灰メインSS

灰「ごめん、それ取ってー」

橙「えーと……これ?」

灰「うん、それそれ。ありがとー」

橙「ねぇ、灰ちゃん」

灰「んー?」

橙「私はかまわないけど、一応敬語使った方がいいよ。青とかはウルサイからさ」

灰「……わかった」

灰「ってことがあったんだけどさ」

空「うんうん」

灰「私も、まぁ気をつけますぐらいにしか思ってなかったんだよ。でもさ……」

空「でも?」

灰「紫ちゃ……先輩にね」

紫「先輩は敬わないとダメっ!!」

灰「って言われたんだけど、なんかものすごい説得力あってね」

空「日頃からそういう思いをして暮らしてないと出ないよね……灰ちゃんを納得させる言葉は……」


灰「エイプリルフール?」

男「あれ、灰色はもっと喜んでるかと思ったんだけどな……」

灰「そんなんやってるやつなんて今時いないでしょ。カツオくんぐらいじゃないの?」

男「そ、そう……」

灰「まったく、色無は子供だなぁ……」

男「ごめ——」

紫「ちっちゃいゆーな!」

男「お前じゃねぇよ!」

灰「……色無に言ったんですよ、紫せ・ん・ぱ・い」

紫「ごめんね、勘違いしちゃった!もー、灰色ちゃんを困らせちゃだめだよ?色無くん?」

男「なんで上機嫌なんだよ……」

灰「とにかく、せっかくの春休み、私はやりたいことがたくさんあるんだから。ゲームとか、ゲームとか、ゲームとか」

男「ゲームばっかじゃん!」

灰「私は部屋に戻らせてもらうよー」

男「おう、また晩飯でなー」

灰「全く疑ってないみたい……馬鹿だなぁ、色無は。全然私のことわかっちゃいないね」


灰「やあ、色無」

男「だからなんで俺の布団に……はぁ、もういいや」

灰「……ちょっと臭うんだけど」

男「やかましいわ!」

灰「……干して」

男「今度な。……っていうかお前さ、好きな人とかいるわけ?」

灰「……何をおっしゃる。色無様一辺倒ですよ」

男「はいはい。……ま、灰色みたいなグータラな子に好きになられても困るだろうけどねー」

灰「……ふーん、そういうこと言っちゃうんだぁ……」

  翌日

男「……どうしたの?洗い物なんかしちゃって……」

灰「ん?何が?これくらいやるに決まってるじゃん。だって私はグータラで邪魔でダメで無能で生きてる価値なしな女じゃないからねー。さーてと、次は洗濯っと」

黒「……色無、あんた私の妹になんてこと言ってくれてんの?」

男「いや言ってない!そこまで言ってな……!!」

黒「もっと言ってやって!これは本格的に性根を直すチャンスだわ!」

灰「あー……だるー……」

男「……せめて三日坊主にしろよ……1時間で終わりって……」

灰「あと色無よろしくー」

男「俺がやるの!?この続きを!?これ張り切りすぎただろ、寮内全員分って!しかもまだ半分以上残っ……」

灰「気のせい気のせい」

男「気のせいじゃないよ!現実だよ!」


『——続きまして、新入生総代の挨拶。一年二組、○○灰。……○○灰さん、壇上にお願いします』

空「灰ちゃん総代だったの!? 起きて灰ちゃん、呼んでるよ!」

灰「うるさいなあ……入学式なんて退屈なだけなんだから、もうちょっと寝かせてよ……」

空「ダメだよ、総代なんでしょ? 挨拶しないと怒られちゃうよ!」

灰「総代……あ〜、そういえば合格発表のあとでなんかそんな電話がかかってきてたっけ。すっかり忘れてた」

空「ええ!? だ、大丈夫なの?」

灰「原稿とか何にも用意してないなあ……まあいいか、何とかなるでしょ。いってきま〜す」

空「……心配だなあ」

無「おい、今呼ばれたのって灰ちゃんじゃないか? 総代って入試の成績一位がなるんだよな? すげーなあ」

黒「あの子、昔っからちっとも勉強しないくせにテストの成績だけはいいのよね。でも、総代なんて話は聞いてなかったわ……ちゃんと挨拶できるのかしら」

灰『あ〜テステス。どうも遅くなってすいません。なんか総代ってことになりました灰です。いやー、こんなことなら何問かわざと間違えればよかった。実にめんどくさいです』

 

黒「……あの馬鹿……」

無「ま、まあいいじゃないか。型にはまった挨拶より親近感があって。緊張してた新入生たちも湧いてることだし」

黒「先生方は真っ青だし、来賓は渋い顔してるわよ」

無「あ〜、まあなあ……」

灰『えー、体裁を保つためにいちおうやってた受験勉強から解放され、本校に入学したからには、大学入試まで全力でだらだらと無気力に生活し、学園行事も可能な限りエスケープする所存です。そのためには横暴な姉の魔の手から、あ、二年四組の黒が私の姉なんですけど、これがほんとに独善的でして、自分は男にうつつを抜かしてるくせに人には生活態度を改めろとか口うるさく——』

 ブツン ピーーーー

『——以上、新入生総代の挨拶でした。続きまして——』

無「あー、袖の方に引っ張り込まれてるな。ありゃ怒られるぞ……それにしても、何ごともなかったかのように式を進行させるとは、うちの学校もなかなかやるな」

黒「色無……今日私の部屋からどんな物音がしたとしても、決して入ってきてはだめよ……」

無「……できるだけ穏便にな」


灰「色無ぃーおんぶー」

無「まだ歩きはじめて5分も経ってないぞ」

灰「もう疲れたー。外きらーい。人ごみきらーい」

無「お前ほど花見に向いてない奴もめずらしいよ」

灰「木を見てるだけで何がたのしいのさ?部屋でゲームやってるほうが絶対楽しいよ」

無「お前……それを言っちゃおしまいだよ」

灰「帰る帰る帰る」

無「あーわかったわかった。ほら、おぶってやるからコッチに来い」

灰「さすが色無。話がわかる」

無「いいか?じゃあいくぞ」

灰(やっぱり『特等席』から見る景色は格別。ココは私だけの場所、誰にも渡さないんだから)


灰「世界がもし100人の村だったら……」

男「……」

灰「……」

男「……」

灰「……そんなことあるわけないからいいや」

男「おいっ!」

灰「だって考えるだけ無駄じゃん」

男「なんということを……っていうか振ってきたのお前じゃねぇか!」

灰「んー、じゃあ、えーっと……半分くらいは女です」

男「当たり前だろ!」

灰「そして残り半分は男です。おしまい」

男「やりたい放題だなおい……」

灰「あ、あと色無のことを好きな人が一人います」

男「?」

灰「それは私です」

男「……あー……唐突すぎて意味がわからない……」

灰「……しかしそれは私ではありません」

男「……」

灰「では、『私ではない私』とは存在しうるのでしょうか?」

男「……」

灰「続きはwebで」

男「……」

灰「……」

男「……照れ隠しするぐらいなら、最初っからそんな恥ずかしいこと言うなよ」

灰「……うるさい」

男「目が泳ぎすぎなんだよ……」


灰「……」
 パチ パチ パチ……

男「お、ジグソーパズルか。……って相変わらず角からは始めないのな。もう驚かないけど……」

灰「……ん、角なんて探して当てるだけじゃん。もっと頭を使わないと」

男「んなこと言ったって……俺ら一般人にはちょっとな」

灰「んー……結構誰にでも出来るもんだよ?想像力さえあれば」

男「想像力か……」

灰「色無なら余裕なんじゃないの?」

男「どういう意味だよ?」

灰「例えば……水色ちゃんの節目がちな笑顔」

男「……」

灰「顔緩んでるよ」

男「……はっ!」

灰「桃姐のグラマラスなビキニ姿」

男「……」

灰「鼻の下伸びてるよ」

男「……はっ!」

灰「こういう意味」

男「くっそー……策士め!」

灰「私は語句を並べただけで……っと、なんか飽きちゃったなパズル」

男「えぇ!?もうちょっとで完成なのに!」

灰「後は探すだけだもん、やっといてよ。じゃー私お風呂入ってくる」

男「おーう。……ここまで出来てるのにほったらかしにできる理由がわからないよな、ほんと……」
 パチ パチ パチ……

男「……あれ?え、あれ?なんで!?最後の1ピースなくしたぁぁ!!」

灰「いまごろ悶え苦しんでるんだろうな……我ながらあくどいことをするよ、うん」


灰「……今日は風凄いね」

男「やけに強いよなぁ。雨でも降るのか?」

灰「風が吹けば桶屋が儲かる……なんで儲かるか知ってる?」

男「?さあ……風が吹いて桶が転がって……いや全然わかんね」

灰「正解は……風が吹くと、砂埃が舞う。目にゴミが入る人が出てくる」

男「うんうん」

灰「失明する」

男「えぇ!?」

灰「失明した人の職業と言ったら、昔は三味線引きぐらいしかなかったから、みんなそれに就く。そしたらその分三味線も必要。材料も必要。弦の材料は猫の皮」

男「へぇー……っていうかもう既に無理矢理具合が半端ないな……」

灰「で、皮目的で猫が殺される。すると、天敵がいなくなって増殖したネズミによって家の支柱がかじられて、家が傾く」

男「嘘ぉ!?」

灰「屋根の瓦が落ちてきて、それに当たって死亡する人が多くなる。……ね、桶屋が儲かった」

男「……え?なんで?」

灰「……昔の葬式は土葬でしょ?死体を埋めるときにはでっかい桶に入れて埋めてたんだよ」

男「あぁ、なるほどな……結構暗いな」

灰「昔はみんなそんなもんだよ」

男「へぇー……それにしてもやっぱり灰色って物知りなん——うわ、目にゴミがぁ!」

灰「……まったく、何やってるんだか。油断してるからそうなる」

男「油断も何も……痛ててて!」

灰「……どうでもいいけど、足止めちゃいかんよ、君。早く私を寮まで送り届けなさい」

男「てめぇ……目にゴミ入ったのにおんぶ状態を解かないだけ凄いと思うぞ!?俺!」

灰「早くぅー。いつまで痛がってんの……失明したって私の側近にしてあげるから」

男「なりたくないわ!っ痛ててて……」

灰「……あ、あの女子高生スカートめくれてパンツ見えそう」

男(バッ!!)

