侍黒メインSS

侍「涼しくなってきたものだ」

男「だな。夏も終りだ」

侍「虚しいものよ」

男「しかし今年は何かが足りんな」

侍「むぅ……」

青「誰よ!お風呂上りに体ちゃんと拭かないで出歩いた人!」

赤「足跡たどればいいんじゃないかな?」

青「そうね。……って廊下の突き当たりじゃない!」

赤「青……外……」

青「誰か倒れてる!救急車!救急車呼んで!」

赤「まさかここから飛び降りたんじゃ……!」

数分後

医者「怪我人はどこかな?」

青「あれ?さっきまでここにいたのに……!」

赤「足跡あるよ!」

青「……寮の入口に続いているわ」

医者「でもここから飛び降りたらただじゃすまないよ?」

青「私、寮のみんなに知らせてくる!」

侍「……ククク」

男「そうそう、今年はこういうの足りなかったんだよ」

侍「さて帰るか。これでまた寮の七不思議が増えたな」


男「はい王手」

侍「ぬ……!」

男「さぁて僕に何か言うことあるんじゃない?」

侍「……いった」

男「ん?」

侍「参った!」

男「これで10勝3敗ぐらいだな」

侍「某が教えてやったのに……」

男「やっぱゲームよりこういう対人戦のほうがいいな」

侍「お主のゲームいつも二次女との会話ではないか」

男「負けたからって機嫌悪くすんなよぉ」

侍「ふん」

男「おーい将棋やろー」

侍「どうせまた某が負けるのだやらんやらん」

男「じゃあ条件付きだ。俺が負けたらなんでも言うこと聞いてやる」

侍「某が負けたら?」

男「ん?何もないよ」

侍「……よし」

侍「王手!」

男「おいおい。条件付きなら勝てるのかよお前は」

侍「ふふん。それで約束なんだが」

男「何?ハーゲンダッツ?」

侍「次はもう少しうまい負け方をせい」

男「はい?」

侍「負け方がわざとらしい!某を舐めすぎだ!」

男「……いや、その、ごめん」


先「よし、男!生類哀みの令を出したのは誰だか答えてみろ!」

侍「(ボソ)豊臣秀吉」

男「豊臣秀吉です!」

先「正解だ。じゃあ黒船艦隊を引き連れて長崎を開国した人物は?」

侍「(ボソ)ペリー」

男「ペリーです!」

先「今日は好調だな。じゃあ最後。キリスト教を日本に布教した人物は?」

侍「(ボソ)アルシンド」

男「アルシンドです」

先「……懐かしいなぁおい」

男「え?」

侍「……ぷ」


侍「もういいのか」

男「悪い、寝癖治してて。今日は何買いにいくの?」

侍「竹刀だ。ささくれが酷くなってきたからな」

男「また竹刀かよ。お前竹じゃなくてカーボンの竹刀買えば?」

侍「竹でないと実感がないのだ」

男「お前なりのこだわりか」

侍「そんなところだ」

男「なんで竹刀だけのはずが袴とかあまり着もしない洋服とか買ってんの?」

侍「つべこべ言わず持て下男よ」

男「その呼び方も久し振りだな。はぁ」

侍「笑いながらため息なぞついて気持ち悪い」

男「お前さ、楽しくない?俺今すげえ楽しいんだけど」

侍「なぜ?」

男「お前が隣りいて買い物付き合わされて荷物持ちやって。なんか一度は味わいたかったシチュエーションだからさ」

侍「よし、なら次は電気屋だ。冬に向けてヒーターを買う。もちろん」

男「持たない!」

侍「意気地無し」

男「だけどこの状態だと手が繋げないのが唯一の不満」

侍「腕は組めるであろう?(グッ)」

男「あら積極的」

侍「荷物持ちしている礼だ」

男「(グー)……」

侍「昼か。飯はどうする?」

男「マックあるぞ?俺はあまり好きじゃないが」

侍「某もだ」

男「仕方ない、あそこ行くか」


男「こんにちはー」

しろ「こんちぃ」

くろ「こんちぃ」

侍「それはおはぎか。確か今日は彼岸だったな」

男「それおいしいかな?かな?」

くろ「おいしい」

空「二人ともお食事の時は出歩いちゃ駄目でしょ」

侍「御機嫌よう」

空「あら、こんにちは〜」

男「単刀直入に言わせてもらうんだけど。飯食わせて」

空「いいですよ」

侍「……ほぅ?意外だな」

空「今日はみんな御墓参りに行っちゃって余ってるんですよ」

男「それじゃ御言葉に甘えて!」

侍「(コネコネコネコネ)軟らかいのぅ」

しろ「ぶべ」

くろ「べぶ」

男「頂きます」

黄緑「召上がれ」

侍「む、栗が入っておるな?」

黄緑「貰ったからあんこの中に入れてみたの。どうかしら?」

男「うまいうまい。やっぱり女は料理うまくなくちゃ」

黄緑「もう男君ったら!(バシッ)」

男「あ゛!」

侍「色無も勿体ないのう。こんなうまい料理の作れる『嫁』を……」

黄緑「ん〜!もう食べて食べて!」

空「黄緑さん……」


男「お、アルバムだ。見せてくれ」

侍「あ!やめろ!そのアルバムは……!」

男「……お前何人の顔に落書きしてんの?」

侍「……プッ」

男「笑うかそこッ!」

侍「貴様……!冗談だったら承知せんぞ……!」

男「大丈夫だよ。嫌でもずっと側にいてやるよ」

侍「男……某はお主が……」

茶『キャ!ぱ、ぱんつが!』

男「……『お主が』の続きは?」

侍「貴様熱でもあるのか?今のは振り向いても良かったのだぞ?」男「ひ、酷い!」

侍「あやつめ、iPODなぞ買いおって。どれ」

フォルダ

├ ビバルディ

├ べートーベン

├ ショパン

└ モーツァルト

侍「んなアホな」


侍「いきなりなんなのだ貴様ら!」

桃「ねぇ?もう『した』んでしょ?」

橙「お二方相当溜ってたと思うんですよ、うん」

黄「ゴクリ(AA略)」

侍「しとらん!学生の分際でそんなふしだらな!」

桃「してないんだ。がっかり」

橙「ねぇ本当に男君のこと好きなの?」

侍「……む。まぁ……」

橙「なのに『したい』とか『愛くるしい』とか思わないんだ」

侍「思わないことはないんだが。それとこれとはまた別問題であろう?」

黄「ゴクリ(AA略)」

侍「男のことは好きだし受け入れたいとも思う時もある。しかし不手際が起こったらお互いただではすまんだろ?」

橙「……そうだよね」

灰「以上、灰色ちゃんの盗聴万歳でした」

男「良かった……俺の一人よがりなだけで実は侍は俺のこと別に好きじゃないのかって思ってた」

色「しっかりした彼女でうらやましいですね^^」

男「でもなんでだろう。心なしか右手が僕に笑いかけてる気がする……」

灰「絶対その手で私のこと触らないでよ」


後「先輩はやくぅー。キャン!(ポテ)」

侍「あんまり走るなと。言わんこっちゃない。大丈夫か?」

後「いちち……大丈夫ですぅ」

侍「ったくこっ恥ずかしい」

水「あ……」

空「あーっ!侍先輩も買い物ですか!?」

侍「ちょっと後輩と買い物へな。ほれ挨拶ぐらいはせい」

後「こ、こんちは」

水「こんにちは」

空「こーんにちは!」

侍「さて、すまないが電車に乗り遅れるとまずいのでな。会ったばかりですまないが」

水「そ、そうですか!すいません!」

侍「水が謝ることなかろう?では、また」

後「はぁ、先輩が悠々としすぎなんです!」

侍「ハァハァ……ハァすまぬ」

黒「あなた達、ちょっと暑苦しいわ」

白「ハンカチ……どうぞ」

侍「なんだお主らも電車か?すまない白」

黒「ちゃんと洗濯して返すのよ。白はデリケートなんだから」

侍「お主らはどこへ?」

黒「さぁ?私は白が行きたい所へついていくだけよ」

白「ちょっとそれじゃ黒ちゃんがつまらないよ?」

黒「白……白は優しいわね」

後「私達も頑張りましょうね!あ……でも青先輩が……」

侍「頼むから巻き込まないで」


侍黒宅

男「結局昼と夜、寮で食っちゃったな」

侍「朱色殿は何をしておるのだか」

男「確かにな。あ、シグルイ読んでいい?」

侍「構わん。某は湯につかってくる」

男「はいよー」

30分後

侍「麦茶だ。飲むがよい」

男「サンキュ」

侍「読んだら帰るんだぞ」

男「はーい」

10分後

男「よし、終わった。じゃあ、俺は帰るぞ」

侍「(コクン コクン)スゥ」

男「寝ちゃったか。よっこいしょ、重いなこいつ。布団……あった。(ドサ)これでよし。俺帰る」

侍「(ギュ)ゃ……」

男「……はぁ、こいつ本当うまいよなこういうの。ふぁあぁ、俺も眠くなってきたぞ。放さないならここで寝るからな」

侍(コクン)

男「布団には入らないからせめて隣で座って寝るな」

侍(ギュ)


