空メインSS

黒「……」

緑「……」

空「色無先輩、見てくださいアレ。黒先輩と緑先輩が将棋してますよ。珍しいですね」

無「へー、どれどれ……!? あれは遊んでるんじゃない、ケンカしてるんだ!」

空「え、でも将棋してるだけですよ? とてもケンカしてるようには見えませんけど」

無「そんなことはどうでもいい! 空は白と灰を呼んできてくれ! 俺は朱色さんと黄緑を呼んでくるから」

空「ホントにケンカだったんですね。全然わかりませんでした」

無「空は呑気すぎるよ。単に将棋してるだけに見えても明らかに空気がおかしいんだからさ、気づこうよ」

空「いえ、普通は将棋でケンカするなんて想像もつきませんって」

無「まぁそうかもね。でもあの二人とつき合ってくならあれくらいは察しないと」

空「今度から気をつけてみま〜す」

桃「だからそうじゃないって言ってるでしょ!」

紫「い〜や間違いないね。桃が変に考えてるんだよ」

空「色無先輩、助けてください! 桃先輩と紫ちゃんがケンカしてます!」

無「なんだって! ……ただ話をしてるだけじゃないか。あれのどこがケンカなんだよ」

空「え、だってあんなに大声で言い争って……」

無「じゃあ聞いてみる? 何してるかって」

空「ドラマの最終回予想してただけでしたね」

無「な? あの二人って実は結構仲がいいんだよ。テンションが上がって声が大きくなるなんていつものことだよ」

空「でもあんな大声だったら勘違いもしますって」

無「はっはっは。まったく、空は大袈裟だな」

無「あれ? 調子が悪そうだけど、どうかしたのか水色?」

水「え……と、あの……」

空「色無先輩が顔を近づけるから照れてるんですよ」

無「いや、これはいつもの赤面症とは違う気がする。眼も潤んでるし、もしかして風邪ひいたのか?」

水「ち、ちがぃま……」

空「考えすぎじゃないんですか? 私にはいつもと同じように見えますけど」

無「そんなことないって。ほら、やっぱり熱があるよ。花壇の世話は俺がやっておくから、ゆっくり休んでな」

水「その、すみません」

空「……ホントに風邪だったんだ。色無先輩、よくわかりましたね」

無「水色は自己主張が苦手だからな。ちゃんと見てないと無理しがちなんだよ」

空「先輩って思ったより皆さんのことわかってるんですね」

無「あ、空。こっちで一緒にクッキー食べないか?」

青「ちょ、ちょっと待ってよ」

空「わぁ〜。こんなにたくさんのクッキー、どうしたんですか?」

無「青が料理の他にお菓子作りの練習してるんだって」

青「……そうよ、別に色無のために作ったんじゃないわ」

無「だから俺以外の意見も聞いた方がいいと思ってな。ほら」

青「……」

空(うう……お姉ちゃんがすっごい顔で睨んでるよう)

空「色無先輩、ダメですよ。あのクッキーはお姉ちゃんが先輩のために焼いたんだから」

無「え、なんで? 今日なんかイベント事あったっけ?」

空「いえ、そういうんじゃなくって……それにほら、クッキーもハート型じゃないですか!」

無「この寮にはハートの型しかないみたいだし、特別な意味はないだろ」

空「え?」

無「水色からも黄緑さんからもクリーム色からもクッキーもらったけど、全部ハート型だったし」

空「先輩のバカ、鈍感! なんで普段はあんなにも察しがいいのに、一番大事なことはわからないんですか!!」


焦「色無、大好きだ。結婚しよう」

無「しませんよ。まったく、なに言ってるんですか……」

焦「色無のためなら『お姉さん』はなんだってしてあげるぞ」

無「なんだってして……い、いや、しなくていいですよ!」

焦「本当にそう思ってるのか? 『お姉さん』にはそうは見えないけど」

無「ホントですよ……」

朱「おい焦茶、色無に変ことすんな。つか勝手に寮の中に入るな」

焦「大丈夫だ。問題ない」

朱「問題ないって……色無はまだ高校生なんだぞ」

焦「色無は『お姉さん』にこういう風にされるのが大好きだから大丈夫だ」

朱「……なんでそう言いきれるんだよ」

焦「色無の部屋に置いてある雑誌やらビデオやらを見て勉強したからな」

朱「ちょっと来い、色無」

空(姉モノが好きなんですね……)


朱「というかこの寮では不純異性交遊は禁止だ」

焦「失礼だな。私は本当に色無が大好きなんだ。不純じゃない! 純愛だ! 謝れ!」

朱「茶色、このバカをどっかに連れてってくれ……」

茶「はい……ごめんなさい……」

朱「話がそれたが、とにかく変なことはするなよ」

無「し、してませんよ!」

朱「頼むから人の下着とか触ったり匂いをかいだりすんなよ」

無「そんな変態みたいなことはしませんよ!」

青「う……」

朱「他のヤツの部屋の前をうろうろすんなよ」

無「してませんよ!」

青「うぅ……」

朱「勝手に部屋に入って『ここで○○が寝てるのか』みたいなこと考えながらベッドで寝たりすんなよ」

無「してませんよ!!」

青「ごめんなさい!!」

朱「……なんで青が謝るんだよ?」

空(全部やったことあるんだね……お姉ちゃん……)


『強がり』

 ゴロゴロゴロ……ピカァ!!