灰「ほーら治った」

男「ちくしょぉぉぉ!!本当に治ってしまったぁぁ!!」


灰「だるー……」

男「もう五月病かよ……っていうかまだGW終わってないぞ」

灰「でも残すところあと一日でしょ?」

男「まぁそうだけど?」

灰「だるー……あと一日って聞くと、もったいなくてなんにも出来やしないよ……」

男「何その発想の転換」

灰「だるー……」

男「……よし、じゃあどっか遊びに行くか!」

灰「……」

男「なんだよその視線は……」

灰「……この人は私の言うことを聞いていたのかなぁと」

男「だから遊び行こうぜ。明日ならみんな帰宅ラッシュだからどこも結構空いてるんじゃない?」

灰「……そううまくいくかなー」

灰「……そううまくはいかなかった、と」

男「あれー?おかしいなー……こんなはずじゃなかったのに。みんな同じ考えなのかなー?」

灰「まぁ私は最初っからわかってたけど……」

男「わかってたなら教えてくれよ!」

灰「だから行きたくないって……まぁいいや。色無おんぶー。人ごみ疲れたー」

男「ったく……まぁ俺のせいだしな。ほら」

灰「……ん」

子供『あー!いいなぁおんぶ!おとーさんボクもおんぶー!』

父『こら、もうお兄ちゃんだろう。自分で歩かなきゃだめだぞ』

子供『えー……おんぶー!もう疲れたー!』

灰「……色無、あの子に近寄って」

男「……?何すんの?」

灰「……見せ付ける」

男「諭してあげるとかじゃないのかよ!」


『暖かな日差し』

 ゴールデンウイークも終盤にさしかかったある日、灰は1人で寮の屋上にいた。

「はぁ」

口から出るのは気の抜けた音。そして、

「……ひま」

降り注ぐ日差しは、風にはためく洗濯物と灰に、等しく影を作っている。

「おねーちゃんは白先輩と出掛けてるし、からかって面白そうな色無先輩は朝から居なかったし」

 洗濯物が奏でる単調な音の繰り返しと、青空に浮かぶ光が、灰を眠りの世界へ誘う。

——眠りに落ちる直前

「あ、日焼けするかも?」

と言う思考が脳裏をよぎったが、今更動くのも面倒で

「まあいいや、見せる相手がいるわけでもないし」

と思ってそのまま眠りについた。

——うっすらと意識が浮上し始め、違和感を感じた。

(屋上で寝てたはず、でも顔には強い日差しが当たってる感じはないし)

——しばし考える。

「やば、寝過ごした!」

日が沈む時間まで寝てしまったのか、最悪夕食の時間も過ぎてしまったんじゃないか、

と焦りながら目を開けた。

「……よ」

「……ふぁ!」

 独りで寝ていたはずの屋上で、目を開けたら寮生唯一の男が隣にいれば変な声が

出るのも仕方ないと言える。

「い、いろなひ」

「なんだ、寝ぼけてるのかよ」

「う、うるさいな。寝起きでちょっと焦っただけよ」

「そっか」

 そこで気づいた。いつの間にか灰の頭上にはビーチパラソルが開いていて丁度良い影を

落としていた。

「……これは?」

「ああ、朱色さんに頼まれて物置の整理をしてたんだけどな」

——色無の話はこうだ

 珍しく朝早く目覚めたと思ったら、寮母であるところの朱色に捕まり昼過ぎまで

強制労働をさせられていたと。

「それでやっと解放されたのね」

「ああ、ついでに海水浴で使うから、一度干しておいてくれって言われてな」

 頭上のカラフルな傘を指しながら続ける色無。

「なんで屋上まで持ってきたの?」

 物置は寮の一階にある、わざわざ屋上に持ってくる必要はないはずだ。

「ん……ああ、屋上の方が風通しがいいかなと思って」

——ここでまた違和感、すぐにその理由に思い当たる

「へぇー」

「……なんだよ」

「なんでもなーい」

 風に当てるために屋上に持ってきたのなら、わざわざ私の全身が影に入るように

パラソルを立てる訳がない。

「これは、おねーちゃんもやられるわけだー」

「なに訳の分からん事言ってるんだよ」

 何にも言ってないのに気を配ってくれる、そんな所にみんな惹かれるんだろう。

「お礼に夏の水着はがんばっちゃおうかなー」

「は?」

 私だけ日陰に入れて、自分はお日様をもろに浴びている色無を見ながら、

少しはおしゃれしようかな?

と考え始めた灰だった。


pencil_1747.jpg

灰「……あ゛〜」

緑「……」

灰「あ゛〜……」

緑「……」

灰「あ゛

緑「読書に集中出来ないからやめてくれる?その呪怨みたいな声出すの」

灰「……やっと喋ったな」(ニヤリ

緑「……何よ」

灰「どんなの読んでんの〜?」

緑「……推理小説よ」

灰「あ、その本なら私も呼んだことある。小学生のときだったかな?まぁすぐトリック見破っちゃってつまんなかったけど」

緑「……」

灰「確か○○が真犯人でー……」

緑「……」

灰「追い詰めたら自殺しちゃって結局動機がわかんないんだよね?」

緑「……」

灰「……いやー本当に懐かしい……ってあれ?」

緑「……」

灰「……ど、どうかしましたー?」

緑「……」

灰「……?」

無「おーい灰色ー、黒が呼んでたぞー。またなんかやったのか?」

灰「うぃー、今行くよー」

無「危なかった……もう少しで危なかった!!」


灰「だるー……こんな日の高いうちから学校来るなんて正気の沙汰じゃないよね……あ〜、五月病でなーんもやる気がしない……」

無「いろいろとツッコミどころが多すぎて逆にツッコミにくいんだが……灰さあ、バイトでもしてみたら? 社会に貢献して、意欲的に生きる喜びをだな」

灰「あーだめだめ。バイトはもう二度とやりたくない」

無「え? 二度とって……やったことあるのか? どんな? 正直想像つかないんだが」

灰「あれだよ、ドモ○ルンリンクルがぽたぽた落ちてくるのをじーっと見つめるやつ」

無「ああ……考えてみれば、あれほど灰にぴったりの仕事もないかもな……」

灰「でもさー、さすがに退屈だったから、あり合わせの資材で抽出速度を十倍にする装置を作ったら、他の監視員さんは目を回しちゃうしタンクは溢れるしで、すぐクビになっちゃった」

無「……きっと神様はこの頭脳が悪用されないよう、灰をぐーたらにしたんだな……」


灰「恐竜狩りも飽きたなぁ……」

黒「それだけやってりゃ飽きるのも当然よ」

灰「むー、しかしお金がないから新しいゲームも買えないし……」

黒「まっとうな生活を送りなさいよ。規則正しい生活を」

灰「じゃあ宿題でも……やめた」

黒「あるならやりなさい」

灰「ない」

黒「あるのね」

灰「ない。いまなくなった!」

黒「勝手に消さない。ほら宿題やりなさいよ」

灰「もー動かないー布団から動かないー私はこのまま寝るー」

黒「はいはい」(ずりずり)

灰「ぎゃーたーすーけーてー」

黒「さっさとやる!」

灰「ちぇー……うん、終わった」

黒「一文字も書いてないでしょう」

灰「頭の中では解き終わったの! 書くのが面倒なだけなの! お姉ちゃんだって知ってるでしょ!」

黒「……それを証明できる?」

灰「出来ないけど……あ! きっと色無ならなんとか証明してくれそうな気がするから色無の部屋行ってくるね!」

黒「ふざけてないでやりなさい」

 ——コンコン

無「はい?」

黒「色無?私だけど」

無「あぁ黒か。いま開けるよ」(ガチャ

黒「こんばんは」

無「こんばんは。ってどうしたの?」

黒「灰色がいつ逃亡してきても捕まえられるように、ここにいさせてもらうわ」

無「?あぁ……うん。わかった」

灰「お姉ちゃんめ……私をダシに使うなんて!」


pencil_1769.jpg

灰「暑い……蒸し暑い……。こんな日に部活やって汗かいてる人たちは正気の沙汰じゃないよ、ほんと」

無「……それ、人の上におぶさってる奴の言うことじゃねぇよな。こんな密着してるほうが暑いっつーの」

灰「知らないの?ここまで暑いとだね、人肌のほうが逆に冷たく感じるものなんだよ」

無「そこまで暑くないだろ。外気温40度か」

灰「……まぁ本音を言っちゃうと、ただ色無とべたべたしたいだけなんだけど」

無「全然嬉しくないんだけど」

灰「傷ついたんだけど」

無「気にしないんだけど」

灰「もう立ち直れないんだけど」

無「そこまで言われるとちょっと罪悪感生まれるんだけど」

灰「慰謝料よこせなんだけど」

無「立ち直り早いんだけど」

灰「何その喋り方?さっきからうっとおしいよ」

無「お前が始めたんだろうが!」

灰「……ふぅ」

無「……あち〜……」

灰「……ん、結構髪伸びてきてるね。邪魔じゃないの?」

無「そうだなー、前に切ってから結構経ってるし……そろそろかな」

灰「切ってあげよっか?」

無「遠慮し……ん、もしかして本当に切れるのか?」

灰「灰色ちゃんに出来ないことはないよ!」

無「今月金欠だし……意外と悩むな」

灰「特別サービスで高枝切りバサミで3メートル先から切ってあげよう」

無「遠慮します」

灰「遠慮……遠慮といえば」

無「いきなりどうした?」

灰「いやぁ、水色ちゃんて遠慮の塊みたいだよねー、って」

無「失礼な……っていうかお前はもっと遠慮しろ」

灰「逆に遠慮のかけらもない人ってさ、朱色さん?」

無「どう考えてもこの人だと思いまーす」

灰「朱色さんってさ、絶対学生時代は美人だったよね」

無「……何その今は微妙みたいな言い方」

灰「今は……ほら、顔とかスタイルはいいけど生活がもうおっさんだもん」

無「……そう言われると……」

灰「でもさ、朱色さんは結婚出来ないわけじゃないんだよ。しないんだよ」

無「何か知ってるのか?」

灰「その学生時代……っていうか学生時代が終わって社会人一年目のころの話なんだけどね」

無「うん」

灰「大学時代からずっと付き合ってた人がいたんだって。で、婚約までいったらしいよ」

無「へー!意外だ……」

灰「もうお互いとっくに結婚出来る年齢なのに結婚しなかったのは、その男の人の願望だったんだって。必ず夢を叶えて君を迎えにくるから、って」

無「……かっこいいな」

灰「でもね、ある日、彼の乗った車が交通事故に遭っちゃって……意識不明の重体だったんだけど、結局意識は戻ることなく……」

無「……」

灰「……ってストーリーがあったら朱色さんにも大人の魅力が出てくるのになー……」

無「……え、何?嘘かよいまの」

灰「もちろん嘘だけど?」

無「……もう付き合いきれんよ……」


灰「文化……祭……?」

空「どうしたの灰色ちゃん?」

灰「んー……いやさ、今年はどうしようかなって」

空「みんな灰色ちゃんには期待してると思うよ?去年のコスプレ喫茶は細かいところまでチェックが行き届いてて大好評だったし」

灰「そりゃあ、やるならあのくらいやらなきゃ」

空「クラス変わっても灰色ちゃんの噂は全学年に流れてるからね。灰色ちゃんがいるだけでもうみんな安心してるし」

灰「それがさ……今年はやめようかなって……」

空「……え?」

灰「だから、今年はやらない」

空「……そっかぁ」

灰「うん、やらないってのが今年の我がクラスのネタ」

空「……?」

灰「二年○組は今年は何もやりません!教室に来ても何もやってませんし、誰もいません!絶対に来ないでください!」

空「……?」

灰「っていうチラシを大量にばら撒くのさ。そしたら空ならどうする?」

空「……気になって行っちゃう!」

灰「それが狙いさ。で、中でびっくりするようなことを行うわけさ。……どうよ?」

空「……すごい!」

灰「しかもだね、この催しの一番おいしいところは……遊びに来た色無を拉致できてしまうところ!もう色無は我々のもの!」

空(色無先輩を独り占め……か。一緒に回ったりしたいな)

灰「そして30分間色無と文化祭回れる権を1000円で売りさばく!単純計算でも12人は来る!12000円もあれば……新作ゲームでも2本ぐらい買える!」

空「……」

灰「ん?どしたの?」

空「いや、灰色ちゃんってやっぱり凄いなぁって……いろんな意味で」

灰「?」

 

無「なになに、『二年○組は何もやりません!絶対にこないでください!』だって? あのクラスは……確か灰が居たっけ。灰の考えそうなことだな。だが敢えて俺は釣られるぞ。それが色無クオリティ」

 ガララ

無「おーい……って、あれ? 真っ暗じゃ——ちょ、ま、うわなにするやめろー!」

灰「分かってるのにわざわざ来ちゃう色無って本当にバカだよねー」

無「拉致の首謀者が言う台詞じゃねえだろ、それ」

灰「さて、一稼ぎしてもらいますか」

無「俺は嫌だぞ」

灰「この子がどうなってもいいのかしらん?」

空「せ、先輩!助けて下さい!私このままじゃ灰ちゃんの実験に利用されて……うぅ……(本当は1000円の券をタダにしてもらったから手伝ってるだけだけどね)」

無「空ちゃん?!」

灰「さぁさぁどうする? やる? やらない?」

無「分かったよ。やればいいんだろ、やれば」

灰「さすがだね。話が分かる人でよかったよ」

無「でも俺なんかと文化祭まわれる券を1000円で買う奴なんて……」

 ガラッ! キャーキャー!