男「なぁ」

侍「ん?」

男「ちゅー」

侍「ちゅー。(ピト)」

男「ん……。このヒヤッとした感触、硬い鋼……って侍黒!これ刀やないか!」

侍「知るか」

男「たまにはいいじゃんねぇねぇ!」

侍「ふざけるのも大概に……ん?」

闇「('・ω| (ソー)」

侍「……はぁ。母上、とうに目は合っているのだ。いい加減出て来てくだされ」

闇「(ガラッ)どこまでいくか見てたんだけど侍ちゃん、つれないわねぇ?」

侍「身分はわきまえておりまする」

闇「ふぅん。男君、この娘の事、よろしくね?」

男「任せてくださいよ!な!」

侍「気安く触るな」

男「ただいまー」

母「男、ちょっと座りなさい」

男「はひぃ?」

母「いいから!」

男「なんでっしゃろ?」

母「侍黒ちゃんと付き合っているのはわかっているわ。だけどもう少し健全な付き合いを」

男「健全なつもりだけど」

母「だからって無理矢理キスを迫るのはどうかと思うわよ?」

男「誰が……そんな……!」

先生「男ー。……あれ?あの健康オタクは休みか?」

侍「『今日は部屋から出たくない』だそうです」


侍「雨か……。素振りもできんし気が滅入るのう」

侍「ぐれんらがん……わけがわからんな」

TV「お昼休みはウキウキウォッチ!」

侍「あれ!タモさんが歌っておらんではないか!」

侍「頂きます。(カチャカチャ)うん、うまい」

侍「(キシュ~キシュ)うむ。やはり新しい砥石はいい。いい輝きを放って刀も喜んでおるな」

侍「……」

男宅

男「ペロ……これは……ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ」

ガッシャァン

男「うお!」

侍「大儀に平伏せ貴様ぁ!」

男「人ん家の窓破っといてそれかよ!」

侍「罰だ罰!退屈させた罰だ!」

男「何を?」

侍「いいから平伏せ!」


男「月が綺麗だなぁ」

侍「……似合わん」

男「……。月が綺麗だなぁ」

侍「……気持ち悪」

男「……。月『は』綺麗だなぁ」

侍「……。(ガシ)」

男「(キリキリキリキリ)いでででででででで!いつそんな本場仕込みのアイアンクローを!」

侍「いつも食らっておれば覚えるわ!」


男「ヨーグルト?いいえ、男です」

侍「むにゃ、おはよう」

男「ったく日曜なのに遅く起きるなんて勿体ない」

侍「ぅるさい……。(チラ)」

男「あ……」

侍「どうしたのだ?ふぁあ。(チラ)」

男「……ごめん。ちょっと家帰る。用事思い出した」

侍「なら何しに来たのだ?」

男宅

男「ふぅ」

ピンポーン

侍「入るぞー」

男「っ!」

侍「用事とは何だったのだ?部屋に籠るのが用事か?」

男「えー、まーはい……」

侍「その用事とやらが終わってからでよいが買い物の付き添いをさてもらえぬか?」

男「んー。ちょっと……」

侍「さっきから某の顔を見ようとせんようだが……」

男「そ、そんなこと」

侍「嘘だッ!」

男「あ、その……すいません」

男「最低だ……俺って……」


青「今年の体育祭のメンバーを決めます」

侍「今年は何に出るかのう」

男「俺は言われるまでもなくバスケだな」

侍「剣道さえあれば……!」

男「武道がないのは悔しいよな」

侍「なぜお主はそのばすけとやらがうまいのだ?」

男「見よう見真似でやったら案外うまくできたんだよ。たまたまだ」

侍「神はこれを宝の持ち腐れというのだろうな」

男「サーセンwwwwwwww」

侍「こういうのは本人のやる気だからな。まぁお主では長続きせんであろうな」

男「おい、黒板見てみろ。女子の競技ほとんど取られてるぞ」

侍「あっ!」

男「落ち込むなよ」

侍「なんで某が女子ばすけを……」

男「俺がドリブルから教えてやるから」

侍「それで疑問なのだが……」

男「はいはい」

侍「ばすけとは何の略なのだ?」

男「……」

侍「なぁ?」


侍「♪」

男「なーに読んでんだ?」

侍「『school~Days』だ」

男「あーあの3組のカップルの話ね。俺も好きだよ」

侍「こんな青春を送りたいのう」

男「そうだなぁ……」

男『だから言った通りだよ!……好きだ』

侍『今更何を言いよる!』

男『今更じゃない!……「今から」なんだよ……!』

侍『……馬鹿者』

男『俺の気持ちは伝えたぞ』

侍『……好きに決まっているであろう。……某は男、お主が(チュ)んっ……』

男『ふっ……。……大分、遠回りしちまったな』

侍『あぁ。だがこれでもう我等が離れることはない。ずっとな』

男『お前も言うようになったなぁ。こいつぅ』

侍『ふにゃ!や、やめんか!』

男「(ブルッ)おおぅ!」

侍「どうしたのだ?風邪か?某にうつすでないぞ」

男「……あ、あぁ」

男(駄目だ俺!今の寒気を認めるな!認めたら俺自身がこういうキャラじゃないことを認めることになる!俺は寒くない!俺は寒くない!)


侍「テレビ局のアナウンサーが結婚か」

侍「……」

無『ケーキ入刀』

侍『……。(カッ)でやぁ!』

スパン スパン スパン

侍『(カチャ)……またつまらぬものをきっとしまった』

男『おい』

侍「……ぷ」

男「何が『ぷ』なんだ?」

侍「ひゃあ!い、いたのか!いたならきょ、声をかけんか!」

男「今舌思い切り噛んだけど大丈夫か?」


男「ストリングプレイ スパイダーベイビー!!」

侍「元気な奴よ」

男「だって授業退屈なんだもん」

侍「中間試験近いのだぞ!ふざけてなぞおれるか!」

男「適当にやれば大丈夫だよ。多分」

侍「その怠慢が良くないのだ!日頃の鍛練が必要なのは知識も肉体も同じなのだ!」

男「でっていう」

侍「後で赤点とっても知らんからな」

男「ほら、直前に少し勉強すりゃ簡単にいけるんだよ」

侍「それは貴様だけであろう!……畜生!」

男「これこれ。オナゴがそのような汚い台詞を言うでない」

侍「……ふん!」

男「俺より点低いだけで卑屈になるなよ。    赤点♪」

侍「キィぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!(シャキ)」

男「ごめんよ僕のファイヤーボール!」


侍「さて、聞きたいことがあるのだが」

男「その前に僕も一つ聞いていいですか?」

侍「許可する」

男「いつまで僕は膝まづいて侍ちゃんの椅子をしていればいいんですか?」

侍「某の気が晴れるまでだ」

男「背中に座られたんじゃせっかくの柔ら(バシッ)あうん!」

侍「気にするな。さて某の質問なのだが」

男「はい?」

侍「貴様は頭がよい。某も認めよう。しかしわからんことが一つある」

男「男は変態だって昔エロい人が言ってた」

侍「貴様が変態なのはわかっておる。某が聞きたいのはなぜ貴様がなぜ今の学園を選んだかだ?」

男「……何のことだかさっぱり?」

侍「お主程の明晰な頭脳があれば隣りの色彩学園の方にもいけたはず」

男「だってこっちのほうが近いし」

侍「2ヶ月先のテレビ番組のことを考える貴様がそんな単純な理由であの進学校を諦めるはずがない」

男「それに入りやすかったから」

侍「将来設計第一の貴様の台詞とは思えんな?ん?」

男「……何が聞きたいの?」

侍「別に?ただなぜ何の理由もなく貴様、某と同じ学園を選んだのかと」

男「いやらしいこと聞くな」

侍「進学の理由がか?」

男「お前がいたからだよ……阿呆娘」

侍「左様か?」

男「顔見るな!照れるだろうが!」

侍「己を捨てて某のためにここまで身を捧げるとは、馬鹿よのう。うぬ、気が晴れた。(スク)」

男「あー腰痛てー」

侍「(チュ)嬉しかったぞ。では、某の赤点の課題をやってもらおうか。うん」

男「……酷いよな女って。でも課題やっちゃう!」


男「トオォリックオアトォリィィィィィトォ!!!(cv.山崎たくみ)」

侍「と、とりっくおあ?とりー……と?」

無「侍黒、それであってるぞ。それで今年は何?なんで二人で寮にくんの?」

男「犯し」

侍「お菓子くれないと悪戯をする。(シャキン)」

無「怖いから刀突き立てるのやめて。今お菓子持ってく」

男「色無さんって本当空気読めないんですね」

侍「はぁ、全くだそこは甘んじて悪戯をうけるべきではないか」

無「はいはい。あーお菓子今ないんだー。ごめーん」

男・侍「ククク……」

無「ったくあいつらも暇なんだなぁ。(コンコン)はい、入っていいですよー」

茶「(ガチャ)ひろなひしゃぁん〜」

無「どうした?うわっ!酒臭っ!」

ガチャ

無「ん?おおい!開けろ!ドア開けろ!誰だ!」

茶「ねぇひろなひしゃんどうして……ひひっ、どうしてすかぁとないかにゃあ?かにゃあ?」

無「目を覚ませ!茶色おい!うわぁぁぁぁぁぁぁ!」

男・侍「ククク……」


侍「とりっくおあとりーと」

黄緑「あらあら」

男「ねぇ黄緑さん。おやつおやつ」

侍「茶菓子茶菓子」

黄緑「あらら。ないわ」

男「なんか作ってよ。黄緑さんのお菓子うまいんだもん」

侍「何でもよいから作ってくれんか?」

黄緑「しょうがないわねぇ」

黄緑「はい。ホットケーキ」

侍「おぉ!」

男「うまそう。いや、うまいに違いない!」

黄緑「ふふ、ありがとう」

侍「頂きます」

男「この食感……!そして風味……!まるで雲!雲ではないか!うますぎる!」

黄緑「ありがとう」

侍「やはり嫁にするのは飯がうまい女に限るのう」

男「勿体ないことする馬鹿もいたもんだ」

黄緑「……」

侍「ふぅ、馳走になった。やはり黄緑の料理は寮1だ。うむ」

男「今日のメインはこれだったからね。ありがとう黄緑さん」

黄緑「は……ははは……」

青「どうしたの黄緑?」

黄緑「私、最低です……」

青「私で良ければ話してみて」

黄緑「私の料理を楽しみにしてくれてた人の料理に怪しげな薬盛るなんて……」

青「黄緑さんは悪くないわ。あの子らの素行が良くないからよ」


男「トリックオアトリート(cv.茶風林)」

紫「なんだよ!いきなり!」

黄「おやおや?面白いことしてるじゃん」

侍「悪戯させろ」

黄「悪戯ってまさか裸にしたり」

男「したいけどしないから」

紫「飴やるから帰れ」

侍「お子様から菓子を強請る真似はせん」

紫「小さいって言うな!」

男「ほら、グミやるよ」

紫「ありがとう……じゃない!」

黄「それでどんなイタズラしてくれるのかな?」

侍「確か黄色が好きな食べ物ってライスカレーであったな」

黄「言い方が昭和だけどもそうだよ」

男「さっきさぁ。黄緑さんが作ったホットケーキ食べたらさぁ。お腹の調子が……」

侍「某もなんか調子が……。確か黄色の好きな食べ物はカレーだったな」

男「あ、ちとトイレ行ってくる」

黄「……」

黄緑「今日は黄色ちゃんの大好きなカレーよ」

黄「う、うん……」

黄緑「……どうしたの?」

男侍「ククク……」


男「雨か。体育委員、今日はどうなんの?」

赤「今日は保健体育だって」

男子共( な ん で す と ! )

