灰メインSS

男「——で、俺が呼ばれた理由はなんですか?」

灰「……ぐぅ」

男「人を家に呼んでおいて寝てんじゃねぇよ。『鍵空いてるから勝手に入って来い』とか言うのも、次から無しな」

灰「……、……?……ふぁぁ………あぁ。いらっしゃい……お茶菓子は下にあるから、勝手に持ってきて……」

男「それもちょっと間違ってるから。まぁいいや、それで用事はなんなんだ?」

灰「用事……?なんだっけ………ぐぅ」

男「おーい。頼むから寝るな。 ———また、黒のことじゃないのか?」

灰「……!!」

男「図星だな。顔に書いてある」

灰「そうだ………うん。 昨日、また、学校で………姉様の、嫌な話を……」

男「あー。アイツはあんな性格だからな、しょうがないよ」

灰「でも……でも、私は、そんなのイヤだよ……」

男「……それは、俺たちがどうこう言っても、どうしようもない。あの不器用な生き方を直せって言っても、アイツは絶対聞かないだろ?」

灰「だけど……」

男「だからさ。アイツに嫌われてない俺たちが、ずっとアイツの味方でいてやればいい」

灰「——!」

男「そもそも、万人に好かれる人なんていないんだから。だから、人はそうやって生きていけばいいと思う」

灰「あ……——うん。わかった……ありがとう。これからも、姉様をよろしくね?」

男「もちろん」

灰「よかった……姉様、アナタのことが大好きだから」

男「っ、ははは。それなら尚更———、ぇ?い、今……なんて言った?」

灰「あぁ、安心したら眠くなってきた……。おやすみ………と、その前に」

           『ちゅっ。』

男「ッ!!!?」

灰「おやすみのちゅー。姉様がいないから、代わりに……ね。それじゃおやすみ……」

男「………………あ、ぇ、え、ぇえーと……?」

灰(……えへへ………♪)


灰「zzzzzzzzzzzz」

黒「こら。起きなさい。今日はお天気いいから、お布団干すよ。

  あんた、いっつもお布団敷きっぱなし寝っ転がりっぱなしで、お布団が汗吸いまくりなんだから」

灰「あぁ〜? ぇえ〜? おねーちゃん? ……………………………………チッ。何様?」

黒「…………聞こえてるよ」

灰「痛い痛いぃ〜。髪引っ張っちゃ、や〜」

黒「だったら起きなさい。この暑いのに昼過ぎまで締め切ってクーラーもつけずよく平気ねぇ。あんたは」

灰「起きるよりマシぃ〜。えへへぇ〜」

黒「…………ッ! お布団かぶりなおさないでッ! 見てるこっちがあせも出てきそうッ!!」

灰「お布団帝国、ばんじゃ〜い………………zzzzz」

黒「あんた、お肌弱いくせにだらだらするためならお肌いじめるのやめなさい!」



  ばッ!



灰「ぎゃあああああああああああああああああああああああ」(棒読み)

黒「…………どこまで生きる気力ないのよ、あんたは」



  げしッ    ずっ……



灰「蹴ったね……親父にも蹴られたごろごろごろ〜♪」

黒(……ダメだッ! 下布団までとっても、畳の上で頬擦りしてるッ!!)

灰「…………おねーちゃん、そーゆー鬼みたいなことずばずばやるから嫌われるんだよ?

  妹として心配だよ……いや、こんな格好でなんだけど、マジメな話」

黒「おねえちゃんとしては、壁際まで転がっていって無意味に足だけあげて壁を擦りつつ

  右手だけあげてくるくる回してるあんたのほうがよっぽど心配よ」

灰「…………これ以上構うようなら、お姉ちゃんといえど、呪うよ」

黒「…………」

灰「…………」

黒「…………呪えば?」

灰「…………めんどくさいからやらないと知っての言い草かぁ〜」

黒「もう、勝手にしてなさい。暑いから風邪はひかないでしょ…………」


灰「だら〜………」

色無「(また放課後まで残ってるよ……)」

灰「だら〜………」

無「(今日は赤の自主練に付き合わされて体ぼろぼろだし、しょうがない、気づかないふりして帰ろう…。気配を殺せ、俺!)」

灰「……あ〜…そこのドアんとこにしゃがんでる人〜」

無「なぜバレたっ!?」

灰「……何が…?」

無「たまたまかよっ!!いや何でもない」

灰「あ……色無しくんじゃん…」

無「それも適当かっ!誰でもよかったのかよ!」

灰「とにかくこんないたいけな少女が放課後に一人教室に残ってるんだから、声ぐらいかけたらどうよ〜?」

無「いたいけな少女だったらそんなこと言わねぇよ!」

灰「かけたらどうよ〜?」

無「……こんな時間にどうしたんですか灰色ちゃん(棒読み)」

灰「…いやぁ帰るのめんどくさいから、誰かおぶってってくれないかなぁと」

無「やっぱりまたかよ……。悪いけど今日はとっても疲れてて、人一人おぶって帰るなんて

灰「あぁもう学校泊まっちゃおうかなぁ〜……。でもたまたまここを荒らしにきた不良集団に襲われちゃうかもなぁ〜……。そうなったら絶対誰か呪ってや

無「わかったわかった!!おんぶすればいいんだろおんぶすれば!」

灰「やった〜ありがとう色無しくん大好きだよ(棒読み)」

無「まったく感情入ってねぇよ……。はやく肩つかまりな」

灰「ん……よいしょっと。半分本気だったんだけどなぁ……」

無「え……?」

灰「前半部分」

無「ありがとう色無しくんの部分か!!少し期待した俺がバカだった……」

灰「(ほんとは両方本気だけど……まぁいまは言わないでもいっか。ダルいし…)」

無「(こいつは将来大丈夫なんだろうか……)」


灰「……だら〜………」

男「(またかよ………)」

灰「……だら〜………」

男「(今日も赤の自主練に付き合わされてもうぼろぼろだし………。よし、今日こそ気配を殺せ俺!!)」

灰「……だら〜………」

男「(よし、いまのうちに後ろのドアからそ〜っとそ〜っとホフクゼンシンで…)」

灰「……ちょっとちょっと〜…」

男「(!!バレたか…!?……いや、俺とは限らないじゃないか!まだ反応するな!!)」

灰「……返事ぐらいしてよ色無しくん…」

男「っが〜〜〜!!なぜバレた!?前向いてたじゃん!!」

灰「最近は振り向くのめんどくさいから手鏡使って周りの確認してる……」

男「いったいどこの忍者だっ!!!」

灰「それはそうと帰るのめんどくさいんだけどなぁ〜……」

男「待ってくれよ、ほんとに今日はもう無r…」

灰「そういうと思って……今日はこれを持ってきました…」

男「台車!?そこまでして楽したいのか!?」

灰「…準備おっけ〜……」

男「………押せばいいんだろ押せば!!!……ってかお前、これ持ってくるほうがめんどくさかったんじゃないか?」

灰「……キミが押してくれるなら、そのくらいの努力はするに決まってるじゃん…」

男「そこまでして俺をいじめたいかぁ〜!!!orz」

灰「(なんでそう捉えちゃうかなぁ……まぁいっか。)」


男「…あ、あんなところに灰色がいる。お〜い灰色〜」

灰「………色無し…?」

男「買い物でも行ってたのか………っておい、なんでいきなりしゃがむんだ」

灰「疲れた……もう歩けない……」

男「いままで普通に歩いてただろうがっ!」

灰「…実は物凄く我慢して歩いてたんだ。で今限界を迎えました」

男「ふざけんなって………お前外でも俺をこき使うつもりか!?」

灰「疲れた〜歩けない〜死ぬ〜」

男「………」

灰「早く帰らないとまたお姉ちゃんに怒られちゃうよ〜…。どんなに厳しいか知ってる?あの人身内にはまったく容赦しないから……あぁやだな〜」

男「……わかったわかった、わかったから。女の子が地べたにあぐらなんてかいちゃいけません。それにちゃんと前を隠しなさい前を、スカートなんだから」

灰「……あ、見たな〜。これはちょうどいいや……見物料として寮までつれていきなさい」

男「はぁ〜……なんか慣れてきた自分が嫌になる……。早くつかまれ」

灰「んしょっと……。ん、やっぱり色無し大好き〜」

男「わざと耳元で囁くな耳元で」

灰「あ、もしかして色無し照れてるの〜…?初心なんだなぁ………」

男「ほっぺたをくっつけるな!!」



橙「行かせて!!何もしないから行かせて!!!」

赤「絶対だめ!!いまあなたを行かせたら灰色ちゃんの命が危ない!!」

黄「落ち着いて!!とにかく落ち着いて!!!」


男「ふぁ〜……お、灰色、おはよ」

灰「…ん〜おはよ〜」

男「珍しいな灰色がロビーにいるなんて。いつもならまだ寝てる時間じゃないのか?」

灰「……鬼畜お姉に起こされた……」

男「黒に?今日なんかあるのか?」

灰「寮のごみ当番の日……」

男「あぁ、今日灰色だったっけ。………って、もうこんな時間だけど?始まってるんじゃない?」

灰「…あ〜……そだね」

男「……いや行けよ!」

灰「……うぅ〜、ちょうど今金縛りにあって動けなくなっちゃった〜」

男「金縛りなら声も出せないはずだけど?」

灰「…………」

男「……わかったわかった、そんな目で見るな。無言で訴えるな攻撃力が倍増するから」

灰「金縛り中だから……声でない…」

男「出てんじゃん……。ほら、乗っかれ」

灰「んしょっと……。……色無し、甘いなぁ。そんなんだから他の子たちにもいいように使われるんだよ?」

男「お前に言われたくないわ!!」

灰「…せめて使われるのは私にだけにしてほしいよね」

男「……はい?」

灰「色無しは私のモノだから」

男「あれ俺物扱い!?」

灰「(そっちの意味じゃないのに……)」


黒「……いつまで起きてるつもりなの?」

灰「…え〜?いやこの面クリアしたら寝ようかなぁと」

黒「…さっきも聞いたけどそのセリフ?」

灰「…あ〜そう………」

黒「……明日学校だよね?」

灰「…ん〜、そだね〜」

黒「起きれるのかな?」

灰「…きっとお姉ちゃんが起こしてくれるよ」

黒「あんたねぇ………自分はよくても同じ部屋にいる私が眠れないの!!あんたを起こす私が明日起きれなかったら、二人とも遅刻でしょ!?」

灰「……あ、いまいいとこだから」

黒「ふざけんな!だいたい起こしてもらう身なのになんでそう態度でかいの!?」

灰「いまほんとにいいとこ〜」

ブチッ

灰「あぁ!?お姉ちゃん電源抜くのは反則だよ!!」

黒「こんな時間までゲームしてるほうが悪いの!!」

灰「も〜……そうやってかりかりしてるから色無し君もあんまり近寄ってこないんだよ?」

黒「……関係ないでしょ。あんた夜はテンション高いのね、昼間あんなんなくせに」

灰「最近オレンジちゃんにすっかり取られてるじゃん!いいの!?あんなんで!?」

黒「…………」

灰「ね?もう一度よく考えて!じゃ、お姉ちゃんが考えてる間私はゲームを」

黒「させてたまるかぁ!没収に決まってるでしょ!!」

灰「えぇそんなぁ!人殺し!!」

黒「何とでもいいなさい!!」


黒「起きなさいぐーたら娘」

灰「……ん〜………」

黒「学校遅刻するわよ」

灰「…すー……」

黒「寝るな!」

灰「…あぁ〜…My布団〜……」

黒「たまには朝から散歩する余裕があるくらい早く起きたらどうなの!?」

灰「……そんな余裕あったらその分寝る前にゲームするわ」

黒「くそ、このゲーム脳め……」

灰「…あ〜…学校めんどくさいなぁ…」

黒「とにかく起きてから発言しなさい。枕に顔をうずめるな」

灰「あぁ、My枕〜……」

黒「ちなみに敷布団ももうたたんだから……ってだめだ、やっぱり床に直でごろごろしやがる」

灰「眠たいよ〜行きたくないよ〜」

黒「……明日からそのへん画鋲まいとくか」

灰「(ピタッ)………………」

黒「…………?」

灰「……………」

黒「…………??」

灰「(ガバッ)お姉ちゃん、遅刻しちゃうよ!早く起きて!」

黒「こっちのセリフだ!!」

灰「この時間帯に登校しないと、色無し君に会えないよ!?」

黒「「いちいち私に言うな!」

灰「最近朝は深緑さんがよく電柱と間違えたふりして色無し君にアタックしてるから、お姉ちゃんも頑張らないと!!」

黒「ふりしてとか言うな!あの人は本物なの!だいたいあんたに言われたくないっ!」

灰「ほらほら早く行って、お姉ちゃん!………ふぅ、さ〜て、もう一眠りするかな…」

黒「させるか(げしっ」

灰「あぅっ!」


橙「ふー……」

男「どうしたよ?ため息なんかついて」

橙「いや、すっごく眠くて………ここ、クーラーもついてるから気持ちよくて」

男「あぁ、そういう。 俺のベッドでよきゃ寝ていいぞ。バイトで疲れてるんだろ?」

橙「んー……じゃあ、お言葉に甘えよっと……(モゾモゾ)……———!!?」

灰『……あれ?色無じゃない』

橙「な、なッ、はは、灰色ちゃん!?な、なんで色無のベッドに潜ってるの!?」

灰『………姉様から、逃げるタメっていうのとー……』

橙「と?」

灰『……色無のベッド、ものすごく気持ちいいから……だから、ここでずーっと寝てたの』

橙「い、色無は気付いてなかったんだけど……いつから?」

灰『……?色無、ちゃんと知ってるよ』

橙「え?」

男「さっきから何をブツブツ……あ、灰色。またここで寝てたのか。まぁ別にいいけど……ケンカは他所でやってくれな」

灰「らじゃー……。でも、いざというときはまたよろしくね……」

橙「………」

男「悪いがパス。キレかかった時の黒ほど怖いヤツもいないからな」

灰「けちー。ま、いいや……おやすみ」(モゾモゾ

男「まったく、大丈夫なのかねコイツは……あ。悪いなオレンジ。ベッドはダメだから、ソファーでも……お、オレンジ?」

橙(………見てろよぉ、灰色ちゃん……色無は絶対に渡さないからね……!)


