メイン複数SS

無「……あ、傘忘れた」

青「まったく……天気予報で午後から雨って言ってたの一緒に見てたでしょ?」

無「うん、それでたぶん玄関で靴履くときに置き忘れたんだなー」

青「もうボケが進行してるんじゃないの?」

無「うるせー。先帰ってていいよ。俺止むまで待つからさ」

青「しょうがないわね……いれてあげるわよ」

無「いや、いいよいいよ。青だって折りたたみじゃん。二人は入れないでしょ」

青「私が入れてあげるって言ってんの!」

無「……青?」

青「……あんた今日私と一緒に夕飯当番でしょ。一人じゃさすがに作りきれないわ」

無「あ、そっか」

青「それに、この雨は明日まで降るわよ。学校に泊まるつもり?」

無「それは……」

青「わかったらさっさと入る!」

無「わ、ちょっと待ってくれよ!そんなに急がなくても!」

青「スーパーに寄らなきゃいけないし!ほら、置いてっちゃうわよ!」

無「あ……虹だ」

青「ほんとだ……綺麗……」

無「……あれ?晴れた?明日まで降り続くんじゃあ」

青「……さ、最近の天気予報、意外とアテにならないわね」

無「?」

青「なに人の顔じろじろ見てるのよ……さっさと帰る!荷物全部持ちなさいよね、男なんだから!」

無「うおっ!?ちょ、これは重いって青さん!……青さーん!?」

 

無「……傘忘れた」

赤「……ボクもだよ……」

ザァァァ……

無「……」

赤「……はぁ」

無「……止むまで待つしかない、か……」

赤「うん、そうだね……」

無「あれ……そういえば赤、部活は?雨の日でも中練あるだろ?」

赤「んー……あるんだけどね。あれは自主的なものだから。本当は雨なら休み」

無「赤は今日いいの?」

赤「ボクは雨の日だと気が乗らないから、やったりやらなかったり……。やっぱり外で走ったほうが気持ちいいしね」

無「ふーん、まぁ確かになぁ……」

赤「うん……」

無「……」

赤「……」

無「止まないな……」

赤「止まないね……」

無「……」

赤「……あ、そうか!」

無「どした?」

赤「走ろう!走って帰ろうよ!」

無「はぁ?お前、この雨の中をか?」

赤「もうこの際濡れるのなんてどうでもいいじゃん!ボクは走れたらそれでいいし!」

無「……って、女の子は色々と透けるものがあるからマズイんじゃ」

赤「色無だったら別にいいもん!ほら、行くよっ!」

無「……あぁもう!なんで人の話をちゃんと最後まで聞かないかなぁ!」

 

無「……あ、傘忘れた」

紫「まったく、しょうがないなぁ色無は!」

無「……やけに嬉しそうだな」

紫「私はちゃーんと持ってきたもんねー!」

無「……」

紫「へへん!さ、何か言うことは?」

無「入れてくれ」

紫「んー?何か言ったぁ?w」

無「……入れてくださいお願いします紫様」

紫「うむ、よろしい!さ、帰ろうか。はい」

無「……ん?」

紫「かばん」

無「……それが何か?」

紫「一人で帰っちゃおっかなー……」

無「あぁ持ちます持たせていただきます!」

紫「よろしいw」

無「……」

紫「……なに?」

無「……子供め」(ボソッ

紫「……」

無「冷たっ!ごめんなさい謝りますからその傘をもっとこちらに!」

紫「……ふふん!」

無「あの、紫さん」

紫「なに?」

無「出来ればもっと上のほうで傘差してもらえれば嬉しいんですが……頭がぶつかる」

紫「……」

無「ごめんなさいその高さでいいんでこちらに!どうかその傘をこちらに!」

紫「ちっちゃいゆーな!」

 

無「……傘、忘れたか?俺。今日は持ってきたはずなんだけど……」

緑「……」

無「あ、緑!もしかしたらその傘俺のじゃないか?すごく似てるんだけど……」

緑「……あら、本当。悪いわね、私の傘もこんな感じだったから間違えちゃって……」

無「いいってことよ。じゃあ緑の傘は?」

緑「確かこの辺に……」

無「この辺に?」

緑「……ない……?」

無「俺のに似た傘なんて見かけなかったぞ?」

緑「……でも、今朝ちゃんと」

無「……つまり、誰かに持っていかれた、と」

無「ちょうどよかったな、お互いに」

緑「うん……そうね」

無「……」

緑「……」

無「なぁ」

緑「……何?」

無「今日は本読まないの?いつも歩きながらでも読んでるじゃん」

緑「……そうね、ひとつ教えてあげるわ」

無「ん、なになに?」

緑「私は、退屈なときにしか本を読もうとしないの。……読み始めたら集中しちゃって、なかなか帰ってこれないけど」

無「……へー。じゃあ今は退屈じゃないんだ?」

緑「まぁ、そうなるわね」

無「なんで?」

緑「なんで、って……その……あなたが、隣に……」

無「?」

緑「……あなたが隣で、うるさいからよ」

 

