モノクロームの座敷童子

ガサゴソ

空「ん?お姉ちゃん?」

?「あっ……」

空「え?黒先輩と白先輩ですか……?」

?「……」

空「でも小さいな……」

?「ねぇ、私たちが見えるみたいだよ」

?「……ここはひとまず退散よ」

 ぴゅー

空「行っちゃった……」

青「どうしたのそんな所に突っ立て」

空「お姉ちゃん、いま小さい黒先輩と白先輩が出ていかなかった?」

青「いや誰も出てきてないけど……てか小さい黒と白って?」

空「あれれ〜?つかれてるのかな〜?」


空「どんなだったって?」

青「その小さい黒と白」

空「小さい黒先輩は着物着てて、白先輩は不思議の国のアリスの服だった」

青「……からかってんの?」

空「ウソじゃないんだって!」

?「じぃー」

青「どこに証拠があるのよ」

空「証拠って言っても……あ、そこにいる子みたいな……えぇ! いたよお姉ちゃん!」

 びくっ!

青「え? どこに?」

空「ほら、そこ! テーブルから頭だけ出してこっち見てるじゃん!」

青「……何もいないじゃない……それより空、大丈夫?」

空「私は全然大丈夫だよ!」

青「……まさか……前頭葉に障害が……」

空「そんな前にあったシリアスな話と一緒にするなー!!」

?「……哀れ」


無「騒がしいな……」

青「色無、大変なの!空が……」

空「私はなんともないって!」

無「どうしたんだ?」

空「実はかくかくしかしかじかで……」

無「……青、後は俺に任せて休んでろ」

青「うん……お願いね……」

無「さて……」

空「信じてください!」

無「大丈夫、俺にも見えてるから」

空「え……ホントですか?」

無「うん、2日前ぐらいから俺の部屋に住み着き始めてね」

空「そうなんですか……でもよかったです。私だけだったらどうしようかと思いました」

くろ「……私たちが見えるのは純粋な人だけ」

しろ「だから2人は良い人です」

空「なんか照れちゃうな」

無「空色も俺も純粋ってことか」

空(……あんなHな本読んでても純粋なんだ……)

無「考えてることだだ漏れなんだけど……」

空「よければ2人とも私の部屋に来ない?」

しろ「いいの?」

空「うん」

くろ「いく」

無「どうせ俺は羊の皮を被った狼だよ……」


空「ここが私の部屋」

くろ「……いいところ」

空「自由にしていいからね」

てってって ぼふっ

くろ「……ふかふか(*´∀`)」

空「そうだ、ドーナツ食べる?」

しろ「食べる!」

くろ「もちもち(*´∀`)」

しろ「うまうま(*´∀`)」

空「お茶飲む?」

しろ「飲む!」

空「カップはどれがいい?」

 ガサゴソ

くろ「じぶんの湯呑み」

しろ「マイカップ」

空「おおー!」

空「今日はもう寝ようか」

くろ・しろ「うん」

空「歯ブラシはどれがいい?」

くろ「じぶんのある」

しろ「マイ歯ブラシ」

空「やっぱり持ってるんだね……布団は一緒でいい?」

くろ「じぶんのあるけどこっちでねる」

しろ「お邪魔します」

空(やっぱり持ってるんだ……あの鞄と風呂敷のどこに入ってるんだろう……?)