灰「はい押さないで押さないでー。一番目は……青さんですねー」

無「……」

青「べ、別に色無と一緒に文化祭見たいわけじゃないんだからね! 色無が一人で回るのが可哀想だから私がついていってあげるんだからね!」

空「……お姉ちゃん……」


 舞台裏

灰「なんだかずるいなぁ……お姉ちゃんと白姉だけ新たなジャンルもらっちゃって」

無「まぁまぁ。あの二人はほんとにハマリ役だししょうがないじゃない」

灰「私だって座敷わらしになりたいー」

無「灰色が座敷わらしか……」

無『な……だ、誰だお前!』

灰『私は座敷わらしという者で決して怪しいものではございません。思った以上に住み心地がいいので今日から住まわせてもらってますー』

無『ただいまー……って何だこのカップ麺の容器は!』

灰『おかえりー。うん、なかなかいいセンスしてるね。全部おいしかったよ』

無『さーて寝るかぁ……って』

灰『むにゃむにゃ……あ、お先に入ってまーす。おやすみ……くー……』

無『本気で付き合いたいひとがいるんだけど』

灰『……そう、よかったね。家主の幸せは座敷わらしの幸せだもん。じゃあ私はこれで……』

無『……』

灰『……ん?家主の幸せは座敷わらしの幸せだけど……じゃあ座敷わらしの幸せも家主の幸せに繋がるよね?』

無『……?』

灰『ってことはさ、私消える必要ないじゃん!』

無『!!』

無「……だめだ。だって可愛げないもん」

灰「……地味に傷つくこと言ってくれるね……」


灰「お姉ちゃん、英語わからないからおせーてー」

黒「あんたにわからないものが私にわかるわけないでしょう」

灰「そうじゃなくてさー……ほら、これ」

黒「なに、和訳?……『彼からその話を聞いたとき、私は驚いて思わずいすから転げ落ちてしまった』」

灰「うん、その通り。完璧です」

黒「……姉をバカにするとはいい度胸じゃないの?」

灰「まぁ待って。……とするとさ、この人は茶色ちゃんなのかなぁ?」

黒「……似てる気がするけど、英語の問題文にいちいちツッコミ入れてたらキリないわよ」

灰「だってさぁ、文面からすると、いすに座ってたんだよね?この人。で、その話に驚いちゃって……ここ注目。いすから転げ落ちるほど驚く話」

黒「現実にはないわね、そんなの。いくら驚いたからっていすから転げ落ちるなんて……」

灰「でもさぁ、あるかもしれないじゃん。だから、

無「茶色ちゃん……あの、パンツ……丸……見え」

茶「へ?……あ……ごごめんなさい!」

がたっ   ガン

茶「ひゃぁ!?……うぅ……痛いよう……机におでこぶつけちゃった……」

灰「……色無を手配してみたんだけど、今まさに証明されました」

黒「……茶色、あなたもう少し落ち着いて行動しなさい。これから困るわよ?」

茶「……ふぇ?」


灰「色無〜、おんぶして〜」

無「却下」

灰「じゃあ抱っこ〜」

無「……却下」

灰「あ、今ちょっと考えたでしょ?色無ってばえっちぃ!」

無「なっ?!」

灰「ほらほらそんなに動揺しないの。抱っこさせてあげようか〜?」

無「あ、あほか!」

灰「せ〜っきん3ピクトっ♪(グイッ)」

無「ちょっ、首に手回すn……」

灰「それ待てって躊躇だ、やんっ♪」

無「やめっ……」

灰「ガンバって♪ハリキって♪」

無「これ以上h……」

灰「……そんなにイヤ?」

無「えっ?!い、いや……別にイヤとかそういう訳じゃなくて……その……なんていうか……」

灰「真面目に考え込んでる色無わろすw」

無「は?」

灰「ふふーん、いくら私でもそんなに簡単にはあげないよ♪じゃあね〜!」

無「待て……て、もう行っちゃった」

灰「……せっかくあこまで近づいたのに……まぁいいや、次はどういう作戦で行こっかなー?」


無「どうした、今日はいつにも増してだるそうだな」

灰「……」

無「あー、あれか?どうせまたゲームやりすぎたんだろ」

灰「……」

無「まぁもうすぐテスト一ヶ月前だもんなー。今のうちにやり溜めておかないとなー」

灰「……」

無「……本当にどうした?」

灰「……」

無「……」

灰「……あのさ、」

無「ん?」

灰「今日さ」

無「うん」

灰「……」

無「……」

灰「……今日女の子の日なんだけど」

無「……」

灰「……」

無「……ご、ごめ」

灰「今さ、もうきてるのかとか思ったでしょ」

無「思ってないわ!っていうか女の子がそういうことを言っちゃだめ!」


灰「……あれ、色無。まだ寮着いてないの?」

無「お前なぁ、こんな雨の日に人一人担いで帰るのがどれだけ辛いと思ってるんだよ」

灰「……うわ、凄い雨だね。いつの間に降ってたの?」

無「お前があろうことか俺の背中で睡眠をとり始めたすぐ後だよ」

灰「……うずうず」

無「なんだ、そんな効果音を声に出すなよ気持ち悪い」

灰「……言っていい?ねぇ言っていい?」

無「……何を?」

灰「……」

無「……?」

灰「ウェザーリポォォォォトッ!!」

無「急に大声を出すな!」

灰「言っちゃった!言っちゃった!やばいこれすっごく気持ちいいよ!」

無「またマンガか何かか?いいかげんにしろよ、それ以上暴れるなら落とすぞ」

灰「……ちぇっ、冗句も通じないとはつまらん男だね。もっと包容力のある男にならないと!」

無「……文句も言わず毎回おんぶして下校してるのは、包容力あるとは言わないのか?」

灰「……ん、そうだね。好きになっちゃうかも」

無「……なんだ、どうした?そんなこと言うキャラだったっけ?」

灰「……だってさ、今気付いたけど、私まったく濡れてないんだもん。こんな雨なのに。それって、色無がだいぶ気遣ってくれたおかげでしょ?ほら、色無のほうはもうずぶ濡れ」

