侍黒メインSS

黄緑「どぉどぉ?似合う?」

焦「あぁ君は最高さ」

橙「やっぱ桃と黄緑さんは大きいなぁ」

侍「……さて、某は帰」

桃「だーめ」

侍「某は虎柄を見ると目眩とか動悸とか、あとじんま疹が出たりするから」

黒「ダメよ。ここではみんな虎柄の水着を着るのが礼儀よ」

侍「黒、お主まで……」

焦「それに男君もいるのだろう?彼に見せれば(ピー)して(ピー)できるじゃないか」

侍「却下!却下する!」

青「それはさておき橙!黄色!」

橙・黄「イー!!」

侍「ちょ!やめ!アッー!」

侍「やめ、押すのやめんか!こら!ひぃん!(ドサ)」

男「……」

侍「みっ!見るな!見るでない!」

男「お前スタイルいいなぁ。ラムちゃん似合ってるぞ」

侍「そうか……?」

男「なんか真似してみてよ」

侍「……ダーリン大好きだっちゃ!」

男「俺もだよラムー!!!」

侍「やはりそういうことか!(スパ)」


侍「おー寒い寒い。やはりストーブは最高だ」

無「流石に寒空の下での体育は堪えるな。ソフトどうだった?」

侍「無論、我らの勝利だ」

男「赤のおかげと見た」

侍「なっ!某だってらんにんぐほむーらんをだしたんだぞ」

男「はいはいほむーらんねほむーらん。ホームランな」

侍「馬鹿にしておるな貴様……!ならお主はどうだった!」

男「スリーポイントシュートおいしいです」

侍「嘘をつくといいことはないぞ」

無「嘘じゃないぞ。男はスリー決めまくってたからな。うーさむさむ」

男「色無は帰れ」

無「酷ッ、なんでさ!俺にもストーブあたらせてよ!」

男「断る!少なくとも2m以上ストーブから離れろ!大体色無さんは」

黄「色無ー!体育のあとはカレーだよー!」

赤「寒いー!肩は冷やしちゃまずいよー!」

桃「色無くーん!温めてー!」

青「な!何言ってんのよあんた!」

白「やっぱり温かいねぇ」

黒「そうね。あなた達、邪魔よ。そこをどきなさい」

侍「……」

男「……」


無「腹減ったぁ。……あ、財布……」

黄緑「忘れたんですか?どうです私の少し食べます?」

青「しょ、しょうがないわね……!」

水「わ……私も……」

男「(ジー)いいよなぁ……」

侍「……」

翌日

男「さて、パンでも買いに……おろ?財布……はぁ」

侍「どうしたのだ?」

男「財布忘れた。三百円でいいから金貸してくんない?」

侍「貴様に金を貸すぐらいなら某の飯を少しわけてやる」

男「……いいの?」

侍「早くこい!」

男「おぉ!なんか今日のお前の昼飯気合い入ってね?」

侍「たまにはいいであろう?」

男「じゃあいただきます」

男「ご馳走さま。ありがとう、うまかったよ」

侍「茶も用意してある。飲むがよい」

男「(ズズー)準備いいな。しかし俺の財布はどこへ……」

侍「さて……どこかの……(チラ)」

男「ん?お前の袴の隙間から見えるそれ……!おまっ……!(ゴソゴソ)」

侍「んひゃぁ!無礼者ぉどぉこに手を入れておる!?」

男「やっぱり俺の財布……!」

侍「これは!これにはわけが……!」

男「……ありがとう」


男「いー。ちっちゃいちっちゃいー」

無「たかが3センチだけだろ。でもなんで今身体測定なんかやるんだろうな」

先「それじゃ女子ー。体操着になってー」

侍「あのー……。刀は……」

先「体重とどっち取る?」

侍「……かた」

先「いいから起きなさい」

侍「……フー」

先「(ピー)キロね。息なんか吐いても無駄よ」

侍「……ククク。……くそぉ。(ウルウル)」

先�「次は胸囲測るから一人づつきてねー」

侍「(ニコニコ)♪」

黄緑「あらあら、鼻歌なんか歌っちゃって。もしかして……」

侍「言わずもがな。そういう黄緑殿こそぉ」

桃「どうしたの二人とも。あ!わかった!私もだよ!」

侍「言われなくともわかる。もっとも某はそこまではいらんがな」

水「……」

侍「水もか……」

茶「どどっどうしましょう!私またおっきくなっちゃいました!」

侍「うれしいのうwwwwwwうれしいのうwwwwwwwwwwww」

橙「私もだー!好きな人に揉まれるとでかくなるってやつー!?(モミュモミュ)」

侍「ひゃぁ!わかったから止めぬか!」

男「(ピクン)!今向こうでモミュモミュって音がした!」

無「んなアホな」


パチパチパチパチ

男「垣根の垣根の柿のたねー♪焚き火だ焚き火だ大火事だー♪」

侍「やはり冬は焚き火に限るのう」

男「お義父さん沢山さつまいも送ってくれたからねぇ」

侍「(シャキン~ドス)これとか焼けたのではないか?」

男「半分こな」

侍「ほれ」

男「ありがと。ふぉあつあつ」

侍「ふぉう、うまいのう」

男「あ!発見……!さつまいものカス……!(ペロ)」

侍「にゃあ!何を!」

男「口にいもついてたからさ」

侍「そういうお主の頬にも付いておるぞ」

男「……ん」

侍「……しょうがないのう。(ペロン)ここっ、今回だけだ」

ウ〜 ウ〜 ウ〜

侍「む?消防車が停まったぞ?」

男「……ちとこれまずくね?」

侍「消せ!消すのだ!」

男「水持って来い水!俺が土かぶせてる間に早く!」

侍「誰だ消防に通報する白痴は!」


無「ふーんそうなんだ。羨ましいわ」

男「あんただって周りに一杯いるでしょう」

無「やっぱさ、昔は色々あったんでしょ?幼稚園の時一緒風呂入ったりさ」

男「そういうことはないけれど。昔あいつが幼稚園で刀を男子に取られた時あってな……」

 幼少期

侍「えぐ……えぐ……」

男「どうしたどうした?お前が泣くなんて」

侍「かた……刀……」

園児A「てゃー!」

園児B「うわぁ」

男「取られたのか?」

侍(コクン)

男「ちょっと待ってろ」

侍「(ウルウル)痛うないか?妾が……妾が……」

男「引掻かれたぐらい痛くねーって。それに泣くのやめろ。刀戻ってきたろ?」

侍「先生にも怒られたしおばさんにも……」

男「やっちゃったんだからしょうがないだろ」

侍「だが……」

男「気にするなよ。困ったらいつでも俺に言えよ。……俺が……守ってやるから……」

無「おぉ!男らしい!実に男らしいぞ!やっぱりお前らその時からこうなる運命だったんだよ!」

男「いやぁ若かったよ僕も。さて、そろそろ侍黒の部活の終わる時間だから迎え行かなくちゃな!」

男「……実際そんなことあったらなぁ」


侍「冬休みが終わって早々なのにのう」

男「中間テストかぁ」

侍「さて、勉学勉学!今回こそ補習無しを目指すぞ!」

侍「……よし!正解してた!」

男「(ピコピコ)ふーん。よかったことぉ。あ!ねぇこいつどうやって倒すの!」

侍「……これをこうしてな」

侍「男ー。ちょっとここの問題なんだが……」

TV「いいかー!ここで諦めたら前の体型に元通りだ!ワンモアセッ!」

男「ふん!ふん!ふん!……え?何?」

侍「いや、いい」

侍「次はここの問題」

男「おい見ろよ!中学のアルバイト出てきたぜ!」

侍「初代ローマ皇帝は……」

男「お?なんだよこれ!自由欄に俺とお前の相合傘書いてあるじゃん!」

侍「ぶっ!見るな!こらぁ返さんか!」

男「これ書いたの鼠色かー」

侍「本当に我らは昔から一緒にいたんだのう……」

男「しかもフォークダンスの写真まで俺とお前だよ……」

侍「お主、この時某のどこを凝視しておった?」

侍「……またやってしまった」

男「諦めろって勉強なんざ」


男「(ピシ)しっかし寒いよなぁ」

緑「男、その紫、ロン。8000点」

侍「ほう、役は紫と黄緑の『仲良し親子』と青と空の『仲良し姉妹』か」

男「(チャラ)はいよ。(ガシャ~ガララ)はぁ、それにしても緑からこんな遊びの誘いがくるとはなぁ」

侍「(ピシ)珍しいこともあるものだ」

無「(ピシ)なんで俺まで……。しかもこんなドンジャラどこで見つけたんだよ」

緑「これは灰に作ってもらった。あとその青、ポン」

男「お?こりゃ空辺り切ったら不味いか?」

侍「(ピシ)ならこれは大丈夫であろう」

緑「ロン。赤と青の『school days』と青と空の『仲良し姉妹』。8000点」

侍「それにしてもこれ、某の牌の役が男との『バカップル』と黒と灰の『実は3姉妹?』しかないのか?」

無「(ガラガラ)まぁまぁ。そのぶん点数高いんだから」

男「(ピシ)お前あと点数5000点だっけ?」

緑「(ピシ)背中が煤けているわね」

侍「(ピシ)某が本気を出せばこんな——」

緑「ロン。男、色無、そして私の『マーベラス』。12000点」

侍「な、なんだと!!!!!」

無「俺達ってこんな役あったんだ……」

緑「私がトップね。さて、敗者は勝者の言うことをなんでも聞く条件だったわね」

侍「覚悟はできておる。腹でも首でも」

緑「じゃあ男と色無。あなた達ちょっと抱き合いなさい」

男「はぁ?一位がケツに命令するんじゃないの?」

緑「私は『一位』が『敗者』にと言ったのよ?誰もビリにとは言ってないわ」

無「……しょうがない。男」

男「侍黒!ちょっと向こう向いてろ!いいから向いてろ!」

キュう

緑「(キラン)……ふっ。ご馳走さま」

侍「……もう帰ってもよいか?」


 彼女が小さくなっちゃった!