 ガバッ

空「今日は目覚ましが鳴る前に起きれた!」

くろ・しろ「すーすー」

空「ちょっと散歩でもしてこよっと」

赤「あれ? 今日は早いね」

空「なんだか気持ちよく目が覚めちゃいました」

赤「そうなんだ。じゃあ僕はランニングに行ってくるよ」

空「行ってらっしゃーい! さて部屋に戻るか……ん? 50円が落ちてる……もらっちゃえ!」

テレビ「さて今日の運勢は?」

空「水瓶座の全体運1位だ! 他のチャンネルは……こっちでも1位だ!」

青「おはよー。今日は早いのね」

空「うんー……ん? ……別のチャンネルで同時に同じCMやってる! 私、今日ついてるかも!」

くろ「すーすー」


くろ「……暇」

しろ「そうだねー空がいないと暇だねー」

くろ「空……どこに行ったの?」

しろ「『がっこー』って行ってたよ」

くろ「わたしもがっこー行きたい……」

しろ「じゃあ空に頼んでみよーか」

空「ただいまー!」

 ぴくっ

くろ・しろ「そらー!」

空「いい子でお留守番してた?」

くろ「してた」

しろ「ねぇ、そら!」

空「どうしたの?」

しろ「私たちもがっこーに行きたい」

空「学校に? うーん……」

無「いいじゃないか、別に」

空「あ、色無先輩。大丈夫ですかね?」

無「みんなに見えるってわけじゃないし」

くろ「いけるの? がっこー」

空「よし! じゃあ連れてってあげる」

しろ「やったー!」

朱「色無ー! ……え? 子供……? 姉さん! 色無と空に子供が!」

群「……何言ってんの? どこにもいないじゃない」

朱「そこっ! そこー!」

群「まさかあんた……昼間からまた飲んでたわね……ちょっと来なさい」

朱「助けてー! ウソじゃないんだってー!」

しろ「あの人も純粋な人だ」

無・空「な、なんだってー!!」


空「ねぇ、しろちゃん?」

しろ「なにー?」

空「朱色さんって純粋なんだよね?」

しろ「うん、私たちが見えてるから」

空「つまり、お姉ちゃんは……」

無「青は純粋以前に素直じゃない」

空「そうですけど、あれはあれでかわいいところがあるんですよ」

無「そうなのか?」

空「そうなんですよ」

無「空が言うならそうなんだろうなぁ。それはおいといて、他に誰か見える人はいるかな……」

空「私、誰か連れてきますね」

空「連れて来ましたー」

黄「どうしたのー」

無「おぉ、ご苦労様。実は俺、考えてたことがあるんだ……」

空「なんですか?」

無「バカ=純粋だと思うんだ」

空「ひどいです……」

無「い、いや……空はバカじゃないよ!」

くろ「なかしたー」

無「ち、違うよ! 泣かしてないよ!」

黄「ねぇ、色無? 一人でなにしてんの?」

無「あれれ〜? 見えてないよ〜?」

空「先輩の理論は間違ってましたね」

しろ「間違ってるー」

くろ「そらだいじょーぶ?」

空「うん、大丈夫だよ」

くろ「……いろなしのばか」

無「……ひどいです」


しろ「ねぇ、くろ。りょーを探検しに行こーよ!」

くろ「……お外はあぶないってそらがいってた」

しろ「だいじょーぶだよ、寮の中だけなら」

くろ「わかった」

しろ「そーっとそーっと」

くろ「……誰かきた」

しろ「とりあえずかくれなきゃ!」

 サッ

黄緑「あら? 今のは何かしら?」

くろ「……見えてるみたい」

しろ「え? ほんとに?」

黄緑「あら? かわいい子たちね。どこから来たの?」

くろ「そらのへやからきた」

黄緑「そら?」

しろ「空は優しいの」

黄緑「あぁ、ひょっとして空ちゃん?」

くろ「うん、そら」

黄緑「じゃあ空ちゃんの部屋に戻ろっか」

しろ「今、空いないの」

黄緑「じゃあ、空ちゃんが帰ってくるまで私の部屋にいようか」

くろ「うん」

しろ「ありがとう! えーと……」

黄緑「黄緑よ」

しろ「ありがとう黄緑」

 その頃

空「どうしたらお姉ちゃんにも二人が見えるようになるんだろう?」

無「強いショックを与えてみるとか?」

空「それいいですね。ひょんなきっかけでシックスセンスが開くかもしれない!」

無「でも、問題はどんな方法でショックを与えるかだな……」

空「……お姉ちゃんにシャーペンの芯を持たせてプラグインさせますか?」

無「うーん……それだと事後処理が大変だな」

空「ぴーん! いいこと思いつきました」

無「どんなこと?」

空「あのですね……」

青「空、どうしたの?」

空「ちょっとね」

無「青じゃないか」

青「い、色無……」

無「なんで顔背けるんだ? もしかして俺のこと……」

青「そんなこと……そんなことないわ!」

空(読み通り!!)

無「ほんとに? よかった……大切な人に嫌われたらどうしようかと思ったよ」

 ボンッ

青「たたたた大切な人……」

空(お姉ちゃんなんて、こんとんじょのいこ)