きーんこ(ry

青「きゅりつ! 礼!」

男「今日の保健はなかなか過激だったな」

侍「何せあの青が噛むぐらい動揺しているのだからな」

男「ほら、色無さん。みんなチラチラ見てるよ」

無「だ、だからなんなんだよ!」

侍「珍しく焦っておるな。心当たりでもあるのか?破廉恥な奴め」

無「ない!絶対ない!てかお前らにはこの男女の間に敷かれた仕切りがわからないのかよ!」

侍「そんな感情とっくの昔に崩壊しておる」

男「俺から言わせれば今日の授業はわかりきっていた話ばっかだったし」

無「おかしいよお前ら……」

男「あんな断面図今更見せられたところでなんなんだって話だよ。なぁ?」

侍「……ん、うむ。そう……だな」

男「なんか歯切れが悪いがどうした?」

侍「な、なんでもないぞ……」

男「顔赤いぞ?風邪か?」

侍「ううううるさい!こっちを見るでない!」

男「はぁ」

侍「あんなもの見せられて恥ずかしくないわけないではないかぁ!」


男「ふふふ、色無よ。わしも衰えた儂」

無「どうしたんです先生?」

男「ポニテの会、眼鏡の会、ツインテの会、ドジっこ、ニーソ、ツンデレ、クーにヤンデレ。昔あらゆる会を立てたもんじゃ」

無「そうですよ。先生はあらゆる萌えの開祖。尊敬に値」

男「色無」

無「はい」

男「そこまでじゃ。わしにもうそんな価値はない」

無「どういうことです?」

男「愛を、愛を知ってしまったのじゃ」

無「先生?」

男「あらゆる会員は愛を知ったわしを妬み、蔑み、嫌悪した」

無「私は先生にそんな」

男「わかっておる。のう、色無?わしが血迷ったらお主、わしを止めてくれるか?」

無「先生……!」

男「ってわけで復讐じゃぁい!彼女ができたぐらいでピーピー騒ぎやがって!」

灰「なんで私なのさ」

男「(ゴニョゴニョ)……。OK?」

灰「OK!」

男「この侍黒の毛髪で例の薬をメイク&テイクイット!」

灰「イエス!」

翌日

無「おはよう」

黄緑「おはようございます。色無殿」

紫「のう色無。今日は妾と学園に行く約束であろう」

青「色無!貴様昨日我に黙って帰りおったな!」

無「(えーとこう言う時は……)。……ほっほっほ、すまぬすまぬ」


茶「色無殿〜。黄緑殿とお弁当を作ったでござる〜。食べてくだされ〜」

男「どうかな色無君?量産型侍黒を意識してみたんだが」

無「お前かこら」

男「会のみんなが僕を爪弾にするのでムシャクシャしたから眼鏡もアホ毛もツインテもみんな侍にしてやりました」

無「『彼女いていーなー』って言われるぐらい我慢しろよ」

侍「さっき緑が絵を書いていたから覗いたら葛飾北斎みたいなのを書いておったぞ」

青「貴様ら授業の真っ最中だぞ!静粛にッ!」

茶「ふぇえ、かたじけのうござる」

侍「す、すまぬ」

紫「色無よ、妾と食べる飯は格別であろう?」

無「そ、そうだな」

侍「黄緑が作った飯だからうまいのであろう」

紫「黙らんか小娘!ヘコむであろうが!」

黒「お主と話すのも久しいのう」

侍「あまり二人になる機会はないからな」

黒「某がこのような事態になったのはお主の伴侶の不始末だが我が妹も関わったのもまた事実」

侍「お互い白痴であったのだ。咎めるのは無しにせんか?」

黒「ふふ、それもよいな。では、某は白の下へ行く。また明日会おうではないか」

侍「あぁ、また明日」

男「どっちがどっちだよ」


侍「男よ!学校へ行くぞ!」

男「張り切ってんな。こっちはもう飽きたのに」

侍「はようせい!」

侍「はぁ……」

男「薬の効果切れたからってそこまで落ち込むなよ」

侍「某としてはあれのほうが皆との意思の疎通がしやすかったのだが……」

男「復讐とは悲しいものだな」

青「あなた達!今授業中なんだから静かにしなさい!」

侍「すまぬ……。本当にすまぬ……」

青「そ、そこまで萎縮しなくていいのよ……!」

侍「……」

翌日

茶「色無殿〜」

無「またお前の仕業か!」

男「俺じゃない!断じて俺じゃない!」

灰「これでいいのかな?」

侍「あぁ、当分はな。ほれ、例のあれだ」

灰「毎度ありぃ♪」


男「トリックオアトリート。(cv.小山力也)」

侍「悪い子はいねぇがー」

緑「はいドーナツ」

男「ありがとう」

緑「それで、何の用事?」

侍「今日はカクカクシカジカで悪戯をしにきた」

男「名残惜しいけどフレンチクルーラー返すよ」

緑「そう。(パラパラ)」

男「おや?シカトですか?そうですか。侍ちゃん」

侍「(ガシ)準備よし」

緑「ちょっと離しなさい。本が」

男「『山吹色は黄土色の唇を奪うと愛する弟に告げた。「離したくない……!」「兄貴……!」』」

緑「それは……!ちょっと、やめなさい!(バタバタ)」

侍「続きplz」

男「『山吹色は弟の愛する部分に息をかける。舐めるように、撫でるように。「あっ……」ピクンと黄土色の身体が跳ねる。』」

緑「本気でやめなさい!怒るわよ!」

侍「もう怒っておるではないか」

男「『「兄貴……焦らさないでくれよ……」潤んだ黄土色の瞳に見つめられ山吹色の(ピー)根は痛いほど膨張していた。「ふふっ、しょうがない』」

緑「やめてぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!」

緑「はっ……!夢……!(コンコン)入っていいですよ」

男「トリックオアトリート。(cv.小山力也)」

侍「悪い子はいねぇがー」

緑「はいドーナツ」

男「ありがとう。よし、帰るか」

侍「うむ。さらばだ」

緑「……ふぅ」


男「トリックオアトリート。(cv.玄田哲章)」

侍「とりっく」

白「あら、もうそうな季節なんだ。はやいね」

男「ね」

侍「つきひははくたいのかかくにして……えと……」

白「何だったかな?」

男「とりあえず悪戯させて」

白「えっ!お菓子あげるからやめてよぉ」

侍「お見舞いの差し入れは自分で食すがよい。くれた者に失礼だぞ」

白「そうだね。うん。じゃあどんな悪戯されちゃうのかな……」

侍「5分待っておれ」

黒?「さぁ、白。お待たせ」

白「……く、黒ちゃん?」

黒?「白、ダメよベッドで寝てばかりじゃ。たまには汗をかかないと」

白「それってもしかして……!」

黒?「そう、駆けっこよ!」

白「……なぁんだ。ははっ、私馬鹿だなぁ……」

黒?「そのかわり白が私のこと捕まえたら……」

白「待てぇ黒ちぁあん!」

黒「白!どうしたのそんな(ガバ)きゃ!」

白「捕まえたよ!やっと捕まえた!約束通り好きにしていいんだよね黒ちゃん!」

黒「待って白!何がなんだか私には……!」

侍「まさか白にあそこまでの力が……」

男「ククク……」




侍「(ガラッ)とりっくおあとりーと。(cv.北都南)」

男「……え?何?」

侍「お菓子くれないなら悪戯する」

男「し・て」

侍「よし」

侍「どうだ、痛くないか?」

男「痛くないですけど……」

侍「どれ、次は前も流してやろう」

男「前は流さなくていいから!」

侍「今日はそっちを主に使うのだ。某とて汚れているのは御免こうむる」

男「ちょっと、向こう向いてろよ。(シャァ)」

ベッドの上in男君のお部屋

侍「(ギシ)ふぅ」

男「あの……僕は悪戯されるのでしょうか?」

侍「隣りにこい」

男「(ギシ)はいはい」

侍「(チュウ)んっ……」

男「ふゎ……。……おい」

侍「悪戯するのだ。これぐらいはせんと。どれ。上を脱げ」

男「(ファサ)やっぱ寒いな」

侍「……さて帰るか」

男「ええぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!」

侍「何を想像しておった?ばーか」

男「(プルプルプル)うっ……うぅ……」

侍「さて、帰って素振りをせねばな。ククク……」


侍「そう言えばそろそろ修学旅行なのだが」

男「今年は沖縄だっけ?」

侍「まぁ季節的には少し過ぎておるが旅行客もあまりいなから円滑にことが進むであろう」

男「そうかもな」

侍「沖縄と言えばやはり海が綺麗なのだろうな」

男「テレビで見てあれなんだから実際は更にいいんじゃないか?」

侍「宿泊先はどこになるのであろうか」

男「海が見えるところがいいなぁ」

侍「全くだ」

侍男「沖縄か……」

ザザーン

侍『綺麗な海だ。……しかし昔我々のような学徒が戦場に』

男『(ギュ)守るよ……!』

侍『……某の台詞だ。』

紫『くらえゃ!(ペタンペタン)』

桃『きゃあ!冷たーい!(タユンタユン)』

男『フヒヒwwww』

侍男「フヒヒヒwwwwwwww」


侍「(カラカラ)ふぅ、いい湯だった」

