侍黒メインSS

侍「暑いのう(パタパタ)」

男「……(ゴクリ)」

侍「何を凝視しとる。そんなに某が袴を仰ぐのが気になるか?」

男「ぶっちゃけた話がそうです」

侍「(チラチラ)ほれ、お主の好きなチラだぞ?」

男「誘ってるんでしょうか?」

侍「誘う?何を戯言を?仮にお主が襲ってきたと(ガバッ)きゃあ!な、何を放せ!」

男「俺の事を馬鹿にしてるようだけど俺が男であることを忘れるな。やる気になれば」

侍「……や。(ウルウル)」

男「泣くな!例えだ例え!お前があんまり俺の事を馬鹿にするから……悪かった。怖い思いさせたな。(ナデナデ)」

侍「くすん。……馬鹿者」

男「悪い悪い。好きだからついいじめちゃうんだよなぁ。コノコノ(ツンツン)」

侍「某を怖い目に会わせた罰だ。ん」

男「んぅ」

ドス

緑「あっ!」

侍「貴様、熱心に我等を見てると思ったら!」

緑「まだ線画だったのに……!」


男「ツンデレ、数学のノート見せてください。お願いします」

青「誰がツンデレよ」

侍「……(ドキドキ)」

男「これはこれは貴腐人様。どうか私めに国語のノート貸していただけないでしょうか」

緑「こんどホスト部のDVD貸して」

侍「……(ドキドキ)」

男「お菊人形さん、化学のノートを貸していただけませんか?」

黒「あんた地獄落ちるわよ」

侍「……(ドキドキ)」

男「そこのキャラ薄いの、イングリッシュのノートをミーにレンタルしてくれプリーズ」

翠「fuck」

侍「……(ドキドキ)」

男「さて、最後は日本史だが……」

侍「ん?なんだ?某に聞きたいのか?しょうがない奴め。某が」

男「お前に弥生から飛鳥までの日本がわかるとは到底思ってない」

侍「あ」

男「さて、色無キュンあたりに聞くか」


男「さて、セーブするか」

侍「そうやって貴様は学生としての本文を忘れエロゲに浸り人生を無に帰すのだな。やれやれ」

男「人を既に廃人扱いすんな。何で部屋にいる」

侍「お主の部屋に明かりが着くときはゲームをする時だけだ」

男「結構ストーカー気質あんなお前」

侍「違っ、違あう!ただたまたま目に入る光景がそれであるから統計学上の」

男「まぁいいや」

侍「つまりなぁ君ぃ!引き込もってばかりいないで少しは運動するべきなのだ!」

男「普通に考えて俺がここまでやり込むのって異常だろ?」

侍「異常だ」

男「しかし俺だって人間。つまらんものには興味は持たん。ようするに面白いからここまでやるのだ」

侍「面白いのがそれって……」

男「異議があるなら騙されたと思ってやってみろ。お前にはこれをおすすめする」

侍「あーやらんやらん」

侍「ぐす……」

男「感動したろ?泣いたろ?」

侍「不覚にも」

男「ほら、家まで送ってやるから帰って寝なさい」


侍「たのもー」

空「あら、どうしたんですか?ずぶ濡れじゃないですか?」

侍「風呂貸して。後しろとくろも」

男「僕もお風呂」

空「はい、男先輩。タオルで体拭いてくださいね。侍先輩、お風呂はいつでもOKです」

男「なにげに酷いね。空ちゃんって」

侍「本当に酷い雨であった。なぁ」

男「くしっ。あー。頼むから風呂貸して。入ってる間にパンツは乾燥機で乾かすからさ」

空「そんなもの寮にありません。色無先輩に借りて」

カシャーン

しろくろ「きゃあ!」

空「うわぁ雷凄いですねぇ」

侍「某にいたっては雷に打たれるかと思ったぞ」

男「ねぇ空ちゃん、本当に風呂貸してください。このままだと僕本当に風邪ひきそうで」

ガシャーン

空「あ!停電です!」

侍「しろくろ、大丈夫だからお姉ちゃんの側にいなさい」

男「うわーん暗いの怖いー!(ギュ)」

侍「こら!抱きつくな!」

パッ

侍「貴様ぁ……って空か」

空「えへへ。何か私も抱きつきたくなっちゃった」

男「……え?侍のところに空ちゃんとしろくろがいる。じゃあ俺が今抱きついているのは」

空「お、男先輩……!」

しろくろ(ブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブルブル)

侍「3人とも、目を伏せておれ。見るのは某だけでよい」

男「このふくよかな体、優しい母の様な匂い、そしてこの明るい黄緑色の髪の毛……まさか」


男「うぉおおポロリ、ポロリじゃぁあああ! 待ってましたぁ!」

侍「黙れ!」

男「ぼぼぼ木刀はヤバイだろう!」

侍「まったく、本当に乳が好きだなお前は」

男「当たり前だッ! まったく……」

侍「まったく、なんだ?」

男「俺だって命は惜しい」

侍「……まぁいいか。 そんなに好きなら二重底になっておる引き出しの下のいかがわしい本でも読めばよかろう」

男「貴様、何故それを! いや、そんなことよりもモロとポロリを一緒にするんじゃねぇ!」

侍「な、なんだ突然……」

男「良いか、わざと見せるおっぱいなどポロリの前では塵も同然なんだよッ!」

侍「そうか。 遺言はそれだけか?」

男「ちょ、ま、そこは……アッー!?」


男「〜♪」

侍「何を嬉しそうにしておる?」

男「( ゚д゚)……」

侍「……なんだ」

男「(  ゚)プイ」

侍「なんなのだその態度は」

赤『色無ー!走るよー!』

男「(*'д`)」

侍「あ、夏服か。悪かったな」

男「暑くないのそれ?流石に今年のこの暑さはねぇよ」

侍「心頭滅却すれは火もまた涼し、と言ってな。某にかかればこの程度の暑さなど苦にならん」

男「じゃあそのアイスくれよ」

侍「やーだ。べーだ」

男「てぃ。(パク)」

侍「なぁ!」

男「(シャリシャリ)〜〜〜〜〜〜ッ!頭痛ぇ!」

侍「貴様!返せ!某のガリガリ君を返せ!」

授業中

侍・男(あれ?さっきのって間接キス……)