空「色無先輩」

無「ん? どうした?」

空「二人が見えない人が二人を見た時って、やっぱり透けて後の景色が見えるんでしょうか?」

無「うーん……どうなんだろうなぁ……」

空「私たちには見えてて他の人には見えないって不思議な感じですねー」

無「そうだね」

空「あと、二人の荷物から質量を無視しして物が出てきたりするんですけど……」

無「……」

空「二人には謎が多すぎますね」

無「そうだね」


男「なあ黒〜」

黒「なに?」

男「最近黒のちっちゃいバージョンがいるらしいぞ」

黒「……どういう意味?」

男「んー、だから、黒に似たちっちゃい女の子が出没するらしい」

灰「うわキモッ! ちっちゃいお姉ちゃんとかキモッ!」

黒「……あんたどっこら湧いて出たのよ?」

灰「ごめんなさいごめんなさい! 冗談だから許して! その手を離して!」

黒「次は本当に首絞めるわよ」

男「まぁまぁ。それでな、どうやらちっちゃい白ちゃんもいるらしいんだ」

黒(ちっちゃい白……あのただでさえ可愛い白が更に可愛く……ぜひ見たい)

灰「あ、目の色変わった」

黒「……それは主にどのへんで目撃されるの?」

男「空ちゃんの部屋近くらしいよ」

灰「あ、もう行っちゃった」

男「……白ちゃんのことになると本当に人が変わるんだなー」


空「大変だ! 二人がいない……」

黄緑「あら? 空ちゃんどうしたの?」

空「黄緑先輩、子供見かけませんでしたか? 着物とフワフワのドレス着た……」

黄緑「この子たちのこと?」

空「え?」

しろ「ただいまー」

くろ「そらー」

 ぎゅっ

空「まったく……黄緑先輩、ありがとうございます」

黄緑「いいのよ。でもその子たちは?」

空「かくかくしかじかで……」

黄緑「じゃあ私も純粋ってことですね」

しろ「黄緑じゅんすいー」

くろ「じゅんすいー」

茶「空ちゃん、おはよー……ふぇ? その子は?」

空「あ、茶色先輩」

焦「おはよう空……か、かわいい……」

空「やっぱり……焦茶さんも見えるんですね」

 パシャパシャ

焦「かわいい……これはかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい」

茶「!! お姉ちゃんが錯乱状態に………」

しろ「二人もじゅんすいー」

 その後

焦「おかしい……二人が写ってない……」


くろ「ひまー」

しろ「暇だね」

くろ「たんけんいく」

しろ「賛成!」

 〜♪〜♪

くろ「……こっちからやさしいこえがする」

しろ「ここの部屋?」

くろ「うん、はいる」

 ガチャ

白「だれ?」

くろ「……しろがもうひとりいる……」

白「なんだちっちゃい黒ちゃんかー……ちっちゃい黒ちゃん!?」

黒「白、どうしたの!?」

白「その子」

黒「その子? ……なんだちっちゃい白じゃない……え? ちっちゃい白……」

白「黒……ちゃん?」

黒「ちっちゃい白かわいいちっちゃい白かわいいちっちゃい白かわいい!!!!!!!」

しろ「め、目が回る〜!!」

白「く、黒ちゃん!!」

くろ「だーいぶ」

 ぽふっ

白「ちっちゃい黒ちゃん?」

くろ「おっきいしろ、やさしいにおいがするー」

白「はぅ……ちっちゃい黒ちゃんかわいい……よしよし」

くろ「んー(*´∀`)」


しろ「に、逃げよう……くろ!」

くろ「えー」

しろ「このままじゃ私……にゃー!」

黒「あっ!」

くろ「しろー」

しろ「はぁはぁ……食べられるところだった……ってここは?」

しろ「本がいっぱいある……あ、あの本面白そう……んー! 届かない……」

緑「……白? ……じゃないな」

しろ「ひゃう!」

緑「驚かせちゃってゴメン」

しろ「ううん、大丈夫です」

緑「こんなとこで何してるの?」

しろ「あの本が読みたいけど届かなくて……」

緑「私がとってあげるよ」

しろ「ありがとう!」

緑「この本か……ん? この本は……」

しろ「どうしたの?」

緑「これは……もう一度読みたかったけどなくしたと思ってたやつ!」