男「|ω・)ソー」

侍「何奴!曲者!(ドス)」

男「アッー!」

侍「ったく油断できん奴だ」

男「見てぇものは見てぇんだ!」

侍「開き直るな。何しに来たのだ?」

男「暇」

侍「今髪を乾かすから待っておれ。(カチ~ブオオォ)」

男「ドライヤーかよ。お」

侍「どうしたのだ」

男「いい匂いするな。シャンプー変えた?」

侍「よくわかったな。(ブオオォ)」

男「……。何か変かもしれないが……その……。(ギュ)」

侍「にゃ!……何しておる。(カチャ)」

男「あ、いや。やらしい意味とかはないんだが髪をとかすお前見てたらなんとなくな」

侍「この行動自体がやらしいものであると何故理解できん」

男「一応壊れ物扱うみたいに慎重なんだが」

侍「どういう意味だ?」

男「んー。その……大事にしないとなぁ……ってさぁ。ねぇ」

侍「はぁ。当然であろう、馬鹿者め。期待しておるぞ」


侍「小手!面!(ドカ)メェン!」

(元)部「一本!」

部「痛ててて……」

侍「じゃあ、ここまで」

後「ふぁ……なんか最近キツいなぁ」

(元)部「ううんそうだね。試合もまだないし」

侍「……」

男「あの……。(ソー)」

後「あ、先輩。ちょっと待っててください。せんぱーい!愛する彼氏がきましたよー!」

侍「……何用だ」

男「すまなかった!(ペコ)」

侍「はぁ?どんな面下げてここまで来れたのだ?」

男「すまん!大人しく金を返せばいいものを肉まん買ってくるなんて……」

侍「誠意を見せよ」

男「あんまん買ってきた。みんなで食ってくれ」

侍「……よし!はやりお主は某が見込んだだけある男だ!許す!」

男「有り難き幸せ」

侍「さて、ほれ。下男からの差し入れだ。みんな食べるがよい」

後「……。(グシャ)」

侍「なぬ!」

後「座れ」

侍「は、はい?」

後「いいから座れ」

侍「あ、はい」


TV「暴れん坊将軍、このあとすぐ」

侍「いいなぁ」

男「何がいいんだ?」

侍「馬」

男「馬?」

侍「うむ。武芸の嗜みとして一度は乗っておきたいものだ」

男「ふぅん」

侍「(キラキラ)おぉ!始まった!いい馬だのう」

侍「うぅん、なかなかいいのう」

男「お前が図書室いるのも珍しいな」

侍「お主もな」

男「俺は絵画の裸婦を見に来ただけだ。お前は?」

侍「某は雪舟の墨画を見に来たのだ」

男「ふぅん」

侍「ほしいのぅ」

男「うわ!高っ!馬ってこんな値段すんのかよ!はぁ、畜生ー。どっちもクリスマスまでに用意できねぇよぉ」


高1の彼

6:30 起床、学校には余裕で間に合うが寝坊するために二度寝をする

7:50 再度目を覚ます。幼馴染みは起こしに来てくれなかった。朝食抜きで学校へ猛ダッシュ。

ちなみに曲がり角で女にぶつかる事もなく無事学校へ到着。

8:30 転校生がくることもなく普通に授業開始。

幼馴染みに「寝坊していたのはわかっていたがわざと起こさんかった」と言われた。

9:20 休み時間。取りあえず寝る。悪友の色無から話し掛けられることもなく次の授業開始。

10:20 休み時間。また寝る。幼馴染みは気遣って話をかけないみたいだ。

12:30 焼そばパン片手に屋上へ。当然鍋をしている姉妹や苺パンツの女子もいなかった。

14:10 やっと色無から御声が掛かる。「お前さっきから寝てうわっ!やめろ橙!」死ね。

15:30 放課後。図書室へ。締まってた。

18:00 意味もなく幼馴染みの部活終了を待つ。

19:00 幼馴染みの部活は既に終了していたみたいだ。帰宅。

22:00 就寝。


青「今年の文化祭の目標はズバリ!売上NO.1です!」

黄「任せてよ!カ」

青「流行に乗っ取ったメイドだの何だのと言われたものは既に他のクラスで決まっています!そこで皆さんの意見がほしいんです!」

黒「なんかそういうのって『洋』じゃない?なら私達は『和』なんてどうかしら?」

青「いい案ね。具体的には誰か?」

黄緑「どんなのが……あら?」

侍「……あ?ん?」

黄緑「侍喫茶、なんてのは?」

侍「何ぃ!(ガタン)」

青「いいかもしれないわね。お団子とかの和菓子を中心とした喫茶店、その他候補は?なしね」

黒「でもそうなると引っ張っていく人が必要ね。あまり頼みたくないけど……」

青「侍黒、その役を頼まれてくれますか?」

侍「はっ!喜んで仰せ仕りまする!」

侍「(ダラー)……」

男「おい、おっきおっきしろ。お前が手あげれば満場一致なんだから」

侍「何がじゃ」

男「竹原はいいから。あれだ、文化祭の出し物のメイド喫茶がだよ」

侍「……チッ。(ピッ)これでよかろう。寝るから起こすでないぞ」


 侍喫茶

侍「おかえりなさいませ旦那様」

男「旦那様……」

侍「こちらの御席へ。こちらが御品書きとなっておられまする」

男「んじゃこの白玉ぜんざい」

侍「しかと承りました。白玉ぜんざいひとーつ!」

男「(コト)お、アイスも付いてる。いただき」

侍「なりませぬ!」

男「は?」

侍「某が御毒味を。(ズスー)うむ、毒はありませぬ」

男「あぁ、一応ありがとう」

侍「では御ゆるりと。(チョコン)」

男「……ここいんの?」

侍「君主に大事があっては武士の恥であります」

男「なるほど、よしごちそうさん」

侍「いってらっしゃいませ。昼時にはハイパー討入りタイムがありますので」

男「何だよそれ!早く教えろよおい!」

侍「次の旦那様がきたので、某はこれにて失礼」


 侍喫茶 ハイパー討入りタイム

侍「また貴様か」

男「おかえりなさいませ旦那様、だろ」

侍「おかえりなさいませ旦那様」

男「それで討入りタイムが気になってきたんだが」

侍「あー……すまぬな。某も討入りの役目なんだが役割が違くてな」

男「何だそりゃ」

侍「まぁよい。席に着くがよい」

黄「御代官様ぁ、あーん」

青「ちょっと早く口開けなさいよ。……ばかぁ」

男「いや、何かやな予感しかしないんだが……」

緑「……あーん」

男「あー」

パチンパチン

男「あ?停電?」

侍「天誅ぅぅぅぅぅ!!!!!!(ガシャァン)」

男「ぬわぁっ!」

黄青「きゃあぁぁぁぁ!!!!!」

緑「きゃあ」

黄緑「てんちゅー。(ガシ)」

男「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!(バタン)」

侍「我、逆賊殲滅せり!」

黄緑「ふん。(ドサ)」

侍「何が『あーん』だ屑め。(ペッ)」

男「う……ぁ……」


 メイド喫茶

黒「おかえりなさいませ」

男「すいません黒違いでした」

黒「ふっ、悪かったわね」

男「マイハニーは?」

黒「あそこよ」

客「ちょっと刀抜いてみて」

侍「こうでありますか?(シャキン)」

客「(カシャ)いいよー」

侍「次はどうなさいますか?」

客「じゃあ次は紅茶一つもらえるかな?」

侍「承りました」

黒「ね?いたでしょ?」

男「あのあれは……」

黒「今回のこれは一つのテーブルに一人が付くようにしているの。珍しく侍黒は2番目に人気ね」

男「あそこって予約みた」

黒「7名様がお先に御予約されていますが、よろしいでしょうか?」

男「何分待ち?」

黒「2時間待ちぐらい」

男「構わん!予約させて」

色「男!そんなとこにいたのか!早くバランを焼そばに乗せる作業に戻るんだ!」

男「え……?」

色「時間だろ?戻れ」

男「黒、これって予約どうなるの?」

黒「当店から御退場した場合、無効とさせていただきます」

男「い、色無ぃ〜〜!!」

色「ところがどっこい現実だ。諦めろ」

男「なん……だと……!」


 学祭後片付け

男「結局侍黒のメイドさんのとこには行けなかった、か……」

無「おい、まだ鉄板にこびりついてるぞ」

橙「色無ー。こっちちょっと手ぇ貸してー」

男「……リア充死ね」

20分後

無「男……」

男「何?手伝い終わったの?帰れ、帰れよ。俺は今サンタ狩りについて透と話」

無「そうじゃなくてさ。掃除変わって、頼むから」

男「(ガラッ)俺、参上!」

侍「(ゴソゴソ)随分長いトイレであったな色無。そ、それで続きなのだが、男の奴はその……売子をしておった時他の娘と」

男「はぁ?」

侍「だっ!だからだな!そこらのわけのわからぬ娘にうつつをぬかしておらんかったかと!」

男「ないない。てか俺色無じゃ」

侍「そうか。な、ならよいのだ。変な事ばかり聞いて悪かったな色無」

男「だから色無じゃな」

侍「しかし貴様さっきからぼーっと突っ立ておるのではないか?後ろを向いていてもわかるぞ」

男「(トントン)おい」

