!?一人百人一首か!」

侍「(ボソ)一人でやるとつまらんのう……」

男「当たり前だ!」

侍「切腹しようと思う」

男「はいはい勝手にしてください」

侍「いいのか?本当に切腹するぞ?本当にするんだぞ?(ユサユサ)」

男「ああ!もうわかった!わかったよ!行くよ!外出りゃいいんでしょ!」

侍「初めから素直にならんか」

男「……」

男(こんなに女を殴りたいと思ったのは初めてだ……!)


侍「どうした元気がないぞ?」

男「無理矢理外界に引きずりだされたこっちの身になれ」

侍「細かい事をグダグダと、男なら一度決めた決断に後悔をするな」

男「むかつく野郎だ」

侍「むっ、この刀……よしこの店に入るぞ」

男「勝手に行け」

侍「貴様も来るのだ!(ギュ)」

侍「ふぅ、将来的には今の様なブランド物の刀を持ちたいなぁ」

男「ブランドもクソもあるかよ。どれも新聞に載ってる通販のやつと」

侍「あ!この服……行くぞ!」

男「どうせいつも着ないでお古」

侍「早くこい!(ギュ)」

紫「あれ?侍黒ちゃんじゃん」

無「お前ら……何してんだ?」

男「色無さんに紫ちゃんこそ。逢い引き?」

無「いや、くじで今日の午後は紫と買い物って決まったからこうしてるだけ」

紫「『だけ』ってなんだ!」

無「お前らこそ何?手なんか繋いじゃって。とうとうゴールか?」

男「手……?あ……いつの間に」

侍「こやつがいつまで立っても某の後に付いてこないから某が引っ張っておるのだ。甲斐性無しめ」

男「……」

侍「(ジー)……。顔が赤いぞ」

男「はっ!」

侍「今少しだけ外に出て良かった、と思ったであろう?」

男「はぁ?だっ誰がンなこと思うか!」

無「……素直じゃないなぁ」


侍「さっきより機嫌悪くなっておらんか?」

男「べっつにぃ」

侍「無理矢理お主を連れ出したことは謝る。しかし何もそこまで怒ることはなかろう」

男「怒ってないしぃ」

侍「眉間にしわが寄っとるぞ?」

男「はいはい正直怒ってます。だってよく考えてみろ押し掛けられたと思ったらこれだぞ?」

侍「……すまん」

男「ったく自分勝手もいいとこだ。俺のこと少しも考えちゃいないもんな」

侍「それはそうだったかもしれぬが」

男「人のこと散々引っ張り回していい迷惑だ」

侍「そんな……そこまで……!」

男「……ほら家着いたぞ。お互い今日は頭冷やそうぜ?」

ガラッ

男「おーいこら俺の部屋に木刀忘れてったぞー」

侍「ッ!……あ、何をしに来たのだ?」

男「お前さっき俺の部屋に素振り用の木刀忘れていったろ。ほら」

侍「ははは、すまぬ。ちょうど探しておったところだ」

男「そうか。なら良かった」

侍「迷惑をかけたな、さっき言われたばかりなのに」

男「あ、それなんだがさっきのは俺が悪かった。忘れてくれ」

侍「……あぁ、端からそんなもん気にしとらん!気にするな」

男「いや悪かった」

侍「だからもういいと言ったであろう。さぁ某は風呂に入るから帰った帰った」

男「……まぁ、今のとこ一件落着か」


5月2日学校

男「と、いうわけで手を繋いじゃってたのさ。なぁ?」

侍「……う、あぁ」

男「ったく自分からやっといて照れんなよ」

侍「はは、そうだな」

無「……」

侍「……」

無「お前侍黒となんかあったの?」

男「……バレた?」

無「侍黒の調子おかしかったからな」

男「でも一応済んだ感じなんだけど」

無「……それはないだろ、常識的に考えて。何あったの?」

男「実はカクカクシカジカで……」

無「……カクカクシカジカじゃわかんないよ」

男「……」

無「そりゃまずいよ。特に最後の『迷惑だ』とか」

男「こっちの身にもなってよ。迷惑極まりないって」

無「お前なぁ、侍黒がお前を無理矢理連れ出す理由わかる?」

男「大方予想はできるけど俺には俺の時間があるわけで」

無「わかってながらそれを言うお前は最低だな」

男「……カッチーン」

無「見てて思うけどさ、どっちかがはっきりしないと自然消滅するぞお前ら」

男「だって恥ずかしいし」

無「侍黒は意思表示したと思うんだけどなぁ」

男「……はいはい」


後「先輩、先輩の彼氏来てますよ」

侍「付き合っておらん。貴様、何しにきた」

男「あーいやぁ、一緒に帰りたいな……なんてさ」

侍「……待っておれ」

男「今日はいい天気だからさぁ。なっ!」

侍「今は夜だしその台詞は前に某が言った台詞だ」

男「なはは、そういや部室のシャワー直ったんだな?侍ちゃんからいい香りがするぅ」

侍「……」

男「……はは。……よし!」

侍「?」

男「俺と付き合ってくれ」

侍「ん?どこへだ?」

男「そっちじゃなくて!彼氏彼女の事情の方!」

侍「……。……はあぁッ!!!」

男「いっいいか!俺はぁ、なっ!ほっ本気でいい言ってるからな!」

侍「……某の機嫌とりならいいぞ気にしとらんからな」

男「んっ……まぁそれもあるが……あれは俺が悪いし言い過ぎたと思うし……とぉにぃかぁくぅ!ごめん……」

侍「……ふんッ!わっ、わかれば良いのだ!」

男「やっといつもの調子だ。で、それで?」

侍「それで?とは?」

男「いやその……ですね。僕とのお付き合いの……」

侍「……。(ニタァ)そういえば肝心の言葉を聞いていないのう?『付き合ってくれ』だけでは足りんのではないか?」

男「お前なぁ……それより先がどれだけ言いにくいかわかって言ってんのか?」

侍「早うせい。帰るぞ?今日のこの事明日クラスの連中にいいふらすぞ?」

男「最悪最低悪魔鬼畜ッ!」

侍「吉報になるか凶報になるかは貴様次第だぞ?」

男「……」


無「昨日一緒に帰ったんだってな?」

男「フフフ……それがですねぇ……」

無「どうした?まさか告ったか?」

男「……そうなん」

無「まぁそれはないよな」

男「……」

黄緑「まぁ、二人とも仲治りしたんですね」

侍「ん?うむ、んー……」

男「僕達!付き合ってるんです!」

侍「なっ!馬鹿者!」

黄緑「……侍ちゃん?それは本当なの?」

侍「……ん、まぁその通いだだだだだだだだだ!!!!!」

黄緑「(キリキリキリキリ)嘘つきは泥棒の始まりですよ?」

茶「へぇ、侍ちゃんと男君はお付き合いし始めたんですかぁ。おめでとうございます。(ペコ)」

侍「ああ、ありがとう」

白「二人とも仲良しですもんね」

男「これからはどんどん発展したいと思っております。主に体について」

黒「ちょっとあなた達、白に変なこと吹き込むのはやめなさい。茶、この二人のこういう話の7割は嘘よ」

茶「ひっ……酷いです二人とも!」

侍「……」