しろ「あのー」

緑「……」

しろ「もしもーし」

緑「……」

しろ「……」


くろ「そらー」

空「2人ともどうしたの?」

しろ「今日は私たちがご飯を作るよ」

青「2人とも料理できるの?」

くろ「すっごいできるー」

空「じゃあお願いしようかな」

しろ「任せて!」

しろ「今日は野草の天ぷらよー♪」

くろ「しろー、『よもぎ』みつけたー」

しろ「ホントに?どれどれ……」

くろ「ここにたくさんあるよー」

しろ「くろ、これトリカブト」

くろ「んー?」

しろ「これじゃ2人とも死んじゃうよ!」

くろ「え……空、死んじゃうの……ぅ……ひく……」

しろ「大丈夫!食べなきゃ死なないから!」

くろ「ほんと……?」

しろ「ほんとほんと!」

くろ「よかったー」

しろ「うんうん」

くろ「じゃあ、とり……なんとかたくさんとらなきゃね!」

しろ「だーかーらー」


無「さてと……あれ?……あれれ?どうしよう紙がない……」

くろ「いろなしー」

無「あ、ちょうどよかった!くろ、紙をとってくれないか?」

くろ「かみ?わかったー」

無「ありがとう助かるよ」

くろ「おまたせー」

無「おぉ、サンキュ……これは?」

くろ「さらさらー」

しろ「痛いよ!くろちゃん引っ張らないでー!」

無「そうじゃなくて……紙だよ『ペーパー』だよ」

しろ「ペーパーだね!待ってて!」

無「遅いな……」

しろ「おまたせ!」

無「おぉ、あり……」

 カシャ カシャ

焦「色無のトイレ姿と聞いて」

桃「飛んで来ましたー!」

 カシャ カシャ

焦「笑って笑って」

桃「あははは!」

しろ「ちゃんと持って来たでしょ!ペーパー。私えらい?」

無「これはペー・パー!!どこで覚えたんだよ……」

しろ「違ったんだ……」

無「……ありがとなしろ、くろ」

しろ「うん!」


空「お姉ちゃん、色無先輩にDVD借りてきたよー」

青「ご苦労様、プレイヤーに入れるから貸して」

空「はい」

青「さてと……」

くろ「あおー」

 ぼふっ

青「あ」

 ばり

青「やっちゃった……どうしよう……」

空「DVD!! DVD!!」

くろ「でぃーぶーでぃでぃーぶーでぃ」

青「……」

無「しまった!! 空に貸したのAVじゃん!!」


空「お姉ちゃんどうしたら胸が大きくなるの?」

青「うーん……やっぱり牛乳かなぁ」

空「他には?」

青「よく言うのは……」

くろ「きこえないー」

しろ「大丈夫、耳を澄ませば……」

青「異性……よく……揉む……らしいよ」

くろ「どー?きこえた?」

しろ「……バッチリだよ!」

しろ「空!」

空「どうしたの?」

くろ「おっぱいおおきくしたい?」

空「できるの?」

しろ「任せなさい!」

くろ「えっへん」

空「じゃあ……お願いしようかな」

くろ「いくよー」

しろ「わっしょい!わっしょい!」

空「ちょ、ちょっと!!胸が痛い!!尋常じゃないくらい胸が!!」

しろ「威勢よく揉むと大きくなるんだよ!!」

くろ「わっしょいわっしょい」

空「それは『いせい』違いだって!!」

くろ「あれれー?」


空「もうすぐクリスマスだねー」

くろ「くりすます?」

空「自分の欲しいプレゼントが貰える日だよ」

くろ「おー」

しろ「そらは何が欲しいの?」

空「私? 私は胸が欲しいかなー……なんちゃって」

くろ「その願い叶えましょう」

空「え? ……祐○さん!?」

くろ「んー?」

空(気のせいか……)

くろ「ふふふ(きらーん)」

 翌朝

空「ん……朝か……なんだろう胸に違和感……なにこれええええ!?」

青「どうしたの!?」

空「胸の上に大量のトリカブトが……」

くろ「すーすー」


くろ「あおのむねに、にくまんついてるー」

 むぎゅむぎゅ

青「ちょ、ちょっと……んっ……止めなさい!!」

くろ「はーい」

無「……くろ」

くろ「どしたー?」

無「くろ、握手しよう」

くろ「んー? いいよー」

無(……これが青の胸のぬくもり……フフフ……)