男「ふぅ」

侍『何をしておるのだー』

男「今することないから散歩に行こうかなって。ちょっと付き合え」

侍「……むぅ」

男「〜♪」

侍「なぁ、男よ」

男「あ?何?」

侍「さっきから鼻唄ばかりで一言も喋らんではないか」

男「あぁ。何か話す話題ある?」

侍「いや、これといって話題なぞないが……」

男「散歩なんだから風景を楽しまなくちゃ」

侍「ぬ……」

男「……。お前さ、あの家見てみ」

侍「普通の家ではないか」

男「あそこの窓見てみろ。まだ3年前の祭りのポスター貼ってあるんだぜ?」

侍「あ。本当だ。ある意味凄いな」

男「後はあそこ、ツバメの巣あるのわかるか?」

侍「おお!気付かんかった」

男「ちょっとだけでいいから上見て歩いてみ。意外と気付かなかったこと、結構あるぞ」

侍「ほぉ。たしかに、普段とは違う感覚が(ポス)おゎ!何をする!」

男「ったく。危ねぇなぁ。ちゃんと前見ねえと電信柱とゴツンするぞ」

侍「……むぅ」

男「さて、帰るか」

侍「言っておくがかっこつけても様になっておらんからな」

男「厳しいなぁ」


男「お前ってさぁ。料理最近うまくなったよな」

侍「やぶからぼうになんなのだ」

男「いいからいいから。てか家事全般できるよな」

侍「まぁ、な」

男「(ジー)お前、スタイルもいいな」

侍「自慢ではないがな!フハハハ!」

男「ぶっちゃけた話さ、俺って案外幸せ者なのかも」

侍「クカカカカァ!ようやく理解したか馬鹿者めぇ!」

男「いや、冗談抜きでよ」

侍「ムッ……。急に真面目になるな。ずるいぞ」

男「普段はそんなんだけど真面目な時は真面目にできよな」

侍「ん……。うん」

男「それでなんだ……。お前は床上手なのか」

侍「それまだしたことないからわからんが……ん?」

男「どうした?」

侍「なぁにを言わすかぁ!(スパン)」

男「ブベラッ」

侍「貴様は何故そのような今年か頭にないのだ!いつからそんなねじ曲がった!」

男「う……うう……違うのぉ」

侍「何がだ!」

男「だ、だって色無の周りの……ヒック、女の子と比べたら侍ちゃん、余りにも出来すぎてて、気になって……」

侍「……お主が某をそこまで買っておるとは思わなかったな。さ、これで涙を」

男「だから、Hうまければ完(ギュ)うっ!ギブ!ギブギブギブ!苦しい!ちとマジで!」

侍「涙は止まったか?ついでに息も止めてやろう」


侍「暑いのう」

男「今日30度だってな」

侍「最悪な日だな」

男「今日は雨だな」

侍「うわぁ某傘もってきてないぞ」

男「相合い傘する?」

侍「赤ー。傘貸してくれんか?」

赤「えー。やだ」

侍「最悪だ」

侍「曇りか」

男「少し寒いな」

侍「なんか、曇りだと気分が乗らんなぁ」

男「そうだな」

侍「はぁ。最悪」

男「お前結局どんな天気なら許せんの?」

侍「……どんなのだろうな」


寮にて

侍「しろや〜くろや〜おるかぁ。(ガチャ)」

藤「あら?こんにちは」

侍「……」

男「おい何固まってんうわっキモ!お前顔がキレかけた鬼塚先生みたいな顔してんぞ!あ、寮の新入りさん?」

侍「……。(ジリジリ)」

藤「あの……なんでしょうか?」

侍「居ねやコラ」

男「ちょおま!初対面の相手に!すいません!こいつちょっとキてるもんで!」

侍「何がサラシだ、ん?わかってるかああ?(シャキン)」

男「ドウドウドウ!抑えて抑えて収めて!」

侍「いいか!サラシというのはこういうのをいうのだ!(バッ)」

男「脱ぐな!見たいけど脱ぐな!」

侍「貴様のはなんだ!ただの包帯ではないか!そんなもので!そんなもので!」

男「灰!灰ちょっとこい!麻酔打て!」

藤「面白い人ですね」

青「あれはキ○ガイっていうの」


侍「そうよのう。某はコロッケが怪しいと前々から思っておった」

男「嘘つけ。肉の種類すらわか(ガスッ)うっ。(パタン)」

侍「男?どうした!おと(ガバ)むぅ!」

男「……んっ。……ここは……どこだ?んぁ、動けん。縄が……」

侍「くそッ!ほどかんか!」

男「侍黒!」

消ゴム「ったく。こんな光物つけちゃって。重いったらありゃしない」

削り器「あなた達目障りなのよ。いいかおとなしく剥かれてくんない?」

男「やめろ!侍黒には手を出すな!」

消ゴム「じゃあ、始めちゃいますか♪」

侍「クッ……」

削り器「どう?恋人の前で下着姿にされる気分は?」

消ゴム「お姉さま、こいつこたえてませんよ。撮るだけ撮って退散しましょ?」

削り器「そうね。消ゴム、カメラお願」

男「待ててめぇら!」

消ゴム「いつの間にロープを!」

男「うるせぇ!リボン結びじゃほどけるに決まってんだろ!」

削り器「私達をどうするつもり?」

男「てめぇら、剥くとか言うからおとなしくしてりゃあ……もっと百合百合するか期待したじゃねぇか!」

侍「はい?」

男「てめぇらに俺が手本見せてやる!目ん玉よくかっぽじって見てやがれ!」

侍「貴様ぁぁぁぁぁああああああああ!!!!!!!!!!」

侍「(ガバ)はっ!……夢!確か昨日『プラナリアでもわかる黒歴史』を読んだからか……」


寮、侍黒の部屋

トントン、カチャ

侍「……うぬ?貴様、何用だ?(シャキ-ン)」

藤「うふ、ちょっとお時間頂いてよろしいかしら?(表に出ろのポーズ)」

寮裏

藤「侍黒さんよ、さっきは良くもわてに恥かかせてくれましたわなぁ?たっぷりお礼させていただきとう思っとりますがな」

侍「ふっ……とうとう本性を見せおったかこの女豹が。望み通り成敗してやろうではないか!」

藤「ククッ、わてをただの色鉛筆と思たら痛い目見るで?藤色組八代目——」


侍「貴様はそうやって某を馬鹿にしとるのか!」

男「男として持っていても普通だろ!」

侍「女としてはドン引きだ!と言うか某の立場としては心外だ!」

男「色無だって持っててなんで俺が持ってちゃ駄目なの!」

侍「外は外!うちはうち!それはそれで良いのだ!」

男「お前には『そんなもの無くとも某がいるではないか……』とか言えないの?」

侍「はい来た。結局そこにたどりついた!学習能力なしの阿呆め!」

男「うるさいうるさい!サインも入っているのに俺は絶対捨てんぞ!」

侍「知り合いで事を済ますような真似は頼むからせんでくれお願いだ」

肌色出演AV「美乳イク性日記」~好評レンタル中


男「そうえばブラッドレッドっていたよな。あねキチ」

侍「昔数回色無にナイフつきつけてた所みたことあるぞ」

男「どんな奴だったっけ?」

侍「髪の毛が血みたいに赤く」

男「そんなのデフォでしょ?性格的なの」

侍「……どんなのだったかのう」

男「どんなのだったかなぁ」

侍「お茶飲むか?」

男「ああサンキュ」


侍「むぅ、やはり寮の風呂はいいのう」

朱「あんたそろそろ水道代徴収するよ」

侍「おやおや今日に限って寮にいるとはどんな風の吹き回しでしょうか?」

桜「(ガチャ)こ、こんにちはぁ」

朱「ここに座ってな。お茶持ってくるから」

侍「桜色と申したな。某は侍黒。そなたは桃の妹なのか?」

桜「はい」

侍「あやつの妹とは大変よのう。いつも計算に付き合うのも疲れよう」

桜「そうですねぇははは」

朱「はいお茶」

桜「ありがとうございます」

侍「某のは?」

朱「分をわきまえな」

侍「慣れると誰にでもこうなるぞこの年増」

桜「あははは」

朱「笑うな!」

ガチャ

桃「ただいまぁ」

侍「姉が帰ってきたようだのう」

桜「おかえりお姉……」

色「こら!引っ付くな!」

桃「もう照れなくても……桜色?」

桜「お姉ちゃん……」

侍「(ポン)泣いてもいいのだぞ?」


侍「つくづくこの寮は不思議だのう」

男「部屋はそんなにないように見えるんだけどね」

金「何よアンタ達!私達よりちょっと目立つからって調子乗らないでよ!」

銀「金ちゃんやめなよ」

侍「見た限り部屋は15個ぐらいが限度のような気がしたがなぁ」

男「倉庫とかは?」

金「倉庫なんかにいるわけないでしょ!馬鹿じゃない!」

銀「流石に倉庫はないよ」

侍「お?3時だ。おやつの時間ではないか」

男「今日の朱色さんのお菓子はなぁにかなぁ」

金「無視すんじゃないわよ!」

銀「金ちゃん、もう諦めよ?」


侍「旦那見てくだせぇ。また色無がランジェリーショップでブラあさってますぜ」

男「色無さん……」

色彩「これは……まだ小さいかな」

侍「ここは男としてガツンと言うべきではないか?」

男「……そうかも。ねぇ色無さん?ブラに興味があるなら寮の娘に言えばいいじゃない?ね?」

色彩「あれ?君は……」

男「えっ?あれ?色無さん?」

色彩「君は色無の友達かな?私は姉の色彩というんだけど」

侍「嘘だろ?」

色彩「はい、免許証」

男「ほんとだ……。すいませんでした。こいつがどうしても声かけろっていうから」

侍「なぜ煩悩探知機の貴様がこんな綺麗な女性に反応しないのだ!」

無「なぁ、橙。いくらなんでも罰ゲームで女装って……」

黄「似合ってるよ!」

男「(ガチャ)あれ?色彩さん?あ、この前はすいませんでした」

無「え?」

男「まさか弟とはいえ男性と間違えるなんて……」

無「なぁ男」

男「でも色彩さん綺麗ですよ!俺がもう少し早く生まれていれば絶対色彩さんに惚れていますよ。(ギュ)」

色彩「(ガチャ)あら?それはうれしいわ」

男「……え?おまっ!えぇっ!」

侍「……」

男「あ、侍黒今のは違う!俺にはそんな趣味は」

侍「……馬鹿者。(ダッ)」

男「待て!聞いてくれ違うんだ!」


侍「最近部活きついからなぁ」

男「お疲れさんお疲れさん。あれ?」

侍「どうした?おっ、サーモンピンクではないか」

鮭「おぉ侍黒やん。久しいなぁ。元気か?」