男「……お前が日常的に奇行をするからだろ」

侍「貴様が普段人を食い物にしとるから!」


男「おーいデートしよー。残りの4日フルに使って」

侍「んふっ……ふぁ……」

男「デートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデート」

侍「ぅるさい!耳元で呟くでない!」

男「やっと起きたか。僕とデート行ってくれる?答えは聞いてない」

侍「何故に寮なのだ?」

男「だって悔しくない?学校じゃやけに無駄に否定されたし。あ、空ちゃんコーヒーいれてくれない?」

空「はーい」

侍「しかし何故GWなのに寮の連中は実家に帰らんのだ?」

空「それはですねぇ、色無先輩が実家に帰らないからですよ」

侍「親不孝者共め」

青「親不孝とは失礼ね」

男「あ、ツンデレ。ったく、なんで姉妹でこんなに性格が違うんだか。妹はこんなに素直でかわいいのに……!」

青「余計なお世話です!大体あなた達こそなんなのよ!休日に寮に押し掛けてきて!」

侍「どうせ色無は他の奴と遊びほうけているのであろう?順番が回るまで話しているのも悪くはないではないか」

青「あなた達見たいな人にはわからないでしょうけど私達は」

男「あれ?白と黒いんじゃん。でも……」

侍「どうした?白と黒?」

男「目の前にいるじゃん。だけどなんか……小さくね?」

侍「某の前には浮いてるたい焼きだけが見えるんだが」

空「あれ?男先輩はしろちゃんとくろちゃんが見えるんですか?」

男「一応。ほら、こっちおいで。かぁいいなぁ」

侍「某には迫ってくるたい焼きしか見えんのだが」

しろ「おさむらいさんはまだすなおじゃなぁい」

くろ「おとこだけすなおになった」


男「いるじゃん。ほら(ナデナデ)」

しろ「ん」

くろ「きゃ」

侍「たい焼きは見えるが白と黒なぞどこにおる(スゥ)」

男「なぁぁぁぁぁぁ!!!!!手がぁ頭にぃ!!!!!」

空「侍先輩!手がくろちゃんの!くろちゃんの頭に埋まって!」

侍「ん?(スゥ)」

男「それ以上手を下げるな!顔が!顔が!」

青「あなた達が付き合い始めたのって嘘じゃなかったんだ……!」

空「二人とももうキッ、キスとかは」

男「γまでいった」

侍「いっとらんいっとらん。一昨日からだからな」

空「でもなんで侍先輩は二人が見えないんですかね?」

男「多分俺から告白したからじゃね?」

空「それです!男先輩は素直になったけど侍先輩は素直になってないんです!」

男「それはあるな。お前は俺の言った台詞に対しての言葉が」

『フハハハハ!やっと言いおったか!仕方ない、貴様がそういうなら某が特別に付き合ってやろう!』

男「だぞ?どうよ第三者から見て?」

空「ズバリ侍先輩も男先輩に好きと言うべきです!」

侍「恥ずかしいのやだし」

男「お前には見えないだろうがしろとくろ、足元でお前のこと蹴ってるからな」

侍「……もう帰っていいか?」

青「いいえ!侍黒は私の部屋に来なさい!空もよ!男!あなたはここに残ってなさい!」

青「ねぇねぇ、どういう風に告白されたの?」

空「もうエッ……エッチとか……」

侍「お前ら死ね」


バタン

男「お前ら!人の彼女にそんなこと聞いてどうする!」

緑・黄・橙・青・黄緑・紫・空・朱・群「ん?」

男「……」

男「増えてるうぅぅぅ!!!!!!!!!!」

黄「君達を見てて前々からじれったいと思ってはいたのだよ」

橙「しかし何で侍ちゃんはこんなダルそうな男を好きになったんだろうねぇ」

侍「貴様らには関係ない」

紫「じゃあさ、何で男は侍黒が好きなのさ?」

男「かわいいからだろ常識的に考えて」

緑「しかしどの様な状況からいきなりここまでの発展をとげたかを聞きたい」

侍「緑よ、その帳面はなんなのだ?」

緑「……参考に」

侍「じゃあ頼んだぞ」

男「お、俺かよ!?」

侍「だってそなたからであろう?告白してきたのは?」

男「前の休みにちょいと喧嘩?みたいなのしちゃって、それを色無様に悟られてこう言われた」

『わかっていながらそれを迷惑と言うお前は最低だ』

                      by色無

朱「確かに最低だな」

男「俺もそう思いました。こいつは俺に積極的だったから次は俺が答えなきゃって」

侍「……馬鹿者。」

男「なんでお前が赤くなる?あ、でも俺一つ思ったことあるんだけど」

青「何よ?」

男「いや、みんなの好意を一身に受けてながらもそれに気付かない色無さんにそんな台詞言われたくねぇなぁって」

全員「……(´・ω・`)」


侍「やっと解放か」

男「俺は連中に周知することできたから満足満足」

侍「しかし某が気になるのは見えざる白と黒なのだが……」

男「いるんだって紫ぐらいの身長の白と黒が!」

侍「わかったが何故某には見えん?」

男「単純に素直じゃないからだと思いまーす」

侍「……その白と黒は可愛かったか?」

男「和服着ててまんま小さい頃の白と黒って感じだよ」

侍「……今から吐く台詞は貴様に宛てたものではなくその白と黒に会うための言葉だ。勘違いするな」

男「どうぞどうぞ」

侍「……好きだ」

男「はいはい」

侍「いつも某に世話やかせるくせに頼りないくせに変態のグズだが……某に優しくて普通に扱ってくれて……

   いつも某の見方で側にいてくれて……好きで好きでっ、堪らなく好きで……」

男「もう十分だ。(ギュ)てかお前自爆すんなよ、泣いてんじゃねぇか」

侍「泣いてなぞおらん!これは汗だ!」

男「(ペロ)しょっぱいな。確かに汗だ。しかし目から汗が出るなんて難儀な体してんな。乙」

侍「貴様……!貴様こそさりげなく某の胸を己の胸板に押し付けるな!」

男「あはぁ?ばれた?」

侍「貴様ぁ!(シャキン)」

無「何してんだあいつら?」

水「さぁ?でもいつもの感じが出てていいと思います」

無「俺達も早く寮に帰らなきゃな」


侍「(ドキドキ)……たのもー……」

空「(ソー)わっ!」

侍「ひゃぁ!」

空「どうしたんですかっ先輩♪」

侍「おどかすでない!さて、白と黒はどこにおるかわかるかのう?」

空「黒先輩と白先輩は軽井沢の別荘で療養中」

侍「違う違う。小さい方の白と黒だ」

空「二人なら今頃黄緑さんのお手伝」

しろ「そらー」

くろ「おふろはいろー」

空「あら、お手伝い終わったの?ほら先輩……先輩?」

侍「……なんという」

しろくろ「?」

侍「なんという愛くるしさ!この世にこの様な者が存在していたとは!(スリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリ)」