灰「お姉ちゃ〜ん、ペン貸して〜?」

黒「いや」

灰「けち」

黒「あんた持ってるでしょ」

灰「じゃあお姉ちゃん、外行って〜」

黒「なんでよ?」

灰「う……うずいてきちゃったの…もう止まらないの…だから一人で…」

黒「気持ち悪いからやめなさい」

灰「お姉ちゃん、後ろ後ろ!」

黒「何にもないわ」

灰「お姉ちゃんどいて!そいつ殺せない!」

黒「何、それが言いたかったの?っていうか暇なのね」

灰「そうだよ〜暇なんだよ〜………」

黒「勉強でもすれば?」

灰「よ〜し、だらだらするぞ〜………」

黒「今聞こえてたよね?」

灰「………」

黒「………」

灰「………色無しでも呼ぶか」

黒「……なんでまた」

灰「嬉しいくせにぃ」

黒「OK、死にたいらしいな」

灰「ごめんごめん!!ごめんってお姉ちゃん!!」

男「(ガチャ)お〜い黒〜、朱色さんが呼ん……!……そっか、お前らただの仲のいい姉妹かと思ってたけどそうだったんだな、ごめん、誰にも言わないよ。じゃ」

黒「………………灰色?どうやって責任とってもらおうかしら?」

灰「あっはっは!!!もう色無しサイコーwwwww…………ってわかったごめんいますぐ誤解解いてくるからやめてお姉ちゃんやめて!!」


男「ふ〜、今日も疲れたな……と」

ガチャ バタン

男「ちょ…灰色!!黒から逃げてくるのはいいけど着替え中にいきなり入ってくんな!!」

灰「………(ササッ」

男「スルーして布団の中かよ………。ちょっとは動揺した俺の気持ちも考えてくれ」

黒「灰色〜!!今日は許さないよ!!どこに隠れたこらぁ!!」

男「………よし、行ったぞ」

灰「………一安心」

男「おまえ、黒関連になると動きが速くなるよなぁ。口喧嘩のときもそうだし、逃げてくるときもそう」

灰「…ちがう、寮にいるときと夜はテンションが高いの。ここはいわば充電器。外に出るときは無駄な電力消費を抑えてるの」

男「ほほう」

灰「お姉は強制充電器。なぜかテンション高くなる」

男「ふ〜ん……姉妹のつながりってやつかねぇ」

灰「………色無し、そのズボン前後ろ反対。お尻のだぼだぼが前に来ちゃって、ちょっとしたアレみたいになっちゃってるよ」

男「え?あ……っていうかお前がいきなり入ってきたから焦ったんだろうが。ほれ履き直すから布団ん中もぐれ」

灰「別に見たってなんとも思わないのに………(ゴソゴソ」

男「…………よし、いいよ出てきて」

灰「……………」

男「……?灰色?」

灰「すー…すー…」

男「こいつ…寝てやがる…。ったく、俺は床で寝るのか?」

ガチャ

男「!!!!!」

黒「抜き打ちチェックしにきた甲斐があったわねぇ〜?色無し、迷惑かけてごめんね。いますぐ独房に入れるから待ってて」

灰「むにゃむにゃ……ん……色無し?じゃない…誰?……………………………悪魔だ!悪魔が存在した!!」

黒「誰が悪魔だ!!!とにかく続きは署のほうで聞こうじゃないか?」

灰「(ずるずる)うわ〜ん助けて〜色無し〜っていうかお前裏切ったな〜……

バタン

男「俺別に何もしてねぇよ……」


灰(ガチャ)「……色無ー、お昼だよ」

男「あぁ、はいはい………!?お、オマエは誰だッ!!さては灰色の皮を被った黒だな!?」

灰「……ぅ?」

男「でなきゃ、灰色がわざわざ俺のところまでメシを持ってくるハズがないッ!あの堕落の権化とも言える灰色が」

灰「なんでもいいけど、ここに置いておくよー……それじゃおやすみ」

男「……さも当然のようにベッドに入ってんじゃねぇよ、おい。 でも、こんなことするのはやっぱり灰色しかいねぇよなぁ……」

灰「zzz……」

男「……どれ、ちょっと頂いてみるか。ミートソースのパスタなんて、なかなか美味そうじゃん」

 パクッ。

黒(ガチャ)「灰、またどうせここにいるんでしょ!?さっさと———あれ?色無、なに悶えてるのよ」

男「ここ、この、これのパスタが、もう」

黒「………食べちゃったのね、ソレ。あぁもう、よりにもよって色無に食べさせるなんて。あのばか」

男「みみ、みず、みじゅ……」

黒「ソレね、あの子のだらけきった神経を刺激しようとタバスコを思いっきり振ったパスタだから……それにしても、なんで気付いたのかしら」

男「……さきに、たすけて、くれ」

黒「あ、それもそうね。 ……じゃあ、あの子が変なモノを食べさせたお詫びも兼ねてと」(チュッ

男「———!!?」

黒「ん……んぐ、…———ぷはぁ……。 やだ、ホントに辛すぎるじゃない。舌に残ってるのだけでこんなに辛いなんて……でも、これくらいじゃないとあの子には効かないハズ」

男「……ぅ、ぁ………」(ボーゼン

灰(……………むー……、……………ふんだ……)