空「きゃあ!! ……うぅ、雷やだなあ……」

無「どうした空? 大きな声出して。……もしかして、雷が怖いのか?」

空「せ、先輩! ……そんなわけないじゃないですか。私、もう高校せ——」

 ピカァ!!

空「きゃあ!?!」

無「……大丈夫?」

空「あ、当たり前です!」

無「大丈夫っていうなら帰るけど……」

空「え!?」

 ピカァ!!

空「きゃあ!! ……うぅ」

無「……空、実はさ、俺、雷怖いんだ」

空「……え?」

無「だから、空と一緒にいたいんだけど、いい?」

空「……し、仕方ありませんね。先輩が怖いんなら一緒にいてあげます!」

無「ありがと」

空(……ずっと雷が鳴っててくれればいいのに)


黄「おーい、そらー」

空「どうしたんですか?」

黄「おもしろいことやるから見てて!」

空「どんなことするんですか?」

黄「4の倍数と6のつく数字の時にバカになるよ! いくよ!」

空「……わかりました」

黄「どうだった?」

空「まあ……そこそこ……テレビで見たことあったんで特に感心は……」

黄「なーんだ……つまんないのー」

空「何か意味はあったんですか?」

黄「んーん、特にないよー」

朱「なんだ」

空「あ、朱色さん」

朱「私はてっきり『四六時中』バカなのを遠まわしに言おうとしてるのかと思ったよ」

空(朱色さんって容赦ないなー……)


青「ごめんね色無、黒。日曜日なのに手伝ってもらっちゃって」

空「寮で使わない荷物を家に持って行かなくちゃ部屋が狭くて……」

無「いいよ、どうせ暇だったから」

黒「青の家にも行ってみたかったし」

青「やっと家に着いた……お母さん、ただいまー」

青父「おかえり! 青! 空!」

空「ただいま、お父さん!」

青「うわぁ……そうだった……いたんだ」

青父「どうした青? ……そうか! 久しぶりにお父さんに会えて感激してるんだな!」

青「……」

空(お姉ちゃん呆れてるな……)

青父「お友達も連れてきちゃって! 男友達かー! え……男……友達……!?」

無「どうも、色無って言います。青にはいつもお世話に……」

青父「うちの……」

無「え?」

青父「うちの娘とはどういう関係だあああ!? 手出したりしてねぇだろうな? あ?」

無「な、なんでもありませんし、何もしてません!」

青「なんでも……ない……」

空(お姉ちゃんヘコむな!)

青父「うちの娘に魅力がねぇっていうのか!」

無「えぇ!?」

黒(完全なバカ親だな……娘思いなのはわかるけど)


空「黄色先輩ってナベ○ツ好きですよね」

橙「そうだね。まぁ、そのうち飽きるだろうけどね」

黄「おーい! 空! 橙!」

橙「お、ウワサをすれば」

黄「いまから3の付く日はバカでいるね!」

空「……」

橙「……」

空・橙「……今から?」

黄「うん!」

朱「そんなことしなくてもお前は年中バカだよ」

黄「えぇ!」

空「このままエスカレートするとそのうち3年に1回とかになるんですかね……」

朱「ワールドカップとかオリンピックみたいだな」


桃「ホントに紫は胸が小さいね」

紫「うるさいな! 何度も言わなくてもわかってるよ!」

空「またやってますね」

黒「いいの。放っときなさい」

紫「大体! そんな大きくて邪魔で不自然なものつけてるくらいなら、小さいほうがマシだよ!」

桃「……」

紫「何よ……」

桃「確かにそうだね。紫の言うとおりだよ」

紫「えぇ……うん……」

桃「でもね……」

紫「……何?」

桃「女の子なのに無さすぎても不自然だよ?」

紫「ホントに嫌なヤツだよ!」

空「あー……また喧嘩して……」

黒「あれでも仲は凄くいいのよ」


水「やっぱ夏にはカルピスだよね」

空「そうですね。夏に飲むとさらに美味しく感じますよね」

茶「それにしても、黄緑ちゃんの作るカルピスはちょうどいい濃さだね。私はいつも原液に近い甘さになっちゃうよ」

空「茶色先輩はそういうタイプなんですね」

茶「タイプ?」

空「ねぇ、お姉ちゃん」

青「何?」

空「ちょっとカルピス作ってきてよ」

青「なんで私が……」

空「いいでしょー。お願い」

青「わかったよ……」

青「はい」

空「ありがとう!それでは……」

水「!!」

茶「!!」

水・茶(ものすごく薄い……)