無「……」

灰「人が見てないときにかっこいいことしてても、だぁれも気付いてくれないよ?いっつも色無は損してるよ、それで」

無「……余計なお世話だっつーの」

灰「……でも、この灰色ちゃんはちゃんと気付きましたー。というわけで、ご褒美」

無「いやお前、ご褒美ってそんな……」

灰「ちょうだい」

無「俺があげるのかよっ!」

灰「冗談冗談。んー……」

ちゅ

無「なっ……」

灰「今日のところは耳でおしまーい。っていうか届かないもんここからじゃ」

無「お前なぁ……そういうのは……まぁいいや」

灰「顔赤いよ?」

無「お前のせいだよ!」


おひるどき

無「(モグモグ)」

灰「……」

無「(モグモグ)……ん?」

灰「……あーん」

無「……」

灰「あーん」

無「……ほいよ」

灰「ん。(モグモグ)」

無「しかし、色気の欠片もないよな」

灰「(モグモグ)あったほうがいい?」

無「……いや、ない方が灰らしい」

灰「ん。……あーん」

無「あーん」

灰「(モグモグ)」

水「……」

白「……」

空「……」

三人「「「いいなぁ……」」」


無「あっちいなー……」

灰「やあ色無お邪魔する……お仕事中でしたかこりゃ失敬」

無「待て待て待て!俺は何もしてねぇって。それよりも勝手に部屋に入って来るなって言ってるだろ」

灰「はいはい、以後検討させてもらいます。……で、どうしてパンツ一丁なのさ?」

無「そりゃ暑いから……って、うわああああ!?ちょっと向こう向いてろ!」

灰「えー、生着替え見たいー」

無「抑揚のない声で言われても……。それに男の着替えを見てもつまらないだろ?だから向こう向いてな?」

そうして色無は着替え始めた。

静寂が支配していた部屋に布擦れの音がとても官能的に感じられ——

無「てぃっ、変な実況をするな」

灰「あいてっ」


灰「(じー)」

無「……」

灰「(じー)」

無「……なんで俺睨まれてんの?」

灰「……上目遣いなんだけど」

無「……ごめん」

灰「私には色気っていうのは出せないもんなのかなぁ?」

無「いや上目遣いは練習次第じゃないの?」

灰「最近本気で悩んでるんだよ……」

無「お、誰か好きな人でも出来——」

灰「お前だぁぁぁッ!!」

無「!?」

灰「……男の子はそう言うと、一瞬のうちに消えてしまった……あれはなんだったのだろうか」

無「突然怪談!?しかもオチ部分のみ!?」

灰「あれで気付かないってほんと才能だよねお姉ちゃん」

黒「……私だって困ってるんだから振らないでちょうだい」


無「……なぁ?」

灰「ん?」

無「なんでいっつも主人公に俺の名前つけるんだ?」

灰「……だって私男じゃないじゃん」

無「確かにそうだけれども……」

灰「ある種のロマンだよロマン。気にしない気にしない」

無「で、なんでライバルの名前は黒なの?」

灰「……」

黒「……なるほど、ゲームでストレス発散してるってこういう意味だったのね?」

灰「お、お姉様!」


「今日も疲れたなーっと」

制服のままベッドにダイブ。凄まじい音を立てて軋むベッド。

……壊れそうだな。次からはやめておこう。

そんなことを考えていると、部屋のドアを叩く音。

「いーろーなーしー」

「灰か?なんだ?」

「入っていい?」

「ん、別にいいぞ」

「んじゃお邪魔しまーす」

そう言って部屋に入ってくる灰。紙袋を抱えて。中身は……まぁお察しの通り。

「んで、今日は何をするんだ?」

「今日はこれかなーって」

ピコピコ、ピコピコ。

そんな擬音が似合わない比較的新しいゲーム機で遊ぶ俺たち。

何と言うか、一言で言うと協力ゲー。

「この敵強えーな」

「頼れる相棒は色無か居ないからねー」

「そんなので頼られるのもどうかとは思うが……」

「まあいいじゃないの(これぐらいしか二人きりで遊ぶことないし)」

「何か言ったか?」

「別にー?あ、色無ヘルプ」

「ほいよー」

しかし、こんなに遊んでてコイツは宿題とか大丈夫なのだろうか? 気になったので何となく聞いてみた。

「んー、大丈夫でもあるし大丈夫じゃないかな」

「よく分からないな」

「端的に言えば書くのがメンドクサイんだよね。答えは解ってるのにさ」

「……それはそれは贅沢な悩みをお持ちで」

「誰か代わりに書いてくれる心優しい人は居ないかなぁ?」

「俺は御免だぞ」

「何なら色無の宿題の答えも教えるけど?」

「……悩むな」

年下に教えてもらうのもどうかと思うけど。

結局。

「次はここを変形してこの公式を使うと」

「ほぉ、そう解くのか」

年下に教えられる俺。

これが以外にも解りやすいものだから普通に関心してしまう。

灰なんて恐ろしい子。でも背中に乗られるのはとてもしんどい。

「だってダルいしー、いっつもおぶってるんだからいいじゃん」

「いや書きにくいし」

「……だめ?」

「……ああもう!好きにしろ」

全く……俺は甘いな。


灰「暑〜い……」

無「……ならその両手と両足を……ばっと!こうばっと!ひと思いに広げてそのまま尻餅つけばいいと思う」

灰「……明日から背中に保冷剤挟んどいてよ」

無「俺凍傷になるよ」

灰「……あぢ〜よ〜」

無「うわっと……もう手が滑っておんぶしてらんないもん。……んしょっ、と」

灰「ッ!」

無「……どした?」

灰「……ちょっとお兄さん、今体勢立て直すついでにヘンなとこ触ったでしょ」

無「触るわけないじゃない……」

灰「どうだか……いいの?駅員さん呼んでくるけど。痴漢がいますーって」

無「なんという言いがかり」

灰「……っていうかさ、本当にいまちょっと……触った?」

無「触ってません」

灰「……触った」

無「触ってません」

灰「触った!」

無「触ってません!」

灰「……お姉ちゃんに言いつけてやる」

無「わかった、触った!これでいいんだろ?ったく……黒は話せばわかってくれるけど、それよりも先に必ず一発かまされるからな」

灰「このエロ無め」

無「はいはい、私は色欲の塊ですよ、と。……これが冤罪と示談か……」

灰「……あ、アイス買おう。ねぇねぇ、アイス買おう」

無「お金は?」

灰「……この人痴漢でーす」

無「今度は絶対に買わない」

灰「……色無大好き!」

無「なんだその引きつった笑みは!無理をするな無理を!」


無「冷やし中華一つ」

灰「味噌らーめんで」

店員「アイヨー」

無「この暑いのに味噌ラーメンかよ」

灰「味噌は故郷の味がします……嗚呼故郷で過ごした懐かしき日々……」

無「お前どこの生まれだよ……ていうかそんなに懐古するほど年とってねぇだろ……」

店員「オマタセー」

無「いただきます」

灰「味噌熱い〜……」

無「猫舌?」

灰「うん」

無「じゃあふーふーして食べろ」

灰「めんどい。色無ふーふー!」

無「えー……」

灰「ほら!ほら!ふーふーしてっ!」

無「ふー、ふー……ぱくり。ずるずる」

灰「あーっ!食べた!せっかく冷ましたのに食べた!!」

無「自分で冷ましなさい」

灰「でもあたしの味噌らーめん食べたね?こうなったらそっちの冷やし中華も寄越しなさい」

無「一口な」

灰「あーん」

無「(からしを乗っけてと……)ほい」

灰「ぱく。ちゅるちゅる」

無「かかったなっ!!」

灰「?……っっっんーーーー!!!!げほげほ!!!!水っ!!水ぅっ!!」


灰「梅雨はジメジメしてやだねー」

無「まったくだなー。それにしても……」

灰「え?」

無「コタツ……片付けないのか?」

灰「まあどうせ冬になるし」

無「あのな……」

灰「今年も半分終わったしね」

無「びっくりするよな」

灰「まあ、そのうちまた寒い寒いとか言い出すよ」

無「……そうか?」

灰「そうだよ」

無「……めんどくさいだけだろ」

灰「……ばれた?」


灰「コタツできたよー」

無「片付けるという発想がないのかお前は……」

灰「いやー干した布団の匂いもいいもんだよ?」

無「しぶしぶ干してた奴のセリフとは思えないな」

灰「まぁまぁ、かたい事言わずに(チョイチョイ)」

無「言いたい事は山ほどあるが……まぁいいか」

灰(クークー)

無(スピー……zzz)

黒「色無ー? あ……」

無「ん? ……何時の間にか寝ていたのか……ってなんで黒が!」

黒(クークー)

灰「むにゃ……なーに? うるさいなぁ……ってお姉ちゃん!」

黒「ん……何? せっかく人がいい気持ちで寝ていたのに……。あ……こ、これはその……」


灰「朝の慌ただしい時間にただ一人学校に行く準備を済ませ、ゆっくりとゲームをする……あぁ、なんて至福の時間なんだ……」

黒「あら、今日はもう支度が終わってるのね。灰が早起きするなんて嵐でもくるのかしら?」

灰「失礼な!私でもたまには早起きするよ!」

黒「ふふふ、冗談よ。偉いわね灰。(なでなで)」

灰「まぁ、本当はゲーム徹夜して今まで起きてただけですが」

黒「……可愛くない妹ね」


灰「ワンモアセッ!」

無「なんだ? 灰の部屋から……?」

灰「ハッ! ヤッ!」

無「夏休みになった途端元気になりやがって……おーい」 ガチャ

灰「なーにー?」

無「お前、アクティブなの声だけじゃねーか! 布団にくるまって見てんじゃねぇ!」


灰「あつー……色無〜、クーラーの温度もっと下げてよ〜。人間が二人いるとその分暑くなるんだからさー」

無「充分涼しいだろ。文句あるなら部屋に戻れよな、俺宿題やってんだから。お前もあんまりだらけてると、新学期に泣き見るぞ」

灰「宿題なんか七月中に終わらせたもんね〜。私らの部屋にもお姉ちゃんがいるから人数的には変わらないし、小言が少ないぶん色無と一緒の方がましだよ」

無「あーそうかい。できる奴がだらけてるのを見ると微妙に腹が立つな」

灰「そんなことより、暇だからゲームやっていい?」

無「宿題やってんだって言ってるだろーが。気が散るから駄目だ。漫画でも読んでろよ」

灰「この部屋にあるのは漫画も小説も全部読んじゃったよ。あ、ベッドの下にある奴はまだ——」

無「そこに手をつけたら問答無用でつまみ出す」

灰「ちぇ。つまんないー、たいくつー、遊べー、かまえー」

無「……」

灰「む〜」

 ソーッ ツツー

無「!! うひゃっほうう!! い、いきなり背中をなで上げるんじゃねー! びっくりしただろうが!」

灰「ままま、いーからいーから。色無は宿題やっててよ。そんであたしが背中に字を書くからさ、なんて書いたか当ててみてよ。ゲームゲーム」

無「はあ……もう分かったよ。好きにしろ」

灰「それじゃいくよー」

無「……『い』……『ろ』……『な』……『し』」

灰「あたりー。じゃあ次ー」

無「『か』……『わ』……『い』……『い』……『は』……おい、自分で可愛いとか書くな」

灰「ちょっと、まだ最後まで書いてないのに〜」

無「書かんでも分かるっての。簡単すぎる言葉じゃゲームにならんだろ」

灰「……じゃあこれは?」

無「……『た』、いや、『だ』か? 『い』……『す』……」

灰「……次は?」

無「……分かんないな。『さ』かな? 『ま』のような気もするし……駄目だ、降参。答え教えてくれよ」

灰「簡単な言葉なら書かなくたって分かるんでしょ?」

無「いや、これは簡単な言葉じゃないな。ほら、言ってくれよ。ちっちゃい声でいいからさ。そしたらアイス持ってきてやるぞ」

灰「バカ色無……答えはね——」

pencil_1928.jpg

無「……ありがと、灰。俺もだよ。……なんか暑いな。クーラーの温度、もうちょっと下げようか?」

灰「……うん」


何故だが急にビリーズブートキャンプをやろうと、わざわざ朝早く起きてDVDをセットした。

あの声がさわやか過ぎる朝に流れる。

入隊とかはどうでもいいから早く運動に入れば良いのに。

ビリー「ワンモアセッ」

開始5分。何故だろう既に腹立たしい。こいつを殴り倒したい。いや、私は面倒くさいから色無辺りに殴らせたい。

それ以前に眠い。眠すぎる。どだい朝早く起きてやるなんて私には無理だったんだ。

ああ、ビリーがまたアレを言う。

灰「睡眠を」

ビリー「ワンモアセッ」

ビリーに了解を得た私はすぐに寝た。


灰「いいじゃん、夏休みなんだしさー」

黒「あんたは学校あるときだってゲームしてたでしょう」

灰「夏休みはもっと遅くまでするの!」

黒「夏休みだからこそ寝なさい、早くに」

灰「ちぇー、わかったよ。……おやすみ」

黒「そう、それでいいの。いつも不健康なんだから、夏休みぐらい健康に気を使いなさい」

灰「もう、わかったってー」

黒「おやすみ。電気消すわよ」

灰「……」

——10分後

がばっ

灰「おはよう!んーいい朝だなぁ!」

黒「……あんたなにふざけてるの?今寝たばかりでしょう」

灰「いやだなぁ、お姉ちゃん。もう日付は変わってるよ?」

黒「……」

灰「さてと、ゲーム、ゲームと……」

黒「……」

灰「……ふんふーん♪(うぅ……背中に感じるこの無言の圧力は……でも負けない!)」

黒「……」

灰「……ふーん♪」

黒「……」

灰「……ふーん……」

ちらっ

灰「ひゃっ!?お、お、お姉ちゃんごめん!私が悪かった!もうやらない!寝るから!怖いって!貞子みたいだって!」

黒「……」

灰「やめてって!お願いだからぁ!」


灰「ひゃほー色無♪夏休み満喫してるー?」

無「ひゃほーとか言ってる割に目の下クマできてるし、なんか疲れきってないか?」

灰「うーん、ちょっと最近徹夜しすぎなのかなー?」

無「おい、足元がフラフラだぞ?」

灰「そう?大丈夫だよー♪」

無「こりゃもう限界突破してハイになってきてるな……このままじゃ灰が危ない」

灰「ふふふー、お星様が出てるー♪」

無「なんという幻覚……おい、ちょっと横になれよ」

灰「横に?よこ?……よっこいしょういち?」

無「意味分からん!あぁ、もう!ほらちょっとこっちこい!(ぐい)」

灰「ひゃっ!」

無「膝枕してやるからちょっと寝ろ」

灰「寝ろって、まだお昼だよ?」

無「いいんだよ。ちゃんと寝たら部屋まで連れてってやるから」

灰「いいよ、このままでー」

無「はいはい分かった分かった。いいから寝ろ」

灰「撫でてー♪」

無「よしよし」

灰「……くー……」

無「……一瞬で寝やがった」

黒「流石色無ね」

無「うぉっ?!び、ビックリした……」

黒「灰をこうもすんなり寝かせられるなんて……そうね、貴方になら灰を任せられるわ。灰をお嫁に貰って頂戴」

無「そんな無茶苦茶な話があるか!」

黒「そう?残念ね……」

灰(おねーちゃん!そこもう一押ししてよ!)