しろ「あうぅ」

くろ「くふぅ」

侍「さらさらな髪に柔らかい頬!なんという!なんという!(パシン)痛っ!何をする!」

男「そろそろ危ない気がしたから」

無「えっ?マジで付き合ってんの?」

男「だってほらおいで」

しろ「(パタパタ~ドサ)ん」

男「(ナデナデ)この子ら見えるのが何よりの証拠でしょ?」

侍「よし!某はしろくろと風呂に入ってくる!待っておれ!」

男「いってら」

男「さて、じゃあ僕も入って」

無「やめろって」


侍「むう、たまには寮の風呂もいいな」

男「しろちゃんくろちゃん、ちょっと来てくれないかな?」

しろくろ「はーい」

男「(ヒソヒソ)ここだけの話だよ?おねちゃんの体どうだった?」

しろ「おねちゃんきれーだったよ」

くろ「髪長かった」

男「他はどうだっ」

侍「某も混ぜてくれよ、その会話に」

男「さささささ侍さん?なんか目が怖いででででですよ?」

侍「さぁくろちゃん、しろちゃん、髪乾かそうか」

男「はぁ」

侍「ったく子供からそのような事を聞き出そうとはけしからん!」

男「地味に反省しております。しかしいつかはあんな可愛い子供が欲しいなぁ」

侍「その気味悪い笑みを抑えてから言え。視線があからさまに某の体だけに向けられてるんだが?」

男「いやぁ安産型かどうか見てただけですよ」

侍「大体貴様は……は……っくしゅん!」

男「ったくまだ夜は寒いからな。ほら、着てろ」

侍「すまない。……大体貴様は」

男「くしっ!」

侍「なんだお主も寒いのではないか。無理をするな。上着は返」

男「いいから。お前こそ風呂に入ったあとなんだから風邪ひいちまう」

侍「かたじけない。……大体貴様は……貴様は……忘れてしまったではないか!」

男「俺のせいかよ!」

侍「まぁ上着に免じて今日のところは許してやろう。特別だぞ?」

男「はいはいありがとさん」


闇「とぅ!」

侍「(キィン)母上!」

闇「聞いたわよ!男君とお付き合いし始めたんだってね!(シュ)」

侍「(キィン)お陰さまで!」

闇「友達に教えるのもいいけど(シュ)」

侍「(キィン)ぬっ!」

闇「お母さんに言ってくれないなんて寂しいじゃない!(シュ)」

侍「(キィン)言うとあーだのこーだの聞いてくるではないか!」

闇「(シュ)本音をいうなら最近出番なくて寂しかったんだから!」

侍「(キィン)一生出なくてよい!」

男「あの……そろそろ僕も会話に混ざっていいですか?」

闇「まだご飯食べてなかったんでしょ?たーんと食べなさい」

侍「……」

男「……俺はトロロで侍には赤飯ですか」

闇「二人に聞くけどぉ。もう……した?」

侍「それが母親の言う台詞かぁ!」

闇「だって10代の付き合いなんてそんなもんじゃない」

男「言っときますけど自分は侍黒が好きだから付き合ってるんですからね」

侍「い、いきなり何を!」

男「だから体だけなんて考えは一切ありません。お付き合い、認めてもらえますか?」

闇「……臭っ」

男「(カァァ)僕、おいとまさせてもらいまーす」

闇「良かったじゃない?好きなんだって」

侍「ふんっ!しっ、知るか!」


 デート中

侍「む?あれは色無ではないか?」

男「おーい色無(気違い)さーん」

無「よう、早速ラブラブだな」

橙「いいなぁ二人とも」

侍「おや?また色無がおらんか?」

男「次は黒か」

無「ん?ほんとにお前ら仲いいな」

黒「チッ」

侍「まーた色無か」

男「好色無め!」

無「俺は悪くねぇよ」

黄「まぁまぁカレー食べようよ?」

男「俺思ったんだけどさ」

侍「奇遇だな。某もな」

男「色無さんは誰とも付き合わなくていいよな」

侍「うむ、ダブルデートしたときの新鮮さがたまらん」


男「だりぃ」

侍「何を言っておる!」

男「流石に4連休のあとはだるいよ」

侍「確かにそうだが」

男「よりによって月曜だぜ?水曜とかならまだしもよ。せめて火曜にしてくれよ」

侍「……某もなんかだるくなってきおった」

男「はい、これ」

色「サンキュ。でも最近お前趣味変わったよな」

男「まぁ……」

色「彼女できたからかえぇ?」

侍「それを見るかぎりエロゲのようだが?何が趣味変わっただ」

色「彼に失敬だぞ!」

男「そうだぞ!前は抜きゲーしか集めなかったが今は感動物しか集めてないぞ!」

青「あんたら最低!」

男「あーん」

侍「……何をしておる?」

男「恋人同士っていったらまずこれじゃん?あーん」

侍「するか」

男「あぁん!あぁっ!あっあぁん!あぁん!あん!あぅん!んあっ!あぁん!」

侍「ほら、あーんしろ?」

男「ごめん!冗談!冗談だから刀の先におにぎあぐぅ!ぐううううう!!!!!」

侍「ほらどうした?噛まんと喉に詰まらせるぞ?噛んだら噛んだで口が縦に裂けるがな!」


部「侍黒、ちょっといいかい?」

侍「どうしたのでしょうか部長殿?」

部「何があったかわからんげどな。最近妙に士気が下がってる気がするんさ」

侍「そ、そうでありますか?」

部「副部長たる君に頑張ってもらわんと私困るわけなのさ」

侍「……精進します」

侍「こいつのせいであろうな」

男「何がだよ?」

侍「某は最近部活で傍目から見て弛んでおるらしい」

男「ふーん。で?」

侍「某はその状況を自力で打破しようと思う!」

男「鼻息荒げるのはいいけど具体的にどうすんの?」

侍「まず必要以上の馴れ合いはせん!そして貴様からもなるべく某に絡むな!」

男「はーい」

部「今日は昨日より活力なくなっとるね?何が君をそうしたのさ?」

侍「……はっ!す、すいません!少しぼーっと」

部「明日こそ頼むよぅ?」

男「まぁ目に見えた結果だけどな」


先「はいじゃあ席替えしまーす」

侍「隣が貴様とはな」

男「まぁロマンスの神様の粋な計らいだな」

侍「そうくるとやはり後ろか」

男「うん。やっぱり後ろの組み合わせが最悪だ」

侍「後ろは黒に青、前をよく見れば黄緑と紫の凶悪親子ではないか。正に前門の虎後門の狼」

男「俺が加藤鷹なら死亡フラグビンビンだ」

侍「すまぬが消ゴムを貸してくれぬか?」

男「ほい。(チラ)」

黒「……何?」

男「なんか嫌味いうのかなぁって」

青「別に……ねぇ」

男「やべぇ、教科書忘れちまった」

侍「しょうがない奴め。机を寄せい、某が見せてやる。(チラ)」

黄緑「あら?二人とも仲いいですねぇ」

侍「まぁな。(ドキドキ)」

黄緑「……」

侍「あーん。(ドキドキ)」

男「ん。う、うん。やっぱり侍黒の飯はうまいなぁ。(ドキドキ)」

青「……」

黒「……」