灰「お姉ちゃん」

黒「…何?」

灰「何してんの?」

黒「見ればわかるでしょ」

灰「だから、なんで勉強なんかしてんの?もうテストも終わったっていうのに」

黒「私は毎日コツコツやるタイプなの。あんたと違ってね」

灰「ふ〜ん。じゃあ、部屋にいたら邪魔?」

黒「多少ね」

灰「なら出て行くね」

黒「……待ちなさい、どこに行く気?」

灰「…どこって、色無んとこだけど?」

黒「……ちょっとそこ座れ」

灰「やだ」

黒「あんたねぇ、あいつにどれだけ迷惑かけてると……って待ちなさいこら!!」

灰「色無ぃ、かくまってくれ!!」

男「……またか、今度は何したんだ?」

灰「特に何も……」

黒「……あんたねぇ、特に何もってことはないでしょう」

灰「お姉ちゃん!?もう来ちゃったの!?」

黒「帰るぞこのバカ妹!」

灰「あぅぅぅ………引きずらないで〜……。あ、またな色無ぃ」

男「あ、あぁ」

黒「またなじゃねぇ、もう押しかけるな!」

灰「………お姉ちゃん、嫉妬は醜いよ?(スパーン)あ痛、なんで叩くかなぁ!?」

男「あの二人……いっつも仲いいよなぁ」


「いろなし」

「何だ? 灰」

「あつい」

「そりゃ、7月にもなってベッドに2人でいれば暑いだろうな」

「あ〜つ〜い〜」

「いや、そもそも、俺が寝ているところにお前が入り込んできたんであって」

「あ”〜〜つ”〜〜い”〜〜」

「あぁもう分かった分かりました。……まぁ、俺も暑いと思ってたからな、カキ氷でも作るか」

「いちご」

「おk」

ガ〜リ、ガ〜リ、ガ〜リ

「ほい、お待たせ。……灰?」

「……す〜……す〜……」

「こいつ、寝てやがる……どうすっかな、溶けたらもったいないし、かと言って一度寝たらなかなか起きない奴だし……」

「す〜……す〜……」

「……………………………………………………うり」

ぴと。

「うひゃぇあぅっ!?」

「おー、簡単に起きたな。次からはこうやって起こすか」

「うぅ〜〜〜〜〜」

「唸るな唸るな。ほれ、イチゴだ、食うだろ?」

「……たべる。しゃくしゃくしゃく……」

「俺も食うか。しゃくしゃくしゃく……」

「「キーーーーーーーン」」


灰「待て、待ってくれ姉者!時に落ち着けって!」

黒「なんなのその口調は!!」

灰「いや待ってよ!私がこんなことすると思う!?」

黒「思うな」

灰「ちょ、信じてよお姉ちゃん!ほんと私じゃないんだって!」

黒「………わかった、一応信じよう。……でもなら誰がやったっていうの?」

灰「う〜ん………私が起きたときにはもう……」

男「……どうしたんだ二人とも深刻そうな顔して?」

灰「あ、色無ぃ。実はね」

黒「なんでもない!なんでもないんだ!!」

灰「ん゛〜ん゛〜!!」

男「…?なんでもないって…」

黒「ちょっと夕飯の考え事をしていただけなの!!じゃ、じゃあねまたあとで!!」

男「…明らかに挙動不審だったけど……まぁ黒がああ言うなら大丈夫かな…?」

灰「ぷはっ…はぁ…はぁ…」

黒「危なかった……」

灰「……いきなり口押さえないでよ!!それにしても…お姉ちゃんも恥ずかしがるんだねぇ。てっきり言っても差し支えないかと……」

黒「あんなこと色無に言えるわけないでしょう!!」

灰「昔はそんなこと思いもしなかったくせに……。さてはお姉ちゃん、色無を男として見てるな!?」

黒「な……」

灰「やっぱりそうか〜、うん、お姉ちゃんも思春期なんだねぇ」

黒「……いまはそんなことどうでもいいわ。それよりあれ、どうしてくれるの?」

灰「だから犯人がわからないと……って待て姉者時に落ち着けって!!そんな物騒なもんしまってくれぇ!わかった、もう色無絡みではからかわないから!!」


黒「この時間から働くって人もいるのに、それに比べてあんたは何してんの?」

灰「…マリオ」

黒「しかもえらく古いわね」

灰「…ブラザーズ2」

黒「…せめてマリオRPGぐらいにできない?」

灰「……いまクッパ黙れ姉者」

黒「ぐ……。ま、今日は宿題も終わらせてるみたいだし、別にいいか。遅くても2時には寝なさいよ」

灰「……ん」

黒「じゃおやすみ」

灰「おやすみ」

黒「…………」

灰「………ぐ…」

黒「…………」

灰「……ぁ……」

黒「…………」

灰「くそぉぉ!!」

黒「るっさい!静かにやれ!!」

灰「だってもう10回も死んでるんだよ!?しかもそのうち同じところで6回!!」

黒「知るか!!」

灰「くっそ〜…あと1機しかないじゃん……」

黒「…………」

灰「…………ぇ」

黒「…………」

灰「…………うそぉ?」

黒「…………」

灰「なんてこった!!スライムにやられるなんて!!」

黒「いつのまにDQ!?」


「え〜っと……この列の残りは2と7だから、このマスには……あれ? 2も7もかぶるぞ?」

コンコン

「は〜い、どちら様〜? あ〜くそ、どこで間違ったんだろ」

「黒だけど、灰が押しかけてないか?」

「ご明察。開いてるから、どうぞ〜。ここまでは合ってたよな……ここに6を入れたのが失敗か?」

「それでは失礼して。灰、起きな、帰るよ。……うん? 色無、何やってるんだ?」

「数独パズルだよ。賞品のDSvipが欲しくてやってるんだけど、これがなかなか……」

「解くのが楽しいでいるではなくて、正解が知りたいだけ? だったら灰にやらせたらいい」

「灰に? なんで?」

「いいからいいから。灰、もう目は覚めた?」

「ん〜……」

「ならこっちに来て。このマスとこのマスに入るのは?」

「4と1」

「即答かよ! マジで!?」

「灰はね、こういう数学系パズルが得意なんだ。面倒臭がって自分からやろうとはしないけどね」

「へぇ、灰って実は頭良かったんだな」

「テレテレ」

「……なぜ照れ照れと口で……」

「リアクション、めんどう」

「……とまぁ、こういう娘だからね。残念ながら学業には全く活きてない」

「黒ねえ」

「ん?」

「ねむい」

「あっとここで寝るのは駄目だぞ? 部屋まで我慢なさい。それじゃ色無、また明日。おやすみ」

「おやすみいろなし……(うとうと」

「お、おぅ、おやすみ」

ぱたん

「…………う〜ん、妙な敗北感があるのはなぜだろう……」


灰「たまにはさ、温泉でもゆっくりつかってさぁ、日頃のほにゃららを洗い流してねぇ……」

黒「…行きたいの温泉?」

灰「そうじゃない。私みたいな庶民はツムラ温泉の素で十分ですよ……」

黒「ならそうすればいいじゃない」

灰「でもさぁ、たまには可愛い妹を温泉に入れてあげようかなぁって考えとかは出て来たりしないの?」

黒「なんで私が……?」

灰「いつも迷惑かけてる妹に感謝の気持ちとかないの?」

黒「………殴るのは後にしてあげるわ。何が言いたいの?」

灰「いやぁ温泉の素切れちゃっててさぁ…………買って来い姉者」

黒「…言い残す言葉はそれだけ?」

灰「いやごめん今回はさすがに調子乗りすぎたかなぁとか反省してるけどでも金曜夜でなんだかハイテンションだったりして自分でも何を言ってるかだからぁ!!」

黒「……もういい?」

灰「だからそれだけはぁ!!刃物だけはどうかしまって頂きたいよ!!」

黒「これで何回目かなこんな展開?そろそろ我慢できないよ?」

灰「いやってゆーかその業物はどうしたのお姉ちゃん!!」

黒「護身用に侍から一本借りたの」

灰「お姉ちゃん護身用とか必要ないでしょ!?むしろ天敵の多いクリームちゃんあたりが持つのが妥当かと…って振り上げないでぇぇ!!」

黒「今日は傷の一つぐらいつけさせてもらうわよ?」

灰「傷どころじゃないよ!!傷跡の残る部分ごとバッサリやられてしまうよぉ!ごめんだから!!今すぐ自分で買ってくるからお姉ちゃん!!」

男「(ガチャ)黒〜、飯できた……って……そうか、お前らがあれなのは知ってたけどそっちの気もあったんだな…。ごめん、じゃ(バタン」

黒「……この展開も何回目?」

灰「色無ぃ!!今回はヤバイって!!助けてぇ!!」


灰「海の日だし、海、行きたかったなぁ………。毎年行ってたのに」

黒「去年もおととしも行った覚えはない。それにあんた、晴れたら晴れたで暑いとか言って冷房の効いた部屋に閉じこもってるでしょう」

灰「ばれた?」

黒「ばれた」

灰「でもほら、今年は行きたいよね?去年までと違って色無とか他の人たちもいるし」

黒「まぁ……そうね。みんなで行けば楽しいかもね」

灰「じゃあ来週?」

黒「そうなるかな」

灰「よ〜っし、じゃあ来週みんなで海に行ってらっしゃ〜い!!」

黒「………ちょっと待ちなさい、なんであんた送り出す側なのよ」

灰「私は冷房の効いた部屋でゲームしてるから」

黒「あんたも来るのよ!っていうかあんたが言い出したんでしょう」

灰「OK、ここは公平を期すために色無に決めてもらおう」

黒「意味がわからないわ……」

灰「さて色無」

男「ん?」

灰「お姉ちゃんの水着見たい?」

男「な……お前なに言い出すんだよ!!」

黒「………灰色?あなたやっぱりまだわかってないようね」

灰「あ、あぁそうかぁ!!まったく、色無ったら早く言ってくれればよかったのにぃ///………私のが見たいのね?」

男「ぶ!!」

黒「……結局あなたは何がしたいの?」

灰「とにかくみんなを海に行かせて一人でゆっくりゲームがしたい」

黒「………OK、ゲーム没収ね」

灰「待ってぇ!!ごめんなさいそれだけはぁ!!」


灰「……よっす色無ぃ」

無「お、どうした。また黒から逃げてきたのか」

灰「まぁね。お姉ちゃんも頭が固いから……この私の素敵な理論を理解してくれないんだよ」

無「屁理屈理論か。俺もさすがに理解できんわ、そりゃ」

灰「じゃなかった、今日は別に避難じゃなくて」

無「じゃどうした?」

灰「クリームちゃん食べに来た」

無「な……いねぇよ、ここには」

灰「さっき廊下で黄色がうろうろしてた。あいつがうろうろするなんて、金か食欲かのどっちか。どうせクリームちゃん追いかけてたんでしょ。ほら、出して」

無「いないって。学校の図書室じゃね?」

灰「今日は夏休みだし校舎開放の日でもない。(バッ)……ほうらやっぱりここにいた」

薄「ひゃ!?」

無「あ〜……やっぱ駄目だったか」

薄「うぅ……食べないで……」

灰「大丈夫。じゃーん、今日はこれ」

無「いやさっき食べに来たって言ってた……ってなんだそれ?」

灰「糖度計。休みになる前に学校から勝手に借りてきた。さ、クリームちゃん、測定しましょ」

薄「ひゃ……冷た……」

灰「!!」

無「? どうしたんだ?」

灰「これは……」

薄「へ……? 何か……まずかったですか……?」

灰「糖度20%……」

無「うそぉ!?」

灰「甘いわけだ……。じゃさっそく、いただきま〜す」

薄「食べないって言ったのにぃ!!」

男(糖度20……くそ、食べたくなってきた……)


灰「学校の怪談おもしろいなぁ」

黒「何あんたそんなの見てんの」

灰「人面犬とかいたらペットにしたいなぁ」

黒「そうなったらあんた一人で面倒みなさいよ」

灰「ろくろ首とか最高だなぁ。私もなりたいなぁ……」

黒「……なってどうするつもり?」

灰「首だけ学校行けるじゃん」

黒「……想像したら結構気持ち悪かったわ」

灰「……そうだ、肝試ししようよみんなで。百物語はそろそろ飽きたからさぁ」

黒「……そうね、悪くないかも」

灰「色無に頼んでみるかぁ。…………」

黒「…………何してんの?」

灰「………あれ?念じたら近くを通りかかるのが色無クオリティのはずなのに……現れないな」

黒「そんないっつも都合よく現れるわけ

ガチャ

男「黒ぉ、群青さんがみんなの通知表見せろって……」

灰「……やった♪」

黒「………そんな」

男「……え、何?俺なんかまずいことしちゃった?」


灰「・・・色無」

無「ん、なんだ?」

灰「メロンパン」

無「・・・は?」

灰「メロンパン買ってきて」

無「いや、意味が分からんのですが」

灰「私は今メロンパン食べたい気分なの。だから買ってきて」

無「めんd~『買ってきて。』

無「・・・俺はパシリですかそうですか」

—10分後

無「ふぅ・・・ほら、これでいいのか?」

灰「ん、ご苦労だった」

無「お金は?」

灰「奢りでしょ」

無「・・・ビキビキ(^ω^#)」

灰「じゃ、いただきま〜す♪・・・はむはむ♪ん〜、このカリッとした皮と中の生地が絶妙♪」

無「(・・・幸せそうに食べるなぁ。こんなに喜んでくれるならまた買ってやろうかな)」

灰「・・・何、欲しいの?」

無「いや、別に」

灰「じゃぁそんなにジロジロこっち見んな!ばか!」

無「(・・・前言撤回)」


教室に灰色と色無がいるようです

灰「……くー……」

無「…………」

無「ふぅ、ばれなかったか……灰色をおぶらないで帰るの、久しぶりだな」

 玄関

無「だけどあれだな。急に重りがなくなるとなんか…物足りないな」

—————ずしり

無「そうそう、毎日このくらいの重さが……って、灰色?」

灰「ばれないとでも思ったかー…くー…」

無「おい、寝るのはいいんだが、今靴結んでる態勢なんだ」

灰「見ればわかる」

無「だろ?でだな……よけてくれないと立てないんだが?」

灰「この非力め…マジレスすると、どくのメドイ」

無「———帰りたいのだが」

灰「立てなければ永遠にそこにいればいい」

無「これが狙いか!?くそ、無部だからって馬鹿にしやがって——」

灰(ほんとはずっとこうしてたいだけなんだけどね…)

無「…なんかいったか?」

灰「なんにも」


無「黒ぉ、部屋に入るぞ」

黒「部屋が散らかってるから少しは掃除しなさい!!」

灰「めんどくせぇなぁ…」

黒「ならば力ずくで…」

黒が背中から金属バットを持ち出した!!

灰「OK、OK。わかった姉者。落ち着け、な?」

黒「めーん!!」

灰の顔面めがけてバットが振り下ろされるが金属独特の鈍い音が部屋に響いた

灰「まったくむかつくぜ…」

灰はバットを顔面ギリギリの所を黒壇の木刀で受けとめていた

無「なにこの格ゲー?」

黒「仕留め損なったか」

灰「目障りだぁ!!」

灰はバットを黒ごと弾き飛ばし吹き飛んだ黒に追い討ちをかけた

黒「ちっ!!」

灰「いただきぃ!!」

跳躍し相手の頭めがけて斬りかかる灰

黒「見きった!!」

黒はとっさにサイドステップで攻撃をかわし灰の横に回りこみ戦慄の突きをくりだした

黒「貴様の命は貰ったぁ!!」

灰「きゃぁっ!!」

灰は突きをもろに喰らい吹っ飛んだ

黒「折角生かしておいたというのにこの程度か。つまらん、なんともつまらん結果だ」

無(なんて恐ろしい子!!)


—がしっ

無「・・・ん?気のせいか右手が重・・・って、灰!?」

灰「アイス食べたいから冷蔵庫まで行って〜」

無「ちょっ、暑いし重いからやめれ!」

灰「・・・あたし、そんなに重い?・・・色無・・・酷い・・・ぐすん」

無「えっ、いや、重・・・くはない!重くはないですから泣かないで頂けませんか?!」

灰「じゃ、冷蔵庫まで〜♪」

無「重くはないけど暑い!・・・だからとりあえず離r」

灰「・・・ぐすん・・・」

無「あ〜、もう分かった!分かったから泣くな!!」

灰「冷蔵庫までお願いね〜♪」

無「(・・・コイツ)」

—ずるずるずるずる、ガチャン。がさがさ・・・バタン。・・・ずるずるずるずる

灰「は〜、この乗り物らくちんだぁ♪」

無「俺は乗り物じゃねぇ!」

橙「ああいう色無の使い方もあるのね。メモメモっと・・・」


灰「あの、お姉さま?」

黒「なあに気持ち悪い」

灰「財布のほうが寂しくなってまいりましたのでお小遣いをいただk

黒「無理」

灰「やっぱり……」

黒「だいたいあんた2万もあげてんのになんですぐなくなるのよ」

灰「おいおい、女子高生の小遣いが2万ぽっちだなんて、今日び流行らないぜ?」

黒「いったい何に使ってんのよ、オレンジみたいにファッションに気を使ってるわけでもなし…」

灰「62円も毎日続くとね。塵もつもれば山になるらしいよ?」

黒「華の女子高生がガリガリ君って……しかも毎日食べたって2万も使い切れない……ってそうか」

灰「……もちろん一日10本」

黒「………あんたよくお腹壊さないわね……っていうかよく太らないわね、運動なんてしてないくせに、いまいましい」

灰「あれ?なぁにお姉ちゃん、体重気にしてんの?」

黒「べ、別に」

灰「あぁ確かにちょっとふっくらしてるかもね、顔とか。夏太りするタイプだったっけ?」

黒「………まぁね」

灰「………おっけ、ここは色無に判断してもらおうぜ」

黒「……ふっ、今日はそんなうまくいかないわよ」

灰「必ず現れる…それが色無クオリティ!!出でよ色無!!」

黒「だから無駄よ」

灰「………………あれ?おかしいな……」

黒「だっていまあいつは

橙「だからSMがやりたいならそう言ってくれればよかったのにぃ〜!!待て〜!!wwww」

男「違うんだぁぁ!!それは巨乳につられて買っただけで……いや違う!!友達に無理矢理渡されて…!」

黒「………な」

灰「………なるほど」


灰「う〜ん・・・暑いよぅ」

無「だったら俺のベッドの中から出て行ってくれません?俺も暑いし」

灰「それはやだ。(色無に擦り寄る)」

無「・・・あの、そんなに近寄られるとますます暑いんだけど。(灰から逃げる)」

灰「あ、逃げるな色無。(ギュッ)」

無「うわ、暑ぃ・・・」

灰「暑いね」

無「だから暑いんだったら抱きつくなってば・・・」

灰「・・・あっ、そうだ!この部屋、あるんだよね〜?」

無「何が?」

灰「エアコン!」

無「却下」

灰「なんでよぅ!つけてよぅ!」

無「あれはどうしても我慢できない非常時にしかつけないの!体に悪いし」

灰「いいじゃん!つけなきゃこのまま一緒に暑い夜を過ごすんだよ?」

無「・・・じゃあ、ちょっとだけな」

灰「やった♪」

—ピッ。ウイィィィ・・・

灰「は〜、涼しい〜」

無「ちゃんとタオルは掛けとけよ、風邪引くから」

灰「分かってるって♪」

—次の日

灰「い゛〜ろ゛〜な゛〜じ〜・・・っぐしゅん!」

無「やっぱり風邪引い・・・っくしょん!・・・って、俺もかよ」


灰「………ぅ〜…」

黒「…おはよう」

灰「………おやすみ」

黒「待てこら」

灰「……無理だよぉ絶対あいつ倒せないよぉ……なんか属性攻撃でも使うのかな…」

黒「またゲームやってたの?」

灰「………イベントでアイテムでももらうのかなぁ?」

黒「聞きなさいっての。っていうか何時までやってたの」

灰「……4時ぐらい?」

黒「華の女子高生が毎日ガリガリ君10本食べて、夜中…いや早朝4時までゲームして……。いくら夏休みだからって酷いわよ」

灰「……お姉ちゃんだって、宿題さっさと終わらせたのはいいけどやることなくて毎日だらだら過ごしてるじゃん」

黒「あんたに比べりゃマシよ」

灰「じゃあ……色無に判断……」

黒「いいわよ呼んでみなさいよ」

灰「……………」

黒「………?」

灰「………MPが足りない…」

がちゃ

男「ほらよ!エーテルだ!!」

灰「…さんきゅー」

黒「これで呼べるわね………ってえぇぇぇぇ!?」


黒「灰、いい加減起きなさい」

灰「夏休みくらい心置きなく寝かせてよ、お姉ちゃん」

黒「そんなこといってるから毎年課題が終わらないのよ。それに今日は登校日でしょうが」

灰「お姉ちゃんこそ準備しなくていいの?そろそろ色無の旦那が登校しますぜ?」

黒「……その口は反省ってものを知らないようね」

灰「いだだだだ、わはった、わはったはらおひふへっへ」

黒「分かったんならさっさと髪を梳かしなさい。ものすごいことになってるわよ」

灰「……めんどくさいなあ、寝癖が流行最先端の髪型にならないかなあ?」

黒「なるわけないでしょ」

灰「そうなったら寝癖のまま登校できるのに……いや、待てよ。流行は誰かによって作られるもの。誰かがやらなきゃ始まらないんだ!お姉ちゃん、私、決めた。これからは寝癖ファッションの第一人者としてずっと寝癖のまま登校す……」