空「お姉ちゃんはケチだね……」

青「文句があるなら自分で作りなさいよ!」

空「私が思うにカルピスを作ることでも人の性格がでると思うの」

青(細かい)・黒(しっかりしすぎ)・群青(きっちりしすぎ)・白(病院食に慣れてるため)・緑(無関心)→薄い

茶(大らか)・赤(細かいこと気にしない)・黄(おバカ)・紫(子供)・桃(巨乳)→濃い

橙(ど器用)・朱(作りなれてる)・黄緑(俺の嫁)→プロ

水「分かる気がする……」

空「二つのタイプの中でもさらに人柄で分類されるので、一概にどちらがいいとは言えません」


空「あれ?色無先輩?冷蔵庫がどうかしたんですか?」

無「あぁ、空ちゃんか。ちょっと小腹がすいて何かないかなぁ、って」

空「冷蔵庫の中は、…余りものってないですねぇ」

無「うーん、さすが黄緑さん、余分な食材が無いなぁ」

空「戸棚にお菓子とかもないですねぇ」

無「仕方が無い、何か買ってくるかなぁ」

空「あ、私も一緒にいっていいですか?」

無「いいけど……って、あ、そうだ!」

無「そういや9月20日は『空の日』だって知ってた?」

空「え?」

無「といっても、飛行機が飛んでる空のほうだけどさ」

空「あ、お空のほうですね」

無「せっかくだから何か食べに行かない?なんせ『空の日』なんだしさ」

空「は、はい。よろこんで!」

無「そういやこないだケーキバイキングがどうとかって言ってたよね?」

空「あ、覚えててくれたんですか!?」

無「そりゃあれだけ楽しそうに話してたらね」

空「先週オープンして、すっごいおいしいって評判らしくって」

無「じゃ、そこに行こっか?」

空「でも……」

無「どうしたの?」

空「そのお店、何かカップルばっかりだって噂で、何か行きにくくって」

無「二人で行けば大丈夫だろ?」

空(それってカップルってこと?)