男「ほら、よく捕まってないとおっこちるぞ」

侍「お主!もっと静かに歩かんか!」

男「しょうがないだろ。俺だって胸ポケットでお前が足ばたつかせるたび乳首に当たってなんか切ないんだぞ」

侍「この刀が悪いのだ!某はそんな所蹴らん!」

男「刀の文句は言うなよ。せっかく俺が物置から武者頑駄無探して見つけたんだから」

侍「それにしても腹が減ったのうなんか食い物はないか?」

男「アンパンあるけど……」

侍「千切ってよこせ」

男「はいよ」

侍「お、おぉ……!凄く豪華に見えるぞ!」

男「いいなぁ。コーラとか人一倍多く飲めるしうらやましい」

侍「けふ。もぅ入らん……」

男「でも入らなきゃ意味ないか」

侍「寒いのう。体が小さいから堪えるのう」

男「やっぱりリカちゃん人形の服は薄いか」

侍「何故お主はこのような人形を……クシっ!」

男「あと少しで家だから我慢しろよ。帰ったら風呂沸かしてやるから」

侍「お主、まさかこの小さな体に欲情するわけではなかろうな?」

男「ないない。それで帰ったらどっち沸かす?」

侍「どっち?」

男「緑茶か焙じ茶か。もちろんお椀に注ぐからな」

侍「某は親父ではない!(プス)」


侍「(ジュー)今豆を炒っておるからまっておれ」

男「毎年遅いんだよぉ。こっちは鬼の準備できたぞ?」

侍「いいか、豆撒きというのは昔村の娘が鬼に嫁に」

男「わかってる。その娘の親が炒った豆を鬼に渡してちゃんと育ったら娘を嫁にやろうってやつだろ?」

侍「やっとわかったか。毎年言った甲斐があったものだ」

男「でも鬼にとっちゃ可哀相な話だよな」

侍「ほぅ」

男「だって鬼だぜ?その気になりゃ父親殺して無理矢理娘を嫁にすることだってできるはずだろ?」

侍「そうだのう」

男「それなのに育ちもしない豆を懸命に育ててさ、最後は鰯炙った煙で燻し出されてエンド。酷いもんだ」

侍「一途さを裏切られたのだな」

男「一番酷いのは人間なのかもな」

侍「うむ。今年ぐらいは鬼も一緒にいてもいいのかもしれんな」

男「まじで!?侍ちゃん大すkあああすいません!涎小豆だけはやめてください!」


男「『品行方正』『成績優秀』『運動万能』『容姿端麗』『家事万能』……」

侍黒「『性格円満』『料理上手』『母性本能』。黄緑は歩く四文字熟語だのう」

男「ほんと黄緑さんってすごいね」

侍黒「うむ。あと『買物上手』も追加してよかろう」

黄緑「あらあら、うふふふ。お世辞でもうれしいです」

男「お世辞じゃないよ」

侍黒「全く色無なんぞにはもったいな女子だのう」

黄緑「まぁ、そんな…… そ、それじゃ色無さんは?」

侍黒「『無芸大食』『成績劣等』『追試常連』『劣情色魔』……」

男「あと『優柔不断』も追加ね」

黄緑「『優柔不断』……」


 フラグ破壊in体育倉庫

侍「(ダンダンダン)こら体育委員!鍵を開けぬか!」

男「帰ったんじゃね。閉じ込められたな」

侍「(ウルウル)某達は……ここで死ぬのか?」

男「部活始まったら開くだろ。HR終わるまであと一時間半か」

侍「しかし寒いのう」

男「だな。ほら俺のジャージ貸してやるよ」

数分後

男「(ガクガク)糞、今何時だよ。携帯ないからわかんねぇ」

侍「大丈夫か?寒いのか?」

男「大丈夫。どうせあと少しだ」

侍「(ギュ)……」

男「(ナデナデ)ありがとう。温かいよ」

侍「何故お主はこういう時になると頼もしくなるのだ?」

男「さぁ?自分でもなんだか」

侍「その微妙に勝ち誇った顔が腹立つ」

男「俺はお前のいじけた顔好きだな。(チゥ)」

侍「……ん……ふぁ。(トロン)」

男「……その、いいの?」

侍「お主こそ、某で」

男「んなこと聞くな。当然だろ。俺が言いたいのはこんな場所でってことだよ」

侍「男、お主となら……」

男「……侍黒、俺」

空「(ガラ)寒いけど今日も頑張りますよー!」

男「最初はグー!ジャンケンぽん!あっち向いてホイ!あー!ダメだったかー!」

侍「甘い!甘いぞ!」

空「先輩……何やってるんですか?」


 フラグ破壊in喧嘩仲直り直後

男「もう、別れようなんて言わないからさ」

侍「お主は一人で考えすぎなのだ。そこまで某が信頼できなかったか。心外だ」

男「心配させたくなかったの!」

侍「それがお主の良いところでもあり欠点でもある」

男「ごめんなさい」

侍「だが安心しろ。某は待っておる。お主が一人前になるまでな」

男「(ギュ)……」

侍「んな!何を……。……泣いておるのか?」

男「な゛い゛でな゛い゛……」

侍「……ふむ、そうだな。泣いてない泣いてない」

 数分後

男「ふぅ、よし!」

侍「終りか?」

男「あぁ、これで向こう行ってもやって行けるぜぇ!」

侍「お主が行くまでまだ時間はある。それまでに……」

男「あぁ、思いで沢山作んなきゃな」

侍「だからその……」

男「(チュ)……ふう」

侍「(ゴロン)……」

男「いいのか?」

侍「……(コクン)」

男「(パサ)……」

侍「待て!お主!なんだその上着は!」

男「あ、らきすたの……!」


 フラグ破壊in保健室

侍「くしゅ!」

男「大丈夫か?ポカリ飲め」

侍「感冒とは某も体調の管理ができておらん。迂闊だった」

男「部活もいいが休むことも覚えろよ」

侍「某が倒れた時、ここに運んでくれたのがお主だと聞いて嬉しかった」

男「俺達の仲だろ?当然なんだよこれが」

侍「しかし礼は言うべきだ。ありがとう。お主はもう帰れ、某は大丈夫だ」

男「倒れる奴が大丈夫なわけあるか。俺は待つよ」

侍「お主にうつしとうない」

男「風邪ってさ、誰かにうつすと治るっていうだろ?俺にうつせよ」

侍「人の話を聞いておったのか?こら、近いぞ」

男「(チュ)なぁ、二人で風邪ひいて明日一緒にやすまないか?」

侍「……賛成。(チュ)」

男「……んっ……」

侍「……ふぅ」

男「(ギシッ)よっと。大丈夫かな、このベット」

侍「……優しく……」

男「わかって」

白「(ドサ)きゃあ!」

侍「(ビクゥ)!」

男「(カシャ)白!おまっ、隣にいたのか!」

白「いたたたた。このベット狭いよぉ」

侍「白、鼻血がでておるぞ?」

白「え?あ、いつの間に……」

男「もしかして……見てた?」

白「あの……えっと……あ、汗かいたほうが早く風邪は治りますよ!」

侍「白、フォローになっておらん」


侍「たのもー!」

橙「ん?どうしたの?」

侍「14日にある何とやらの日にむけてドリフを作ってると聞き、某にも御教示してもらおうと願いに参り候う」

黄「トリュフね。主任、いいんですか?」

黄緑「いいわよ。あげる相手が違うなら尚更よ」

侍「有難き幸せ」

黄緑「そんな膝を着くことないから。ね?」

黄緑「溶かしたチョコをまな板に一口大に置くの」

侍「ふむ、どれ。中々に難しいものですね」

黄緑「意外と難しいのよこれ」

 30分後

侍「よし!先生!」

黄緑「うん。いい感じね。あとはココアパウダーをまぶせば完成よ」

侍「なるほど」

黄緑「侍ちゃんみたいなのは抹茶の粉まぶすのもいいのかもね」

侍「はっ」

更に10分後

黄緑「(ムグムグ)うんうん。このチョコと抹茶は合うわね。これであとは渡すだけね」

侍「あとは包装なんですが」

黄「そこにカレー粉をドーン!!!」

黄緑「……」

侍「……」

黄緑「早く謝りなさい!あのまま空を見上げて一時間よ!」

黄「ご、ごめん。いつものノリかと思って……」

黄緑「いつもより喋り方丁寧だったでしょ!たまには空気読みなさい!」


男「それじゃあまた明日な」

侍「ちょっと待て。(ゴソゴソ)やる」

男「ペロ……これは……!チョコ!そうか今日バレンタインか!と忘れてたふりをしてみる。ありがとう」

侍「いいから帰ってさっさと食わぬか!某は帰る!」

男「本当にありがとうな。大事に食うよ」

翌日

男「なんだよ先に学校きてたのかい。昨日のチョコなんだが」

侍「喋るな」

男「なんだなんだ?照れてるのか?」

侍「(プィ)見るな」

男「昨日のチョコうま」

侍「(スタスタスタスタ)」

男「かった……よ……」

男「俺ただチョコもらっただけなんだよ。なのになんで……なんで!」

無「おーよしよし泣くな泣くな。わかーるわかるよ君の気持ち」

女子トイレ

侍「……ふっ、まだ手が震えておる。あー!顔もほてったままだ!あーもう某はぁぁぁぁ!!!!」


無「色無でーす」

男「男でーす」

無「最近またまた寒くなってきましたねー」

男「そうですねー。しかしこう寒いと人肌が恋しくなりますね」

無「そうだねー」

男「死ね。しかしなんでかなぁ僕にはフラグが立たないんだよねー」

無「そうだねー」

男「パソコンが重いからかな?」

無「それはデフラグ」

男「あっひゃっひゃっひゃぁ!」

無「それはドラッグ」

男「そんな道理、私の無理でこじ開ける!」

無「それはフラッグ」

男「彼女が侍だから?」

無「それはブラック。って彼女いるやないかーい!」

侍「ふーんすごいね。帰っていいよ」


 寮

男「じゃあそろそろ帰るから」

無「じゃあな」

朱「あれ?なんだ?黄緑ー!風呂のボイラーぶっ壊れてないか!」

黄緑「あら?これはちょっと……」

 銭湯

無「なんでお前までくんの?」

男「そりゃあねぇ。いい湯だな」

無「別にいいけどさ」

男「(チラ)……プ」

無「そこを見るな!」

紫(色無ー!そっちどぉー?)

無「いいぞー」

侍(覗くなよー)

男「なら堂々とみるよー」

桃(ちょっとやだぁー)

青(や、やめなさい!)

侍(貴様!出たら覚えておれ!)

男「ククク」

侍(ちょ、やめ……緑……!)

男「!」

侍(いやぁ……触るなぁ……いや!そこは駄目!本当に……あっ!)

男「え?ちょっとまて!」

男(止めるな!なんだ?そんな道理、私の無理でこじ開ける!(ガタァン)いてぇ!)