侍「お主こそ元気か?最近見ないからな」

鮭「ははは、うちは元気満々や。最近町歩いとるとスカウトがうるさいねん」

侍「スカウト?」

鮭「○塚のスカウトや。やっぱうちそんな男に見えるかいな」

男「ボーイッシュな方だとは思う」

鮭「うちはまだやりたいことぎょうさんおるからなぁ。そや、二人とも聞いとるで?」

侍「何をだ?」

鮭「最近ラブラブやて聞いとるで。ええのう」

侍「ラブラブ、とまでは」

男「毎日疲れるんですよ腰が。女ってほら。出すものないから限りないじゃん?」

侍「貴様!変な事を!」

鮭「あっはっはおもろいなぁ。違いあらへん。ほな、うちちと用事あるから」

侍「ああ、近いうちまた」

男「使い易いキャラなのにな」

侍「はぁ?」

男「ん?俺今何か言った?」

侍「使い易いがどうこう言っておったぞ」

男「ごめん、ぼーっとしてた」


青紫「ふん!また来たのか薄汚いモジャモジャ頭!」

男「黙れ糞ガキ!最近できた例のポストにぶち込むぞ!」

侍「なぜお主らは会ったら喧嘩しかせんのだ」

男「生理的に受付ないんだよ!」

青紫「お前男の癖に生理あんのかよこのオカマ〜!」

男「……。お前さ、生理ってなんのためにあるか知ってんの?」

青紫「えっ?それは……」

男「(ニヤリ)あ〜。知ってるんだぁ?青紫君エッチぃ〜」

青紫「し、知らないぞ僕は!」

男「じゃあなんで赤くなったのかな?かな?」

青紫「……。もう6時だしお姉ちゃん心配するから帰る!」

男「……。勝ったぞ」

侍「我ながら涙が出てくる」

侍「だが将来あんな子供、欲しいのう」

男「え?」


男「やーいしーちゃんしーちゃん!」

無「しーちゃん言うな!」

男「えー!しーちゃん似合ってるのにしーちゃんしーちゃん」

無「侍黒!お前の馬鹿彼氏どうにかして!」

侍「わかったしーちゃん。こら!しーちゃんをいじめるな!めっ!」

無「……もういいよ。俺が馬鹿だった」

侍「ほんの冗談ではないかしーちゃん。気を落とさないでくれしーちゃん」

男「ごめんしーちゃん。悪かったよしーちゃん」

無「……」

男「無視しないでよしーちゃん!ちゃんとしーちゃんに謝ってるじゃん!」

侍「しーちゃんすまなかった。つい調子にのるのが我等の良くないところだな」

無「……」

男「色無さんごめん。いい加減機嫌治して」

侍「すまない。ちゃんと色無と呼ぶからこっちを向いてくれんか?」

薄「(ガラッ)しーちゃん助けてください!」

男「お?出番だぞしーゲフンゲフン色無さん」

侍「男の見せ所だなしーゲフンゲフン色無よ」

無「……」


男「しーちゃんねぇ」

侍「まさかお主、色無のことが……」

男「勘違いすんな!俺はうほっでもアッーでもねぇ!」

侍「だって上の空でしーちゃんねぇとか呟かれたら誰でも勘違いするぞ」

男「ねぇ僕ら付き合ってるんでしょ?恋人なんでしょ?」

侍「肩書きでは」

男「じゃあなんか特別な呼び方しようよ!それらしくさ!」

侍「おーちゃん、とーちゃん、こーちゃん、どれか選べ」

男「……。もう少しましなのないの?」

侍「ない」

男「じゃあ無難にこーちゃんで」

侍「わかったこーちゃん」

男「……ごめん。やっぱいつものが一番。違和感バリバリ」

侍「お主ならわかると思っておった。うん」


男「お疲れ部長」

侍「待っててくれたのか。すまんな」

男「いえいえ。支度できてる?」

侍「今鞄を持ってくる」

男「今日熱かったろ?」

侍「まぁな」

男「脱水症状と日射病とか気ぃつけろよ。大事な体なんだからな」

侍「どういう意味で大事なのかは聞かんでおくがな」

男「聞いてもいいのに。そういやテストどうよテスト」

侍「最高が国語の86、最低が科学の42。お主は?」

男「最高で数学が92で最低が英語で59。ぼちぼち」

侍「なんかむかつく。なぜ貴様は頭いいのだ!」

男「普通に授業受けてりゃわかるじゃん。逆を言うならなんであんな問題とけないの?って感じ」

侍「1日も多く学生でいる時間を謳歌したくてな」

男「夜更かしは言い訳になりません!睡眠は充分に取るべきだろ」

侍「11時に寝るとか某には考えられんよ」

男「将来を見据えなさい。そうすれば自ずと何をしたらいいかわかります」

侍「むぅ」

男「じゃ、また明日な。おやすみ」

侍「ああ、おやすみ」

男「たまには普通の生活してもいいじゃない。落ちが全てじゃないじゃない」


からおけ

男「久しぶりじゃんカラオケなんて」

無「まぁこの調子だと明らかに俺ら二人で割り勘だよな?」

男「反乱!反乱!私は浮気をーしまーしたー♪」

無「お前、その曲はねぇよ」

侍「おーとーこなんてシャボン玉ー♪」

青「なんなのよその曲」

男「三年目の浮気ぐらい多目に見ろよー♪」

侍「開き直るその態度が気に入らないのよー♪」

無「お前ら本当にこの先大丈夫なのかよ……」


緑「こういうネタ良く男が知っているな」

男「へぴしッ!あー今のは緑かな」

灰「こんどは寮と陵をかけて虹色陵ってのを……」

男「くすっ!……今のは灰だな」

青「あんなバカップルどこがいいのよ!」

男「ぐしゅ!青だなぁ」

侍「男は何しとるかのう。はぁ」

男「へきし!ふぁ。鼻毛切らなきゃ」


男「ククク……」

無「涎出てるぞ」

男「君は涎でないのかい?一年ぶり水着のピチピチギャルが見れるんだぞ?」

無「言い方が古い」

男「ラニーニャ万歳」

桃『また大きく……もう。』

紫『……。(ビキビキ)』

茶『やっほー!プールだぁ!』

青『茶!ヒモ!ヒモ!』

無『なんで俺の所に集まってくる!』

男「……羨ましくなんてないぜ今年は。なんせ僕には彼女がいるから!侍ちゃんカモン!」

侍「色無ー。某も見ておくれー」

男「……」

侍「冗談冗談。そんな悲しい目をするな」

男「今年も白のやつなんだ」

侍「そんな頻繁にサイズが変わるわけないからな。去年ので充分だ」

男「ふーん。(ジー)まぁ似合うんじゃない?」

侍「『まぁ』?失礼な奴め!ほれ見てみろ!」

男「女の子座り?下らね」

侍「むっ?ならこれならどうだ!」

男「……ねみ」

侍「なら桃直伝最終奥技!肩ヒモずらし!」

男「何ムキになってんの?」

侍「……。顔が物凄いニヤけているんだが」

男「お前って少し挑発するだけでムキになるんだな。ごちそうさま」

侍「……。てぃ(スパ)」


しろ「わたしのー!」

くろ「わたしのだー!」

侍「二人ともどうしたのだ!喧嘩なぞして!」

くろ「どら焼きがぁ」

侍「あとひとつしかないのか。ならばほれ、半分にして食べれば良かろう?」

しろ「あ……」

侍「こんなことで喧嘩してはならん。二人は仲良しでなければいかんのだからな」

くろ「ごめんなさい」

侍「それに悪い子の所にはな、削り器という怖いお化けがでるのだぞぉ」

しろ「う、うそ……!」

午前2時 寮

しろくろ「おねえちゃん……」

黄緑「あら!二人ともどうしたの!」

しろ「ゆめにけずりきでてきぁ」

黄緑「削り器?」

くろ「きょうさむらいのおねえちゃんにきいたの」

黄緑「あの娘……!」

午前4時 男宅

カラカラカラ

男「どったの?今夢でスゲーいいとこだったのに。……てか何でで泣いてんの?」

侍「夢に黄緑が出てきて某を……某を……」

男「お前何したんだよ今日は」


侍「また気持ち悪い顔をして何を企んでおる」

男「べっつにぃ」

侍「またプールの話か。確か今日は4時限目がそうであったな」

2時限目

男「ん〜♪」

侍「ご機嫌だな」

男「先生ー。今のは今の説明もう一度お願いしまーす」

侍「自分から率先して勉強とは……キモイ」

3時限目

侍「なぁ、貴様は気付いておらんだろうがクラスの女からはある意味一目置かれておるからな」

男「へぇ」

侍「貴様、某がおらんかったら絶対このクラスの女と喋ることないぞ」

男「時々『貴方も大変ね』って言われるのはわかってる」

侍「だったら自重せい!」

4時限目

先「この辺も断水するっぽいから今日プールなしな」

青「さっきから男ベランダで空見てるけど大丈夫なの?」

侍「逆境には強い子だから大丈夫……多分」


男「暑い。この調子だと夏には日本全体干ばつしてんじゃねぇ」

侍「貴様なんちゅう格好をしとるのだ。恥ずかしくないのか」

男「俺の部屋なんだからパンツ一丁でもいいだろ。」

侍「女の前でそれはどうかと聞いておるのだ」

男「……女?」

侍「目の前にいるであろうが!それが愛する者に対する態度かぁ!(シャキ)」

男「暑苦しいなぁもう。お前格好が暑苦しい。少しは涼しい格好してよ」

侍「某は充分涼しい」

男「嘘付け。髪の毛が額にピッチリ付いてんぞ」

侍「何で貴様の部屋には扇風機もクーラーもないのだ!」

男「だから俺脱いでんじゃん。お前も脱げば?」

侍「やはりそれか。こんなサウナにいつまでもいられるか。某は帰る」

男「俺のアイス置いてけよ」

20分後

男「(ガラ)おいアイス食いにいかね……」

侍「……」

男「脱いでんじゃん」

無「あれ?男は?」

侍「超究武神覇斬したら動かなくなった」


男「素麺だってよ」

侍「素麺か」

侍・男「……」

男「俺素麺と麺汁と生姜買ってくる」

侍「学校裏に行って竹を刈ってくる」

男「じゃあ30分後」

侍「流し素麺、完成だな」

男「まさに愛と友情のツープラトン。ここはレディファーストだ。流してやるからお前から先食え」

侍「かたじけない」

男「じゃあ流すぞ。それ」

侍「てぃ!(スカ)……まぁ良かろう」

男「第二陣いくぞ。よっと」

侍「てりゃ!(スカ)……」

男「どれ一度俺にやらせてみ?」

侍「ぬぅ。では……行きます!」