無「まぁ俺じゃつりあわないかもしれないけど、即席カップルでさ」

空「そそそ、そんなことないです。ぜひ行きましょう!」

無「それじゃ」

空「ちちち、ちょっと待ってください、すぐ着替えてきます!(タタタッ)」

〜空の部屋でのファッションショー〜

空「こっちのワンピの方かなぁ、でもちょっと子供っぽいかも…。デニムはうーん、カジュアルすぎるかなぁ…。先週買ったスカートと、あとこのブラウスで何とか……」

無「お〜い、空ちゃ〜ん」

空「は、はい、すぐ行きますっ!(タタタッ)」

空「お待たせしました!」

無「そのスカートかわいくって似合ってるよ、じゃ行こうか?」

空「はいっ!(かわいいって……)」



無「お店の場所はどの辺?」

空「えっとぉ、この角を曲がってちょっと行った所にあるんですけど」

無「ここかな?」

空「はい!このお店です!」

無「結構込んでるね。それにしても確かにカップルばっかりだな」

空「そ、そうですね(私達もカップルに見えるのかなぁ)」



店「いらっしゃいませ〜、何名様でしょうか?」

無「二人です」

店「料金は前払いで60分のバイキングとなっております。それではお席に案内いたします」

空「あ、私払います」

無「いいよ、今日は空ちゃんの日だし、誘ったのは俺だしね」

空「え、あ、ありがとうございます」

店「ケーキは御自由にお取下さい。お飲み物はドリンクバーで飲み放題になっております。それではごゆっくり」

無「飲み物取ってくるけど、何がいい?」

空「あ、アイスティーでお願いします」

無「じゃ、取ってくるから早速ケーキ選んできなよ」

空「はい」

空「たくさんあってどれからにしようか悩むなぁ……」

無「まぁバイキングだからなぁ」

空「あ!色無先輩!」

無「全然戻ってこないから見に来たんだけど」

空「あ、ごめんなさい。一杯あって悩んじゃって」

無「順番に食べればいいんじゃない?」

空「でもそんなに食べられないですし」

無「じゃあ、俺の分のケーキも選んでよ、で半分こで食べればいいよね?」

空「え、でも」

無「お皿持ってるから、好きなケーキをじゃんじゃんのせて」

空「じゃ、これとこれとこれとこれとこれとこれと(ry」

無「ちょ、ストップ!これ以上はのらないって」

空「あ、つい」

無「バイキングなんだし、また取りに行けばいいからさ、戻って食べよ?」

空「はい」



空「いただきま〜す(ぱく)」

空「……」

無「どうした?」

空「すっごくおいしいですよ!色無先輩も食べて下さい!」

無「わ、わかったから落ち着いて。俺も一口っと(モグモグ)こりゃうまいな」

空「あーなんか幸せです」

無「それは良かった、今度はこっちのケーキはどうかな?」

空「あ、これもおいしい!」

以下無限ループ



空「もうおなか一杯で動けないです〜」

無「いくらショートケーキとはいえ、二人で2桁だもんな」

店「お時間10分前でーす」

無「口直しに飲み物取ってくるけど、アイスティーでいい?」

空「あ、はい」



空「今日はご馳走様でした。ありがとうございます」

無「いえいえこちらこそ」

空「え?」

無「ま、あれだけ幸せそうにケーキを食べる空ちゃんを見れたんだし」

空「あぅ……」

無「その、あ、そろそろ出よっか?時間だしさ」

空「はい」



店「ありがとうございました〜(あのカップル、同じお皿で同じケーキを半分コしやがって)」





〜空の日記〜

今日は空の日にちなんで、色無先輩にケーキバイキングへ連れて行ってもらいました。

まわりがカップルだらけでちょっと恥ずかしかったけど、私達も一つのお皿でケーキを

半分コして食べたりして、ちょっとはカップルに見えたかなぁ?

今度は「あ〜ん」が出来たら……ってそれはさすがに恥ずかしいなぁ



ところで、今日は重力が強い日なのかな?それとも体重計が調子悪いのかなぁ?


青「空はいいわねぇ」

空「?」

青「色無に『空ちゃん』って優しく呼んでもらえて」

空(あ、なんだかお姉ちゃんイジケ虫モードだ)

青「私なんか『青』って呼び捨てだもん」

空「そ、そんなことないよ」

青「そうじゃない!?」

空「だって、お姉ちゃんは対等の相手として見てもらってるからだよ」

青「そうかなぁ?」

空「どうせ私なんか、いつまでたっても妹分のまんまだよ」

青「そう言われてみるとそうかもしれないわね」

黄緑「どうせ私はいつまで経っても『黄緑さん』……」


無「ただいま〜」

空「お帰りなさい、色無先輩」

無「おいおい、お前も色無だろうが」

空「ご、ごめんなさい。お兄ちゃん……」

無(こ、これはこれで破壊力があるんだが……)

空「(あ、萌えてくれてる。じゃ、もう少し勇気を出して)お帰りなさい。あなた……」

無「(う、うわぁ〜。こ、これは最高に効くぜ……)は、はい。良くできました」

空「ハァハァ……」

無「ゼイゼイ……」

黄「解説の橙色さん、これをどう見ますか?」

橙「典型的な新婚バカップルですね!」


空「お姉ちゃんお腹空かない?」

青「ちょっと小腹が空いたかな」

空「カップラーメン食べようよ」

青「いいわね。何があるの?」

空「新しくなった日○のカップラーメンがあるよ」

青「あのコロチャーとかいうやつね」

空「うん。やっぱり気になるよねコロチャー」

青「うん。かなり気になるよコロチャー」

空「じゃあお湯沸かしてくるね」

青「さあ、二分経ちました。いただきます!」

空「お姉ちゃんは相変わらず硬めの麺が好きだね」

青「単に硬めの麺が好きだからなんてだけの理由ではないわ」

空「え?」

青「これは時間に対する麺の硬さの図よ」

 硬い       やや硬め     軟らかめ   超軟らかめ

 0m_____1m___2m___3m____4min

空(なんでこんなものが……)

青「この図で考えれば自分の好みの硬さで食べることができるのよ」

空「でも二分だとちょっと早すぎるんじゃない?」

青「開けた時点で時間が止まっているならね」

空「ど、どういうこと……?」

青「食べ始めてからも時間は進んでいるということよ」

空「!!」

青「わかったみたいね。『二分』この時間で開封することで超軟らかめの麺まで行くことなくカップラーメンを食べることができるのよ!」(あくまで青の主観です)

空「そこまで計算していたなんて……お姉ちゃんやるね」

青「それにしても美味しい! この時間に食べるカップラーメンは……最高ね」

空「この体に悪そうな背徳感もまたね……」

青「絶対よくないんだけどね……例えるなら……そう『禁断の実』ね!」

空「……え?」

青「アダムとイヴが蛇にそそのかされ思わず口にしてしまった……」

空「(これさえなければね……)そんなことよりどう? コロチャーは?」

青「んー……不味くはないんだけどね……生まれてこの方あの何でできてるかわからないケミカルな肉を食べてきたからね……」

空「あのケミカルな肉美味しいよね」

青「だよね。コロチャーも美味しいけどね」

空「うん。話は全く変わるけどお箸じゃなくてフォークで食べると更に美味しく感じない?」(あくまで空の主観です)