黒「叫んでるわね。……貴女恥ずかしくない?」

侍「かたじけない……」


男「……ふぅ」

 コンコン

侍「(ガチャ)入るぞ」

男「ん?今日は何しにきたんだ?」

侍「暇」

男「そう、暇ね」

侍「構え」

男「(スゥ)……」

侍「ふにゃ!何を……!」

男「肩を抱いてる」

侍「……お主、今日は何か雰囲気が違うぞ」

男「あ?そうか?」

侍「なんかこう、いつもより落ち着いているというか……」

男「(ナデナデ)」

侍「頼れる感じ……」

男「(ナデナデ)……」

 翌日

男「頼れる男の俺が通りますよ」

侍「帰れ。死ね」

男「酷くね?」

侍「昨日のお主はどこへ消えたのだ……!」


侍「男ー!男よ!」

男「なぁになぁに」

侍「これを見よ!」

男「柱についている傷……?」

侍「何か思い出さんか?」

男「……あいつ、天国でも元気にやってるかなぁ」

侍「誰の話だ。これは我らが幼少の頃身長を比べるためにつけたものであろう」

男「こっちが俺か。断言できる。俺は可愛かった絶対!」

侍「某より小さかったからな」

男「それは禁則事項だ」

侍「そんなお主が某を追抜かすなんて思ってもみなかった」

男「そういえば幼稚園のころ背が低いからってお前にビスケット食われたこと……覚えているぞ?」

侍「さて……そんなことが?」

男「背が低いからって無理矢理木に登らせてクワガタを捕まえに行かされたことも……!」

侍「さて、そろそろ素振りの時間かの」

男「背が低いからって女ものの着物を着せて『今日から妾の妹じゃー!』とかもあったなぁ!」

侍「今日は天気が良いのう」

男「(ガシ)逃げるなぁ。まだ、まだまだあるんだぜぇ?」

侍「ちょ、放さんか!目が!目が血走って!」

男「極め付けはあれだ、小さいからって俺を一日馬にして馬語しか喋らせなかったことだ!」

侍「すまぬ!謝る!謝るから!」


侍「お、おはようございまする」

男「おは……髪切ったのか?」

侍「ん?まぁ……そんなところだ」

男「オカッ……ゴホン、ショートカットか」

侍「む」

男「ふ、ふぅーん。似合うと思うよ」

侍「そうか……そうか!ならよかった!正直なところ某としては少し不安だったのだ!」

男「はは、ははは」

侍「お主ならハッキリとした意見を述べるかな。あえて何も言わなかったのだ」

男「……」

侍「(ガラッ)おはよう」

全員「……」

男「ゴホン!お、おはよう!みんな!」

無「(なるほどそういうことか!)おはよう。侍黒、髪切ったんだな」

赤「(あ!そういう……)う、うわぁ、スッキリしたね」

桃「(そっか……)前の髪長かったからねぇ」

黄緑「(男君も大変ねぇ)うんうん。いいんじゃないかしら?」

黄「うっわー!オカッパじゃーん!日本人形みたーい!てか誰?男?誰切ったの?センスなさすぎー!」

侍「……」

男「謝れ!侍黒に謝れ!」

黄緑「もぅ!なんで黄色ちゃんはいつも空気読めないの!侍ちゃん声出さないで泣いてるじゃない!」

黄「ご、ごめん。いつもノリかと……」


侍「ニャー」

男「……なんなのその猫耳?」

侍「2月22日は猫の日でな」

男「そうなん?」

侍「にゃぁ。(ゴロゴロ)」

男「(ナデナデ)おーよしよし」

侍「ふにゃぁ」

男「顎の下か?ほらほら」

侍「にゅーん」

男「ほらお腹撫でてやるから。仰向けに」

侍「某は貴様なんぞに服従せん」

男「え!いや、そこで普通に戻られても……」

侍「……てぃ!(ポク)」

男「あ!猫パンチ!」


侍「ちょっと抹茶クッキーを作ったのだが、少し味が濃いみたいなのだ」

男「(パリ)うぉ!ちょっと苦いな」

無「(パキ)……うん」

緑「(クシ)……私は好きな味」

黄緑「(パク)うーん、ちょっと苦いわねぇ」

白「(パク)うん……ちょっと……」

黒「白、無理なら私によこしなさい。(パク)ん、ちょっとこれ苦すぎよ。抹茶の入れ過ぎね」

侍「やはりそうか、すまぬなみんな。これは」

黄「うえぇえ!!!ゲロまずぅぅぅ!!!!!」

全員「……」

侍「……」

黒「トイレから出てきなさい!切腹はまだ早いわよ!」

侍『『ほろ苦き 我身削りし 午後の菓子 皆に嫌われ 我命絶つ』』

黄緑「もうどうして空気読めないの黄色ちゃん!侍ちゃん辞世読んでるわよ!」

黄「ご、ごめん。みんなまずそうだったからハッキリ言っていいかなぁ、って……」


 カランからーん

店員「おめでとうございまーす!一等出ましたー!」

男「何ですと?」

無「うん、うまいね。やっぱりすき焼いいな。ありがとう侍黒」

緑「ありがとう侍黒」

赤「こんな旅行に連れてきてもらえるなんて。ありがとう侍ちゃん」

青「たまにはいいわねこういうのも。ありがと侍黒」

侍「礼には及ばん」

男「あの……福引きで旅行当たの俺だからね」

女将「(ガラッ)温泉の準備ができましたんで。お食事がすんだらどうぞ」

男「いい湯だぁ」

無「こんないい温泉に浸かれるなんて。ありがとう」

赤『(バシャバシャバシャ)貸し切り貸し切りぃー!』

青『や、やめなさい!ぷぁ!』

緑『ここの温泉の効能は目にも聞くのか……』

侍『某も最近腰が辛くてな』

男「……よし!」

無(『よし!』っておい!また『覗こう!』とか言い出すんじゃ……)

男「上がるか。牛乳飲もうぜ!」

無「う、うん(あ、アルェー?)」

男「どうした?上がらないの?」

無「あのさ、お前、温泉で何かすることないの?ほら!犯罪に二、三歩近いあれとか!」

男「……色無さん。……覗きとか最低だわあんた」

無「ち、違う!お前が言わないから……!」

赤「いい運動だったー!」

青「あんたのせいで更に疲れたじゃない。もぅ……」

男「そりゃあよかった。誘ったかいがあったよ。あと、良かったね。後少しで色無さんが」

無「違う!誤解だ!俺はこいつがするんじゃないかと危惧して……」

女将「(ガラッ)大変申し訳ございませんお客様。こちらの手違いで布団が3組しか用意できなくて……」

男「あぁ大丈夫ですよ。一つの布団に二人ずつ寝ればいいんですから。ねぇ色無さん」

無「ん、まぁ……」

無(っておい!侍黒と男はまず同じ布団だろ?すると俺は赤青緑の誰かと同じ布団に——)

赤「やっぱり二人だと温かいねぇ」

青「あ、あまり動かないでよぉ」

緑「ハァハァハァハァハァハァ」

侍「緑、さっきからお主息が荒いぞ」

男「zZZZz……」

無「……(何かが違う!決定的な何かが違うぞぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!)」

翌朝

男「うーん!充実した温泉旅行だったー!どうした色無さん?疲れてるように見えるよ?」

無「……お前、とうとう他人まで巻込むようになったな」

男「は?何?」


先生「よーしじゃあ侍黒。この問題解いてくれるか?簡単だろ?」

侍「(ビクッ)え?この問題……。えっと862だから2で割って432……それでxが5だから……」

男(指折りで数えてもわかんねーよ!)

青(こんなのもわからないの?まぁ侍黒は文系だからしょうがないか……)

緑(a=7……)

赤(あ!指じゃ足りないから鉛筆と消しゴムまで使い始めた!)

橙(よし!あと5分粘れ!あと5分で授業終りだ!)