侍・男「少しはいじってくれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!」


侍「弁当を忘れた貴様某が施してやるのだ感謝しろ!」

男「顔(ピー)しろ?」

侍「貴様……!」

男「嘘!嘘だから!やめて!お願いだから引かないで!斬れる!首斬れる!」

侍「そうなるとやはりゴム毬がキャベツという説は正しいのだな?」

男「そのとーり!それは」

茶『(パタパタパタ ドサ)キャ!』

男「(ジー)……ローレグか。それでそのキャベツは」

侍「某の刀を見てくれ?こいつをどう思う?」

男「すごくおおアッー!」

階段にて

無「……白!」

男「……ふっ、黄色!」

カンカンカンカン

無「何ぃ!黄色……!?」

男「固いとこを突いたつもりだろうが俺にはお見通しさ」

侍「なら某のは何色かわかるか?」

男「……黒——」

侍「貴様の血の色だぁ!」

男「あすっ!」

無「男はなんかの主人公に似てるんだよなぁ……」

緑「冴羽僚」

無「そうそう、それそれ……ってお前!」


侍「久々の部活が休みかと思えばこやつは家でこれか?」

男「すぅー……」

侍「ったく平日の昼間から寝とらんで可愛い彼女のために尽すとか考えられんの貴様」

男「ふぃ……」

侍「(ペチペチ)こらぁ、聞いておるのか?」

男「んごっ!」

侍「こんなことされても起きんのか?平和呆けの極みだな。(ギュウ)」

男「んぐぐ……」

侍「……起きんな。……(チュ)」

男「んっ……」

侍「……はっ!っておおい!!!!!!!!!!」

男「ふあっ?なんでお前いんあうっ!」

侍「起きんか!絶妙なタイミングで起きんか!」

男「だから゛また゛何!゛今度゛は何の話!」

侍「言えるか馬鹿!うつけ!」

侍「はぁ、なんだかんだで5回目だ……自己嫌悪……orz」


ススス チョンチョン

男「あ?灰ちゃんどうしたの?」

灰「お付き合いおめでとうございます」

男「はぁ、ありがと」

灰「あなた達の行動が起爆剤になることと思っております」

男「頑張ってください」

灰「そこでこれですよ」

男「これって……」

灰「見ての通り、婢薬です」

侍「どうした?話を聞かんか?」

男「ん?あぁ悪い」

侍「何を考えおる?」

男「率直に聞くけどさ、俺のこと好き?」

侍「はぁ?」

男「冗談抜きでさ。俺はお前のこと好きだ」

侍「ななな何を言いおる!」

男「どう?」

侍「……好きだぞ。ああっ!何を言わす馬鹿者!」

男「(ポイ)まぁ、好きでも嫌いでもこんなの使わないけどな。使ったら負けかな」

灰「今頃男先輩獣姦されてるかなぁ」


男「ったく、なんで俺が毎朝お前のこと待たなきゃいけねぇの?」

侍「某がせっかく起こしにきてるのにその反応とは……もう来ないぞ?」

男「いいよ別に。朝起ち見られるのやだし」

侍「あーあ。明日から遅刻だ。遅刻」

男「遅刻なんてしーまシェーん。そんなこと言ったら俺も帰り部室行かない」

侍「いーですぞー。某はわかっておるぞ。迎えにくるふりして後輩の着替を横目で見とるのを」

男「お前が不用意に開けるから後ろで着替えている後輩に迷惑がかかる。俺のせいじゃない」

侍「口だけは減らんな貴様ぁ」

男「うるさい芋侍」

侍「きっさまー。でも刀振る気分じゃない。命拾いしたな」

男「あーだりぃ」


男「悪かったですね!そうですね!確かに見ましたよ!ああ見ましたとも!」

侍「某じゃ不満か!桃ぐらいなくてはダメか!水ぐらいなくては話にならんか!」

男「お前がそこでうつ向いて『某のでは……だめか?』って言ってくれたら万事解決だったのに!」

侍「きぃいいいいいいい!!!!!」

後「部長!侍黒先輩が暴走を始めました!こちらでは手がおえません!」

部「はいよ。今から出撃(で)るから待ってなさいな」

男「俺が悪かった。叶姉妹見たら吐気がしてきた」

侍「なんか一言あるであろう」

男「ごめん。許してくれ」

後「めーん。(ペチン)めーん(ペチン)。めーん。(ペチン)……部長ぉ」

侍「えへぇ。(ニヤァ)」

部「チェストォぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!(ドグチア)」

侍「ぐおあ!」

後「部長、ちょっとやりすぎですよ」

部「へーきへーき。だって侍黒ちゃんだよ?これぐらい楽勝」

侍「うふふふふ」

男「なんか暗いけどどうした?」

侍「あー、これ以上部活に私情を持ち込むと男女交際禁止になるらしい」

男「いや男女交際禁止になるのお前だけだろ」


ビュウ

侍「なっ!……見たか?」

男「……見てない。(´・ω・`)」

侍「本当に見ていないようだな。しかし何故今の季節こんなにも風が強いのか」

男「暖かい気圧と冷たい気圧がぶつかり痛っ!目がぁ!目がぁ!」

侍「あまり擦るな。どれ、某に見せて痛い痛い痛い痛い!足に砂が!」

茶「きゃあああ!!!!!!(ゴロゴロゴロゴロゴロ)」

侍「むっ!茶が転がってきたぞ!避けろ!」

男「危ねぇ!」

茶「とぉめぇてぇーーーー……(ゴロゴロゴロ)」

侍「転がればきっといつかは色無にたどり着けるであろう……」

男「無茶しやがって……」

侍「ぬ!伏せろ!(バッ)」

男「おわっ!何を」

深緑「あらららららら」

侍「やはりな。そろそろ深緑が空からくるころだと思ったぞ」

男「ナイスだ」

紫「待て待てぇ!(ギュム)」

侍「あ゛」

黄緑「ちょっと危ないから猫は放っておきましょう紫ちゃん!(グッ)」

男「ん゛」

ヒュウ

侍・男「……」

色「何してんだ?」

茶「だっ!大丈夫ですか!」

侍「まぁ」

男「一応、ね」


侍「あーん」

男「あん。うん、うまい」

無「仲いいなぁ。あ、前から仲だけはいいか」

男「帰るぞー」

侍「おう」

男「今日は寮でも寄ってくか」

侍「たまにしろくろの様子が見たいからな」

無「なんだ今日くるのか?飽きないな」

くろ「かたなー」

しろ「おもーい」

侍「ほら危ないからやめるんだ」

男「そうだぞ。このお姉ちゃんみたいに狂暴になるからな」

侍「んな!何を教えておる!やめんか!(ポカポカ)」

男「ははっ。ほら見てみろ」

しろ「ほんとだー」

くろ「こわーい」

侍「ああっもう!」

無「……」

青「何あの二人見ちゃって。ちょっとうらやましいって思ってる?」

無「んー。まぁ少し」

侍「これぐらいでよいか?」

青「今色無の気持は傾きかけてるわ!もう少しラブラブお願い!」

空「お姉ちゃん……」


侍「今日は母の日か」