灰「ふぅ、早くクーラーの効いた部屋に!お風呂上りの贅沢ー!」

ガチャ

灰「この一気に気温が変わる快感が!……あれ?」

朱「……ん?あぁ、灰色か。……どした、そんな世界の終わりみたいな顔して」

灰「……しゅ、朱色さん、それ……」

朱「あぁ、クーラーな、ちょっと業者さんに頼んで全部クリーニングしてもらってるんだ。カビ臭くて仕方なかったろ?」

灰「……」

朱「そんなに落ち込むなって。俺だって暑いの我慢してるんだから。そだ、アイス買ってきてあるからそれ食べて縁側で待ってろ、な?」

灰「……」

朱「……っていうかあんまり下着姿でうろうろするな、年頃の娘が。業者の方も来てるんだぞ?……あ、あとクーラーついてるのは二階の二部屋ですね。すみません、よろしくお願いします」

灰「……」

灰「むぅー……あちー……あちーよぉ……せっかくお風呂入ったのに意味ないじゃん……」

無「ただいまー……あれ、灰色がこんなとこにいるなんて珍しいな。黒に追い出されたか?」

灰「お姉ちゃんは図書館行ってるよ。……クーラー、業者さんがクリーニングしてるから今つけられないって」

無「なるほど、それでか。じゃあ俺の部屋も行けないな。ん、アイスあるのか?」

灰「冷凍庫に入ってるよ」

無「おーあったあった。俺も食べよーっと。隣座るよー」

灰「ん。……なんだろう、何か忘れてるような……あ、そういえば……」

無「ん?どした?」

灰「えと、ね……」

無「……?」

灰「……し、下着のままだった」

無「……そりゃ見ればわかるけど、それが何か?」

灰「……!この馬鹿エロ無!もう知らない!」

無「はぁ!?おま……ちょっと待てって!」

灰「ついてくんな!」


灰「暑い……溶けてしまう……」

無「死ぬ……」

灰「こうなったら……(ギィィ)」

無「ちょwwwなに人の部屋の床ぶっ壊してんのwww……あれ?」

灰「……(ガチャリ)」

無「開いた……てか涼しい……下に降りられるようになってる……?」

灰「よいしょっと……(ヒョイ)」

無「お、おい!」

灰「色無も来なよ。クーラーきいてて涼しいよ」

無「お、おう……なにここ、地下施設? てか、すげー広いな……」

灰「来るべき夏の日に備えて作っておいたのだよ」

無「……なんか妙な器具が一杯あるんですけど……」

灰「実験室も兼ねてるからね。っと……」

 ガチャ

灰「やっほー」

青「あ、どもー」

黄「ちゅーっす!」

無「お前ら……何やってんだ?」

青「宿題」

黄「カレーの研究。いやー涼しくてはかどるはかどる」

無「……」

青「はい、灰ちゃん。今日の分」

灰「まいどありー」

無「おい、お金取ってるのか!?」

灰「ここの施設維持していくのにもお金かかるんだよ」

無「むぅ……」

朱「姉さん……これ……」

群青「な、なにこの電気代! いったいどういう……」

朱「わからない……先月からどんどん増え出して……怖いよ……(ガクガクブルブル)」


無「(ギィ)おーい灰ー」

男「あ、灰さーん。お客さんでーす」

無「待て待て待て待て!なんでお前がいる!」

侍「ある日な。灰から金を借りたんだ。500円だ」

男「すぐに返すつもりだった。だけど3ヶ月忘れていたんだ」

侍「催促された時も持ち合わせがなくてな。そこで灰にいわれたのだ」

男「チャラにしてあげてもいいよ、ってね」

灰「ほら!早くアレ持ってきて!あと冷房1度上げて!地球に悪いよ!」

黄「君らあと1050年ここに居なきゃいけないんだから!」

男「ねぇ色無さん。50万ペリカ貸してくんない?」

無「そんなもんない」


灰「だる〜」

無「なぁ、夏休みだからってだらけてないで何か運動でもした方がいいんじゃないか?」

灰「……暑さで脳がやられた?」

無「失敬な。お前があまりにもだらけてるから心配になったんだよ。腕とか細すぎだろ、ちゃんと食べてるのか?」

灰「あーうん。はいはい、それはどーも」

無「紫なんかは毎朝ラジオ体操に行ってるみたいだぞ」

灰「……ちっちゃい子と一緒にしないでくれる?」

無「いや、あれでも一応先輩なんだから……」

灰「……色無がなんかしてくれるなら考えてもいいかな」

無「なんかってなんだよ」

灰「うーん、一日灰ちゃんの言いなりになるとか?」

無「……それ、今と大して変わんないだろ……。まぁ、あまり無茶なこと言い出さなきゃそれでもいいぞ」

赤「あー、なになに? 何の話?」

無「いや、灰と一緒に運動でもしようかと」

赤「え、灰ちゃん運動するの!?」

灰「まぁ……」

赤「いやー以前から灰ちゃんの運動神経には注目してたんだよね! 日頃運動していないはずなのに妙に走るフォームが綺麗だし、反射神経はいいし。何かやってたでしょ?」

灰「いや……別に何も……本で読むくらいだし……」

赤「うそうそ、そんなの嘘だよ。色無の目は誤魔化せてもボクの目は誤魔化せないからねっ! さ、いこいこ! さっそく外へ!」

灰「あぁ〜色無ぃ〜引きずられる〜助けて〜(ズルズル)」

無「すっごく緊張感のない声だな……」


灰「暑い……何もやる気が起きない……」

黒「あんたはいつものことでしょ。宿題はちゃんとやってるの?」

灰「いやだなァ。ちゃんとやってるに決まってるじゃん」

黒「へー、私には真っ白に見えるんだけど?」

灰「あぁ! 酷いよプライバシーの侵害だよ!」

黒「やる事やってない人にプライバシーも何もありません!」

灰「そんなぁ……」

黒「今日はちゃんとやるように。私も一緒にするからね。逃げられないわよ」

灰「うぅ……。……あ、色無じゃん!」

黒「え?(ピクッ)……あ! もう……」

灰「ふいー危ない危ない。……よいしょっと」

無「いいかげん正面から入ってきてくれないか……?」


灰「あー……だるいー……暑いー」

黒「……よく同じ単語を飽きずに何度も繰り返せるものね」

バタン

黒「そんなとこで倒れてないで、どこか涼しいとこ行って宿題でもやっちゃいなさい」

灰「……」

黒「……灰色、床にお腹を押し付けて涼を得るのは女としてどうなの?」

灰「……」

黒「……灰色?」

灰「……暑っつー……あれ?なんで私この暑い中布団までかぶって……」

黒「あら、気がついた?あんた、熱出して倒れたのよ」

灰「……どーりで体が重い……」

黒「夏風邪は馬鹿しかひかない……あんた実は馬鹿だったの?」

灰「……馬鹿と天才は紙一重だよ、お姉ちゃん」

黒「弱っても口だけは減らないのね。ほら、ポカリ。喉渇いたでしょう?」

灰「ん、ありがと。……ぷはぁ」

黒「お腹減ったでしょ、もう20時だもんね。いまお粥作ってくるから」

灰「おぉ……お姉ちゃんが優しい!」

黒「人聞きの悪いことを……。じゃ、ちゃんと休んでるのよ」

灰「はーい」

黒「……いい?ちゃんと休んでるのよ?」

灰「はーい」

黒「……」

灰「言いたいことはわかってるよ、お姉ちゃん。ゲームをするなってことでしょ?」

黒「……そうよ」

灰「それは『やれ』っていう振りなの?」

黒「いつからあんたは芸人になったの?」


無「ぐおー……ごおー……」

灰「うるさい(ピシャッ)」

無「いで!? な、なんだ?」

灰「いびきがうるさくて眠れない」

無「お前……自分の部屋で寝ろよ……」

灰「嫌」

無「……ごおー……ごおー」

灰「うるさい(ピシャリ)」

無「いってえ!? ……またか」

灰「色無のせいで眠れない」

無「だから自分の部屋で……」

灰「嫌」

無「……なぁ、もしかして俺のこと好きなのか? だから毎晩毎晩俺の部屋に……フヒヒ、なーんてな。……!?」

灰「違うに決まってるでしょ……自惚れないでよ……」

無「……まさか……図星だったのか?」

灰「違うよ……/まったく、これだからエロ無しは……」

無「いやーごめんごめん、まさか本当にそうだったとは」

灰「ムカつく……あやまるな、このばかぁ!」

無「ぐおー」

灰「うるさい……(バチィ)」

無「いった!? ……なんだよまた灰かよ……いいかげんにしてくれ……」

灰「愛のムチだと思え」

無「無理です……」

無「……ってゆーことなんだよ。何とかしてくれないか? 毎晩顔はたかれちゃぐっすり眠れねー」

黒「あら、そんなこと言って、まんざらでもないんじゃない?」

無「な、そ、そんなわけないだろ! そりゃ慕ってくれるのは嬉しいけどさ……モゴモゴ」

黒「ふふ、そーよねー。色無が好きなのは昔から私のほうだったもんねー」

無「な、お、お前何言って……」

灰「おねーちゃん? 色ないるー? って、色無が照れてる? ねぇ、お姉ちゃん色無に何したの?」

黒「えー? 別に何もしてないわよー? ね、色無?」

無「……っ。くそ……」

灰「???」

黒「ま、上手に付き合っていくしかないわね」


 対等に見てくれないなら、せめて妹でいい。

「ん? どうした、灰。またおんぶか?」

「ふふん、言われる前に気付くとは、色無も成長したねえ」

「お前に言われたくねえよ」

 今はまだ、この背中を見ていていいですか?

#ref(灰メインSS/pencil_1947.jpg)


「すーすー」

「また来てたのか……」

 朝、目が覚めると色無の横には灰色が寝ていた。このところずっとこんな調子だ。

「お前には危機感ってものがないのか?」

 あどけない寝顔の中には幼い頃の面影がまだ残っていて——色無は小さい頃を思い出す。

 色無にとって灰色はおまけだった。黒の家に遊びに行くと、必ず二人のところへやってきて、一緒に遊ぶ。

 幼い二人に更に幼い灰色がついて回る。その姿は大人の目から見ればさぞ微笑ましかったに違いない。

 もちろん楽しかったが、色無にとってみれば"黒ちゃんの家に遊びに行くと灰ちゃんもいる"。そのくらいの感覚でしかなかったのである。

 それが今では黒よりも一緒にいる時間が長い気がする。

「すーすー」

「大きくなったなぁ」

 そういえば呼び捨てにされるようになったのはいつ頃からだっけ。

 黒と色無がお互いを呼び捨てるようになってから灰色も自然とそう呼ぶようになっていた。

 最初は注意していた黒だったがそのうち何も言わなくなった。

 色無もさして気にしなかった。悪気がないのは解っていたし。

 灰、お前は皆と一緒が良かったんだよな?

 幼い頃のイメージがまだ色無の中には残っているのに。

 艶やかな髪に、透き通るように白い肌。華奢なのは相変わらずだが丸みを帯びたボディライン。

 目の前の灰色はすっかり成長していて。

 ——俺も男だってこと、解ってるのか?