青「わかるわかる! フォークにして外で食べるともうその味は官能的とすら……」

空「お姉ちゃんもういいから……」

 姉妹は今日も平和です。


空「水先輩の部屋に集まるのも久しぶりですね」

水「そうだね。こうやって皆で集まって話をする時間が最近はなかったもんね」

空「全員来れて良かったです。やっぱりこのメンバーだとしっくりきますね」

水「でも部屋がギュウギュウだ」

空「私と水先輩を入れて6人もいますからね」

黄「みんなよく来たね! 何の遠慮もいらないよ! 今夜は語り明かそうぜ!」

黒「無駄にテンション高いわね……」

青「遠慮はいらないってここ黄色の部屋じゃないでしょ……」

黄「細かいことは気にしない! さぁ、何を話そうかっ!」

茶「いきなり言われても……」

黄「まぁ、そんなこったろうと思ってこんなものを用意しておきました」

空「サイコロですか?」

黄「そう! トークといったらこれでしょう! これを転がして書いてある事に沿ったトークみんなにしてもらいます!」

青「あぁ、あの番組風ね」

黄「じゃあ、最初は茶色ちゃんは投げて!」

茶「わ、わかった!」

黄「何がでるかなー何が……ちょっと皆ノリ悪いなー! 一緒に歌ってよ!」

空「歌まで全員参加なんですか!?」

黄「決まってるじゃん!……っと言ってる間にサイコロが止まりましたー! さぁ、何が出……」

『恋の話』

空・水・青・黒・茶「……」

空「最初からクライマックスじゃないですか!」

黄「……しかも、このメンバーじゃ全く盛り上がる気がしない!」

青「じゃあなんで作ったのよ?!」

黒「振りなおす?」

黄「サイコロの出た目は!」

水「ゼッターイ!」

青「水色はなんで乗り気なの!?」

黄「でもこれだけ年頃の女の子がいればそういう話の1つや2つくらいあるんじゃないの?」

空・水・青・茶「……」

黄「ホントに無いんだ……女の子がこんなにいるのに……」

黒「恋の話が無いなんておかしいわよ! 女の子『しか』いなのに!」

空「いやいや! 色無先輩と緑先輩がいますよ!」

水「ツッコむのそっち?!」

空「お姉ちゃんが話せば?」

黄「そういえば青は絶賛片思い中だったっけ! 話してみてよ! 色無とはどこまでいったの?」

焦「色無とはナニをしたんだ」

茶「な、ナニ言ってるの……ってお姉ちゃん?!」

焦「私のことは気にしなくていい。さぁ話せ」

青「このあいだ……」

黄「ほうほう!」

青「ようやく……」

水「ようやく?!」

茶「まさか……!」

空「えぇ?!お姉ちゃんが!?」

青「ようやく顔を見て話せました!」

空・水・黄・黒・茶「……」

青「どうしたの?」

空「ゴメンなさい……私がヘタレに話を進めたばっかりに……」

水「空ちゃんは悪くないよ。悪いのはへタレさんだよ」

黄「気にすることはないよ。またあっちで続きをしよう。青抜きで」

青「ちょ、ちょっと……」


 某月某日 青の部屋 23:00

空「お姉ちゃん(ズルズル)」

青「何?(ズルズル)」

空「やっぱりカップ焼きそばも日○よねぇ(ズルズル)」

青「そうね。日○と他社製品の間には天と地ほどの差があるわね(ズルズル)」

空「日○のカップ麺ってどれも美味しいもんね(ズルズル)」

青「他社は悔しいだろうけど、認めざるを得ない現実ね」

空「それにしても、カップ麺って意外とカロリー高いよね(ズルズル)」

青「ご飯だとお茶碗に軽く1杯分でもたった80カロリーって聞いたことがあるわ(ズルズル)」

空「そんな高カロリー食品をほぼ連日深夜に食べてる私たちって……(ハァ〜)」

青「既に負け犬なのかしら……(ハァ〜)」


空「あれ、なんだかこのブラなんだか小さいなぁ……」

青「あんた太ったんじゃないの?」

空「ええっとタグを見てっと。アンダー70のB-CUP!? 私のは70のDだから……」

青「そ、それは……」

空「あっ、これお姉ちゃんのブラ〜? ゴメン、間違えちゃった(ポイッ)」

青「今日は久しぶりにタップリ濃厚なお仕置きが必要なようね!」


青「夜食のせいかな? 太っちゃった……」

空「私も体重さまがお増えになりました……」

青「ダイエットというか、少し節制した方がいいのかなぁ?」

空「どう考えても体にいいことじゃないしねぇ」

青「なんだかお腹に浮輪が……」

空「ふ〜ん、そうなんだぁ? 私はウエストサイズは同じだよ」

青「えっ!?」

空「最近ブラがちょっときつくなってきちゃったし、次買うときはEにしようかな?」

青「あ、あんた、いつの間にそんなに?」

空「お姉ちゃん、ダイエットすると胸のお肉から落ちるそうだけど、それでもいいの?」

青「うっ……」


色鉛筆@創作発表板(http://ironashi-namidame.12ch.net/test/read.cgi/mitemite/1249144983/)

空「移動したんだ…どれどれ…」

1:友達の部屋でポエム(笑)を綴ったノートを見つけてしまった(652)

2:【猫姉】姉との日常を淡々とSS形式で書いていく【犬妹】(813)