侍「母上!母上は今日はまだ寝ていてください!今日は母の日です!」

闇「あぁ、そう」

侍「朝食は某が作りまする!」

闇「それより早く孫作ってよ」

侍「母上ぇ!!!」

闇「……Zz」

侍「母上は休んでいてください!」

闇「あれ。洗濯もしてくれるんだ」

侍「炊事、洗濯、掃除は某がやります!」

闇「そんなのより早く育児しなさい育児!」侍「母上ぇ!!!!!!」

侍「湯かげんはどうですか?」

闇「気持良いよぉ。侍ちゃんも入ろう」

侍「では母上!背中をお流しします!」

闇「見て見て。ここから侍ちゃんが産ま」

侍「母上ぇ!!!!!!!!」


男「一度行ってみたかったんだよなぁ31アイス」

侍「何故一人で行かんかった?」

男「こういうのって女の子とかカップルで行くイメージあったからさ」

侍「そうかのう」

男「お前抹茶だろ?」

侍「うむ」

男「プリクラなんてのも久々に撮ったぞ」

侍「前に某と一度撮ったではないか」

男「こんな接近して撮ることはなかったじゃん。付き合う前だし」

侍「ジロジロ見るな!」

男「だったらなんで俺をランジェリーショップに連れてくる?」

侍「一人で選んでいると恥ずかしいではないか!」

男「あぁそう」

男「意外と外に出てみると社会って女尊男否だよなぁ」


男「すぅ……」

侍「(ボソボソ)今日こそしない今日こそしない今日こそしない今日こそしない今日こそしない今日こそしない」

男「ふ……んっ……」

侍「……そうだ」

男「ふん……ん?温かい……」

侍「んー……」

男「……さて、俺は飯を食ったあとテレビを見てたら眠気がさしたので自室のベットで寝た。……はずだ」

侍「んっ……おはよう」

男「……おはよう」

侍「……何を見ておる。さっき十分近くで見てたであろう?」

男「……そう、だったかな?」

侍「余韻に浸るのはよいが某を忘れてもらっては困るぞ」

男「……はぁ」

侍「……初めてだったのだからな」

男「へぇ、そうだったんだ。(記憶にねぇよ!)」

侍「お主も初めてだったのだろう?」

男「はぁい。(え?え?え?え?え?)」

侍「……あとは名前を考えなければな」

男「(えええええええ!!!!!!)あはは。そう、そうだなぁ!」

男「朱色さん、俺でも寮で働けますかねぇ。」

朱「なんだい急に。ほら言ってみ?」

男「言いたいけどあなたにだけは言いたくないです」

侍「そこでネタばらし!なんとこの侍、実は男と寝てないのだ!」

男「それにしてもこの侍、ノリノリである」


侍「しろちゅあーんくろちゅあーん!」

男「怖がるからやめろ」

侍「おろ?二人はどこに?」

男「あそこにいる小さいのは?」

青紫「なんだお前ら?」

男「それはこっちの台詞なんだが?ここはいつから保育所になった」

侍「さぁ?小さいのは何人かはいた記憶があるがな」

青紫「(ゲシ)こら!僕を無視するな!」

男「ねぇぼく?ここはこーこせーのりょうってところで」

青紫「僕を舐めるな!(ゲシ)」

男「あすっ!……糞餓鬼……my~sunを蹴るとは……それなりの知識はあるみたいだな。しかしなぁ。(ギュウ)」

青紫「あうう!ほっへわやえお!(ほっぺは止めろ!)」

男「力が足りんよ力がwwwwwwwwww」

青紫「うぅ(ウルウル)」

男「ふっ、懲りたらお兄さんをからかうのはやめるんだな」

侍(かっ……かわいい……!)

侍「少年、なぜここにいるかはわからんが」

青紫「黄緑姉ちゃーん!!!」

男「え?」

侍「に、逃げろ!」

男「ががががががががががががが!!!!!!!」

侍「某はなにもあななななななな!!!!!!!」


後「先輩、先輩の彼氏来ましたよ?」

侍「すまぬがここ数日は試合が近いからいつもより延長しておる。先に帰るのだな」

部「いやいや、あと30分ぐらいで終わるから暇なら待ってなさい。部長命令だぃ」

男「なんで部員じゃない俺が命令されんだろう」

侍「てりゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

部「(ヒョイ)てぃ」

後「ほらほら先輩、応援してあげてくださいよ。せっかく来たんですから」

男「ん、まぁそうだな。頑張れー」

侍「……(グッ)!てぇりゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

後「あ!止め!勝負あり!」

部「いやはや愛の力は強いよ」

後「やぁぁぁぁぁぁ!!!!」

侍「てりゃぁぁぁぁ!!!!」

部「(コショコショコショ)……。ほら言いなさい。部長命令よ?」

男「いや恥ずかしいですって……愛してるぞ!」

侍「なっ!」

後「面っ!」

部「入った」

侍「貴様!何を言っておる!恥じを知れ!」

後「でやぁぁぁぁぁ!!!!」

侍「とりゃぁぁぁぁ!!!!」

部「男くぅんっていい男だよぉ。わ・た・し惚れちゃうか・も?」

侍「てめぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」

部「あ、線出たから反則ね」


侍「156、157、158、159……」

男「頑張ってんな」

侍「部長たるもの日々の鍛練は欠かせぬ」

男「そうか……」

男「青、ちょっと話があるんだけど……」

青「何よ」

男「生徒会ってさ、普段何やってんの?」

青「何っていろいろあるわよ。総会を進めたり地域ボランティアや校内美化とかね」

男「ふぅん。それって俺でもできるかな?」

青「侍黒、ちょっときなさい」

侍「何用だ」

青「あんたの彼、熱でもあるの?いきなり生徒会やりたいなんて……」

侍「事実か?」

男「まぁ一応。遊びって気持はない」

侍「お主は自分の生活をわかっておりながら言っておるのか?大体務まるような容量ではなかろう」

男「なんかお前に言われたくねぇな。俺から言わせればお前こそ部長務まんの?だよ」

侍「それとこれとは関係なかろう!」

男「大いに関係するね!」

侍「どこがどう関係するのだ!」

男「それは……あぁ!とりあえず俺が言いたいのはお前こそ不向きってことだ!」

パァン

侍「馬鹿者……」

無「はいはいはいはい。二人ともストップしなよ。な?」

男「……」

桃「二人とも落ち着こう?ね?」

侍「……」


無「なるほどわかりやすい。釣り合いかぁ」

男「あいつはあんな頑張ってるのにこれでいいのか俺?って」

無「お前、案外男らしいな。少し見直したかも」

男「今更ですか」

無「でも男君、侍ちゃんにひどいこと言ったよね。ごめんなさい、しないとね」

男(ぶっ殺してぇ)