男「っと。ほれ、普通に取れたぞ」

侍「なっ……!もう一度!」

男「よいしょ。……。俺の流し方が悪いのかなぁ。(ズルズル)」

侍「それもあるやもしれん」

男「交換するか」

男「ほらまだ食えるって」

侍「いやじゃあ!ビニールプール臭い素麺なんていやじゃあ!」

無「何だよ用事って」

男「そこにある流し素麺用の竹持って行って寮で使って」

無「何で侍黒泣いてんだよ」

男「大体予想は出来てるだろ?」


男「そしたら背中に張り紙してあんだよそいつ」

無「確かに給食の献立が張り付いていたらやだな」

侍「む、寮の前にまた女がおるぞ。何号だ?」

紺「あらおかえり色無。隣の人らは……友達かな?」

男「は、はじめまして」

侍「侍黒と申す」

無「紺色さんどうしたの?」

紺「ちゃんと仲良く出来てるか抜き打ちチェックよ」

侍「さて、立ち話もあれですから中へ」

侍「紺色殿は海軍に在席していたのですか」

紺「ええ少し前まで」

男「どうりで見ない訳ですよ。ねぇしーちゃん」

無「しーちゃん言うな」

男「この子見てくださいよ。この寮唯一の男ですからモテモテですよ」

無「バッ!余計な事を!」

紺「へぇー。……。ねえ侍黒ちゃん痴漢に襲われた時、どうするか知ってる?」

侍「わかりませんが」

紺「こうすると少しの力で痛めつけることができるのよ。(グッ)」

無「いだだだだだだだだだ!!!!!」

侍「こうですか?(グッ)」

男「何で俺をつかいでいでいでいでいでいでいでいで!!!!!!」

紺「違くてこう!(グッ)」

無「ちょちょちょちょちょちょちょ折れる折れる折れる折れる!!!!!!!!」

侍「こう?(グイ)」

男「だだだだだだだだだだだ!!!!!」


侍「さて、傘がないわけなんだが」

男「俺も俺も」

侍「このどしゃ降りをどう帰れば……」

後「どうしたんですか二人とも」

侍「ちょうど良かった。お主、傘を余分に持っておらんか?」

後「……。(ピコーン)はいはいはいはい。ありますあります。ちょっと待ってて下さい」

侍「もう少しキビキビ歩け」

男「お前の歩幅に合わせてんだ」

侍「お主、肩に雨がかかっておるぞ」

男「折り畳み式だから狭いの」

侍「大分濡れているではないか。……。(ススス)」

男「おいっ……!」

侍「狭いのなら寄れば良かろう」

男「う……ん」

侍「何照れておるのだ!気色悪い!」

男「お前も赤くなってんじゃねぇよ」

侍「……ふん!」

部「後輩ちゃん傘貸してぇ」

後「はい。どうぞ」

部「一体何本傘持ってるのさ」

後「3本あったんですけど1本は侍黒先輩と男先輩に貸しました」

部「1本しか貸さない所が憎いねぇ」


男「やべ、傘忘れちった」

男「しょうがないのう。某の傘に入るがよい」

男「お前の傘妖怪みたいなんだけど……」

男「からかさか!からかさお化けか!そんなこと言うと入れてやらんぞ!」

男「ごめん入れて」

男「やっぱ日本古来の傘は広いなぁ」

男「お主ばっかり楽するな。持て!」

男「はいはい。にしてもお前いいにおいするなぁ。シャンプー?」

男「寄るな気色悪い!」

男「それは冗談として」

男「それは某が臭いってことか?」

男「誤解だ違う!このおふざけが冗談って意味であってそんなことはない!」

男「ふっ、冗談だ。それぐらいのユーモアがなければ貴様に着いて行けん」

男「ならさ」

男「?」

男「これからも着いて来てくれる?」

男「……馬鹿者。お主が某に着いてくるのだ。ほれ、早く歩かんと某が雨で濡れてしまうであろう」

男「はぁ。しょうがねぇなぁ」

侍「お主には着いて行けん」


ガサガサ

男「なんだこの音?」

侍「とったどおぉー!!!!!」

男「笹ぁ!」

朱「いや有難いねぇ」

侍「小遣いは競馬で勝った時でよいから」

男「しっかし何で朱色さんが七夕に興味持つかねぇ」

朱「寮の連中見りゃわかんだろ。それになぁ……」

侍「それに?」

朱「一年に一度しか会えないなんてロマンチックじゃねぇか」

男「はい?」

朱「織姫……彦星……!」

侍「目が輝いておる……!」

男「まだ昼なのに空見上げていらっしゃるな」

群「ただいま」

侍「おかえりなさいませ群青殿」

群「あら?笹じゃない?」

男「これは朱色さんが侍黒に頼んで」

群「(キラキラキラキラ)素敵ね……!」

侍「え?」

群「一年に一度しか会えない二人が一夜だけ愛を交しまた離ればなれになる、それでも二人はまた来年まで待ち続けるなんて……!」

男「本当に姉妹なんだね」

侍「働くか遊ぶかの違いだな」


空「二人のお願いが一番てっぺんだよ」

しろくろ「うん」

侍「どれどれ二人とも見せてもらうぞ。『いつまでもみんなが仲良く暮らせますように』か。いいではないか」

黄緑「侍黒ちゃんもたまにはいい仕事するじゃない」

侍「皆が気付かんだけだ。普段からしておる」

男「みんななんかソワソワしてない?特に青とか紫とか」

侍「全員同じような願いが書いてあるのだろう」

無「ふぅ。これでよし」

男「どれ!『みんな幸せでいられますように』か。つまんね」

無「見るな」

侍「さて某はこれで、と」

男「じゃあ見せ」

侍「見たら殺す」

男「……つまり俺に見られたらマズイ内容。俺に関係することなんだね。侍ちゃん大好き」

侍「寮の奴らに見せ付けるために書いたのだ!貴様には関係なぞない!」

男「さて、じゃあ俺も短柵くくるか」

侍「待て!お主はなんて書いたのだ!」

男「見たら殺す」

侍「貴様……当て付けか?」

男「じゃあ見せっこしようか?」

侍「……ほれ!(ビシィ)」

男「(ジー)……本当に書くなよ」

侍「うるさいうるさい!貴様のためではないと言ったであろう!ええぃ貴様のを見せんか!」

男「はい」

侍「『ここにある願いが全て叶うように』。……頭おかしくなったか?」

男「ひ、酷いッ!」


侍黒織姫と彦星男

男「3……2……1……よっしゃ天の川解禁!」

男「さむら……織姫!」

侍「彦星……!」

ガシッ!

男「会いたかった!」

侍「……ひ、彦星!」

男「さぁ!姫始めしよう!」

侍「天の川に流されてぇか?(シャキ)」

男「ちょ!嘘嘘嘘嘘!やめてよ!怪我するよ!」

侍「貴様は会えばすぐそれだ!感動も涙もありゃしない!」

男「だって夜明けまであと9時間しかないんだよ!することしなきゃ損だよ!」

侍「9時間もつのか?」

男「今年は2ヶ月我慢したから……」

侍「……馬鹿?」

男「織姫が好きだから……」

侍「この一年何があったか夕飯を食べながら話あった後ででも良かろう?」

男「織姫……!大好きだあ!(ガバ)」

侍「だから飯の後と言っとるだろう!(スパン)」

しろ「あ!流れ星!」

くろ「お願いしないと!」

侍「織姫と彦星は今頃何しとるのかのう」

男「セッ○ス!セ○クス○ックス!」

侍「うるさぁい!(スパン)」

男「あん」


侍「ククッ……ククク……クァーカッカッカッ!」

男「ポニーテールの日なのはわかったから少し落ち着け」

侍「見よ!このツヤツヤサラサラウルウルな美しい黒髪を!」

男「わかったわかった」

侍「結えば一本も跳ねず流れるような曲線を描くこの髪!」

男「はいはい」

侍「橙や桃のように髪の傷むような真似はせん!枝毛なぞはなから無縁なのだ!」

男「うんうん」

侍「この無敵のキューティクルを兼ね備えた某に勝るポニーテールはおらん」

男「そうそう」

侍「そしてこの抜群のスタイル!大和撫子のような」

男「そこから先はポニーテール関係ないない」

侍「……」

男「事実じゃん?」

侍「クァーカッカッア!(シャキン)」

男「うわぁ何で!」


サムライブラック(通称:侍黒)

趣味:昼寝中の男の頬にキスすること。だが本人はした後で自己嫌悪に陥る。

侍「……今日こそ!今日こそせんぞ!」

男「う……んー……」

侍「……。可愛らしい声あげおって……んー」

男「……あ?(パチ)」

侍「……これは」

男「んっ。(チュ)……。(パタン)Zzzz」

侍「……」

 侍黒宅にて

侍「嘘?嘘?嘘?嘘だろ?まさかまさかまさかまさか!」

闇「うるさいよ侍ちゃん」


男「ふっ……!ふっ……!」

侍「何をしておる?」

男「腹筋だ」

侍「何故にそのような」

男「自分への戒めだ」

侍「そうか……」

ニュー速VIPin虹色寮板

安価で黒い姉になんかする(402)

お→っ→ぱ→い→う→pで>>1の胸のサイズうpするスレ(6)

薄黄「まじだりぃ」(73)

色無が男色に目覚めたそうです(801)

白が言わなそうな台詞(253)

オ○ニーよりマラソンしようぜ(103)

最強の嫁決定戦(721)

ツンデレだけど全レスする(54)

待黒(3)

おまいらのおすすめのエロゲ教えれ(217)

侍「まぁた腹筋しとるのか」

男「何で……ふんっ! 薄黄ちゃんが……ふんっ! 腹筋……ふんっ! なんだ……ふんっ!」

侍「何をいっておる」


更衣室

侍「なかなかな水加減であった」

橙「侍ちゃん、プールはお風呂じゃないのよ」

侍「ちゃんと泳いでいたであろう?」

紫「……」

桃「♪」

紫「……いいなぁ」

侍「(ポン)無理」

紫「……」

侍「 ム リ ♪」

紫「ぶっ殺してえ」

黄「そういえば侍ちゃんも意外と大きいんじゃない?毎日揉んでもらってんのかぁ?(ムニュムニュ)」

侍「やめんか」

黄「エクスタシぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!(ムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュムニュ)」