侍「あ!a=13!」

先生「ちょっとおしいな、多分xの因数分解——」

黄「プッ!13だって13!こんなの楽勝だしー!29だからこんなのぉ!目ぇつぶってても解けるって普通!!」

全員「……」

侍「……」

侍「(ギシッ バキ)……」

先生「やめるんだ侍黒!使っていない古井戸の蓋をあけるな!」

黄緑「だぁかぁらぁ!なんで空気読めないの黄色ちゃん!井戸の中で侍ちゃん死んだらきっとテレビからでてくるわよ!」

黄「ごめんごめん。でも私も間違っていたからいいよね?」


侍「〜♪」

男「結構その髪型気に入ってるんじゃないか?」

侍「黄色にはあんなことを言われたがよくよく見てみればこれはこれで良いなと」

男「ふーん。まぁ俺も嫌いじゃないよ」

侍「お主は髪型で人を選ぶのか?」

男「そうじゃなくてな、俺はお前が、侍黒が……その……」

黒「朝から告白なんていい身分ね」

侍「お、お早うございます」

男「く、黒!いたのかよ」

白「おはよう。二人はいいなぁ」

侍「お早う。こんな男のどこがよいのだ?」

黄緑「あらあらうふふ。その髪も中々板に付いてきたんじゃない?」

侍「ありがとう。某も気に入っている」

青「あなた達を見てると暑苦しいのよ。朝からやめてよね」

侍「なら外にでるがよい」

黄「お、おはよ」

侍「お早う黄色。どうした?前のことなら気にするな。水に流そうではないか!我らの仲であろう?」

黄「いいのぉ?よかったぁ!その髪見ちゃうとやっぱ笑っちゃうんだよねぇ!堪えるの大変だったよぉ!プクククク!」

全員「……」

侍「……」

侍「(ガシャガシャ)……」

青「フェンスから降りなさい!飛んだら後味悪いわよ!」

黄緑「なんで空気読めないの!黄色ちゃん!あそこから飛んだ教頭先生の車に真っ逆様よ!」

黄「ご、ごめん。水に流そうって言ったからいいのかなって」

黄緑「流したものを戻しちゃ駄目でしょ!」


侍「う〜……」

男「どうした?首に湿布なんか貼って」

侍「昨日部活でな。後輩とかかり稽古してたら竹刀が首にもろにはいってしまった。(ペロ)ほれ」

男「うわぁ鞭打ち。首絞められたみたいだな」

桃「うひゃぁこれは痛そうだなぁ」

赤「侍ちゃん!自殺だけは駄目だよ!」

黒「後輩も大変ね。フフッ♪」

青「死んでも化けて出てこないでよね」

侍「大事ない。某が化けても生ける魔除けがいるであろう」

黄緑「あら?あらあらあら?それは誰のことかしら?(ガシ)」

侍「痛い痛い痛い痛い痛い痛いぃぃぃぃぃ!!!」

男「なななななんんんんでででででおおおおおおおおおれれれれれももももももも!!!!!!」

全員「はははっ!!!」

黄「でも本当に大丈夫なの?鞭打ちは後からくるから気をつけたほうがいいよ?本当、かわいそう……。(スリスリ)」

全員「……」

侍「……」

黄「う、うぅ……。わ、わたっ、私だって……し、しん、ヒック、心配っ……いでぇ……」

黄緑「侍ちゃん!黄色ちゃんに謝りなさい!」

侍「す、すまぬ。某としたことが言過ぎた……!」


男「ひぃ!お助けぇ!」

侍「(シャキン)あれほど某の苺牛乳を飲むなといったであろう!」

男「いーやぁぁぁぁぁ!!!!」

侍「ふぅ。(カチン)」

赤「ねぇ侍ちゃん侍ちゃん!いつも刀持ってるけど重くないの?」

侍「持ってみるか?(シュル)」

赤「どれどれ。うわぁ!結構重いねこれ!」

橙「貸して貸して!お……おぉ!こんなのいつももってるんだ!」

赤「しかも片手で振り回して……」

男「(ボソ)怪力女」

侍「(シャキン)ん?何かな?」

橙「怪力女って言えば……」

黄緑『ふふふんふん〜♪』

橙「あの角を曲ると刀を置いた場所よ」

侍「黄緑はどのような反応をするかの」

黄緑『ふんふんふふ〜♪あら?刀……侍ちゃんのかしら?』

赤「持ち上げる時どうするかなぁ」

黄緑『よいしょ……。うーん重いわねぇ。(フラフラ)』

侍「重そうにしておるな」

赤「意外……」

橙「思ったより怪力じゃ」

黄緑「誰が怪力なのかしら?」

侍赤橙「!」

黄緑「ふふふ、侍ちゃぁん刀おちてたわよぉ?駄目じゃない?あんなところに置いてちゃ」

侍「(ブルブル)す、すまぬ……!」

黄緑「侍ちゃんは力持ちねぇ。いつもこんなのを持ってるのぉ?」

侍「きょ、恐縮でございます!」


侍「卒業おめでとうございます部長」

部「もう部長は侍ちゃんじゃないか。私はもう元部長」

後「先輩おめでとうございます!」

部「ありがとー。早く彼氏つK」

後「……」

部「男なんていてもいなくても一緒だよ!うん!」

顧「そう、なんだ……」

部「ダ、ダーリンは違うよ!」

侍「それより部長、これを。ありきたりなものなのですが……」

後「寄書きです」

部「……ぁりがとぅー!(ギュ)」

侍「部長!そんなやめてくだされ!そんなこと……したらヒグ……そ、某も……!」

後「せっ、せぇんぱぁい……ぶちょぉ……グス……!」

部「後輩ちゃんも……!(ギュ)」

後「ぶちょぉぉ……!」

侍「某……某……頑張りまする……!部長の成し遂げられなかった意志を……!」

部「うん!がんば……ヒック……がんばるんだよ!」

後「わ、わっ、わだしも……!」

部「侍ちゃんのことちゃんと支えてね……!(ズビー)ふぇぁ……!」

侍「部長、某の袴で鼻をかむのは……」

部「ねぇ、ダーリン。これみて」

顧「寄書きかい?それがどうしたの?」

部「あそこで言えなかったんだけどね。侍ちゃんの見て」

顧「……なんて書いてあるのかなこれは?」

部「達筆過ぎて私にも読めないんだよね……」


男「ったくなんで今日土曜なのに卒業式なんぞに出なけりゃならんのだ」

侍「来年は我らが送り出してもらうのだ。文句は言えん」

男「お前は部活やってるからいいだろうけど俺は後輩とかいないから」

侍「某知るか」

男「俺達もあと少しで3年か……。色々めんどいだろうなぁ」

侍「進路か……」

男「大人になってくんだな……」

侍「……はぁ?」

男「なんだよ」

侍「臭い。何が『大人になってくんだな……』なのだ?」

男「わ、悪いんですか!僕が臭い台詞言ったら!」

侍「くくくっ、別に。それにまぁ、事実でもあるからのう」

男「俺さ……大学行こうと思うんだ」

侍「某はお主がどこの大学行こうが構わ」

男「M県の大学なんだが……」

侍「え?M県って……そんな!ここから通える距離ではないではないか!」

男「だから向こうに住むことになるな」

侍「この辺りの大学では駄目なのか……?」

男「だから向こうに行くわけで」

侍「……そうか。それならしょうがない!お主を応援せねばな!」

男「……。……嘘だよ」

侍「……何だと?」

男「嘘ですよ!お前がどんな反応するか試してみたんだよ。やっぱりいい反応してくれるなお前はぁ」

侍「(プルプル)……己ぇ!人の!人の心を弄びおってぇ!(シャキン)」

男「だぁ!だって弄びは文化ってタカラがあっ!」

男「……あんな顔されたら本当なんて言えねえっつの」


男「灯を点けましょ爆弾にー」

侍「……続きを言ってみせい」

男「すいません。ここまでしかわかりません」

侍「なら早く雛段に五人囃子を飾る作業に戻れ。某は甘酒を作っておるから」

男「はいはい。ったくどいつもこいつも同じ顔しやがっ」

スポ

男「うっひょう!」

侍「どうしたのだー?」

男「なんでもない!なんでもないから!(大丈夫!はめれるはず!……よし!戻った!)」

侍「どうした?もしや、首が思うより外れやすくて驚いたとは言わぬよな?」

男「ううんないない!男も女も顔同じだからビビっただけ!」

侍「ふーん」

男「あとは上に御内裏様と御雛様を置いて」

侍「待て。それは二人で……」

男「……じゃあ俺が御内裏様置くぞ。(コト)」

侍「(コト)うむ」

男「なんでこんな恥ずかしいことさせんの?」

侍「うるさいのだいちいち!……悪いか」

男「悪かないが」

ガタン

男「(ビク)雛段が動いた!」

侍「後ろに誰がおる!」

闇「(ヒョコ)みぃ〜ちゃった〜。ロマンチックねぇ〜」

侍「母上ぇ!って酒臭っ!もしや飲んだな!」

闇「台所にあったからつい。へへっ」

男「……帰ろ」


男「そんで色無さんが……」

侍「どうした? 続きを話さぬか」

男「……お前さ、この景色懐かしいな。もう半年以上経つんだぜ」

侍「……。あ!……なんで今更あの時のことを……!」

男「お前に告白した時も夜だったよな。こんな寒くはなかったが」

侍「何故そんな恥ずかしい話を惜しげもなくいけしゃあしゃあと話せるのだ」

男「だけど思ったけど俺達ってさ、もうちょい早く付き合えそうだったきがするんだ」

侍「別にいいではないか。結果として……まぁ」

男「遠回りはしたと思ってたんだが……」

侍「某は今がいい頃合だと思っておったが」

男「少し冷えてきたな。なんか飲むか?」

侍「ココア」

男「(チャリン~ガタン)ほらよ。(ズズー)ぁっちい!」

侍「(ズズー)ふぅ。想いは人それぞれよのう」

男「……さて、と。あー、いいか?」

侍「なんだ?」

男「なんだ、その……。これからもよろしくな」

侍「……何を言っておる!いつまでこんな所にいるつもりだ帰るぞ!む」

男「あ、はい?」

侍「手を繋げと言っておる!」

男「好きだぁぁぁぁ!!!!!」

侍「どうりゃ!(スパ)」


 隣街

男「そろそろ春物の服買わないとなぁ。ん? あれ……」

侍『(ワイワイガヤガヤ)』

無『(ワイワイガヤガヤ)』

男「……」

翌日

侍「(ガチャ)おーい学校行くぞー」

男「(ビクッ)……」

侍「何をしておる。さっさと学校へ参ろうぞ。と、いうかなんだこのバックは修学旅行はもう終わったぞ」

男「……昨日、隣街で色——」

侍「そうだ! 隣街! 隣街で思い出した!」

男「だから昨日隣街で色無——」

侍「これを受け取るがよい」

男「なんすかこれ?」

侍「昨日色無と買い物に行ってな。一月前のお主の誕生日に何もやらんかったから何かしらやろうと」

男「なんだ……そうだったんですか」

侍「誕生日おめでとう。ところでこの衣類の詰まったバックなんなのだ?」

男「あああ! これはいつ地震が着ても逃げられるように準備しただけだ!(パサ)」

侍「む。お主、手紙が落ちたぞ?『侍黒へ』か。なるほど、だからお主さっき隣街がどうこう言ったのだな?」

男「返せ! 返すんだ! それを見るな!」

侍「最初から知っておったな? 感謝の言葉なら口で言えば良かろうに。まぁこれもお主のいい所だ」

男「読むなああああああぁぁぁぁ!!!!!!」

侍「恥ずかしがるでない。お主と某の仲であろう。どれ『拝啓侍黒様へ。貴女がこの手紙を読む頃には私はいな——』」

男「初めて恋をぉぉぉぉぉ失ぁった死んでも良かぁったぁぁぁぁ!!!!!!」

無「男二人でカラオケなんて……。しかもなんでお前そんな気合い入ってるの?」


侍「いただきます」

男「いただきます。すいません俺まで朝飯ご馳走になっちゃって」

闇「いいのよ。二人だけだと寂しかったからねぃ」

侍「男よ、醤油をとってくれんか?」

男「はいよ。お前目玉焼きには醤油派なんだ」

侍「お主はなんだ? ソースか?」

男「俺は塩胡椒だな」

侍「なんと……! そのようなものをかける者もいるとはな」

男「まぁ人それぞれだろそういうのは」

 べちゃ  ぬりゅぬりゅ

闇「そうよ。人には人の食べ方があるんだから」

男「お、お義母様……? その目玉焼きにかけて……いや、塗っているものは……!」

闇「味噌よ?」

侍「……」

男「……」

闇「……」

侍・男・闇(ま、いいか)