侍「もう頭に来た!あの下衆め!殺す!本気で殺す!」

茶「おおおお落ち着いてくくくくください!のの飲みすすすすすすすぎ」

侍「ひっぐ……もういい。あんな馬鹿者……別れ」

ドンッ

朱「さっきから話を聞いてりゃなんだ?ぐちぐちうるさいねぇ!」

侍「ひぐ……姐さん……」

朱「あんたが頑張ってるから男も頑張ろうとしてたのに、それをあんたがくじいただけの話しだろう?」

侍「姐さんそれはどういう……」

朱「つまりあの男があんたに合うような漢になろうとしてたのをあんたが台無しにしたのさ!」

侍「それは某の……」

朱「そう、全てあんたのためなんだよ」

侍「……す、すまん茶!某は用事を思い出した!」

朱「おう!走れ走れ!」

男「あれ?今侍いなかった?」

朱「あんた……寮にいたの?」

無「とりあえず走れ!」

男「え……?あぁ。どこへ?」


母「男ならまだ、帰ってないわよ」

侍「そうですか。わかりました」

闇「さぁ、まだ帰ってないわねぇ」

男「ありがとうございます」

侍「男はおらぬか!」

無「あー、非常に言いにくいんだけどさっきまで俺の部屋にいたんだ。そんで寮から出てったお前を……」

侍「わかった!」

男「色さんや色さんや。侍ちゃんはおるかい?」

無「さっきもういきましたよ」

男「にょろーん」

侍「はぁはぁ……一周したのだが……」

無「お前が行った後来たん」

侍「あの馬鹿が……!」

無「下手に動くとまた……」

男「あ゛ー。侍……来て……ない?」

無「お前らよくやってけられるよな」

朱「大丈夫かねぇあの子ら」

緑「侍黒が来たあと男がくるペースが早くなっている。私の計算によればあと17回で何事も無ければ追い付くだろう」

その後、緑の予想を裏切り二人は24回後に寮で落ち合った


男「あ゛ー、あ゛ー……」

侍「き……さァま……」

男「わ……る……ハァ……かっ……ハァ……た……」

侍「いぃ……今……さぁ……らぁ……あ゛ー……何を……」

無「お前ら暑すぎ。クールになれ」

男「……すまなかった。何の考えなしに……」

侍「ククク、貴様……その台詞、前にも言わなかったか?」

男「……デジャブかなぁ?」

侍「貴様がそこまで学習能力がないとはな。なぁにが『あれは俺が悪かったし、言い過ぎたと思うし』だ」

男「ああん!言わないでぇ!……はい、そうですね。僕はアホですね。ははっ」

侍「しかし許す」

男「えぇ……はい?」

侍「今回はどちらかと言えば某が悪かった。貴様がやろうとしたことを某は初めから否定してしまった」

男「あまり気にするなよ。俺もプライドから出た行動だったからな」

侍「しかし真相が知りたい。貴様がその……柄にもなく……」

男「お前見ててさ、なんか頑張らなきゃってさ」

侍「でもそれはお主が心からやりたいと思うことなのか?」

男「いや」

侍「(即答か!)はぁ、頑張るのは良いがなぁ。そういうのは本当にやりたい事に精を出さんか」

男「そうですよね」

侍「無理に頑張るのを見てても某が辛いだけだ。お主はお主のできることをせい」

男「……はい」

侍「男というのも難しいのう。しかし、某は嬉しい。人一人が某のために頑張ろうとしとるんだからな」

男「恥ずかしいこと言うなよ」

侍「某は誇らしく思う。お主の様な者を……ん?」

桃・橙・黄「(・∀・)」

男「そういやここ寮だっけ?」


男「帰るか……」

侍「うむ」

男「ふん……なんでいつも……神様は俺になんか恨みあんのかねぇ……」

侍「そうだな。む、どうした?頬に傷が……」

男「これは誰がやったかって?(ジー)」

侍「……あ」

男「教室でのやつな。爪が切れよお前」

侍「(ピト)痛うないか?消毒はしたか?」

男「今は痛くないから大丈夫だ」

侍「でも……」

男「落ち着けって。(ナデナデ)」

侍「あう」

男「お前は悪くない。悪くないから」

侍「……貴様!(シャキ)」

男「ひぃ!」

                                       チュ

男「んぁ?」

侍「……ふんッ!」

男「おいおい不意打ちは侍のすることじゃないだろう?」

侍「だぁまぁれ!」

男「ハァハァハァ侍ちゃんがチューしたホッペ(スリスリスリスリスリ)」

侍「やめい!気持ち悪いわ!もう家だろう!散れ!」

男「冗談はここまでにして、明日も頑張れよ。応援してっから」

侍「ぬ……!い、言われるまでもないわッ!貴様こそ無理をするでないぞ!」

男「じゃ……おやすみ」

侍「あぁ。おやすみ」


男「こそこそすると逆に怪しまれますよ」

無「だってさっき他の女子高生と目あっちゃったぞ?」

男「心配しなくても妊娠なんかしませんよ」

無「ほら親子が一瞬チラ見したぞ?」

男「なら帰ればいいじゃないですか?」

緑「……何をしているんだ?」

無「げぇ!緑ぃ!」

男「見ての通りエロ本物色中だ。お前は?」

緑「今日発売なんだ例のあれが……」

男「いいよなそっちは年齢関係なしに買えるもんな。まぁ頑張って。それじゃ」

無「……いいの?」

男「同じ穴のムジナって奴?いいのいいの。あ、水ちゃんだ」

無「えっ?」

男「水ちゃんは大丈夫。黒と白ちゃん、黄緑さんと赤辺りは何も言わないから。青は色無さんの場合はアウトだね」

無「他は?」

男「経験上黄と紫と橙と桃、あれらに見つかると相当ウザイ。勝手に視線が集まってくる」

無「確かにうるさそうだ」

男「決まったらレジ行きましょ」

侍「貴様らどこに行ってたかと思えば……」

男「今日はREDの発売日か」

無「何で普通に接してんだよ……」

男「あ、レジ色無さんの番だよ」

レジ「失礼ですがこの本は18歳未満のお方には販売できないんですが……」

男「痛いよぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!」

侍「おぉよしよし。確かにあれは本気の拳であったな」


男「おーい帰るぞー」

侍「すまぬ。前にも言ったが最近は試合が近いから遅くまで」

部「めん」

侍「あたっ!部長!不意打ちは」

部「試合中なのによそ見して話し込むあなたがいけませぇん!」

男「空気読めよ」

侍「貴様がだっ!」

侍「男よ、今日は部活が休みだ。今日ぐらいはそなたに着いて」

男「悪い、今日は社会奉仕委員なんだよ。今から校内のゴミ拾いだ」

侍「さぼることは」

水「え……さぼっちゃうんですか……!力仕事できる男の人少ないから貴重なのに……!」

男「……すまん」

侍「貴様がなぜ中学のころからこの委員会に入ってた理由がわかった。後で覚悟しておれ」

男「……お痛はご勘弁を」

水「あの……その……すいません」

男「あー、いーのいーの。俺が悪いんだから」

男「いや僕が社会奉仕委員に入ったのは仕事がたまにしかなくて楽だからであって……」

侍「こうして心はすれちがって行くのだな……」

男「すいません!すいませんでした!ちょっとそういう気持ちはありました!そんなシリアスにならないで下さい!」

侍「素直でよろしい」


帰り道

男「いきなりかつ話が変わって悪いんだが……」