 柔らかに艶めく唇に触れたくなるのを堪え、色無は代わりに灰色の頭を撫でた。

「う……ん……?」

「起きろよ、遅刻するぞ。また朝食抜きか?」


灰「おねーちゃん、一緒に寝よ」

黒「……珍しいわね、最近はそんなことなかったじゃない」

灰「ちょっとね……ダメかな?」

黒「……いいわよ。ほら、入りなさい」

黒「懐かしいわね。昔はよく一緒に寝てたわよね」

灰「うん」

黒「違うベッドで寝るようになっても朝起きたらいることもあったし……案外甘えん坊よね、灰は」

灰「うー……」

黒「でも嫌じゃなかったわ。少しだけ嬉しかった。私はこの子のお姉ちゃんなんだなって思えて……」

灰「……ありがと」

黒「空君でしょ。喧嘩でもしたの?」

灰「ううん。明日一緒に出かけるから……」

黒「不安になったと。ふふふ……」

灰「わ、笑わないでよー」

黒「はいはい。じゃあ今日はお姉ちゃんが一緒にいてあげるから安心しなさい」

灰「……うん」


灰「ところで偽お姉、ちょっといいかなぁ?」

侍「偽をつけるな偽を。何のようだ?」

灰「四の五の言わずちょっと来てよぉ」

黒「……面白そうね」

灰「お姉ちゃんが久々にやる気だ。それで偽お姉は?」

侍「やる気はあるが偽はやめろ。黒、なんかの時は殴ってよいからな」

灰「はーい注目」

男「はいはい。で?」

灰「ここに二人の侍黒先輩がいま」

男「お前何してんだ早く帰るぞ」

侍「な、何故わかった!」

男「お、反応した。左が本物か。悪いな黒。変なものに付き合わせて」

侍「……不覚」

灰「……はぁ。お姉ちゃんスマブラやろー」


カタカタカタカタ

黒「こら灰!まだパソコンやってるの?」

灰「あとこれだけ書き込んだら〜」

黒「もう……電気消すわよ」

灰「あ〜待って……『さぁスレを保守する作業に戻るんだ……』」

黒「あと10秒、3、2、1」

灰「おぉーっけい!おやすみ!」

黒「zzz」

灰(あ〜スレのことが気になって眠れない……あと一回だけ保守しようかな)コソ

黒「灰」

灰「(ビクッ)なーんて冗談、冗談。ははは……」


灰「暑くビーナス!燃えてビーナス!」

無「うるさい!っていうか勝手に人の部屋に入ってくるな、そしてPS2を使うな」

灰「君の目が!胸を焦がす!」

無「第一なんでタッキー&翼のライブDVDなんだよ」

灰「面白そうだったから借りてきた」

無「どこから?」

ガチャ

朱「あ!私のDVD!」

灰「暑くビーナス!燃えてビーナス!」

無「……意外にミーハー」

朱「あ!色無違うんだこれは……!」

灰「暑くビーナス!燃えてビーナス!」

朱「待て逃げるなコラ!」

無「……」


「色無、これ……」

 灰色はそう言うとラッピングされた包みを前に差し出した。

「ん? なんだ?」

「クッキー作ったんだけど……よかったら」

 その言葉に色無は明らかに訝しげな顔をする。

「……毒?」

「あ、ひっど……何でそういうこと言うかな……」

「……何でって、日頃のお前の俺に対する扱いがそうだからじゃねえか。モルモットか、俺は」

「……これは違うから」

 そう言って再度左手で差し出す。

「……何でまた、クッキーなんだ?」

 家庭科の授業で作ったからおすそ分け、というのならまだわかる。だがしかし、今日は休みの日な訳で。……昨日、調理実習の授業があったのだろうか。

「別に……クリームちゃんが丁度作ってたから、私も作ろうかなって。ほら、色無にはいつもお世話になってるし……」

「……そうか?」

 お世話っていうか、無理矢理巻き込まれている感じだが。

 ……しかし、どうも様子がおかしい。いつもなら色無の都合などおかまいなしにわが道を行く灰色なのに、何故かやたらと気を遣われている気がする。

 やたらとこちらの様子を窺う感じだし、目線はあっちやこっちに行って定まってないし、そのうえ何だか顔が、熱でもあるみたいにほんのり上気している。

「なぁ、何だかお前、無理してない?」

「……無理……してない。大丈夫……」

 否定はしているが、顔は俯いている。色無は心配になり手を伸ばした。

「熱でもあるのか?」

「べ、別にないから……!? ひゃっ!?」

 灰色のおでこに色無の手が触れる。

「うーん、確かに熱はないみたいだが……」

「ばっ……え、エロ無! 何すんだっ!!」

 不意にいつもの調子に戻り手を振り払う灰色に、色無は苦笑しながら言う。

「いや、だって調子悪そうだったからさ」

「わ、悪くなんて……ない」

 また元の調子に戻る。その様子に色無は思うところがあったようで、

「なぁ……お前、ひょっとして気にしてるのか?」

「えっ……?」

「俺は別に気にしてないぞ? そりゃ、お前の奇行や、騒動に巻き込まれて辟易することもあるけど……別に嫌いじゃないって言うか、楽しいときもあるし」

 色無はへへ、と照れくさそうに笑いながら言う。「でも、実験台にされるのは勘弁してほしいけどな」と。

 どうやら一連の灰色の行動は、いつも自分に迷惑をかけているのを気にしてのことと判断したらしい。何だ、灰色も結構可愛いとこあるな、と。人を物みたいに扱ったりするくせに、と。

「……もういい」

「へ?」

「ばか」

「お、おい!?」

 灰色はそう言い残すと、すたすたとその場から去っていこうとする。

「ちょっと、これどうすんだ?」

 色無は包みに入ったクッキーを掲げて見せるも、

「……私はいらないから、食べといて」

 灰色はやる事は終わったとばかりに言い残し、行ってしまう。

「……なんだったんだ? いったい……」

 事情が飲み込めない色無は頭上に? を幾つか浮かべたまま暫らく考え込むこととなった。

「……超絶ニブチンが……」

 一人部屋に戻った灰色の呟きは、もちろん色無に聞こえることはなかった。


 カチャリ。夜の寝室に忍び込む影。

「……」

 鍵はかかっていない。かかっていたところで開けるのは易しいことだ。慣れた足取りで目標のベッドへと潜り込む。

「ふぃ〜、ぬくいぬくい」

 人肌に温まった毛布の中に肩まで沈めてそう呟いた。

「暖かいのぅ」

 柔らかな毛布の感触。人の体温の温もり。安心する匂い。触れれば鼓動さえ聞こえてきそうな距離。

「ぅん……」

 今日もその暖かさの中で安眠へと誘われようとしていたそのときだった。ぎゅっ。

「え?」

 何者かに後ろから抱きしめられる。当然それはそのベッドの主だった。

「色無……?」

 近くにいたのがさらに近くなって。トクントクン。心臓の音が聞こえる。自分の胸の鼓動が早くなるのが感じ取られる。

「群れから離れた子羊は、オオカミさんに食べられてしまうのです」

「……」

 しばらく沈黙が続く。身体が熱くて、何も考えられない。

「はは、なーんてな」

 静寂が支配する部屋に笑い声。

「びっくりしただろ? まぁこれに懲りたら今後は……!?」

 色無が見ると灰色は目に涙をいっぱいに浮かべて恨めしそうにこちらを見ていた。

「お、おい、冗談だって……」

「うう……」

「ご、ごめん……まさかそんなに……」

「あぅ……呪ってやる……」

「ごめん、軽率だった……」

 そう言うと色無は灰色の頭を撫でながら謝る。

「こんなことじゃ許さない……」

「どうすれば許してくれる?」

「それは——」

「あらーアツアツねーお二人さーん」

 下校する生徒たちが校門へと向かうその最中、黄色が声を掛ける。その先には灰色をおぶる色無がいた。

「これは俺が灰を驚かしちゃったから……。罰みたいなものなんだ……」

「へーえ?」

 ニタァ。

「ヒッ!?」

「どうした……?」

「な、なんでもない! ……お幸せにね!」

 走り去る黄色。

「なんだアイツ……」

 色無は気付かない。己の背中でまるで嫁の留守中にその不手際を見つけた鬼姑のように薄気味悪く笑った灰色のことを。

「色無、行こ」

 何事も無かったように顔を元に戻した灰色が色無を急かす。

「ああ、そうだな」

 こうして灰色は一週間色無におぶって貰う権利を獲得したのだった。


灰「名前なんてもんは飾りなんですよ。偉い人にはそれがわからんのです」

男「……ねずみ色」(ぼそっ

灰「!!」

男「あ、うそうそ」

灰「……無個性」(ぼそっ

男「!!」

灰「あ、あながち嘘でもないよ」

男「……排水の色」(ぼそっ

灰「!!」

男「あ、うそうそ」

灰「……いてもいなくても一緒の色」(ぼそっ

男「!!」

灰「あ、でもいてくれなきゃヤダ」

男「……淀んだ……ってあれ?」

灰「……可愛いとこあんじゃん、私」

男「自分で言うな自分で」

灰「それに引き換え色無は今なんて言おうとしてたんだろうなー……。淀んだ……何?空気?心?私そんなん?」

男「いや……淀んだ……違う!淀みのない瞳!これを言おうとしてたんだ!」

灰「適当なこと言ってるとお姉ちゃんに言いつけちゃうからね」

男「ごめんなさい!!」


灰「寝るときに抱くものがないと落ち着かない」

男「あぁ、なんとなくわかる。それで?」

灰「抱き枕の代わりよろしく。じゃあおやすみ」

男「はいそこでナチュラルにベッドに入らない。俺じゃなくて黒とかに頼めよ」

灰「お姉様は寝相が悪くて……何度蹴飛ばされたことか。あーおそろしおそろしー」

男「……それは意外だな」

灰「じゃあ、お姉様の秘密を知ったんだから、情報料ということで抱き枕やって」

男「いやそれおかしくね?要りもしない情報なのに」

灰「残念、ベッドに入った私は朝になるまでテコでも動かないよ。あぅーさむいーほらーはやくー」

男「あーもうやかましい。しょうがねぇなぁ、もう」

灰「うん、いい感じの抱き心地。60点はあげてもいいかな」

男「何気に低いな」

灰「100点目指してがんばりたまえ」

男「どうがんばるんだよ……てか、はよ寝ろ」

灰「うぃー」

男「……ん、ふぁ……朝かぁ。んんー、なんだかんだでぐっすり寝た」

灰「むにゃ……」

男「さすがに灰は起きてないか……ん? ……おーい、白さん?なんでアナタまでここにいるんですか?」

白「……すやすや」

男「そんなありえない擬音でごまかさないの」

男「なぁ黒、オマエ実は寝相悪いんだって?」

黒「え?誰がそんなことを言ってたの?」

男「灰色だけど」

黒「ふーん……——さては『お姉様は寝相が悪いからいっしょに寝れないの。だからいっしょに寝て』とでも言われたんでしょ?」

男「え?いや、だいたいその通りだけど」

黒「やっぱり。あの子、私をダシにして色無と寝てたのね……ふふ、ふふふ」

男「く、黒さん?」

黒「あの子には後でキッチリお仕置きするとして……色無」

男「はいっ!?」

黒「残念だけど、アナタの疑問には答えられないわ。だって自分の寝相なんて知りようがないもの」

男「は、はぁ」

黒「だからアナタが自分で確かめなさい。ということで、今日はいっしょに寝るわよ。い~い~わ~ね~?」

男「わ、わわ、わっかりましたぁ!」

灰「んー……よく寝た。色無は男なのに寝相がいいなぁ。これからも安心して寝れるね」

白「あはは。黒ちゃんの寝相は昔っからひどいもんねー」

灰「まったく。同じベッドで寝ようものなら……あぁ思い出したくない。くわばらくわばらー」


『それぞれの道』

俺は赤の華奢な体を抱き寄せる。肝心の赤はうろたえっぱなしだ。

「い、色無!?だっダメだよ?僕、今汗臭いよぉ……!」

そんなことをおかまいなしに更に赤を抱き締める。

「俺、赤のこともっと知りたい……」

「へ?あ……ぼ……僕もさ!」

赤は声を荒げながら言った。耳元で叫ばないで欲しい。

「赤……」

「ん……」

どう形容したらいいかわからない熱烈なキス。

汗で湿っている赤の服の中に手を入れた。

pencil2_0051.jpg

「そんなこと言ったって……少しも嬉しくないんだから……」

いつもの『ツン』だがそれにはもう力がなく消えそうなほどだった。

涙の浮かんだ目元に口付ける。

「青は泣き虫だな」

「色無の……ばか」

抱き寄せた青をゆっくりベットに横たわせれた。

もう日も落ちて暗くなった図書室。

その空間には俺と緑しかいない。

「い、色無……!こんな所で……きゃ!」

「さっき司書の先生なら帰ったよ」

「しかしここでは……」

みるみる緑の顔が紅潮してゆく。俺は緑の眼鏡を外した。

「緑の目、大きくて澄んでて綺麗……」

それはまるでエメラルドの用に輝いていた。

お互いを求め合うようなキスをする紫と俺。

どうやら俺は真性のロリコンになったみたいだ。

「……これでもう子供扱いさせないもんね」

「そうかな?」

そして俺は紫を抱き上げた。お姫様だっことかいうやつだ。

「きゃあ!下ろせ下ろせ!」

ドサ

確かに下ろした。ベットの上にだけど。

風呂からあがった橙は艶やかだった。

張り付いた髪の毛。熱った体。シャンプーの香り。

全てがお互いの興奮をかき立てる要素になる。

「綺麗だよ、橙」

パジャマ姿の橙の首にキスをする。

「んっ……色無ぃ……」

「色無ぃ、ここ教室だぞう?」

——教室?かまうかそんなもん。

おちょくってるつもりなんだろうが黄色の顔は真っ赤だ。

「先にしようって言ってきたのは黄色だろ?」

「ちょっと本気に——むぐっ……ん……」

「色無君だけだよ……私を普通の女の子として見てくれるの人……」

「も……桃さん?」

抱きついてくる桃に俺は興奮が収まりきれそうになかった。

それに気付いたのか桃は

「  わ  ざ  と  だよ?」

いたずらっぽい眼差しでウインクをする桃。

「お前なぁ……」

「だけど色無君なら私……いいよ」

確かに今日は熱かった。『暑かった』ではなく『熱かった』だ。

「いやぁ疲れたぁ。ったく男は無理しすぎなんだよ」

今日流した汗をシャワーが流してくれる、が!