黒「暑さと眠気の所為で頭がおかしくなったようね。眠気をなくすために原因であるゲームは没収させてもらうわ」

灰「さあ、さっさと準備をすませて爽やかに学校へ行こうか!……いや、ごめん。謝るからプレ2を無言で回収しないで下さいお願いします」


灰「お姉ちゃんお姉ちゃん」

黒「なに」

灰「ほら今日の広告。なんかマクドナルドが新しいことやるらしいよ」

黒「ピタ……ピタなんたらってやつね」

灰「そう。またすごいもんが現れたねぇ……。作るのめんどくさそうだから混雑ピーク時に、友達が働いてるマクド行って5個ぐらい頼んでやろっと」

黒「結構陰湿ないじめよ?それ」

灰「これでも抑えたほう。当初の80%オフだからね」

黒「なんで25個も買うつもりでいたのよ」

灰「白、緑、黄緑、ピンク、水色ちゃん、茶色ちゃん、青、紫、群青さん、クリームちゃんで10個。

  黄、私、侍、お姉ちゃんが2個ずつ食べて8個。赤、オレンジ、朱色さん、色無が3個ずつ食べて12個」

黒「10と8と12か……あと5個は?」

灰「置いといて次の日の昼に食べる。私が」

黒「全部食べるつもり?……ていうかなんで私が2個も食べなきゃいけないのよ」

灰「あぁごめん、最近体重気にしてるんだっけ?ww」

黒「ほほう、わざとやるとはいい度胸だな……。覚悟は出来ているんだろうな?」

灰「なぁに、甘い甘い!!隠し通路から逃げてやる!私用に穴をぎりぎりまで小さくしといたからもうお姉ちゃんには使えないよーだ!」

黒「くそ……出て来なさい灰色!」

灰「そんなこと言われて出て行くヤツがいたら……(ガッ)あれ?(グイグイ)……あれ?」

黒「……どうしたの?」

灰「……通れないよぉ……昨日まで通れたのに……」

黒「……」

灰「……」

黒「……一緒にダイエット……しよっか……?」

灰「……うん……グス」


灰「色無ー、遊びに来たやったぞ」

無「なぜに上目線?て言うかさっさと寝ろよ、明日補習だろ?」

灰「だって寝れないんだもん。……色無、今夜は眠らせないよ?」

無「ゲームのコントローラー持ってそんなこといわれても何の感慨も沸かないっての」

灰(ほんとはそっちの意味でとって欲しいんだけどな)

無「なんか言ったか?」

灰「別に。……ていうかそんなこと気にしてる暇あったらさっさと2P準備汁」

無「はいはい」


灰「お姉ちゃん大変だよお姉ちゃん!!」

黒「……なんなのあんたは朝から……」

灰「いいからこれ見てって!!」

黒「……ん……はがき?」

灰「読んでみ!!」

黒「このたびは『○○商店街主催、ミス○○2006』にご応募いただき、誠にありがとうございます。このたびは参加者不足のため書類審査のみでグランプリ、準グランプリを決定することになりました。そして厳正な〜……長ったらしいな、飛ばそ……あなたがグランプリに選ばれました。つきましては……」

灰「……な?」

黒「……な?じゃなくて、なんでちょっと誇らしげなんですかあなたは。私こんなの応募した覚えないんだけど?」

灰「うん、私がお姉ちゃんの分も応募しといた」

黒「……私の分も?じゃああんたもなのね?」

灰「いや私は応募してないよ」

黒「意味がわからないわ!……っていうか何?グランプリだとどうなるわけ?」

灰「……色無と一緒にお祭り行けない……」

黒「なんで」

灰「だってグランプリと準グランプリは、お祭りの間ずっとやぐらに乗って見世物にされちゃうんだもん」

黒「……あんた偉いことしてくれたわね。でもこれ、棄権すれば」

灰「拒否権はないらしいよ」

黒「……さあどうしてくれるのかしら灰色ちゃん?(ボキボキ」

灰「大丈夫、落ち着け姉者!!色無はね……毎年このミス○○を楽しみにしているのよ!!」

黒「!!」

灰「去年なんて、やぐらの前で一日を費やしたらしいわ」

黒「……灰色」

灰「……あ、やっぱ駄目?」

黒「……欲しいゲームがあったら言いなさい。一つぐらいなら買ってあげるわ」

灰「お姉さま!!」

灰「……っていうことでお姉ちゃんすっかり舞い上がってるんだけどさ、色無は本当にミス○○に興味あるんだよね!?」

緑「あるわよ」

灰「さすが緑!!なんでも知ってるね!できればそのときの状況をkwsk」

緑「そうね。去年の駅前商店街祭りのときね。ほら、うちのやぐらって、移動式じゃない?」

灰「あぁ、あの下にモーター車輪がついてるやつ」

緑「そう、それで端からスタートして端まで行って、少し戻ってから広場に行くのね。で、広場では固定されてるんだけど」

灰「ふんふん」

緑「あいつはそれをずっと追いかけてたわ。広場に来てからでも時間はたくさんあるってのに……」

灰「それだけとにかく見逃したくなかったってこと?」

緑「でしょうね」

灰「なるほど……こりゃあ色無はミス○○っていう企画好きなのか……それとも浴衣が好きなのか……とにかくなんらかの性癖はあるわね」

緑「ま、黒は大和撫子って感じだし、浴衣は絶対的に似合うんじゃない?」

灰「だね。お姉ちゃん顔も可愛いしスタイルもそれなりにいいからなぁ。胸はちょっと物足りないけど。ま、これで色無はお姉ちゃんに釘付け! お姉ちゃん上機嫌!私怒られずに済む!どころかゲーム買ってもらえる!……もう最高」

緑「……あぁそう、いま思い出したんだけど、去年のミスと準ミスたちは、みんな巨乳……いや爆乳だったなぁ」

灰「……そうだ、あいつは」

緑「そうだったわね」

灰「大丈夫だよお姉ちゃん!!勝てるぜ!!なあ!そうだろ!?みんな!!」

緑「……いったい何に勝つつもりなのよ」

灰「だからさ、これを持て姉者」

黒「なんでろうそくなのよ……浴衣にろうそくじゃ完全に丑の刻参りじゃない」

灰「だからこっちも持てって」

黒「鞭はいや」

灰「だって!!勝つためにはこれしかないんだよ!?色無のもう一つの属性を攻めるこれしか!!」

黒「……っていうか、私がそれ持ったら……」

灰「……なに?」

黒「……目覚めちゃうかもしれないでしょ?」

灰「……お姉ちゃんが?」

黒「お姉ちゃんが」

灰「……なるほど……。でもそれは色無にとっては最高なことなんじゃ……ハッ!?そうなると私の入り込む隙がなくなる!!さすがお姉!敵に塩を送るってやつだな!?」

黒「そんなつもりはないけれど、そうなったのなら別にいいわ」

灰「ありがとうお姉!じゃあ私が鞭とろうそく持ってやってくるわ!!」

黒「……ちょっと待て」

灰「あ、鞭がないから縄跳びでいいかな?」

黒「ちょっと待て!」

灰「失礼しやす」

男「……朝から男の布団に入り込むとはいい度胸だな」

灰「だんなだんな、色無のだんな、ちょいとこちらへ」

男「なんなんだその口調は」

灰「へっへっへ、わかってますって。ところでだんな、だんなの性癖はいったいなんなんだい?」

男「いきなりそれか……」

灰「巨乳なのかい?SMなのかい?」

男「もうなんでもいいよ……」

灰「とある情報筋によると、去年のお祭りでは、ミス○○のやぐらをずっと見てたそうじゃないか」

男「……そうだけど何か?」

灰「そして彼女たちはみな巨乳……。これは、そういうこととして受け取ってもいい?」

男「……ちょっと待て、なんでそんなこと聞いてくるんだ?」

灰「う〜ん……まぁ言っちゃっていいか。実はさ、お姉ちゃんがミス○○でグランプリとっちゃったんだよね」

男「本当か!?」

灰「あぁ、やっぱりその反応は企画好きだったのかぁ。安心し……いやちょっと残念!!」

男「審査員の人たち知ってるか!?いまも第一線で活躍する天才プロデューサーばっかりだぞ!!なんでもここ生まれなんだとか」

灰「へぇ。だからいままでのグランプリたちもレベル高いんだ」

男「ミス○○の歴史は、いまから20年前に始まってだな、当時はテレビの影響で……」

灰「なんか変なスイッチ入ってうざいなぁ……やっぱりこいつマニアックだよぉ……」


灰「きょうは」

黒「?」

灰「今日は普段優しくしていただいているお姉ちゃんのために」

黒「なにそれ気持ち悪いわね」

灰「お姉ちゃんと色無をいい雰囲気にしてあげようと思います」

黒「私が色無を好きだなんていつ言いました?」

灰「照れるな照れるな。姉妹なんだ、わかって当然」

黒「まぁばれてるなら別に隠す必要はないか」

灰「どんな感じがいい?」

黒「どんなって……」

灰「学校で体育倉庫に閉じ込められてちょめちょめ?それとも正統派に色無の部屋でちょめちょめ? 海で足つっておぼれかけたところを色無が助けてくれて、お礼よとかなんとか言いながらちょめちょめ?」

黒「……あんたの想像力……いや妄想力には感服するわ」

灰「どれがいい?この私がプロデュースするんだもん、全部終始うまくいくようにに手配しますぜ」

黒「……この中しかないの?」

灰「いいえ、まいしすたー。ビストロスマップと同じ原理よ」

黒「じゃあ……」

ロビーにて、色無と灰色くつろぎ中

灰「色無ぃ、ちょっと私の部屋行って爪切り取ってきてぇ」

男「いやここにあるやつ使えばいいじゃん」

灰「自分のじゃないと切りにくいの〜」

男「はいはい、わかりましたよ〜……」

灰「……なんで文句も言わずに取りに行くのかな。それが色無クオリティではあるんだけど。ま、これで私の役目は終わったし……後は頑張れよお姉ちゃんww」


灰「……むぅ……むぎゅぅ……」

男「……」

灰「……ぬ〜……暑い……」

男「俺の……俺の布団から誰かの下半身が咲いてる……」

灰「ここをこーして……あ、じゃあ材料足りなくなるからあとで色無に買ってきてもらお」

男「俺は買いに行かないけど、何をしていらっしゃるんですか灰色さん?」

灰「おぉ、おかえり色無ぃ。ちょっと隠し通路の拡張工事をね」

男「あぁそう」

灰「ん……あ、これからは電気もひこうかな。そんで電灯取り付ければ完璧」

男「その電気はどこから」

灰「もちろん色無の部屋から」

男「ブレーカー落ちるからやめてくれ」

灰「拒否権はないのであーる」

男「……もうやだ……黒呼んでこようかな……」

灰「そんなことしたら『色無が襲ってきた』って涙目になりながら叫んじゃうよ」

男「呼ばないよ……まったく。っていうかそこから出てきて話をしてくれるかい。声がこもって聞き取りにくい上に、俺は穴にはまったぷーさんと会話してる気分だ」

灰「……やぁクリストファー。ぬけなくなっちゃったんだ」

男「……声まねされてもまったく似てないんだけど」

灰「とにかく私はここを出ない〜。工事は22時には終わるから」

男「明日早いからもう寝たいんだけどなぁ……」

灰「だから拒否権はないのであー」

黒「誰に拒否権がないって?」

灰「お姉ちゃん!?……色無、裏切ったなぁ!」

黒「私は最初っからいたわよ!色無に参考書借りに来たの。……さ、帰るわよ」(ズリズリ

灰「あぁ、足は引っ張らないで!!落ちるぅ!(ビタン)……いったぁい……(ズリズリ)え、まさか部屋まで引っ張る気!?やめてぇぇ!」


ごそごそ

無「な、なんだなんだ?」

灰「よっ、色無」

無「何だ灰かよ……なんで頭しか出してないんだ?」

灰「ふっふっふー。いつも色無にお世話になってるから、たまには御奉仕しようと思って……」

無「そうか、ご奉仕してくれるのか。じゃあまずは自分の部屋に戻ってもらおうか。ついでにこの通路の撤廃を」

灰「追い出すのは私の格好を見てからにしてよ」

無「はいはい——って、メイド服!?」

灰「御奉仕って言ったらやっぱこれでしょ?押入れで見つけたから着てみたんだけどさ、案外動きやすいね」

無「そ、そうか……(やばい、無茶苦茶似合ってる)」

灰「じゃあ、マッサージでもしよっかな。——どこ揉んで欲しいですか御主人様?」

無「じゃ、じゃあまずは肩からお願いしようかな」

灰「かしこまりました♪」

無(これは……思ったよりいいかも……)