無「……傘忘れた」

茶「あ、色無くん!どうしたの?帰らないの?」

無「茶色か。いやー、帰りたいのは山々なんだけど、傘忘れちゃってさ……」

茶「そっかー……じゃあ私が入れてあげるね!」

無「ん?茶色、ちゃんと傘持ってきたのか?」

茶「もー、私だってそこまでぬけてないよー!」

無「茶色のことだから絶対忘れてると思ってたんだけどなぁ……」

茶「かばんの中に折り畳み傘入れといたんだから!」

無「そっか、ごめんごめん。じゃあありがたく一緒に入れてもらおうかな」

茶「うん!今出すからちょっと待ってね!……えーと、傘、傘、と……」

無(しゃがみこむのはいいいんだけど、ここからだとパンツ丸見えなんだよなぁ……まぁ本人気付いてないからいちいち言って恥かかす必要もないか)

茶「傘……傘……あれー?」

無「……まさか?」

茶「傘……あ!あった!あったよ色無くん!」

無「よかった……これで濡れないで済む。……茶色?ちょっと待って、それ、やけに太くない?」

茶「え?あ……」

無「それに傘なのに持ち手が見当たらないよね?」

茶「あ……う……」

無「……っていうか、広げてみ?」

バサッ

茶「……」

無「カッパ……」

茶「……」

無「……」

茶「……えーと……一緒に入る?」

無「入らんわっ!」

 

無「……あ、傘忘れた」

白「色無くんだー!」

黒「そんなとこに突っ立って、何してるの?」

無「白に黒。……いやさ、傘忘れちゃって帰るに帰れず……」

白「うっかりやさんだねーw」

黒「今日は降水確率80%って言ってたじゃない」

無「わかってたんだけど……玄関あたりで置いてきちゃったのかな……」

黒「……なら」

白「……じゃあ」

黒「私が入れてあげるわ」

白「私が入れたげる!」

白「……」

黒「……」

白「……わ、私のとこに入るの!」

黒「……白、二人で一つの傘で帰るっていうのは、結構濡れちゃうものだよ?」

白「私の傘大きいもん!」

黒「それでも、なの。濡れて帰って、また風邪でも引いたらどうするの?」

白「……」

黒「白のために言ってるの。わかった?」

白「……嘘つき。黒ちゃんだって色無くんと帰りたいからそんなこと言ってるんでしょ!」

黒「白、私は」

白「隠さないでもいいよ!黒ちゃんも色無くんのこと好きなんでしょ?それならそうではっきり言ってよ!」

黒「……白、私は色無のことを好きだなんて思ったことは一度も」

白「じゃあ黒ちゃんには関係ないじゃん!色無くん、行こっ!」(ぐいっ

無「へ?あ、あぁ……」

黒「白、待ちなさい!」

白「……へへ……最初っからこうすればよかったねw……黒ちゃん、さっきはごめんね?」

黒「気にしてないわ」

白「……でも、素直にならなかった黒ちゃんもいけなかったんだよ?」

黒「私はいつでも素直よ」

白「……もう、どこが素直なんだかw」

黒「ふふ……」

白「ふふふw」

無「……あのー……二つの傘の真ん中って、これ俺結構隙間からの雨で濡れちゃうんですけど……」

黒「気にしたら負けよ。この雨の中走らずに済んだだけでもよしと思わないと」

無「……そうですか。……あ、こりゃ風邪ひくわ……」

白「そしたら、私が看病してあげるね!」

無「あぁ、なんと心優しい……」

黒「だめよ。白にうつったらどうするの。私が看病してあげるわ」

白「またぁ……素直じゃないんだから」

無「……寒い」

 