——ガラ

振り向くと生まれたままの姿の茶色がいた。

「ふぇ? ……ふぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!ごごごごごごめんな」

ごめんなさいと言いかけた時

——つるん。——ドサ。

コケた茶色が俺に覆いかぶさってきた。

「わ、私は大丈夫です!だから早く!」

無理に唇を突きだしキスを待つ水色。

「あのねぇ水色?こういうのって一人で突っ走るもんじゃないと思うんだ」

照れながら唇を突き出す水色の頬に触れる。顔から緊張感が抜けるのがわかった。

「だから水色、二人でいこう。な?」

「……はい」

俺達はゆっくりと深く唇を重ね合わせた。

俺の腕の中で存分に甘える黒。

「うっん……色無……」

俺に抱きつき頬を擦り付ける姿は猫にも似ていた。

「色無ぃ……ねぇ?」

上目使いで俺を見つめる。少し怒っている感じがした。

「よそ見しちゃダメなんだから……!」

頬を膨らます黒を見て俺は堪えきれずに押し倒す。

「んっ……」

お互いの口の中をまさぐる音だけが病室に響きわたる。

「……っはぁ。大好きぃ」

キスが終わっても白は俺の首から回した手を放そうとしなかった。

「もっと」

「もっと、って白?いいのか?」

したいのは山々だがここは病院だし白の体も心配だ。

だけど白がしたいというのなら……。

「だってこの部屋、防音だもん」

黄緑に抱き締められた俺の目から涙は止まってた。

「大変でしたものね。色無さんは頑張りましたよ」

優しく頭を撫でてくれる。暖かく、優しい手。

pencil2_0037.jpg

「だから今は私に甘えていいんですよ」

そう言うと黄緑は優しくキスをしてくれた。

俺も負けじと舌をのばし黄緑をベットに押し倒した。

男「ジャンルは?」

灰「カラフルハートフルラブコメディになります」

男「ボイスは?」

灰「各パート(本人達による)フルボイス仕様となっております」

男「初回特典は?」

灰「設定原画集に各声優が歌うテーマソングCDが付属しております」

男「パーフェクトだ。とても人間(?)には扱えん代物だ」

灰「御誉めに預かり光栄でございます」

男「こいつをプレイして平気な男はおらんよ」

灰「そんじゃ金」

男「えっと16900だっけ?はい」

灰「まいどー」

灰「ハーレムED等も有りですが下手に手を出すと刺殺EDが待っておりますのでくれぐれも御慎重に。では」


灰「さて、久々に色無のベッドに侵入したわけですが」

無「今すぐ帰れ」

灰「あぁ酷い。愛しの彼女にそんなことを言うのですか?」

無「いつお前が俺の彼女になったんだ?」

灰「……まぁまぁ、堅いこと言わずに湯たんぽだとでも思って入れておいて下さいよ」

無「はぁ……今日だけな?」

灰「やた!ありがとう色無♪」

無「換わりにちゃんと俺の湯たんぽになってろよ?」

灰「え?ちょっ……(ギュッ)」

無「……なんだ、湯たんぽの癖に冷たいな」

灰「秘密の抜け道は寒いのです」

無「しょうがない、暖めてやるか。(ギュウ)」

灰「……色無、心臓凄いドキドキしてるね」

無「……そりゃ……女の子抱いてるんだからな」

灰「あたしの心臓の音も聞いてみる?」

無「……確信犯?」

灰「さぁ?」


無「おーい、起きろー」ペシペシ

灰「んむぅ……あと1時間……」

無「いやいや寝すぎだから」

灰「んんー……」

無「ほら、早く起きてくれないと俺身動き取れないから」

灰「いいじゃん今日はお休みの日でさー」

無「だーめ。あんまり言うことを聞かないと襲っちゃうぞー」

灰「……いいよ」

無「……え?」

灰「なーんて嘘うそ。はいはい起きますよーっと」


『むごん』

灰(ゲームをプレイ中)

色無(その灰を見てる)

灰「……」

無「……」

灰「!」

無「?」

灰(色無の座ってる上に乗る)

無「!?」

灰「♪」

無「……」

灰「……♪」


無「灰?」

灰「なに?」

無「お手」

灰「ふーん、色無ってそういう趣味があったんだぁ」

無「べ、別にそんなんじゃないんだからっ!」

灰「でも犬より猫の方が演じやすいから猫じゃダメ……にゃ?」

無「よし、猫でおk」

灰「ふふ、これで気兼ねなく色無に甘えられるにゃー♪」

黒「色無、私の妹に手をだすなんていい度胸ね」


無「おーい、呼び出して何の用だ?」

灰「窓閉めて」

無「……今よく聞こえなかったんだが、もう一度言ってくれるか?」

灰「ま・ど・し・め・て・!」

無「……それだけ?」

灰「それだけ」

無「自分で閉めろ馬鹿たれ」

灰「だって寒いし面倒だし布団から出たくない」

無「じゃあ最初から開けなきゃいいだろ」

灰「換気は必要なんだよ。ホコリたまるし」

無「ああもう……ほら窓閉めたから帰る」

灰「まあまあ少しぐらいゆっくりしていきなよ。お茶もあるよ」

無「どこに?」

灰「入れてきて」

無「コイツ……」

灰「私の分は?」

無「そんなものは無い。ほしけりゃ自分で入れて来い」

灰「気が利かないなぁ。じゃあこれを」

無「あ、コラ俺のお茶を」

灰「ずずー……はー寒いときは温かいお茶に限るねー。はい返すよ」

無「飲みかけを……」

灰「要らないの?」

無「はいはい折角いれたんだから飲みますよ……」

灰「あっ間接キス」

無「……やっぱ帰る」

灰「反応が薄いねぇ……ひょっとして意識してた?」

無「してません」

灰「してたんだぁ」

無「……もう帰る」


灰「お姉ちゃーん」

黒「まだ出さない」

灰「おこた出そ……まだ言ってなかったのに」

黒「出したらあんたこたつから離れなくなるでしょ」

灰「お姉ちゃん、もう冬だよ?」

黒「まだ秋です」

灰「朝晩の冷え込み激しいじゃん!」

黒「朝晩は布団に入って寝てるでしょ。遅くまでゲームやってて寒いのはあんただけ」

灰「うぅー……こうなったら」

黒「待ちなさい(がしっ」

灰「な、なに?お姉ちゃん。私はちょっとトイレにー」

黒「色無にはまだ出さないようにお願いしてあるわ」

灰「……鬼め」

黒「なんとでも」

灰「それで妹が風邪でもひいたらどうするの!」

黒「自業自得よ。ヤならゲームやめればいいじゃない」

灰「私からゲームを引いたら何が残るの!?」

黒「優等生が出来上がると思うけど。学校で寝ることもなくなるし」

灰「そんな私を見たい!?」

黒「少し」

灰「よっしじゃあ明日からそうしてやる!だからおこた出して!」

黒「イヤよ、絶対しないもの」

灰「じゃあ今日から!……お姉さま、こたつを出していただけるかしら?」

黒「あんたの優等生に対するイメージはいったいなんなの?」

灰「ってゆーことがあってねー?」

白「あはは」

灰「まったく……分からず屋の姉には困ったもんだよ。白姉ちゃんもそろそろおこた出したいよね?」

白「んー……私は出さないようにしてるの」

灰「へ?どうして?」

白「……寝ちゃうから」

灰「ですよねー!あれは寝ちゃうよ!」

白「前にね、こたつで寝て風邪引いて、こじらせちゃったことがあって……それ以来黒ちゃんにこたつ禁止令出されてるの」

灰「ここにもお姉の魔の手が……!」

白「そんな言い方ないよーw」

灰「白姉ちゃん、たまには反抗したほうがいいよ!このままじゃあいつの思うがま……」

 とすっ

黒「……」

灰「……ま……魔の手が……魔の手が肩に……!」

黒「ん?よく聞こえなかったからもう一回言ってくれる?」

灰「……いた……痛い痛い!痛……いたたたたた!」

白「あはは!仲いいんだから」


こんこんがちゃ

灰「……」(スタスタ

無「おい俺返事してねぇよ……っていうか待つ気もさらさらなかったろ」

灰「……」(ぴしゃっ

無「……?」

灰「……っしょっと」(ばふん

無「……」

灰「ちょ、机の天板どけて!」

無「何やってんだよ!」

灰「ちわーす、こたつの設置にまいりましたー」

無「言うの遅いし頼んでないし!」

灰「手伝ってよー、か弱い乙女がこんな薄汚れた布団を抱えているのに手の一つも貸さないの?」

無「薄汚れてない!っていうか俺が怒られるから黒に!」

灰「またあの魔の手か……どこまでいってもついてくる。……嫉妬なら嫉妬って言えばいいのにさ、こんなやり方で色無占領して」

無「ねぇやめない?せめて来週まで待たない?も少しほとぼり冷まそうよ」

灰「早くカップ麺の容器捨ててよー」

無「あぁごめ……ってこれもお前が昼間にここで食ってったヤツだし!何?寄生されてる!?」

灰「早くぅー」

無「……ったく……。黒にはお前が何とか言えよ。俺知らないからな」

灰「さっすが色無!よっ男前!」

無「なんだその褒め方は……」

灰「よっ女たらし!へたれ!」

無「待て、今のは明らかにおかしい!」


灰「んー……ふぁ〜あ……」

 しーん

灰「……あれ?」

 しーん

灰「これは……やっちゃった感が……」

とぅるるるるr

灰「!電話!」

ガチャ

白「あ、灰ちゃん、起きたー?」

灰「白姉!」

白「もー、また遅刻だよー?ちゃんと起きなきゃー」

灰「白姉、魔の手……じゃなかった、お姉ちゃんは!?」

白「んとね、今ちょっとお手洗い。私は起こそうとしたんだけどね、黒ちゃんに止められちゃって……。『あの子のためにならない』だって」

灰「くっそー……今日の一時間目は……古文!……もう遅刻できなくなった!」

白「急いでおいでよー!……あ、黒ちゃん!」

黒「……もしもし灰色?」

灰「お、お姉ちゃん!」

黒「……」

灰「……」(ゴクリ

黒「……おはよう」

灰「……お、おはようございます」

黒「じゃあね」

プツッ

灰(……怖い!逆に怖い!)