青「色無、どうしたのかしら?」

しろ「ものすごくいやらしい気をビンビン感じる……」


空「お姉ちゃん、お姉ちゃん」

青「どうしたの?」

空「明日はいよいよ大晦日だよ」

青「そうね」

空「で、大晦日と言えば?」

青「え?……年越し蕎麦?」

空「お姉ちゃんには失望したよ……」

青「……」

空「大晦日と言ったら神社!!」

青「それがどうしたの?」

空「神社ときたら?」

青「お賽銭?」

空「お姉ちゃんはお金と食べ物のことしか頭にないの?」

青「……」

空「神社と言えば……そう、巫女服!!」

青「……そんなことは考えもしなかったわ……」

空「だからお姉ちゃん」

青「な、なによ……」

空「一緒に着よ」

青「着てもいいけど……どこにそんなもの……が……」

くろ「あおー」

しろ「似合う?」

青「……あの山のような巫女服は……?」

空「焦茶さんがね、全額自腹で」

青「……」


水「のびやかにーすこやかにー♪」

空「水先輩、ちょっとこっちに来てください」

水「?」

青「何も言わずにこれを着て」

水「……巫女服?」

空「着てください」

水「えぇ……でも、恥ずかしいよぉ……」

しろ「色無、巫女服大好きだよ」

水・青「ホントに!?」

しろ「う、うん……」

空「どうしてそんなことを?」

しろ「この間、くろと一緒に色無の部屋でかくれんぼしてたら」

青「してたら?」

しろ「巫女服着た人が映ってるビデオ見てたから」

空「……詳しく教えてくれる?」

しろ「うん、えーと確かその女の人が『神主さんの御神木すごく くろ「わぁーい」 です』って」

青「……よし」

空「お、お姉ちゃん!?」


くろ「いーろなーし」

 ガバッ

無「こら、くろ!重いから背中にしがみつくな!」

空「うーん……」

青「どうしたの?」

空「あの構図どこかで……」

青「空も?」

空「何かで見た気がするんだよ……」

青「うーん……」

空「あ!思い出した!」

青「え?なに?」

空「ヤムチャがサイバイマンに抱きつかれて死ぬシーンだ!!」

青「あぁ!!スッキリした」


今日は2人を連れてお買い物にきています

格好が格好だから見られたらあれだなーって心配してたけど

全く大丈夫だった

誰にも見えてないの

しろちゃんが純粋な人が減ったってぼやいてた

でも、そうするとウチの寮ってかなりすごいよね?

見える人いっぱいいるから

空「えーと、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、白菜……これください!」

お「お!元気がいいね!これオマケしとくよ」

空「いいんですか?ありがとうございます!」

空「えーと、じゃあこの肉とこれ下さい」

お「これと、これね……合計で777円です」

空「おぉー」

お「はい、お釣りとこれ」

空「飴?」

お「そこの2人に」

くろ「ありがとー」

しろ「ありがとう!」

なんだか2人のおかげで少し幸せな気持ちになりました


灰「あぁー!!!!」

空「どうしたの?」

灰「最近、本当についてない!!」

空「大丈夫だよ、待ってればきっといいことあるよ」

灰「いつあるの?」

空「えーと……そのうちかな」

灰「なんかムカつくから出てけー!!」

空「あ……灰ちゃん……」

くろ「んー?」

しろ「空、何してるの?」

空「ちょっと探し物を……」

くろ「わたしもやるー」

しろ「私も!」

灰「あー……さすがにヒドいことしちゃったな……」

空「灰ちゃーん!入るよー!」

灰「え? ちょっと……」

空「おじゃましまーす!」

灰「……まだ入っていいなんて言ってない」

空「ねぇねぇ、これ見てよ!」

灰「……何よそれ」

空「四つ葉のクローバーだよ、灰ちゃんが全然ついてなーい! って言ってたから」

灰「え?」

くろ「おそろーい」

しろ「おそろい」

空「みんなで探したんだ、はいプレゼント」

灰「……ありがとう」

空「どういたしまして」


無「ただいま〜。しろ、くろ。お土産買ってきたぞ!」

しろ「色無さん、おかえりなさい。わぁ〜。うれしい!」

くろ「ほう、珍しいな。どうした風の吹き回しだ?」

しろ「また、くろちゃん。うれしいくせに」

無「今日は節分だから太巻寿司をだな……」

くろ「全く、そういう商業主義に毒された習慣は良くないぞ」

無「でもウチにはお前たち座敷童子がいてくれるから、豆まきなんてしなくってもいいわけで、その分の予算でな」

しろ「そう言えばそうだよね。くろちゃん、頂こうよ!」

くろ「しろがそこまで言うのなら。ところでどちらの方角を向けばいいんだ?」

無「お前たちは北北西を向いて食ってくれ。無言で食うんだぞ」

しろ「うん」

無「よっこらしょ、俺はこっちを向いてと」

くろ「おい、色無、お前だけ方角が違うぞ!?」

無「俺にとってお前たちは恵方そのものだからな。それじゃ」

しろ「もう〜、色無さんてば。ウフフフ」

くろ「(///)」

3人「モグモグ」(3人で仲良く暮らせますように)


無「ただいま、しろ、くろ。いまメシ作るから——」

しろ「おかえりなさいませ、ご主人さま〜」

 ネコ耳+メイド服

くろ「……」

 ネコ耳+和服+フリフリエプロン

無「ブフォ!お前たちどうしたんだ、その格好?」

しろ「お天気良かったから、色無さんのお布団干したときに、下にこんな格好の女の人の本があったから真似してみたの」

くろ「私はしろに無理やりこんな格好にさせられたんだ……」

無(しまった、秘蔵の【お兄ちゃんのめいどさん】が!)