男「侍黒ー」

侍「何用だ?」

男「ふふふ、侍黒ー」

侍「だから某に何の用があるのだ?」

男「ふふ、呼んでみただけ」

侍「ふざけておるのか貴様——」

男「侍黒ー」

侍「(シャキン)春先だから惚けたなどという言い訳は」

男「はいこれ。(カサ)バレンタインデーのお返し」

侍「今日は確か白日であったな」

男「は、白日って……。まぁそんなとこなんだが」

侍「これはくっきーか?」

男「何か買うのもいいと思ったんだけど、やっぱり俺としたら手作りの、気持ちのこもったものを作りたくてさ……」

侍「緑……抹茶か」

男「うん。形あまり良くないし味もどうかなぁ……。やっぱ男の手作りってのは嫌いかなのかな女ってのは」

侍「形はまぁまぁだな。しかし味は……(パク)。うむ、某好み。合格だ」

男「はぁ……良かった。侍黒のこと想って作ったから」

侍「お主……グス。某もお主で……!」

男「ちょっと……! 泣くなって! おい……!」

 二日前

男「なんかホワイトデーに金かけるのって阿呆らしくね?」

無「手作りで充分だよな? 安いし」

男「じゃあ俺牛乳とバター買ってくる」

無「んじゃ俺は薄力粉を」


侍「あと少しで我らも3年だな」

男「まぁ順当に進めばな」

侍「それでなのだがお主は進路はどうするのだ?」

男「お前は?」

侍「某は近くの大学に行こうと思うんだが」

男「ふぅん」

侍「お主は?」

男「前に冗談ほのめかして言ったけど……」

侍「M県の大学か?お主の事だ、そんなことだろうと思っておった」

男「すまん。嘘をつくつもりはなかった」

侍「卒業の時あんな顔した某にも責任はあった。すまぬ」

男「……」

侍「……」

男「やめるかこの話」

侍「ぐすっ……」

男「おいおいやめるかって言った途端になくやつあるか?」

侍「すまぬ。くすん」

男「じゃ、じゃあ来年度は今より楽しくなるようにしような?な?」

侍「っん……うん」

男「よし、ならもう泣くのやめ!やめだ!」

侍「……うん」

男「少しずつ気持ち落ち着かせていこう」

侍「約束するのだ」

男「何を?」

侍「浮気するな」

男「当然。お前もな」

侍「うむ。あと一つ、絶対帰ってくるのだ」

男「わーってるよ。約束だ」


男「ぶっちゃけさ、春休みいらなくね?」

侍「じゃあ学校へ行きたいのか?」

男「行きたくね」

侍「だろ」

男「だけど春なんてやることないじゃん」

侍「夏休みも冬休みもそんなことを言っておったな。いいだろう。最後まで言わせてやる」

男「外は花粉だらけだし出たくないじゃん?」

侍「それで某の部屋には何もない」

男「わかってるじゃないか。そしたらやることなんて決まってるだろ?」

侍「……」

男「(ポン)やらないか」

侍「うん」

男「そうかそうかならいつものようにスパとかシャキンとか……。ん?」

侍「しないのか?」

男「いやだってほらあれだろ?あれがこうでそうなるから……え?」

侍「そろそろ頃合かと思ってな。お主になら……いいかと」

男「侍黒……」

侍「思うわけないであろう馬ー鹿!(スパ)」

男「御見事っ!」


 グラグラグラグラ

侍「ひゃあ!」

男「うおっと! 地震か!」

侍「ひぃぃぃぃ!!!!」

男「早く! ベットの下に!」

侍「あぅう!」

男「大丈夫、おさまってきたようだ」

侍「あ、はぁ。よかった……」

男「お前地震恐いのかよ。意外だねぇ」

侍「こ、恐くなんぞない! ただ驚いただけの話!」

男「じゃあなんで真っ先に僕に抱き着いたのかな?」

侍「それは、揺れて体勢が崩れてそれで……」

男「あそう。でも抱き着かれてる方は結構痛かったな。骨折れるかと。案外まじで」

侍「す、すまぬ!」

男「腰がまじでキテます。地震、恐かったんだろ?」

侍「……だっていきなりグラグラって、そうなったら誰だって恐れるであろう」

男「(上目使いだと!)……なんか僕も我慢できなそうです」

侍「な、何がだ! ひゃふん!」

男「(少し袴の隙間から谷間が!)侍黒!!!! (ゴン)あすっ!」

侍「だからお主はベットの下で何一人で盛り上がっておる」

男「忘れてた……! ここベットの下だったよ……!」

侍「よっこいしょ、地震がおさまったから某は帰る。じゃ」

男「……。ぐっ、血が後頭部から……」


男「(モグモグ)げっぷ。こんぐらいにして明日食べよ」

侍「恃もう」

男「うちの看板はないよ。ないよ」

侍「む、ときにお主の手に握られてる袋はなんなのだ?」

男「あー、これはマシュマロな。食うか——」

侍「食う」

男「ほい。あまり食うと気持ち悪くなるからな」

侍「御意。んむ、これは……。柔らかくて甘いのう」

男「焼いて食ってもうまいらしいぞ。やったことはないが」

侍「焼くのか! これを! なんと面妖な!」

男「(ピコーン)あ、あとな、コーラ飲みながら食うとうまいらしいぞ」

侍「こぉら? あの炭酸水か?」

男「あるからもってくるか?」

侍「頼む」

男「ほれ。まずはマシュマロを2、3個口に入れてから、その後飲んでみろ」

侍「(ポイ)むぐ。(グビ)……。ブッ!」

男「……くくっ!」

男「メントスは! メントスは! あががが!!!!」

侍「乙女の口から物を吐かせるとはいい度胸だ。さて、コーラを」


闇「へぇ〜男君そんな遠くの大学行くんだ。浮気しほうだいだね」

男「ちょっお義母さんやめましょ! それ!」

侍「(スゥー)……引けば斬れるぞ?」

男「だからしないって言ってんだろ! 俺を信じろよ!」

闇「そういう人に限って……」

侍「お主ぃ……!」

男「だぁーもう!」

闇「冗談はさておき、男君大学行ったら寂しくなるわね。ね?」

侍「は? 何故、何故某に振る?」

闇「だってお母さんは別に寂しくないもの。侍ちゃんだけでしょ寂しがるの?」

男「ひ、酷い……!」

侍「某が寂しい? 馬鹿を言うでない! 何を寂しがる必要があろう! 否! そんな必要ない!」

男「みんなそう思ってたんだ、そうなんだ……」

侍「うつけ! 某が魅力的だからって某にうつつばかり吐かす暇があったら学業に専念せよ!」

男「魅力的って自分で言うなよな。もういいや。僕が死んでも誰も泣かないことが立証されたし帰ろ」

侍「来年からは某がバシバシ扱いてやるからな!」

闇「シゴくだなんて駄目よ! 来年は男君にとって大事な年なのよ!」

侍「ち、違うわッ! 母上と話していると疲れる! 部屋にもどるぞ!」

侍「ぐすッ……馬鹿者めぇ……」

闇『(コンコン)侍ちゃん、お茶持ってきたからここ置いとくわね。……あなたが彼を応援しなくちゃ。ね?』

侍「……はい」


侍「〜♪」

男「楽しいか?」

侍「楽しくないのか?」

男「楽ぁしいに決まってんだろお!」

侍「春休みなのに一度も二人でデ、デート……する機会が……」

男「無かったもんな。次は何買うんだ?」

侍「袴買ったし筆買ったし某の用事は果たした。次は某がお主に付き合おう」

男「そっか。じゃああっちに行こうか」

侍「ホテル街を指して何を言っておる?」

男「う、嘘っすよははは」

侍「あまりふざけるならずっと某の荷物もちをさせるぞ? それでどこへ行くのだ?」

男「今目の前のこの店」

侍「あくせさりーしょっぷ……」

男「一応日雇いのバイトで金は貯めたからな。世の中銭よ銭」

侍「お主も悪よのう。兎も角何しにきたのだ?」

男「前買ったネックレス壊れちゃったから新しいの買おうかとね」

侍「ほう」

男「と、言うわけでこれ」

侍「ネックレスではなく指輪ではないか」

男「ペアリングな。これにチェーン通してさ。あと片方は……お前が貰ってくれ」

侍「え……! ふっ、ふふっ! タダなら貰っておいてそんはないな! いいだろう! 貰ってやる!」

男「ありがとう。試しにはめてみて」

侍「……ほ、ほぅ」

男「綺麗だよ。確か名前入れてもらえるサービスが」

灰「はいよー。なんて入れんの?」

 ウイーン ガシャ

灰「……なんで私がいると帰るかなぁあの人ら」


4月1日

男「おうおはよ」

侍「おはよう。始業式とはいえ遅いぞ。某を何分待たせたと思っておる」

男「えっと……5分と24秒かな」

侍「答えずともよい」

男「聞いといてそれかよ!」

侍「しかし今日から2年か。しっかりせねばな」

男「後輩やっとくるぜー!」

侍「何人が入部してくることか……」

男「桜も咲いてきてまんま春って感じだよなぁ。ふぁー音夢い」

侍「春眠暁を覚えずとは言ったものだ」

男「小学校からお前とここ歩いてきたけどさ。まさか高校まで一緒だとは思わなかったぜぇ」

侍「某もだ」

男「俺達、やっぱ相性いいのかもな?な?」

侍「へ?んな、何を言うか!某が貴様なんぞと相性がいいなど……!」

男「なぁ、侍黒」

侍「は、はい!」

男「俺達、付き合うか?」

侍「ふっ、ふんっ!お主がそう言うならしか」

男「ばーか。今日4月1日だよ。まーた騙されたー」

侍「あ。……ぬぬぬぬぬ、きっさっまぁーー!!!!!!!(シャキン)」

男「おっとあぶね。朝からポントーブン回すなよー」

侍「逃げるなぁ!!!!」


男「(ガラッ)おっはよーう!」

侍「おはよう」

「おはよ。今日柳緑先生休みだってよ」

男「マジ?」

「嘘。てかお前ら今日も一緒か。仲いいな。付き合っちまえば?」

男「それでなんだけど今朝侍黒に」

侍「黙らんか?え?(シャキ)」

「なるほどだからほっぺたに傷があるのか。把握した」

侍「するな」

青「はぁ、おはよ」

黒「……はぁ」

侍「どうした二人とも体調がすぐれぬのか?あ、あの日か?」

黒「あなたと一緒にしないで」

青「私達の妹がこの学校に入学するのよ」

侍「喜ばしいことではないか」

黒「貴女にはわからないわこの苦労」

青「疲れた……」

男「……面白くなってきたな!」

侍「いや全然。さて、某は職員室へ」

部長「侍ちゃーん!一人確保したよー!」

後輩「よ、よろしくお願いします」

侍「こちらこそ。部長、ちょうど部費を顧問に渡しに行こうとしてた所なんでこれを」

部長「ね?ぶすーっとしてるでしょ?でも幼馴染の男の子の話するとね、すんごい笑うツンデレなんだよ!」

侍「部長ぉ!」

男「呼びました?」

侍「帰れ!(スパ)」

男「あすっ!」


ピーンポンパーンポーン

テロ『学校は我々が選挙した。今から武装した私達の仲間が巡回に入る。君達には大人しくしててもらおう。』

侍「な、なんだと!」

テロ「(ガラッ)よし、お前ら!机に突伏せ!そのまま動くなよ!」

侍「貴様ら一体なんなのだ!」

テロ「そこの女!机に突伏せと(スパッ)うわっ!」

侍「一体どういうことか教えてもらおう」

テロ「ふふふ、貴様らガキにはわかるまい。この学校が我々の計画の拠点となる理由が……(パタン)」

侍「仕方ない、なら直接親玉を叩いたほうが良さそうだ」

男「侍黒!校内のテロリストがお前を探し回ってるぞ!」

侍「ここにも長くはいられん。早く親玉を見つけねば……!」

男「ここは俺達が何とかする!お前は早く行くんだ!」

侍「頼んだ!」

男「おい起きろー。テスト始まるぞー」

侍「むにゅ……ふぁ……。夢か」

男「なんか笑いながら寝てたがどうかしたのか?」

侍「むー……いや何も」

男「あそう」


侍「ふぅ、今日はこれで終わりか」

男「今日は部活あるの?」

侍「一応顔は出して状況を見てから判断する」

男「なら俺もついていっていいか?」

侍「構わぬ」

侍「お主はここで待っておれ」

男「うっす」

侍「(ガラッ)恃もー」

部長「お、来た来た。こっちこっち」

後輩「こ、こんにちは!」

侍「うむ。部長、今日の部活はあるのでしょうか?」

部活「うーん。今日あんまり人いないから休み」

侍「そうですかわかりました。では」

部長「そんなすぐ帰らないでよー。遊ぼーよー」

男「(ガラッ)侍黒いますかー。今日部活あるなら俺帰るぞー」

侍「そこで待ってろといったであろう!……」

部長「へぇ〜。そうなんだぁ〜。だから侍ちゃん早く帰ろうとしたんだぁ〜?」

後輩「か、かか彼氏ですか?」

侍「か、彼氏などではない。お、幼馴染で……。家が近いから一緒に帰ろうかと……」

部長「近いから、ねぇ。しっかし男君って性格ちょっとキテるけどかっこいいよねぇ」

後輩「少し子供らしさありますけど玉置宏似ですよね?」

侍「最近の芸能の話はわからんがそうなのか?」

部長「侍ちゃんと男君と侍ちゃんってお似合いだと思うんだけどなぁ」

侍「そんな……ふふふ」

部長「ね?笑ったでしょ?」

後輩「本当です!てっきり先輩って笑わないのかなって……」

侍「……」


男「こんにっちわー!朱色さん今日も足のマニキュア綺麗ですね!」

朱「真っ先にそこか。今日は相方なしかい?」

男「一足お先にかわいいかわいいかわいい後輩達を拝みに来ました」

朱「そう。みんな広間にいるから行ってきな」

男「こんちゃーす!」

空「色無先輩って趣味とかあるんですかー!あ、あと彼女とか!」

灰「めんどくさいから呼び捨てでいいー?」

「はいはい」

男「あの……」

青・黒「!」

青「空!その変態から離れて!」

黒「灰!こっちに来なさい!」

灰「変態なんだこの人。よろしくー」

空「でもこの変態さん綺麗なお侍さんと歩いてるとこ見たよー?」

黒「あの子はもう手込にされてるのよ!」

青「早くしないと襲われるわよ!」

男「お前らちょっと言って言い事と悪い事があるだろおい」

青「近寄らないでよ」

男「おぉい勘弁してよ」

空「いやぁー!!!こないでぇー!!!」

ザシュ

男「ぐっ……!」

侍「何をしておるのだ!貴様!自分より下の者に……!ましてや女に……!ん?」

空「……。(ジー)手込にされたんじゃないんですか?」

灰「肉奴隷……」

侍「青、黒。ちょっとこい。いいからちょっとこい」


黄「黄緑さーん!いないのー!黒と緑がまた将棋してるよー!」

青「駄目よ!今黄緑さんは買い物に行ってて留守だわ!」

白「誰か……誰かぁ!」

侍「某を呼んだか?」

橙「誰でもいいからあの二人をどうにかして!」

黒「(パチン)余計な手出ししないで」

侍「ほぉ〜黒よ。そこに桂馬を置くと言う事は飛車を取られてもいいという事なんだな?」

黒「……あ。み、緑!今のは……!」

侍「それはなしではないか?えぇ?」

緑「……いい。戻して」

黒「あ、ありが……と」

緑「(パチン)」

侍「緑よ。それは悪手ではないのか?某なら3手先で王手ぞ?」

黒「も、戻してもいいわよ」

緑「……ごめん」

黒「……なんか飽きたわね。もう終わりにしましょ。こんなの」

緑「(コクン)」

白「す、すごい!二人が仲直りしたよ!」

青「やるじゃない……!」

侍「まだだ。まだ終わらせぬ……!決着が付くまで終わらせなどせねわぁ!」

黒・緑「……」

黒「緑、もっとやっておやり」

緑「……」

侍「ひぃぃぃぃぃ!!!!!!!」

白「二人とも仲直りしたね。ありがとう侍ちゃん!」


侍「行って参ります」

闇「いってらっしゃい(ニヤニヤ)」

侍「朝から機嫌がよさそうで気持ち悪いですよ母上」

闇「今日は侍ちゃんが見えなくなるまで見送ってあげるからね(ニヤニヤ)」

侍「はぁ」

侍「男め、遅いのう。寝坊しておるのか」

闇(ニヤニヤ)