灰「あー……汗かいたー……本気で走るなんて久しぶりすぎて……」

空「灰ちゃんおはよー」

灰「あぁ……空おはよう」

空「ごめんねー、私も起こそうとしたんだけど……」

灰「……あれは怖いからね、逆らわないほうがいいよ」

無「よっ、灰色、空ちゃん!」

空「色無先輩!」

灰「……」

無「おー、ふてくされてんなー。空ちゃんも白も結構食い下がってたんだぞ?」

灰「……色無は?」

無「触らぬ神に祟り無し!」

灰「見てみぬフリってわけね……」

無「まぁまぁ。そう怒るなって。今度中古ゲームなら買ってやるからさ」

空「それって悪循環のような……」

灰「ゲームなんていらないよ。今あるソフトで十分。それより私は寝る時間がほしい」

無「どうせあっても」

空「ゲームに費やしちゃう」

無「お、わかってるじゃん!」

空「このくらい当然ですよ!」

灰「むー……なに?馬鹿にされてる?」


灰「お姉ちゃん」

黒「なぁに?」

灰「お姉ちゃんって白ちゃんのこと好きなの?」

黒「な、何よ突然。もちろん好きよ」

灰「ふーん」

黒「何よニヤニヤしちゃって……」

灰「いやーだってお姉ちゃん、いつも白ちゃんにべったりだし?」

黒「あう」

灰「帰ってきてからも白ちゃんの話ばかりするし?」

黒「はう」

灰「そういうときのお姉ちゃんって最高に嬉しそうだからさー、やっぱりなーって」

黒「うう……もう、こっち見ないで! あっち行って!」

灰「うあっ!?」

灰「はぁ……怒らしちゃった。ちょっとやりすぎちゃったかな?」


灰「おあよー」

無「あれ、灰色? オマエが起きるってどういう風の吹き回し?」

灰「む、失礼なヤツめ。そういうヤツは冷えピタの刑に処すー」

無「うわわわわわバカ背中に手ぇ入れんなッ!!」

灰「ぬくいのう。まぁそんなことはおいといて、準備しよっと」

無「準備?」

灰「学校に行く準備」

無「……」

灰「なにその鳩が鉄砲喰らったような顔は」

無「豆鉄砲な。いやだってさ」

灰「わたしが進んで学校に行くのがそんなに意外?~わたしにだって殊勝な心がけというものがね」

無「今日、学校休みだぞ」

灰「……なんですと?」

無「だって土曜日じゃん。ほら、日付よく見てみろ」

灰「あれ……だ、だってお姉様は着替えて学校に」

無「黒は部活」

灰「……」

無「……」

灰「絶望した! 週休二日制のゆとり教育に絶望した!!」

無「オマエが言うな」


『修学旅行帰り』

無「ふぃー、たーだいまっと」

灰「おかえり〜」

無「なんでお前は夕方に人の布団から出てくるんだ。しかもパジャマで」

灰「まぁまぁ。それよりさ」

無「……なんだよその手は」

灰「お土産」

無「……あー、お土産……」

灰「あれ、何?忘れた?買いに行かせるよ?」

無「冗談だよ。ほれ、キーホルダー」

灰「おぉ、わかってるじゃん。でもできればお菓子とk……」

無「? どうした?」

灰「……いや、別に。大事にする」

灰(これ、恋愛運上昇のキーホルダー……やられた)


灰「色無ー」

無「なんだー」

灰「平和だねー」

無「そうだなー」

灰「暇だよー」

無「散歩でも行くかー」

灰「面倒だよー」

無「ゲームでもするかー」

灰「飽きたよー」

無「そうかー、飽きたかー。……なんだと!?」

黒「(ガラッ)灰!!大丈夫!!今すぐ病院に行きましょう!!」

灰「ちょっ、お姉ちゃ……これは今持ってるゲームはやり尽くして飽きたって意味で……って全っ然聞いてないし!」

無「嗚呼……平和な休日のはずが、灰の入院記念日になるとは……」

黒「さ、行くわよ灰!!」

灰「た、助けて色無ぃ!見捨てちゃやだぁ!!」


灰「だるー」

無「……お前は本当に無気力だな……ていうか重いんだが」

灰「まあまあ、気にしない気にしない」

無「少しはやることやった方がいいんじゃないのか? いつもこうやって黒から逃げてばかりでもあれだろうし……」

灰「んー、私はこれでいいの」

無「……なんかお前って努力って言葉知らなさそうだよな……」

灰「……そんなことないよ」

無「そうか?」

灰「私は私なりに努力してるし」

無「へえ……例えば?」

灰「ここに……居ることかな?」

無「ここに? それが努力……なのか?」

灰「まあ、わかんなかったらわからなくてもいいよ」


灰「暇すぎるのでアンケート第一弾『あなたの好きな人について』の結果発表でーす」

無「なにその投げやりな企画」

灰「いやだってただの暇つぶしだし。はい、結果は以下の通りです」

赤『いろいろあるけど、いざってときに頼れるんだよね。サッカーでヘディング決めたときはカッコよかったなぁ』

青『そ、そうねぇ……ああいうヤツは私みたいなのがそばにいてあげないとダメになるから、ほっとけないのよ……それだけ』

黄『んー。いっしょにいて楽しいからかな?~おしゃべりが止まらないし!』

緑『……笑ったときの顔が好き』

橙『なんでだろー?~でも好きなのは間違いないんだよね。ってことは全部が好きなんだろーなぁ』

桃『本当の私を見てくれてるから、かな。安心できるの、彼だと』

紫『べ、別に好きじゃないんだけど!~でも……いないとヤダな』

水『優しくて、頼りがいがあるんです。困ってるときはいつも助けてくれて……』

茶『いつも迷惑ばかりかけてるんだけど、気にしないでって笑ってくれるから。がんばってるって、認めてくれるから……』

黄緑『思いやりがあるんですよ。今の人たちが忘れていそうな、とても大切な心を、あの人はきちんと持っていますから』

白『いつも励ましてくれたの。ちゃんとわたしのつらさを分かってくれて、まるで自分のことのように泣いてくれたこともあったな』

黒『信頼できるわ。私という人間を理解してくれる、そういう珍しい人ね』

無「ふーむ……そっか、みんな好きな人がいるんだなぁ」

灰「ちなみに調査の結果、12人の好きな人は全て同一人物ということが判明しております」

無「はぁ!?~いや待てありえないだろそれは」

灰「ほぅ。そう思う根拠を述べよ」

無「え、だってなぁ。そんだけ好かれる男がいるもんかって、普通思わない?」

灰「……ふつうはね、うん、そうだね」

無「にしてもうらやましい限りで。ただまぁ、これはこれで大変だろうなーこの男も」

灰「……」

灰(暇つぶし調査の結果、色無は救いようのない鈍感と判明……と)


灰「寒い」

無「もっこもこのフリース羽織ってるのに寒いとな」

灰「寒いもんは寒いの。っくしゅ!」

無「それじゃあ中に着込むとか。言っとくが布団の中にもぐるとかナシな」

灰「……色無さぁ」

無「ん?」

灰「そんな当たり前のことじゃなくて、もっと『じゃあ俺が抱きしめて暖めてやる!』とか言えない?」

無「ぶッ!」

灰「つまんない男だねーまったくもってホントどうしようもないねー」

無「……」

灰「……な、なに?~急に黙っちゃって」

無「やってほしいなら、やるけど?」

灰「!」

無「人にお願いするときはもう少し素直になりなさいね」

灰「ふふん♪」


灰『〜♪〜♪』

黒「灰?お風呂入ってるの?」

灰『〜♪〜♪』

黒「私も入るわよ。(ガラッ)」

灰「わわっ!!お、お姉ちゃん!?」

黒「鼻歌なんか歌っちゃって、随分ご機嫌じゃない」

灰「あーあ、今収録中だったのにー。あ、でもこのハプニングはこのまま録音しとこっか」

黒「?何言って……」

灰「よし、じゃあそろっと再開するよー♪」

黒「はぁ?」

灰「ニートーがいぃーっぱぁい、ニ○ニ○ぉどぉーがー♪きょーぉもぉあさーからー」

黒「ニート?朝から?」

灰「おもぉいはやさしいぃきしめぇぇぇぇぇぇぇんん!!」

黒「……お姉ちゃん本気であなたの将来が心配になってきたわ」

灰「『やる気のない妹が姉に邪魔されながらお風呂で組曲歌ってみた』っと」


灰「火曜日ってだるいよねぇ」

無「だるくない日があるのかオマエは」

灰「失敬な」

無「じゃあ言ってみろよ」

灰「まず平日は論外」

無「うわぁ。金曜日もダメなの?~夜とか」

灰「ダメです。次に日曜日もNO」

無「……次の日が月曜だから?」

灰「なので土曜日はだるくない、と。あーゆーおーけー?」

無「……いえす」

灰「わたしとしては日曜も休みになればいいんだけどな」

無「は? いや、休みじゃんオマエ」

灰「わたしじゃないやい」

無「?」

灰「色無が、です。完全に休みなの土曜だけじゃん」

無「あ……そうだけど」

灰「だから他の曜日はだるいの。わかった?」

無「……」

灰「……なんか言ってよ」

無「……よく真顔で言えたな」

灰「こらえてるのに気付けこのばかぁ!」


灰「よし、セーブして……終わりと」

無「ふぁぁ……疲れた……」

灰「こんな時間まで付き合ってくれるなんてさすが色無だね」

無「今日はたまたま暇だったからな。ていうかゲームを見てる役とかどうでもいいよな、物凄く」

灰「色無が見てるとちょっとやる気でるね、うん」

無「ちょっとかよ」

灰「さて、わたくしめはトイレに行きたいのですが」

無「うん?」

灰「オバケ怖い」

無「……ついて来いと?」

灰「色無の布団に壮大な世界地図描いてみる?」

無「ちょっと待て、俺の布団で寝ることを前提に話を進めるな」

灰「もー、いいからついて来て!」

無「はいはい……」

無「……」

灰「……」

無「で結局俺の布団で寝るんかい」

灰「オバケ……」

無「俺はオバケなんかよりお前のお姉さんの方がよっぽど怖いんだけど」

灰「あ、言ったね?今言ったね?」

無「!!ち、ちが……これは……前言撤回!前言撤回!!」

灰「じゃあ何も言わずに寝なさい」

無「……おやすみ」

灰「おやすみー♪」


灰「お兄ちゃん」

無「なんだ唐突に……」

灰「喜ぶかと思って」

無「そんなわけないだろ……」

灰「でもお姉ちゃんは色無はこういうのに弱いって言ってたよ」

無「く、黒が!?」

灰「はい嘘でーす」

無「……」

灰「……やっぱり好きなんでしょ?」

無「しらんがな……」

灰「へー。……お兄ちゃん?」

無「そんな無表情で言われても……」

灰「……じゃあ、お兄ちゃん?」

無「う……」

灰「お兄ちゃん♪」

無「くっ……」

灰「もう、どうしたのお兄ちゃん? 私のこと嫌いになった?」

無「あああ……」

黒「まったく……また色無をおもちゃにしてるのね」


灰「色無、このコタツを見てくれ。こいつをどう思う?」

無「すごく……コタツです」

灰「やらないか」

無「ゴメン、俺自分の部屋に戻る——」

灰「待ってぇー!一緒にゲームしようよぉ!ほら、そのためにコタツも用意したんだよ!ねっ?ねっ?」

無「いや、布団入れば暖かくて気持ち良いからコタツなんか別に要らないし」

灰「ふむ、なるほど。つまりコタツに入ってゲームするよりも布団に潜ってゲームした方が良い、と。……いや、流石のわたくしめもそこまでは色無の事を理解できませんでした」

無「こら、都合のいい様に解釈するな」

灰「だって……色無とゲームしたいんだもん……」

無「……いや、ゲームするのはいいんだけどな。ただ……」

灰「よし!さぁゲームやろう!ほらほらコタツ早く入って!!」

無「ちょっ……まだ話は終わって——」

灰「早くー!」

無「はいはい(……そのまま一緒に寝ちゃった時に、黒とかに弁解するのが大変なんだよ)」







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 05:11:17