侍「む、ちょうどよい。あそこのミラーボールを取って(クル)……ん?」

男「はいよ。んしょ。(カチャ)これでOK?」

侍「あ……あああ……」

男「売子やってても誰も声なんかかけてくんなかったよ。まぁ、お前んちの親だけは別もんだけどな」

侍「ぁわあッーあぁぁぁぁぁー!!(シャキン)」

男「うわっ!やめ」

黒「ふぅ、やっと会計終わったわ。(ガラ)侍黒、掃除終わった?あなたのお陰で学年No.1……きゃあぁぁぁぁ!!!」


 後談

男「ん……ここは?」

無「保健室だ。峠は超えたよ」

男「保健室で!?俺どんな手術したんだよ!」

無「悪かったな。俺が掃除変わってもらったばかりに……」

男「謀ったな貴様……」

無「なんというかさ、侍黒と二人でいるとなんかな……居ずらいんだよなぁ」

男「何でよ?失礼な」

無「だって……」

無『(ガラッ)手伝いきたぞー』

侍『('・ω・`)やぁ、よくきたね』

無『マスターバーボン一つ、じゃなくて他のは?』

侍『担任に呼ばれて行った。そっちの売上はどうだったのだ?』

無『まぁまぁかな』

侍『そうか。男は真面目に働いておったか?』

無『ちゃんと売子やらせたよ』

侍『むぅ、ならよい。あの馬鹿め、某のところに一つも顔を出さずに……』

無『一応ここには来たんだぞあいつ。ただ時間無くてお前には会えなかったけど。もしかして待ってた?』

侍『戯言を吐かす出ない!何ゆえ某があんな阿呆を待たねばならん!む、むしろあやつから来るのが常識なのだ!うん!』

無『はぁ』

侍『し、しかし来ておったか!奴は何か言ってなかったか?』

無『別に』

侍『あのウツケめ!何も言っておらんだと!大体あやつ、いつも某を——』

無「てな感じで惚気初めてきたからトイレ行くフリして帰ってきた」

男「あ……」

無「どうした?俺の後ろになんかあるのか?」


男「おおぅさむさむ」

侍「情けない男め」

男「お前見てると寒くなるんだよ!何で今日日袴だけでいるんだお前!」

侍「貴様が根性無しなだけだ」

男「どうせ前みたいに中に貼るホッカイロ貼ってんだろ?」

侍「それはまだ季節的に早い」

男「どうせ何かイカサマしてんだろ?」

侍「某の気迫を似非と申すか貴様!無礼にも程がある」

ヒュー

侍「うわ!(チラ)」

男「……おいこら見えたぞ」

侍「な、なにがだ?」

男「おまっ!下にジャージはいていただろ!」

侍「ジャージ?何なのだそれは?知らんな」

男「しらばっくれんな!学校のはいていただろ!脱げ!脱いでみろ!」

侍「さぁなんのことやら」


侍「うまい」

黄緑「ありがとう。それで今日は何しに来たの?」

侍「特にない。暇だから茶をもらいにきただけだ」

黄緑「……」

侍「何もたくらんではおらん」

黄「ねぇねぇ。どうなの彼とはさぁ」

侍「特に何も」

黄「ないの!」

黄緑「今の高校生はそういうことにしか興味ないと思ってたのに」

侍「高校の分際ではめを外すことが常とは、今の世も腐ったものだ」

黄「本当にないの?少しは線越したんでしょ?ねぇねぇ?」

黄緑「そうよ!ないわけないわ!絶対あるわよ!」

侍「……(ピコーン)。ここだけの話にしてくれるのであれば」

黄「守る!守るよ!」

黄緑「うんうん!」

 翌日

男「おーはー」

全員「(ジー)」

男「何この空気。凄い冷たくて刺さりまくるんだけど」

黄緑「(キッ)男君!侍ちゃんに謝りなさい!」

青「最低よ!侍黒の優しさにつけこんで……!」

水「さ、最低ですッ!(ウルウル)」

男「……は?」

侍「あの……すまん。友情を試したらこやつら、思った以上に情に熱く」

白「だ、駄目です!こんな犯罪者予備軍に近付いちゃいけません!」

緑「君には失望を越して絶望した」

黒「(ギュ)ごめんなさい。気付いてあげられなくて……」


男「磯野ー!ポッキーゲームしようぜ!」

侍「また唐突に」

男「GET SET!COME ON!」

侍「てい!(スパ)」

男「うぉ!」

侍「阿呆」

男「ワンモアセッ!」

侍「(パク)ふん!(ポキ)満足か?」

男「折るなよ!」


橙「こういうのってどうかな」

桃「アイラインはもう少し細目かな?」

侍「(ガチャ)たのもう」

桃「あ、侍ちゃん!……一人?」

侍「あやつは今日奉仕委員らしい」

橙「男が時間かかるならちょっとこっちきてよ」

侍「何用だ?」

橙「うん。化粧しがいのある顔ね」

桃「侍ちゃんっていつ見てもすっぴんじゃない?たまにはほら、化粧とかしてみない?」

侍「いらん」

橙「(ボソ)男も喜ぶかも♪」

侍「……しょうがないのう。少し、少しだぞ?」

橙「そうこなくちゃ」

男「(ガチャ)男じゃん!しり取りするじゃん!しり取り、林檎、ゴリラ、ラーメン。あ、終わっちゃった」

侍「む、来たか」

男「……誰?」

侍「某だ」

男「今日は一体どこで御持て成しがあったのでしょうか?」

侍「最初はただ化粧するだけだったのだがな」

男「はいはい」

侍「途中で紺色殿が来て某に着物を貸してくれたのだ。そしたらこのような……」

男「太夫だな」

侍「まぁ……うん」

男「……似合うじゃないか」

侍「う、うん」

男「とりあえず帰るか侍(?)黒」

侍「その疑問詞はよさんか」


男「あー、めがっさやっばいなぁ」

侍「期末テストが近いのう」

男「全く勉強してねぇや」

侍「何かいい方法はないかのう」

男「……そうだ!」

侍「何か策が!」

男「みんながテスト勉強してるところ邪魔してクラスの平均点を下げれば俺達は今のままでいい所まで行くんじゃね?」

侍「なるほど!では早速!」

 

侍「クラスの平均点が下がっただけで我等のクラス順位は変わらんかったな」

男「何だかんだで俺達も勉強してなかったからな。ほら、好きなだけ泣けよ」

侍「お互い涙は見せぬようにしような」


男「〜♪」

無「お?何か楽しそうじゃん。どうした?」

男「昨日エロゲ売りにいったんだ。そしたら結構いい値で売れてさ。明日のデートの足しにしようかなって」

無「そ、そうか……」

侍「お主ら、何を話しておる?気持ち悪い」

男「ねぇ色無さん。これ読まない?」

無「これは……まさかッ!い、いいのかい!」

男「この前侍黒に見つかってさ。この本ってあまりにもあれじゃん?だから捨てろ捨てろってうるさくて」

無「しかしこんな価値のあるもの……!」

男「俺の遺産だと思って」

無「ありがとう……」

無「黄緑さん、相談があるんだけどいいかな?」

黄緑「私でいいならいくらでもいいわよ」

無「最近男のこと何だけどさ」

黄緑「(コキコキ)うんうん」

無「暴力沙汰じゃないから。続きなんだけど何て言うんだろう……?」

黄緑「はいはい」

無「どんどん真人間になっていく彼を見ると凄い嫌悪感を覚えるんだ」


男「冬って寒いじゃん」

侍「冬だからな」

男「すると家にこもるじゃん」

侍「まぁそうだな」

男「仮にお前の家にいたとするじゃん」

侍「今いるがな」

男「することないじゃん」

侍「テレビもない、ラジオもない、某の部屋には電気がない。電気は嘘だが」

男「することっていったら一つしかないじゃん?」

侍「はて、夏にも同じ台詞を聞いたような」

男「そうかイ?」

侍「夏は暑いから引きこもりそれでも暑いから脱ぐ。だったか?」

男「……はぁ。お前の部屋マジでつまらんのさ」


侍「999……1000……。よし、今日は終わりだ」

男「お疲れちゃん」

侍「いつからいたのだ?」

男「聞きたいか?573本目ぐら」

侍「数えておるのか!?」

男「ちなみにお前今日360本目終わった時390本に飛んだからな」

侍「360本って貴様……573本より……もういい」

男「てかすごいなお前……」

侍「何が」

男「背中から湯気出てる」

侍「ちゃんと鍛練しておれば当然のこはくちぃ!あ゛ー」

男「(ドロッ)……」

侍「(フキフキ)す、すまん。冷えてしまってな」

男「少ししょっぱかっ」

侍「(ボグ)……」


男「今年の流行語大賞? 決まってるだろ?」

男「『色無死ね』」

侍「血の叫びだな」


男「ジングルベールジングルベール」

侍「すずのそうてい」

男「……人の部屋物色するのやめようよほんと。さておきクリスマスが近付いてきたね」

侍「そうだのう」

男「白い雪が舞う夜空を見上げ、今は亡きキリスト様ににわかに想いを馳せながらシャンパンを空け、ロウソクのぶっ刺さったケーキ1ホールを半分こした結果二人では多いことに気付きちょーっと鬱。そしてラストを飾るのはプレゼント交換。互いの腹を探り合いどの程度なら満足するか考えて相手のあざとさを深ーく知る甘酸っぱい夜」