3:【ググっても】リレー小説っていう競技があるらしいんだが…【ヒットしない…】(14)

4:めんどいので絵日記の内容創作して(60)

5:おっぱいリレー小説(723)

6:新ジャンル「侍乙女」(989)

7:【や☆お☆い】やまなし・オチなし・いろなし【総☆合】(2)

8:カリー・ポッターと昨日のオムレット(902)

9:病院であった嘘のようなホントの話(169)

10:長編SS「School Days」を語るスレ~Part.12(932)

11:【幸せ2倍】座敷童を2人も拾った【食費も2倍】~Part.3(985)

12:書いたSSに貰ったレス数ぶんだけ身長が伸びるスレ(711)

13:ぐうたらな妹の生活をSSにしていく(454)

14:高校生で寮母に〜私の出世の秘訣〜(227)

15:やったね庭ちゃん!お花が増えたよ!(348)

空「変わらないなー…」


無「青、ちょっと頼みたいことがあるんだけど」

青「……メールにして」

無「は? いや、そんなたいしたこじゃないんだ。すぐすむから——」

青「いいからメールにして! 今すぐ! それと送信する時には合図して!」

無「なんだそりゃ……まあいいや、わかったよ。ちょっと待ってろ……よし、できた。それじゃ送るぞー」

青「……今っ!」

 ピロリロリーン

  ピロリロリーン

無「お? なんか青からメールが来たぞ?」

青「今ちょっとずれたわ! もう一回! もう一回送って!」

無「はあ?」

空(打ち合わせてメールを同時に送信しても運命とは言わないと思うよ、お姉ちゃん……しかもお姉ちゃんから送ってるの空メールだし……)


空「白先輩って不思議な人ですよね」

黒「そうかしら?」

空「なんていうんでしょうか……ときどき、ズレてるっていうのかな……」

黒「世間知らず?」

空「そう! それです!」

黒「病院に入院してることが多かったしね……」

空「今でも、赤ちゃんはコウノトリが運んでくるとか思ってたりして」

黒「そ、そんなわけ……ないでしょ……」

空「え……? ……なんか歯切れ悪くないですか?」

黒「き、気のせいよ!」

空「じゃあ、白先輩のところに行きましょう」

空「あのー、白先輩」

白「どうしたの?」

空「赤ちゃんってコウノトリが……」

白「そんなの知ってるよ。もう、空ちゃんはヒドイなー」

空「冗談ですよー(さすがに考えすぎか……)」

白「あ、赤ちゃんはキスするとできるんだよ……もう! 空ちゃん、恥ずかしいこと言わせないでよ……」

空「なんだ知ってるじゃ——えぇ!?」

白「黒ちゃんが教えてくれたもの」

空「……黒先輩?」

黒「違うわ。勘違いよ。白にはいつまでも綺麗なままでいてもらいたいのよ。白は穢れなく純粋無垢なままでいるべきなのよ。そうなのよ」

空「本当にそう思うならコッチを見て話してください」


空「……何かついてますか?」

紫「ううん」

空「そうですか……じゃあなんでコッチを見ているんですか?」

紫「空は私より1つ下なのに大きいなって……」

空「高校生にもなれば、身長の大きい小さいに歳なんて関係ないですよ」

紫「それはそうだけど……」

空「紫先輩は小さくて可愛いですよ! 女の子って感じです!」

桃「確かに紫は小さくて可愛いね。胸とか」

紫「うるさい! このホルスタイン!」

空「ホルスタイン……」

桃「あらあら、ホルスタインなんてよく知ってたね。偉い偉い」

紫「バカにするなよ! バカ! この……えーと……バカ! バカ!」

桃「……バカしか言えないの?」

紫「バカにするな!」

空「そ、そういえば! 寝る子は育つって言いますよね……」

紫「そういえばそうだ! 寝てくる!」

桃「まだ9時だよ?」

紫「絶対に邪魔しないでね!」

空「本当に寝ちゃいましたね」

桃「どうだろうね」

空「え? どういう意味ですか?」

 ダダダダダ

紫「みんなズルいよ! 私は寝てるのに、楽しそうに話してるなんて!」

空「ええ!?」

桃「いーの? 寝てなくて。成長できないよ?」

紫「あれ!? ……い、一緒に寝る人いない?」

桃「まだ誰も寝ないよ」

紫「え……どうしよう……」

緑男「どうしたの、紫?」

紫「一緒に寝る人がいなくて……」

緑男「いなくて寂しいの?」

紫「……うん」

緑男「じゃあ、僕が——」

桃「だ、ダメだよ、緑! 高校生の男女が一緒なんて——」

緑男「寝るまで横で本を読んであげるよ」

紫「……子ども扱いするなぁぁぁ! バカぁぁぁ!」

 ダダダダダ

緑男(女の子ってよく分からないな……)