侍「まだ見ておるな……」

男「お、待っててくれたのか。あれ?お前のお母さんいるじゃん」

闇(ニヤニヤ)

侍「某が見えなくなるまで見送ってくれるそうだ」

男「ガキかよお前、プッ」

侍「お主、某を餓鬼と申すか!(シャキン)」

闇(ニヤニヤ)

侍「(カチャン)さて、学校行くか」

男「今なんで抜刀したんだよ」

侍「見られてると気が散るのだ!親の前で乳くり合うほど某は馬鹿でない!」

男「いいよ刻まなくて」

闇(ニヤニヤ)

闇「仲いいわねぇ……」


侍「スポーツが好きで元気な子と言えばだーれだ?」

男「赤か?」

侍「残念、某だー」

男「あっ……まぁそうなのか?」

侍「普段眼鏡をかけていて本が好きな子と言えばだーれだ?」

男「緑しかいないだろ」

侍「(カチャ)残念、某だー」

男「黒縁かよ」

侍「病弱でおしとやかな子と言えばだーれだ?」

男「白!」

侍「残念、某だー」

男「どこが病……おまっ熱あるぞ!薬飲んで寝ろよ!」

侍「流行に敏感でオシャレな子と言えばだーれだ?」

男「橙……かな?」

侍「残念、某だー」

男「タンマタンマ! お歯黒はやらなくていいから!」


侍「おはよう」

男「おはよ。今日もフラグ立てまくりだね」

無「なんの話だがさっぱりなんだがお前らはお前らで仲いいよな」

侍「腐れ縁なるぞ」

橙「だけど普通腐れ縁だけでここまでベタベタするかなぁ?」

侍「某はベタベタした覚えてなぞ……!」

男「ベタベタよりヌルヌルしたいよ」

侍「(ギロ)……」

男「ご、ごめん」

黄「もう仲いいんだから二人ともつき合っちゃえばいいじゃん!」

橙「そうだよつき合えばいいじゃん」

無「うん、似合うと思うぞ」

桃「つき合いなよー」

男「つき合おうよー」

侍「お望みどうり突きあってやるぞ?(スゥ)」

男「だから嘘って言ってるじゃーん!」


 4月12日PM22時

男「もし明日さ、世界がなくなるとしたらどうするよ俺ら?」

侍「は?」

男「明日世界滅びたらどうするよ?」

侍「そういう馬鹿な話は本当に明日世界が滅びる時にせい」

男「だからもしもだよもしも。ifの話だよ!」

侍「まぁよい。明日世界が滅びるか……(チラ)」

男「俺を見てどうする?」

侍「お、お主はどうするのだ?」

男「お、俺ぇ? 俺は……。お前につき合うよ。どうせ最後だしな」

侍「むぁ! 答えになっておらん! お主は何がしたのだ!」

男「だから言ってるじゃん! お、おおお前につき合うって!」

侍「だからそれが答えになっておらんのだ! お主は何をしたいのだ世界の終わりに!」

男「だから——」

 4月13日AM00時

男「だから俺は、はぁはぁ……」

侍「何だかんだで明日になってしまったではないか!」

男「世界滅びたな。……ま、俺は最後までお前につき合えたからいいよ」

侍「某もな……」

男「はぃ?」

侍「な、何でもござらん!!!」


男「お願いです! つき合って下さい!」

桃『わぁお』

緑(ピクン)

白『ふへぇ……!』

色『そうかそうか、やっと決めたか』

侍「ふひゅ! いきなりなんなのだお主教室のど真ん中なるぞ! え? え?」

男「映画見にいきたいんだけど恋愛ものでさ。一人で行くの気が引けるからさ。ちょっとつき合ってよ」

桃『なんだ……』

緑(パラパラ)

白『そうなんだ……』

色『ふぁ……ねみ』

侍「……なんだ。そうよの、お主が人間の女に恋するぞない話。某が馬鹿であった」

男「失礼な。ちゃんと人間同士の恋愛映画だぞ?」

侍「うぐっ……そんな、最後消えるなんて……酷い、酷過ぎる!」

男「結構面白かったな。『座敷童子と私の10の約束』」

侍「また見ようぞ、また見ようぞ〜。(グイグイ)」

男「いや帰るよ」

侍「見たいのじゃ! 見たいのじゃ〜!」

男「めっ! 帰りますよ!」

侍「見るのじゃ! 見るのじゃ〜!」

男「なら今度は好きな人と見に行きなさい!」

侍「な……! ば……馬鹿者ー!!!」

男「……ふぅ。帰ってTo LOVEる見よ」


闇「はい、お二人さん。お茶いれてきたわよ」

男「ありがとうございます」

侍「玉露とは凝ったものを出すな」

 20分後

侍「これは……毒か!」

男「いやいや酒だろ。大方予想はついていたけどあえて飲みました」

侍「うっ……!」

男「どうした!体が小さくなるのか!」

侍「(ガクガクガクガク)ち、違う! 平行世界で某は油虫を八裂きにしたりお主と恋仲でいた、ような気がする!」

男「なんだって! 他には! 他には!」

侍「駄目だ……!もっと飲んでみないと思い出せん!」

男「侍黒のお母さん! お茶! もっと濃いお茶持ってきて!」


 体育の後

男「あ"ーつかれた」

侍「汗だらけではないか。某の手ぬぐいだ、拭くがよい」

男「悪い悪い。後ちょっといいか?」

侍「なんぞ? 言ってみよ」

男「お前のさ、そのピルクル少し貰っていい? ストローに口付けないからさ」

侍「え? え、遠慮するな! 某とお主の……仲であろう?」

男「マジ? 半分ぐらい飲んでいいの?」

侍「ち、違う! 某が言っておるのはストローのことであって……!」

男「あぁ、そういうこと。じゃ遠慮なく(ポイ)」

侍「……何故ストローを捨てた?」

男「遠慮するなって言ったから」

侍「某が言っておるのはそのストローを使って飲んでもよいということだ! わからんか馬鹿者!(シャキン)」

男「そんなことしたら間接キスになるだろ」

侍「(ピクン)まぁ……そうだな」

男「お前がそれでいいならいいって言ってくれないと。一応俺なりに気使ったわけだし」

侍「い、言えるか馬鹿!馬鹿者!」

男「それじゃお前のストローで頂こうかな」

侍「んな! 貴様ぁ言うなぁ!(スパ)」

男「(ヒョイ)いただきます。(ジュルジュル)」

男(あー。やっぱこいつからかうのおもシレー)


 男の部屋

侍「風が強い」

男「そうだね」

侍「素振りができない」

男「そうだね」

侍「ドキドキするのう……!」

男「小学生かよ。てかベットから降りろよ。ぐしゃぐしゃにすんなよ」

侍「なら力ずくで降ろしてみせいッ!」

侍((クンカクンカ)あ……男の匂いがする)

男「降りろよおいコラ」

侍「ふぁ? ほ、ほぉーれ! 枕はもらったぞぉー!(ピョンピョン)」

男「あぁ! 俺の安眠枕返せ!」

侍「返して欲しくば我城(部屋)にくるのだな!」

男「あぁ……行っちゃった……」

侍「(クンカクンカ)ふぁ……(ギュ)」


 男の部屋

侍「(ゴソゴソ)なんかないかのう」

男「お、おい! そこは! ベットの下はやめろ! やめてください!」

侍「どうしてだ? まさか定番通り春画なぞ隠しておるわけ……」

 ドサ

侍・男「あ」

侍「『特選! 抜ける巨乳素人』……」

男「……こ、これはだね。私がまだ幼少のころ天から降って」

侍「(バリバリバリ)……死ねッ!」

侍「うわぁぁぁ!!!」

黄緑「で、でもしょうがないわよね? 男君も男の子だもん」

侍「あのへぇんたぃぃぃぃ!!!」

黄「どうしたの侍黒ちゃん! もしかしてフラれたの?」

黄緑「男君の部屋にエッチな本があったんだって。それがショックらしくて。あ、あ〜よしよし」

黄「え? それだけ?」

侍「それだけ? ってお主! 色無がそのような物を持っていたら」

黄「だって現に色無持ってるもんね。メンズヤングとか。ねぇ?」

黄緑「え? あ……。うふふふ♪」

侍「なんという寛大さ……!」

黄緑「男の子なんだから女の子に興味あって当然じゃない? それぐらいは許してあげないと」

侍「某が小さきにござったようだ……! そう、年頃であれば興味あって当然至極。某、謝って参ります」

侍「(バタン)男! すまんかった!」

男「(ガサッ)おわぁ! きっきゅ、急に入ってくんなよ!」

侍「お主に謝りたく参り候。お主があのような書物を持つことは」

男「(ドサ)あ」

侍「『桃姫』……(バリバリバリ)」


朱「お願いッ! 頼むよー場所取りーぃ!」

侍「それをやるのが寮母の仕事であろう! 身分をわきまえぬか!」

朱「だって私お弁当作らなきゃならないしぃ!」

侍「どうせ酒だけ用意して料理は黄緑任せであろう?」

朱「そうかそうか、残念だなぁ。男一人じゃ頼りにならないと思ったから」

侍「何を? 男もくるのか?」

朱「くるよぉ? だけど部活じゃしょうがないよなぁ?」

侍「(プルルル)部長! 明後日の部活なのだが母上が死んで行けそうにないのだ! うん! そう6人目だ! では!」

朱「無理しなくていいんだぜぇ? それとも男に釣られたのか?」

侍「某が釣られるものか! 釣・ら・れ・る・も・の・か・ぁ!(キラキラキラキラ)」

朱「頼むよぉ! 侍黒が心配じゃないのかよぉ!」

男「別に」

朱「二人きりになれるんだぞ?」

男「むしろ一人になりたいんですが?」

朱「頼むからぁ!」

男「明日競馬行くんですよね?」

朱「う、うん。その後合流って感じで……。それで?」

男「3割、ですかね……」

朱「……ちっ、しょうがねぇなぁ。わかったよ!」

男「それでこそ悪徳寮母です。ククク……」

男「それでさ、どこの桜にしたらいいよ?」

侍「近くの公園はもう駄目であった。ここからだと少し離れた場所になるやもしれん」

男「一応新入生歓迎会だから近場が望ましいんだよな」

侍「郡青殿の車があれば!」

男「インプレッサに15人も乗れないだろ。どこがいいかなぁ」

侍「学校なんてのはどうだ!」

男「そんなことしたら俺朱色さんから当たり馬券の2割もらえなくなっちまうよ」

侍「……馬券?」

男「明日競馬だからお前に花見の場所取り頼んだんだろ?」

侍「聞いとらん! 某は準備があるから場所取りは無理だと……!」

男「うまく担がれたね。ドンマイ」

侍「……。よし、学校に決定! 黄緑に連絡しておく!」

男「ちょちょ! やめてくれよ! そんなことしたら」

侍「目を覚まさぬか! あやつが当たり馬券なぞ掴めるものか!」

男「……そうだよね」

朱「よぅーし! 買ってきたぜ『魔界への誘い』!」

黄緑「朱色さん。お花見は学校でやることになりましたからお酒のほうは……」

朱「(ガシャン)え……!」


侍「あーん」

男「お、ありがとう(チョイ パク)」

侍「何故某があーんをしておるのにわざわざ箸から取り上げて食う」

男「灰と空ちゃんの町内見学は誰が担当してるの?」

侍「緑と黒と水色だ。あーん」

男「(チョイ パク)うわぁ暗いメンバー。黒と灰が姉妹なのが救いだよな」

侍「だからなお主は……!」

部「侍ちゃん何やってるの……! お母さんの葬式は……!」

侍「部長! おはようございます! 母上は転生して生返ったから寮のために校庭の一番良い桜の場所取りを」

後(転生……)