侍「ん?」

男「Hをしたいと思う」

侍「(スゥ)……そこに直れ。……落とす」

男「嘘!嘘!落とすってあれか!首か!」

侍「いきなり過ぎだ!心の準備……でなくて段階があるではないか!」

男「あぁAとかBとかね」

侍「極端な話はそうだが」

男「じゃあキスしよう」

侍「(カラァン)……腹斬れよ?」

男「あの……切腹はセルフですか?」

侍「うぬの腸から出た汚物にまみれる気はない」

男「段階って言ったからキスしようと思ったのに……」

侍「突発過ぎなのだ!雰囲気を読め!」

男「今はそういう雰囲気じゃないのか?」

侍「明らかに違うであろう!節穴か!その目は節穴か!」

男「ならばぁ……手」

侍「手?」

男「手を繋ぐぐらいは……いかほどでしょうか?」

侍「……狙っておったな?」

男「……チッ」

侍「ったく変な所は堂々としておる割には細かい所で臆病な奴め。ほれ」

男「……いいの?」

侍「早うせい。某が阿呆に見えるであろう」

男「……すんません。(ギュ)」


男「リアルな話、お前は高校出たらどうすんの?」

侍「それは卒業したら、と言うことか?」

男「YES」

侍「某は正直大学なぞ進学する必要はないのだが」

男「一応出とけよ。ここ工業とか商業とかじゃないから行き場ないぞ?」

侍「某には刀さえあれば」

男「戦わなくちゃ現実と」

侍「……。(ジワァ)」

男「泣いて誤魔化すな。決まってないんだな?」

侍「そういった所だ。本来なら剣道の指導者にでもなりたいところだがなぁ」

男「まぁ難しいな。だけど俺が思うにな。お前は保母さん向きだと思うんだ」

侍「某にそのような……!」

男「マジな話。だってしろとかくろやいつぞやのショタを相手にしてる時のお前なんか生き生きしてるもん」

侍「それは……」

男「いい線いってるとは思うけどな」

侍「なら貴様は何をしたいのだ!」

男「俺?……公務員かな?」

侍「無難だな。悪くはないが」

男「そのほうが家族としても安心でしょ?」

侍「……ん?某か?」

男「うん」

侍「……そういうのはもっと後に言わんかぁ!(ペチンペチン)」

男「あばばばばばば」


男「がんばれー」

侍「めぇぇぇぇぇん!!!!」

審「止め!勝負あり!」

部「お疲れちゃぁん」

侍「うむ」

男「乙。アクエリだ、飲みなさい」

侍「む、あまり寄るな。その……汗が……」

男「今はそんなの関係無し。気になるならタオルだ」

5日前

男「えぇー!マネージャーですかー!」

部「男は度胸、なんでも試してみるもんさ」

男「なんでまた急にそんなことを?」

部「試合近いからねぇ。ほら侍ちゃん、君がいると燃えるみたいだからさ。君の目は死んでるのにね」

男「失敬な!生~き~て~ま~す~!」

部「てわけでマネやってよぉ。この試合だけでいいからぁ」

男「すると僕はホイホイと受諾してしまったのだ」

侍「それぐらい必死なのだ部長は」

男「わかるよ。引退だろ?」

侍「だから某が足を引っ張るわけには」

後「せぇんぱぁーい。負けちゃったぁ」

侍「言ってるそばからぁ!」


侍黒「辛くも勝ち抜くことは出来たが……」

侍色「久しぶりだな」

侍黒「お前は……武士……殿……いや……久しぶり」

侍色「今明らかに小生の名を忘れておったな?」

侍黒「久しいのう、侍色よ」

侍色「ところで時に黒よ。何かその……彼氏が出来たとか聞いたのだが……」

侍黒「メールで送ったであろう?」

侍色「それはめでたい。全力で叩き潰す、ガチで」

侍黒「祝っているのか怒っているのかわからんのだが?」

侍色「覚えておれ!次の試合は貴様の高校とだ!」

男「ダメダメ。高校では当たるけどお前中堅じゃん。向こう副将だし」

侍「適当に後輩に負けさせとけば満足しよる」

男「後輩二人に重要なところ任せて強い奴は先方次方中堅で確実に討ち取る。セコイ気はするけどなぁ」


男「まさか優勝するとはな」

部「 さぁ ひょうしょうしきだ 」

侍「その誰かがいなくなるような掛け声は止めてくだされ」

部「やったよダーリーン!」

彼「おめでとうハニー!」

侍「こら、どこを見ておる。浮気か?」

男「いや、彼氏いたんだって。あとそんな笑顔で言われても……」

侍「これが喜ばずにいられるか。優勝だぞ優勝」

男「はぁ、お疲れ様。一応乾杯」

侍「うむ。主もよくサポートしてくれた。乾杯。(カチン)」

男「これで俺のマネ生活も終わりかぁ」

侍「寂しそうだのう。いやなら正式なマネージャーになればよかろうに」

男「俺そういう柄じゃないし。なんか祭りが終わった感じ」

部「ふふぅん。まだ燃え尽きるのは早いんだなぁんこれが。君は侍ちゃんを愛しているかな?」

男「はい」

部「即答かい。実はさっきみんな騒いでたから聞き逃しただろうけど次全国大会あるんだよねぃ」

侍「どこ」

部「岩手」

男「俺正式なマネじゃないからいかなくてもいいですよね?」

部「それは侍ちゃんが決めることかなぁ」

侍「なっ……!えっ……!」

部「5……4……1……ゼ」

侍「濃い恋故意来い!……はぁ」

部「じゃあマネ、飛行機の手配よろしくな」

彼「じゃあ僕はハニーのために家でミートパイを焼いて待ってるよ」

侍男部「欧米か」


ちゃぽん

男「ふぅ」

部『ふぁぁぁぁ!!!!』

侍『部長落ち着いてくだされ!』

後『部長……!』

部『侍ちゃぁぁぁぁん!!!!』

侍『部長!(ギュウ)』

男「ベスト8位とはいえなぁ」

彼「男ってなんでこういう時無力なんだろうねぇ」

男「なんで先輩いんの?」

部「(ガタッ)ダーリンそっちのお湯加減いい?」

侍『部長!身を乗り出してはいけませぬ!そっちには淫獣が、あっ!ちょ飛ば、あっ!(ガッ)』

後『副部長!大丈夫で……血が!頭から血がぁ!』

男「……先輩ってロリコンですか?」

彼「僕はリラックロリータちゃんが好きなだけでロリコンではないよ」

男「……ですよね」

彼「先輩として言うけど女の子は泣かしちゃ駄目だよ」

男「……はい」

彼「今日みたいな場合は別だけどね」

部「(ガタッ)男ちゃーん侍ちゃん倒れて起きないから人工呼吸してー。全裸で」

後『だから部長!裸で身を乗り出すのわっ!がっ!(ゴッ)』

彼「……許してあげて。今年で最後だからさ」

男「俺はいいですけど」

侍『くぉのぉぉぉぉぉぉ!!!!』

部『くひぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!』


男「先輩はどうなんですか?」

彼「何がだい?」

男「ほら一応部活とはいえ旅行中だし、今は夜だし」

彼「ふんふん」

男「男二人がひとつの部屋で夜10時に寝ちゃうなんて何かの冗談ですよね?」

彼「まぁまぁ落ち着きなって。今のうち寝ないと、明日辛いぞ?」

部「ごめんなぁ二人ともぉ」

後「もういいですよ」

侍「まぁ、さっきの刺し身で許すとしよう」

部「ほん゛どうにごべん……!」

侍「部長……?」

部「あだじが、負けぢゃったがら゛み、みんだにめいわ゛ぐかげちゃ、って」