侍「やめろ。(ペチン)」

黄「いやん」

侍「さて、サラシサラシ……おろ?サラシがない……!」

青「まさか……下着ドロ?」

侍「あの糞ガキぃぃぃぃぃぃ!!!!」

教室

青「(ガラ)侍黒、あなたのサラシなんだけど、プールサイドで転んで擦り剥いた茶色が膝ひぃ!!!!!」

侍「ふん!(グシャ)ふん!(グシャ)ふん!(グシャ)ふん!(グシャ)ふん!(グシャ)ふん!(グシャ)ふん!(グシャ)ふん!(グシャ)」

無「(ガラ)おい男、さっき先生が……先生が……」


無「男」

男「ん?どうした、切なそうな顔して」

無「や ら な」

男「断る」

無「冗談だ」

男「本気だったとしても断るが。それだけか?」

無「いや、黄に『愛してる』って言われた」

男「おぉ!!ついに告白か!セクロスか!童貞卒業かうらやましいなこの野郎!!」

無「……俺もそう思ってたんだがな」

男「?」

無「アクエリオンだった」

黄「あなたと合体したい」


侍「どうやら某は色的に黒よりは灰に近いらしい」

男「へぇ」

侍「姉上!」

男「義姉さん!」

黒「な、なによ……!」

侍「妹よ!」

男「義妹!」

灰「お義兄ちゃん……!」

男「義妹……!」

灰「お義兄ちゃぁん!」

男「なんでお前が黒の姉妹なんだよ……」

侍「ないか……」

男「ない」


拝啓  母さん、僕は侍黒ちゃんと付き合い始め約3ヶ月。なかなか相性が悪く馴染めないけど、それなりにうまくやれてます。

    今日は二人でお祭りに行ってきたんですが、結局寮のカス共に巻き込まれたわけで。

 30分前

男「祭り祭り祭りぃ!」

侍「(ガラ)うるさいのう。仕方ないが付き合ってやる」

男「仕方ないなら最初から浴衣着込むなよ」

男「いいか、せーので打つんだぞ!」

侍「わかった! (パコン)あ。打っちゃった」

男「しかも外してんじゃねぇかよ!」

侍「くまさん人形が……」

男「お前の鉄砲貸せ! 俺が2挺拳銃で」

店「お兄さんそれ反則ね」

無「わぁ! 男君じゃないか! 奇遇だね!」

男「何その気持悪い登場シーン。ふざけてるの?」

無「いやぁ侍黒ちゃんも一緒かい? ラブラブだね! うん!」

侍「救いの目を向けるな。自分で撒いた種は自分で刈り取れ」

無「後ろにみんないるから一緒に祭り楽しもう! ね!」

男「頼むから巻き込まないで」

無「(ボソ)頼むから付き合ってよ。さっき不良に3回も絡まれたんだよ?」

男「死ねよヒモが」

黒「あら? いたのあなた達」

侍「チッ」

黄「今舌打ちした? ごぉめんね邪魔しちゃってぇ! じゃお祭り楽しもうかぁ! みんなで」

男「ホントに死ねよ」


橙「ほら!腕組みなよぉ!」

侍「ぅるさぃ!……ふん!」

桃「照れないでよぉ。素直に、ねぇ」

男「色無さん色無さん?」

無「んー?ナニナニ?」

男「後で殺す。ガチで」

無「つれない事言わないで下さい。これも人助けだと思って」

男「今日こそイケそうな気がしたのに……」

白「あの……楽しくありませんか……?」

男「んぁ?」

水「す、すいません……。デートの邪魔しちゃった見たいで……」

男「つまらなくなんかない!つまらなくなんかないぞ!断じて!」

白「そうですか!良かった!」

男「……ふぅ」

侍「今黒が睨んでいたのが見えたな」

男「絶対後でやられると思った」

侍「……はぁ。もう」

男「私にいい考えがある!」

侍「どこかの指令官みたいな事を言うな。一応聞いておく」

男「それはだな……(コショコショ)」

侍「成程、危険すぎるが……やるか!」

男「みんなぁ、飲み物買ってきたよぉ!」

侍「冷たい内に飲むが良い」

無「悪いね。(ゴクゴク)……何これ?」

男「モスコーミュール」

無「お前ら……!」

男「知るかボケ!謀ったのはどっちだ!無駄にフラグ立てやがって!この際全部回収しちまえ!」

無「頼む!もう体が持たないんだ!」

赤「体が持たない?それなら僕と飛行機ブンブンでワンモアセッだよ!」

青「だめよ!色無は今から私といい事するんだから!ねぇ、い・ろ・な・し?」

紫「貧乳はステータスだ。希少価値だ」

無「……あーもうどうでもいいや」

侍「さて、色無に見事天誅を下したわけだが」

男「なんか、祭りって気分じゃないよなぁ」

侍「先ほどの酒が残っているんだが……」

男「飲むか。お前んちで」

侍「……なぁ。来週は花火大会があるようなんだが……その……」

男「当然だ。お前以外に誰がいる」

侍「……」

男「あれ?照れてない?」

侍「見るな覗くな!」

男「……可愛い」

侍「たわけ!いいから早く入らんか!」

男「なんだかんだで結局色無さんには感謝してます」


男「この問題わかる?」

侍「……何で今回の宿題はこんなに難しいのだろう?」

男『外で俺は携帯で支援する!イヤホンを耳から絶対外すなよ!なぁに誰かの宿題をカメラに収めるだけだ、楽勝だよ!』

侍「しかし夏服は涼しいのう」

青「あら?おかえりなさい黒さん。今日も暑いわね」

侍「そ、そうね」

男『ちょうどいい。青の宿題を少し見せてもらえ』

侍「ねぇ青。少し宿題見せてもらえないかしら?英語がわからない箇所があるの」

青「黒、あなた英語得意じゃなかったかしら?」

侍「……私にも不可能があるのよ」

男『うまいぞ!まるで魅音のふりした詩音みたいだ!』

青「ふーん。まぁいいか。ここは過去進行形だから……」

水「それで、ここの化学式は終わり」

侍「ありがとう、水」

水「で、でも珍しいなぁ。黒ちゃんが私なんかにお話してくれるなんて」

侍「何いってるの?私達は友達でしょう?あまり話す機会がないからしょうがないの。ごめんなさい、水」

水「(ウルウル)ありがとう、黒ちゃん……!」

男『まずい!200メートル先に本物の黒発見!裏口から逃げろ!』

黒「ふぅ、暑かった」

青「え?黒?なんで?今二階にいったはずなのに?」

黒「今私は白の病院にいたのよ?そんな馬鹿な話……!」

水「え……?じゃあさっきの黒ちゃんは……!」

その後寮内では黒のドッペルゲンガーの噂がまん延した。侍黒の変装とはばれることなくこの先も解決することはなかった。


男「準備できたか!お小遣いは!?おやつは!?」

侍「お小遣いはともかくおやつは必要なかろう」

男「心の準備は?」

侍「……何のだ?」

男「今晩の」

侍「生憎そっちの準備は出来ておらん。すまんな」

男「そんなっ……!!」

男「左異常無し!」

侍「右大事ない!」

侍・男「色無無し!」

男「前回の祭りみたいに変に絡まれたらたまらんからな」

侍「少し小腹が減ったの……」

男「自分で買」

侍「……。(ジー)」

男「……。わーったわーった。どうせ最初から奢るつもりだったよ」

侍「じゃあじゃあまず焼きそばからな!」

男「まずはってお前なぁ。俺からいくら巻き上げるつもりだよ。すんません。焼きそば一つ下さい」

無「はいよー」

男「うぁたぁ!(グシャ)」

無「ぐぉあ!」

男「逃げるぞ!」

侍「御意!」

朱「色無大丈夫か!色無ぃ!」

男「ここまで逃げれば……!」

侍「……あ」

男「どうした?……あぁ手か。離す」

侍「……離さなくてよい」

男「ん?んー」

男「あの俺汗かいてない?暑くない?嫌なら離すよ?」

侍「いつものお主からは考えられん発言だな」

男「うるさぃ」

橙「そこの侍!止まりなさーい!」

紫「暴行罪でジャスティス!」

男「どこのタイムレンジャーだよ。逃げるぞ」

侍「人が多いから手を離すでないぞ」

男「俺の台詞だ」

黄「つべこべ言わずお縄に付けぇーい!!」

侍「行くぞ!(タッタッタッ)」

紫「あ!待て!」

男「まだ追ってくるぞ!」

侍「(ブチ)あ!下駄が!」

黄「観念しろ侍黒!しんみょうにお縄につけーい!」

男「悪いなとっつぁん!(グイ)捕まってろ走るぞ!」

侍「のわっ!」

橙「お姫様ダッコとは見せ付けおって……!追えーい!」

男「はぁ……はぁ……まいたか……!(ボソ)重かった」

侍「最後何て言った。(シャキ)」

男「 刀 が 重かった」

侍「ならよい。無理しおって馬鹿者」

男「よっこらしょ。座れ、足出せ」

侍「何をする!」

男「応急処置だ。下駄の紐結ぶんだよ」

侍「……すまない」

男「気にしな」

  ヒュ  ドーン

男「だぁああああ!びっくりしたぁ!心臓に響くぞ!」

侍「花火始まったか。お主も座れ」

男「はい、お茶でいいんだろ?」

侍「うむ。よろしい」

ドーン

男「綺麗じゃん?」

侍「某か?」

男「花火だよ!」

侍「気の利かぬ男め!」

男「お前は綺麗って言うより可愛いだからな」

侍「ふーん」

男「やけに冷めた反応ですこと。早くも倦怠期か?」

侍「お?今から最後の花火を打ち上げるそうだ。何か言う台詞があれば花火の音にかき消されないようにするがよい」

男「帰ってセ(ドーン)しよ!」

侍「……はぁ。(スパ)」


帰り道

男「冗談なのに……!冗談なのに……!」

侍「加減はしたつもりだ」

男「お前は俺にロマンを求めすぎなんだよぉ」

侍「ガサツ過ぎなのだ貴様は!」

男「だってぇ〜僕そういう柄じゃないしぃ。それは色無さんの役目じゃん」

侍「はぁ……」

男「だけど今日は楽しかったぞ?お前といれて」

侍「気休にしか聞こえんぞ」

男「気休なんかじゃない……!」

侍「……。真面目な顔しおって」

男「悪い?」

侍「……見るな」

男「……やだ」

侍「……ん。(チュ)」

男「……ふぅ。ん?」

無「……。(~゚д゚)(ポカーン)」

男「……ん?」

無「(コクン)」

侍「……」

男「憎悪の空より来たりて」

侍「正しき怒りを胸に」

侍・男「我らは魔を断つ剣を執る!」

無「卑怯だろそれは!おい!」

 

寮にて

黄「色無おかえりー!焼きそばいくら儲け……」

紫「後ろの二人はなんなの!」

男「失敬な紫ちゃん!僕と色無君は友達なんだよ!ねぇ!」

無「う、うん」

侍「 と も だ ち だよなぁ?(キラーン)」

無「はい!」

青「何か様子変じゃない?」

パチパチパチパチ

白「綺麗……」

黒「そうね」

男「そうだねぇ色無君!花火綺麗だね!」

無「そう……だね」

男(さっき見たこと誰かに言ったら……!)

侍「色無よ。我らは未来永刧良き友人でいような」

無「……うん」

男(ジー)

侍「……ん?」

男「」

侍「」

無「……はぁ」

男「悪いね」

無「ホントに悪いよ」

紫「ねぇこのデカイ花火やろうよ色無!」

男「ほら、行ってきな」

無「はーい」

 

男「あのさ……さっき色無さんに見られたアレの件なんだけど……」

侍「言うな喋るな口を開くな!(シャキ)」

男「冗談は止め。アレなんだが……ここはお互いなかったことにしないか?」

侍「なぜだ?」

男「俺としては十二分に喜ばしいことだが……お前は?」

侍「てぃ!(グシャ)」

男「あだ!痛いのよさ!何するのよさ!」

侍「乙女にその様な愚問を問う方が悪い」

男「……それで?」

侍「悪いわけ……無かろう。某も嬉し……って何を言わすか!(スパ)」

男「キャゥン!」

黄「さっきからあの二人様子おかしいよね?」

橙「こりゃ何かあったに違いないわね……」

侍「さて、そろそろ帰る」

橙「待ちなさいな。お開きはまだ早くってよ」

黄「ネタはとっくに上がってるんだよぉ!」

無「きみたち!侍黒と男に失礼だろ!謝りなさい!