三十分後

灰「ふう、疲れた」

無「おつかれ」

灰「ちょっとのど乾いちゃったかも」

無「麦茶もってこよっか?」

灰「お願いします御主人様♪」

灰「……御主人様、そういえば今日『子連れが切る!』の再放送が……」

無「じゃあテレビつけるか」

灰「御主人様、ちょっとティッシュとってー」

無「はいはい」

灰「御主人様ー、あれが……」

無「はいよ」

灰「御主人様ぁ、これを……」

灰「御主人様それもー」

灰「御主人様ー……」

無「寝ちゃったか……今日はソファーだな……あれ、俺むしろ御奉仕してない?」

橙「なるほど、色無はメイド萌えっと……うーん、ためになるなぁ」


灰「……眠い、寝る」

黒「あら、今日は珍しく何もせずに寝るのね」

灰「……おやすみ」

黒「おやすみ」

灰「……すー……すー……」

黒「もう寝てるなんて……ほんとに眠たかったのね」

灰「……」

黒「……」

灰「……」

黒「……?」

灰「……」

黒「おかしいな……なんだか急に気配がしなくなった……はっ!まさか!?」

バッ

黒「やっぱりいなくなってる!!くそ、隠し通路だな!?明日絶対埋めてやるからな!色無の部屋に急がないと!」

灰「ふっふっふ、今頃お姉ちゃんは色無の部屋に凸してるな……。そこで色無と一悶着あって……。まぁ、なんてお姉ちゃん孝行な妹でしょう!」

水「あのぉ……灰色ちゃん?なんで私のベッドから……?」


灰「色無、いいの?遊んでると宿題終わらないよ」

男「今も遊びっぱなしのお前に言われたくない。大丈夫、2週間ありゃできるって」

灰「本日ぅー8/22ー夏休みはー8/31までぇー」

男「え?・・・うわっやべっ!今からじゃ自力は無理だ・・・」

灰(ピコピコドカーン)

男「ねえ灰さん、宿題・・・とか、やってあります?」

灰「全部終わった(チャララーン)」

男「その宿題、見せてくださらない?」

灰「(チャンチャン)はぁ、このゲームも飽きたなー」

男「・・・」

灰「新しいゲーム欲しいなー」

男「・・・」

灰「ファイナルクエストいいなー。あ、ドラゴンファンタジーも欲しいなー」

男「・・・わかった、買ってあげるから宿題をお見せください・・・」

灰「わーいやったー」

男「とほほ・・・今月はもう金がないな・・・」

灰「(買ってもらわなくても見せるつもりだったけどね)」

男「何か言ったか?」

灰「なんでもない。(でもまぁいっか)」


黒『ほら、いつまで寝てるの、早く起きなさい』

灰『う〜ん……もうちょっとだけ……』

黒『さっきもそう言ったでしょ。じゃあ私もう先に一人で行っちゃからね』

灰『ま……待ってよう……!いま起きたからぁ!』

灰『へへ……お姉ちゃんの背中、すごく柔らかくていい匂いがするぅ』

黒『……もう、おんぶなんてこれで最後だからね』

灰『お姉ちゃん……』

黒「……灰色……あんなに可愛かったのに……。いつからだろう、変わってしまったのは……」

男「それは俺の趣味というわけではなくて、罰ゲームで無理矢理買わされたものでしてぇ!!」

橙「あれ、そうなの?素質あると思うけどなぁww」

男「だから振り回さないで!!鞭は危ないから!!」

黒「あいつが……あいつと出会ってからだ……。ちくしょう、好きなのに……好きなのに憎い!!」

男「……あれ?なんだか寒気が……(バチン)いってぇぇ!!」

橙「なーんか私のほうが楽しくなってきちゃったww」


灰「さ〜て、来週のサザエさんは〜?」

黒「……(黙々と勉強中)」

灰「来週のサザエさんは〜?」

黒「……(やっぱり黙々と勉強中)」

灰「来週の

黒「あぁ私?私に言えって?う〜ん……そうね、『灰色、宿題が終わらない』この一本だけでいいんじゃないかしら」

灰「私はやる気出せばすぐに終わるもん」

黒「去年もそんなこと言ってたわね」

灰「でもちゃんと終わったでしょ?」

黒「まぁ、確かに」

灰「むしろそういうのは色無じゃない?夏休み中、女の子たちに振り回されて結局何も出来ず〜みたいな」

黒「ありそうね」

灰「そんで始業式前日に緑に宿題見せてもらおうとするんだけど、緑が見せるわけない。他の子にも頼むんだけど、色無のためにならない〜とかなんとか言って見せないで、苦しんでる色無を見ておもしろがる。そこで色無は最後の手段、お姉ちゃんにすがりつくのであった」

黒「……なんで私なのよ」

灰「だってお姉ちゃん、色無に泣きつかれたら、放っておけないでしょ?いくらそれがあいつの自業自得であってもさ」

黒「……」

灰「それを見抜いてる色無は、お姉ちゃんの宿題を丸写しして、難を逃れるのであった」

黒「……ちょっと待って、見抜いてるの?色無が?」

灰「うん」

黒「私なら教えてくれるはずって?」

灰「うん」

がちゃ

男「黒ぉ、このピン止めお前のk

黒「最低よ!」

男「ぐはぁ!……なぜ……いきなり……」

灰「召喚してないのにこのグッドタイミング……色無……恐ろしい子……」


男(暑い……いきなり暑くなったぞ。それになんか微妙にいい匂い……まぁいいや、夢か。それにしても暑いなぁ……)

ガバッ

男「……暑い!……なんでだ……クーラーついてるのに……あれ?なんか布団がやけに盛り上がってるな。……まさか」

灰「……くー……」

男「お前か……おい、起きろこら」

灰「んー……」

男「お前どこで寝てるのかわかってるのか?」

灰「どうした色無ぃ……昨日はあんなに激しかったのに」

男「怒るぞ。っていうかまだ深夜1時だ。昨日とかないだろ。……じゃなくて!!」

灰「ん?」

男「勝手に人のベッドに侵入するな!!」

灰「よいではないかよいではないか。硬いこと言わずにぃ」

男「暑苦しいんだよ!!クーラーつけてる意味ないじゃねぇか!」

灰「だってこっちの部屋クーラーつけたらお姉ちゃんに怒られるんだもん。だから色無の部屋で。でもちょっと寒いから、こうして色無にひっついてるとちょうどいいのさ」

男「知るか!!っていうか俺が暑いんだよ!」

灰「まぁまぁ落ち着いて。そうかっかすると更に暑くなるよ?」

男「もう我慢ならん、今度こそ埋める!!通路埋める!!」

灰「あぁ〜やめて〜」

男「板と釘で……って……お前まで何してんの……」

紫「や、やぁこんばんは。灰色ちゃんがいるとは思わなかったから、通路から出るに出られず……」

男「……まったく……うちのちびどもは……」

紫「ちっちゃいゆーな!」

灰「よ、モテるねぇ色男。色無なのに色男!」

男「誰が(ry」


灰「あついよ〜……」

黒「やめなさい。益々暑くなるわ」

灰「……さむいよ〜」

黒「やめなさい。逆のこと言っても虚しいだけよ」

灰「……あ〜、もう我慢できないっ!シャワー浴びてくるね!」

黒「……今日7回目だけど?昨日は5回、一昨日は4回入ったわね。今月の水道代はどうなるかしら?」

灰「……は〜ぁ。あたしこんなとこで死にたくないよぅ……」

黒「こんな程度であなたが死んだら色無とか白なんて死んじゃってるわよ」

灰「色無……。そうだっ!色無のとこ行ってくるね!(もぞもぞ)」

黒「? あ、ちょっと待ちなさいコラ!」

—もぞもぞ

無「……ん?なんだ?」

灰「んっ、しょ!……やぁこんにちわw」

無「こんにちわwじゃねぇ!どっから湧いて出てきてるんだよ、まったく……」

灰「あ〜、やっぱこの部屋涼しw」

無「? あぁ、お前らの部屋は西日が直で当たるもんな」

灰「そろっと姉様も来るころだから一緒に涼んであげてねw」

無「は?お前はどうすr」

灰「……くかー……」

無「寝るの早ぇよ」

—コンコン

無「どうぞ」

黒「灰がお邪魔して……るわね。思いっきり……」

無「ははは、まぁいいよ。それより黒もしばらくこの部屋にいたらどうだ?あっちの部屋よりは涼しいだろ?」

黒「確かにこっちの部屋は涼しいわね。居ても……いいの?」

無「あぁ。俺もヒマだったし構わないよ」

黒「そ、そう?じゃあお言葉に甘えて……(どうしよう、色無と二人きりだなんて……)」

灰「(ふふふ、姉様もまんざらじゃなさそうね。コレなら怒られないですむw)」


男「ぐ〜……」

のそのそ……ガンッ

灰「〜〜〜〜っ!!」

男「……ん〜……この音は……そうか、さっそくひっかかったかww」

灰「開けてよぉ色無ぃ。本当に通路板でふさいじゃうなんて……」

男「いやだねwもう暑苦しいのはこりごりだ!」

灰「暑いんだよぉ通路……あぁ死ぬ〜」

男「部屋戻れって!」

灰「……」

男「……?」

灰「……ぐすっ」

男「!!」

灰「……酷い……酷いよぉ色無ぃ……ひっく……私……私そんなに悪いことしたぁ?ぐす……ごめんなさいぃ……謝るからぁ!ひっく……」

男「……は、灰色……?」

灰「うぅ……ぐず……」

男「ま、まさかほんとに泣いてないよな……?」

灰「……」

男「ご、ごめん灰色!!今板はがすから!!」

がちゃ

黒「こぉらぁぁ!!うちの妹泣かせたのはおまえかぁ!!!!」

男「うわぁ黒!?いやこれはなんというかまぁ泣かせましたけどある意味被害者なわけで」

黒「見損なったわ!!最低!!」

男「ごめん!!とにかく今は板はがさないと……」

灰「さ、姉者も来たし帰ろ帰ろ〜っと」

男「……灰色てめぇぇぇぇぇぇ!!!!」


灰「いよぅ紫ぃ」

紫「だからぁ、なんで呼び捨てなのぉ!?年下のくせに!」

灰「そんなこと気にしちゃだめ。ところで……色無n」

紫「!!」

灰「名前を出しただけでこの反応とは……いいねぇ、うまいよ紫。要望通りだね」

紫「誰の要望よ誰の!……で、何?」

灰「……色無の性癖、知りたくない?」

紫「せ、性癖って……ああいう意味の?///」

灰「それ以外に何があるの?」

紫「う、うるさいなっ!///」

灰「私見ちゃったんだよねぇ……色無の鍵つき引き出しの中」

紫「……エロ本の隠し場所?なんだ、その話ならもうみんな知ってr

灰「……の更に下」

紫「……え?」

灰「あの引き出しにはSM本と巨乳本がある。鍵も厳重。でもオレンジに鍵破られた。それからはもう諦めたかのように、あそこに鍵はかかってない」

紫「うん」

灰「私は怪しいと思った。そんな簡単に諦めるわけない。そして絶対見られたくないものを鍵つき引き出しなんて目立つところに入れるわけはない、と」

紫「……なるほどぉ」

灰「そして調査の結果……引き出しの底は、二重底になっていることがわかったの。それも、デスノート方式の……」

紫「おぉ!!で、何が入ってたの!?」

灰「……ロリコン雑

男「はいはい、そこまで。変なもん植えつけるな」

灰「ちっ、本人来やがったか」

男「だいたい俺にあの少年漫画の主人公のような度胸も技量もねぇっつーの……」

紫「……最低……色無が私のことそんな目で見てたなんて!!最低だよばかぁぁぁ!!」

男「ほらぁ行っちゃったじゃんかよぉもう!めんどくさいなぁ……!」


灰「へぇ〜……」

紫「きゃっ!……なんでそんなに普通なのよ?」

灰「だって怖くないんだも〜ん」

黒「あんたら最近仲いいわね……っていうか私の部屋でもあるんだからもう少し静かにしなさい」

紫「……は〜い」

灰「あ〜い」

黒「……で、それ何?」

灰「かまいたち3」

紫「黒も一緒に観ようよ!操作は灰色がやってくれるからさ」

黒「なんで私が……」

紫「だって怖いんだもん……ね?いいでしょ?」

黒「……」

灰「お姉ちゃんいま『あぁ可愛いなぁ、これが妹ならよかったのにな〜』とか思ったでしょ」

黒「……よくわかったな」

紫(可愛い妹かぁ///……?妹……年下……ちっちゃい?)