侍「あなたはいかがお過ごして?」

全員「……」

紫「色無、クリスマス予定なんだけど」

青「紫! 待ちなさい!」

赤「僕! 新しいスパイクがいいなー!」

緑「みんなクリスマスの意味を履き違えている。私が本物のクリスマスを御教示してあげよう」

水「あの……私……あの……わた……あのぅ……その……」

茶「あなたと合体したいです!」

空「罪な人ね……」

無「……」

男「みんな必死だねぃ。ま、俺達には関係ないな」

侍「まぁそうだ」

男「俺達今年どうする?」

侍「何を言っておる?某は仏教ぞ」

男「……色無さーん」


侍「そろそろ付き合い始めて半年は経つな」

男「する?」

侍「しない。それで前から聞きたかったのだが……」

男「何でも聞きんしゃい」

侍「某のどこが好きなのだ?」

男「意外と困ることを聞くな……」

侍「困るのか?」

男「うーん……。かわ」

侍「可愛いだの綺麗だのありがちなことは言わぬよのう?」

男「うっ!」

侍「ヘタレめ」

男「難しいんだよ!……どこがかぁ。……」

侍「もうよい。所詮某なんぞ女としての魅力、もとい武士としての力が足りなかったのだろう」

男「俺からしたら十分魅」

侍「確かにそこいらの女と比べたら奇抜は女であろう。しかしそんな某を選んだお主を某は愛しておった」

男「侍黒……」

侍「もう、終りに」

男「確かにお前の好きな所は何個もない。だけどな!俺はお前の嫌な所も全部含めて好きなんだよ!」

侍「いい加減なことを言うな!」

男「勝手に言ってろ!だけどな、俺はお前のそういう所も好きだ!笑っているのも泣いているのも全部!」

侍「男……」

男「お前の一部が好きだからこんなこと言ってるんじゃない。お前の全部が……好きなんだ……!」

侍「……男」

男「……」

侍「なら……あのシャネルの刀買」

男「それとこれとは話は別だ」

話の先頭まで戻る


 なんかいい雰囲気

男「悪いな。親がいないからって無理矢理泊まらせて」

侍「我が家とて今日は母上がいないのだ。家も隣りなのだから双方一人でいるよりは二人のほうが楽しかろう」

男「そうだな。あと今日の料理うまかった、また作ってくれよ」

侍「あ、あぁ。……」

男「なぁ」

侍「む?」

男「俺達、付き合ってなんぼ経つ?」

侍「半年ぐらいかの?」

男「……セッ……」

侍「せ?」

男「……かくだから、なんか記念になるようなことしたいな。な?」

侍「例えば?」

男「セッ……腹?」

侍「何故記念に切腹なのだ。心中か」

男「ははっ、冗談冗談」

侍「もう」

男「その……あれだ……セッ……法……とか」

侍「何故説法?」

男「命の尊さん知るため?みたいな」

侍「……はよう言わぬか」

男「侍黒……。わかった!俺と……セッ……セッ……檻してください俺を」

侍「……とてつもなく興が削がれたぞ。いつもの勢いは飾りか?」

男「……ごめん」

侍「あー帰ろ」


侍「むぅ。ここをこうで、これを潜らせる、と」

黄緑「そうそう。あとは適当な長さになったら仕上げちゃって」

侍「ふぅ、日本人は手先が器用だと言われたものだが、これは難しいのう」

黄緑「だから手編みだといいんじゃないかな?」

侍「よし!これで完成!」

侍「(ソワソワ)お、男よ!近頃は一段と寒くなった惱!」

男「まぁ冬だからな」

侍「と、特にどの辺りが寒いのだ?」

男「どの辺りって、部分的と言うよりは全体的に寒いが」

侍「その全体に伝わる寒さの原因の部分はどこだと聞いておる!」

男「意味はわからんが要するに体で一番冷たい部位を答えればいいんだな?」

侍「そうだ」

男「チン」

侍「は?(カチャ)」

男「手かな?」

侍「それ以外では?」

男「それ以外っていったら足か首だけ」

侍「そうか!首!首か!なるほどなるほど!」

男「え?何?」

侍「そんなに寒いのであればお主にこれをやろう!有り難く使うがよい!」

男「マフラーか。んじゃ早速使わせてもらうか」

侍「どうだ?どうなのだ?」

男「どうってまぁ、温かいな」

侍「ならよい。大事に使うのだぞ!わかったな!」

男「(ナデナデ)ありがとう。大事にするよ」

侍「はぅ……う……」


男「いただきます」

闇「たぁんとお食べなさい」

男「わかりました。お義母さん」

侍「お義母さん言うな」

闇「それで二人どうなの?やることやったの?」

男「お義母さん、責任はと」

侍「してないしてない」

闇「そう、とうとう我が娘の純潔も」

侍「しとらん!」

闇「それで男君の両親はイギリスに何で行ったの?」

男「おじさんがちょっと病気になっちゃって。明後日には帰ってきますよ」

闇「ふーん。さぁ、食べて食べて」

侍「お主、もしや異国の者の血が流れておるのか?」

男「いや、おじさんがただ向こうに住み始めただけ。爺ちゃん婆ちゃんは日本人だし」

闇「そうなの?へぇー」

侍「時に母上、この肉は何の肉なのだ?」

闇「えっ?あ、スッポンよ」

侍「一体何を狙っておる?」

男「つまり泊まっていけってことですね?」

闇「そうそう」

侍「帰れ」


男「……(ボー)」

侍『あやつ、ベランダに立って何をしておるのだ?』

男「あっちち」

侍『コーヒーか……つまり長い時間いるわけか』

男「(ピコーン)!そうだ!」

侍『む?家に入った』

男「頼りないけどこれでいいかな」

侍『双眼鏡!まさかあやつ……隣りの狐色殿の家を……!』

男「この月明かり下で〜♪私の名前を呼んで〜♪」

侍「男ぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!(シャキ)」

男「本当に呼ばなく(スパ)あん!」

侍「貴様!そこまで落ちたか!痴漢淫行のみならずとうとう覗きまで!」

男「契約の星は流れた、って何が覗きだ!今見逃したろ!視界にちょっとしか入らなかっただろ!」

侍「は?」

男「俺は覗きなどしてない!あれだ!ふたご座流星群だ!」

侍「真に?」

男「テレビを見ろテレビを!ったく人を淫魔扱いしやがって」

侍「……にわかに信じられん」

男「じゃあオリオン座の近くずっと見てろ!」

侍「……おりおん?」

男「じゃあとりあえずあそこ!俺の指差したとこ見てろ!」

侍「左様か」

侍「うぅ……。いつになったら見れるのだ(ガクガク)」

男「さぁ?ピークは2時頃だからな」

侍「……むぅ」

男「帰りたいなら帰れば?」

侍「いやじゃ。某も見る」

男「ふーん。ちょっとコーヒー持ってくる」

侍「ミルクたんまりと」

侍「寒い……」

男「ほら、タオルケット。寒くないか?」

侍「かたじけない」

男「寒かったら言えよ」

侍「うむ」

男「さて、なぁにを願うかなぁ」

侍「お主、もし某がこなかったら一人でそんなことを?」

男「……悪い?」

侍「別に別に。何が悪いのかと。そうかそうか。ふーん願いよのぅ」

男「じゃあなんでお前はいるんだ? 見たいなら自分ちで見ろよ。変わらんだろ?」

侍「それは……その……」

 キラッ

男「あ!」

侍「むっ!」

男「……今来たよな?」

侍「願い事はできたか?」

男「……」

侍「わかっておる。某も無理であった。と言うか無理であろう、流石に3回は」

男「きっと昔の人はそれをわかっているから願いが叶うって決めたんだろうな」


侍「ふぅ」

桃「あれ?男君は?」

侍「奴はいんほる、いんへる、あんふる……?」

白「インフルエンザ、でしょ?」

侍「うむ。どうせ明日になれば回復するであろう」

白「それは……無理だと思うよ。たとえ男君でも」

侍「何故?」

白「インフルエンザは感染力が強くて、しかもかかっちゃうと熱とか咳が凄いの」

桃「だから学校側は逆にくるなっていうの。要するに出席停止ね」

白「場合によっては死ぬことも……」

侍「左様か!」

白「左様で」

侍「どうすればよい!某はどうすればよいのだ!(ガタガタガタガタ)」

白「(ガタガタガタガタ)そそそそそそれれれれれはははははははは」

黒「やめなさい。(スパン)」

侍「痛っ」

白「インフルエンザは薬飲んで、温かくしていれば治るよ」

侍「そうか。……白ちょっとこっちに」

白「なぁに?」

侍「(コソコソ)某に何かできることみたいなのはあるか?」

白「(コソコソ)うーん、特にないと思うけど、少し顔出してあげれば気分は良くなるんじゃないかな」

侍「わかった。ありがとう」

白「ううん。どういたしまして」

黒「侍黒、貴女白に何を話してたの?」

白「く、黒ちゃん!変な事じゃないよ!侍黒ちゃんが男君に何してあげたらいい?って……」

黒「……ふーん」

桃「うらやましいわねぇ」

侍「白よ。なぜ某がお主と二人きりで話したか意味がわかっておらぬようだな」


侍「おーとこ(ガチャ)」

男「ゴフッよ"ぅ」

侍「元気そうではないな」

男「み゛でわがらないがはっ……!」

侍「そろそろその喋り方やめんか?」

男「咳がキツいのは事実なんだがな」

侍「よいよい。寝てるがよい」

男「悪いね」

侍「他はどんな調子だ?」

男「体の節々がいたい。フラフラする」

侍「のう」

男「なに」

侍「(ススス)うつせば治るってほんとかのう」

男「お、おいおい」

侍「某にうつしてみんか?」

男「ちょっとお前、寄りすぎ……」

侍「ん……」

男「お前……」

侍「はようせんか。某が学校休めんだろ?」

男「愛を感じないから却下!」

侍「ふん!色男ぶりおって!死ね!」

侍「……馬鹿者ぉ」


侍「〜♪」

男「ノリノリじゃん」

侍「なにが?」

男「なんかさっきから何やら鼻歌が」

侍「そうか?某はいつもと変わらんが?」

男「だって袴が赤地に白のライン入っているし」

侍「ふむ」

男「それに刀にベルのキーホルダーがついてるし」

侍「うんうん!」

男「そうだ!クリスマス!クリスマスだ!」

侍「気付くのが遅い!(スパ)」

男「きゃあ!」


 パンッ パンッ

男「メリークリスマース!」

侍「めりくり」

男「一年の最後の締めくくりだからね。忘年会もかねてパーっとやらないと」

侍「某わくわく」

男「さて、肝心の料理なんだが……」

侍「ちらし寿司にお吸い物だ」

男「まぁそれはともかくとしてキリスト様の誕生日を祝う気持が大事だからね!」

侍「(シャキ)異教徒なのか?」

男「ゴホン。失礼。今日はクリスマスと言う名の忘年会だ」

侍「(カチャン)ならばよいのだ」

男「じゃあいただきまーす!」

侍「うまいか?」

男「うん。酢飯がうまい」

侍「そうか、ならよかった。それで男よ」

男「ふぃ?」

侍「クリスマスプレゼントは?」

男「さっきの台詞はなんだったんだよ!」

男「ふむ、おいしかった」

侍「お粗末様。次はケーキだ」

男「待ってました!」

侍「これはな某と母上が共同で作ったケーキでな」

男「待てぇい!義母上か!義母上も作ったのか!」

侍「大丈夫だ。変な薬は入っておらん。某が保証する」

侍「そんにゃ……ひっく……」

男「なんちゅー料理酒の量だ……」

侍「だっ、だが、薬は入ってひっく……なか、なかっでござろう?」

男「何はともあれケーキ、うまかった」

侍「とうじぇんでござる」

男「ほら、やるよ。プレゼント」

侍「ん」

男「開けてみれば?」

侍「(カパ)簪?」

男「俺センスないからさ、お前に似合いそうなのっていったらこれしか思い浮かばなくて」

侍「……すまん」

男「あ、気に入らなかった?」

侍「そうではない。某は……何も用意しとらんのだ」

男「あそ」

侍「『あそ』ってお主、怒っておらんのか?」

男「俺は『プレゼント』と言ったんだ。これは俺が勝手にくれただけで見返りなんざいらんのさ」

侍「しかし某だけ……てい!(ギュ)」

男「おいおい。何抱き着いて……。……。(ナデナデ)」

闇「(ガラッ)スイーツ(笑)」

侍・男「母上ぇ!!!!」


侍「いくぜぇ男ぉぉぉぉ!!!合体だ!!!」

男「そんな無茶だよアネキ!!!」

侍「やってみなくちゃわからねぇだろ!!!」

男「ただいまー。あれ?いないのか?」

侍「(ビクッ)」

男「なんだいるじゃん。ん?なんだこのゼリー?(パク)お?俺にも食える味だ。というかうまいぞこれ」

侍「一番うまいところは某が食べてしまった。また後で狩ってこようではないか」

ペーペーポーペーペポポー

侍「じゃあなんでわたしのことさそったんだよぉ」

男「すきなんだぁ」

侍「ぽ」

男「おれくろのことす……す、す……」

男「駄目だ!動かない!」

侍「貸せ!物が壊れたときは江戸はこうやるんだ!露西亜で作ろうが亜米利加で作ろうが部品は台湾製だ!」

侍「今年も色々あったのう」

男「あぁ、あったな」


薄「ひぃい」

侍「ククク、もう逃げられんぞ」

侍「見ろ!捕まえたぞ!」

薄「くぅん」

男「でかしたぜハニー!では早速!」

薄「ごめんね色さん」

侍「てぃ!(スパ)」

男「がっ……!」

侍「ふふふ……」

薄「お侍さん……!」

男「裏切るのか……?」

侍「ククク……(ペロ)」

薄「きゃあ!」

侍(ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ)