  すまないね二人とも礼儀を知らない人等で。

  しかし夜も更けたからね。もう帰った方がいい。

  たまには集まりもいいだろ?時々顔出してくれ」

黄「……わかったよ」

橙「ブーブー」

男「ナイスフォローだよ色無さん。正直あの二人に問い詰められたら多分喋ってたよ」

青「いい!二人とも目を瞑って!キスした人は正直に手を挙げなさい!」

侍「なんでバレたのだろう。しかも青だけに」


侍「そういえば某は最初色無とは縁もゆかりもなかった。お主を通じて知り合ったのだ」

男「高校で知り合ったからな俺も」

侍「何がきっかけだったのだ?」

男「あれは一年の最初の夏だった……」

男『ふぅ、夏の奉仕委員ってのも楽じゃねぇなぁ(ガラ)』

無『よっ』

男『あれ?色無さんも居残り?』

無『まぁそんな所。お前は?』

男『独り言でも言っていた通り奉仕委員。ごみ拾い』

無『帰るの?』

男『まぁね。それじゃまた明日——』

 ゆーれるひこーきぐもー♪ぼくたちはみおーくーったー♪

無『あ、水から電話だ』

男『待て!今の……!』

無『……わかるの?』

男『……(コクン)』

無『(ピッ)あ、水?え?委員会長引く?わかった。いやいや大丈夫。ありがとう(ピッ)』

男『……帰ろうか?』

無『あぁ』

男「という逸話があって……あってだな……あれ?侍ちゃん?どこにいるの?僕を一人にしないで?侍ちゃーん!」


男「今年さぁ海いってないよなぁ」

侍「行かんでもよかろう」

男「やだやだ行きたいの行きたいの!(バタバタバタバタ)」

侍「(ピ~プルルルル~ガチャ)色無か?まぁ何も言わず聞いて欲しい」

男「海行きたい!海行きたい!海行きたい!海行きたい!(バタバタ)」

色『何かやけに大きなだだっこがいるんじゃないか?』

侍「頼む。貴様の無駄なモテ力を貸してくれ」

無「ごめんな、メンバーがいなくてな。そういうノリの奴らに限って家に帰っているんだよ」

黄緑「さぁ、みんな!沢山大きい魚釣ってね!」

赤「フィィィィィィシュ!!!!!!」

緑「ボラね。逃がしなさい。でも私は海水浴でも良かったんだけど……」

朱「いいからいいから。飯代が浮けばもっといい思いさせてやるから。競馬で」

侍「ほれ、色無に礼を言うがよい。望み通り海に行けたのだからな」

男「……。(プルプルプルプル)」

侍「不服か?」

男「違う違う違ぁう!僕が望んだのは肌を露出したおにゃのこが沢山いる所でみんなビニールのシャチに乗って泳いで」

侍「(トン)頭を冷やせ」

男「(バシャン)うぉほぉ!冷てぇ!」

無「何か背ヒレみたいなの見えね?あれ」


侍「良かったではないか。ただのシュモクザメで」

男「お前のせいで僕……僕……うわぁぁん!!!」

色「はいはい、いーこいーこ。(ナデナデ)」

黄緑「ヒレも手に入ったし、今日は鮫の煮付けにしましょ」

朱「鮫は近くの海の家にでも置かしてもらって泳ぎにでも行く?」

侍「黄緑はまず某の刀を返せ」

男「夏はやっぱりこれだよぉ」

侍「サングラスを外せ。修正してやる」

緑「君達静かにしてくれないか?本に集中……君、変な目で私を見ないでくれないか?」

男「フヒヒサーセン」

赤「色無!向こうの防波堤まで競走しよ!」

色「無理。却下」

赤「ねぇ!緑も本ばっかり読んでないで泳ごうよぉ!何のために水着着てるのぉ!」

緑「ちょ、せめてしおりだけでも……!」

男「いいなぁこういうの」

侍「某は」

朱「おーおー。若いカップルはいいねぇ。なぁ?」

黄緑「なんで私に同意を求めるんです?」

朱「あ、ごめんな」

男「何という……!」

侍「それが」

男「色無さんええのぅ……」

侍「貴様ぁ!さっきから某を」

男「(チュ)……」

侍「————————!!!!!」

男「『某を』……何?」

侍「はわ……わ……(アタフタアタフタ)」


男「……」

侍「あ゛ー」

男「……」

侍「あ゛ー」

男「……おい扇風機から」

侍「あ゛ー」

男「……」

侍「夏と言えばやはり肝試しであろう」

男「やっぱり百物語は欠かせないよな」

侍「今回はロウソク抜きでやろうな」

3時間後

男「次お前の番だぞ!」

侍「やはり二人で百消費するには無理があるぞ」

男「ですよねー」

侍「トウモロコシを食べようぞ!」

男「どうしたのさそのトウモロコシ」

侍「知り合いからもらったのだ。さ、湯がいて食べるぞ」

30分後

男「甘いな。うん」

侍「今年は日が出てたからな。栄養が沢山……なぁお主のその……」

男「どうした?……なんだこれ?」

侍「イモムシが半分に……」

男「……俺、急に体調悪くなってきた」


男「う゛ーん暑い」

侍「暑いのう」

男「だな。こんなんだとクーラー有りでも寝つけないな」

侍「うむ」

男「汗かいてきた。上脱いでいい?」

侍「やっ!やめんか!」

男「んじゃお前もう少し離れろ。寝息が生ぬるい」

侍「つれぬことをいうでない」

男「暑い!」

侍「離れるも何もこのベットは二人で寝るには小さいぞ」

男「わかったわかった。じゃあ俺は床で寝るから」

侍「お主もこっちで寝れば良かろうに……」

男「あれ俺なんで床で寝てるんだ」

侍「(ガラ)おはよう。昨日は快適であったな」


侍「あの……」

後「ふん!(ブン)ふん!(ブン)ふん!(ブン)」

侍「お、おはよう」

後「あ!先輩!おはようございます先輩!いたんですか先輩?」

侍「(先輩先輩連呼するでない!)ひ、久しいの……」

後「それにしても今年は暑かったですね。ね、先輩?」

侍「あ、暑かったかもな」

後「部室が蒸し暑くて蒸し暑くて」

侍「なぁ後輩、いや鈴蘭よ。一応で良いから某の話を聞いてくれんか?」

後「はい?」

侍「確かに某は部活を顔を出さなかった。恋路にかまけて怠慢してしてしまった。すまない」

後「……で?」

侍「……以上」

後「はぁ。何が愛ですか何が恋ですか。先輩こないと思ったら顧問も部長も来ませんし」

侍「あの二人もこなかったのか?」

後「来ませんでしたよ一度も」

顧「(ガチャ)ごめーん。熱海行ってた」

部「海良かったよー侍ちゃーん!」

後「(ブチ)てめぇらぁ!そこ座れぇぇ!」

部「ちょっと後は、きゃあ!」

侍「部長!まず謝って!謝って!」


男「きゅん!」

侍「風邪か?風邪なのか?」

男「コショウのせいだよ!」

男「あーさみー」

侍「ほれ、風邪薬だ。たーんと飲め」

男「クーラー消そ」

男「頭痛ぇ」

侍「風邪だな?夏風邪だな!」

男「そこまで俺を馬鹿にしたてあげてぇか?」


男「黄緑さんって剛力だよなぁ」

侍「何故全治9ヶ月の怪我をするようなアホな真似を?」

男「どこまでのフラグなら折れるか試したかった」


侍「青よ、急に呼び出して何の用だ?」

青「あのさ……(ゴニョゴニョゴニョ)」

侍「そうだの……」

侍「999……1000!ふぅ、終わった」

男「お疲れさん。座りなよ」

侍「去年もこんなことがあったような……」

男「今年はまた違うだろ?(チュ)」

侍「ふぁ……ん……。……愚か者め」

侍「とか」

青「ふーん」

空「それで!それでそれで!」

侍「明日は部活だ。某は風呂に入って」

男「待て」

侍「何(ガバ)うぉあ!なななな何をする!」

男「今日は……一緒にいたい」

侍「お主……」

侍「っていうことがあったらいいのう」

青「……え?今の話って事実じゃないの?」

侍「違うが何が?」

青「先生怒りますよ?本気と書いてマジで怒りますよ?」

空「このやるせない想いをどうすれば……」


侍「今年はまだス」

男「プール行こうプール!」

侍「うむ、プールもいいがスイ」

男「夏休み終わりだからな!花火買ってくる!」

侍「ついでにスイカ」