紫「ちっちゃいゆーなぁ!!」

黒「いきなりどしたの!?」


灰「色無ぃ、どう?」

男「……何が?」

灰「わかんないかな〜……どう?(ぐいぐい」

男「ん〜……そんなに胸強調されてもな……なんかあんの?」

灰「いつもよりちょっと大きめ」

男「あ〜……まぁ言われてみれば」

灰「成長じゃないから」

男「わかってるよ。そんな一日やそこらで急成長されたらたまったもんじゃない」

灰「手術でもないから」

男「わかってるって!!」

灰「ならいいんだけど」

男「……」

灰「……」

男「……いや、じゃあそのふくらみの原因は?」

灰「知りたい?」

男「一応」

灰「じゃあ今後一切通路をふさがないと約束すること」

男「……まぁいいか。で、なに?」

灰「……これはちょいと裏から仕入れたブツでしてね、だんな」

黒「私の……私のパットがないっ!!」


灰「よう姉者、ひさしぶりぃ」

黒「毎日会ってるでしょうが」

灰「いやぁなんとなくひさしぶりな気がしたんだよなぁ。たった三日のことなのに」

黒「何の話?」

灰「あぁそうそう、お姉ちゃんがミス○○になって祭りの当日色無となんやかんやひと夏のアバンチュールがあった話は置いといてさ、」

黒「なんでそんな説明口調なのよ」

灰「置いといて、知ってるかい?今度花火大会があるんだってさ〜」

黒「地元で?」

灰「そう。あそこの川でやるらしいよ。もういまから橋は場所取りの人たちで埋まってるんだとか」

黒「へぇ〜。いつやるの?」

灰「来週」

黒「……フライングしすぎじゃない?」

灰「と、いうことで」

黒「?」

灰「お姉ちゃ〜ん、一緒に行こぉ?///」

黒「何その上目遣いは。そういうのは色無相手にやるもんでしょう」

灰「もうやったよぉ。でも駄目だった……」

黒「あいつ用事があるんだってね」

灰「うん、なんか黄色と一緒に行くらしいよ」

黒「……え?……聞いてないわ、そんなこと」

灰「でもそう言ってたよ?オレンジが」

黒「……そんなこと、そんなこと聞いてない!!」(ダッ

灰「お姉ちゃん!?……泣いてた?……ところで、紫ぃ。隠し通路にいるのはわかってるよ」

紫「ばれてたか。まぁ今来たんだけど」

灰「何か知らない?お姉ちゃんが泣いてた理由」

紫「……黒ねぇ、午前中にもう色無を誘って断られたんだ。灰色の前では知らないふりしてたけど……」

灰「……」

灰「お姉ちゃんっ!!」

黒「……何よ」

灰「やっぱりここかぁ。昔っから何かあったらいつもコインランドリーに来るよね」

黒「……音がうるさくてちょうどいいの……」

灰「……色無、花火大会で黄色に告白するつもりなんだってさ。オレンジが言ってた」

黒「……それが何?」

灰「……なにって……お姉ちゃん色無のこと好きなんじゃないの!?」

黒「……」

灰「……はぁ、私の知ってる姉さまはこんなんじゃないよ」

黒「……だって、色無は黄色のことが好きなんでしょ?私のことなんて見てくれるはずが

灰「だからって言わないでいいの?昔っからそう!恋愛に関してはまったく正直にならないんだから!!小学校のときもそれでお隣の男の子逃したでしょ!」

黒「……」

灰「最後なんだと思うなら、言えばいいじゃん!言わなきゃわかんないじゃん!伝えるのが大事なんじゃないの!?」

黒「……」

灰「……もう知らない、勝手にすればいいじゃん。じゃあね」

黒「……伝えるのが、大事……」

黒「……ありがとう、灰色」

青「ちょっと灰色……なんで道端に倒れてんの?」

灰「ひさしぶりに大声出したら……貧血起こした……」

青「ったく……あんたもバカね。ほっとけばいいのに。黒なら自分でなんとかしたでしょうよ」

灰「……そうかな?意外と弱かったりするからなぁ……。とりあえず、おんぶ」

青「そういうのは色無の役目でしょうが……。しょうがないわねぇ、ほら」


灰「 終 わ ら な い 宿 題 」

黒「なに、終わってないの?だから早くやっときなさいって言ったのに」

灰「 な あ に 、 あ と 二 週 間 弱 あ る 」

黒「ほんとに終わるのかしら。ま、基本天才だから心配はしてないけど」

がちゃ

男「 終 わ ら な い 宿 題 」

赤「 見 せ て く だ さ い 」

黒「その喋り方やめい。っていうか何、あんたらも終わってないの?」

男「レポート残り20枚」

赤「レポート残り30枚」

男「師匠っ!!」

赤「マスターと呼べ!」

灰「……あれ、みんなそんなもん?私なんか授業全部寝てるからさ、プラスされて残り50枚あるよ」

男・赤「マスター!!」

灰「ま、50枚くらい30分もあれば終わるか」

男・赤「裏切り者ぉぉ!!」

がちゃバタン

黒「……何がしたかったんだろ?」

灰「さて、ゲームゲーム」

黒「待て、30分で終わるなら先にやりなさい」

灰「えぇ〜??」

黒「どうせ言われないとやらないでしょ」


灰「きゃー、へんたーい、見ないでよぉ」

男「ならバスタオル1枚であがってくるなよ……」

灰「気持ちいいよ〜、色無も入ってくれば〜?」

男「もう入ったよ」

灰「そ」

男「……」

灰「……その調子その調子、妄想は自由だからね。どんどんしちゃって」

男「断じてしてねぇ。そのつるぺたのどこに欲情しろと……」

灰「……あ〜あ、言っちゃったね。いまの、録音させてもらったよ」

男「……え?」

灰「これを紫が聞いたらどうするかなぁ……。ショックで引きこもっちゃうかも……」

男「……いや、これは灰色に言っただk

灰「紫どこにいたっけなぁ〜」

男「……OK、何が狙いだ灰者?」

灰「へっへ〜。隠し通路の開拓に、ちょっと男手が必要なんだよねぇ。もちろんお姉ちゃんには内緒で」

男「……わかったよ、手伝ってやる。何すればいいんだ?」

灰「作業するには、ちょっとお姉ちゃんが邪魔なんだ。だからさ、お姉ちゃんをデートに誘ってあげてよ」

男「……あれ?さっきおまえ男手が必要って」

灰「そんなもんいらないよ。だいたい色無みたいな貧弱男に頼んだら女が廃るってぇもんだ!」

男「いろいろと逆な気がするぞ。……うん、まぁいいか。黒を誘って一日中外出してればいいんだな?」

灰「そうそう。じゃ、頼んだよ。……ふう、これでよし、と」

黒「余計なことしてくれるじゃない?」

灰「お姉さま!!いつからそこに!?」

黒「いま来たのよ。でもちゃぁんと話は聞こえてきたから安心して」

灰「いや安心は出来そうに……ごめ……アッー!」


灰「ほほう、それでそれで?」

男「いやあ、なんと言いますか……魔がさしたといいますか……」

灰「ほほう、それでそれで?何をしたんだ?言ってみろ?」

男「少し……下着を……」

水「……?どうしたんですか二人とも?」

灰「あ、水色ちゃん。ちょいと聞いてくださいな。色無ったらねぇ……」

水「え、に、匂い嗅いだんですか!?///」

灰「そうなの。まったく、やっぱり色無も人の子よねぇ」

男「……むしろおまえは俺をなんだと思っていたのか知りたい!健全な高校生が洗濯当番の持つ誘惑に耐えられるわけがない!!」

灰「逆切れッスかwwwwwww」

水「……だからって……その、人の下着は……ちょっと///」

灰「よく言った水色ちゃん!!」

水「その……わ、私の……私のなら別に///」

灰「ちょっと待て水色ちゃん、勇気を出す場面を間違えたんじゃないのかい?もっと他で勇気出していこうぜ」

男「……(タラー」

灰「……ほら色無鼻血出ちゃったじゃんかよぉ」

男「みみみ水色ちゃん、そんなこと女の子が言っちゃいけません!!」

水「あ……その……私ったら……ごめんなさい!!」

灰「……いいから鼻血止めろよぉ」

男「灰色も、もっと女の子らしくしなさい!!」

灰「……なんだよぉこの説教マジいらねー」

白「どうしたのぉ色無くん、大声出して……って血が出てる!誰にやられたの!?まさか……この子たちに!?」

灰「やってないから!」

橙「色無が流血したと聞いてやってきますた!!」

侍「喧嘩に負けたと聞いたが、本当か!?」

灰「もう来るなよぉめんどくさい!!」


男「あ、何食べてんの〜?」

灰「メロン」

男「いいなぁ、すこしちょ

灰「あげない」

男「……まだ最後まで言ってないのに……」

灰「絶対あげない!!これは私の!!」(ガスン

黒「あんたのでもないでしょうが。もらいもんなのに」

灰「いたいぃ、辞書で殴るな〜」

黒「色無、これ返すわ」

男「おーう。っていうかなに、もらいもんなの?」

黒「まぁね。親戚の人が農家やってて、毎年送ってきてくれるのよ」

灰「だから私のだ!!」

黒「食い意地はる女は醜いわよ〜」

灰「いいよ別に。メロンには替えられない!!」

黒「あらそ。……っていうか私たちに送ってきてるんだから、私の分もあってもいいわよね」

灰「う……」

黒「少しあげなさい」

灰「う〜……ほらよ、食え」

男「お、ありがと。……って……いや何、早く離せよ」

灰「……あ〜ん」

男「恥ずかしいわっ!!」

灰「あ、お姉ちゃんにやってほしいのかぁ」

黒「やらないわよ!!」


灰「……どうしてみんないないの?」

黒「田舎帰ってるのよ」

灰「あ、そっか。……ねぇ、私たちは帰らないの?」

黒「……いったいどこに帰るっていうの?」

灰「あ……」

黒「……いい?私たちに帰る場所なんて——

橙「たっだいまぁー!!!!」

男「よくそんなに元気あるな……。お前もいま帰ってきたんじゃないのかよ?」

橙「何言ってんの!!寮がなつかしくないの!?」

男「たった一週間の話だろうが!」

橙「三日も離れてれば十分懐かしいの!!」

男「ったく……。お、ただいま〜黒灰色ぉ」

灰「おかえり色無ぃ会いたかったかもしれないことはないかもしれないこともないかな〜」

男「また意味のわからんことを……」

黒「おかえり」

男「おう、ただいま。元気にしてたか〜?」

黒「……」

男「……ん?どうかした?」

黒「いや……ありがとう」

男「え?なん

紫「ただいまぁ!!」

男「お、紫も帰ってきたのか。どうだった久々の故郷は?」

紫「へっへーん。感謝しなおまえら!大量のもみじ饅頭をくらえ!!」

男「これは!!俺の大好物!!でかしたぞ紫!!(わしゃわしゃ」

紫「なでるならもっと優しくなでてよ!///」

灰「……私はここが最後でもいいんだけどなぁ……」

黒「……そうね。悪くないかもね」


灰「お姉ちゃん」

黒「話しかけないで」

灰「……」

黒「……む……」

灰「お姉ちゃん?」

黒「黙ってて!」

灰「……教え

黒「うるさい!」

灰「……」

〜1時間後〜

黒「……」

灰「お姉ちゃん……教えようか?」

黒「……うん」

灰「大丈夫……メールぐらいすぐに出来るようになるよ。侍でも出来たんだし」

黒「……うん」

がちゃ

侍「いまめるまがが届いたんだが、知っていたか!?今度○○がこの辺でライブやるらしいぞ!!」

黒「……」

灰「……ごめん、帰って。命の危険だよ。あなたの」

侍「え、どうした、何事だ?」


 校門の前でガードレールにもたれて退屈そうに身体を揺らす少女を、下校中の生徒たちが興味深そうに眺めていた。腰まである髪の先をまとめる大きなリボンが目を引く。

「お姉ちゃん、まだかな〜?」

 中高一貫教育の学校だから、高等部の校門前に中等部の制服を着た者がいても別に珍しいことではない。それでも衆目を集めるほどに、その少女は愛らしい顔立ちをしていた。

「まだかな〜、まだか——あっ、お姉ちゃん! お姉ちゃ……ん?」

 昇降口から出てきた姉を見つけ、顔をほころばせた少女の声は尻すぼみに小さくなった。姉の隣に見知らぬ男が立っていたのだ。

「クラスのお友達かな? お姉ちゃんに男の友達がいるなんて聞いたことないけど……あ!」

 二人はなにやら言い争っているようだった。不安げに少女が見守る中、男はついに腕を振り上げた。

「だめーーーー!! お姉ちゃんを叩かないで!!」

 辺りをはばかることなく叫び声を上げて走り寄り、少女は呆気にとられる二人のあいだに割って入った。バッと両手を広げ、男の前に立ちはだかる。

「ごめんなさい、お姉ちゃんを許してあげて下さい! きっとまたお姉ちゃんが余計なこと言って怒らせちゃったんですよね? でも悪気はないんです、考えなしに喋ってるだけなんです!」

「ええと、君はいったい……」

「お姉ちゃんが嫌われてるのは知ってますけど、私にはいいお姉ちゃんなんです! ちょっとはいいところもあるんです! それに、男の人が女の子に手を上げるのはかっこわるいと思います!」

「あー、なるほど……何か誤解してるみたいだけど、俺は黒が『ちょっと腕を上げてみて』っていうから上げただけで……」

「私はシャツの脇がほつれてるように見えたから、よく見せてもらっただけよ。それにしても、どさくさ紛れにずいぶんと失礼なことをいってくれたわね」

「……え?」

 両手を広げた姿勢のまま、少女はぽかんと口を開けて固まった。

 

「そっか、黒の妹さんだったんだ」

「はい、灰色っていいます。姉がいつもお世話になっています」

「別に、こいつには大してお世話になってなんかいないわよ」

「もう、お姉ちゃんは黙ってて!」

 社交辞令をいちいち訂正する黒を、少女——灰色は困った顔をしていさめた。

「世話をかけたのはあなたでしょ。さっきは悪かったわね。この子、昔から私の心配ばかりするくせに、ちょっと早合点するところがあるのよね」

「そ、それはその……ごめんなさい」

「いやいや、それほど見当違いでもなかったよ。今日もクラスで黒が女の子たちと喧嘩してたから、もっと仲良くするよう言ったんだけど聞かなくってさ。口論になってたとこなんだ」

 それを聞いて灰色のまなじりがつり上がった。直前までへこんでいたとは思えない勢いで黒にくってかかる。

「お姉ちゃん! またクラスのお友達にひどいこと言ったんでしょ!」

「別に何にも言ってないわよ……『クラスでどの男子がカッコイイと思うか』なんて聞いてくるから、『そんな下劣な会話に加わるつもりはない』って言っただけで」

「それがひどいことだって言ってるの! もう……明日ちゃんと謝るんだよ?」

「なんで私が……分かったわよ、もう」

 拒絶の言葉を吐こうとする黒を灰色が睨みつけ、渋々了承させた。

「ははっ、無敵の黒もかたなしだな。大丈夫だよ灰色ちゃん、俺が責任もって仲裁するから」

「お願いしますね。お姉ちゃんは昔っから思ったことをずばずば言うから、人に誤解されやすいんです」

「ああ、分かるよ。よーくつきあってみればいい奴だって分かるんだけど、そこに到達する前にたいていの奴は引いちゃうんだよな」

「そうなんですよ! 私が小学生のときなんかですね——」

「はは、それはすごいな! そういえば、つい一週間前にもさ——」

「……二人とも、私の頭越しに私を話題にするのはやめなさい。極めて不愉快だわ」

 盛り上がる二人に挟まれた黒は、まさに苦虫をかみつぶしたような顔をしていた。

 