男「てめぇ……!クソッタレ!足が……!」

薄「うっ、うぅ……(ピチャピチャ)」

侍「(ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ)うま」

男「てめぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!」

薄「むっ、うう(ピチャピチャ)」

侍(ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ)

男「畜生!」

侍「てりゃ(スパ)」

薄「だれか……(ピチャピチャピチャ)」

侍(ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ)

男(ビクンビクン)


しろ・くろ「〜♪」

侍「(コネコネ)ほれ、あまり近くで見ると目を悪くするから」

男「あとこの飾りはどこに置くの?」

侍「左右逆だ」

無「あのー、お米の他にお盆に何乗せれば……」

侍「コップに御神酒を入れておけ。なんだしろ?あぁドラえもんだな」

黄緑「ごめんね侍ちゃん、みんな神棚どうしていいかわからなくて」

侍「某も驚愕だ。まさか誰も手をつけておらんとは……。色無!その鏡で髪を整えるな!死ね!」

男「この木何?」

侍「榊だ!それすらわからんのか!死ね!わわっ!しろすまぬ!しろはいい子だぞぉ」

無「できた。これでいいのか?」

侍「むぅ……。よし、これで来年もよい年が迎えられるな」

黄緑「お疲れ様二人とも」

群青「侍ちゃんもありがとうね。ほら!あんたも!」

朱「いやぁ悪いねぇ。お姉さん全然わからなくてさぁ」

侍「だから有馬記念を外すのだ!」

朱「……ごめん」

侍「あの……冗談だ……気を落とすでない」

黄緑「ほら、年越しそば作るから元気だして!」


男「お蕎麦ご馳走さま」

侍「馳走になった」

黄緑「はい、お粗末様」

男「そろそろ11時だし俺達神社行くわ」

侍「うむ、そうするか」

朱「おいwwwwちょっと待てよwwwwwwオラオラwwwwww」

侍「なんだうわ臭い!酒臭い!」

朱「帰るなよぉ。飲もうぜぇwwwwwwwwwww(ガシ)」

侍「その酒瓶はなんなのだ!」

朱「有馬記念は落としたけど立川のGPは当てたんだよぉwwwwwwwwwwwwww」

侍「離せ!この!群青殿!」

群青「ぅ……ぁ……」

朱「姉貴なんざとっくに潰したよwwwwwwwオラオラwwwwwwww」

侍「黄緑!」

黄緑「(ニコニコ)……」

朱「一張羅なんか着てwwwwお前らwwwwそういうプレイかよwwwオラwwwwオラオラwww(モニュモニュ)」

侍「こら!どこに手を入れてえゃあ!そこは……!男ぉ!」

男「……」

侍「目を逸らすな!前屈みになるな!」

朱「オラwwwwwwオラwwwいちゃつくなよwwwwww」

侍「色無!この酒乱をどうにかせんか!」

無「はいはい。朱色さん、いい加減にしようね」

朱「うるせぇwwwwwww脱げよwwwwww」

無「ちょっと、朱色さん!やめてください!」

朱「黄緑wwwww見てないで色無のこと(ピー)しちまおうぜwwwwオラオラwwwwwww」

侍「今のうち逃げるぞ!って貴様いつまで前屈みなのだ!」

男「あ、12時すぎた」


侍「明けましておめでとうございます。母上」

闇「明けましておめでとう侍ちゃん、今年もよろしくね」

侍「はっ!こちらこそよろしゅう願います!」

闇「お年玉は?」

侍「某の台詞だろそろ」


男「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ちんちん」

侍「明けましておめでとう」

男「着物姿もかわいいなぁ侍ちゃんはもぅ。食べちゃいたい、食料的な意味で」

侍「いいからさっさと神社行くぞ」

侍「流石初詣だ。完全に舐めておった」

男「凄い列だ。ここはスパッと諦めて」

侍「(スパッ)てぃ!」

男「ああん!」

侍「帰るだと!?馬鹿にするでない!燃えてきたではないか!某は意地でも初詣するぞ!」

無「お前ら新年早々何してんの?」

青「早く並ぶなら並びなさい!邪魔よ!」

男「明けましておめでとう。それにしてもまた個性の強いメンバーだこと」

黒「……」

緑「……」

30分後

男「やっと俺達だよ」

無「(チャリン パンパン)さて、今年もいい年になりますように」

青「(ブツブツ)……」

侍「ことしもぉ、いろなしとぉ、なかよぉくいられますよぉにぃ♪」

青「だっ、誰がそんなこと……!(~)」

黒「そ、そうよ。新年からそんな馬鹿な、お願いするわけないでしょう?(~)」

緑「き、君は本当に不謹慎だ……!(~)」

男「全員かよ。(チャリン~パンパン)何ごとも無難に済みますように、と」


侍「お主、どうであった?」

男「俺?末吉。お前は?」

侍「小吉だ。……はぁ」

男「言っちまったらあれなんだけどあえて言わせてもらうわ。地味だな俺ら。結ぶか」

侍「あぁ」

侍「ただいまー」

漆黒「おかえり」

侍「ち、父上!いつ御戻りに!?」

漆「さっき羽田からセルリアン君に乗せられてね。やっぱり我が家が一番落ち着くね」

闇「さ、おせちできてるから食べましょ」

漆「やっぱり。正月は母さんの料理が一番だよ」

闇「……つまり通常は私じゃないほうがいいと?」

漆「違う!違うよ母さん!正月という期間に限らず母さんの」

闇「ふふふ、嘘。漆黒さんが私の料理大好きなのは私だけが知ってるんですから。私だけが……ね?」

漆「は……はい。ゴホン、それで侍黒聞いたぞ。最近男君といい仲になったらしいじゃないか」

侍「それは、まぁ。」

漆「彼なら頼れそうだからな。自分としても安心だ」

闇「そうよ、彼、凄く頼りになるんだから。特にさびしい時とか」

漆「……え?」

闇「ふふっ、冗談よ。あ、あとそのお肉、漆黒さんが一番好きなお肉使ってるから。沢山食べてね」

男「(ガチャ)おーい侍黒ー初買い行くぞー」

侍「……父上、すまない」

漆「そんな、待ってくれよ……。私だけじゃさびしいだろ……」

闇「私もいるじゃない、ね?このお肉作るためこんなところ切っちゃったんだから」

漆「ひぃぃぃぃぃ!!!」


侍「男!男よ!これなんてどうだ!」

男「やめておけ、絶対福はないぞその福袋。どうしても買いたいなら止めはしないがな」

侍「でもこういう服が入っておったら……」

男「……プ」

侍「笑ったな!今笑ったな!買う!某は意地でもこの店の福袋を買う!」

男「どうぞお好きに」

侍「ただいまー」

男「おじゃましまーす」

漆「……おかえり」

男(おい!おじさん凄いやつれてるぞ!)

侍(気にするないつものことだ)