くろ「全く、色無の趣味は幅広いな。ケガラワシイ……」

無「ケガラワシイって……面目ない」

しろ「それでおんなじような格好をしてみたの?可愛い?」

無「うん、可愛いよ」

しろ「うわぁ〜い。くろちゃん、色無さん喜んでくれてるよ!」

くろ「そ、それで、私はどうなんだ?あくまで参考にだが……」

無「もちろんくろも可愛いよ」

くろ「そ、そうか……」

しろ「うわぁ、くろちゃんテレてる。可愛い〜!」

くろ「しろ、冷やかすな!」
しろ「それでは、ご主人さま。お食事を先なさいますか? お風呂を先になさいますか?それともわたし——」

無「わぁ〜、しょ、食事でお願いします」(汗

しろ「今日のメニューはローストビーフと五目いなりで〜す!」

無「ちょっと変わった取り合わせだけど、どちらも美味そうだな」

くろ「美味そうなのではない。美味いんだ!」

無「ゴメンゴメン」

しろ「くろちゃん、あんまりご主人さまをいじめちゃだめだよ」

無「ローストビーフはしろが、五目いなりはくろが作ってくれたのか?」

しろ「はい、大正解!」

くろ「どうせ外では野菜をろくに食べてなかろう」

無「ありがとう。それじゃみんなで一緒に食べよう」

くろ「おいおい、座敷童子は家主が喜べば食事はいらんと前に——」

無「俺、朝はゆっくり話もできないし、昼間は外食だろ? せめて夕食だけでも話をしながら楽しく食べたいんだ」

しろ「朝は色無さん忙しいからね。お寝坊さんだし。クスクス」

くろ「色無がそこまで言うなら食べてやらんこともない……」

無「それじゃ一緒に食べよう!」

3人「いただきます〜!」


男「さーむーらーいちゃーん♪あーそーぼー♪」

侍「貴様は何才だ?それにどこへ遊びに行くというのだ?」

男「寮」

男「ほらこれこれ。今日はどら焼きが浮いてるぞ」

侍「うわっ!どら焼きが徐々に減っていくぞ!」

男「(ヒョイ)どれどれ。ううん誰かが食べてるって感じだな。歯形から見て小さい子供ってところか」

しろ『かえしてー。』

侍「こっちもそうかの?(ヒョイ)」

くろ『かえせー。』

男「座布団を見ると少しへこんでるな。つまりここだけに特殊な重力みたいなのがかかっているんだ」

しろ『さわるなー。』

侍「ようするにここには小さい子供が座ってるというのか?」

くろ『さわるなー。むー。えいっ!(ドン)』

しろ『えいっ!(ドン)』

侍「おぅ?」

男「おわっと」

侍「い、いきなり抱きつくな馬鹿者!」

男「誰かに押されたんだよ!てか現在進行形で押し付けられてるんだよ!」

しろ『おせおせ。』

くろ『おせおせ。』

侍「貴様!今尻を触ったな!」

男「触ってねぇよ!お前こそ俺のけつ触んじゃねぇ!」

侍「この辱めの代償……かくなる上はこの刃で貴様と刺しちがえるしか」

男「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!」

空「早く素直になっちゃえばいいのに……」


空「やっと見つかった……」

水「見つかったね……」

むら「……」

空「しかし……紫先輩にそっくりですね」

水「うん」

黒「どうしたの……紫……着物?」

白「紫ちゃんどうして着物なんか着てるの?」

くろ「しろー」

しろ「くろ!」

紫「空、入るよー……え……も、もしかして……ドッペルゲンガー?!私死んじゃうの?!」

紫「……なるほどそういうことなんだ」

水「よかったよ。わかってくれて」

空「うーん……」

水「どうしたの?」

空「黒先輩と白先輩がしろとくろと一緒に並んでると姉妹に見えるのに」

水「見えるのに?」

空「紫先輩とむらさきちゃんが並ぶと双子にしか見えないんでしょうね」

水「……それは言わないお約束だよ。空ちゃん……」


無「ただいま。しろ・くろ、鯛焼き買ってきたぞ〜」

しろ「やった〜!色無さん大好き!(ギュッ!)