「おっと、もうこんなとこまで来てたか。じゃあ俺こっちだから」

「そう。私たちは駅前で買い物していくわ。じゃあね、色無」

「あ……」

 そのとき初めて、灰色は男の名が色無であることを知った。

「灰色ちゃんも、またな。黒がお姉ちゃんじゃ苦労も耐えないと思うけど、強く生きるんだよ」

 そういうと色無は、灰色の髪をくしゃくしゃと撫でた。

「ひゃっ! は、はい! ふつつかな姉ですが、末永くよろしくお願いします!」

「灰色、それは何か間違ってるわ。色無もつまらないこと言ってからかわないで。灰色に手を出したら殺すわよ」

 本気が何割か混じった冷ややかな視線で、黒は色無を貫いた。

「おっと、恐い恐い。じゃあまた明日な!」

 色無は少し引きつった笑顔で手を振ると、二人に背を向けて駆けだしていった。

「……」

 灰色は色無の背中を見つめ、撫でられた頭に手をやった。まだ、色無の温もりが残っている気がした。

「灰色……灰色? どうしたの?」

「え? あ……な、何でもない!」

 ぼーっとしている灰色に眉をひそめ、黒は真剣な表情で言った。

「灰色、あなたも中学生だし、うるさいことは言いたくないけど……あの男はやめた方がいいわ。どこをとっても平均以下だし、そのくせライバルだけは無駄に多いわよ」

「な……違うよ! そんなつもりで見てたんじゃなくて……なんて言うのかな、お兄ちゃんがいたらあんな感じかな、って思っただけで……」

「それは私にあいつをたらしこめって言ってるのかしら? あまり気が乗らないけれど、可愛い妹が望むなら考えてみようかしら」

「違うよ違うよ!! もー、馬鹿なことばっかり言って! ほら、早く行かないと特売終わっちゃうよ! 行こ!」

 本気で考えこみ始めた黒の手を取り、灰色は走り出した。明日からは毎日黒を迎えに行ってもいいかな、などと考えながら。


灰「お姉ちゃー

黒「イヤよ」

灰「……まだ何も言ってないのに……」

黒「どうせ携帯でしょ?」

灰「新しいのほしーよー」

黒「あんたバイトもせずに何を……」

灰「ねぇーお姉ちゃーんケータイほしーよぉー」

黒「そうね、もう3年前の型だし……」

灰「お!!その調子その調子!!頑張れ!!」

黒「なんで応援されなきゃいけないのよ……。っていうか、あんたメールとかするの?」

灰「するよー。ほとんどめんどくさくて返さないけど」

黒「……意味ないじゃない。よくそんなんで友達なくさないわね……。新しいの買っても相手いなかったらつまらないでしょ?」

灰「……あぁ確かにいないや」

黒「認めちゃうの!?」

灰「いいよ。そしたら色無専用機にしちゃおーっと」

黒「……絶対買ってあげません」

灰「冗談だよ!?嫉妬は醜いってお姉ちゃん!!」


あとはこれを混ぜて……よし。

灰「ついに……ついに完成したぞ……ふふふ」

黒「ちょっと、怪しげな笑みはやめてくれる?」

灰「あ、お姉ちゃん。ちょうどいいや、これ飲んでくれない?」

黒「なぁにこの粉末?」

灰「ついに完成したのよ!!数百種のなんやかんやを加えたビタミン剤!!」

黒「あんた最近見ないと思ってたらこんなもん作ってたのね。絶対飲まないわ」

さすがお姉、ガードが堅い。なかなか実験体にはなってくれないな……でもこれならどう?

灰「残念だなぁ……。これは特にバストアップに効果的面なのに……」

黒「……」

灰「しょうがない、紫ちゃんで試してみるかぁ」

黒「待ちなさい。それ、変なもの入れてないんでしょうね」

灰「もちろん。薬局とかで買えるようなものしかいれてないよ。あと果物とか」

黒「……飲むわ」

灰「まいどありぃw」

さらさらと粉末を口に流し込むお姉。すかさず水を差し出す。……よし、飲んだな……飲んだな!!

それにはバストアップ効果なんてない!!店で買えるもんでそんなん作れるわけないでしょうよ!実際にはクリームちゃんの髪の毛から採取したフェロモンとかをなんやかんやして作り出した!!その効果は……俗に言う「惚れ薬」!!……さあ!さあ!!さあ!!!来い!!

黒「ん……まず……」

灰「どう?」

黒「どうって……別に……」

灰「あれ?おかしいな……」

黒「だいたい飲んですぐに胸でかくなったら逆に驚くわよ。毎日飲むんでしょ?明日からの分もちゃんと作っといてよね。じゃ私、お風呂入ってくるから」

灰「あ、うん。……それにしてもまったく変化がないなんて……もう少し後で効いてくるのかな?」

黒「……あ、灰色」

灰「ん、なぁにお姉ちゃん?」

黒「……お風呂、一緒に入ろっか……?」

pencil_0633.png

灰「効いてる!!」

黒「灰色ぉ〜?どこ行っちゃったのよぉ……」

ごめんお姉ちゃん、百合もいいけど今はそれどころじゃないの!!こうして実験も成功したんだし、早いとこ色無に飲ませにいかないと……

黒「あ、見つけたぁwwもー、お姉ちゃんから逃げるなんて何様のつもりぃ?」

灰「姉者、ごめん!」

私特製、無害睡眠スプレーを噴射する。……よし、これでOK。

灰「さ、行こか」

群青「だいたいあんたはいっつもそう!!自分のすることにもっと責任を持てないの!?」

朱「はい……」

群青「あんたはこの子たちを監督する立場の人間でしょ!?ほとんど逆に監督されちゃってるじゃない!!」

朱「はい……」

群青「っていうか自分のことも監督できないような人が他人を監督できるわけ無いでしょうが!!!」

朱「いやほんと……すみませんでした……」

わが妹朱色は、正座でお説教をくらっている。でも本当に反省してるかどうかはわからない。

群青「もしもこの子たちに何かあったr

男「まぁまぁ群青さん!無事助かったんですからいいじゃないですか!」

群青「何言ってんの!そういう問題じゃないの!結果オーライじゃあ済まないの!」

まったく、自分の身が危なかったってのにこの子は……。お人よしにも限度があるわ。

群青「……ま、確かに本人たちは風邪も引かずにすんだけど、あのままだったらどうなるかわからなかったのよ!?夏に凍え死ぬなんてちっとも笑えないわ!!」

朱「すみません……」

反省してるのか……してないのか……判断が難しいわね。反省してるんならこの辺で許してあげるんだけど……昔から反省のフリとかうまかったからなぁ。

灰「ぅおーい、色無ぃ」

とと、灰色ちゃんの声?

男「お、どうした灰色〜」

灰色ちゃんにしては珍しく走って来てるわね。何かあったのかしら?

灰「ちょっと見てくれ。こいつをどう思う?」

粉末の入った白く小さい紙袋……風邪薬?

男「どうって、風邪薬か?俺は風邪引いてないから大丈夫だって」

灰「そうじゃないんだな〜。これはだね、いろんなコラーゲンだとかドモホルンだとかビタミンを詰め込んだ、灰色様特製の超ビタミン剤だよ」

男「ふ〜ん。それがどうかした?」

灰「それがさ、完成したのはいいものの、まだ実験してないの。だからお願い!」

男「……え?」

灰「飲め」

男「俺がぁ!?」

灰「いいから飲めよぉ!ほらほらほらぁ!変なもんは入れてないからさぁ!!」

男「ちょ、やめろって!」

う〜ん……説教してたのに、一気に空気壊されちゃったわね……。どうでもいいから早く終わってくれないかしら。

灰「飲めぇ!」

男「いやだよそんな怪しいもん!」

灰「だから変なもんは入れてな……あれ?薬がない……いま確かに持ってたのに……」

朱「へぇ、超ビタミン剤かぁ。お肌によさそうだからも〜らいっと!」

……朱色ぉやっぱり反省してなかったみたいだなぁ!だいたいそれは色無くんへのプレゼントじゃないの!?灰色ちゃんはあんな言い方してるけど、彼女なりのアプローチなんじゃないの!?

そう思い、既に袋を開け薬を飲もうとしている朱色に急いで止めに入る。が、遅かった。その瞬間、視界の隅で、灰色ちゃんが真っ青になっているのを捕らえた。

朱「……ごふっ!?げふんげふん……」

群青「きゃ……!?ごほごほ……」

薬が気管に入ったらしい。目の前にいた私にむかって、思いっきり粉を吹きかけやがった。

群青「もう、あんた何考えてるの!?いまのはどう見ても灰色ちゃんの……!」

灰色ちゃんは灰色どころではなく、真っ白に燃え尽きた灰のような顔色をしていた。

……?いったいどうしたんd

ちゅ

……ん?なにやら柔らかいものが唇に当たって……

ああああああ……まずい、非常にまずい!これはまずいよどのくらいまずいかっていうとマジまずい

朱色さんが群青さんに突然のキス。

最初は嫌がってたが、徐々に薬が効いてきたのか、舌を絡める群青さん。

これはまずいよねマジまずいよね

男「えぇぇ!?何してるんですか二人とも!!」

群青「うるはいわよ色無ふん……ちゅぱ」

朱「ひゃますんな……ん……ってーの」

唖然とする色無。同じく動かない私。

濃厚なディープキスから次の絡みへと……

目の前で百合プレイを見せ付けられる。

もうどーでもいいやーどーでもー。……はは、あははははは……


灰「あ……お姉ちゃ……んっ……だめぇ……」

黒「ここがいいの?それともここ?」

灰「やっ……!そこは……」

部屋の前

男(これは……きっとマッサージか何かに決まってる!!灰色が俺をはめようとしてるんだ!もう騙されない!伊達に腹筋してねぇぜ!)

がちゃ

男「お〜い来週からおまえたち飯当番……」

灰「あ」

黒「んむ?」

ばたん

男「……なんでだよぉぉぉぉ!!!灰色はそんな子じゃなかったはずだぞぉぉぉ!?」(ダッ

灰「ちょ、待ってよ色無ぃ!!助けてよぉ!お姉ちゃんに頭痛薬と間違えてあの薬渡しちゃって……」

黒「えいっ」

灰「ひゃうっ!?や、ちょっと待ってお姉ちゃん……さすがの俺でもそれは引……ちょ……アッー!」


灰「大変だよお姉ちゃん!」

黒「どうしたの?」

灰「例の薬を緑ちゃんが飲んじゃった!」

無「どうしたんだこんな遅くに?」

緑「まぁ座ってくれ。さて早速だが私の夢はなんだかわかるかな?」

無「えーっとなんでしょうか?」

緑「まぁ君の子供を孕むことが夢」

無「いやいやいやいや飛躍しすぎだろ!」

緑「落ち着け。この寮ではそれができにくい状態でな。提案がある。みんな君に気があることは私だって

  わかっている。独り占めは良くない。だからみんなでするんだ。言うなら13Pをするんだ。いいかい?

  しかし重要なのは私を最後にすることだ。焦してこそ快感が得られる、おっと縛るのも忘れるな」

無「あの……緑さん?」

緑「そうか13Pだと足りなくなるか、大丈夫エビオスは用意する。必要ならバイ○、○ーターも」(ゴンっ)

灰「ふぅ、こいつ変態クール入ってんのかよ」

黒「悪いわね。この娘ったらまたやっちゃって」

灰「てへ♪」

黒「じゃあもどるわよ。緑を担いで」

無「このやり場の無い思いをどうすれば……」


灰「……」

男「よう灰色、眠そうだな」

灰「眠いよ〜……なんで学校なんてあるのか……」

男「もっと早く寝ないとやばいんじゃないのか?どうせ夏休みからの惰性で、だらだら夜中ゲームしてるんだろ?」

灰「もちろん。クリアするまで死んでも死にきれんわぁ」

男「まったく、ほどほどにしとけよ。授業中寝てるのは別にいいんだけどな。おまえ天才だし。でも夜更かしはお肌に悪いんじゃないのか?橙なんかそのために結構早く寝てるぞ?」

灰「……知らないよ。そんなこと気にしなくてもまだまだ若いし〜……」

男「……ふ〜ん。じゃ、俺帰r

灰「おんぶしていけ」

男「じゃ、俺帰

灰「おんぶしていけ」

男「ちょ、ごめ、バッグ引っ張らないで!ショルダーが首に!!」

灰「……おんぶしていけ」

男「……ま、いいか。なんか久しぶりだなぁ……っしょと」

灰「色無……汗臭い」

男「暑いんだから当たり前だろ。嫌なら降りろ」

灰「……嫌だとは言ってないじゃん……そうやってすぐ……」

男「……すぐ?」

灰「……なんでもない。ちゃっちゃと歩けぇ」


灰「さぁやってまいりました……寝る時間が」

黒「なんで寮ではそんなにテンション高いのよ」

灰「モチベーションのグラデーションのスタンディングオベーションとかそんなんよ」

黒「意味がわからないわ」

灰「とにかく私はゲームを……」

黒「やればいいでしょ……ったく。ちゃんとヘッドホンしてやってよね」

灰「……」

黒「……なに?」

灰「やめた。今日は寝る!!」

黒「……どうしたの珍しい。人が何言っても毎晩やってたくせに」

灰「お肌だよ!!ゲームなんていつでも出来る!とにかくいまはお肌を大切にするの!