男「行ってくる!」

侍「待て貴様!(ガシ)」

男「やだやだやだやだやだやだ!今年は絶対スイカ割りなんかしないからな!」

侍「今までのはほんの事故ではないか!スイカを食べようぞ!無論スイカ割りで」

男「今年もまた死ぬ思いするの嫌!」

闇「昼間からイチャついているね。スイカ買ってきたんだけど食べる」

男「終わりだ……人生終了だ……」

侍「これでよし。さぁ母上、回してくれ」

闇「そーれ。(グルグルグルグルグルグルグル)」

男「助けて……」

侍「(フラァ)よぉし……」

男「そう!その調子!真っ直ぐ!」

闇「そう!そこよ!」

侍「てりゃあ!(スカ)……ん?」

男「なぁあああああ!!!」

侍「どうした男よ!あれ、刃の部分が柄から……」

男「おい!後5センチずれてたら確実に目だぞ!目!」

侍「刃が吹っ飛ぶのは某のせいではなかろう」

男「もう嫌!帰る!帰る!」


男「線香花火か……」

侍「この輝きは切ないの……」

男「人の人生みたいなもんだよな」

侍「……気色わる」

男「一人だとこの程度の輝きだけどさ。こうやってくっつければ」

侍「あ」

男「二人分の輝きになるんだよな」

侍「恥ずかしいことを良くいえるな」

男「落ちる時も二人一緒(ポト)」

侍・男「あっつーーーーーー!!!!」


男「後わずかで全てが終わってまうぅ」

侍「夏休みが終わるぐらいで全てが終わるわけなかろう馬鹿者」

男「冗談はさておき、まとめでもするか」

侍「まとめとは?」

男「夏を振り返るってこと」

侍「ありすぎて(チュ)……んっ!……ん」

男「ふ……。まとめなんてこれぐらいで十分だろ?」

侍「……調子の良い奴め」

男「……。お、俺帰るわ。いやー長居しちゃった、かなーなんて」

侍「ぬ!うん!そうだぞお主!いつまで現をぬかしておる!はよう帰れ!」

男「悪いね!ははっ、じゃあまた!」

侍「う、うぬ。ではまた!」

男宅

男「何で帰っちゃったんだよ!(ガンガンガン)僕の馬鹿馬鹿馬鹿ぁ!(ガンガンガンガンガン)」

侍黒宅

侍「切腹じゃぁあ!あー!誘う機会だったではないか!切腹じぁあ!」


男「中間……テスト……?」

侍「一学期後半から2学期前半までの項目らしい」

男「……前回の期末の赤点補修は夏休み中に行う故に比較的時間に余裕がある。しかし……」

侍「普段の生活にそんなもの絡ませてみろ……」

男「……こうしちゃおれん」

開始10分

男「なぁ『おかし』ってのは風情があるとかそういう意味だよな?」

侍「そうだ。カールとかポッキーではないぞ。後聞きたいんだがこのXというのは……」

30分後

侍「〜♪〜〜♪」

男「ちょっと鼻唄静かにしくてれ。気が散る」

侍「教科書にパラパラ漫画描いてるお主に言われとうない」

男「……てかお互い真面目にやろうな?」

1時間後

男「てぃ。(ピン)てぃ。(ピン)」

侍「消ゴム千切ってなげるな!貴様やる気ないのか!」

男「てぃ。(ピン)」

侍「だからやめんか!貴様ぁ!(シャキン)」

男「あ、やっと怒った」

侍「逃げるなぁ!」

2時間後

男「うーん。大変意義のある勉強会だった」

侍「……馬鹿めが」


男「うっさい!俺か!事故でも故意でも都合が悪けりゃ俺のせいか!」

侍「あそこは貴様がヤツを吸い込んで自殺すべきだった!なんのためのカービーだ!グズ!」

男「グズ?今グズって言ったろ!この侍の意味履き違えた勘違い女!」

侍「はぁ?能書きを垂れるな小童子が!役たたずめ!」

男「お前言っていいことと悪いことあるぞ?あまり度が過ぎると僕おイタしますよ?」

侍「役たたず」

男「てめぇ!」

侍「(シャキン)来い役たたずの小童子め!」

男「(ガチャ)た、助けて色無さぁん!」

無「うわぁ!血!血が!どうし」

侍「決着はまだついておらんだろ?ん?童子?某は傷一つ負っておらんぞ?」

男「もうやだよぉ!す い ま せ ん!俺が悪かったです!」


男「ごめん……」

侍「某もすまなかったな」

無「いやぁヨカタヨカタ。そんで侍黒を警察に突き出す?」

侍「何故!」

無「だって男を見る限り明らかに暴行罪……」

侍「それは男が……」

男『ひぃぃぃぃぃ!誰かぁ!(ツル~ゴシャ)痛!』

侍『待てぇ!』

男『お助けぇぇぇ!(ゴン)はう!電柱……!』

男『誰かぁ!(ドン)はっ!そこのガタイのいいあなた!僕を』

ガタイが良くて頬に傷があってグラサンのお兄さん『あ?』

男「だから侍ちゃんは悪くないですっ!」

侍「そうだそうだ!」侍・男「ねー」

無「……早く帰れよ黄緑さん呼ぶぞ?」


男「はいはい。今日も稽古ご苦労様。はいお茶」

侍「すまない」

男「いえいえ大切な侍ちゃんのためですから。これぐらいなんの」

侍「じゃあ信長を明智から」

男「それとこれとは別!それにしても部活に稽古と、なかなか上を目指しますこと。部活じゃマシな結果出てんだろ?」

侍「まぁ個人なら全国ぐらいは」

男「いつのまにそんな……」

侍「お主が『ったくあんなダルい集会まともに聞いてられっか』ってボヤいてた集会でだ」

男「ごめんちゃい。流石偉大な侍様だ」

侍「……何故か知らんが最近それが擬古のように感じてならんのだ」

男「(ピト)熱はないな。明日頭の病院と心の病院行くか?」

侍「正常だ」

男「珍しく弱気ですこと。なんかあったか?」

侍「最近ちょっと現実を見るようになってきた。お主とその……仲になってからな」

男「別れる?」

侍「へ!?違う!そういう意味で言ったわけではないぞ!勘違いするな!」

男「わかってるからそんな揺すんないで」

侍「すまぬ。それでだが、まぁ我等にも将来ってものがあるであろうそれを考えたら今のままでよいのかと……」

男「いいんじゃない?少なくとも俺はそう思ってる」

侍「実際は難しいと思うが」

男「お前のためなら徹底的に裏方にまわりこむよ俺は」

侍「え?」

男「雰囲気に流されるから言うけど俺お前のためなら何でもするよ?」

侍「……。ちょっとこんびに行ってジャンプ買ってきてくれんか?」

男「そうじゃないだろ!そうじゃ!おい!」


 追い込みの時期

男「お前どうよ?」

侍「駄目だ……!わからん!」

男「無理だよなこんなの。青レベルじゃねぇとわかんねぇよ」

侍「まぁ無難にすませばよかろう」

 追い込まれる時期

侍「もう駄目だ終わらん!無理だ!あぁどうすべきだ……!」

男「あーもうどうでもいいや」

侍「どうしよう本当に終わらん!どうしよう……!これは腹を斬って詫びるしか……!」


男「よく考えてみろ!」

侍「何をだ?」

男「夏休み終了二日前だよ!」

侍「だから?」

男「 や ら な い か 」

侍「……ん?何かな?よく聞こえなかったぞ?」

男「ほら、明日しちゃったら明後日学校でしょ?だから今日のうちに、ね?」

侍「しねぇよ死ねよ」

男「もったいないなぁ。せっかくの学生の夏休みの最後を地味に飾るなんて」

侍「まずは貴様の派手の基準がおかしいだろ!なんで情事に励むことが」

男「まぁそういうことがあれなわけではないんだけどな。とりあえず最後までお前と居たいって言うのが本音かな」

侍「お主の臭い台詞には寒気を感じる」

男「酷い!そんな悪い子はこうだ!(チュ)」

侍「ぬぁ!な、何をする!(~)」

男「キス。嫌か?嫌なら金輪際しないが?」

侍「するな馬鹿者!」

男「わかった。もうしないぞ?本当にしないからな?(チュ)」

侍「だっ!するなと言って……えぇい!(シャキ)」

男「斬りますか?斬るんですか?いいですよ斬ってください」

侍「ムムム……!あぁもう!」

男「斬らないんですか?(ニヤニヤ)」

侍「見るな!」

男「んー。(チュ)」

侍「んなっ!やめんか!」

男(あーやっべーおもしれー)