漆「男君、何かあったらヨロシク」

男「は、はい」

侍「さっさとこれ開けるぞ。部屋にこい」

侍「てゃ!(シャキン)」

男「普通に開けろよ。それで肝心の中身は?」

侍「うむ、流石に重たいのを買ったぶんだけある。これは……」

男「ダウンジャケットだな」

侍「あとは……なんだこれ?」

男「……ゴスロリってあの店の趣旨とは全然違うだろ。はぁ……」

侍「(ウルウル)……!ええい!お主部屋から出て行け!某がいいと言うまで外で待ってろ!」

男「……」

侍「(ウルウル)どうだ!似合うであろう!いや似合う!似合ってるはずだ!答えよ!某にピッタリであろう!」

男「(ギュ)似合っているから。似合っているから無理はしないでくれ」

侍「うぅ……くそぉ……!ちくしょぉー……!(ポコポコ)」


侍「姉上」

灰「え?何?いきなり先ぱ」

侍「姉上!それを言ってはなりませぬ……。某も流行に敏感な故、このような行動をとらせてもらいました」

灰「そう、なんだ……」

侍「姉上にはいつも(男が)お世話になっておりまする。故に礼をしたいと」

灰「侍黒……!いいんだよ!お姉ちゃんはその気持ちだけあれば充分さ!(ギュ)」

侍「姉上ぇ!(ギュゥ)」

黒「……あなた達」

灰「お姉ちゃん!」

侍「大姉上!」

黒「何なのよその呼び方……」

侍「姉上の姉上も某の恩人、礼を言わねばならぬ」

灰「お姉ちゃん!この喜びを三人で分かち合おう!」

黒「くだら」

侍「大姉上!」

黒「……しょうがないわね。ほら、きなさいあなた達」

灰「お姉ちゃーん!」

侍「大姉上ぇ!」

黒「よしよし、ほら侍黒泣かないの。灰も。私まで泣きたくなるじゃない。ぐすん」

白「黒ちゃん……」


男「みかん取って」

侍「何個だ?」

男「んー、2個」

侍「ちゃんねるまわしてよいか?」

男「いいぞ。あ、ついでにゴミ箱も」

侍「ほれ。ほー、最近も酷い事件が多いのう。(ゴツン)すまん」

男「いやいや。(サワサワ)それにしてスベスベだ」

侍「触るな。(ガス)」

男「痛!それにしても温かいなぁこたつは」

侍「やはり冬はこれに限るのう」

男「こたつにみかん!最高だぁ!」

侍「宿題も忘れるほどな」

男「……はは、はははは」

侍「ふふっ。ふふふふふ」

侍・男「あははははははははは」


無「つまりこの山間から深緑軍がくると思われます」

男「なるほど、なら我々はこちらの川の岸に陣を置く」

侍「しかし陛下、こちらの裏をかかれた場合東側の守りが手薄になります」

男「なるほど。ふぅん」

侍「よって山側の、それも東側を重点としたこちらに陣を敷くのが良いかと」

無「ほぅ。いい考えだ。陛下?」

男「うーん。侍黒」

侍「はっ!」

男「感謝する」

 その夜

男「ふぅ。明日か……」

侍「陛下」

男「どうした侍黒?そなたも寝付けないのか?」

侍「いえ、その……陛下が……その……心配で……」

男「すまないな。だが明日は早い。俺の心配はともかく、早く床に就いたほうがいい」

侍「それは陛下にも言えることです!某は陛下がろくに寝ている所を見ていませぬ!」

男「俺が兵を率いらねばならぬ。床に就く暇など」

侍「過ぎた台詞であることは重々承知の上言わせてもらいます……どうか御慈愛を……」

男「……はぁ、わかった。だから泣くことはないだろう?」

侍「へっ……陛下っが……えぐ……!」

男「(ギュ)ありがとう」

侍「……へ、陛下」

男「明日、生き残れたら俺のことを名前で呼んでくれないか?」

侍「(ゴシゴシ)……はっ!しかと承ります!」

侍「と、言うのが某の初夢でな」

黄・橙「……」


黒「おはよう男」

男「おはよう」

黄「おっはよーおっとこー!」

男「元気いいなお前は」

橙「あんたが元気ないだけよ。ほら元気元気。(バンバン)」

男「痛てて」

緑「(コツン)……痛」

男「おはよう緑。ちゃんと前見ろよ」

水「あ、男君!お……おはよう」

男「おはよう水。また新しい苗かい?」

桃「(ムニ)お・は・よ・男君」

男「ぬお!やめれ!」

白「男君おはよう」

男「おはよう。寒くないような格好しろよ?」

茶「おおおおはようございます!」

男「だからスカート!」

赤「おはよう男!マラソンしよ!」

男「遠慮しとくよ」青「男!制服が乱れているわよ!(ピシ)これでよし!」

紫「(コチン)ちっちゃいってゆーな!」

男「まだ何も言ってないだろ?」

黄緑「あらあら、うふふ」

男「これが色無さんの見る世界かぁ……」

男「という初夢でな……」

無「……」


侍「父上、行ってしまわれるのですね」

漆「ちゃんと勉強するんだぞ」

闇「(シュン)……今度行くから」

漆「待ってるよ」

男「お気をつけておじさん」

漆「お義父さんでもいいんだよ?あと君も気をつけて」

男「俺は気をつけることないですよ」

漆「見た所色んな場所に切傷みたいなのがあるけど」

侍「父上!これには色々と訳が!」

漆「わかったわかった。それじゃ迎えがきたから」

闇「頑張ってね」

侍「行ってらっしゃいませ」

漆「頑張るんだぞ。あと男君!」

男「なんですか?」

漆「娘泣かしたら括り殺す」

バタン ブロロロー

侍「……父上ったら」

男「最後の最後に黒い部分見せたな。後味凄い悪いんだが」

闇「さ、また頑張らなくちゃ!漆黒さんが頑張れって言ったんですもん!」

男「何で俺のことまでお義父さんの見送り呼んだの?」

侍「お義父さんはやめぬか?お主を呼んだのは母上がどのような強行に及んでも良いようにだ」

男「……あぁ、そういこと。ところでお義父さんは何の仕事してんの?」

侍「貿易関係だそうだ」

男「……」

侍「今絶対意味合い的に黒い方だと思っておったな?」

男「そんなっ!わけない……だろ?」

侍「なら某と目を合わせんか」


男「よくよく考えるとさ」

侍「ん?」

男「今日冬休み最後じゃね?」

侍「……で?」

男「『で?』じゃないでしょ!」

侍「……で?」

男「まだ買うのかよ……」

侍「次は竹刀買わねばならぬ」

男「ちょっと休ませて……」

侍「だらしない奴よ。お主が買い物へ行くと言い出したのであろう」

男「限度はある。あの店入ろう」

カランカラーン

灰「いらっしゃいませ」

バタン

男「……」

侍「……休まなくていいのか?」

男「元気、出てきた」

侍「そうか。よし!ならあの店に入るぞ!」

男「甘味処か、お前らしいよ」

カラカラカラ

空「いらっしゃいませ。あ、せんぱぁい」

男「……マシだな」

侍「あぁまだまともだ」

空「あの……何がですか?」


男「お前はいい!ここは俺に任せて先に行け!」

侍「何を言うか!お主だけに任せては武士の名が廃る!」

男「早く行け!俺に構うな!」

侍「……いいのだな?」

男「なぁに、後で追いつくさ」

空「話はまとまりました?」

男「うん。千九百円だっけ?はい」

空「二千円御預かりしまーす」

侍「某の食べた分は某が出したのに」

男「こういう時は男持ちだ」

空「そうですよ。普段はらしくないんですからこういう時に男らしさを出さないと」

男「……」

男「あのパーマ女め……!」

侍「パーマではなくウェーブだ」

男「よく知ってたな」

侍「当然であろう。武士としての心得だ」

店員「二千三百円になります」

侍「よし、これで買い物終了だ」

男「ほら」

侍「む?」

男「荷物」

侍「重くないか?」

男「お前より重いものはないと思っているつもりだ」

侍「貴様……某をどこまで愚弄するつもりなのだ!」

男「そういう物質的な意味じゃなくて精神的な意味であってその正宗アッー!」


ドサッ

男「あー疲れた」

侍「ご苦労だった。茶をいれるから待っておれ」

男「肩痛てー」

侍「お主はよう主のために仕えた。ほめてつかわす」

男「ぷは。出涸しがこんなにうまく感じるとは」

侍「ぶぶ、無礼な!確かに出涸しではあるが……!」

男「ねぇねぇ俺からもお願いしていい?」

侍「某が許す限りなら」

男「膝枕」

侍「ひ、膝枕とな?」

男「お願い」

侍「んー。コホンコホン。しょうがない奴め。少しだけだ」

男「ありがとう。本当枕欲しかったんだ」

侍「どういうことだ?」

男「すぅ……」

侍「なるほどな」

男「うん……ん」

侍「お疲れ様。(ナデナデ)」

男「(パチ)ふぁ……っと」

侍「(コクン~コクン)ぷぃ……」

男「お前もな。(ナデナデ)」


ん……温かい。どこだここ?まぁ布団の中なのは確かだが。てかこのフサフサするのなんだ?凄いいい匂い。

あ、足になんか絡み付いてる。軟らかいし温かい。……足?足に足が絡み付いてる!

なんと俺には足が4本付いているのである。早く学会に……。足が俺とくっついてない?後このフサフサしたものは

男「頭……ですね。それも……」

侍「(ゴロン)ふぅ……」

男「まぁここはひとまず」

侍「(ガシ)どこへゆくつもりだ?」

男「(ダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラ)ちょっとコンビニまで……」

侍「まだ7時ではないか。もう一眠りせぬか?」

男「俺達さ、もしかしてその……」

侍「某に言わせるでない!」

男「そう……か」

闇「そうね。昨日は楽しかったわね」

侍「母上!」

男「まさか俺はお義母さんとも……」

闇「ほらほらじゃんじゃん飲んじゃってよ!漆黒さんがくれたのよこのドンペリ!」

侍「母上、無理、本当にこれ以上は……」

男「これが一本10万の味……」

闇「ちまちま飲まないでほらほらぁあっはっはっ!」

侍「もうダメ」

男「俺も」

闇「それで二人とも寝ちゃったから……」

侍「確かにそんな感じだったような……」

男「つまりその……事は終えてないってことか」

闇「本当にごめんね。今日始業式なのに……」

侍・男「あ」


男「どうする?始業式サボタージュするか?」

侍「……そうするか」

男「と言いつつサボれないのが学校の魔力であって」

侍「だって家に担任から電話がくるんだもん」

男「現実は漫画みたいにいかないんです」


侍「たぁのもぉ……」

後「立て青磁!あんたはそんなやわじゃないでしょ!」

青磁「くっ……!」

侍「あの……」

後「(チラ)……。あんたそれでも男!?」

侍「鈴蘭よ」

後「……あなた誰ですか?……あぁ思い出しました冬休み一度も部活こなかったら侍黒先輩ですね」

侍「……すまぬ」

後「あれあれ?何謝ってるんですか?別にいちゃいちゃすることを悪いなんて言ってないですよ?」

侍「そんな無節操なこと」

後「はぁ?クリスマスやら元旦やら一緒に歩いているところ見ましたよ?うらやましいですねぇ」

侍「いやそれほ」

後「ほら青磁立って!勝ちたくないの!」

侍「……あまり厳しくするのは」

後「今更先輩面ですか?」

侍「……」

後「大体先輩はふざけすぎです!いつも彼氏といちゃついてやることやらないし戸締まりしないで帰るし!」

侍「かたじけのぅ」

後「他のロッカーは占拠するし袴は自分で洗わないし8×4全部使い切るし!」

侍「あれは弁償し」

後「男見る目ないし時々スイーツ(笑)だしなんか見てて痛いしテストの順位低いし案外頭よくない」

侍「(ガシ)おい。なんか余計ではござらぬか?えぇ?」

後「あ、いやつい本n……ち、違うんです!」

侍「面をつけよ。県体1位の力を見せてやる」

後「ちょっと待ってくださいよぉせんぱぁい……」


男「(ドンドン)違うんだこれにはわけがあって!意味は全然違うんだ!」

侍『……』

青「どうしたのよ?そこは寮の押し入れよ」

男「侍黒が中に閉じこもって出てこないんだよ!」

青「はぁ、男はちょっとあっち行きなさい。侍黒と二人で話しするわ」

男「……。(スゥ)」

青「……行ったわよ。何があったの?」

侍『えぐ……うっ、うぁき……!』

青「え?」

侍『うわき!』

青「浮気?ぷっ、ははははっ!あの男が?誰と?誰とよ?」

侍『き、黄色……!ぐすっ……!』

青「黄色と?何か現場を見たの?」

侍『っぅ……めっ、メールにきっ、黄色から「愛してる」って……!』

青「……。ねぇ侍黒?今日ね、私にも男からメールが来たの……」



送信

件名:

本文:

一万年と二千年前から

ガチャ

男「青ー。どうだったー?」

侍「……」

男「げ」

侍「こぉのぉぉぉおおぉぉぉぉぉ馬鹿者ぉぉぉぉぉ!!!!!」







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 05:50:56