黒「お肌?」

灰「ほらお姉ちゃん何やってんの!さっさと布団入る!一分一秒無駄に出来ないんだから!」

黒「もう入ってるわよ……」

灰「よ〜し、今日からいろいろケアとか頑張って、あいつにすべすべのお肌を見せ付けてやる……。……なぁにお姉ちゃん、眠れないの?一緒に寝てあげようか?」

黒「誰もそんなこと言ってな……って侵入してくるな暑苦しい!!」

灰「たまにはいいじゃん百合ワールドもさ!」

黒「私にそっちの気はない!」

灰「え〜、ないの〜?じゃあ白ちゃんはどうなっちゃうのさ」

黒「う……それは……って人の枕を取るな!そしてベッドから出て行け!!」

灰「お姉ちゃんの枕がちょうどいい固さなんだも〜ん。やっぱ人のもののほうが良く見えちゃうよね」

黒「知るか!返して!」

灰「う〜ん気持ちいい……(ヒラッ)……あれ?なんだこの写真、枕から出てきた……?」

黒「……あぁ……」

灰「……なるほどねぇ〜(ニヤニヤ」

黒「いいから返しなさい!寝ろ!///」

灰「あいあいさ〜wwww」


灰(たまにはお姉ちゃん孝行でもしてみるかな……)

灰「お姉ちゃん、色無がロビーで呼んでたよ」

黒「あらそう?何だろ」

灰「色無ぃ、ロビーでお姉ちゃんが待ってたよ」

男「黒が?わかった、行ってみるよ」

灰「よし、これであとは二人が会った瞬間にブレーカー落としてなんやかんやで抱きついて……うひひ」

男「黒〜、なんか用か?」黒「色無、なんかあったの?」

黒「あれ?」

男「え?」

灰(いまだ!!)

バチン

男「いや俺は黒が俺を待ってるって灰色に……」

黒「え?私も色無が呼んでるって灰色に……ってまさかあの子、なんかするつもりなんじゃ」

灰(あれ?電気が消えない?ブレーカー落ちてるのに……あ゛!場所間違えてる!!)

朱「……部屋の電気が消えたから何かと思えば、灰色?ドラマの最終回録画してたんだけどなぁ……」

群「パソコンで書類作ってたのに……まだ保存してなかったから、あなたのせいで全部消えちゃったわね?」

灰「あ……いやこれには深い……いや浅い事情があって……」

朱・群「覚悟は出来てんだろうな?」

灰「……ごめんなさ……っていうか二人ともほんとに怖……あ……アッー!」


灰「お姉ちゃん」

黒「なに?」

灰「お姉ちゃんとこは文化祭何やるの?」

黒「確か劇だったわね。内容は……覚えてないわ」

灰「そんなんでいいの?」

黒「いいの。どうせ脇役なんだから。あんたのとこは何やんの?」

灰「メイド喫茶」

黒「断じて許しません」

灰「なんでぇ!?」

黒「そんな危険なことさせられるか!」

灰「学校の文化祭でやるようなメイド喫茶だよ!?」

黒「関係ない!」

灰「にゃんにゃんしてにゃんにゃんしてにゃんにゃんするだけだよ!?」

黒「絶対だめ!!っていうかそれはもはや学校の文化祭でやるようなメイド喫茶じゃない!!」

灰「どうしても?」

黒「だめよ」

灰「……心配してくれるのは嬉しいんだけどさぁ……」

黒「何を言ってもだめなもんはだめ!」

灰「……写真……」

黒「……?」

灰「この間お姉ちゃんの枕から出てきた写真……」

黒「気をつけていってくるのよ!無理はしないよう!」

灰「わーい、お姉ちゃん大好き!」


朱「あれ灰色、おまえなんでいるの?誰もいないと思ったのに」

灰「学校休みー」

朱「嘘つけ。みんないないじゃん。サボったんだろ?別に責める気はないけど〜。私もよくやったし」

灰「……今日はほんとに休みだよ?」

朱「あれ?そうなの?」

灰「赤は部活、青と黄色とオレンジは服買いに行った。緑は図書館で、ピンクと水色ちゃんも買い物。黄緑と茶色が散歩、お姉ちゃんは白ちゃんのお見舞い。紫は確か公園で色無と猫と遊んでる」

朱「なるほどねぇ〜」

灰「深緑さんはどっかで迷子になってる。クリームちゃんは寮のキッチンでお菓子作り中。侍と男は侍ん家で修行中。群青さんはいまお昼休みで同僚とランチ、朱色さんはついさっきまでオn

朱「わぁぁぁ!!///なんでおまえそんなにみんなの行動知ってんだ!!」

灰「朱色さんはついさっきまでオナ

朱「言うなぁぁぁぁ!!!たまにはやりたくなることだってあるだろぉ!!///」

灰「朱色さんはついさ

朱「わかった!!わかったから!!何が望みだ!?」

灰「こんな暑い日にはアイスがほしいなぁ〜。もちろんハーゲンダッツ」

朱「行ってきます!!」


灰「そこで色無が来るぅ!!」

男「ちょっと待ったぁぁ!!」

桃「色無……!!」

灰「ためてぇ……セリフ!!」

男「こっちにはこんにゃくがある!!だから……だから……!」

桃「色無……」

橙「さぁピンクさん、早く行こう」

桃「でも……はい」

灰「そこでまたカモン!」

赤「ちょっと待ったぁ!!」

男「赤!?」

赤「ボクも力を貸すよ、色無!」

男「助かるよ!ありがとう!」

橙「そうはいくかぁ!」

男「誰だ!」

橙「私は……」

灰「カァァット!!なかなかよかったよ!さぁ次行こうか!!」

男「……はぁ、なんなんだこの劇は」

桃「私は結構楽しんでるけどww」

男「……っていうかなんでスイッチ入ってるんだあいつ……」

黒「……ごめん」

男「……え、黒が何かしたの?」

黒「まぁ……その……将来の夢に関するアドバイスを……」

男「……失敗して変な方向に行ったわけか……」


灰「ついにできた……」

黒「なにが?」

灰「スカウター」

黒「またくだらないもの作って……」

灰「これは胸のサイズと性格、特技がみれる優れ物だよ」

黒「ふ〜ん」

灰「ではさっそくお姉ちゃんに使ってみよう……」

黒「はいはい……」

灰「ちなみに情報を読み取るときに光るから気を付けてね。スイッチオン!!」

ピカッ!!

黒「うお!?まぶしっ!!」

名前:黒

性別:女

バスト:B

特技:百叩きの刑

性格:極度のサディストで百合っ子。S度は相手にもよるが基本的に異性に猛威を振るう。おなじ百合っ子の白にはその鬼畜っぷりをみせることはない。別名『黒髪の女帝』。腰のベルトは鞭にも使える武器になっている。

灰「みてはいけないものをみてしまった……」

黒「わたしの秘密に触れるなぁ!!」

灰「腰のベルトに手をかけないで!!あっー!!」

 

灰「ぐ……ひどい目にあった……だが私はこの寮にいる人間全員にスカウターを使うまで諦めない!!」

黄緑「あら、灰色ちゃん。怪我してるけど大丈夫?」

灰「あ、大丈夫です。それよりもちょっと実験に付き合ってもらえますか?」

黄緑「え?」

灰「そこにたってもらうだけでいいので」

黄緑「わかったわ」

灰「スイッチオン!!」

ピカッ!!

黄緑「きゃっ!!」

名前:黄緑

性別:女

バスト:D

特技:アイアンクロー

性格:非常に穏和。常にまわりに漂っている母性は周囲にいる人間をなごませるが、一度怒ると怖い。過去翠緑が何度となく被害を受けたアイアンクローが黄緑の怖さを物語っている。最近の噂では握力だけなら人類No.1のスペックをほこっているらしい。

灰(化け物か!?)

黄緑「あら、やぁねぇ。人を怪物よばわりなんて。お・し・お・きが必要ね♪」

灰「頭をつかまないで!?あ、らめぇぇぇ!!」

 

灰「ぐぉぉぉ……頭がぁ……」

桃「あら大丈夫?」

灰「な、なんとか……」

桃「ならいいけど」

灰「それより桃さんそこに立ってもらえますか?」

桃「はいはい」

灰「スイッチオン!!」

桃「わっ!?」

名前:桃

性別:女

バスト:F

特技:ぱふぱふ

性格:一言でいえばエロイ。特徴をあげるならそのおっぱいが男にとって核ミサイルに匹敵することだろう。桃が持つおっぱいはあらゆる男の禁欲を打ち破り、煩悩へと導く兵器。まさにおっぱいターミネーターである。さぁ、みんなもいっしょにおっぱいおっぱい!!

桃「あらあら、エロイなんて失礼ねぇ。えい!!」

灰「あ、ちょ、抱きつかれるとおっぱいで息ができない……がくっ……」

 

灰「今日はなんど死線をくぐりぬければいいんだろう……でも私はあきらめない!!」

赤「あれ?昼間から灰色を見掛けるなんて珍しいな」

灰「赤さん、失礼します!!スイッチオン!!」

ピカっ!!

赤「うっ!?」

名前:赤

性別:女

バスト:A

特技:ぶっきらぼうに投げる

性格:活発で男勝り。陸上部では上位に入賞するもあまり興味がないようだ。ちなみに極度の貧乳。まさに鏡面加工である。特技についてだが、某ゲームのパクり。気合いで腕の力を上昇させ片手で相手を背負い投げのように持ち上げ地面に叩き付ける。正直死にます。

赤「極度の貧乳で鏡面加工だとぉ?」

灰「投げ技なんてくらったら次こそ死んじゃう!!逃げろぉ!!」

赤「あ、まて!!」

 

灰「ふぅ……やれやれだぜ……」

緑(条太郎?)

灰「あ、緑さん。スイッチオン!!」

ピカっ!!

緑「突然なに!?」

名前:緑

性別:女

バスト:C

特技:兜割り

性格:少し目つきがわるいが基本的に優しい。一番の特徴としては腐女子ということ。やおい本のカバーを普通の文庫本のものにすりかえ学校で読んでいる。いつから目覚めたのかわからないが推定するに中学校あたりだろう。

特技の兜割りは鞄に仕込んだ百科辞典の角で相手の頭を叩き潰す荒技である。

緑「……」

灰「し、失礼しました!!」

緑「終わった……私の人生……」

 

灰「そういえば自分自身に使うのを忘れてた。えい!!」

ピカっ!!

名前:灰

性別:女

バスト:C++

特技:核爆発

性格:マッドサイエンティスト。その優れた頭脳をいい方向に生かさないお馬鹿さんである。部活では日夜爆破しまくっている科学部に所属。日々あやしい実験を繰り返している。

姉の黒同様サディスト。自分の発明品を他人に使い他人が困っている様をみて内心あざわらっている。まさに鬼畜。いや腐れ外道である。そんな灰色の称号は『鬼畜女王』(翠緑談)

灰「……」

ぐしゃっ!!

灰「もう二度と使うもんか……」


灰「そろそろバレンタインだねお姉ちゃん」

黒「……そうね、あと5ヶ月もすればね」

灰「やっぱりチョコレートは手作りのほうが喜んでもらえるよ?」

黒「そりゃそうでしょう」

灰「でもお姉ちゃんお菓子作り下手だよね」

黒「そうだけど?」

灰「教えてあげよっか?」

黒「いいわよそんなの。っていうかまだ5ヶ月先だし」

灰「まったく素直じゃないんだからぁ。じゃ、私はいまから独り言を言うけど無視してね」

黒「……知りたくないんだけど」

灰「……まずキャベツを千切りにします」

黒「さっそく材料が違う!?」

灰「もうお姉ちゃん、独り言なんだから入ってこないでよぉ!」

黒「ん、ごめん……」

灰「まったく……え〜と、そうそう、キャベツをいちょう切りにしたあと、チョコレートを溶かします。市販の板チョコでOKです」

黒「……」

灰「さきほどのキャベツを冷蔵庫に保存し、チョコレートを好きな形にかたどってから固めます。ちゃんと固まれば完成です」

黒「……形変えただけじゃ」

灰「渡すときに告白もしておきましょう。するといいことか悪いことのどちらかが起きます」

黒「それも当たり前じゃ!?」


灰「来る……私の時代が」

黒「もう終わったわよ」

灰「嘘だッ!!」

黒「こないだ来たばっかりじゃない。まったく何を言ってるのか……」

灰「嘘だ嘘だッ!!じゃあいまは誰の時代なの!?」

黒「ん〜そうねぇ……ピンクの時代じゃない?最近よく見るし」

灰「嘘だ嘘だ嘘だッ!!あんなでかメロンのどこが……!!」

黒「……」

灰「あんなでかメロンのどこが……」

黒「……」

灰「でかメロンの……」

黒「……」

灰「うぅ……負けたよぉ」

黒「よしよし。じゃあ紫と二人で頑張ろうね」

灰「……え?三人じゃないの?」

黒「?」

灰「私とぉ紫とぉお姉ちゃ

黒「殴るわよ」


—もぞもぞ

無「ん?」

灰「(ぴょこん)やぁ、色無」

無「灰か!久しぶりに隠し通路通って来たな」

灰「最近は紫ちゃんに独占されてたからねぇ……(ニヤリ)」

無「その不敵な笑みは止めなさい」

灰「もしかして、もうあーんなことやこーんなことしちゃってるのかなぁ〜?……なんてw」

無「あぁ、してるけどなんか問題あるか?」

灰「!?~ふぇっ……あれ?……ん?……お?……えっーーー!?」

無「怖い映画一緒に見たり紫の髪の毛梳かしてあげたり他愛ない雑談したりしてるけど、そんなに驚くことなのか?」

灰「うぇっ!?……な、なぁんだ。そうだよね。うん!」

無「……お前なに想像してたんだ?」

灰「し、知らないっ!もうあたし寝るよ!おやすみっ!」

無「……?」

灰「……って、よく考えたらすごいイチャイチャしてるじゃん!」







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 05:06:33