無「おいおい、急に抱きつかれると鯛焼き落としちゃうよ……」

くろ「全くしろは幼いなぁ。色無も色無でにやけた顔しない!」

無「だ、だ、誰がにやけてるんだよ!」

しろ「くろちゃんも固いこと言わずに色無さんに抱きついていいんだよ!」

くろ「だ、誰が……し、しろがそこまで言うのなら少しだけ……ヒシッ!」


くろ「色無、最近太ったのではないか?」

無「そ、そうかな?」

しろ「そう言えば、ほっぺのあたり丸くなってきたような気がするね」

くろ「遅くなるのがわかっている日は夕飯の分も弁当持たせているぞ」

無「感謝してます、はい……」

しろ「でも、お家ではいつもお代わりは1杯だけだよね」

くろ「ちゃんとカロリー計算してるんだが、もしや買い食いを?」

しろ「ジュースにはお砂糖たくさん入ってるんだよ」

無(会社で水色さんのお弁当ももらって食べてる話は口が裂けてもできないなぁ……)


無「あた、あた、あた、あああああああああ、当たったぁ!」

くろ「騒がしい!」

しろ「色無さん、どうしたの?」

無「商店街の福引でペア温泉1泊旅行が当たったんだ!」

しろ「よかったね。それで誰と行くの?」

くろ「そうだな。最近、働き過ぎだからたまにはゆっくりしてこい」

無「何言ってんだ? お前たちを置いて1人で行けっこないだろ」

くろ「それでは……」

しろ「私たちも連れていってくれるの?」

無「少しくらいなら家から離れても大丈夫なんだろ?」

しろ「1日2日なら大丈夫だよ」

無「それじゃ、これから旅行社でバスの席と宿の食事1人分だけ追加してくる」

くろ「ところでその温泉の効能は?」

無「若返り……(ニヤニヤ)」

しろ「色無さん、ひど〜〜い!」

くろ「喧嘩売ってるのか!?」

 旅行会社にて

無「このパックツアーの人数追加できますか?」

係員「追加料金を頂けるのでしたら可能ですよ」

無「それじゃ、バスの乗車券と宿の食事を1人分追加してください」

係員「不躾ですが、ご利用になるのはお客様ですか?」

無「ええ、そうですが……」

係員「お客様ってとても素敵だから、てっきりお連れさまは彼女さんかと」

無「いえいえ、そんな(彼女なんていませんが、何か?)」

係員(うふふ、それじゃ私がアタックしちゃおうかなぁ〜?)