無「……あ、傘忘れてた」

水「……ぁ……あの」

無「今日は早く帰らなきゃいけないのに……ま、走って帰るか……」

水「あ、あの!」

無「わっ!……って水色ちゃんか……あんまり大きい声出すから驚いちゃったよ」

水「あ、えと、ごめんなさい……」

無「いやいや謝らなくても!……で、どしたの?」

水「えと……その……」

無「?」

水「……あの……こ、これ!」

バサッ

無「っ!冷たっ!」

水「あぁっ!ごめんなさい!」

無「……突然目の前で傘広げられるとはさすがに思ってなかったから……」

水「あう……あの、その……」

スゥゥ

水「よ、よかったら一緒に」

無「……もしかして、入れてくれるの?」

水「入りませんか!?……え?あ、はい!」

無「ありがとう、助かるよ!」

水「え、いえ……」

無「俺が持つよ。……ほら、早く帰ろう?」

水「ぇ、ぁ、はい!」

無「それにしてもすごい雨だねー」

水「……はい」

無「うわっ!……くっそー、トラックめ。水ちゃん、大丈夫?濡れてない?」

水「……はい」

無「そう、よかった。……水ちゃん、もっと寄らないでいいの?」

水「……はい」

無「水ちゃん?」

水「……はい」

無「……」

水「……はい」

ギュゥ

水「ひふぁいっ!?」

無「水ちゃん話聞いてくれてないんだもんなー」

水「ふぁ……ごめんなさい……(ほっぺた……)」

無「よし。じゃ、走ろっか?」

水「へ?」

無「早く帰って花壇にビニールしてあげないと、全部だめになっちゃうだろ?」

水「……あ」

無「『あ』って……さっきもそのこと考えてたんじゃないの?」

水「いえ……さっきのは……」

無「さっきのは?」

水「……なんでもないです」

無「ふーん?……ま、いいや。ほら、走ろう!」

水「は、はいっ!」

 

無「……あ、傘忘れた」

黄「色無くんじゃないか!どーしたんだい、『傘を忘れてしまって帰るに帰れず困ってる』みたいな顔しちゃって!」

無「……」

黄「おっと、図星!?」

無「……っていうか見てたろ、絶対」

黄「なんのことかな〜?私がきみの顔から読み取ったんですよ、オーラで」

無「……じゃあなんであの廊下の曲がり角んとこにお前の荷物が置いてあるんだ」

黄「あ!忘れてた……」

無「自分の荷物忘れるって……」

黄「……そ、それだけ色無に早く会いたかったんだよ!」

無「なら観察せずにさっさと声かければよかったじゃん」

黄「う……確かに。ってゆーか今私結構頑張ったのに軽くスルーですか、そうですか」

無「……いや、嬉しかったよ、実は。けど……なんか、こう……黄色相手だと、ねぇ?調子狂うっていうか……」

黄「ひっどー……それって女として見てないってこと?」

無「あ、いや、そういうわけじゃないんだけど……!」

黄「……よーし、お仕置きが必要だね。目ぇつぶって!歯ぁくいしばれぇ!」

無「ひぃ!?」

 ちゅ

無「……っ!?」

黄「……どう?これで女として見る気になってくれた?」

無「ぁ……え?嘘……いや……え?あれ?」

黄「……さ、帰ろ!ほら、いつまでも突っ立ってないで!置いてっちゃうよ!」

無「……え、あ、うん……ってお前、傘持ってるのか?」

黄「持ってない!でもだんだん恥ずかしくなってきたからもう無理!走ってでもいないと無理!」

無「ちょ、待て!風邪ひくぞ!」


無「……あ、傘忘れた」

灰「え……てことは、帰れない?」

無「……うん」

灰「じゃ、ま、とりあえず」

無「ん?」

灰「おんぶ」

無「ねぇ……なんで?」

灰「……何が?」

無「これはもしかしてさ、雨が止むまでこのままなの?」

灰「そうなるね?」

無「……っていうかさ、おまえもさ、おんぶされてるのって結構疲れない?」

灰「んー……」

無「意外と腕に力こめるじゃん。そうでもないか?」

灰「……疲れながらも癒されてるからプラマイぜろかな」

無「……納得できるような出来ないような。でも確かに自分で立ってないしなー」

灰「あ、あと精神的にも楽かな」

無「人任せって感じ?」

灰「心を許せるっていうか。まぁ色無だからだけど」

無「……へぇ。灰色は誰にでもこんな感じかと思った」

灰「知り合いレベルの人には凄いよ、私。全く迷惑かけないから。ゲームの話題なんかも持ち出さないし」

無「俺も知り合いが良かった……」

灰「何言ってんの、灰色ちゃんが背中を預けてるんだよ?もっと誇りに思ってもらわないと」

無「背中っていうより腹だけどな」

灰「腹っていうより胸だけどね」

無「ないけどね」

灰「……」

 ギュウウ

無「痛い痛い!ごめん悪かった!首の皮は痛いって!」


無「……傘忘れた……」

橙「んー、傘でどうこうなるもんじゃないでしょーこれ」

無「……台風だもんな」

橙「あ、やってるやってる。茶色」

無「あー……傘が裏返っちゃってる」

橙「……ね、なんかさ、いいよね」

無「何が?」

橙「台風」

無「そう?」

橙「いつもと違う雰囲気。わくわくしない?」

無「俺は鬱陶しいだけだなー……」

橙「雷なんか鳴っちゃってさー、クラス中ざわざわしてきて——」

ピカッ

橙「光った!いま光った!」

無「そろそろ来るな……」

ゴロゴロゴロ……

橙「きゃーっ!怖ぁい!」

無「めっちゃ楽しそうじゃん!」

橙「何事も楽しまなきゃ!ほら、色無も!」

ピシャッ ゴロゴロゴロ……

橙「きゃーっ!……なにやってんの、早く!」

無「こ、こわーい」

灰「このバカップルめ……」

黒「ほっときなさいな」







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-21 (日) 12:20:48