部「よかったぁ。じゃあ場所取り頑張ってね! じゃあ行こうか後輩ちゃん!」

後「はい……」

侍「頑張って!」

男「…………(ポー)」

侍「残念だが部長にはもう許婚がおる」

男「ち、違うっつーの! 俺はな……!」

侍「袴がいいなら目の前におろうが! ロリか! ロリ袴なのか! 部長のようなツルツルぺったん袴がいいのか!」

先「君たち、何やってるの? 二人でお花見?」

男「おはようございます先生。寮の新入生歓迎会のための場所取りです」

侍「あーん」

男「(チョイ パク)あとで黄緑さんが弁当作ってくれるってのにこいつ弁当作ってきたんですよ」

先「そうかぁ、先生は侍黒と男が二人で花見してるのかと思ったぞ」

男「ちゃんとゴミ持ち帰るから先生さっさと部活にでも戻ってください」

先「う、うん。なんか……ごめんな」

侍「あ、朱色殿だ」

朱「ふっふー!!! またスッたからチューさせろー!!!」

侍「す、すでに酔ってる!」

男「学校では飲めないとわかって先に呑んできたな!」


侍「やめてくだされー!」

朱「やめろと言われてやめるかよぉー! んー!」

赤「あ、侍ちゃん。あと少しで部活終わるから待っててね」

侍「御助けー!!! 臭い! 酒臭い!」

朱「ハァー! ほらチューさせねぇともっとハァハァすんぞー?」

青「あら侍黒、弓道のほうももう少しで終わるわ」

侍「助………うぇっプ……!」

朱「スキあり!(ヂュー)」

侍「むあぁ!」

朱「ふぅ……柔らかい、柔軟剤使ったな?」

侍「……某の頬は天然だ。くっさい……」

黄緑「朱色さん……?」

朱「あ……? あ、あぁ黄緑さん! くっぅん!(ゴロン)」

男「朱色さんが腹を上にして黄緑さんに服従のポーズを見せたぞ!」

侍「なんという主従関係!」

黄緑「またお酒呑んでキス迫ったんでしょ〜? めっ!」

朱「きゅぅん……」

黄緑「よしよし。反省したぁ? じゃ、そろそろ灰ちゃんと空ちゃんくるからお弁当の用意しょっか?」

朱「わふっ……!」

男「凄い……完璧に手懐けてる……!」

侍「……くぅ〜ん?」

男「(ペチ)やめなさい」

侍「あいてっ! 冗談ではないか……!」


空「そっ空色です! 青姉ちゃんの妹です! よ、よろしくお願いします!」

男(空色デイズって聞こえたよな?)

侍(焦りすぎなところがかわいい喃……。あの態度がいつまでもつのやら……)

灰「灰です。ただの人間に興味ないです。宇宙人にも未来人にも超能力者にも興味がないです。よろしく(ペコ)」

男(こいつとは関わりたくないな)

侍(至って同意だ)