しろ「くろちゃん、色無さんからなんだか黒いオーラが出てるよ」

くろ「係員の女からはもっとドス黒いオーラが出ているぞ」

 旅館にて

しろ「やっと着いたね」

くろ「しろはバスの中で大人しくしているのは辛かっただろう?」

しろ「そんなことないもん。ぜ〜んぜん平気だったよ」

無「そんな風には見えなかったんですけどね、しろさん」

しろ「それにしてもすご〜いお部屋だね!(話題変えなきゃ!)」

くろ「うむ。商店街の福引にしては豪勢だな」

無「6畳の次の間付き12畳部屋、本格書院造りだからなぁ」

しろ「本当、こんな立派な床の間を見るのは久しぶりだよ」

くろ「色無も早く出世して、こういう家を建ててくれよ」

無「はい、頑張ります。でもその前に今の家のローンが……」

くろ「食事の前に風呂でも見ておこうか?」

無「ああ。この部屋は庭に専用の風呂がついてるらしいぞ」

しろ「大きな檜の湯船にかけ流しのお湯が流れてきてるよ!」

くろ「なかなか風情があるな。色無、出世して——」

無「はいはい、せいぜい頑張らせて頂きます」

しろ「ねぇ。みんなで一緒に入って、背中の流しっこしない?」

くろ「し、しろ! なんてことを言うんだ!」

 帰宅後

しろ「ただいま〜!」

くろ「おいおい。みんなで出かけたんだから誰もいないぞ」

しろ「このお家に『ただいま』って言ったんだもん!」

くろ「いつも通りの日常生活に逆戻りだな」

無「おや、くろはこの家での生活が嫌なのか?」

くろ「そんな訳じゃないんだが、あの庭や風呂を見た後だとなぁ」

無「はいはい。それじゃ晩飯にするか?」

しろ「私たちは朝からご馳走食べたからお腹いっぱいだよ。ね、くろちゃん」

くろ「私はバスに揺られたせいか、いささか空腹だが」

無「旅行の後の定番『我が家でお茶漬けと漬物』でいいか?」

くろ「もちろん!」

しろ「それじゃ、私も〜!」

無「米が炊けるまでに洗濯でもするか?」

しろ「ちょっと狭いけど、3人でここのお風呂にも入ろうよ!」

くろ・色無「そ、それは……」


しろ「何作ってるの?」

くろ「きゅうりと茄子の糠漬け」

しろ「色無さん、そろそろ夏バテするころだから?」

くろ「べ、別にそういう訳ではなく、冷蔵庫の残り物をだな……」

しろ「ほんと、くろちゃんは優しいよね。私も何か作ってあげよ〜っと」

くろ「冷蔵庫、ほとんど空だぞ」

しろ「本当だぁ。お豆腐とネギしか入ってない。どうしよう(オロオロ)」

くろ「そんなときはだな……」

しろ「うんうん。そうだね!」

無「ただいま〜。ああ腹減った」

くろ「おかえり」

しろ「おかえりなさい」

無「いま何か作るからな——って、冷蔵庫に何かあったかな?」

くろ「何もないぞ」

しろ「本当だよ」

無「え、マジっすか!

くろ「だから、今夜は糠漬けと」

しろ「冷奴定食です〜。ネギは私が切ったんだよ!」

くろ「冷たいものの飲みすぎで胃腸も弱ってるだろうから、こんなものの方がいいぞ」

無「……俺って本当に果報者だなぁ」


白「『しろ』ちゃんも『くろ』ちゃんも『むらさき』ちゃんもたくさん食べてね。」

しろ「ありがとう。うまうま。」

くろ「うん。パクパク。美味しい。」

むらさき「ほんと、美味しいね。」

色無「松茸って赤松の落ち葉の下に生えてるんだよね?」

白 「そうらしいね。だけど、私はウチの山に行ったことないから。」

焦茶「色無のへその下に生えてる松茸って、もっと大きいよなw」

むらさき「小さい頃はシメジ位だったよ。色無も大きくなったもんだね。」

色無「む、むらさきッ!食事中になんてこと言うんだよ!(///)」

橙「それじゃ、そのお話は食後のデザート代わりにw」

桃「どうしてむらさきちゃんはそんなこと知ってるのかな?」

むらさき「爺様の家ではいつも色無とお風呂に入ってたから。」

全色(な、なんて羨ましい…)


しろ「色無さ〜ん。じゃがいも全部すり潰したよ♪」

くろ「ミンチ肉も野菜も荒熱取れてるぞ」

無「それじゃ、丸めてコロッケにするぞ!」

しろ「お〜! 色無さんも俵型がいいよね?」

くろ「何言ってるんだ、コロッケといえば小判型だろ?」

しろ「ふふふ。だからくろちゃんは『田舎者』って言われるんだよ」

くろ「失礼な、誰が田舎者だ!?」

しろ「くろちゃん」

くろ「しろの方が年増のババアのくせに」

しろ「歳の話をするんだったら、くろちゃんはもっと私に敬意払うべきだよ!」

無「どうやら腹が減るとイライラしてくるのは人間だけじゃないようだな」


しろ「色無さん、これ!」

無「おっ、しろはチョコレートくれるのか!?」

しろ「うん!私、色無さん大好きだもん!」

無「しろはいい子だなぁ」クシャクシャ←頭撫でてる

しろ「えへへへ。やった〜!」

無「くろはチョコレートをくれないのか?」

くろ「色無、もう少し歳相応に落ち着いたらどうなんだ!?」

無「と、言われましても」

くろ「お前ももはや菓子屋の謀略にマンマと引っ掛かるようなお子ちゃまではあるまい!?」

無「別にいいよ、俺は引っ掛かっても」

くろ「私がこの家に来た以上、もう少し家主であるお前を精神的に成長させなければいけないようだな」

無「俺、成長できなくってもいいよ。くろからチョコもらえるんだったら」

しろ「くろちゃん、ゴメンネ。昨日、私、色無さんに『くろちゃんもチョコ用意してる』ってバラしちゃった……」

無「と、言うわけです」

くろ「まったく2人とも仕方ないな。今年だけだぞ!」

無「そんなこと言わずに来年もお願いします」

くろ「私の頭も白みたいにクシャクシャしてくれたら考えないでもない」







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 14:45:09