侍「試合の話はもう……!迷惑なぞ……!某こそ力になれず……!……すいませんでした」

後「私も駄目なとこばかりで……」

部「み゛んな……ごべぇん……」

侍「(ギュウ)某こそ……すいません……すいませんでした……」

後「(ギュ)部長……ごめんなさい……」

部「ひっく……私は、だめだったけど来年はみんな頑張るんだよ?わかった?」

侍「しかと承りました」

後「絶対全国で1位とってみます!」

部「(ゴシゴシ)……よし!この話は終わり!ちょっと男部屋にテロしにいくぞ!」

彼「ね?」

男「うゎマジテンション高そう。マジで寝りゃよかった……」


彼「そこで僕は言ったんだ」

部「『君は小さいけど僕の中では大きいんだ!』って。くっさ」

彼「ははは、恥ずかしいなぁ」

部「でも、そんとこ好きー」

彼「僕もだよハニー。じゃあ次は君達の番だよ」

男「え、と。俺達は幼馴染みで……なぁ?」

侍「(∩゚д゚)あー」

男「キスした後俺の家に行って一緒にシャ」

侍「否ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

男「聞こえてんじゃん。さぁ、語ろうか」

侍「なんだいきなりこの流れは!修学旅行の雰囲気ではないか!」

部「まぁ話したくないならいいっすよ。無理に話さなくても」

侍「男!喋れ!」

男「結局聞いて欲しいのかよ」

部「ちみらはどうせ付き合うだろうと思っていたから興味ない。次、後輩」

侍「(´・ω・`)」

後「わ、私は彼氏とかいないから話すことはないかなー、なんて」

侍「意中のものぐらいいるだろう。ほれほれ」

男「それにしてもこの侍、ノリノリである」

後「私、ちょっとおかしいのかもしれないんですけど……」

男「どんな人が好きであろうと後輩ちゃんが好きならそれでいいんだよ」

侍「某に対する当て付けか?」

後「……その……」

部「Gokuri……」

後「弓道部の青先輩が……」

侍・男「……」

『べ、別にあんたのためにやったわけじゃないんだから!勘違いしないでよね!』

侍「……はぁ」


学校へ

部「それじゃ、みんな頑張るんだよ!」

侍「ありがとうございました」

部「頼むよ『部長』!」

侍「はっ」

部「時々見にくるからね。弛んでたらおしりぺんぺんするからね」

侍「肝に銘じておきまする」

男「終わりましたか?部長」

侍「む」

男「部長かぁ。中々いい響きでねーの?」

侍「今なら特別に貴様をマネージャーとして採用してもいいのだぞ」

男「自省できるようになってから言えよ」

侍「……ふん!かわいくない奴め!」

男「そういえば俺思ったんだけど。お前の部って顧問いないの?」

侍「貴様、今までどこに目を付けていたのだ?いたではないか?」

男「はぁ?~い~な~い~ね~そんなの」

侍「貴様と一緒に風呂に入っていたのは?貴様と同じ部屋で寝ていたのは……誰だ?」

男「……マジ?」

侍「さて、今日は顧問もいないから部活は休みかの。帰るぞ、支度せい」

顧「お疲れ様ハニー!」

部「ありがとうダーリーン!」


侍「んー」

男「な、なんだよ」

侍「ちゅー」

男「何考えてるんだお前」

侍「男とちゅー」

男「あのな……」

侍「恥ずかしいのだぞ……」

男「……んー」

侍「かかったなアホが!」

男「WOOOOOOOOOO!!」

侍「ほれほれほれほれ」

男「違う違う。こうするんだよ。チュッチュッ、ほら餌あるぞ」

侍「チーカマでは駄目だろう。やはりジャーキーでないと」

青紫「僕を何と勘違いしてるんだ!」

顧「侍ちゃん!今のは押し出すポイントだよ!」

侍「はい!」

顧「後輩ちゃん!そこはむしろ下がっちゃ駄目!ぶつかってぶつかって!」

後「はい!」

侍「……あの……」

顧「なんだい?」

侍「膝の上に座らせている部長をどうにかしてくれませぬか?なんか説得力に欠けるのですが……」

部「ダーリンベンチは私だけのものよ!」

侍「そうではなくて……もういいや」


男「母さん今日の飯なぁにー」

母「今日はハンバーグよ」

侍「うむ。実に美味だ。柔らかくかつ歯応えがある」

母「ありがとう侍ちゃん。ご飯の御代わりは?」

侍「かたじけなし」

男「ふーん。いただきまーす」

侍「落ち着いて味わって食べるのだ。喉に」

男「ん゛っ!ん゛っ!」

侍「だぁもう。義母上、水をお願いします!(トントン)」

母「馬鹿ねぇ」

男「っは!あぁいい、大丈夫大丈夫」

侍「慌てすぎなのだ。ハンバーグは逃げはせん」

母「今日学校どうだった?」

男「んぁ?いつもと変わんない」

母「なんか渡すプリントはない?」

男「多分なかったはず」

侍「あったであろう」

母「侍ちゃんは最近どう?」

侍「某も部長なので部員には少し厳しくしております」

母「たまには部員さんには息抜きさせてあげてね」

男「大丈夫でしょ。弱点突けば弱いし」

侍「貴様ッ!母親の前で言うか!」

母「私に知られちゃ不味いことなのかしら、ふふ」

侍「はっ!義母上!そのようなことは……!貴様も何か言わんか!」

男「  な  ん  で  お  前  こ  こ  い  ん  の  ?  」

侍「あ……」


侍「貴様が!貴様が!」

男「うっさい!そもそもお前が俺に目潰しするから悪いんだろうが!」

無「……」

男「てめぇ……俺のDVDを……俺のみひろを!」

侍「ふんッ!色気づきおって!反省せい!」

男「てめぇ……!このDVDくっつけて見えるようにしやがれ!D・V・D!D・V・D!」

無「……」

侍「ぶぅるぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

男「魂の欠片も残さん!」

無「……」

男「旦那ぁ!この生きた貞操帯にチラの素晴らしさを教えてやってくれ!」

侍「色無!貴様の偏った性知識でこの肉こけしをかんぷなきまでに打ちのめしてくれ!」

無「お前ら仲いいなぁ」

侍・男「はぁ!?」


無「そうかい。中々難しいんだねぇ」

侍「貴様の鈍感は素であったのは事実なことはわかった」

無「俺は確かにそうかもしれないけど。どうすれば男が侍黒にフラグを立てるかねぇ。わからん」

侍「奴め、いつも肝心の所でへまをしよる。まともにその……」

男「チューとか?」

侍「……そういうのとか」

男「抱き締めたりとか?」

侍「某だって女だしな」

男「それ以上過激なのは?」

侍「取り返しがつかない事になるのは困る。少なくとも学生の内はない」

男「そうか、残念だ」

侍「残念って色無、貴様がする……男?」

男「そうかい学生の内はゼクロス無しかい」

侍「おおおおおおおお男よ?今のはいいいいいいいいいい(プシュー バタン)」

男「あ、オバーヒートした」

侍「こんな感じでどうだ?」

男「ダメだ。お前にプシュー バタンは似合わん。見てて痛い」

侍「やはりここらは青、紫、緑辺りの領域か」







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 05:49:42