空「茶色先輩って成績いいんですか?」

茶「うーん……成績はあんまりよくない……」

空「でも、結構やってますよね?」

茶「テストの答えは結構合ってるんだけど……」

空「ならどうして……」

茶「解答欄がよくズレてるの……」

焦「保健体育のテストで名前欄に避妊具の名称が書いてあったとき時は、どうしようかと思ったよ」

茶「お、お姉ちゃん! それは誰にも言わないって!」

焦「あれはミドルネームか? それともペンネームか?」

茶「そんなわけないでしょ!」

焦「私はなんて呼べばいいんだ? コン——」

茶「わー! わー!」

無「なんだ、騒がしいな」

焦「色無じゃないか」

無「焦茶さん……また来たんですか……」

焦「私が分かるか?」

無「今、名前で呼んだじゃないですか……ここのところ、毎日会うし……おまけに夢にも出てくるし」

焦「それは出演料をもらわなければな」

無「フ○ハウスみたいなセリフ回しですね」

空「フル○ウスがそんな言い回しばっかりみたいな言い方しないでください!」

無「ごめん……」

焦「お金はいらない。ただ抱いてくれるだけでいい」

無「だ、抱きませんよ! それに……」

焦「心配はいらない。避妊具ならここにいる」

無「いる?」

茶「お、お姉ちゃん!」


無「青もやってみるか?」

青「……」

無「どうした?」

青「コントローラーにケーブルがないわ……」

無「ワイヤレスコントローラーだからね」

青「わいや……れす……」

無「次世代機だからな。Wiiとかもそうだろ?」

青「じせだいきー……ういー……?」

無「ケーブルが絡む心配がないから楽だよ」

青「絡む……か、絡む!?」

無「ど、どうした!?」

空「……お姉ちゃん、何してるの?」

青「見たら分かるでしょ?」

空「見て分からないから聞いてるんだけど……」

青「色無に借りたX-B○X(360)よ」

空「いや、それはわかってるんだけど……」

青「じゃあ、何が分からないのよ?」

空「どうしてコントローラーを振ってるの?」

青「どうしてって、Wi○だってコントローラー振るでしょ」

空「……ちょっと待って。もう一回説明してもらえる?」

青「次世代機のワイヤレスコントローラーはみんな振って使うじゃない。でも、これ壊れてるわ。さっきから全然動かないのよ」

空「お姉ちゃん……」


水「もうすぐ5月なのに寒い日が多いね」

空「ですよね……私の部屋は未だにコタツがありますよ」

水「本当に? 今日は寒いし、行ってもいい?」

空「いいですよ」

水「ありがとう! コタツ好きなんだー。そこで食事すると特別な感じがするし」

空「コタツに入りながら食べると、いつも以上に美味しく感じますよね」

水「だよね! だよね! アイスにお鍋にミカンに……」

黄「カレーだね!」

水「わっ! びっくりした……黄色ちゃん声おっきい……」

黄「あははは! ごめんごめん!」

空「テンション高いですね。何かあったんですか?」

黄「これから空の部屋でカレーが食べられるからね! しかもコタツで!」

空「……誰もコタツで夕飯食べるなんて言ってませんよ」

黄「……あ、あははは。カレーなだけにカリー(仮)の話ってことだね!」

水「……空ちゃん、私早くコタツに入りたい」


黄緑「また桃ちゃんと喧嘩したの?」

紫「だって桃が、牛乳飲んでるだけでバカにするんだよ! 別に背を伸ばそうとか思ってたわけじゃないのに!」

黄緑「伸ばそうと思ってたのね」

紫「うん……ち、違うよ!」

緑男「また桃と喧嘩したの?」

紫「だって桃が私のこと子供扱いするんだもん!」

緑男「それはヒドイね。よしよし」

紫「だよね! ……って子供扱いするな!」

空「こうやって見てると家族に見えますよね」

桃「……ミエナイ ソンナコトナイ」

空「……桃先輩?」

桃「カゾク チガウ ミドリ キミドリノ ダンナ チガウ。ワタシ ヒドクナイ ヒドイノハ ミドリ」

空「気にしてたんですね……」

紫「緑も桃と同じだ! バカあああ!」

 ダダダダ

緑男「ははは……僕と桃、一緒に嫌われちゃったね」

桃「え……あ、あぁ……うん……(一緒……緑と一緒……私と緑が一緒……)」

緑男「桃? どうしたの?!」

桃「えへへへ……」

緑男(女の子って分からない……)