男「いっくぉし!さみい。今は窓開けて寝ると冷える、っと。あいつまだ起きてるのか」

男「(ガラッ)三河屋でーす」

侍「お、サブちゃん醤油が切れて、って違う!何しに来た!」

男「窓開けて寝てたら寒くてな。そんでお前がまだ起きてる姿が見えてな」

侍「それでか」

男「何で起きてんの?深夜のエッチな映画見るなら誘ってよ」

侍「お主と一緒にするな」

男「意味も無く起きてるよりはマシだと思うな」

侍「……なんか後夏休みが二日だと思うと眠ってはいかん気がしてな」

男「寝ろよ。小学生じゃあるまいし」

侍「だって寝てる間にあんなことやこんなことができるのだぞ!」

男「どんなことだよ」

侍「刀を研いだり水戸黄門見たり」

男「……お前の表情を見る限り大分眠そうだな?限界近いだろ?瞼が重そうだ」

侍「そんなことは」

男「刺客がひとーり、刺客がふたーり、刺客がさんにーん」

侍「や、やめんか!」

侍「すぴー」

男「なんで刺客で寝るんだよ。……毛布掛けとこ。あ!あと写メに寝顔収めてと。(カシャ)」


男「泣いても笑っても今日が最後だな」

侍「とりあえず寮に行くか」

紫「ねぇ……色無。今日、一緒にどこか行かない?」

無「別にいいけど——」

男「(ボソボソ)いいのかなぁ? 宿題やらないとまぁた追加されたりするんじゃないの? ん〜?」

無「……すまん紫」

紫「ちょっと男! 今色無に何吹き込んだのよ!」

青「まだ宿題やってなかったの! しょ、しょうがないわね。私が教え——」

侍「(ボソボソ)おいおい色無よ。まさか青に教えてもらうほど難しいものではなかろう? そこまで頭悪いのかお主は?」

無「青、いいよ。自分でできるから……」

青「そ、そう……」

黄「じゃあ色無一緒に宿題やろー!」

男「(ボソボソ)カレーカレーカレーカレーカレーカレーカレーカレーカレーカレーカレーカレーカレーカレー」

無「……遠慮しとく」

黄「えー! お昼一緒にカレー食べようと思ったのにー!」

灰「(ガチャ)色無ゲーム——」

侍「(バタン)おっと床に通路を作っては駄目ではないか? それに色無は宿題をするのだ。ゲームなど御法度よ」

灰「(ドンドン)誰! 誰よ! 誰が閉めたのよ! 開けなさい!」

侍「ククク……」

男「じゃあ、宿題しようか?」

無「……俺に何の恨みがある?」


男「あぁ明日から学校だよ」

侍「明日は月曜ということもあって格段に怠い」

男「あわぁ!サザエさん終わっちまった!あと5時間しかないぞ!」

侍「さて、7時だし素振りでもするか」

男「なんでこんな日までんなことすんの!もうちょい有意義に使え!」

侍「縛る男は嫌いだ」

男「やだやだ!侍ちゃんは僕と一緒にいるの!答えは聞いてない!」

侍「やるだのやらないかだのもう聞き飽きた。お主も帰って明日の支度でもするがよい」

男「もうしたもん!イチャイチャするだけでいいからぁ!」

侍「嫌だ。さーて素振り」

男「行くなら僕泣くよ!泣いちゃうよ!」

侍「泣け泣けわめけ」

男「ギギギ……!(ガシ)なら行かせないもん!」

侍「なら某はくすぐってやろう。それ」

男「くふふふふふ!侍ちゃん指先テクい!」

闇「(ガチャ)あなた達いつまでイチャイチャしてんの?」

侍「……ゴホン。では某は素振りをしてくる」

男「まってーおれもみてるー」


先「(ガラッ) 新 学 期 始 ま っ た な 。じゃあ恒例の席替えするからな」

男「先生ー。僕この席でいいでーす」

侍「先生ー。某は席変えたいでーす」

先「お前らの意見はともかく席替えするから」

男「やったぜ!」

侍「あーあ。切腹切腹」

水「よ、よろしく……」

白「ふふふ、二人とも良かったですね」

緑「よろしく」

茶「ふ、二人とも付き合ってたんですか!」

男「……色無きゅーん。番号間違ってないよねー」

侍「握り飯食うか?」

男「はぁはぁはぁはぁ侍ちゃんの手で、手で握られ」

茶「なゃむ!(グチャ)」

侍「……百姓に詫びよ!」

侍『ひゃあ!らめぇ!』

男『この触手は全身の性』

侍「(ドスッ)……本気でやめろ!」

緑「あ……私の『侍黒歴史短編集』……!」

侍「今日は某が」

白「くぅ!ぶぁ!(ピチャ)」

男「く、黒!黒!来てくれ!白が!白が!」

男「前の席に戻りたい」


 パラレルサムライブラック
侍「時に色無よ。今日は暇を持て余しておるか?」

無「ん?あぁ、一応暇だけど何か?」

侍「(ボソ)……よし!」

無「あのー……」

侍「え?あ!すまぬ!そ、それでだな……い、一緒に刀を見に行かぬか?」

無「刀かぁ。お前の刀ってどうなっているちょっと気になってたんだよな」

侍「そ、某のことがか!」

無「刀だから」

侍「な!勘違いするような事を言うでない馬鹿者!」

無「それで刀を見る件なんだけど」

侍「う、どうなのだ……!」

無「そんなに寄るな。行くよ」

侍「ま、誠に!?そうか!なら、ならすぐに行こうぞ!」

無「おいおいちょっと待てよ。付き合ってやるからにはちゃんと刀の説明しろよ」

侍「つ、『付き合って』!!!!!そんな某はまだそのような……」

無「いやだからそっちの付き合ってじゃないから」


男「 あ ら し の よ る に っ (cv.中村獅童)」

侍「……」

男「ったくノリ悪いなぁ。じゃあもう一度いくぞ」

侍「嵐の夜ぐらい静かにできんのか?」

男「おらすっげぇワクワクしてきたぞ!」

侍「この風なのにか?」

男「傘で飛べそうだよな。紫とか」

侍「川がはんらんしとるのにか?」

男「泳ぎ行く?」

侍「この川で人が溺れ死んだというのにか?」

男「え……?」

侍「……お主の陽気なところは某は大好きだ。しかしたまに空気読めんのが嫌いなところだ」

男「……ごめん」

侍「反省したなら戻るがよい。明日も学校であろう?」

男「(モゾモゾ)そうだよね」

侍「……」

男「うっ、うぅ……」

侍「おぉよしよし。泣くな泣くな。まず某の布団から出ていかねぇかこら。どこを触っておるおい」


男「おはよう」

母「おそよう。もう9時よ」

侍「そうだ。某と義母上はもう食べたぞ」

男「休みだしいいじゃん。飯くれ」

侍「塩鮭と海苔と味噌汁でよいな」

母「はいはい」

侍「義母上は休んで。某が仕りまする」

母「ふふふ、じゃあ新妻さんに頼もうかしら」

男「ごっさん」

侍「お粗末様」

母「じゃあお母さん、お父さんのところ行ってくるからね。間違ったことしないでよ」

侍「斬っても?」

母「いいわよ」

男「シッシ!はよいけ!」

母「じゃ行ってくるね。(バタン)」

男「……侍ちゃあん!」

侍「待て待て待て待て!そこはまず『なんでお前いんの?』とかの突っ込みであろう!」


男「いいか?胸なんていうのはただの脂肪の塊。なんの魅力があると言う?」

 1日前

無「ちがうんだ!あれは風呂場に替えのパンツ忘れたからノーパンで部屋まで」

灰「問答無用エロ無しめ!チンケなもん見せやがって!」

無「何その物騒な吹矢は!」

灰「お前を去勢するための吹矢だ!(プッ)」

男「いーろなーしくーん!あーそー(プス)ぼおっ!」

灰「あ」

無「おい……大丈夫か?」

男「痛ったぁ!なんだよこの針!」

灰「先輩……なんか体に異常ない?」

男「特に……何も?」

灰「な、ならいいや!ごめんね先輩!(ピュー)」

無「……助かった。ありがとう男」

男「いいってことよ」

無「そういやお前『触区』やりたがっていたろ?」

男「あーそういうのいい。遠慮しとく」

無「お前『新しい領域を開拓した』とかいってたじゃないか!」

男「無理無理、気持ち悪いよ」

無「……お前。よ、よし!あの茶色を見てくれ!」

男「うわっ!い、色無さんスカートはかせてくださいよ!見てらんない!」

無「そんな……!」

侍「こら灰!うちの息子に何をしよった!」

灰「さ、さぁて何の話かなぁ?」

侍「(シュル)さぁ、灰。何をしたか言ってみなさい」

灰「ゆ、言うからポニーテールほどいてお姉ちゃんの真似するのやめて!」

侍「じゃあ言ってみよ」

灰「あれはいわば去勢する薬のような物なんだけど。エロ無しじゃなくて男先輩に刺さったのが問題だなぁ」

侍「なぜ?」

灰「例えばエロ無しの性欲を10としたら男先輩の性欲はどれぐらい?」

侍「おおよそ150ぐらいか?」

灰「あの薬をエロ無しに打ったとすると+10の性欲が−10になるんだ」

侍「すると奴の場合は?」

灰「単純計算で−150」

侍「かなりの偏屈だのう。……治るのか?」

灰「あれを打つと自発的に性欲を出すことがなくなるから外部的な性欲を与え続けることによって治るよ」

侍「……?」

灰「はぁ、つまり貴女がえっちぃことをし続ければ治るってこと」

侍「……責任を持ってお主がやってくれんか?」

灰「あいつ汚そうだからやだ」

侍「男よ、一緒に帰ろうではないか。(ムニ)」

男「嬉しいことは嬉しいが腕に胸押し付けるのやめてくんない?なんか気持ち悪い」

侍「良いではないか。なぁ?(ムニィ)」

男「頼む。マジでやめてくんない?」

侍「……重傷だ」

侍「某の作った飯はうまいか?」

男「うまかです。流石俺の嫁」

侍「ほれ、口の周りに米が付いとるぞ。んー」

男「うわぅ!(ビクッ)」

侍「(唇突出したまま)……」

男「(驚いた表情のまま)……」

男「ババンババンバンバン。(チャポン)」

侍「(ガラッ)アビバノンノン!」

男「うおい!なんでお前が入ってくる!」

侍「背中を流しにきた」

男「こっち寄るな!つーかなんて格好してるんだ君は!」

侍「両手で目を隠すより片手使って股間を隠さんか。あとタオルの下は水着着とるから」

侍「今日は制服で来てみたぞ。どうだ?」

男「腰に付けてる刀がカッコいいな」

侍(わざと黒のブラを付けておるのに刀か……ますます不味いな。)

侍「そ、そうか。では行くか。(ソソ)」

男「だから腕組まなくていいから。なんか肘に当たる胸の感じがキモい」

侍「貴様……前から黙って聞いておれば……!誰のためにこんな羞恥自らから赴くか!」

男「俺が嫌がることが俺のためかよ!大体そんな脂肪の塊の何がいいんだよ!」

侍「(ビキ)きっさまぁ……!言ってはならんことを……歯ぁ食いしばれ!(グシ)」

男「うな!」

侍「灰の作った陳腐な薬なぞに負けおってこの愚図め!(ゲシ)」

男「ぬぅ!」

侍「某で欲情せんとは貴様何様だ!孫子にでもなったつもりか!(ドス)」

男「あぅ!」

侍「唯一特長的であった好色を失った貴様なんぞただの抜け殻よ!くだばってしまえ!(ズドン)」

男「うんっ!……はぁ、はぁ」

侍「……男?」

男「……もっと。(ボソ)」

侍「(スゥー~シャキ)……よかろう」

男「いやそっちじゃなくて拳で!いやっ!いやぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」

数日後

侍「男、疲れた。肩を揉め」

男「恐れ入ります御代官様」

侍「(ドス)触るな下衆め」

男「はぁん!」


侍「そろそろ体育祭か」

男「お前今年何に出んの?」

侍「某は今年もソフトだ」

男「ふーん。なぁなぁ、普通に体育祭やってもツマランからお互い何か条件付きでやらないか?」

侍「貴様の欲の捌け口にはなりとうない」

男「お前が前から見たがっていた能に行かしてやるといってもか?」

侍「(ゴクリ)……左様か?」

男「左様」

侍「ならお主の望みは……」

男「うーん……。じゃあ軽く侍ちゃんの貞操で」

無「へぇそんな大それた契約を」

男「お互いどちらかの競技が優勝したら景品だすわけ」

無「侍黒は何に出るの?」

男「ソフト。多分今年もバットでボールを真っ二つにするんだろうな」

無「それなら優勝の可能性ないな。お前はずるいなぁ。俺と同じバスケだろ?」

男「ククク……。サポート頼みますぜ?」

無「先に言っとくよ。卒業おめでと」

侍「何故、何故某がバットを振るとボールが斬れる?」

青「あんた向いてないのよ。ソフトだけじゃなくて球技自体」

侍「能が……」

青「能?」

侍「あぁ、実はな……」

侍「そんな……!」

青「だから言ったでしょ?バスケは男の得意競技よ」

男『(キラキラキラキラ)……』

青「何か熱い視線を送って、また男点入れたわね」

侍「まずい、これはまずいぞ……!どうにかせねば……!」

男『色無さーん!こっちー!』

侍「そうだ!色無!色無を使えば……!」

男『よし!スラァムダー』

侍「色無頑張れー!!!!!!」

男『……(ポロ)』

色無頑張れー

               色無頑張れー

                              色無頑張れー

色『男!何してる早く球拾え!おい!』

男「もう僕、いらない子なんだきっと」

無「わかるわかるよ君のキモチ」

侍「危なかった……」

青「あんたのせいで男子バスケ3位じゃない!」


男「あー雨降ってきた。やだやだ」」

侍「雷までなっておるではないか」

男「傘持って来た?」

侍「持って来たが?今日は朝から模様が悪かったからな。お主は?」

男「持って来た」

侍「ふーん」

下校時

侍「今日は室内の部活だけど雨だし気分乗らんから無し」

男「いいのかよそれで」

無「あっちゃー。雨かよ」

緑「濡れちゃう……」

侍「緑、緑よ。某の傘を使え」

緑「……いいの?」

無「ありがとう侍黒。……でもお前は?」

侍「某は男と一緒に帰る。よって大丈夫だ」

無「言いにくいんだが……」

緑「(指差して)ん」

侍「あ!待て!先に行くな!某も入れてゆけ!」

男「なんであんなことしたんだか。いい男は濡らしておけばいいものを」

侍「後味が悪かろう。それに……」

男「それに?」

侍「……お主は色無でないからわかっておるだろう!」

男「さぁ?」

侍「そこまでして言わせたいか!もう!」


体育inサッカー

男「色無さーん!パース!」

無「よっしゃ!」

男「とぅ!(ゲシ)」

無「あー入らなかったか。あれ、雨降ってきたな」

男「あ!婦女子共透けブラする前に教室戻りやがった!」

無「……もしかして俺らこのまま続行?」

男「いやぁ燃えた燃えた。流石雨の中のサッカーだね」

無「あそこ、ナイスパスだったぜ!」

橙「色無ー!はい!タオル使って!」

無「お、サンキュー」

男「(ジー)……侍ちゃぁん」

侍「何用だ。うわ!水垂れてる!早くふけ!」

男「タオル……」

侍「ない」

男「そんなぁ」

侍「あ、ドライヤー……」

ブォォォォォォォォォォ

男「……」

侍「どこか使い方わからないのか?」

男「だめだぁこんなのぉ!愛!愛を感じねぇよぉ!」


男「一回髪かき上げてみて」

侍「(サッ)こうか?」

男「ハァハァハァ(*'д`)」

男「ほら、アイス買ってきたぞ」

侍「お、すまないな。はむ、ってこれ半ば溶けてないか?」

男「それが(ハァハァ)いいんじゃないかな?(ハァハァ)」

侍「椅子に登って何をしておる?」

男「(ジー)……」

侍「こらぁ!人を見下すなぁ!」

男「(ハァハァハァハァ)……」

侍「このっ!(ガタガタ)」

男「(グラッ)うおっ!(ドサ)」







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 05:50:19