黄緑「じゃぁ! 寮母の朱色さんに代わりまして! 新入生の二人に乾——」

全員「かんぱーい!」

黄緑「……(グシャ)」

空「ふへぇ、寮には男の人は色無先輩しかいないんですかぁ?」

無「うん、まぁ」

空「じゃあ男先輩は?」

男「一応こういう時のヘルパーってことで」

空「ならお隣のお侍さんは彼女ですね! わかります! うん!」

侍「そんな……まだそこまで……! ……色無! この妃にたんまりと勺をついでやってくれ!」

無「なんで俺が……」

侍「いいからつぐのだ! 斬られたいか!」

無「はいはい。じゃ空ちゃん」

空「(トクトクトク)ありがとうございます色無先輩!」

灰「……。いやぁだけどこんなに美人が近くにいるのに何もしないなんて男先輩も見る目ないね〜?」

侍「〜〜〜〜〜〜〜ッッッッッッ!!!!!! 色無! こちらの妃にもついでやってくれぃ!」

無「(ビクゥ)ひゃ、はい!」

灰「(トクトクトク)ありがとう色無」

侍「今年の後輩はわかっておる! うん!」

男「お前がわかってないんだよ」


侍「起きろ〜。起きぬか〜」

男「あ゛?」

侍「黄金週間なるぞー。起きぬかー」

男「……チッ」

数日前

桃「ああんまたぁ!」

侍「大きくなっちゃったぁん、か?」

黄緑「侍ちゃんはどうなのかなぁ?」

侍「こ、こんなもの! あっても邪魔な」

橙「さぞ男君も喜ぶだろうねぇ……」

侍『あまりジロジロ見るでない……』

男『綺麗。それに柔らかい……』

侍『あフゥ! お、男殿ぉ……!』

侍「……フヒヒヒヒ」

全色「……」

侍「はっ! ……ゴホン、次は血圧だったかな」

紫「いたたたたたた! 折れる! 折れるよ!」

医「はい、終わり。血圧は……少し高めね」

色「だから怒りやすいんだな」

男「お前測ったか?」

侍「うむ、某は少し高めだった。お主は?」

男「俺? ……すげー低かった。上が103の下が78」

侍「だからいつも寝起きが悪いのか……」


侍「あ、あのな。今日は神社で神輿をやる日ではないか。それでなんだ……お主がよければ」

男「今から着替えるから待ってて」

侍「それってもしや……」

男「行くんだろ?」

侍「(パァァ)うんっ!」

男「流石に混んでるな」

侍「子供の日だから子供が神輿を担ぐらしい」

男「保護者付きじゃ多いか。おっちゃん焼そば一つ」

侍「お主、朝から焼そばとは……」

男「だって急にお前誘ってくるんだもん朝飯食えないよ」

侍「それより神輿が始まったぞ」

子供達「わーしょい! わーしょい!」

男「おーおー可愛いこと」

侍「某は小さい頃参加できんかったからうらやましいのう」

男「俺は一応参加したな。神輿の後ろで友達と喋りながら歩いてただけだけど」

侍「……もし子供ができたら参加させたいのう」

男「じゃあ早く相手見つけろよ。がんばっ!」

侍「某には最悪お主がいるから大丈夫だ」

男「俺が先に彼女見つけたらどうするよ?」

侍「ないない。それはない」

男「ま、俺のほうはともかくお前はすぐ見つかるよ。だって可愛いじゃんお前以外と」

侍「『以外と』……?ふっ、お主にもちゃんと人を見る目があったのだな。ほ、褒めてつかわす」

男「性格は一般受けするかは怪しいけどな」

侍「……ん?(シャキン)」

男「や、やめようぜ? 子供達が見てるぞ? な?」


黄緑「はい紅茶」

男「ありがとう黄緑さん」

無「みんな家に帰ったから人いないんだよ」

黄・橙「ゆっくりしていってね!」

男「ん……うん」

黄緑「あれ? 今日侍ちゃんは?」

男「いないけど?」

黄「喧嘩でもしたの?」

橙「いつも一緒なのにねぇ。てかさ、男と侍ちゃんってどんな関係なの?」

男「関係って……友達だけど?」

黄「そんだけ?」

男「あまり言うといじられそうだったから言ってなかったけど、一応幼馴染」

無「あー……」

黄「それで侍ちゃんのことどう思ってるの?」

男「どうって……」

黄緑「男でしょ! ハッキリしなさい! 侍ちゃんを弄ぶなら許さないんだから!」

男「弄ぶって、俺すんごい悪い人みたいじゃん」

橙「相手の気持ち分かってながら何もしないってのも……ねぇ?」

無「あぁ、悪人だな」

黄緑「あなたのその名前は飾りなの! どうなの! ねぇ!」

男「俺は……好きだよ。侍黒のことは……」

黄「うわぁ……」

橙「言っちゃったよこの人……」

黄緑「痛い! 痛たたた! なんか痛い! 痛過ぎるわ!」

男「お前らなんか大嫌いだぁー!!!」

侍「ファックしょい! 誰がうわしゃを……」


侍「たのもう。おっ? 勉学に励んでおるのか? 偉い!」

男「後少しで中間だからな。お前も少しは偉くなってみたらどうだ?」

侍「某は既に偉いから必要ない」

男「30番台が偉いレベルなら10番台の俺は旧神になっちまうよ」

侍「わからぬものはわからぬのだ! 悪かったなぁ!」

男「わかろうとしないだけだろ。勉強なんて案外簡単だぞ?」

侍「難しいからできんのだ!」

男「国語ができれば普通英語もできるもんだけどなぁ」

侍「うぬは某にそこまで勉強させたいのか?」

男「お前の先を思って言ってやるんだ。感謝しろ」

侍「なら成績優秀明瞭解明なお主が教えてくれ。そうすれば某の成績も上がろう?」

男「教えてやってもいいが授業料は高くつくぞ?」

侍「ほう? 条件は?」

男「せっかく俺が教えてやるんだ。平均80点ぐらいは取ってもらわないと俺の顔に泥を塗ることになる」

侍「取れなかったら?」

男「そうだなぁ、そいじゃ俺の言うことを何でも聞いてもらおうかねぇ」

侍「何でもだと!」

男『ほぅ。ここか? ここがええんか?(ギィィィ)』

侍『ひゃ、めってくだされぇ……!』

男「代わりにお前が平均80超えたらお前の言うことなんでも聞いてやるよ」

男『い、いいのかよ。お前……』

侍『かまわぬ。某が望んだことだから……』

侍「お主は本当に某の成績を向上させたいのか? どうなのだ? 本気なのか?(ユサユサユサユサ)」

男「なななななななななににににににがががががががが」


 サムライブラックに苦手な事を無理矢理やらせてみよう

侍「放せ! 誰だ某を縛りあげた無礼——むぁ!」

桃「(むにゅ)おしゃべりはそこまでよ」

黄「この映像を見てもらおうか。ククク……(ピッ)」

男『やぁ侍黒。おっと、これは録画の映像だから無理に合わせなくてもいいぞ?』

侍「この偉そうな椅子の座り方が腹立つ……!」

男『早速だが君には制服を着て化粧をしてもらう。そして喋り方も少し変えてもらおうか』

侍「何……だと!」

男『あとの話はそこのみんなに聞いてくれ。それじゃsee you agein!』

水「そ、そういうわけで……」

侍「や、やめ——」

侍「これが……某?」

黒「『某』じゃなくて『私』よ」

赤「……思ったより普通に可愛くなったね」

黄緑「あら、やっぱり似合うじゃない。ほら立って全身見てみたら?」

侍「それ……いや、私なの?」

緑「君は生まれ変わったんだ。そう、まるで蛹が蝶に——」

橙「じゃあ早速男のところに行こうか!」

侍「ちょっと待て! そ、私にはまだ心の準備が!」

男「おーっす。いやぁ変わったねぇ」

侍「へ、変じゃないか?」

男「違和感は多少あるな」

侍「そうなんだ。男からしたらどっちのほうがよ……いいか?」

男「いつものほうが合ってるよ。お前は」

侍「その言葉を待っていた。そうか、なら斬ってもいいのだな?(シャキ)」

男「ど、どこに刀かくしてたんだよ! おい!」


 幼少期

しゃむらい「わらわがおおきくなったらおとこをよめにするのじゃ」

おとこ「お、おれはぜったいならないからな! おまえなんかのよめになれるか!」

しゃむらい「えっ……!(ウルウル)」

おとこ「たっ、ただし! おれのよめになるのならいいぞ! だからなくな! (闇黒ママが目の前にいるから!)」

しゃむらい「えぐ……。やくそくするか?」

おとこ「する! するから!(その掲げた包丁を降ろしてください闇黒ママ!)」

 小学

侍「ほれ(ポイ)」

男「何これ? 爆弾?」

侍「爆弾の3倍返しを某が望むわけなかろう、うつけ。それは……その……」

男「義理チョコね。ありがとう」

侍「ま、まだ義理とはわか——」

男「(バリバリ)うん。デカいハート型で男らしい、もとい実にお前らしいしうまい」

侍「今なんと言いおった?」

 中学

男「なんだよ……。お前もフォークダンス余ったのかよ。寂しいねぇ」

侍「某は洋蘭の踊りに興味がないだけだ! ……お主こそだれもいないようだが」

男「いろいろ吟味してたら置いていかれただけですー! 残ったわけじゃありませーん!」

侍「……(モジモジ)」

男「……(モジモジ)もし、お前がよければ……」

侍「……む」

男「ざっとこんぐらいかな」

色「だからそれフラグだって! お前それぇ!」

男「まだあわてるような時間じゃない」


 男の部屋

男「ZZzz……」

侍「(ジー)どうするべきか……」

男「うぅん……」

侍「むっ、これは……!」

 色無の部屋

無「ZZzz……」

青「い、色無! 起きなさい! 起きなさいよ! もう……!」

無「ん、むぅ……」

青「あ、これは……」

侍「男の!」

青「色無の!」

侍・青「シャツ!」

侍「す、少しだけなら……!」

青「大丈夫よね……!」

男「……おはよう」

侍「(ビリィ)デストローーーイ!!!!!」

男「ええぇぇっ!!!!!」


顧「じゃ今日はこのへんで終わろうか」

侍「ありがとうございます」

 シャワー室

侍「ぷはぁ……」

部「(ペチン)最近気合い入ってるのんじゃない」

侍「紅葉をつけないでくだされ。練習試合も近いですから」

部「ふーん。そんなことより進展あったの?」

侍「進展とは?」

後「いつも一緒にいる人とはどうなったのですか?」

侍「別に……何も」

部「嘘だッ!(キュ)」

侍「ぅ熱っ! 急に温度上げないでくだされ!」

後「何もないんですか! あんなに一緒にだったのに!」

侍「ないものはないのだ!」

部「つまらないね」

後「つまらないです」

侍「ふふん……。時に後輩よ、うぬは青磁とは仲がよいみたいだが……まさかな?」

後「いや、私は青磁とは何にも……!」

部「嘘だッ!(キュ)」

後「ひっ! 冷た!」

侍「そんな部長も顧問とはどうなのかな? やけに部長とのかかり稽古が甘い気がするのですが?」

部「そんなことないはずだよ……!」

侍「後輩、部長を押さえよ。その幼児体型に直接聞き出してやる」

部「ひゃ、冷た! 熱ッ! ひゃひゃひゃひゃ!」

男「風邪? お前が?」

侍「ほっとけ」


 カシャ

男「ん? 今カメラの音しなかった?」

無「そうか? 俺には聞こえなかったけど」

男「ま、どうせ誰か色無さんのこと撮ったんだろうけどな」

無「そんな気持ち悪いこと言うなよ」

侍「(カパ)ふふ、よく撮れた」

無「ふーん。やっぱり侍黒だったんだ、さっきの」

侍「み、見たのか……!」

無「よく撮れてるなぁ。いい待ち受けじゃないか」

侍「た、頼むから男には……!」

無「どうしようかなぁ」

侍「何でも! 何でも言う事聞く!」

無「そうそう。なら脱いでくれよ」

侍「ぬ、脱ぐというのは……?」

無「服を脱ぐんだよ。上も下も」

侍「そんな!」

無「何でも言うこと聞くんだろ?」

緑「ここで男が君を助ける熱血展開とこのまま犯される凌辱展開、どっちがいい?」

侍「どっちでもよいが頼むからさっきの携帯の待ち受けは誰にも言わないでくれ」

緑「君もなかなかロマンのある人だ」

青「くしゅん!」


侍「男よ、今日は部活が休みだ。帰ろうぞ」

男「……。なぁんで俺を誘うかなぁ」

侍「こ、これと言って深い意味は無くてだな!どうせお主、家路につくのであろう!なら道が同じな某と」

男「今日は帰りに色馬鹿さんとゲーセン行く予定なんだよ」

侍「そうか……。すまなかった……。……(シュン)」

男「……わーかったわかった。来いよお前も」

侍「某に来てほしいなら最初からそう言えばよかろうに」

男「よっしゃ掴んだ!(チュドーン)」

無「お前さっきからイージスで自爆しかしてないだろ。てかあれどうにかしてやれよ」

 ポロン

侍「あ! クソぉ!(チャリン)取れるまで諦めるものかぁ!」

男「ウフォキャッチャーであそこまでムキになれるなんてな。店員の思う壺だ。ふん!(チュドーン)」

無「おいコストオーバーしたぞ! おい!」

侍「また落ちよった!」

男「しょうがない、ここは店員泣かせ(自称)の俺に任せなさい(チャリン)」

侍「某が3000円かけても取れんカピバラ(の人形)だ。お主が一回で取れ……」

 ウィーン カシャン フヨフヨフヨフヨ ポトン

侍「た……だと……!」

男「俺にかかればザッとこんなもんよ。ほい」

侍「く……くれるのか……! カピバラを某に……!」

男「そのために俺がわざわざ200円かけて取ったんだ」

侍「ありがたき心遣い! 大事に扱わせてもらうぞ……!」

男「お? おぉ……」

灰「色無何やってんの? 2P側誰もいないよ? 新手のマゾプレイ?」

無「いい所にきた。ちょっとそいつ動かしてくれ」


先「それじゃこの間のテストの合計と平均の結果の紙渡すから出席順に取りにこーい」

男「おーよくやったこと」

侍「平均84! これでわかったであろう! 某はやればできる子なのだ!」

男「はいはいできるできる」

侍「約束は守ってもらわねばな。某の言うことを何でも聞いてもらおうぞ」

男「あまりやり過ぎなのは無しな」

侍「武士に情けは無用也。せいぜい覚悟しておけ」

男「そんで俺は何をすればいいんだ?」

侍「座れ」

男「(ペタン)ほい」

侍「体育座りではない。正座だ、正座」

男「ちょ! 切腹だけは勘弁して下さい! 本当にお願いします!」

侍「いいから正座!」

男「はい……」

侍「では失礼(コロン)うむ、やはり男の膝というものは固いのう」

男「膝枕……」

侍「わ、悪いか! たまに男性の膝がどのようなものか試してみたくなるのだ!」

男「あ、そう」

侍「(モゾモゾ)なかなか寝心地のいい位置が見つからん」

男「できれば俺のほう向いて寝るのはやめてくれないか?」

侍「そうしないとお主の顔を見ながら話せん。それに某の言うことを聞くのであれば文句は言うな」

男「わかったよ」

男「寝るのはいいけど涎垂らすのはやめてほしいよなぁ」

侍「(ジュル)ふふふ……♪」

男「でもいっか」


侍「ふぁ……。結局裸の大将を見てたら寝てしまったか……」

 シャアアアアァァァァ

侍「〜♪」

侍「(シャ シャ ガッ)む。髪が絡まっておったか。女たるもの髪は命だからな」

侍「(ゴシゴシ)身も清めておかぬとな。いつ男と……キャ!」

侍「桃や黄緑より見劣りするやも知れんが某の胸だってそれなりにはあるはずなのだ。なのに……」

侍「もしや小さいほうが……いや、大きいほうか?」

男『俺は普通ぐらいがいいなぁ』

侍「やはりそうよのう。某の体型からして小さいとバランス悪いし大きいと邪魔だしな」

男『そうそう。その体型が一番だよお前は』

侍「わかっておるではないか。やはり見る目があるなお主は」

男『わかったら風邪ひく前に早くあがりな』

侍「ありがとう」

侍「(ブォォォ)やはり某はこの体型でいいんだな。……ん?」


侍「退屈な日曜よのう……」

男「ZZzz……」

侍「こやつは毎度のごとく昼寝をしてるのう」

男「(ボソ)侍……」

侍「うへッ! いいいいいい今某の名前を言いよったな! まさか夢の中で某が……!」

男「茶色ぉ……」

侍「……茶色? 夢でこやつと某は茶色に何かされたのか?」

男「うっ……、黒ぉ……」

侍「黒ぉ?」

男「あっ……黄緑さぁん……!」

侍「黄緑も?」

男「やめろ……! やめろぉ!」

侍「夢で何をされてる」

男「もう出ない……」

侍「(ピキーン)……!( д )」

男「ふふ、ふふふふ……」

侍「(シャキン)……(ドス)」


 ゴロゴロゴロゴロ

侍「雲行きが怪しいのう。一雨来そうだ」

 カッシャーン

侍「ひぃ!」

男「怖がるなら自分ちで怖がってくんない?」

侍「殺生なぁ……! 男殿ぉ……!」

男「人の部屋の角でガタガタ震えられてもこまるし」

 ドッカーン

侍「(ギュ)ひゃあ!」

男「お前、ほんとに怖いの?」

侍(コクンコクンコクンコクンコクン)

男「一人じゃ怖いか?」

侍(コクンコクンコクンコクンコクン)

男「なら俺が雷が怖くなくなるおまじないをかけてあげよう(ギュ)」

侍「お、男!?」

男「よしよし。目ぇつぶってろ。よしよし(ナデナデ)」

侍「男……」

男「どうだ? 少しはマシになったか?」

侍「……あぁ」

男「あと、このおまじないなんだけどな」

侍「うむ」

男「幼稚園の時にお前が俺にやったやつな。だろ?」

 カッシャーン

侍「……キェぇぇぇぇ!!!!!(シャキン)」

男「ほら治った(ヒョイ)」

侍「忘れろ忘れろ忘れろ忘れろ忘れろ忘れろぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!」







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 05:51:38