 寮の居間にて

無「何を読んでるんだ?」

緑「推理小説。今度、ドラマ化するみたい」

無「ちょっと意外だな。そういう流行ものは読まないイメージだった」

緑「本なら何でも読むし……好きよ」

無「でも、やっぱり好きってジャンルあるだろ?」

緑「うーん……やぉ……う、ううん! さ、最近はホラーとかよく読むわ」

無「ホラーか。それも何か意外だ(やお……?)」

緑「恋愛小説にしろ、推理小説にしろ、だんだんパターンが読めてくるから刺激が足りなくて……ホラーも結構似たり寄ったりだけど」

無「刺激が欲しいと」

緑「まあ……そうなるかしら」

無「並大抵の(展開)じゃ満足できないと」

緑「うん……そんな感じ」

無「つまりは、欲求不満と」

緑「うん……そうね……って……それはセクハラじゃない?」

無「ゴメン。でも、テレながら言われるともっと言わせたくなる」

緑「はあ……(誰にでもこんなことを言うのかしら……)」

無「ためしにその状態でメガネ外して見て」

緑「え?……こう?(なんも見えない……でも、凄い見られてるのは分かる……なんか、怖い……)」

無(これは……ヤバいかも……)

黒「どうしたの?」

青「浮気されてる気がする……」

空(お姉ちゃん……それはさすがにひくよ……)


空「灰ちゃん! ねえ、灰ちゃん!」

 灰ちゃんが部屋に閉じこもってもう1週間が経ちます。

 トイレ、お風呂を意外に部屋から出ることはなく、ご飯のときにも顔を出さず、毎回私がこうやって部屋の前に置いていくのが日課になりました。

空「ねえ、灰ちゃん……たまには会って話をしようよ……」

 ドン! と部屋側から扉に何かを投げつける音がした。

空「灰ちゃん……いったいどうしたっていうの……」

 私は途方に暮れて彼女の部屋を立ち去るのだった……。

空「……あ」

灰「……」

空「お、おはよう……」

灰「……おはよう」

空「今日もいい天気だね!」

灰「そうだね……で、今の寸劇は何?」

空「……見てた?」

灰「うん」

空「……いつから?」

灰「私が部屋に閉じこもって1週間たったところから」

空「いや……灰ちゃんが中にいるだろうと思って……私なりの遊び心というか……まさか部屋の中にいないとは思いもしなくて……」

灰「地の文まで自分で言っちゃうのはどうよ?」

空「いや……その……そういうツッコミが欲しいわけじゃなく……」

灰「空が私をどう思ってるかよーく分かったよ」

空「あ! ちょっと待って! ゴメーン! 謝るから置いていかないで!」


青「さあ、今日は何を食べようかしら」

空「お姉ちゃん、ゴールデンウィークだしオーバー200でもいいと思うの」

青「オーバー200……魅力的な提案ね……」

赤「オーバー200? 何それ? カッコイイ!」

青「200円以上のカップラーメンのことよ」

赤「あぁ……なんだ……(この2人、ときどきバカだ……)」

空「今、この2人ときどきバカだって思いましたね」

赤「なんで分かったの!?」

空「え? 本当に思ってたんですか……」

青「空、早く選んで」

空「はいな」

青「赤はどうせこれでしょ」

赤「……いやいや。体育系はみんなスーパーカップって差別だよ」

青「違うの? どうせ質より量でしょ?」

赤「いや……違わないけど……」

空「そのうち、スーパーカップでも食べてろ脳筋! とか流行るかもね」


茶「今朝は学校に行く人が少ないなあ……ああ!」

空「日曜日に制服着て、どこに行ってたんですか?」

茶「平日と勘違いしちゃったよ」

空「ベタな勘違いですねー」

茶「でも、年一であるよね」

灰「私は月二くらいであるよ」

空「本当に?」

灰「土曜日に間違って学校行く用意しちゃう」

黒「おい、いつまでゆとり教育のつもりだ、高校生」


無「その荷物重そうだね。俺が代わりに持つよ」

青「あ、ありがとう……!」

青「あの優しさが私をダメにするのよ……」

空「お姉ちゃんは元からダメだよ」


978 名前:すかいぶるあああ[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

もう少しでスレ埋まるみたいだし、青の秘密暴露します



979名前:アカイーノック[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

そんなことして大丈夫か



980名前:ムラララ!! [saki] 投稿日:2010/09/23(木)

彼女のおかげで自我を保てています



981名前:ベイクドお姉ちゃん[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

さあ、早くしてくれ いい加減寒いんだが



982名前:創る色無に見る色無[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

981なんで脱いでんすかwwww



983 名前:すかいぶるあああ[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

人も集まって来たんでいきまーす



984 名前:いい加減にホワイト[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

わくわく



985 名前:竹光侍[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

まだか!



986 名前:アオガミSS[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

いやああああああ



987 名前:アオガミSS[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

いやああああああ



988 名前:千石黒子[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

荒らしがきたわよ はやく



989 名前:アオガミSS[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

いやああああああ



990 名前:アオガミSS[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

いやああああああ





空「この調子じゃスレが埋まっちゃう……このままじゃ締まらないスレになってしまう……こうなったら……」





998 名前:アオガミSS[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

いやああああああ



999 名前:すかいぶるあああ[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

えんだああああああ



1000 名前:アオガミSS[sage] 投稿日:2010/09/23(木)

いやああああああ



このスレッドはもう書き込めません 新しいスレを立ててください。。。







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 05:43:58